Browse files

Changed a word "window" from "UINDOU" to "UiNDOU"in whole Japanese la…

…ng pack.
  • Loading branch information...
1 parent 9a609e0 commit 1dbaf9d03234569a84c86f0788f1b8c3bf546f34 mits committed Dec 7, 2005
Showing with 164 additions and 176 deletions.
  1. +1 −1 lang/ja/README
  2. +1 −1 lang/ja/admin.php
  3. +1 −1 lang/ja/docs/features.html
  4. +2 −2 lang/ja/docs/release.html
  5. +2 −2 lang/ja/docs/teacher.html
  6. +3 −3 lang/ja/editor.php
  7. +1 −1 lang/ja/help/advanced_markdown.html
  8. +1 −1 lang/ja/help/grade/student.html
  9. +1 −1 lang/ja/help/hotpot/navigation.html
  10. +6 −6 lang/ja/help/hotpot/studentfeedback.html
  11. +2 −2 lang/ja/help/lesson/mediafile.html
  12. +3 −3 lang/ja/help/quiz/popup.html
  13. +1 −1 lang/ja/help/quiz/timelimit.html
  14. +1 −1 lang/ja/help/resource/index.html
  15. +1 −1 lang/ja/help/resource/type/file.html
  16. +1 −1 lang/ja/help/resource/type/ims.html
  17. +13 −13 lang/ja/help/resource/window.html
  18. +0 −3 lang/ja/help/scorm/height.html
  19. +2 −2 lang/ja/help/scorm/index.html
  20. +1 −1 lang/ja/help/scorm/size.html
  21. +0 −3 lang/ja/help/scorm/width.html
  22. +1 −1 lang/ja/lesson.php
  23. +2 −2 lang/ja/message.php
  24. +5 −5 lang/ja/quiz.php
  25. +20 −20 lang/ja/resource.php
  26. +9 −9 lang/ja/scorm.php
  27. +1 −1 lang/ja_utf8/README
  28. +1 −1 lang/ja_utf8/admin.php
  29. +1 −1 lang/ja_utf8/docs/features.html
  30. +2 −2 lang/ja_utf8/docs/release.html
  31. +2 −2 lang/ja_utf8/docs/teacher.html
  32. +3 −3 lang/ja_utf8/editor.php
  33. +2 −2 lang/ja_utf8/help/advanced_markdown.html
  34. +2 −2 lang/ja_utf8/help/grade/student.html
  35. +1 −1 lang/ja_utf8/help/hotpot/navigation.html
  36. +6 −6 lang/ja_utf8/help/hotpot/studentfeedback.html
  37. +2 −2 lang/ja_utf8/help/lesson/mediafile.html
  38. +3 −3 lang/ja_utf8/help/quiz/popup.html
  39. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/timelimit.html
  40. +1 −1 lang/ja_utf8/help/resource/index.html
  41. +1 −1 lang/ja_utf8/help/resource/type/file.html
  42. +1 −1 lang/ja_utf8/help/resource/type/ims.html
  43. +13 −13 lang/ja_utf8/help/resource/window.html
  44. +0 −3 lang/ja_utf8/help/scorm/height.html
  45. +2 −2 lang/ja_utf8/help/scorm/index.html
  46. +1 −1 lang/ja_utf8/help/scorm/size.html
  47. +0 −3 lang/ja_utf8/help/scorm/width.html
  48. +1 −1 lang/ja_utf8/lesson.php
  49. +2 −2 lang/ja_utf8/message.php
  50. +5 −5 lang/ja_utf8/quiz.php
  51. +20 −20 lang/ja_utf8/resource.php
  52. +9 −9 lang/ja_utf8/scorm.php
View
2 lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : December 6, 2005
+LAST MODIFIED : December 7, 2005
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
2 lang/ja/admin.php
@@ -168,7 +168,7 @@
$string['timezoneisforcedto'] = 'ユーザに使用を強制';
$string['timezonenotforced'] = 'ユーザが独自のタイムゾーンを使用';
$string['upgradeforumread'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。<br />この機能を有効にするには、<a href=\"$a\">テーブルをアップデート</a>する必要があります。';
-$string['upgradeforumreadinfo'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。この機能を有効にするには、投稿内容の未読管理を含むテーブルをアップデートする必要があります。あなたのサイトのサイズにより、この作業は長時間かかる場合があります。また、データベースに非常に負荷がかかる可能性がありますので、閑散期のアップデート作業をお勧めします。このアップデート期間中も、あなたのサイトは動作し続け、ユーザは影響を受けません。この処理を開始した場合は処理を終わらせてください ( ブラウザを開いたままにして ) 。ウインドウを閉じて処理を終わらせてしまった場合でも心配しないでください。アップデート処理を再開することができます。<br /><br />本当に今からアップデート処理を始めてもよろしいですか?';
+$string['upgradeforumreadinfo'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。この機能を有効にするには、投稿内容の未読管理を含むテーブルをアップデートする必要があります。あなたのサイトのサイズにより、この作業は長時間かかる場合があります。また、データベースに非常に負荷がかかる可能性がありますので、閑散期のアップデート作業をお勧めします。このアップデート期間中も、あなたのサイトは動作し続け、ユーザは影響を受けません。この処理を開始した場合は処理を終わらせてください ( ブラウザを開いたままにして ) 。ウィンドウを閉じて処理を終わらせてしまった場合でも心配しないでください。アップデート処理を再開することができます。<br /><br />本当に今からアップデート処理を始めてもよろしいですか?';
$string['upgradelogs'] = '正常に動作させるためには古いログのアップグレードが必要です。<a href=\"$a\">詳細はこちら</a>';
$string['upgradelogsinfo'] = 'ログの保存方法に変更点があります。全活動ベースのログを閲覧することができるようにするには、古いログをアップグレードする必要があります。サイトによってはアップグレード作業に長時間(例 数時間)を要し、規模が大きなサイトではデータベースに負担がかかります。処理を開始した場合は終了するまでそのまま(ブラウザを開いたまま)にしてください。心配する必要はありません - ログが更新された後に、あなたのサイトは正常に動作します。<br/><br/>本当にログをアップグレードしてもよろしいですか?';
$string['upgradesure'] = 'あなたのMoodleファイルが更新されました。自動的に次のバージョンに変更しようとしています:
View
2 lang/ja/docs/features.html
@@ -78,7 +78,7 @@
<h3>チャットモジュール</h3>
<ul>
<li>テキストによるスムーズでリアルタイムの相互交流を実現します。</li>
- <li>チャットウインドウにプロフィール写真を表示することができます。</li>
+ <li>チャットウィンドウにプロフィール写真を表示することができます。</li>
<li>URL、スマイリー、埋め込みHTML、イメージ等をサポートします。</li>
<li>全てのセッションは後で閲覧するために記録され、学生にも閲覧できるようにすることができます。</li>
</ul>
View
4 lang/ja/docs/release.html
@@ -253,7 +253,7 @@
<li>WAI (W3C)、SENDA (UK)、Section 508 (US)基準の準拠を視野に入れて<b>アクセシビリティ</b>を改善しました。</li>
<li>非常に強力な<b>新テーマシステム</b>。カスケーディングテーマ、ユーザテーマ、コーステーマCSSを使用してMoodleの全てのページを素晴らしくコントロールできます。</li>
- <li>サイトの全てのユーザが直接コミュニケーションできるように<b>メッセージ</b>機能を組み込みました。メッセージ機能には、リアルタイム・ポップアップウインドウ、通知機能、メールコピー、受信拒否、履歴、WYSIWYGエディタ等が含まれます。</li>
+ <li>サイトの全てのユーザが直接コミュニケーションできるように<b>メッセージ</b>機能を組み込みました。メッセージ機能には、リアルタイム・ポップアップウィンドウ、通知機能、メールコピー、受信拒否、履歴、WYSIWYGエディタ等が含まれます。</li>
<li>投稿をハイライトするフォーラム既読/未読トラッキングにより新しい投稿をひと目で見ることができます。またハイライトをどのように表示するか (フォーラムごと、ユーザごと、サイトごと ) コントロールできます。</li>
<li>新しい<b>ブロック</b>システムにより、複数ブロックのコピー、および改善されたブロック設定を行うことができます。 </li>
@@ -447,7 +447,7 @@
<li>RQPウェブサービスプロトコルを経由でMoodle小テストにシームレスに統合するために、全ての問題を外部 ( 例、mathematical assessment engines ) に渡して記録することができます。</li>
<li>ウェブサービスが利用可能になったらIMS QTI問題を取り扱うことができるように準備しました。</li>
<li>問題のプレビュー、編集、レビューができる新しい教師用タブインターフェース。</li>
- <li>新しい「改善されたセキュリティ」モードでは、問題を多くの機能を無効にした別のフルスクリーンウインドウに表示することができます。</li>
+ <li>新しい「改善されたセキュリティ」モードでは、問題を多くの機能を無効にした別のフルスクリーンウィンドウに表示することができます。</li>
<li>問題を複数のページで学生に提供することができます。1ページあたりの問題数は教師が選択することができます。</li>
<li>クイズページにブロックを追加することができます。 ( 結果表、または補足情報等 )</li>
View
4 lang/ja/docs/teacher.html
@@ -34,7 +34,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="started"></a>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/edit.gif"> - <strong>編集アイコン</strong>
の次にあるものはどんなものでも編集することができます。</p>
<p><img src="../pix/help.gif" width="22" height="17"> - <strong>ヘルプアイコン</strong>
- は<a target="helpwindow" href="../help.php?file=index.html">ポップアップヘルプウインドウ</a>を提供します。</p>
