Permalink
Browse files

Changed Japanese expression "And" from Kanji to Hiragana to make expr…

…ession more soften.

Meaning is same.
  • Loading branch information...
1 parent c070dd7 commit 2d0daadc868a02d554498066934b4e7270cfeaac mits committed Feb 17, 2005
Showing with 268 additions and 268 deletions.
  1. +7 −7 lang/ja/admin.php
  2. +1 −1 lang/ja/assignment.php
  3. +3 −3 lang/ja/auth.php
  4. +5 −5 lang/ja/docs/background.html
  5. +3 −3 lang/ja/docs/faq.html
  6. +8 −8 lang/ja/docs/features.html
  7. +1 −1 lang/ja/docs/future.html
  8. +2 −2 lang/ja/docs/install.html
  9. +7 −7 lang/ja/docs/installamp.html
  10. +3 −3 lang/ja/docs/intro.html
  11. +9 −9 lang/ja/docs/licence.html
  12. +3 −3 lang/ja/docs/philosophy.html
  13. +7 −7 lang/ja/docs/teacher.html
  14. +1 −1 lang/ja/enrol_database.php
  15. +2 −2 lang/ja/exercise.php
  16. +2 −2 lang/ja/forum.php
  17. +2 −2 lang/ja/glossary.php
  18. +1 −1 lang/ja/help/chat/mods.html
  19. +1 −1 lang/ja/help/coursefullname.html
  20. +1 −1 lang/ja/help/coursenewsitems.html
  21. +1 −1 lang/ja/help/coursenumsections.html
  22. +1 −1 lang/ja/help/coursereports.html
  23. +1 −1 lang/ja/help/dialogue/dialoguetype.html
  24. +1 −1 lang/ja/help/dialogue/info.html
  25. +1 −1 lang/ja/help/dialogue/sendmail.html
  26. +1 −1 lang/ja/help/exercise/grade.html
  27. +1 −1 lang/ja/help/exercise/mods.html
  28. +1 −1 lang/ja/help/forum/allowdiscussions.html
  29. +1 −1 lang/ja/help/forum/mods.html
  30. +1 −1 lang/ja/help/forum/rsstype.html
  31. +1 −1 lang/ja/help/forum/subscription2.html
  32. +1 −1 lang/ja/help/glossary/displayformat.html
  33. +1 −1 lang/ja/help/glossary/shows.html
  34. +2 −2 lang/ja/help/glossary/usedynalink.html
  35. +1 −1 lang/ja/help/glossary/usedynalinkentry.html
  36. +1 −1 lang/ja/help/langedit.html
  37. +2 −2 lang/ja/help/lesson/grade.html
  38. +1 −1 lang/ja/help/lesson/import.html
  39. +1 −1 lang/ja/help/mods.html
  40. +3 −3 lang/ja/help/quiz/calculated.html
  41. +1 −1 lang/ja/help/quiz/export.html
  42. +1 −1 lang/ja/help/quiz/formatctm.html
  43. +1 −1 lang/ja/help/quiz/formatwebct.html
  44. +1 −1 lang/ja/help/quiz/import.html
  45. +1 −1 lang/ja/help/quiz/match.html
  46. +1 −1 lang/ja/help/quiz/mods.html
  47. +2 −2 lang/ja/help/quiz/multianswer.html
  48. +1 −1 lang/ja/help/quiz/randomsamatch.html
  49. +1 −1 lang/ja/help/resource/index.html
  50. +1 −1 lang/ja/help/resource/type/directory.html
  51. +1 −1 lang/ja/help/resource/type/file.html
  52. +1 −1 lang/ja/help/richtext.html
  53. +1 −1 lang/ja/help/survey/mods.html
