Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Browse files

translated a new help file for filter.

  • Loading branch information...
commit 16a07a1e6be186ad307900dc191e6847b62b889e 1 parent 8fab2cd
mits authored
View
2  lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED BY Mitsuhiro Yoshida : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : August 25, 2005
+LAST MODIFIED : August 26, 2005
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
64 lang/ja/help/filters.html
@@ -0,0 +1,64 @@
+<p align="center"><b>フィルタ管理</b></p>
+
+<p>フィルタ管理ページでは、どのフィルタがテキストに適用され、どのような順序で表示されるか指定します。ここでは、フィルタによって提供された設定ページへのリンクも表示されます。フィルタは表示される直前に、moodleのほとんどのユーザテキストに適用されます。これらは「タイムリミット寸前」のテキスト修正を許可します。</p>
+
+<p>フィルタは「埋め込み型」のリソースです。更なる情報は <a href="http://download.moodle.org/modules/filters.php">
+ http://download.moodle.org/modules/filters.php</a> で入手することができます。</p>
+
+<p>使用したいフィルタを、目のアイコンで「非表示解除」して選択してください。 1つ以上の非表示解除フィルタがある場合、上下の矢印を使って、フィルタが適用される順番を変更することができます。</p>
+
+<p><b>Tex表記法</b></p>
+
+<ul>
+ <p>Tex表記法は、主にMoodleリソースにインラインの数式を生成するために使用されます。例えば $$ sqrt(a+b) $$ ( $$ は、このフォーマットの開始および終了「タグ」です ) のように記述します。</p>
+ <p>Moodleは、システムのために設定する必要のある画像を、外部バイナリを使用してレンダリングします。フィルタは、最初にLaTeXレンダー ( 同様に、このメソッドではGhostscriptが必須です ) そして失敗した場合は、Moodleディストリビューションに含まれた類似の<i>miktex</i>バイナリを使用します。miktexが数学的サブセットのみをサポートするのに対して、La Texは全てのレンジのシンタックスを許可します。</p>
+ <p>設定ページでは、LaTexおよびGhostscriptバイナリパス、同時にLaTeX preambleの設定を行うことができます。</p>
+ <p><b>詳細情報</b></p>
+ <p><a href="http://www.miktex.org/">MiKTeX</a><br/>
+ <a href="http://www.latex-project.org/">LaTeX</a><br/>
+ <a href="http://www.ghostscript.com/">ghostscript</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>ワードセンサーシップ</b></p>
+
+<ul>
+ <p>ワードセンサーシップは、定義済みリストを元に、テキスト中の「不適切な言葉」をスキャンします。この機能を使用するには、最初に設定ページに入って、言葉のリストを定義する必要があります。ユーザには黒色のブロックで覆い隠された言葉が見えますが、マウスポインタを乗せるとオリジナルの言葉がポップアップされます。</p>
+</ul>
+
+<p><b>リソース名オートリンク</b></b>
+
+<ul>
+ <p>リソース名オートリンクは、同じコースにあるリソースタイトルのテキストをスキャンします。発見された場合、ハイライトされ、リンクが作成されます。この機能を効果的に使用するには、説明的なタイトルを付けることに注意してください。例えば、「紹介」というタイトルは適切なものではありません。なぜなら、それが何を参照しているかに関わらず、テキスト中の「紹介」という文字<b>全て</b>にリンクされるからです。</p>
+</ul>
+
+<p><b>活動名オートリンク</b></b>
+
+<ul>
+ <p>活動名オートリンクは、同じコースにある活動タイトルのテキストをスキャンします。発見された場合、ハイライトされ、リンクが作成されます。この機能を効果的に使用するには、説明的なタイトルを付けることに注意してください。例えば、「クイズ」というタイトルは適切なものではありません。なぜなら、それが何を参照しているかに関わらず、テキスト中の「クイズ」という文字<b>全て</b>にリンクされるからです。</p>
+</ul>
+
+<p><b>用語集オートリンク</b></p>
+
+<ul>
+ <p>このフィルタでは、コースの用語集で使用されているキーワードのテキストをスキャンします。しかし、各用語集エントリは、リンクが有効にされている必要がありますので注意してください。発見された場合、ハイライトされ、リンクが作成されます。
+ </p>
+</ul>
+
+<p><b>メールプロテクション</b></p>
+
+<ul>
+ <p>メールプロテクションフィルタでは、あらゆるメールアドレスのテキストをスキャンします。発見された場合、自動メール収集システムがメールアドレスを取得することを防ぐため、「意図的に混乱」させます。あなたのMoodleサイトの一部が開放されている場合、このフィルタはスパムのリスクを軽減します。</p>
+</ul>
+
+<p><b>Tidy</b></p>
+
+<ul>
+ <p>Tidyは、HTML構成のテキストをスキャンします。発見された場合、HTMLを正常なものにするためのルールが適用されます。Tidyが動作するには、Tidy機能がPHPインストールに組み込まれる必要がありますので注意してください。</p>
+</ul>
+
+<p><b>多言語コンテンツ</b></p>
+
+<ul>