+ は<a target="helpwindow" href="../help.php?file=index.html">ポップアップヘルプウィンドウ</a>を提供します。</p>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/hide.gif" width="16" height="16"> - the <strong>開いた目アイコン</strong>
は学生から何かを隠したい時に使います。</p>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/show.gif" width="16" height="16"> - the <strong>閉じた目アイコン</strong>
@@ -121,7 +121,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="course"></a>
<li>クラス活動と接触を保つために、全てのフォーラムに登録してください。</li>
<li>全ての学生にユーザプロフィール(写真を含む)に情報を書き込むように勧めてください。また、その内容を全て読んでください。この作業により、後で学生が文章を書くときのヒントを与えることができますし、それぞれの学生の要求に合致した対応を行うことができます。</li>
<li>管理メニューの下にある非公開の「<strong>教師用フォーラム</strong>」を活用してください。このフォーラムは、チーム指導において特に役立ちます。</li>
- <li>完全な生ログにアクセスするために、管理メニューの下にある「<strong>ログ</strong>」リンクを使用してください。このページには、60秒毎に更新される、過去1時間の活動ログを表示するポップアップウインドウのリンクがあります。これは1日中デスクトップに表示して、コース内で何が起きているのかを把握するのに役に立ちます。</li>
+ <li>完全な生ログにアクセスするために、管理メニューの下にある「<strong>ログ</strong>」リンクを使用してください。このページには、60秒毎に更新される、過去1時間の活動ログを表示するポップアップウィンドウのリンクがあります。これは1日中デスクトップに表示して、コース内で何が起きているのかを把握するのに役に立ちます。</li>
<li>「<strong>活動レポート</strong>」 (全参加者リスト内の名前の横またはユーザプロフィールページ)を利用してください。活動レポートは、特定の人がコース内で何を行っているか確認することができる素晴らしい機能です。</li>
<li>学生に対して即座に応答してください。後回しにせずに、すぐに行ってください。簡単に、圧倒される程のボリュームを処理できなくなりますし、即座に応答することは、あなたのコースでコミュニティーを構築・維持して行くための重要な部分です。</li>
</ol>
View
6 lang/ja/editor.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // editor.php - created with Moodle 1.6 development (2005072200)
+ // editor.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
$string['about'] = 'エディタに関して';
@@ -62,11 +62,11 @@
$string['lefttoright'] = '左→右';
$string['linkproperties'] = 'リンク属性';
$string['linktarget'] = 'ターゲット';
-$string['linktargetblank'] = '新しいウインドウ';
+$string['linktargetblank'] = '新しいウィンドウ';
$string['linktargetnone'] = '無し';
$string['linktargetother'] = 'その他';
$string['linktargetself'] = '同一フレーム';
-$string['linktargettop'] = '同一ウインドウ';
+$string['linktargettop'] = '同一ウィンドウ';
$string['linktitle'] = 'タイトル';
$string['linkurl'] = 'URL';
$string['matchcase'] = '大文字・小文字を区別する';
View
2 lang/ja/help/advanced_markdown.html
@@ -47,7 +47,7 @@
<p><strong><code>***</code></strong></p>
-<p>しかし、例えばテキスト編集ウインドウで更に明確にセクションブレークを行うために、空白または更なる文字を追加することができます。</p>
+<p>しかし、例えばテキスト編集ウィンドウで更に明確にセクションブレークを行うために、空白または更なる文字を追加することができます。</p>
<p><strong><code>* * * * *</code></strong></p>
View
2 lang/ja/help/grade/student.html
@@ -5,7 +5,7 @@
</li>
<li>合計カラムは全ての課題に右側に表示されます。
</li>
-<li>合計ヘッダの下にある「統計」リンクをクリックすると、このコースの参加者の全ての課題/小テストに関する統計のポップアップウインドウが表示されます
+<li>合計ヘッダの下にある「統計」リンクをクリックすると、このコースの参加者の全ての課題/小テストに関する統計のポップアップウィンドウが表示されます
表示される情報は下記の通りです:
<ul>
<li>最高評点合計: このコースの参加者の最高評点の合計</li>
View
2 lang/ja/help/hotpot/navigation.html
@@ -6,7 +6,7 @@
<div class="indent">
<p>
<b>Moodleナビケーションバー</b><br />
- 標準的なMoodleナビゲーションバーがクイズと同じウインドウのページ上部に表示されます
+ 標準的なMoodleナビゲーションバーがクイズと同じウィンドウのページ上部に表示されます
</p>
<p>
<b>Moodleナビゲーションフレーム</b><br />
View
12 lang/ja/help/hotpot/studentfeedback.html
@@ -1,25 +1,25 @@
<p align="center"><b>学生フィードバック</b></p>
<p>
- このオプションを選択した場合、学生が「Check」ボタンをクリックするといつでも、ポップアップフィードバック・ウインドウが表示されます
- 学生はフィードバック・ウインドウを使って、クイズに関するフィードバックを教師に送信することができます。
+ このオプションを選択した場合、学生が「Check」ボタンをクリックするといつでも、ポップアップフィードバック・ウィンドウが表示されます
+ 学生はフィードバック・ウィンドウを使って、クイズに関するフィードバックを教師に送信することができます。
</p>
<p>
このオプションでは、下記の設定を選択することができます:
</p>
<div class="indent">
<p>
<b>無し</b><br />
- フィードバック・ウインドウは表示されません
+ フィードバック・ウィンドウは表示されません
</p>
<p>
<b>ウェブページ</b><br />
- フィードバック・ウインドウにウェブページが表示されます
+ フィードバック・ウィンドウにウェブページが表示されます
例えば、次のようなウェブページのURLを入力する必要があります:
<tt>http://myserver.com/feedbackform.html</tt>
</p>
<p>
<b>フィードバックフォーム</b><br />
- formmail.plのような標準のフォームメールスクリプトへ送信するのに適しているフォームをフィードバック・ウインドウに表示します
+ formmail.plのような標準のフォームメールスクリプトへ送信するのに適しているフォームをフィードバック・ウィンドウに表示します
例えば、次のようなフォームスクリプトのURLも入力する必要があります:
<tt>http://myserver.com/cgi-bin/formmail.pl</tt>
</p>
@@ -29,7 +29,7 @@
</p>
<p>
<b>Moodleメッセージ</b><br />
- Moodleインスタントメッセージ・ウインドウが表示されます
+ Moodleインスタントメッセージ・ウィンドウが表示されます
コースに複数の教師が登録されている場合、メッセージページが表示される前に、学生に教師を選択するよう指示されます。
</p>
</div>
View
4 lang/ja/help/lesson/mediafile.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>ポップアップファイルまたはウェブページ</b></p>
<p>ここでは、レッスンの最初にファイル ( 例: mp3ファイル ) またはウェブページへのポップアップウィンドウを作成します。
-また、必要に応じてポップアップウインドウを開くことができるように、リンクは全てのレッスンページに表示されます。</p>
+また、必要に応じてポップアップウィンドウを開くことができるように、リンクは全てのレッスンページに表示されます。</p>
-<p>任意で「ウインドウを閉じる」ボタンをポップアップの下部に表示することができます。同様にウインドウの高さおよび幅を設定することができます。</p>
+<p>任意で「ウィンドウを閉じる」ボタンをポップアップの下部に表示することができます。同様にウィンドウの高さおよび幅を設定することができます。</p>
View
6 lang/ja/help/quiz/popup.html
@@ -1,12 +1,12 @@
-<p align="center"><b>問題を「セキュア」ウインドウに表示する</b></p>
+<p align="center"><b>問題を「セキュア」ウィンドウに表示する</b></p>
-<p>「セキュア」ウインドウは学生がブラウザを使ってできることを制限することで
+<p>「セキュア」ウィンドウは学生がブラウザを使ってできることを制限することで
小テストを少しだけ安全 ( コピーや不正行為を難しくする) にします。</p>
<p>何が起きるか:
<ul>
<li>Javaスクリプトの使用が必須になります。</li>
- <li>クイズがフルスクリーンウインドウに表示されます。</li>
+ <li>クイズがフルスクリーンウィンドウに表示されます。</li>
<li>テキストエリアでいくつかのマウス操作が制限されます。</li>
<li>いくつかのキーボード操作が制限されます。</li>
</ul>
View
2 lang/ja/help/quiz/timelimit.html
@@ -6,7 +6,7 @@
<ul>
<li>ブラウザのJavaスクリプトサポートが必須条件です - タイマーを正確に動作させます。</li>
- <li>フローティングタイマーウインドウにカウントダウンが表示されます。</li>
+ <li>フローティングタイマーウィンドウにカウントダウンが表示されます。</li>
<li>タイマーが終了した時、解答がどの程度入力されているかにかかわらず、小テストは自動的に提出されます。</li>
<li>学生が、割り当てられた時間を60秒経過して不正に小テストを提出した場合、小テストの評定は自動的にゼロになります。</li>
</ul>
View
2 lang/ja/help/resource/index.html
@@ -11,5 +11,5 @@
<li><a href="help.php?module=resource&amp;file=type/ims.html">IMSコンテンツ</a></li>
</ul>
<li><a href="help.php?module=resource&amp;file=parameters.html">パラメータ</a>
- <li><a href="help.php?module=resource&amp;file=window.html">ウインドウ設定</a>
+ <li><a href="help.php?module=resource&amp;file=window.html">ウィンドウ設定</a>
</ul>
View
2 lang/ja/help/resource/type/file.html
@@ -5,7 +5,7 @@
<p>マルチメディアファイルがより知的に取り扱われウェブページに埋め込まれるのに対して、一般のウェブページではそのままの形で表示されます。例えばMP3ファイルは内蔵されているストリーミングプレイヤーで表示され、Flashアニメーションも同じように表示されます。</p>
-<p>ポップアップウインドウ、フレームウインドウ等にあなたのコンテンツを表示する沢山のオプションがあります。</p>
+<p>ポップアップウィンドウ、フレームウィンドウ等にあなたのコンテンツを表示する沢山のオプションがあります。</p>
<p>特に、あなたのリソースがウェブアプリケーションまたはパラメータを受け取ることができる他のタイプのコンテンツの場合、ユーザ名、メールアドレス、参加中のコース等の情報の送信を選択することもできます。</p>
</div>
View
2 lang/ja/help/resource/type/ims.html
@@ -3,7 +3,7 @@
<div class="indent">
<p>このリソースタイプでは、<a href="http://www.imsglobal.org/content/packaging/index.html" target="_new">IMS学習者情報パッケージ仕様</a>に適合するパッケージを配置することができます。</p>
