Skip to content
Browse files

polished.

  • Loading branch information...
1 parent 149c7b6 commit 03c93c3d74ce5b2a9f8703fbd2d2bdadc999347a mits committed Apr 13, 2005
View
2 lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : April 13, 2005
+LAST MODIFIED : April 14, 2005
Thanks to everyone who have supported our translation project!
View
29 lang/ja/choice.php
@@ -1,10 +1,10 @@
<?PHP // $Id$
- // choice.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005032800)
+ // choice.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005041101)
$string['addmorechoices'] = '選択肢の追加';
-$string['allowupdate'] = '投票の更新を許可する';
-$string['answered'] = '回答済み';
+$string['allowupdate'] = '投票内容の更新を許可する';
+$string['answered'] = '投票済み';
$string['choice'] = '選択肢 $a';
$string['choiceclose'] = '終了日時';
$string['choicename'] = '投票名';
@@ -13,25 +13,28 @@
$string['displayhorizontal'] = '水平に表示';
$string['displaymode'] = '表示モード';
$string['displayvertical'] = '垂直に表示';
-$string['havetologin'] = '投票を実行する前にログインしてください。';
+$string['full'] = '( フル )';
+$string['havetologin'] = '投票を行う前にログインしてください。';
+$string['limit'] = '制限';
+$string['limitanswers'] = '投票可能回数を制限する';
$string['modulename'] = '投票';
$string['modulenameplural'] = '投票';
$string['mustchooseone'] = '保存する前に答えを選択する必要があります。保存処理は行われませんでした。';
-$string['notanswered'] = '未回答';
+$string['notanswered'] = '未投票';
$string['notopenyet'] = '申し訳ございません。この活動は $a まで利用できません。';
$string['privacy'] = 'プライバシー';
$string['publish'] = '結果の公開';
-$string['publishafteranswer'] = '回答の後に学生に結果を表示する';
-$string['publishafterclose'] = '投票が終了した後のみに学生に結果を表示する';
+$string['publishafteranswer'] = '投票後に学生に結果を表示する';
+$string['publishafterclose'] = '投票が終了した後に学生に結果を表示する';
$string['publishalways'] = '常に学生に結果を表示する';
$string['publishanonymous'] = '結果を匿名で公開する、学生の氏名を表示しない';
$string['publishnames'] = '結果を全て公開する、学生の氏名と投票内容を表示する';
$string['publishnot'] = '学生に結果を公開しない';
-$string['responses'] = '回答';
-$string['responsesto'] = '$a へ回答する';
-$string['savemychoice'] = '回答を保存する';
-$string['showunanswered'] = '未回答欄を表示する';
-$string['timerestrict'] = '回答期限';
-$string['viewallresponses'] = '回答を表示($a 件)';
+$string['responses'] = '投票結果';
+$string['responsesto'] = '$a へ投票する';
+$string['savemychoice'] = '投票する';
+$string['showunanswered'] = '未投票欄を表示する';
+$string['timerestrict'] = '投票期間を制限する';
+$string['viewallresponses'] = '$a 件の投票内容を表示する';
?>
View
8 lang/ja/dialogue.php
@@ -1,11 +1,11 @@
<?PHP // $Id$
- // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
+ // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005041101)
$string['addmynewentries'] = '新しいエントリを追加';
$string['addmynewentry'] = '新しいエントリを追加';
$string['addsubject'] = 'テーマの追加';
-$string['allowmultiple'] = '同一人物による複数ダイアログ作成を許可する';
+$string['allowmultiple'] = '同一人物による複数ダイアログを許可する';
$string['allowstudentdialogues'] = '学生 - 学生のダイアログを許可する';
$string['close'] = '閉じる';
$string['closed'] = '閉鎖中';
@@ -24,7 +24,7 @@
$string['dialogueopened'] = '$a により開かれたダイアログ';
$string['dialoguewith'] = '$a とのダイアログ';
