Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Browse files

polished some and translated new strings.

  • Loading branch information...
commit 09ece2b7b695e80a338b86b2061da65f825464be 1 parent 098d27d
mits authored
View
10 lang/ja/admin.php
@@ -4,6 +4,7 @@
$string['adminseesallevents'] = '管理者に全てのイベントを表示';
$string['adminseesownevents'] = '管理者は他のユーザと同じ';
+$string['allowrenames'] = 'リネームを許可する';
$string['availablelangs'] = '利用可能な言語パック';
$string['backgroundcolour'] = '透明色';
$string['badwordsconfig'] = 'カンマで区切られた使用禁止用語を入力してください。';
@@ -128,6 +129,7 @@
$string['edithelpdocs'] = 'ヘルプドキュメントの編集';
$string['editlang'] = '<b>編集</b>';
$string['editstrings'] = '翻訳ストリングの編集';
+$string['errors'] = 'エラー';
$string['filterall'] = '全ての文字をフィルタする';
$string['filtermatchoneperpage'] = 'ページあたり1回フィルタマッチする';
$string['filtermatchonepertext'] = 'テキストあたり1回フィルタマッチする';
@@ -147,6 +149,7 @@
$string['incompatibleblocks'] = '互換性がないブロック';
$string['install'] = 'インストール';
$string['installedlangs'] = 'インストール済み言語パック';
+$string['invaliduserchangeme'] = 'ユーザ名「changeme」は予約されています -- このユーザ名のアカウントは作成することができません。';
$string['lang16notify'] = 'Moodle1.6以上のバージョンでは、下記のリンクでmoodle.orgより言語パックのインストールおよびアップデートを行うことができます。';
$string['langimport'] = '言語インポートユーティリティ';
$string['langimportsuccess'] = '言語パックが正常に更新されました。';
@@ -170,6 +173,7 @@
$string['pathlatex'] = '<i>latex</i>のバイナリパス';
$string['pleaseregister'] = 'このボタンを消すには、あなたのサイトを登録してください。';
$string['remotelangnotavailable'] = 'Moodleがmoodle.orgに接続できないため、自動的に言語パックのインストールを行うことができません。適切なzipファイルを手動で下記のリンクよりダウンロードして、$a ディレクトリにコピーおよびunzipしてください。';
+$string['renameerrors'] = 'リネームのエラー';
$string['sitelangchanged'] = 'サイト言語の設定が正常に完了しました。';
$string['sitemaintenance'] = 'このサイトはメンテナンス中です。現在ご利用いただけません。';
$string['sitemaintenancemode'] = 'メンテナンスモード';
@@ -188,6 +192,7 @@
$string['timezonenotforced'] = 'ユーザが独自のタイムゾーンを使用';
$string['uninstall'] = 'アンインストール';
$string['uninstallconfirm'] = 'あなたは言語パック ( $a ) を完全にアンインストールしようとしています。本当によろしいですか?';
+$string['updateaccounts'] = '既存のアカウントを更新する';
$string['updatelangs'] = '言語パックの更新';
$string['upgradeforumread'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。<br />この機能を有効にするには、<a href=\"$a\">テーブルをアップデート</a>する必要があります。';
$string['upgradeforumreadinfo'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。この機能を有効にするには、投稿内容の未読管理を含むテーブルをアップデートする必要があります。あなたのサイトのサイズにより、この作業は長時間かかる場合があります。また、データベースに非常に負荷がかかる可能性がありますので、閑散期のアップデート作業をお勧めします。このアップデート期間中も、あなたのサイトは動作し続け、ユーザは影響を受けません。この処理を開始した場合は処理を終わらせてください ( ブラウザを開いたままにして ) 。ウィンドウを閉じて処理を終わらせてしまった場合でも心配しないでください。アップデート処理を再開することができます。<br /><br />本当に今からアップデート処理を始めてもよろしいですか?';
@@ -199,5 +204,10 @@
<p>本当にMoodleをこのバージョンにアップグレードしてもよろしいですか?</p>';
$string['upgradingdata'] = 'データのアップグレード';
$string['upgradinglogs'] = 'ログのアップグレード';
+$string['useraccountupdated'] = 'ユーザが更新されました。';
