Skip to content
Blynk Button Event logger app for M5Stack
Branch: master
Clone or download
mongonta0716 fix getTimeFromNTP
Fixed issue as executing getLocalTime immediately after configTime may fail
Latest commit 65ca1a5 Apr 9, 2019
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
BlynkEventLogger fix getTimeFromNTP Apr 9, 2019
.gitattributes Initial commit Apr 8, 2019
.gitignore Initial commit Apr 8, 2019
LICENSE Initial commit Apr 8, 2019
README.md first commit Apr 9, 2019

README.md

M5Stack-BlynkEventLogger

Blynkと連携し、スマホでボタンを押すとイベント名と日時を記録するロガーです。 SDカード上にCSVファイルを作成します。

使い方(Usage)

生成したbinファイルはSD-Updater対応です。(LovyanLauncherで使用可能)

スマホ側で設定

Blynkアプリをインストールしてください。 VとはVirtual PINのことです。 ボタン3つ(V3、V4、V5)とLCDを2個(AdvancedでV1,V2PINを設定)で画面を作ります。(作成方法はBlynk.ioを見てください。)

ソースの変更

自身の環境に合わせてソースを変更する必要があります。

通信に必要な情報

  • Blynkアプリでプロジェクトを作成した際のAuth token
  • SSID
  • WiFi Password
// You should get Auth Token in the Blynk App.
// Go to the Project Settings (nut icon).
char auth[] = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";

// Your WiFi credentials.
// Set password to "" for open networks.
char ssid[] = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";
char pass[] = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";

イベント名の設定

ボタンを押した際に、CSVに記録するイベント名を設定します。

// { V3 pin, V4 pin, V5 pin }'s eventName
char *eventName[] = { "event1", "event2", "event3" };

コンパイルして書き込み

ArduinoIDEでコンパイルしてM5Stackへ書き込みます。 binファイルを作成してLovyanLauncherから呼び出すことも可能です。

Requirement

コンパイルする場合は、以下のライブラリが必要です。

Licence

MIT

Author

Takao Akaki

You can’t perform that action at this time.