Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
96 lines (68 sloc) 5.42 KB

English / 日本語

変更点

Glyphs用スクリプト

ダウンロード方法

  1. Glyphs-Scripts の右上にある緑色のボタン「Clone or download」をクリックします。
  2. ボタンの下にビロっと表示されるので、右下の「Download Zip」を選択します。

これでzipファイルがダウンロードされます。解凍した中の「monokano-scripts」フォルダにスクリプトのファイル(拡張子.pyのファイル)が入っています。

スクリプトのインストールと実行

インストール方法

  1. Glyphsのメニューバー[スクリプト > Scripts フォルダを開く]を選択します。
  2. ScriptsフォルダがFinderに選択状態で表示されるので、その中に拡張子.pyのファイルを入れます。

入れただけではGlyphsが認識しないので、以下の操作をしてください。

  • optionキーを押しながら、Glyphsのメニューバー[スクリプト > スクリプトメニューを更新]を選択。

これでスクリプトメニューに表示されるようになります。

実行方法

スクリプトメニューで選択して実行します。

推奨インストール:Pythonモジュール

スクリプトには、ウインドウやボタンなどのGUI上で操作するものがあります。このGUIの生成にPythonモジュールが必要です。以下の操作でインストールしてください。

  • Glyphsの[環境設定 > アドオン > Pythonモジュール]の「インストールする」ボタンを押します。しばらく待つと完了します。

インストールが延々と終わらないことがあります。Glyphsを再起動して再度ボタンを押してください。何回か繰り返すと完了するはずです。

スクリプトの説明

  • Make vrt2 Glyph(vrt2専用グリフ作成)

    • Pythonモジュール不要。
    • 選択グリフをベースグリフにして、vrt2専用(.rotat)グリフを作成します。
    • .rotatグリフにはベースグリフをコンポーネントとして配置します。
      • すでに.rotatグリフがある場合は、そのグリフにコンポーネントを配置します。
    • 選択グリフが.rotatグリフの場合は、そのグリフにコンポーネントを配置します。
      • ベースグリフが存在しなかったら、その.rotatグリフを削除します。
    • 使い方
      • 欧文用グリフを選択してから、スクリプトメニューで実行します。完了後は必ずOpenTypeフィーチャーを更新してください。
      • Adobe-Japan1 には使用不可
        • GlyphsのAJ1用のnice nameは、ベースグリフと.rotatグリフの名前の対応に不具合があります。このスクリプトではうまくいかないので使ってはいけません。
  • Fix vrt2 Feature(vrt2フィーチャーを修正)

    • Pythonモジュール不要。
    • vrt2フィーチャーにvertフィーチャーのコードを丸ごと追加します。
    • vrt2の[OpenTypeフィーチャーを自動生成]がONの時だけ実行します。
    • 使い方
      • glyphsファイルを開き、スクリプトメニューで実行します。
  • Set vertWidth for vrt2 Glyph(vrt2専用グリフのvertWidthを設定)

    • Pythonモジュール不要。
    • vrt2専用(.rotat)グリフのvertWidthをコンポーネントのwidthに合わせます。
      • コンポーネントの位置がズレていても正常な位置にします。
    • .rotatグリフにコンポーネントが配置済みであることが前提です。
      • コンポーネントがない、またはコンポーネントが複数ある場合はなにもしません。
    • 使い方
      • glyphsファイルを開き、スクリプトメニューで実行します。.rotatグリフ全てが対象です。
  • Make Rect Path(矩形パス作成)

    • 要Pythonモジュール。
    • グリフに矩形パスを追加します。
    • 設定は以下の通り。
      • 対象:選択グリフ/全グリフ
      • 矩形の種類:ホワイト(囲み罫)/ブラック(塗りつぶし)
        • 囲み罫の線幅
      • 矩形の大きさ:ボディ枠/パス領域
        • ずらし量(+で外側に、-で内側に)
        • ボディ枠ではvertWidthとvertOriginを反映するかどうか
      • 矩形パス追加前にグリフを空にするかどうか
      • 矩形パス追加後にパス方向を修正するかどうか
    • 使い方
      • スクリプトメニューで選択すると、専用のパネルウインドウが表示されます。ウインドウ上で設定をして「実行」ボタンを押します。
  • Switch Direction(組方向スイッチ)

    • 要Pythonモジュール。
    • 編集ビューの組方向(ヨコ/タテ)を切り替えます。
    • 切り替える際、情報表示がグリフ表示と一致するようにします。
    • 使い方
      • スクリプトメニューで選択すると、専用のパネルウインドウが表示されます。ウインドウ上のボタンを押して切り替えの操作をします。

ライセンス

Apache License, Version 2.0.

You can’t perform that action at this time.