+$string['userrenamed'] = 'ユーザがリネームされました。';
+$string['userscreated'] = 'ユーザが作成されました。';
+$string['usersrenamed'] = 'ユーザがリネームされました。';
+$string['usersupdated'] = 'ユーザが更新されました。';
?>
View
3  lang/ja/auth.php
@@ -125,14 +125,13 @@
$string['changepassword'] = 'パスワードURLの変更';
$string['changepasswordhelp'] = 'ユーザがユーザ名/パスワードを忘れたときに回復または変更するためのボタンをログインページに表示します。この設定により、ログインページおよびユーザページにボタンが表示されます。空白の場合、ボタンは表示されません。';
$string['chooseauthmethod'] = '認証方法の選択:';
-$string['createchangepassword'] = '無い場合は作成 - 強制変更';
-$string['createpassword'] = '無い場合は作成';
$string['forcechangepassword'] = 'パスワード変更の強制';
$string['forcechangepassword_help'] = '次にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
$string['forcechangepasswordfirst_help'] = '最初にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
$string['guestloginbutton'] = 'ゲストログインボタン';
$string['infilefield'] = 'ファイルの必須フィールド';
$string['instructions'] = '説明';
+$string['internal'] = '内部';
$string['locked'] = 'ロックする';
$string['md5'] = 'MD5暗号化';
$string['passwordhandling'] = 'パスワードフィールド取り扱い';
View
8 lang/ja/enrol_database.php
@@ -1,7 +1,9 @@
<?PHP // $Id$
- // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
+ // enrol_database.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
+$string['autocreate'] = 'まだMoodleに作成されていないコースへの登録ユーザがある場合、コースを自動的に作成する。';
+$string['category'] = '自動作成コースのカテゴリ';
$string['dbhost'] = 'ホスト名';
$string['dbname'] = 'データベース名';
$string['dbpass'] = 'パスワード';
@@ -10,9 +12,13 @@
$string['dbuser'] = 'ユーザ名';
$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース ( ほとんどの種類 ) を使用することができます。外部データベースにはコースIDおよびユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブルおよびユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
$string['enrolname'] = '外部データベース';
+$string['field_mapping'] = 'フィールドオプション';
+$string['general_options'] = '一般オプション';
$string['localcoursefield'] = 'コーステーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名 ( 例 idnumber )';
$string['localuserfield'] = 'ユーザテーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名 ( 例 idnumber )';
$string['remotecoursefield'] = 'course IDに対するリモートデータベースのフィールド名';
$string['remoteuserfield'] = 'user IDに対するリモートデータベースのフィールド名';
+$string['server_settings'] = 'サーバ設定';
+$string['template'] = '任意: テンプレートコースから自動作成コースの設定をコピーする。';
?>
View
2  lang/ja/error.php
@@ -41,5 +41,7 @@
$string['usernotaddederror'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 原因不明のエラー';
$string['usernotaddedregistered'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 登録済み';
$string['usernotavailable'] = 'このユーザの詳細は閲覧できません。';
+$string['usernotrenamedexists'] = 'ユーザはリネームされませんでした -- 新しいユーザ名が既に使用されています。';
+$string['usernotrenamedmissing'] = 'ユーザはリネームされませんでした -- 古いユーザ名が見つかりませんでした。';
?>
View
4 lang/ja/help/coursenewsitems.html