<p>パッケージを含んだ.zipファイルをアップロードし、ファイルマネージャで選択した後、<b>&lt;配置&gt;</b>ボタンをクリックしてください。</p>
-<p>ポップアップウインドウ、フレーム等にコンテンツを表示する場合、多くのオプションがあります。</p>
+<p>ポップアップウィンドウ、フレーム等にコンテンツを表示する場合、多くのオプションがあります。</p>
<p>目次、ナビゲーションボタン等、パッケージの配置に関する多くの特徴を決定することができます。</p>
<p>このリソースタイプは、非常に実験的なものです。<a href="http://moodle.org" target="_new">moodle.org</a> の <a href="http://moodle.org/mod/forum/view.php?id=738" target="_new">リソースモジュールフォーラム</a> に、トラブル、アイディア、改善案等を投稿してください。</p>
</div>
View
26 lang/ja/help/resource/window.html
@@ -1,31 +1,31 @@
-<p align="center"><b>ウインドウ設定</b></p>
+<p align="center"><b>ウィンドウ設定</b></p>
<p>「設定を表示」「設定を隠す」ボタンのクリックにより、これらの設定を表示/非表示にすることができます。</p>
-<p>通常、リソースはトップフレームにあるMoodleナビゲーションコントロールと共に、標準的なフレームウインドウに表示されます。このフレームを取り除いて標準的なウェブページのように画面一杯に表示させることができます。</p>
+<p>通常、リソースはトップフレームにあるMoodleナビゲーションコントロールと共に、標準的なフレームウィンドウに表示されます。このフレームを取り除いて標準的なウェブページのように画面一杯に表示させることができます。</p>
-<p>次の手順に従ってリソースを新しいポップアップウインドウに表示させることもできます:</p>
+<p>次の手順に従ってリソースを新しいポップアップウィンドウに表示させることもできます:</p>
<ol>
- <li><b>ウインドウ:</b>セクションで、「新しいウインドウ」を選択します。</li>
+ <li><b>ウィンドウ:</b>セクションで、「新しいウィンドウ」を選択します。</li>
<li>使用したくないオプションのチェックを外してください。<br />
<blockquote>
- <b>ウインドウのリサイズを許可?</b>
- <p>このオプションを選択することにより、ユーザはあなたが指定したウインドウサイズを変更することができます。このオプションは常に選択してください。しかし、リソースが固定サイズの場合もありますので、その場合はこのオプションを選択しないことも理解できます。</p>
+ <b>ウィンドウのリサイズを許可?</b>
+ <p>このオプションを選択することにより、ユーザはあなたが指定したウィンドウサイズを変更することができます。このオプションは常に選択してください。しかし、リソースが固定サイズの場合もありますので、その場合はこのオプションを選択しないことも理解できます。</p>
- <b>ウインドウのスクロールを許可?</b>
- <p>このオプションを選択することにより、ユーザはリソース全てを見るためにウインドウをスクロールすることができます。 このオプションのチェックを外した場合、ユーザは指定されたウインドウサイズに表示されるリソースのみを見ることができ、残りの部分をスクロールして見ることはできません。</p>
+ <b>ウィンドウのスクロールを許可?</b>
+ <p>このオプションを選択することにより、ユーザはリソース全てを見るためにウィンドウをスクロールすることができます。 このオプションのチェックを外した場合、ユーザは指定されたウィンドウサイズに表示されるリソースのみを見ることができ、残りの部分をスクロールして見ることはできません。</p>
<b>ディレクトリリンクを表示?</b>
- <p>ユーザはウインドウ内にディレクトリリンクを見ることができます。ディレクトリリンクはブラウザによって異なります: リンクバー ( IE )、お気に入りバーまたはブックマークバー ( Mozilla/Firefox ) として知られています。
+ <p>ユーザはウィンドウ内にディレクトリリンクを見ることができます。ディレクトリリンクはブラウザによって異なります: リンクバー ( IE )、お気に入りバーまたはブックマークバー ( Mozilla/Firefox ) として知られています。
</p>
<b>ロケーションバーを表示?</b>
<p>リソースのURL ( ウェブアドレス ) をユーザに見せたいですか? そうでしたら、このオプションをチェックしたままにしてください。そうでなければリソースのロケーションは隠されます。</p>
<b>メニューバーを表示r?</b>
- <p>このウインドウ内でユーザにメニューバーにアクセスさせたい場合は、このオプションをチェックしたままにしてください。一般的にはこれは便利ですが、グラフィックを使用したプレゼンテーションは、メニューバーが無い方が見栄えが良くなります。</p>
+ <p>このウィンドウ内でユーザにメニューバーにアクセスさせたい場合は、このオプションをチェックしたままにしてください。一般的にはこれは便利ですが、グラフィックを使用したプレゼンテーションは、メニューバーが無い方が見栄えが良くなります。</p>
<b>ツールバーを表示?</b>
<p>ツールバーを表示させることによって、戻る/進む、ホーム、画面の更新ボタンを使ってユーザがより簡単にブラウザの操作を行うことができます。</p>
@@ -35,12 +35,12 @@
</blockquote>
- <li>開きたいウインドウサイズを決定する。<br />
+ <li>開きたいウィンドウサイズを決定する。<br />
<blockquote>
- <p>多くの人が、今も平均的な800x600の解像度のモニタを使用しています。 ほとんどの場合、高さ600x幅480のように若干小さめのウインドウサイズを指定するのが一番良いでしょう。</p>
+ <p>多くの人が、今も平均的な800x600の解像度のモニタを使用しています。 ほとんどの場合、高さ600x幅480のように若干小さめのウィンドウサイズを指定するのが一番良いでしょう。</p>
- <p>この値を空白にした場合、新しいポップアップウインドウはクリックするウインドウと全く同じサイズで表示されます。</p>
+ <p>この値を空白にした場合、新しいポップアップウィンドウはクリックするウィンドウと全く同じサイズで表示されます。</p>
</blockquote>
</li>
View
3 lang/ja/help/scorm/height.html
@@ -1,3 +0,0 @@
-<p><b>高さ</b></p>
-
-<p>ここではSCOフレーム/ウインドウの高さを設定します。</p>
View
4 lang/ja/help/scorm/index.html
@@ -6,7 +6,7 @@
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=grademethod.html">パッケージの評定方法</a></li>
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=maxgrade.html">パッケージの最大評点</a></li>
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=package.html">パッケージ活動とは?</a></li>
-<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=size.html">学習オブジェクトのフレーム/ウインドウサイズの定義</a></li>
+<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=size.html">学習オブジェクトのフレーム/ウィンドウサイズの定義</a></li>
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=summary.html">サマリーフィールドの使用</a></li>
-<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=window.html">ポップアップウインドウの設定</a></li>
+<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=window.html">ポップアップウィンドウの設定</a></li>
</ul>
View
2 lang/ja/help/scorm/size.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p><b>サイズ</b></p>
-<p>この2つの設定は、学習オブジェクトフレーム/ウインドウの高さと幅を定義します。</p>
+<p>この2つの設定は、学習オブジェクトフレーム/ウィンドウの高さと幅を定義します。</p>
View
3 lang/ja/help/scorm/width.html
@@ -1,3 +0,0 @@
-<p><b>幅</b></p>
-
-<p>ここではSCOフレーム/ウインドウの幅を設定します。</p>
View
2 lang/ja/lesson.php
@@ -137,7 +137,7 @@
$string['mediaclose'] = 'クローズボタンを表示:';
$string['mediafile'] = 'メディアファイル';
$string['mediafilepopup'] = 'レッスンメディアファイルを閲覧するにはここをクリックしてください。';
-$string['mediaheight'] = 'ウインドウ高:';
+$string['mediaheight'] = 'ウィンドウ高:';
$string['mediawidth'] = '幅:';
$string['minimumnumberofquestions'] = '最小問題数';
$string['modattempts'] = '学生のレビューを許可';
View
4 lang/ja/message.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // message.php - created with Moodle 1.6 development (2005072200)
+ // message.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
$string['addcontact'] = 'コンタクトリストに追加';
@@ -55,7 +55,7 @@
$string['sendmessageto'] = '$a にメッセージを送信';
$string['settings'] = '設定';
$string['settingssaved'] = '設定が保存されました。';
-$string['showmessagewindow'] = 'メッセージが届いたら自動的にウインドウを表示する。 ( ブラウザのポップアップブロックを解除してください )';
+$string['showmessagewindow'] = 'メッセージが届いたら自動的にウィンドウを表示する。 ( ブラウザのポップアップブロックを解除してください )';
$string['strftimedaydatetime'] = '%%Y/%%m/%%d (%%a) %%I:%%M %%p';
$string['timenosee'] = 'オンライン表示期間 ( 分 )';
$string['timesent'] = '送信回数';
View
10 lang/ja/quiz.php
@@ -66,7 +66,7 @@
$string['choice'] = '選択';
$string['choices'] = '利用可能な選択';
$string['choosedatasetproperties'] = 'データセット属性の選択';
-$string['close'] = 'ウインドウを閉じる';
+$string['close'] = 'ウィンドウを閉じる';
$string['closepreview'] = 'プレビューを閉じる';
$string['closereview'] = '再閲覧を閉じる';
$string['completedon'] = '完了日時';
@@ -274,9 +274,9 @@
$string['penaltyfactor'] = 'ペナルティ要素';
$string['penaltyscheme'] = 'ペナルティを適用';
$string['percentcorrect'] = '正答率';
-$string['pleaseclose'] = 'あなたのリクエストは処理されました。このウインドウを閉じてください';
-$string['popup'] = '小テストを「セキュア」ウインドウに表示する';
-$string['popupnotice'] = '学生はこの小テストをセキュアウインドウで見ます';
+$string['pleaseclose'] = 'あなたのリクエストは処理されました。このウィンドウを閉じてください';
+$string['popup'] = '小テストを「セキュア」ウィンドウに表示する';
+$string['popupnotice'] = '学生はこの小テストをセキュアウィンドウで見ます';
$string['preview'] = 'プレビュー';