$string['everybody'] = '全員';
-$string['furtherinformation'] = '詳細';
+$string['furtherinformation'] = '詳細情報';
$string['lastentry'] = '最新エントリ';
$string['maildefault'] = 'デフォルトメール';
$string['mailnotification'] = 'メール通知';
@@ -48,7 +48,7 @@
$string['openadialoguewith'] = 'ダイアログを開く';
$string['opendialogue'] = 'ダイアログを開く';
$string['opendialogueentries'] = 'ダイアログエントリを開く';
-$string['pane0'] = 'ダイアログを開く';
+$string['pane0'] = '開催中のダイアログ';
$string['pane1'] = 'あなたの返事を待っているダイアログ $a 件';
$string['pane1one'] = 'あなたの返事を待っているダイアログ 1 件';
$string['pane2'] = '他の人の返事を待っているダイアログ $a 件';
View
12 lang/ja/help/chat/chatting.html
@@ -1,20 +1,20 @@
-<p align="center"><b>チャットを使う</b></p>
+<p align="center"><b>チャットの使い方</b></p>
<p>チャットモジュールにはチャットを若干快適にするための機能があります。</p>
<dl>
<dt><b>スマイリー</b></dt>
-<dd>Moodleのどこでも入力できる笑顔 (感情アイコン) は、ここでも入力することができ、正しく表示されます。例えば、 :-) = <img src="pix/s/smiley.gif"> のように表示されます。</dd>
+<dd>Moodleのどこでも入力できる笑顔 ( 感情アイコン ) は、ここでも入力することができ、正しく表示されます。例えば、 :-) = <img src="pix/s/smiley.gif"> のように表示されます。</dd>
<dt><b>リンク</b></dt>
<dd>インターネットアドレスは自動的にリンクに変換されます。</dd>
<dt><b>感情</b></dt>
-<dd>行を"/me" または ":" で始めることで感情を表現できます。例えば、あなたの名前がKimの場合、":laughs!" または "/me laughs!"と入力することで、"Kimが笑っている!"状態を全員が見ることができます。</dd>
+<dd>行を"/me" または ":" で始めることで感情を表現できます。例えば、あなたの名前がKimの場合、":laughs!" または "/me laughs!"と入力することで、Kimが笑っている!状態を全員が見ることができます。</dd>
<dt><b>ビープ</b></dt>
-<dd>名前の隣にある"ビープ"をクリックすることで他の人にサウンドを送ることができます。"beep all"と入力することで、チャット中の全員に一斉にビープすることができる便利な機能もあります。</dd>
+<dd>名前の隣にあるビープ」をクリックすることで、他の人にサウンドを送ることができます。「beep allと入力することで、チャット中の全員に一斉にビープできる便利な機能もあります。</dd>
<dt><b>HTML</b></dt>
-<dd>HTMLコードをご存知でしたら、イメージを挿入したり、音を鳴らしたり、色やサイズの異なるテキストを作成することができます。</dd>
-</dl>
+<dd>あなたがHTMLコードを知っているのでしたら、イメージを挿入したり、音を鳴らしたり、色やサイズの異なるテキストを作成することができます。</dd>
+</dl>
View
4 lang/ja/help/chat/index.html
@@ -1,4 +1,4 @@
<p>チャットモジュール</p>
<ul>
- <li><a href="help.php?module=chat&amp;file=chatting.html">チャットを使う</a>
-</ul>
+ <li><a href="help.php?module=chat&amp;file=chatting.html">チャットの使い方</a></li>
+</ul>
View
8 lang/ja/help/chat/mods.html
@@ -1,4 +1,4 @@
-<p><img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/chat/icon.gif" />&nbsp;<b>チャット</b></p>
-<ul>
-<p>チャットモジュールでは参加者がウェブを通してリアルタイムに同時的ディスカッションを行うことができます。これはお互いの異なる理解を得ることおよびトピックを議論することに有用です。チャットルームを使用する方法は非同期のフォーラムと全く異なります。チャットモジュールにはチャットの管理およびレビューのための多くの機能があります。</p>
-</ul>
+<p><img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/chat/icon.gif" /> <b>チャット</b></p>
+<div class="indent">
+チャットモジュールでは、参加者がウェブを通してリアルタイムに同時ディスカッションを行うことができます。これは、お互いの異なる理解を得ること、およびトピックを議論することに有用です。チャットルームの使用方法は非同期のフォーラムと全く異なります。チャットモジュールにはチャットの管理、およびレビューのための多くの機能があります。
+</div>
View
7 lang/ja/help/choice/index.html
@@ -1,7 +1,8 @@
-<p>ŁE¼</p>
+<p>ĹęÉź</p>
<ul>
- <li><a href="help.php?module=choice&amp;file=options.html">ÁªÂò»E/a>
+ <li><a href="help.php?module=choice&amp;file=options.html">ÁŞÂňťč</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=choice&amp;file=timerestrict.html">Restrict times</a></li>
-</ul>
+</ul>
View
10 lang/ja/help/choice/mods.html