@@ -1,7 +1,7 @@
-<p align="center"><b>コースニュース項目</b></p>
+<p align="center"><b>コースニュースアイテム</b></p>
<p>「ニュース」と呼ばれる特別なフォーラムは「ウィークリー」および「トピック」コースフォーマットに表示されます。これは学生に対する連絡を掲載するのに最適な場所です。( 初期値では全学生がこのフォーラムにメール購読登録され、連絡がメールで通知されます。 )</p>
<p>この設定では、あなたのコースページ右側にあるボックスに何件の最新項目を掲載するか決定します。</p>
-<p>「0件のニュース項目を表示」と設定した場合、ボックスは表示されません。</p>
+<p>「0件のニュースアイテムを表示」と設定した場合、ボックスは表示されません。</p>
View
2  lang/ja/help/index.html
@@ -22,7 +22,7 @@
<li><a href="help.php?file=courseformats.html">コースフォーマット</a></li>
<li><a href="help.php?file=coursefullname.html">コースの長い名称</a></li>
<li><a href="help.php?file=courseidnumber.html">コースIDナンバー</a></li>
- <li><a href="help.php?file=coursenewsitems.html">コースニュース項目</a></li>
+ <li><a href="help.php?file=coursenewsitems.html">コースニュースアイテム</a></li>
<li><a href="help.php?file=coursenumsections.html">週/トピックのコース数</a></li>
<li><a href="help.php?file=courseshortname.html">コースの短い名称</a></li>
<li><a href="help.php?file=coursestartdate.html">コース開始日</a></li>
View
10 lang/ja/help/uploadusers.html
@@ -29,4 +29,12 @@
<p>下記は有効なインポートファイルの例です:</p>
<p><font size="-1" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email, lang, idnumber, maildisplay, course1, group1, type1<br />
jonest, verysecret, Tom, Jones, jonest@someplace.edu, en, 3663737, 1, Intro101, Section 1, 1<br />
-reznort, somesecret, Trent, Reznor, reznort@someplace.edu, en_us, 6736733, 0, Advanced202, Section 3, 3</font></p>
+reznort, somesecret, Trent, Reznor, reznort@someplace.edu, en_us, 6736733, 0, Advanced202, Section 3, 3</font></p>
+
+<p align="center"><b>既存のアカウントを更新する</b></p>
+
+<p>デフォルトでは、あなたが既存のアカウントとユーザ名が合致するレコードはスキップして、新しいアカウントを作成するとMoodleは想定します。しかし、あなたが「既存のアカウントを更新する」オプションを<b>Yes</b>にした場合、既存のユーザアカウントは更新されます。</p>
+
+<p>既存のアカウントを更新する場合、あなたは同様にユーザ名を更新することができます。「リネームを許可する」を<b>Yes</b>に設定して、ファイルに <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">oldusername</font> フィールドを入れてください。</p>
+
+<p><b>警告:</b> 既存のアカウント更新時に発生したエラーは、ユーザに悪い影響を及ぼします。アップデートに関するオプションを使用する時は注意してください。</p>
View
30 lang/ja/moodle.php
@@ -367,7 +367,7 @@
$string['emailagain'] = 'メールアドレス ( もう一度 )';
$string['emailcharset'] = 'メール文字コード';
$string['emailconfirm'] = 'アカウントの確定';
-$string['emailconfirmation'] = '$a->firstname さん こんにちは、
+$string['emailconfirmation'] = 'こんにちは $a->lastname さん
「 $a->sitename 」であなたのメールアドレスによる新しいアカウントの作成が依頼されました。
@@ -402,9 +402,9 @@
$string['emailnotallowed'] = 'これらのドメインのメールアドレスは許可されていません ( $a )';
$string['emailnotfound'] = 'データベース内にメールアドレスが見つかりませんでした。';
$string['emailonlyallowed'] = 'このメールアドレスは許可されているメールアドレスに入っていません ( $a )';
-$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->firstname さん
+$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->lastname さん
-誰か(恐らくあなた)が、「 $a->sitename 」 のアカウントで新しいパスワード作成の請求を行いました。
+誰か ( 恐らくあなた ) が、「 $a->sitename 」 のアカウントで新しいパスワード作成の請求を行いました。