  54. +2 −2 lang/ja/help/surveys.html
  55. +2 −2 lang/ja/help/teachers.html
  56. +1 −1 lang/ja/help/wiki.html
  57. +3 −3 lang/ja/install.php
  58. +1 −1 lang/ja/lesson.php
  59. +16 −16 lang/ja/moodle.php
  60. +1 −1 lang/ja/quiz.php
  61. +1 −1 lang/ja/survey.php
  62. +7 −7 lang/ja_utf8/admin.php
  63. +1 −1 lang/ja_utf8/assignment.php
  64. +3 −3 lang/ja_utf8/auth.php
  65. +5 −5 lang/ja_utf8/docs/background.html
  66. +3 −3 lang/ja_utf8/docs/faq.html
  67. +8 −8 lang/ja_utf8/docs/features.html
  68. +1 −1 lang/ja_utf8/docs/future.html
  69. +2 −2 lang/ja_utf8/docs/install.html
  70. +7 −7 lang/ja_utf8/docs/installamp.html
  71. +3 −3 lang/ja_utf8/docs/intro.html
  72. +9 −9 lang/ja_utf8/docs/licence.html
  73. +3 −3 lang/ja_utf8/docs/philosophy.html
  74. +7 −7 lang/ja_utf8/docs/teacher.html
  75. +1 −1 lang/ja_utf8/enrol_database.php
  76. +2 −2 lang/ja_utf8/exercise.php
  77. +2 −2 lang/ja_utf8/forum.php
  78. +2 −2 lang/ja_utf8/glossary.php
  79. +1 −1 lang/ja_utf8/help/chat/mods.html
  80. +1 −1 lang/ja_utf8/help/coursefullname.html
  81. +1 −1 lang/ja_utf8/help/coursenewsitems.html
  82. +1 −1 lang/ja_utf8/help/coursenumsections.html
  83. +1 −1 lang/ja_utf8/help/coursereports.html
  84. +1 −1 lang/ja_utf8/help/dialogue/dialoguetype.html
  85. +1 −1 lang/ja_utf8/help/dialogue/info.html
  86. +1 −1 lang/ja_utf8/help/dialogue/sendmail.html
  87. +1 −1 lang/ja_utf8/help/exercise/grade.html
  88. +1 −1 lang/ja_utf8/help/exercise/mods.html
  89. +1 −1 lang/ja_utf8/help/forum/allowdiscussions.html
  90. +1 −1 lang/ja_utf8/help/forum/mods.html
  91. +1 −1 lang/ja_utf8/help/forum/rsstype.html
  92. +1 −1 lang/ja_utf8/help/forum/subscription2.html
  93. +1 −1 lang/ja_utf8/help/glossary/displayformat.html
  94. +1 −1 lang/ja_utf8/help/glossary/shows.html
  95. +2 −2 lang/ja_utf8/help/glossary/usedynalink.html
  96. +1 −1 lang/ja_utf8/help/glossary/usedynalinkentry.html
  97. +1 −1 lang/ja_utf8/help/langedit.html
  98. +2 −2 lang/ja_utf8/help/lesson/grade.html
  99. +1 −1 lang/ja_utf8/help/lesson/import.html
  100. +1 −1 lang/ja_utf8/help/mods.html
  101. +3 −3 lang/ja_utf8/help/quiz/calculated.html
  102. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/export.html
  103. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/formatctm.html
  104. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/formatwebct.html
  105. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/import.html
  106. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/match.html
  107. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/mods.html