@@ -1,6 +1,4 @@
-<p><img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/choice/icon.gif" />&nbsp;<b>投票</b></p>
-<ul>
-<p>選投票はとても簡単な活動です - 教師が質問を行い、それに対する複数の選択肢を定義します。
-これはトピックに対する考えを刺激するためや、コースの方向付けを行うために投票したり、
-、リサーチコンセントを集める場合に有用です。</p>
-</ul>
+<p><img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/choice/icon.gif" /> <b>投票</b></p>
+<div class="indent">
+<p>投票はとても簡単な活動です - 教師が質問を行い、それに対する複数の選択肢を定義します。これはトピックに対する考えを刺激するためや、コースの方向付けを行うために投票したり、リサーチコンセントを集める場合に有用です。</p>
+</div>
View
6 lang/ja/help/choice/timerestrict.html
@@ -1,7 +1,7 @@
-<p align="center"><b>回答期限</b></p>
+<p align="center"><b>回答期間を制限する</b></p>
-<p>時間枠を設定して、どの参加者がその時間帯に投票することができるか設定します。</p>
+<p>ここでは、参加者が投票することができる期間設定します。</p>
<p>終了日時に制限を設けたくない場合は、終了日時を遠い未来に設定してください。</p>
-<p>この設定が必要ない場合は、チェックを外してください。</p>
+<p>この設定が必要ない場合は、チェックを外してください。</p>
View
4 lang/ja/help/dialogue/deleteafter.html
@@ -1,4 +1,4 @@
<p align="center"><b>ダイアログの削除</b></p>
-<p>このオプションはダイアログを削除する日にちの間隔を設定します。これは閉じられたダイアログのみに適用されます。</p>
+<p>ここでは、ダイアログを削除する間隔を設定します。これは閉鎖されたダイアログのみに適用されます。</p>
-<p>期間がゼロに設定された場合、ダイアログは一切削除されません。</p>
+<p>期間がゼロに設定された場合、ダイアログは一切削除されません。</p>
View
4 lang/ja/help/dialogue/dialoguetype.html
@@ -1,9 +1,9 @@
<p align="center"><b>ダイアログタイプ</b></p>
<p>ダイアログのタイプには下記の3つがあります。</p>
-<ol><li><p><b>教師 - 学生</b> ここでは教師と学生間でのダイアログを許可します。ダイアログは教師または学生のどちらからでも開始できます。リストでは教師は学生のみを、学生は教師のみを見ることができます。</p></li>
+<ol><li><p><b>教師 - 学生</b> ここでは教師と学生間でのダイアログを許可します。ダイアログは教師または学生のどちらからでも開始できます。参加者リストでは教師は学生のみを、学生は教師のみを見ることができます。</p></li>
<li><p><b>学生 - 学生</b> ここでは学生同士のダイアログを許可します。教師はこのタイプのダイアログに全く<b>含まれません</b>。</p></li>
<li><p><b>全員</b> ここではクラス全員が誰とでもダイアログを始めることができます。教師は他の教師および学生とダイアログを開始することができ、学生は他の学生および教師とダイアログを開始することができます。</p></li>
-</ol>
+</ol>
View
2 lang/ja/help/dialogue/index.html
@@ -1,7 +1,7 @@
<p>ダイアログ</p>
<ul>
- <li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=addsubject.html">ダイアログに話題を追加</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=addsubject.html">テーマの追加</a></li>
<li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=closedialogue.html">ダイアログの閉鎖</a></li>
<li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=deleteafter.html">ダイアログの削除</a></li>
<li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=dialoguetype.html">ダイアログタイプ</a></li>
View
17 lang/ja/help/dialogue/info.html
@@ -1,9 +1,16 @@
-<img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/dialogue/icon.gif" />&nbsp;<b>ダイアログ</b></p>
+<img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/dialogue/icon.gif" /> <b>ダイアログ</b></p>
-<p>このモジュールはユーザ間の簡単なコミュニケーション方式を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また、(任意で)学生は他の学生とダイアログを開くことができます。教師または学生はいつでも多くの進行中のダイアログに参加することができます。</p>
+<p>このモジュールは、ユーザ間の簡単なコミュニケーション方式を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また、( 任意で ) 学生は他の学生とダイアログを開くことができます。教師または、学生はいつでも多くの進行中のダイアログに参加することができます。</p>
-<p>ダイアログでは数に制限の無いエントリを持つことができます。通常&quot;会話&quot;は相互の返事により成り立ちます。この形式は強制では無く、それぞれのメンバーはいつでもダイアログを追加することができます。</p>