新しいパスワード請求を確認して、新たなパスワードをメールであなた宛に送信するために下記のページをご覧ください:
@@ -803,7 +803,7 @@
$string['newcourse'] = '新しいコース';
$string['newpassword'] = '新しいパスワード';
$string['newpasswordfromlost'] = '<strong>注意:</strong> 喪失パスワードリカバリ処理の一部として送信される2通のメールの<strong>2番目の</strong>メールで、あなたの<strong>現在のパスワード</strong>が送信されます。この画面を続ける前に、あなたの新しいパスワードが記載されたメールを受信したことをよく確かめてください。';
-$string['newpasswordtext'] = '$a->firstname さん こんにちは、
+$string['newpasswordtext'] = 'こんにちは $a->lastname さん
「 $a->sitename 」のパスワードリセットおよび仮パスワードの作成が完了しました。
@@ -819,10 +819,26 @@
「 $a->sitename 」の管理者よりご挨拶でした。
$a->signoff';
$string['newpicture'] = '新しい写真';
-$string['newsitem'] = '件のニュース項目を表示';
-$string['newsitems'] = '件のニュース項目を表示';
-$string['newsitemsnumber'] = 'ニュース項目の表示数';
+$string['newsitem'] = '件のニュースアイテムを表示';
+$string['newsitems'] = '件のニュースアイテムを表示';
+$string['newsitemsnumber'] = 'ニュースアイテムの表示数';
$string['newuser'] = '新規ユーザ';
+$string['newusernewpasswordsubj'] = '新規ユーザアカウント';
+$string['newusernewpasswordtext'] = 'こんにちは $a->lastname さん
+
+あなたの新しいアカウントが「 $a->sitename 」に作成され、新しい一時的なパスワードが発行されました。
+
+あなたの現在のログイン情報は下記の通りです:
+ユーザ名: $a->username
+パスワード: $a->newpassword
+( 最初にログインした時にパスワードを変更してください。)
+
+$a->sitename で作業を始めるには $a->link にログインしてください。
+
+ほとんどのメールプログラムでは、これはクリック可能な青いリンクとして表示されます。クリックできない場合は、ブラウザのアドレスボックスにコピー&ペーストしてください。
+
+「 $a->sitename 」の管理者よりご挨拶でした。
+$a->signoff';
$string['newusers'] = '新規ユーザ';
$string['next'] = '次へ';
$string['no'] = 'No';
View
10 lang/ja_utf8/admin.php
@@ -4,6 +4,7 @@
$string['adminseesallevents'] = '管理者に全てのイベントを表示';
$string['adminseesownevents'] = '管理者は他のユーザと同じ';
+$string['allowrenames'] = 'リネームを許可する';
$string['availablelangs'] = '利用可能な言語パック';
$string['backgroundcolour'] = '透明色';
$string['badwordsconfig'] = 'カンマで区切られた使用禁止用語を入力してください。';
@@ -128,6 +129,7 @@
$string['edithelpdocs'] = 'ヘルプドキュメントの編集';
$string['editlang'] = '<b>編集</b>';
$string['editstrings'] = '翻訳ストリングの編集';
+$string['errors'] = 'エラー';
$string['filterall'] = '全ての文字をフィルタする';
$string['filtermatchoneperpage'] = 'ページあたり1回フィルタマッチする';
$string['filtermatchonepertext'] = 'テキストあたり1回フィルタマッチする';
@@ -147,6 +149,7 @@
$string['incompatibleblocks'] = '互換性がないブロック';
$string['install'] = 'インストール';
$string['installedlangs'] = 'インストール済み言語パック';
+$string['invaliduserchangeme'] = 'ユーザ名「changeme」は予約されています -- このユーザ名のアカウントは作成することができません。';
$string['lang16notify'] = 'Moodle1.6以上のバージョンでは、下記のリンクでmoodle.orgより言語パックのインストールおよびアップデートを行うことができます。';
$string['langimport'] = '言語インポートユーティリティ';
$string['langimportsuccess'] = '言語パックが正常に更新されました。';
@@ -170,6 +173,7 @@
$string['pathlatex'] = '<i>latex</i>のバイナリパス';
$string['pleaseregister'] = 'このボタンを消すには、あなたのサイトを登録してください。';
$string['remotelangnotavailable'] = 'Moodleがmoodle.orgに接続できないため、自動的に言語パックのインストールを行うことができません。適切なzipファイルを手動で下記のリンクよりダウンロードして、$a ディレクトリにコピーおよびunzipしてください。';