  108. +2 −2 lang/ja_utf8/help/quiz/multianswer.html
  109. +1 −1 lang/ja_utf8/help/quiz/randomsamatch.html
  110. +1 −1 lang/ja_utf8/help/resource/index.html
  111. +1 −1 lang/ja_utf8/help/resource/type/directory.html
  112. +1 −1 lang/ja_utf8/help/resource/type/file.html
  113. +1 −1 lang/ja_utf8/help/richtext.html
  114. +1 −1 lang/ja_utf8/help/survey/mods.html
  115. +2 −2 lang/ja_utf8/help/surveys.html
  116. +2 −2 lang/ja_utf8/help/teachers.html
  117. +1 −1 lang/ja_utf8/help/wiki.html
  118. +3 −3 lang/ja_utf8/install.php
  119. +1 −1 lang/ja_utf8/lesson.php
  120. +16 −16 lang/ja_utf8/moodle.php
  121. +1 −1 lang/ja_utf8/quiz.php
  122. +1 −1 lang/ja_utf8/survey.php
View
@@ -10,7 +10,7 @@
$string['calendarsettings'] = 'カレンダー';
$string['change'] = '変更';
$string['configallowcoursethemes'] = 'この設定を「Yes」に設定した場合、コースに独自のテーマを設定することができます。コーステーマは他の全てのテーマ ( サイト、ユーザ、セッションテーマ ) を上書きします。';
-$string['configallowunenroll'] = 'この設定を「Yes」に設定した場合、学生はいつでも好きな時にコースの参加を取り消すことができます。\'No\'に設定した場合、学生は参加取消しを行うことはできず、参加に関する全てを教師及び管理者がコントロールします';
+$string['configallowunenroll'] = 'この設定を「Yes」に設定した場合、学生はいつでも好きな時にコースの参加を取り消すことができます。\'No\'に設定した場合、学生は参加取消しを行うことはできず、参加に関する全てを教師および管理者がコントロールします';
$string['configallowuserblockhiding'] = 'サイト全体においてユーザにブロックの表示/非表示を許可しますか? この機能では、折りたたみ可能なブロックの状態を記憶するために、Javaスクリプトとクッキーを使用します。また、ブロックの表示/非表示はユーザ自身の使用にのみ影響します。';
$string['configallowuserthemes'] = 'この設定を「Yes」に設定した場合、ユーザは自分のテーマを設定することができます。サイトテーマはユーザテーマに上書きされます ( コーステーマは上書きされません ) 。';
$string['configallusersaresitestudents'] = 'サイトの表紙にある活動では、全てのユーザを学生と考えてもよろしいですか? 答えが「Yes」の場合、承認されたユーザは学生として、これらの活動に参加することができます。答えが「No」の場合、少なくとも一つのコースに登録済みのユーザのみが表紙の活動に参加することができます。';
@@ -29,7 +29,7 @@
$string['configenablerssfeedsdisabled'] = 'サイト全てにおいてRSSフィードが利用不可にされているため、利用できません。管理メニュー内の詳細設定でRSSフィードを利用可にすることができます。';
$string['configerrorlevel'] = '表示したいPHPの警告数を選択してください。通常はNormalが最適です。';
$string['configextendedusernamechars'] = 'この設定を行うことで、学生はユーザ名にどのような文字でも使用することができます ( 実際の名前には影響しません )。デフォルトは、ユーザ名をアルファベットに制限する「No」が設定されています。';
-$string['configfilteruploadedfiles'] = 'この設定を行った場合、Moodleは全てのアップロードされたHTML及びテキストファイルを表示する前にフィルタにかけます';
+$string['configfilteruploadedfiles'] = 'この設定を行った場合、Moodleは全てのアップロードされたHTMLおよびテキストファイルを表示する前にフィルタにかけます';
$string['configforcelogin'] = '通常、サイトとコース一覧 ( コースでは無い ) のフロントページはサイトにログインせずに閲覧することができます。全ての動作を行う前にログインを強制したい場合は、この設定を行ってください。';
$string['configforceloginforprofiles'] = 'この設定を「Yes」にした場合、ユーザプロフィールページを閲覧するには実際のアカウントでログインする必要があります。デフォルトでは、「No」に設定されますので、学生は事前に各コースの教師のプロフィールを閲覧することができます。これはサーチエンジンからもプロフィールページにアクセスできることも意味します。';