+<p>ダイアログは数に制限の無いエントリを持つことができます。通常「会話」は相互の返答により成り立ちます。この形式は強制では無く、それぞれのメンバーはいつでもダイアログを追加することができます。</p>
-<p>ダイアログは、それぞれのメンバーによって、いつでも閉じることができます。閉鎖されたダイアログは再度開くことはできません。しかし、閉鎖されたダイアログは、メンバーによって存在する間は閲覧することができます。</p>
+<p>ダイアログは、それぞれのメンバーによって、いつでも閉じることができます。閉鎖されたダイアログは再度開くことはできません。しかし、閉鎖されたダイアログは、メンバーによって、存在する間は閲覧することができます。</p>
-<p>このモジュールは、ある一定期間で閉鎖されたダイアログおよびその内容を削除します。その期間はダイアログ作成時に、この画面で設定します。</p>
+<p>このモジュールは一定期間経過後、閉鎖されたダイアログおよびその内容を削除します。その期間はダイアログ作成時にこの画面で設定します。</p>
+
+<p>コースがグループモードに対応している場合、下記の内容が適用されます。
+<ul><li>新しいダイアログを開く場合、教師にはグループモードのダイアログ、およびグループが表示されます。この情報はタブバーの下にリアルタイムで表示されます。</li>
+<li>教師は、ドロップダウンメニューよりグループ名を選択することで、グループ内の全ての学生とダイアログを開始することができます。ダイアログが始まった場合、教師と学生1対1という通常の方法でダイアログが行われます。</li>
+<li>ダイアログが分離グループで行われた場合、学生は同じグループの他の学生しか見ることができません ( 学生 - 学生のダイアログ許可時 )。このモードでは、どのグループにも属していない学生は、他の学生を見ることはできません。</li>
+</ul>
+</p>
View
5 lang/ja/help/dialogue/maildefault.html
@@ -1,3 +1,4 @@
-<p align="center"><b>メールデフォルトの設定</b></p>
-<p>ここでは新しいエントリを追加する時の、&quot;このメッセージをメールで送信する&quot; オプションの初期値を設定します。このオプションを&quot;Yes&quot; にした場合、メール送信チェックボックスがチェックされます。その他の場合はチェックされません。</p>
+<p align="center"><b>メール通知の設定</b></p>
+<p>ここでは通知メールが送信されるか否か設定します。「Yesにした場合、新しいエントリの受信者に短いメッセージがメール送信されます。メールメッセージにはエントリの内容は記載されず、新しいエントリが追加されたこと、およびダイアログへのリンクが記載されます。</p>
+<p>注意: このオプションは、ダイアログインスタンスの中で、全てのアクティブなダイアログに適用されます。この設定はいつでも変更することができます。</p>
View
8 lang/ja/help/dialogue/mods.html
@@ -1,4 +1,4 @@
-<p><img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/dialogue/icon.gif" />&nbsp;<b>ダイアログ</b></p>
-<ul>
-<p>このモジュールはユーザ同士の簡単なコミュニケーション手段を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また学生は(任意に)他の学生とダイアログを開くこともできます。教師または学生は、いつでも同時に多数の継続的なダイアログに参加することができます。</p>
-</ul>
+<p><img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/dialogue/icon.gif" /> <b>ダイアログ</b></p>
+<div class="indent">
+このモジュールは、ユーザ同士の簡単なコミュニケーション手段を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また、学生は ( 任意 ) 他の学生とダイアログを開くこともできます。教師または学生は、いつでも同時に多数のダイアログに参加することができます。
+</div>
View
4 lang/ja/help/dialogue/multiple.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<p align="center"><b>複数ダイアログ</b></p>
-<p>ここでは1人の人間が1つ以上のダイアログを他の人と開始することができるか否かを設定します。初期値はNoで、2人の間のみでダイアログを開くことが許可されています。</p>
+<p>ここでは、同一人物がが1つ以上のダイアログを他の人と開始することができるか否か設定します。初期値は「No」で、2人の間のみでダイアログを開始することができます。</p>
-<p>複数のダイアログ仕様を許可することで問題が生じる可能性もあります。望まれないダイアログを多くの人と始めることで&quot;嫌がらせ&quot;を受ける人も出てくるでしょう。</p>
+<p>複数のダイアログ利用を許可することで問題が生じる可能性もあります。希望しない多くのダイアログが始められることで「不快に思う人」も出てくるでしょう。</p>
View
4 lang/ja/quiz.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // quiz.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005031000)
+ // quiz.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005041101)
$string['acceptederror'] = 'エラー範囲';
@@ -93,6 +93,8 @@
$string['description'] = '説明';
$string['discrimination'] = '識別指数';
$string['displayoptions'] = '表示オプション';
+$string['download'] = 'エクスポートしたカテゴリファイルをダウンロードする';
+$string['downloadextra'] = '( ファイルはコースファイル内の /quizフォルダにも保存されます。 )';
$string['eachattemptbuildsonthelast'] = '直近の解答内容を反映させる';