+$string['renameerrors'] = 'リネームのエラー';
$string['sitelangchanged'] = 'サイト言語の設定が正常に完了しました。';
$string['sitemaintenance'] = 'このサイトはメンテナンス中です。現在ご利用いただけません。';
$string['sitemaintenancemode'] = 'メンテナンスモード';
@@ -188,6 +192,7 @@
$string['timezonenotforced'] = 'ユーザが独自のタイムゾーンを使用';
$string['uninstall'] = 'アンインストール';
$string['uninstallconfirm'] = 'あなたは言語パック ( $a ) を完全にアンインストールしようとしています。本当によろしいですか?';
+$string['updateaccounts'] = '既存のアカウントを更新する';
$string['updatelangs'] = '言語パックの更新';
$string['upgradeforumread'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。<br />この機能を有効にするには、<a href=\"$a\">テーブルをアップデート</a>する必要があります。';
$string['upgradeforumreadinfo'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。この機能を有効にするには、投稿内容の未読管理を含むテーブルをアップデートする必要があります。あなたのサイトのサイズにより、この作業は長時間かかる場合があります。また、データベースに非常に負荷がかかる可能性がありますので、閑散期のアップデート作業をお勧めします。このアップデート期間中も、あなたのサイトは動作し続け、ユーザは影響を受けません。この処理を開始した場合は処理を終わらせてください ( ブラウザを開いたままにして ) 。ウィンドウを閉じて処理を終わらせてしまった場合でも心配しないでください。アップデート処理を再開することができます。<br /><br />本当に今からアップデート処理を始めてもよろしいですか?';
@@ -199,5 +204,10 @@
<p>本当にMoodleをこのバージョンにアップグレードしてもよろしいですか?</p>';
$string['upgradingdata'] = 'データのアップグレード';
$string['upgradinglogs'] = 'ログのアップグレード';
+$string['useraccountupdated'] = 'ユーザが更新されました。';
+$string['userrenamed'] = 'ユーザがリネームされました。';
+$string['userscreated'] = 'ユーザが作成されました。';
+$string['usersrenamed'] = 'ユーザがリネームされました。';
+$string['usersupdated'] = 'ユーザが更新されました。';
?>
View
3  lang/ja_utf8/auth.php
@@ -125,14 +125,13 @@
$string['changepassword'] = 'パスワードURLの変更';
$string['changepasswordhelp'] = 'ユーザがユーザ名/パスワードを忘れたときに回復または変更するためのボタンをログインページに表示します。この設定により、ログインページおよびユーザページにボタンが表示されます。空白の場合、ボタンは表示されません。';
$string['chooseauthmethod'] = '認証方法の選択:';
-$string['createchangepassword'] = '無い場合は作成 - 強制変更';
-$string['createpassword'] = '無い場合は作成';
$string['forcechangepassword'] = 'パスワード変更の強制';
$string['forcechangepassword_help'] = '次にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
$string['forcechangepasswordfirst_help'] = '最初にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
$string['guestloginbutton'] = 'ゲストログインボタン';
$string['infilefield'] = 'ファイルの必須フィールド';
$string['instructions'] = '説明';
+$string['internal'] = '内部';
$string['locked'] = 'ロックする';
$string['md5'] = 'MD5暗号化';
$string['passwordhandling'] = 'パスワードフィールド取り扱い';
View
10 lang/ja_utf8/enrol_database.php
@@ -1,7 +1,9 @@
-<?php // $Id$
- // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
+<?PHP // $Id$
+ // enrol_database.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
+$string['autocreate'] = 'まだMoodleに作成されていないコースへの登録ユーザがある場合、コースを自動的に作成する。';
+$string['category'] = '自動作成コースのカテゴリ';
$string['dbhost'] = 'ホスト名';
$string['dbname'] = 'データベース名';
$string['dbpass'] = 'パスワード';
@@ -10,9 +12,13 @@
$string['dbuser'] = 'ユーザ名';