$string['previewquestion'] = '問題のプレビュー';
$string['previewquiz'] = '$a のプレビュー';
@@ -316,7 +316,7 @@
$string['regrade'] = '全ての受験を再評定する';
$string['regradecomplete'] = '全ての受験が再評定されました。';
$string['regradecount'] = '$a->attempt 中 $a->changed の評点が変更されました。';
-$string['regradedisplayexplanation'] = '最評定中に変更のあった受験は問題再閲覧ウインドウにハイパーリンクとして表示されます';
+$string['regradedisplayexplanation'] = '最評定中に変更のあった受験は問題再閲覧ウィンドウにハイパーリンクとして表示されます';
$string['regradingquestion'] = '「 $a 」の最評定';
$string['regradingquiz'] = '問題「 $a 」の最評定';
$string['relative'] = '相対度数';
View
40 lang/ja/resource.php
@@ -10,23 +10,23 @@
$string['configfilterexternalpages'] = 'この設定により全ての外部リソース ( ウェブページ、アップロードしたHTMLファイル ) に現在設定されているフィルター ( 例えば用語集自動リンク ) が適用されます。設定することでコースページの動作が著しく遅くなる恐れがあります。必要がある時のみ注意してお使いください。';
$string['configframesize'] = 'フレーム内にウェブページやアップロードしたファイルが表示される場合のトップフレーム ( ナビゲーションを含む )のサイズ ( ピクセル ) です。';
$string['configparametersettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるデフォルトのパラメータの値を設定します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
-$string['configpopup'] = 'ポップアップウインドウに表示される新しいリソースを追加する場合、デフォルトでこのオプションを使用しますか?';
-$string['configpopupdirectories'] = 'デフォルトでダイレクトリンクをポップアップウインドウに表示しますか?';
-$string['configpopupheight'] = '新しいポップアップウインドウのデフォルトの高さは?';
-$string['configpopuplocation'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでアドレスバーを表示しますか?';
-$string['configpopupmenubar'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでメニューバーを表示しますか?';
-$string['configpopupresizable'] = 'ポップアップウインドウをデフォルトでリサイズさせますか?';
-$string['configpopupscrollbars'] = 'ポップアップウインドウをデフォルトでスクロールさせますか?';
-$string['configpopupstatus'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでステータスバーを表示しますか?';
-$string['configpopuptoolbar'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでツールバーを表示しますか?';
-$string['configpopupwidth'] = '新しいポップアップウインドウのデフォルトの幅は?';
+$string['configpopup'] = 'ポップアップウィンドウに表示される新しいリソースを追加する場合、デフォルトでこのオプションを使用しますか?';
+$string['configpopupdirectories'] = 'デフォルトでダイレクトリンクをポップアップウィンドウに表示しますか?';
+$string['configpopupheight'] = '新しいポップアップウィンドウのデフォルトの高さは?';
+$string['configpopuplocation'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでアドレスバーを表示しますか?';
+$string['configpopupmenubar'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでメニューバーを表示しますか?';
+$string['configpopupresizable'] = 'ポップアップウィンドウをデフォルトでリサイズさせますか?';
+$string['configpopupscrollbars'] = 'ポップアップウィンドウをデフォルトでスクロールさせますか?';
+$string['configpopupstatus'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでステータスバーを表示しますか?';
+$string['configpopuptoolbar'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでツールバーを表示しますか?';
+$string['configpopupwidth'] = '新しいポップアップウィンドウのデフォルトの幅は?';
$string['configsecretphrase'] = 'このシークレットワードは、リソースをパラメータとして送信する時に使用する暗号コードを生成するために使用されます。暗号コードは、ユーザのIPアドレスとシークレットワードを結びつけてmd5により生成されます。これにより、リソースが高度にセキュリティ対策をとられた通信を実現することができます。';
$string['configwebsearch'] = 'URLをウェブページまたはリンクとして追加する時、このロケーションは、ユーザがURLを検索するためのヘルプとして提供されます。';
-$string['configwindowsettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるウインドウ設定に関する値を登録します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
+$string['configwindowsettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるウィンドウ設定に関する値を登録します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
$string['deploy'] = '配置';
$string['directlink'] = 'このファイルをダイレクトリンクする';
$string['directoryinfo'] = '選択したディレクトリの全ファイルが表示されます。';
-$string['display'] = 'ウインドウ';
+$string['display'] = 'ウィンドウ';
$string['editingaresource'] = 'リソースを編集する';
$string['encryptedcode'] = '暗号化コード';
$string['example'] = '';
@@ -56,26 +56,26 @@
$string['newheight'] = 'デフォルトウンドウ高 ( ピクセル )';
$string['newlocation'] = 'ロケーションバーを表示';
$string['newmenubar'] = 'メニューバーを表示';
-$string['newresizable'] = 'ウインドウのリサイズを許可';
-$string['newscrollbars'] = 'ウインドウのスクロールを許可';
+$string['newresizable'] = 'ウィンドウのリサイズを許可';
+$string['newscrollbars'] = 'ウィンドウのスクロールを許可';
$string['newstatus'] = 'ステータスバーを表示';
$string['newtoolbar'] = 'ツールバーを表示';
$string['newwidth'] = 'デフォルトウンドウ幅 ( ピクセル )';
-$string['newwindow'] = '新しいウインドウ';
-$string['newwindowopen'] = 'ポップアップウインドウにリソースを表示';
+$string['newwindow'] = '新しいウィンドウ';
+$string['newwindowopen'] = 'ポップアップウィンドウにリソースを表示';
$string['notallowedlocalfileaccess'] = '現在、ローカルファイルへのアクセスは停止されています。このリソースは利用できません。';
$string['note'] = '注意';
$string['notefile'] = 'さらにファイルをアップロード ( このリストに表示されます ) する場合、<a href=$a >File Manager</a> を利用してください。';
$string['notypechosen'] = 'タイプを選択してください。「戻る」ボタンを押して再度入力してください。';
$string['packagechanged'] = 'IMS学習者情報パッケージが変更されました。';
$string['packagenotdeplyed'] = 'このIMS学習者情報パッケージは配置されません。';
-$string['pagedisplay'] = 'リソースを現在のウインドウに表示';
-$string['pagewindow'] = '同一ウインドウ';
+$string['pagedisplay'] = 'リソースを現在のウィンドウに表示';
+$string['pagewindow'] = '同一ウィンドウ';
$string['pan'] = 'Pan';
$string['parameter'] = 'パラメータ';
$string['parameters'] = 'パラメータ';
-$string['popupresource'] = 'リソースをポップアップウインドウに表示';
-$string['popupresourcelink'] = 'ウインドウが表示されない場合はここをクリック: $a';
+$string['popupresource'] = 'リソースをポップアップウィンドウに表示';
+$string['popupresourcelink'] = 'ウィンドウが表示されない場合はここをクリック: $a';
$string['redeploy'] = '再配置';
$string['resourcetype'] = 'リソースのタイプ';
$string['resourcetype1'] = '参照';
View
18 lang/ja/scorm.php
@@ -27,8 +27,8 @@
$string['failed'] = '失敗';
$string['firstaccess'] = '最初のアクセス';
$string['found'] = 'マニフェストファイルが見つかりました';
-$string['frameheight'] = 'ここではステージフレームまたはウインドウのデフォルトの高さを設定します';
-$string['framewidth'] = 'ここではステージフレームまたはウインドウのデフォルトの幅を設定します';
+$string['frameheight'] = 'ここではステージフレームまたはウィンドウのデフォルトの高さを設定します';
+$string['framewidth'] = 'ここではステージフレームまたはウィンドウのデフォルトの幅を設定します';
$string['fullscreen'] = 'フルスクリーンモード';
$string['general'] = '一般データ';
$string['gradeaverage'] = '平均評点';
@@ -41,8 +41,8 @@
$string['hidenav'] = 'ナビゲーションボタンを隠す';
$string['hidetoc'] = 'コース構造を隠す ( TOC )';
$string['identifier'] = '問題識別子';
-$string['iframe'] = '現在のウインドウ';
-$string['iframedisplay'] = 'パッケージを現在のウインドウで開く';
+$string['iframe'] = '現在のウィンドウ';
+$string['iframedisplay'] = 'パッケージを現在のウィンドウで開く';
$string['incomplete'] = '不完全';
$string['interactions'] = '相互作用';
$string['lastaccess'] = '最後のアクセス';
@@ -73,20 +73,20 @@
$string['packagefile'] = 'パッケージファイルが指定されていません。';
$string['passed'] = 'パス';
$string['php5'] = 'PHP 5 ( DOMXMLネイティブライブラリ )';