+ <p>このフィルタは、リソースを複数言語で作成できるようにします。リソース言語は、ユーザがMoodle言語を選択すると変更されます。この機能を最初に使用することで、複数言語を使用したコンテンツを作成することができます。それぞれの言語のコンテンツを下記のタグで囲んでください:
+ <pre> &lt;lang lang="XX&gt;あなたの_コンテンツは_ここです&lt;/lang&gt;</pre> </p>
+</ul>
View
64 lang/ja_utf8/help/filters.html
@@ -0,0 +1,64 @@
+<p align="center"><b>フィルタ管理</b></p>
+
+<p>フィルタ管理ページでは、どのフィルタがテキストに適用され、どのような順序で表示されるか指定します。ここでは、フィルタによって提供された設定ページへのリンクも表示されます。フィルタは表示される直前に、moodleのほとんどのユーザテキストに適用されます。これらは「タイムリミット寸前」のテキスト修正を許可します。</p>
+
+<p>フィルタは「埋め込み型」のリソースです。更なる情報は <a href="http://download.moodle.org/modules/filters.php">
+ http://download.moodle.org/modules/filters.php</a> で入手することができます。</p>
+
+<p>使用したいフィルタを、目のアイコンで「非表示解除」して選択してください。 1つ以上の非表示解除フィルタがある場合、上下の矢印を使って、フィルタが適用される順番を変更することができます。</p>
+
+<p><b>Tex表記法</b></p>
+
+<ul>
+ <p>Tex表記法は、主にMoodleリソースにインラインの数式を生成するために使用されます。例えば $$ sqrt(a+b) $$ ( $$ は、このフォーマットの開始および終了「タグ」です ) のように記述します。</p>
+ <p>Moodleは、システムのために設定する必要のある画像を、外部バイナリを使用してレンダリングします。フィルタは、最初にLaTeXレンダー ( 同様に、このメソッドではGhostscriptが必須です ) そして失敗した場合は、Moodleディストリビューションに含まれた類似の<i>miktex</i>バイナリを使用します。miktexが数学的サブセットのみをサポートするのに対して、La Texは全てのレンジのシンタックスを許可します。</p>
+ <p>設定ページでは、LaTexおよびGhostscriptバイナリパス、同時にLaTeX preambleの設定を行うことができます。</p>
+ <p><b>詳細情報</b></p>
+ <p><a href="http://www.miktex.org/">MiKTeX</a><br/>
+ <a href="http://www.latex-project.org/">LaTeX</a><br/>
+ <a href="http://www.ghostscript.com/">ghostscript</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>ワードセンサーシップ</b></p>
+
+<ul>
+ <p>ワードセンサーシップは、定義済みリストを元に、テキスト中の「不適切な言葉」をスキャンします。この機能を使用するには、最初に設定ページに入って、言葉のリストを定義する必要があります。ユーザには黒色のブロックで覆い隠された言葉が見えますが、マウスポインタを乗せるとオリジナルの言葉がポップアップされます。</p>
+</ul>
+
+<p><b>リソース名オートリンク</b></b>
+
+<ul>
+ <p>リソース名オートリンクは、同じコースにあるリソースタイトルのテキストをスキャンします。発見された場合、ハイライトされ、リンクが作成されます。この機能を効果的に使用するには、説明的なタイトルを付けることに注意してください。例えば、「紹介」というタイトルは適切なものではありません。なぜなら、それが何を参照しているかに関わらず、テキスト中の「紹介」という文字<b>全て</b>にリンクされるからです。</p>
+</ul>
+
+<p><b>活動名オートリンク</b></b>
+
+<ul>
+ <p>活動名オートリンクは、同じコースにある活動タイトルのテキストをスキャンします。発見された場合、ハイライトされ、リンクが作成されます。この機能を効果的に使用するには、説明的なタイトルを付けることに注意してください。例えば、「クイズ」というタイトルは適切なものではありません。なぜなら、それが何を参照しているかに関わらず、テキスト中の「クイズ」という文字<b>全て</b>にリンクされるからです。</p>
+</ul>
+
+<p><b>用語集オートリンク</b></p>
+
+<ul>
+ <p>このフィルタでは、コースの用語集で使用されているキーワードのテキストをスキャンします。しかし、各用語集エントリは、リンクが有効にされている必要がありますので注意してください。発見された場合、ハイライトされ、リンクが作成されます。
+ </p>
+</ul>
+
+<p><b>メールプロテクション</b></p>
+
+<ul>
+ <p>メールプロテクションフィルタでは、あらゆるメールアドレスのテキストをスキャンします。発見された場合、自動メール収集システムがメールアドレスを取得することを防ぐため、「意図的に混乱」させます。あなたのMoodleサイトの一部が開放されている場合、このフィルタはスパムのリスクを軽減します。</p>
+</ul>
+
+<p><b>Tidy</b></p>
+
+<ul>
+ <p>Tidyは、HTML構成のテキストをスキャンします。発見された場合、HTMLを正常なものにするためのルールが適用されます。Tidyが動作するには、Tidy機能がPHPインストールに組み込まれる必要がありますので注意してください。</p>
+</ul>
+
+<p><b>多言語コンテンツ</b></p>
+
+<ul>
+ <p>このフィルタは、リソースを複数言語で作成できるようにします。リソース言語は、ユーザがMoodle言語を選択すると変更されます。この機能を最初に使用することで、複数言語を使用したコンテンツを作成することができます。それぞれの言語のコンテンツを下記のタグで囲んでください:
+ <pre> &lt;lang lang="XX&gt;あなたの_コンテンツは_ここです&lt;/lang&gt;</pre> </p>
+</ul>
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.