$string['configframename'] = 'Moodleをフレーム内で使用する場合、フレーム名を指定してください。フレームを使用しない場合は「_top」のままにしてください。';
@@ -38,8 +38,8 @@
$string['confightmleditor'] = '内蔵されたHTMLテキストエディタ使用を許可するか否か選択してください。「許可する」を選択した場合、互換性のあるブラウザが使われる場合のみ、このエディタが表示されます。ユーザはエディタを使用しない選択もできます。';
$string['configidnumber'] = 'このオプションでは次の内容を設定します。(a)ユーザがユーザIDの入力を求められない、(b)ユーザがユーザIDを空白にすることができる、または(c)ユーザはユーザIDの入力を求められ、空白にできない。ユーザIDが入力されたときはプロファイルに表示される。';
$string['configintro'] = 'このページではサーバでMoodleが最適に動くための設定値を入力できます。設定値を心配しないでください。通常初期値で最適に動作するように設定されています。いつでもこのページに戻って再度設定を行うことができます。';
-$string['configintroadmin'] = 'このページではサイトの全管理を行うことのできる最高管理者のアカウントを作成します。正しいメールアドレス及び安全なユーザ名、パスワードを設定してください。後でさらに管理者の作成を行うことができます。';
-$string['configintrosite'] = 'このページではこのサイトの表紙設定及びサイト名の設定を行います。ホームページの「サイトセッティング」リンクを使用することで、いつでもこれらのセッティングを変更することができます。';
+$string['configintroadmin'] = 'このページではサイトの全管理を行うことのできる最高管理者のアカウントを作成します。正しいメールアドレスおよび安全なユーザ名、パスワードを設定してください。後でさらに管理者の作成を行うことができます。';
+$string['configintrosite'] = 'このページではこのサイトの表紙設定およびサイト名の設定を行います。ホームページの「サイトセッティング」リンクを使用することで、いつでもこれらのセッティングを変更することができます。';
$string['configlang'] = 'すべての画面に適用される言語を選択してください。利用者は後で設定を変更することができます。';
$string['configlangdir'] = 'ほとんどの言語は左から右に記述されますが、アラビア語やヘブライ語等は右から左に記述されます。';
$string['configlanglist'] = 'ここを空白にすると、インストールしたMoodleに含まれる全ての言語をユーザが選択することができます。コンマで区切ることにより言語メニューを短くすることができます。例:ja,en,es_es,fr,it';
@@ -48,7 +48,7 @@
$string['configloginhttps'] = 'この設定をONにすることでMoodleは、ログインページのみでセキュアhttps接続(セキュアログイン)を使用します。その後、一般的な速度を保つために通常のhttp URLに戻ります。警告: この設定を行うにはウェブサーバでhttpsを使用できるようにする必要があります。もし、httpsが使用できない状態でこの設定を行った場合、あなたのサイトに入ることができなくなります。';
$string['configloglifetime'] = 'ここではユーザの活動に関するログの保持期間を設定します。指定した値より古いログは自動的に削除されます。可能な限り長い間ログを保持する方が良いのですが、アクセス件数が多く、サーバのパフォーマンスに問題がある場合は、短い期間に設定してください。';
$string['configlongtimenosee'] = '学生が長期間ログインしていない場合、自動的にコースから削除されます。この値は削除期限を決定します。';
-$string['configmaxbytes'] = 'ここではサイト全体でアップロードできるファイルの最大サイズを設定します。この設定はPHP設定のupload_max_filesize及びApache設定のLimitRequestBodyに制限されます。maxbytesはコースレベルまたはモジュールレベルで選択するサイズ幅を制限します。';
+$string['configmaxbytes'] = 'ここではサイト全体でアップロードできるファイルの最大サイズを設定します。この設定はPHP設定のupload_max_filesizeおよびApache設定のLimitRequestBodyに制限されます。maxbytesはコースレベルまたはモジュールレベルで選択するサイズ幅を制限します。';
$string['configmaxeditingtime'] = 'ここではフォーラムの投稿や日誌等を編集可能な時間を設定します。通常30分が適切な値です。';
$string['configmessaging'] = 'サイトのユーザ間でメッセージシステムを利用できるようにしますか?';
$string['confignoreplyaddress'] = 'Moodleでは、メールがユーザに送信される場合があります ( 例 フォーラムの投稿 )。ここで設定するメールアドレスは、「From」に使用され、受信者が直接送信者に返信できないようにします ( 例 ユーザが個人のメールアドレスを隠したい場合 )。';
@@ -70,12 +70,12 @@