-$string['popup'] = '新しいウインドウ';
-$string['popupopen'] = 'パッケージを新しいウインドウで開く';
+$string['popup'] = '新しいウィンドウ';
+$string['popupopen'] = 'パッケージを新しいウィンドウで開く';
$string['position_error'] = '$a->tag タグは $a->parent タグの子タグになりません';
$string['prev'] = '前の';
$string['raw'] = '実際の点数';
$string['regular'] = '標準マニフェストファイル';
$string['report'] = 'レポート';
-$string['resizable'] = 'ウインドウのリサイズを許可';
+$string['resizable'] = 'ウィンドウのリサイズを許可';
$string['result'] = '結果';
$string['review'] = 'レビュー';
$string['scoes'] = '学習オブジェクト';
$string['score'] = 'スコア';
$string['scormcourse'] = '学習コース';
-$string['scrollbars'] = 'ウインドウのスクロールを許可';
+$string['scrollbars'] = 'ウィンドウのスクロールを許可';
$string['stagesize'] = 'ステージサイズ';
$string['status'] = 'ステータス';
$string['statusbar'] = 'ステータスバーを表示';
@@ -107,6 +107,6 @@
$string['versionwarning'] = 'マニフェストファイルのバージョンが1.3より古いため、$a->tag タグに警告があります。';
$string['viewallreports'] = '$a 回分のレポートを表示';
$string['width'] = '';
-$string['window'] = 'ウインドウ';
+$string['window'] = 'ウィンドウ';
?>
View
2 lang/ja_utf8/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : December 6, 2005
+LAST MODIFIED : December 7, 2005
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
2 lang/ja_utf8/admin.php
@@ -168,7 +168,7 @@
$string['timezoneisforcedto'] = 'ユーザに使用を強制';
$string['timezonenotforced'] = 'ユーザが独自のタイムゾーンを使用';
$string['upgradeforumread'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。<br />この機能を有効にするには、<a href=\"$a\">テーブルをアップデート</a>する必要があります。';
-$string['upgradeforumreadinfo'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。この機能を有効にするには、投稿内容の未読管理を含むテーブルをアップデートする必要があります。あなたのサイトのサイズにより、この作業は長時間かかる場合があります。また、データベースに非常に負荷がかかる可能性がありますので、閑散期のアップデート作業をお勧めします。このアップデート期間中も、あなたのサイトは動作し続け、ユーザは影響を受けません。この処理を開始した場合は処理を終わらせてください ( ブラウザを開いたままにして ) 。ウインドウを閉じて処理を終わらせてしまった場合でも心配しないでください。アップデート処理を再開することができます。<br /><br />本当に今からアップデート処理を始めてもよろしいですか?';
+$string['upgradeforumreadinfo'] = 'Moodle1.5では、フォーラムの既読/未読記事を追跡するために新しい機能が追加されました。この機能を有効にするには、投稿内容の未読管理を含むテーブルをアップデートする必要があります。あなたのサイトのサイズにより、この作業は長時間かかる場合があります。また、データベースに非常に負荷がかかる可能性がありますので、閑散期のアップデート作業をお勧めします。このアップデート期間中も、あなたのサイトは動作し続け、ユーザは影響を受けません。この処理を開始した場合は処理を終わらせてください ( ブラウザを開いたままにして ) 。ウィンドウを閉じて処理を終わらせてしまった場合でも心配しないでください。アップデート処理を再開することができます。<br /><br />本当に今からアップデート処理を始めてもよろしいですか?';
$string['upgradelogs'] = '正常に動作させるためには古いログのアップグレードが必要です。<a href=\"$a\">詳細はこちら</a>';
$string['upgradelogsinfo'] = 'ログの保存方法に変更点があります。全活動ベースのログを閲覧することができるようにするには、古いログをアップグレードする必要があります。サイトによってはアップグレード作業に長時間(例 数時間)を要し、規模が大きなサイトではデータベースに負担がかかります。処理を開始した場合は終了するまでそのまま(ブラウザを開いたまま)にしてください。心配する必要はありません - ログが更新された後に、あなたのサイトは正常に動作します。<br/><br/>本当にログをアップグレードしてもよろしいですか?';
$string['upgradesure'] = 'あなたのMoodleファイルが更新されました。自動的に次のバージョンに変更しようとしています:
View
2 lang/ja_utf8/docs/features.html
@@ -78,7 +78,7 @@
<h3>チャットモジュール</h3>
<ul>
<li>テキストによるスムーズでリアルタイムの相互交流を実現します。</li>
- <li>チャットウインドウにプロフィール写真を表示することができます。</li>
+ <li>チャットウィンドウにプロフィール写真を表示することができます。</li>
<li>URL、スマイリー、埋め込みHTML、イメージ等をサポートします。</li>
<li>全てのセッションは後で閲覧するために記録され、学生にも閲覧できるようにすることができます。</li>
</ul>
View
4 lang/ja_utf8/docs/release.html
@@ -253,7 +253,7 @@
<li>WAI (W3C)、SENDA (UK)、Section 508 (US)基準の準拠を視野に入れて<b>アクセシビリティ</b>を改善しました。</li>
<li>非常に強力な<b>新テーマシステム</b>。カスケーディングテーマ、ユーザテーマ、コーステーマCSSを使用してMoodleの全てのページを素晴らしくコントロールできます。</li>
- <li>サイトの全てのユーザが直接コミュニケーションできるように<b>メッセージ</b>機能を組み込みました。メッセージ機能には、リアルタイム・ポップアップウインドウ、通知機能、メールコピー、受信拒否、履歴、WYSIWYGエディタ等が含まれます。</li>
+ <li>サイトの全てのユーザが直接コミュニケーションできるように<b>メッセージ</b>機能を組み込みました。メッセージ機能には、リアルタイム・ポップアップウィンドウ、通知機能、メールコピー、受信拒否、履歴、WYSIWYGエディタ等が含まれます。</li>
<li>投稿をハイライトするフォーラム既読/未読トラッキングにより新しい投稿をひと目で見ることができます。またハイライトをどのように表示するか (フォーラムごと、ユーザごと、サイトごと ) コントロールできます。</li>
<li>新しい<b>ブロック</b>システムにより、複数ブロックのコピー、および改善されたブロック設定を行うことができます。 </li>
@@ -447,7 +447,7 @@
<li>RQPウェブサービスプロトコルを経由でMoodle小テストにシームレスに統合するために、全ての問題を外部 ( 例、mathematical assessment engines ) に渡して記録することができます。</li>
<li>ウェブサービスが利用可能になったらIMS QTI問題を取り扱うことができるように準備しました。</li>
<li>問題のプレビュー、編集、レビューができる新しい教師用タブインターフェース。</li>
- <li>新しい「改善されたセキュリティ」モードでは、問題を多くの機能を無効にした別のフルスクリーンウインドウに表示することができます。</li>
+ <li>新しい「改善されたセキュリティ」モードでは、問題を多くの機能を無効にした別のフルスクリーンウィンドウに表示することができます。</li>
<li>問題を複数のページで学生に提供することができます。1ページあたりの問題数は教師が選択することができます。</li>
<li>クイズページにブロックを追加することができます。 ( 結果表、または補足情報等 )</li>
View
4 lang/ja_utf8/docs/teacher.html
@@ -34,7 +34,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="started"></a>はじめに</h3>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/edit.gif"> - <strong>編集アイコン</strong>
の次にあるものはどんなものでも編集することができます。</p>
<p><img src="../pix/help.gif" width="22" height="17"> - <strong>ヘルプアイコン</strong>
- は<a target="helpwindow" href="../help.php?file=index.html">ポップアップヘルプウインドウ</a>を提供します。</p>
+ は<a target="helpwindow" href="../help.php?file=index.html">ポップアップヘルプウィンドウ</a>を提供します。</p>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/hide.gif" width="16" height="16"> - the <strong>開いた目アイコン</strong>
は学生から何かを隠したい時に使います。</p>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/show.gif" width="16" height="16"> - the <strong>閉じた目アイコン</strong>
@@ -121,7 +121,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="course"></a>コース運営</h3>
<li>クラス活動と接触を保つために、全てのフォーラムに登録してください。</li>
<li>全ての学生にユーザプロフィール(写真を含む)に情報を書き込むように勧めてください。また、その内容を全て読んでください。この作業により、後で学生が文章を書くときのヒントを与えることができますし、それぞれの学生の要求に合致した対応を行うことができます。</li>
<li>管理メニューの下にある非公開の「<strong>教師用フォーラム</strong>」を活用してください。このフォーラムは、チーム指導において特に役立ちます。</li>
- <li>完全な生ログにアクセスするために、管理メニューの下にある「<strong>ログ</strong>」リンクを使用してください。このページには、60秒毎に更新される、過去1時間の活動ログを表示するポップアップウインドウのリンクがあります。これは1日中デスクトップに表示して、コース内で何が起きているのかを把握するのに役に立ちます。</li>
+ <li>完全な生ログにアクセスするために、管理メニューの下にある「<strong>ログ</strong>」リンクを使用してください。このページには、60秒毎に更新される、過去1時間の活動ログを表示するポップアップウィンドウのリンクがあります。これは1日中デスクトップに表示して、コース内で何が起きているのかを把握するのに役に立ちます。</li>
<li>「<strong>活動レポート</strong>」 (全参加者リスト内の名前の横またはユーザプロフィールページ)を利用してください。活動レポートは、特定の人がコース内で何を行っているか確認することができる素晴らしい機能です。</li>
<li>学生に対して即座に応答してください。後回しにせずに、すぐに行ってください。簡単に、圧倒される程のボリュームを処理できなくなりますし、即座に応答することは、あなたのコースでコミュニティーを構築・維持して行くための重要な部分です。</li>
</ol>
View
6 lang/ja_utf8/editor.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // editor.php - created with Moodle 1.6 development (2005072200)
+ // editor.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
$string['about'] = 'エディタに関して';
@@ -62,11 +62,11 @@