$string['editcategories'] = 'カテゴリの編集';
$string['editcategory'] = 'カテゴリの編集';
View
29 lang/ja_utf8/choice.php
@@ -1,10 +1,10 @@
<?PHP // $Id$
- // choice.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005032800)
+ // choice.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005041101)
$string['addmorechoices'] = '選択肢の追加';
-$string['allowupdate'] = '投票の更新を許可する';
-$string['answered'] = '回答済み';
+$string['allowupdate'] = '投票内容の更新を許可する';
+$string['answered'] = '投票済み';
$string['choice'] = '選択肢 $a';
$string['choiceclose'] = '終了日時';
$string['choicename'] = '投票名';
@@ -13,25 +13,28 @@
$string['displayhorizontal'] = '水平に表示';
$string['displaymode'] = '表示モード';
$string['displayvertical'] = '垂直に表示';
-$string['havetologin'] = '投票を実行する前にログインしてください。';
+$string['full'] = '( フル )';
+$string['havetologin'] = '投票を行う前にログインしてください。';
+$string['limit'] = '制限';
+$string['limitanswers'] = '投票可能回数を制限する';
$string['modulename'] = '投票';
$string['modulenameplural'] = '投票';
$string['mustchooseone'] = '保存する前に答えを選択する必要があります。保存処理は行われませんでした。';
-$string['notanswered'] = '未回答';
+$string['notanswered'] = '未投票';
$string['notopenyet'] = '申し訳ございません。この活動は $a まで利用できません。';
$string['privacy'] = 'プライバシー';
$string['publish'] = '結果の公開';
-$string['publishafteranswer'] = '回答の後に学生に結果を表示する';
-$string['publishafterclose'] = '投票が終了した後のみに学生に結果を表示する';
+$string['publishafteranswer'] = '投票後に学生に結果を表示する';
+$string['publishafterclose'] = '投票が終了した後に学生に結果を表示する';
$string['publishalways'] = '常に学生に結果を表示する';
$string['publishanonymous'] = '結果を匿名で公開する、学生の氏名を表示しない';
$string['publishnames'] = '結果を全て公開する、学生の氏名と投票内容を表示する';
$string['publishnot'] = '学生に結果を公開しない';
-$string['responses'] = '回答';
-$string['responsesto'] = '$a へ回答する';
-$string['savemychoice'] = '回答を保存する';
-$string['showunanswered'] = '未回答欄を表示する';
-$string['timerestrict'] = '回答期限';
-$string['viewallresponses'] = '回答を表示($a 件)';
+$string['responses'] = '投票結果';
+$string['responsesto'] = '$a へ投票する';
+$string['savemychoice'] = '投票する';
+$string['showunanswered'] = '未投票欄を表示する';
+$string['timerestrict'] = '投票期間を制限する';
+$string['viewallresponses'] = '$a 件の投票内容を表示する';
?>
View
10 lang/ja_utf8/dialogue.php
@@ -1,11 +1,11 @@
-<?php // $Id$
- // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
+<?PHP // $Id$
+ // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005041101)
$string['addmynewentries'] = '新しいエントリを追加';
$string['addmynewentry'] = '新しいエントリを追加';
$string['addsubject'] = 'テーマの追加';
-$string['allowmultiple'] = '同一人物による複数ダイアログ作成を許可する';
+$string['allowmultiple'] = '同一人物による複数ダイアログを許可する';
$string['allowstudentdialogues'] = '学生 - 学生のダイアログを許可する';
$string['close'] = '閉じる';
$string['closed'] = '閉鎖中';
@@ -24,7 +24,7 @@
$string['dialogueopened'] = '$a により開かれたダイアログ';
$string['dialoguewith'] = '$a とのダイアログ';
$string['everybody'] = '全員';
-$string['furtherinformation'] = '詳細';
+$string['furtherinformation'] = '詳細情報';
$string['lastentry'] = '最新エントリ';
$string['maildefault'] = 'デフォルトメール';
$string['mailnotification'] = 'メール通知';
@@ -48,7 +48,7 @@