$string['configsecureforms'] = 'Moodleでは、フォームデータを受入れる場合の追加的なレベルのセキュリティーを使用することができます。この設定をYesにした場合、ブラウザのHTTP_REFERER変数とフォーム設置のアドレスが照合されます。 ユーザがファイアーウォールソフト(例 Zonealarm)を使用してトラフィックからHTTP_REFERERを取除く設定をしている場合、稀に問題が発生する場合があります。 これは、フォーム使用時に画面が「固まる」現象です。ユーザがログインページ(例えば)で問題を抱えている場合はこの設定をNoにしてください。しかしこの設定ではブルートフォース・パスワードアタックに対して無防備な状態になります。分からない場合は、この設定を「Yes」のままにしてください。';
$string['configsessioncookie'] = 'ここではMoodleのセッションで使用されるクッキーの名前を設定します。この設定は1つ以上のMoodleが同じウェブサイトで稼動している場合に、クッキーが混乱するのを防ぐためだけに任意でお使いください。';
$string['configsessiontimeout'] = 'このサイトにログインして長時間何もしない ( ページを更新しない ) 場合、自動的にログアウト ( セッションを終了 ) させます。この変数はログアウトさせるまでの時間を設定します。';
-$string['configshowsiteparticipantslist'] = '全ての学生及び教師は参加者リストに表示されます。誰がこの参加者リストを閲覧することができますか?';
+$string['configshowsiteparticipantslist'] = '全ての学生および教師は参加者リストに表示されます。誰がこの参加者リストを閲覧することができますか?';
$string['configsitepolicy'] = 'このサイトを使用する前に、サイト使用許諾に全てのユーザが同意する必要がある場合は、サイト使用許諾のURLを指定してください。同意する必要が無い場合は空白のままにしてください。URLは自由に指定することができます - 便利な場所はサイトファイルの中です。例 http://yoursite/file.php/1/policy.html';
$string['configslasharguments'] = 'ファイル ( イメージ、アップロード等 ) は/=スラッシュ ( ここでは2つ目のオプション ) を使ってプログラムに受け渡されます。この方法により簡単にブラウザ内やプロクシにイメージを一時保存させることが可能です。いくつかのPHPサーバではこの方法が取れない場合があります。もしファイルやイメージ(例 ユーザの顔写真等)のアップロードに問題がある場合は最初のオプションを選択してください。';
$string['configsmtphosts'] = 'Moodleでメールを送信するときに使用する1つ以上のSMTPサーバを入力してください ( 例 mail.a.com またはmail.a.com;mail.b.com )。空白にした場合、Moodleは自動的にPHPのメール送信方法を使用します。';
$string['configsmtpuser'] = '上記でSMTPサーバを設定して尚且つ認証が必要な場合はユーザ名とパスワードを設定してください。';
-$string['configteacherassignteachers'] = '一般の教師は他の教師をコース内に割当てる必要がありますか? 「No」の場合、コース作成者及び管理者のみが教師の割当てを行うことができます';
+$string['configteacherassignteachers'] = '一般の教師は他の教師をコース内に割当てる必要がありますか? 「No」の場合、コース作成者および管理者のみが教師の割当てを行うことができます';
$string['configthemelist'] = '空白にした場合、全てのテーマを使用することができます。テーマメニューを短くしたい場合は、コンマで区切ったテーマ名のリストを指定してください。例: standard,orangewhite';
$string['configtimezone'] = 'ここではデフォルトタイムゾーンの設定を行うことができます。これは日付表示のためのデフォルトタイムゾーンを設定するのみで、各ユーザはプロフィールの設定により、この設定を変更することができます。ここで設定する「サーバ時間」はオペレーティングシステムに対するMoodleのデフォルト設定です。これに対してユーザプロフィールの「サーバ時間」ではユーザが独自のデフォルトタイムゾーン設定を行います。';
$string['configunzip'] = 'UNZIPプログラムの場所を指定してください ( Unixのみ、任意 )。指定した場合、zipファイルを解凍に使用されます。空白にした場合、Moodleは内部ルーチンを使用します。';
View
@@ -14,7 +14,7 @@
フィードバックはあなたの<a href=\"$a->url\">提出課題</a>に追加されています。';
$string['assignmentname'] = '課題名';
$string['assignmenttype'] = '課題タイプ';
-$string['configmaxbytes'] = 'このサイトにおける全ての課題に関するデフォルトの最大サイズ(コース制限及び他のローカル設定に従います)';
+$string['configmaxbytes'] = 'このサイトにおける全ての課題に関するデフォルトの最大サイズ(コース制限および他のローカル設定に従います)';
$string['description'] = '詳細';
$string['duedate'] = '提出期限';