$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース ( ほとんどの種類 ) を使用することができます。外部データベースにはコースIDおよびユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブルおよびユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
$string['enrolname'] = '外部データベース';
+$string['field_mapping'] = 'フィールドオプション';
+$string['general_options'] = '一般オプション';
$string['localcoursefield'] = 'コーステーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名 ( 例 idnumber )';
$string['localuserfield'] = 'ユーザテーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名 ( 例 idnumber )';
$string['remotecoursefield'] = 'course IDに対するリモートデータベースのフィールド名';
$string['remoteuserfield'] = 'user IDに対するリモートデータベースのフィールド名';
+$string['server_settings'] = 'サーバ設定';
+$string['template'] = '任意: テンプレートコースから自動作成コースの設定をコピーする。';
?>
View
2  lang/ja_utf8/error.php
@@ -41,5 +41,7 @@
$string['usernotaddederror'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 原因不明のエラー';
$string['usernotaddedregistered'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 登録済み';
$string['usernotavailable'] = 'このユーザの詳細は閲覧できません。';
+$string['usernotrenamedexists'] = 'ユーザはリネームされませんでした -- 新しいユーザ名が既に使用されています。';
+$string['usernotrenamedmissing'] = 'ユーザはリネームされませんでした -- 古いユーザ名が見つかりませんでした。';
?>
View
4 lang/ja_utf8/help/coursenewsitems.html
@@ -1,7 +1,7 @@
-<p align="center"><b>コースニュース項目</b></p>
+<p align="center"><b>コースニュースアイテム</b></p>
<p>「ニュース」と呼ばれる特別なフォーラムは「ウィークリー」および「トピック」コースフォーマットに表示されます。これは学生に対する連絡を掲載するのに最適な場所です。( 初期値では全学生がこのフォーラムにメール購読登録され、連絡がメールで通知されます。 )</p>
<p>この設定では、あなたのコースページ右側にあるボックスに何件の最新項目を掲載するか決定します。</p>
-<p>「0件のニュース項目を表示」と設定した場合、ボックスは表示されません。</p>
+<p>「0件のニュースアイテムを表示」と設定した場合、ボックスは表示されません。</p>
View
2  lang/ja_utf8/help/index.html
@@ -22,7 +22,7 @@
<li><a href="help.php?file=courseformats.html">コースフォーマット</a></li>
<li><a href="help.php?file=coursefullname.html">コースの長い名称</a></li>
<li><a href="help.php?file=courseidnumber.html">コースIDナンバー</a></li>
- <li><a href="help.php?file=coursenewsitems.html">コースニュース項目</a></li>
+ <li><a href="help.php?file=coursenewsitems.html">コースニュースアイテム</a></li>
<li><a href="help.php?file=coursenumsections.html">週/トピックのコース数</a></li>
<li><a href="help.php?file=courseshortname.html">コースの短い名称</a></li>
<li><a href="help.php?file=coursestartdate.html">コース開始日</a></li>
View
10 lang/ja_utf8/help/uploadusers.html
@@ -29,4 +29,12 @@
<p>下記は有効なインポートファイルの例です:</p>
<p><font size="-1" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email, lang, idnumber, maildisplay, course1, group1, type1<br />
jonest, verysecret, Tom, Jones, jonest@someplace.edu, en, 3663737, 1, Intro101, Section 1, 1<br />
-reznort, somesecret, Trent, Reznor, reznort@someplace.edu, en_us, 6736733, 0, Advanced202, Section 3, 3</font></p>
+reznort, somesecret, Trent, Reznor, reznort@someplace.edu, en_us, 6736733, 0, Advanced202, Section 3, 3</font></p>