$string['openadialoguewith'] = 'ダイアログを開く';
$string['opendialogue'] = 'ダイアログを開く';
$string['opendialogueentries'] = 'ダイアログエントリを開く';
-$string['pane0'] = 'ダイアログを開く';
+$string['pane0'] = '開催中のダイアログ';
$string['pane1'] = 'あなたの返事を待っているダイアログ $a 件';
$string['pane1one'] = 'あなたの返事を待っているダイアログ 1 件';
$string['pane2'] = '他の人の返事を待っているダイアログ $a 件';
View
12 lang/ja_utf8/help/chat/chatting.html
@@ -1,20 +1,20 @@
-<p align="center"><b>チャットを使う</b></p>
+<p align="center"><b>チャットの使い方</b></p>
<p>チャットモジュールにはチャットを若干快適にするための機能があります。</p>
<dl>
<dt><b>スマイリー</b></dt>
-<dd>Moodleのどこでも入力できる笑顔 (感情アイコン) は、ここでも入力することができ、正しく表示されます。例えば、 :-) = <img src="pix/s/smiley.gif"> のように表示されます。</dd>
+<dd>Moodleのどこでも入力できる笑顔 ( 感情アイコン ) は、ここでも入力することができ、正しく表示されます。例えば、 :-) = <img src="pix/s/smiley.gif"> のように表示されます。</dd>
<dt><b>リンク</b></dt>
<dd>インターネットアドレスは自動的にリンクに変換されます。</dd>
<dt><b>感情</b></dt>
-<dd>行を"/me" または ":" で始めることで感情を表現できます。例えば、あなたの名前がKimの場合、":laughs!" または "/me laughs!"と入力することで、"Kimが笑っている!"状態を全員が見ることができます。</dd>
+<dd>行を"/me" または ":" で始めることで感情を表現できます。例えば、あなたの名前がKimの場合、":laughs!" または "/me laughs!"と入力することで、Kimが笑っている!状態を全員が見ることができます。</dd>
<dt><b>ビープ</b></dt>
-<dd>名前の隣にある"ビープ"をクリックすることで他の人にサウンドを送ることができます。"beep all"と入力することで、チャット中の全員に一斉にビープすることができる便利な機能もあります。</dd>
+<dd>名前の隣にあるビープ」をクリックすることで、他の人にサウンドを送ることができます。「beep allと入力することで、チャット中の全員に一斉にビープできる便利な機能もあります。</dd>
<dt><b>HTML</b></dt>
-<dd>HTMLコードをご存知でしたら、イメージを挿入したり、音を鳴らしたり、色やサイズの異なるテキストを作成することができます。</dd>
-</dl>
+<dd>あなたがHTMLコードを知っているのでしたら、イメージを挿入したり、音を鳴らしたり、色やサイズの異なるテキストを作成することができます。</dd>
+</dl>
View
4 lang/ja_utf8/help/chat/index.html
@@ -1,4 +1,4 @@
<p>チャットモジュール</p>
<ul>
- <li><a href="help.php?module=chat&amp;file=chatting.html">チャットを使う</a>
-</ul>
+ <li><a href="help.php?module=chat&amp;file=chatting.html">チャットの使い方</a></li>
+</ul>
View
8 lang/ja_utf8/help/chat/mods.html
@@ -1,4 +1,4 @@
-<p><img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/chat/icon.gif" />&nbsp;<b>チャット</b></p>
-<ul>
-<p>チャットモジュールでは参加者がウェブを通してリアルタイムに同時的ディスカッションを行うことができます。これはお互いの異なる理解を得ることおよびトピックを議論することに有用です。チャットルームを使用する方法は非同期のフォーラムと全く異なります。チャットモジュールにはチャットの管理およびレビューのための多くの機能があります。</p>
-</ul>
+<p><img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/chat/icon.gif" /> <b>チャット</b></p>
+<div class="indent">
+チャットモジュールでは、参加者がウェブを通してリアルタイムに同時ディスカッションを行うことができます。これは、お互いの異なる理解を得ること、およびトピックを議論することに有用です。チャットルームの使用方法は非同期のフォーラムと全く異なります。チャットモジュールにはチャットの管理、およびレビューのための多くの機能があります。
+</div>
View
5 lang/ja_utf8/help/choice/index.html
@@ -2,6 +2,7 @@
<ul>
- <li><a href="help.php?module=choice&amp;file=options.html">選択肢</a>
+ <li><a href="help.php?module=choice&amp;file=options.html">選択肢</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=choice&amp;file=timerestrict.html">Restrict times</a></li>
-</ul>
+</ul>
View
10 lang/ja_utf8/help/choice/mods.html
@@ -1,6 +1,4 @@
-<p><img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/choice/icon.gif" />&nbsp;<b>投票</b></p>
-<ul>
-<p>選投票はとても簡単な活動です - 教師が質問を行い、それに対する複数の選択肢を定義します。
-これはトピックに対する考えを刺激するためや、コースの方向付けを行うために投票したり、
-、リサーチコンセントを集める場合に有用です。</p>