$string['lefttoright'] = '左→右';
$string['linkproperties'] = 'リンク属性';
$string['linktarget'] = 'ターゲット';
-$string['linktargetblank'] = '新しいウインドウ';
+$string['linktargetblank'] = '新しいウィンドウ';
$string['linktargetnone'] = '無し';
$string['linktargetother'] = 'その他';
$string['linktargetself'] = '同一フレーム';
-$string['linktargettop'] = '同一ウインドウ';
+$string['linktargettop'] = '同一ウィンドウ';
$string['linktitle'] = 'タイトル';
$string['linkurl'] = 'URL';
$string['matchcase'] = '大文字・小文字を区別する';
View
4 lang/ja_utf8/help/advanced_markdown.html
@@ -47,7 +47,7 @@
<p><strong><code>***</code></strong></p>
-<p>しかし、例えばテキスト編集ウインドウで更に明確にセクションブレークを行うために、空白または更なる文字を追加することができます。</p>
+<p>しかし、例えばテキスト編集ウィンドウで更に明確にセクションブレークを行うために、空白または更なる文字を追加することができます。</p>
<p><strong><code>* * * * *</code></strong></p>
@@ -137,4 +137,4 @@
<h2><a id="further">補足情報</a></h2>
<p>MarkdownシステムはMoodle独自のものでは無く、増え続けるウェブパブリッシングのツールとして使用されています。Markdownシステムに関する詳細情報は、<a href="http://daringfireball.net/projects/markdown/">http://daringfireball.net/projects/markdown/</a> でご覧頂けます。</p>
-</div></div>
+</div></div>
View
4 lang/ja_utf8/help/grade/student.html
@@ -5,7 +5,7 @@
</li>
<li>合計カラムは全ての課題に右側に表示されます。
</li>
-<li>合計ヘッダの下にある「統計」リンクをクリックすると、このコースの参加者の全ての課題/小テストに関する統計のポップアップウインドウが表示されます
+<li>合計ヘッダの下にある「統計」リンクをクリックすると、このコースの参加者の全ての課題/小テストに関する統計のポップアップウィンドウが表示されます
表示される情報は下記の通りです:
<ul>
<li>最高評点合計: このコースの参加者の最高評点の合計</li>
@@ -16,4 +16,4 @@
<li>標準偏差: 結果の広がり</li>
</ul>
</li>
-</ul>
+</ul>
View
2 lang/ja_utf8/help/hotpot/navigation.html
@@ -6,7 +6,7 @@
<div class="indent">
<p>
<b>Moodleナビケーションバー</b><br />
- 標準的なMoodleナビゲーションバーがクイズと同じウインドウのページ上部に表示されます
+ 標準的なMoodleナビゲーションバーがクイズと同じウィンドウのページ上部に表示されます
</p>
<p>
<b>Moodleナビゲーションフレーム</b><br />
View
12 lang/ja_utf8/help/hotpot/studentfeedback.html
@@ -1,25 +1,25 @@
<p align="center"><b>学生フィードバック</b></p>
<p>
- このオプションを選択した場合、学生が「Check」ボタンをクリックするといつでも、ポップアップフィードバック・ウインドウが表示されます
- 学生はフィードバック・ウインドウを使って、クイズに関するフィードバックを教師に送信することができます。
+ このオプションを選択した場合、学生が「Check」ボタンをクリックするといつでも、ポップアップフィードバック・ウィンドウが表示されます
+ 学生はフィードバック・ウィンドウを使って、クイズに関するフィードバックを教師に送信することができます。
</p>
<p>
このオプションでは、下記の設定を選択することができます:
</p>
<div class="indent">
<p>
<b>無し</b><br />
- フィードバック・ウインドウは表示されません
+ フィードバック・ウィンドウは表示されません
</p>
<p>
<b>ウェブページ</b><br />
- フィードバック・ウインドウにウェブページが表示されます
+ フィードバック・ウィンドウにウェブページが表示されます
例えば、次のようなウェブページのURLを入力する必要があります:
<tt>http://myserver.com/feedbackform.html</tt>
</p>
<p>
<b>フィードバックフォーム</b><br />
- formmail.plのような標準のフォームメールスクリプトへ送信するのに適しているフォームをフィードバック・ウインドウに表示します
+ formmail.plのような標準のフォームメールスクリプトへ送信するのに適しているフォームをフィードバック・ウィンドウに表示します
例えば、次のようなフォームスクリプトのURLも入力する必要があります:
<tt>http://myserver.com/cgi-bin/formmail.pl</tt>
</p>
@@ -29,7 +29,7 @@
</p>
<p>
<b>Moodleメッセージ</b><br />
- Moodleインスタントメッセージ・ウインドウが表示されます
+ Moodleインスタントメッセージ・ウィンドウが表示されます
コースに複数の教師が登録されている場合、メッセージページが表示される前に、学生に教師を選択するよう指示されます。
</p>
</div>
View
4 lang/ja_utf8/help/lesson/mediafile.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>ポップアップファイルまたはウェブページ</b></p>
<p>ここでは、レッスンの最初にファイル ( 例: mp3ファイル ) またはウェブページへのポップアップウィンドウを作成します。
-また、必要に応じてポップアップウインドウを開くことができるように、リンクは全てのレッスンページに表示されます。</p>
+また、必要に応じてポップアップウィンドウを開くことができるように、リンクは全てのレッスンページに表示されます。</p>
-<p>任意で「ウインドウを閉じる」ボタンをポップアップの下部に表示することができます。同様にウインドウの高さおよび幅を設定することができます。</p>
+<p>任意で「ウィンドウを閉じる」ボタンをポップアップの下部に表示することができます。同様にウィンドウの高さおよび幅を設定することができます。</p>
View
6 lang/ja_utf8/help/quiz/popup.html
@@ -1,12 +1,12 @@
-<p align="center"><b>問題を「セキュア」ウインドウに表示する</b></p>
+<p align="center"><b>問題を「セキュア」ウィンドウに表示する</b></p>
-<p>「セキュア」ウインドウは学生がブラウザを使ってできることを制限することで
+<p>「セキュア」ウィンドウは学生がブラウザを使ってできることを制限することで
小テストを少しだけ安全 ( コピーや不正行為を難しくする) にします。</p>
<p>何が起きるか:
<ul>
<li>Javaスクリプトの使用が必須になります。</li>
- <li>クイズがフルスクリーンウインドウに表示されます。</li>
+ <li>クイズがフルスクリーンウィンドウに表示されます。</li>
<li>テキストエリアでいくつかのマウス操作が制限されます。</li>
<li>いくつかのキーボード操作が制限されます。</li>
</ul>
View
2 lang/ja_utf8/help/quiz/timelimit.html
@@ -6,7 +6,7 @@
<ul>
<li>ブラウザのJavaスクリプトサポートが必須条件です - タイマーを正確に動作させます。</li>
- <li>フローティングタイマーウインドウにカウントダウンが表示されます。</li>
+ <li>フローティングタイマーウィンドウにカウントダウンが表示されます。</li>
<li>タイマーが終了した時、解答がどの程度入力されているかにかかわらず、小テストは自動的に提出されます。</li>
<li>学生が、割り当てられた時間を60秒経過して不正に小テストを提出した場合、小テストの評定は自動的にゼロになります。</li>
</ul>
View
2 lang/ja_utf8/help/resource/index.html
@@ -11,5 +11,5 @@
<li><a href="help.php?module=resource&amp;file=type/ims.html">IMSコンテンツ</a></li>
</ul>
<li><a href="help.php?module=resource&amp;file=parameters.html">パラメータ</a>
- <li><a href="help.php?module=resource&amp;file=window.html">ウインドウ設定</a>
+ <li><a href="help.php?module=resource&amp;file=window.html">ウィンドウ設定</a>
</ul>
View
2 lang/ja_utf8/help/resource/type/file.html
@@ -5,7 +5,7 @@
<p>マルチメディアファイルがより知的に取り扱われウェブページに埋め込まれるのに対して、一般のウェブページではそのままの形で表示されます。例えばMP3ファイルは内蔵されているストリーミングプレイヤーで表示され、Flashアニメーションも同じように表示されます。</p>
-<p>ポップアップウインドウ、フレームウインドウ等にあなたのコンテンツを表示する沢山のオプションがあります。</p>
+<p>ポップアップウィンドウ、フレームウィンドウ等にあなたのコンテンツを表示する沢山のオプションがあります。</p>
<p>特に、あなたのリソースがウェブアプリケーションまたはパラメータを受け取ることができる他のタイプのコンテンツの場合、ユーザ名、メールアドレス、参加中のコース等の情報の送信を選択することもできます。</p>
</div>
View
2 lang/ja_utf8/help/resource/type/ims.html
@@ -3,7 +3,7 @@
<div class="indent">
<p>このリソースタイプでは、<a href="http://www.imsglobal.org/content/packaging/index.html" target="_new">IMS学習者情報パッケージ仕様</a>に適合するパッケージを配置することができます。</p>
<p>パッケージを含んだ.zipファイルをアップロードし、ファイルマネージャで選択した後、<b>&lt;配置&gt;</b>ボタンをクリックしてください。</p>
-<p>ポップアップウインドウ、フレーム等にコンテンツを表示する場合、多くのオプションがあります。</p>
+<p>ポップアップウィンドウ、フレーム等にコンテンツを表示する場合、多くのオプションがあります。</p>
<p>目次、ナビゲーションボタン等、パッケージの配置に関する多くの特徴を決定することができます。</p>
<p>このリソースタイプは、非常に実験的なものです。<a href="http://moodle.org" target="_new">moodle.org</a> の <a href="http://moodle.org/mod/forum/view.php?id=738" target="_new">リソースモジュールフォーラム</a> に、トラブル、アイディア、改善案等を投稿してください。</p>
</div>
View
26 lang/ja_utf8/help/resource/window.html
@@ -1,31 +1,31 @@
-<p align="center"><b>ウインドウ設定</b></p>
+<p align="center"><b>ウィンドウ設定</b></p>
<p>「設定を表示」「設定を隠す」ボタンのクリックにより、これらの設定を表示/非表示にすることができます。</p>
-<p>通常、リソースはトップフレームにあるMoodleナビゲーションコントロールと共に、標準的なフレームウインドウに表示されます。このフレームを取り除いて標準的なウェブページのように画面一杯に表示させることができます。</p>
+<p>通常、リソースはトップフレームにあるMoodleナビゲーションコントロールと共に、標準的なフレームウィンドウに表示されます。このフレームを取り除いて標準的なウェブページのように画面一杯に表示させることができます。</p>
-<p>次の手順に従ってリソースを新しいポップアップウインドウに表示させることもできます:</p>
+<p>次の手順に従ってリソースを新しいポップアップウィンドウに表示させることもできます:</p>
<ol>
- <li><b>ウインドウ:</b>セクションで、「新しいウインドウ」を選択します。</li>