+
+<p align="center"><b>既存のアカウントを更新する</b></p>
+
+<p>デフォルトでは、あなたが既存のアカウントとユーザ名が合致するレコードはスキップして、新しいアカウントを作成するとMoodleは想定します。しかし、あなたが「既存のアカウントを更新する」オプションを<b>Yes</b>にした場合、既存のユーザアカウントは更新されます。</p>
+
+<p>既存のアカウントを更新する場合、あなたは同様にユーザ名を更新することができます。「リネームを許可する」を<b>Yes</b>に設定して、ファイルに <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">oldusername</font> フィールドを入れてください。</p>
+
+<p><b>警告:</b> 既存のアカウント更新時に発生したエラーは、ユーザに悪い影響を及ぼします。アップデートに関するオプションを使用する時は注意してください。</p>
View
30 lang/ja_utf8/moodle.php
@@ -367,7 +367,7 @@
$string['emailagain'] = 'メールアドレス ( もう一度 )';
$string['emailcharset'] = 'メール文字コード';
$string['emailconfirm'] = 'アカウントの確定';
-$string['emailconfirmation'] = '$a->firstname さん こんにちは、
+$string['emailconfirmation'] = 'こんにちは $a->lastname さん
「 $a->sitename 」であなたのメールアドレスによる新しいアカウントの作成が依頼されました。
@@ -402,9 +402,9 @@
$string['emailnotallowed'] = 'これらのドメインのメールアドレスは許可されていません ( $a )';
$string['emailnotfound'] = 'データベース内にメールアドレスが見つかりませんでした。';
$string['emailonlyallowed'] = 'このメールアドレスは許可されているメールアドレスに入っていません ( $a )';
-$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->firstname さん
+$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->lastname さん
-誰か(恐らくあなた)が、「 $a->sitename 」 のアカウントで新しいパスワード作成の請求を行いました。
+誰か ( 恐らくあなた ) が、「 $a->sitename 」 のアカウントで新しいパスワード作成の請求を行いました。
新しいパスワード請求を確認して、新たなパスワードをメールであなた宛に送信するために下記のページをご覧ください:
@@ -803,7 +803,7 @@
$string['newcourse'] = '新しいコース';
$string['newpassword'] = '新しいパスワード';
$string['newpasswordfromlost'] = '<strong>注意:</strong> 喪失パスワードリカバリ処理の一部として送信される2通のメールの<strong>2番目の</strong>メールで、あなたの<strong>現在のパスワード</strong>が送信されます。この画面を続ける前に、あなたの新しいパスワードが記載されたメールを受信したことをよく確かめてください。';
-$string['newpasswordtext'] = '$a->firstname さん こんにちは、
+$string['newpasswordtext'] = 'こんにちは $a->lastname さん
「 $a->sitename 」のパスワードリセットおよび仮パスワードの作成が完了しました。
@@ -819,10 +819,26 @@
「 $a->sitename 」の管理者よりご挨拶でした。
$a->signoff';
$string['newpicture'] = '新しい写真';
-$string['newsitem'] = '件のニュース項目を表示';
-$string['newsitems'] = '件のニュース項目を表示';
-$string['newsitemsnumber'] = 'ニュース項目の表示数';
+$string['newsitem'] = '件のニュースアイテムを表示';
+$string['newsitems'] = '件のニュースアイテムを表示';
+$string['newsitemsnumber'] = 'ニュースアイテムの表示数';
$string['newuser'] = '新規ユーザ';
+$string['newusernewpasswordsubj'] = '新規ユーザアカウント';
+$string['newusernewpasswordtext'] = 'こんにちは $a->lastname さん
+
+あなたの新しいアカウントが「 $a->sitename 」に作成され、新しい一時的なパスワードが発行されました。
+
+あなたの現在のログイン情報は下記の通りです:
+ユーザ名: $a->username
+パスワード: $a->newpassword
+( 最初にログインした時にパスワードを変更してください。)
+
+$a->sitename で作業を始めるには $a->link にログインしてください。
+
+ほとんどのメールプログラムでは、これはクリック可能な青いリンクとして表示されます。クリックできない場合は、ブラウザのアドレスボックスにコピー&ペーストしてください。
+
+「 $a->sitename 」の管理者よりご挨拶でした。
+$a->signoff';
$string['newusers'] = '新規ユーザ';
$string['next'] = '次へ';
$string['no'] = 'No';
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.