-</ul>
+<p><img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/choice/icon.gif" /> <b>投票</b></p>
+<div class="indent">
+<p>投票はとても簡単な活動です - 教師が質問を行い、それに対する複数の選択肢を定義します。これはトピックに対する考えを刺激するためや、コースの方向付けを行うために投票したり、リサーチコンセントを集める場合に有用です。</p>
+</div>
View
6 lang/ja_utf8/help/choice/timerestrict.html
@@ -1,7 +1,7 @@
-<p align="center"><b>回答期限</b></p>
+<p align="center"><b>回答期間を制限する</b></p>
-<p>時間枠を設定して、どの参加者がその時間帯に投票することができるか設定します。</p>
+<p>ここでは、参加者が投票することができる期間設定します。</p>
<p>終了日時に制限を設けたくない場合は、終了日時を遠い未来に設定してください。</p>
-<p>この設定が必要ない場合は、チェックを外してください。</p>
+<p>この設定が必要ない場合は、チェックを外してください。</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/dialogue/deleteafter.html
@@ -1,4 +1,4 @@
<p align="center"><b>ダイアログの削除</b></p>
-<p>このオプションはダイアログを削除する日にちの間隔を設定します。これは閉じられたダイアログのみに適用されます。</p>
+<p>ここでは、ダイアログを削除する間隔を設定します。これは閉鎖されたダイアログのみに適用されます。</p>
-<p>期間がゼロに設定された場合、ダイアログは一切削除されません。</p>
+<p>期間がゼロに設定された場合、ダイアログは一切削除されません。</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/dialogue/dialoguetype.html
@@ -1,9 +1,9 @@
<p align="center"><b>ダイアログタイプ</b></p>
<p>ダイアログのタイプには下記の3つがあります。</p>
-<ol><li><p><b>教師 - 学生</b> ここでは教師と学生間でのダイアログを許可します。ダイアログは教師または学生のどちらからでも開始できます。リストでは教師は学生のみを、学生は教師のみを見ることができます。</p></li>
+<ol><li><p><b>教師 - 学生</b> ここでは教師と学生間でのダイアログを許可します。ダイアログは教師または学生のどちらからでも開始できます。参加者リストでは教師は学生のみを、学生は教師のみを見ることができます。</p></li>
<li><p><b>学生 - 学生</b> ここでは学生同士のダイアログを許可します。教師はこのタイプのダイアログに全く<b>含まれません</b>。</p></li>
<li><p><b>全員</b> ここではクラス全員が誰とでもダイアログを始めることができます。教師は他の教師および学生とダイアログを開始することができ、学生は他の学生および教師とダイアログを開始することができます。</p></li>
-</ol>
+</ol>
View
2 lang/ja_utf8/help/dialogue/index.html
@@ -1,7 +1,7 @@
<p>ダイアログ</p>
<ul>
- <li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=addsubject.html">ダイアログに話題を追加</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=addsubject.html">テーマの追加</a></li>
<li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=closedialogue.html">ダイアログの閉鎖</a></li>
<li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=deleteafter.html">ダイアログの削除</a></li>
<li><a href="help.php?module=dialogue&amp;file=dialoguetype.html">ダイアログタイプ</a></li>
View
17 lang/ja_utf8/help/dialogue/info.html
@@ -1,9 +1,16 @@
-<img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/dialogue/icon.gif" />&nbsp;<b>ダイアログ</b></p>
+<img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/dialogue/icon.gif" /> <b>ダイアログ</b></p>
-<p>このモジュールはユーザ間の簡単なコミュニケーション方式を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また、(任意で)学生は他の学生とダイアログを開くことができます。教師または学生はいつでも多くの進行中のダイアログに参加することができます。</p>
+<p>このモジュールは、ユーザ間の簡単なコミュニケーション方式を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また、( 任意で ) 学生は他の学生とダイアログを開くことができます。教師または、学生はいつでも多くの進行中のダイアログに参加することができます。</p>
-<p>ダイアログでは数に制限の無いエントリを持つことができます。通常&quot;会話&quot;は相互の返事により成り立ちます。この形式は強制では無く、それぞれのメンバーはいつでもダイアログを追加することができます。</p>
+<p>ダイアログは数に制限の無いエントリを持つことができます。通常「会話」は相互の返答により成り立ちます。この形式は強制では無く、それぞれのメンバーはいつでもダイアログを追加することができます。</p>
-<p>ダイアログは、それぞれのメンバーによって、いつでも閉じることができます。閉鎖されたダイアログは再度開くことはできません。しかし、閉鎖されたダイアログは、メンバーによって存在する間は閲覧することができます。</p>