+ <li><b>ウィンドウ:</b>セクションで、「新しいウィンドウ」を選択します。</li>
<li>使用したくないオプションのチェックを外してください。<br />
<blockquote>
- <b>ウインドウのリサイズを許可?</b>
- <p>このオプションを選択することにより、ユーザはあなたが指定したウインドウサイズを変更することができます。このオプションは常に選択してください。しかし、リソースが固定サイズの場合もありますので、その場合はこのオプションを選択しないことも理解できます。</p>
+ <b>ウィンドウのリサイズを許可?</b>
+ <p>このオプションを選択することにより、ユーザはあなたが指定したウィンドウサイズを変更することができます。このオプションは常に選択してください。しかし、リソースが固定サイズの場合もありますので、その場合はこのオプションを選択しないことも理解できます。</p>
- <b>ウインドウのスクロールを許可?</b>
- <p>このオプションを選択することにより、ユーザはリソース全てを見るためにウインドウをスクロールすることができます。 このオプションのチェックを外した場合、ユーザは指定されたウインドウサイズに表示されるリソースのみを見ることができ、残りの部分をスクロールして見ることはできません。</p>
+ <b>ウィンドウのスクロールを許可?</b>
+ <p>このオプションを選択することにより、ユーザはリソース全てを見るためにウィンドウをスクロールすることができます。 このオプションのチェックを外した場合、ユーザは指定されたウィンドウサイズに表示されるリソースのみを見ることができ、残りの部分をスクロールして見ることはできません。</p>
<b>ディレクトリリンクを表示?</b>
- <p>ユーザはウインドウ内にディレクトリリンクを見ることができます。ディレクトリリンクはブラウザによって異なります: リンクバー ( IE )、お気に入りバーまたはブックマークバー ( Mozilla/Firefox ) として知られています。
+ <p>ユーザはウィンドウ内にディレクトリリンクを見ることができます。ディレクトリリンクはブラウザによって異なります: リンクバー ( IE )、お気に入りバーまたはブックマークバー ( Mozilla/Firefox ) として知られています。
</p>
<b>ロケーションバーを表示?</b>
<p>リソースのURL ( ウェブアドレス ) をユーザに見せたいですか? そうでしたら、このオプションをチェックしたままにしてください。そうでなければリソースのロケーションは隠されます。</p>
<b>メニューバーを表示r?</b>
- <p>このウインドウ内でユーザにメニューバーにアクセスさせたい場合は、このオプションをチェックしたままにしてください。一般的にはこれは便利ですが、グラフィックを使用したプレゼンテーションは、メニューバーが無い方が見栄えが良くなります。</p>
+ <p>このウィンドウ内でユーザにメニューバーにアクセスさせたい場合は、このオプションをチェックしたままにしてください。一般的にはこれは便利ですが、グラフィックを使用したプレゼンテーションは、メニューバーが無い方が見栄えが良くなります。</p>
<b>ツールバーを表示?</b>
<p>ツールバーを表示させることによって、戻る/進む、ホーム、画面の更新ボタンを使ってユーザがより簡単にブラウザの操作を行うことができます。</p>
@@ -35,12 +35,12 @@
</blockquote>
- <li>開きたいウインドウサイズを決定する。<br />
+ <li>開きたいウィンドウサイズを決定する。<br />
<blockquote>
- <p>多くの人が、今も平均的な800x600の解像度のモニタを使用しています。 ほとんどの場合、高さ600x幅480のように若干小さめのウインドウサイズを指定するのが一番良いでしょう。</p>
+ <p>多くの人が、今も平均的な800x600の解像度のモニタを使用しています。 ほとんどの場合、高さ600x幅480のように若干小さめのウィンドウサイズを指定するのが一番良いでしょう。</p>
- <p>この値を空白にした場合、新しいポップアップウインドウはクリックするウインドウと全く同じサイズで表示されます。</p>
+ <p>この値を空白にした場合、新しいポップアップウィンドウはクリックするウィンドウと全く同じサイズで表示されます。</p>
</blockquote>
</li>
View
3 lang/ja_utf8/help/scorm/height.html
@@ -1,3 +0,0 @@
-<p><b>高さ</b></p>
-
-<p>ここではSCOフレーム/ウインドウの高さを設定します。</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/scorm/index.html
@@ -6,7 +6,7 @@
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=grademethod.html">パッケージの評定方法</a></li>
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=maxgrade.html">パッケージの最大評点</a></li>
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=package.html">パッケージ活動とは?</a></li>
-<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=size.html">学習オブジェクトのフレーム/ウインドウサイズの定義</a></li>
+<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=size.html">学習オブジェクトのフレーム/ウィンドウサイズの定義</a></li>
<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=summary.html">サマリーフィールドの使用</a></li>
-<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=window.html">ポップアップウインドウの設定</a></li>
+<li> <a href="help.php?module=scorm&amp;file=window.html">ポップアップウィンドウの設定</a></li>
</ul>
View
2 lang/ja_utf8/help/scorm/size.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p><b>サイズ</b></p>
-<p>この2つの設定は、学習オブジェクトフレーム/ウインドウの高さと幅を定義します。</p>
+<p>この2つの設定は、学習オブジェクトフレーム/ウィンドウの高さと幅を定義します。</p>
View
3 lang/ja_utf8/help/scorm/width.html
@@ -1,3 +0,0 @@
-<p><b>幅</b></p>
-
-<p>ここではSCOフレーム/ウインドウの幅を設定します。</p>
View
2 lang/ja_utf8/lesson.php
@@ -137,7 +137,7 @@
$string['mediaclose'] = 'クローズボタンを表示:';
$string['mediafile'] = 'メディアファイル';
$string['mediafilepopup'] = 'レッスンメディアファイルを閲覧するにはここをクリックしてください。';
-$string['mediaheight'] = 'ウインドウ高:';
+$string['mediaheight'] = 'ウィンドウ高:';
$string['mediawidth'] = '幅:';
$string['minimumnumberofquestions'] = '最小問題数';
$string['modattempts'] = '学生のレビューを許可';
View
4 lang/ja_utf8/message.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // message.php - created with Moodle 1.6 development (2005072200)
+ // message.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
$string['addcontact'] = 'コンタクトリストに追加';
@@ -55,7 +55,7 @@
$string['sendmessageto'] = '$a にメッセージを送信';
$string['settings'] = '設定';
$string['settingssaved'] = '設定が保存されました。';
-$string['showmessagewindow'] = 'メッセージが届いたら自動的にウインドウを表示する。 ( ブラウザのポップアップブロックを解除してください )';
+$string['showmessagewindow'] = 'メッセージが届いたら自動的にウィンドウを表示する。 ( ブラウザのポップアップブロックを解除してください )';
$string['strftimedaydatetime'] = '%%Y/%%m/%%d (%%a) %%I:%%M %%p';
$string['timenosee'] = 'オンライン表示期間 ( 分 )';
$string['timesent'] = '送信回数';
View
10 lang/ja_utf8/quiz.php
@@ -66,7 +66,7 @@
$string['choice'] = '選択';
$string['choices'] = '利用可能な選択';
$string['choosedatasetproperties'] = 'データセット属性の選択';
-$string['close'] = 'ウインドウを閉じる';
+$string['close'] = 'ウィンドウを閉じる';
$string['closepreview'] = 'プレビューを閉じる';
$string['closereview'] = '再閲覧を閉じる';
$string['completedon'] = '完了日時';
@@ -274,9 +274,9 @@
$string['penaltyfactor'] = 'ペナルティ要素';
$string['penaltyscheme'] = 'ペナルティを適用';
$string['percentcorrect'] = '正答率';
-$string['pleaseclose'] = 'あなたのリクエストは処理されました。このウインドウを閉じてください';
-$string['popup'] = '小テストを「セキュア」ウインドウに表示する';
-$string['popupnotice'] = '学生はこの小テストをセキュアウインドウで見ます';
+$string['pleaseclose'] = 'あなたのリクエストは処理されました。このウィンドウを閉じてください';
+$string['popup'] = '小テストを「セキュア」ウィンドウに表示する';
+$string['popupnotice'] = '学生はこの小テストをセキュアウィンドウで見ます';
$string['preview'] = 'プレビュー';
$string['previewquestion'] = '問題のプレビュー';
$string['previewquiz'] = '$a のプレビュー';
@@ -316,7 +316,7 @@
$string['regrade'] = '全ての受験を再評定する';
$string['regradecomplete'] = '全ての受験が再評定されました。';
$string['regradecount'] = '$a->attempt 中 $a->changed の評点が変更されました。';
-$string['regradedisplayexplanation'] = '最評定中に変更のあった受験は問題再閲覧ウインドウにハイパーリンクとして表示されます';
+$string['regradedisplayexplanation'] = '最評定中に変更のあった受験は問題再閲覧ウィンドウにハイパーリンクとして表示されます';
$string['regradingquestion'] = '「 $a 」の最評定';
$string['regradingquiz'] = '問題「 $a 」の最評定';
$string['relative'] = '相対度数';
View
40 lang/ja_utf8/resource.php
@@ -10,23 +10,23 @@
$string['configfilterexternalpages'] = 'この設定により全ての外部リソース ( ウェブページ、アップロードしたHTMLファイル ) に現在設定されているフィルター ( 例えば用語集自動リンク ) が適用されます。設定することでコースページの動作が著しく遅くなる恐れがあります。必要がある時のみ注意してお使いください。';
$string['configframesize'] = 'フレーム内にウェブページやアップロードしたファイルが表示される場合のトップフレーム ( ナビゲーションを含む )のサイズ ( ピクセル ) です。';
$string['configparametersettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるデフォルトのパラメータの値を設定します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
-$string['configpopup'] = 'ポップアップウインドウに表示される新しいリソースを追加する場合、デフォルトでこのオプションを使用しますか?';
-$string['configpopupdirectories'] = 'デフォルトでダイレクトリンクをポップアップウインドウに表示しますか?';
-$string['configpopupheight'] = '新しいポップアップウインドウのデフォルトの高さは?';
-$string['configpopuplocation'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでアドレスバーを表示しますか?';
-$string['configpopupmenubar'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでメニューバーを表示しますか?';
-$string['configpopupresizable'] = 'ポップアップウインドウをデフォルトでリサイズさせますか?';
-$string['configpopupscrollbars'] = 'ポップアップウインドウをデフォルトでスクロールさせますか?';
-$string['configpopupstatus'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでステータスバーを表示しますか?';
-$string['configpopuptoolbar'] = 'ポップアップウインドウにデフォルトでツールバーを表示しますか?';
-$string['configpopupwidth'] = '新しいポップアップウインドウのデフォルトの幅は?';
+$string['configpopup'] = 'ポップアップウィンドウに表示される新しいリソースを追加する場合、デフォルトでこのオプションを使用しますか?';
+$string['configpopupdirectories'] = 'デフォルトでダイレクトリンクをポップアップウィンドウに表示しますか?';
+$string['configpopupheight'] = '新しいポップアップウィンドウのデフォルトの高さは?';
+$string['configpopuplocation'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでアドレスバーを表示しますか?';
+$string['configpopupmenubar'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでメニューバーを表示しますか?';
+$string['configpopupresizable'] = 'ポップアップウィンドウをデフォルトでリサイズさせますか?';
+$string['configpopupscrollbars'] = 'ポップアップウィンドウをデフォルトでスクロールさせますか?';
+$string['configpopupstatus'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでステータスバーを表示しますか?';
+$string['configpopuptoolbar'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでツールバーを表示しますか?';
+$string['configpopupwidth'] = '新しいポップアップウィンドウのデフォルトの幅は?';
$string['configsecretphrase'] = 'このシークレットワードは、リソースをパラメータとして送信する時に使用する暗号コードを生成するために使用されます。暗号コードは、ユーザのIPアドレスとシークレットワードを結びつけてmd5により生成されます。これにより、リソースが高度にセキュリティ対策をとられた通信を実現することができます。';
$string['configwebsearch'] = 'URLをウェブページまたはリンクとして追加する時、このロケーションは、ユーザがURLを検索するためのヘルプとして提供されます。';
-$string['configwindowsettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるウインドウ設定に関する値を登録します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
+$string['configwindowsettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるウィンドウ設定に関する値を登録します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
$string['deploy'] = '配置';
$string['directlink'] = 'このファイルをダイレクトリンクする';
$string['directoryinfo'] = '選択したディレクトリの全ファイルが表示されます。';
-$string['display'] = 'ウインドウ';
+$string['display'] = 'ウィンドウ';
$string['editingaresource'] = 'リソースを編集する';
$string['encryptedcode'] = '暗号化コード';
$string['example'] = '例';
@@ -56,26 +56,26 @@
$string['newheight'] = 'デフォルトウンドウ高 ( ピクセル )';
$string['newlocation'] = 'ロケーションバーを表示';
$string['newmenubar'] = 'メニューバーを表示';
-$string['newresizable'] = 'ウインドウのリサイズを許可';
-$string['newscrollbars'] = 'ウインドウのスクロールを許可';
+$string['newresizable'] = 'ウィンドウのリサイズを許可';
+$string['newscrollbars'] = 'ウィンドウのスクロールを許可';
$string['newstatus'] = 'ステータスバーを表示';
$string['newtoolbar'] = 'ツールバーを表示';
$string['newwidth'] = 'デフォルトウンドウ幅 ( ピクセル )';
-$string['newwindow'] = '新しいウインドウ';
-$string['newwindowopen'] = 'ポップアップウインドウにリソースを表示';
+$string['newwindow'] = '新しいウィンドウ';
+$string['newwindowopen'] = 'ポップアップウィンドウにリソースを表示';
$string['notallowedlocalfileaccess'] = '現在、ローカルファイルへのアクセスは停止されています。このリソースは利用できません。';
$string['note'] = '注意';
$string['notefile'] = 'さらにファイルをアップロード ( このリストに表示されます ) する場合、<a href=$a >File Manager</a> を利用してください。';
$string['notypechosen'] = 'タイプを選択してください。「戻る」ボタンを押して再度入力してください。';
$string['packagechanged'] = 'IMS学習者情報パッケージが変更されました。';
$string['packagenotdeplyed'] = 'このIMS学習者情報パッケージは配置されません。';
-$string['pagedisplay'] = 'リソースを現在のウインドウに表示';
-$string['pagewindow'] = '同一ウインドウ';
+$string['pagedisplay'] = 'リソースを現在のウィンドウに表示';
+$string['pagewindow'] = '同一ウィンドウ';
$string['pan'] = 'Pan';
$string['parameter'] = 'パラメータ';
$string['parameters'] = 'パラメータ';
-$string['popupresource'] = 'リソースをポップアップウインドウに表示';
-$string['popupresourcelink'] = 'ウインドウが表示されない場合はここをクリック: $a';
+$string['popupresource'] = 'リソースをポップアップウィンドウに表示';
+$string['popupresourcelink'] = 'ウィンドウが表示されない場合はここをクリック: $a';
$string['redeploy'] = '再配置';
$string['resourcetype'] = 'リソースのタイプ';
$string['resourcetype1'] = '参照';
View
18 lang/ja_utf8/scorm.php
@@ -27,8 +27,8 @@
$string['failed'] = '失敗';
$string['firstaccess'] = '最初のアクセス';
$string['found'] = 'マニフェストファイルが見つかりました';
-$string['frameheight'] = 'ここではステージフレームまたはウインドウのデフォルトの高さを設定します。';
-$string['framewidth'] = 'ここではステージフレームまたはウインドウのデフォルトの幅を設定します。';
+$string['frameheight'] = 'ここではステージフレームまたはウィンドウのデフォルトの高さを設定します。';
+$string['framewidth'] = 'ここではステージフレームまたはウィンドウのデフォルトの幅を設定します。';
$string['fullscreen'] = 'フルスクリーンモード';
$string['general'] = '一般データ';
$string['gradeaverage'] = '平均評点';
@@ -41,8 +41,8 @@
$string['hidenav'] = 'ナビゲーションボタンを隠す';
$string['hidetoc'] = 'コース構造を隠す ( TOC )';
$string['identifier'] = '問題識別子';
-$string['iframe'] = '現在のウインドウ';
-$string['iframedisplay'] = 'パッケージを現在のウインドウで開く';
+$string['iframe'] = '現在のウィンドウ';
+$string['iframedisplay'] = 'パッケージを現在のウィンドウで開く';
$string['incomplete'] = '不完全';
$string['interactions'] = '相互作用';
$string['lastaccess'] = '最後のアクセス';
@@ -73,20 +73,20 @@
$string['packagefile'] = 'パッケージファイルが指定されていません。';
$string['passed'] = 'パス';
$string['php5'] = 'PHP 5 ( DOMXMLネイティブライブラリ )';
-$string['popup'] = '新しいウインドウ';
-$string['popupopen'] = 'パッケージを新しいウインドウで開く';
+$string['popup'] = '新しいウィンドウ';
+$string['popupopen'] = 'パッケージを新しいウィンドウで開く';
$string['position_error'] = '$a->tag タグは $a->parent タグの子タグになりません';
$string['prev'] = '前の';
$string['raw'] = '実際の点数';
$string['regular'] = '標準マニフェストファイル';
$string['report'] = 'レポート';
-$string['resizable'] = 'ウインドウのリサイズを許可';
+$string['resizable'] = 'ウィンドウのリサイズを許可';
$string['result'] = '結果';
$string['review'] = 'レビュー';
$string['scoes'] = '学習オブジェクト';
$string['score'] = 'スコア';
$string['scormcourse'] = '学習コース';
-$string['scrollbars'] = 'ウインドウのスクロールを許可';
+$string['scrollbars'] = 'ウィンドウのスクロールを許可';
$string['stagesize'] = 'ステージサイズ';
$string['status'] = 'ステータス';
$string['statusbar'] = 'ステータスバーを表示';
@@ -107,6 +107,6 @@
$string['versionwarning'] = 'マニフェストファイルのバージョンが1.3より古いため、$a->tag タグに警告があります。';
$string['viewallreports'] = '$a 回分のレポートを表示';
$string['width'] = '幅';
-$string['window'] = 'ウインドウ';
+$string['window'] = 'ウィンドウ';
?>

0 comments on commit 1dbaf9d

Please sign in to comment.