+<p>ダイアログは、それぞれのメンバーによって、いつでも閉じることができます。閉鎖されたダイアログは再度開くことはできません。しかし、閉鎖されたダイアログは、メンバーによって、存在する間は閲覧することができます。</p>
-<p>このモジュールは、ある一定期間で閉鎖されたダイアログおよびその内容を削除します。その期間はダイアログ作成時に、この画面で設定します。</p>
+<p>このモジュールは一定期間経過後、閉鎖されたダイアログおよびその内容を削除します。その期間はダイアログ作成時にこの画面で設定します。</p>
+
+<p>コースがグループモードに対応している場合、下記の内容が適用されます。
+<ul><li>新しいダイアログを開く場合、教師にはグループモードのダイアログ、およびグループが表示されます。この情報はタブバーの下にリアルタイムで表示されます。</li>
+<li>教師は、ドロップダウンメニューよりグループ名を選択することで、グループ内の全ての学生とダイアログを開始することができます。ダイアログが始まった場合、教師と学生1対1という通常の方法でダイアログが行われます。</li>
+<li>ダイアログが分離グループで行われた場合、学生は同じグループの他の学生しか見ることができません ( 学生 - 学生のダイアログ許可時 )。このモードでは、どのグループにも属していない学生は、他の学生を見ることはできません。</li>
+</ul>
+</p>
View
5 lang/ja_utf8/help/dialogue/maildefault.html
@@ -1,3 +1,4 @@
-<p align="center"><b>メールデフォルトの設定</b></p>
-<p>ここでは新しいエントリを追加する時の、&quot;このメッセージをメールで送信する&quot; オプションの初期値を設定します。このオプションを&quot;Yes&quot; にした場合、メール送信チェックボックスがチェックされます。その他の場合はチェックされません。</p>
+<p align="center"><b>メール通知の設定</b></p>
+<p>ここでは通知メールが送信されるか否か設定します。「Yesにした場合、新しいエントリの受信者に短いメッセージがメール送信されます。メールメッセージにはエントリの内容は記載されず、新しいエントリが追加されたこと、およびダイアログへのリンクが記載されます。</p>
+<p>注意: このオプションは、ダイアログインスタンスの中で、全てのアクティブなダイアログに適用されます。この設定はいつでも変更することができます。</p>
View
8 lang/ja_utf8/help/dialogue/mods.html
@@ -1,4 +1,4 @@
-<p><img alt="" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/dialogue/icon.gif" />&nbsp;<b>ダイアログ</b></p>
-<ul>
-<p>このモジュールはユーザ同士の簡単なコミュニケーション手段を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また学生は(任意に)他の学生とダイアログを開くこともできます。教師または学生は、いつでも同時に多数の継続的なダイアログに参加することができます。</p>
-</ul>
+<p><img alt="" src="http://localhost/moodle/mod/dialogue/icon.gif" /> <b>ダイアログ</b></p>
+<div class="indent">
+このモジュールは、ユーザ同士の簡単なコミュニケーション手段を提供します。教師は学生とダイアログを開くことができ、学生は教師とダイアログを開くことができます。また、学生は ( 任意 ) 他の学生とダイアログを開くこともできます。教師または学生は、いつでも同時に多数のダイアログに参加することができます。
+</div>
View
4 lang/ja_utf8/help/dialogue/multiple.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<p align="center"><b>複数ダイアログ</b></p>
-<p>ここでは1人の人間が1つ以上のダイアログを他の人と開始することができるか否かを設定します。初期値はNoで、2人の間のみでダイアログを開くことが許可されています。</p>
+<p>ここでは、同一人物がが1つ以上のダイアログを他の人と開始することができるか否か設定します。初期値は「No」で、2人の間のみでダイアログを開始することができます。</p>
-<p>複数のダイアログ仕様を許可することで問題が生じる可能性もあります。望まれないダイアログを多くの人と始めることで&quot;嫌がらせ&quot;を受ける人も出てくるでしょう。</p>
+<p>複数のダイアログ利用を許可することで問題が生じる可能性もあります。希望しない多くのダイアログが始められることで「不快に思う人」も出てくるでしょう。</p>
View
4 lang/ja_utf8/quiz.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // quiz.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005031000)
+ // quiz.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2005041101)
$string['acceptederror'] = 'エラー範囲';
@@ -93,6 +93,8 @@
$string['description'] = '説明';
$string['discrimination'] = '識別指数';
$string['displayoptions'] = '表示オプション';
+$string['download'] = 'エクスポートしたカテゴリファイルをダウンロードする';
+$string['downloadextra'] = '( ファイルはコースファイル内の /quizフォルダにも保存されます。 )';
$string['eachattemptbuildsonthelast'] = '直近の解答内容を反映させる';
$string['editcategories'] = 'カテゴリの編集';
$string['editcategory'] = 'カテゴリの編集';

0 comments on commit 03c93c3

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.