$string['duedateno'] = '提出期限無し';
View
@@ -17,7 +17,7 @@
$string['auth_dbtype'] = 'データベースタイプ ( 詳細は<a href=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</a>をご覧ください )';
$string['auth_dbuser'] = 'データベースアクセス用のユーザ名';
$string['auth_editlock'] = 'ロック値';
-$string['auth_editlock_expl'] = '<p><b>ロック値:</b> この設定を「Yes」にした場合、Moodleユーザ及び管理者がフィールドを直接編集できないようにします。外部認証システムにあるこの値をメンテナンスする時に使用してください。</p>';
+$string['auth_editlock_expl'] = '<p><b>ロック値:</b> この設定を「Yes」にした場合、Moodleユーザおよび管理者がフィールドを直接編集できないようにします。外部認証システムにあるこの値をメンテナンスする時に使用してください。</p>';
$string['auth_emaildescription'] = 'メールによるアカウント確定はデフォルトの認証方法です。ユーザが新しいユーザ名とパスワードを選択してサインアップした場合、アカウント確定用メールがユーザのメールアドレスに送信されます。このメールにはユーザがアカウントを確定するためのリンクが記入されています。アカウント確定後のログインではMoodleデータベースに保存されているユーザ名とパスワードのみを確認します。';
$string['auth_emailtitle'] = 'Emailベースの認証';
$string['auth_fccreators'] = 'メンバーがコースの作成を許可されているグループの一覧です。複数のグループは「;」で分けてください。グループ名はFirstClassサーバと厳密に同じ名前にしてください。システムは、大文字と小文字を区別します。';
@@ -31,7 +31,7 @@
$string['auth_imaphost'] = 'IMAPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
$string['auth_imapport'] = 'IMAPサーバポート番号です。通常は143または993です。';
$string['auth_imaptitle'] = 'IMAPサーバを使用';
-$string['auth_imaptype'] = 'IMAPサーバタイプです。IMAPサーバは異なる認証及びネゴシエーションを利用することが可能です';
+$string['auth_imaptype'] = 'IMAPサーバタイプです。IMAPサーバは異なる認証およびネゴシエーションを利用することが可能です';
$string['auth_ldap_bind_dn'] = 'ユーザ検索にbindユーザを利用したい場合は、ここに明示してください。例 \'cn=ldapuser,ou=public,o=org\'';
$string['auth_ldap_bind_pw'] = 'bindユーザ用のパスワード';
$string['auth_ldap_bind_settings'] = 'Bind設定';
@@ -68,7 +68,7 @@
$string['auth_nntphost'] = 'NNTPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
$string['auth_nntpport'] = 'サーバーポート(119が一般的です)';
$string['auth_nntptitle'] = 'NNTPサーバを使用';
-$string['auth_nonedescription'] = 'ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください';
+$string['auth_nonedescription'] = 'ユーザはログインして外部サーバおよびメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティーおよび管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください';
$string['auth_nonetitle'] = '認証無し';
$string['auth_pamdescription'] = 'この方式では、サーバのネイティブユーザ名にアクセスする手段としてPAMを使用します。このモジュールを使用するためには、<a href=\"http://www.math.ohio-state.edu/~ccunning/pam_auth/\" target=\"_blank\">PHP4 PAM Authentication</a>がインストールされている必要があります。';
$string['auth_pamtitle'] = 'PAM ( Pluggable Authentication Modules )';
@@ -12,18 +12,18 @@
<blockquote>
<p>Moodleは日々発達している開発進行中のシステムです。開発は現在もプロジェクトリーダーである<a href="http://moodle.org/user/view.php?id=1&course=1" target="_top">Martin Dougiamas</a>によって開始されました:</p>
<blockquote>
- <p><em>数年の間、私は何とかMoodleに取り組んできました。Moodleへの取り組みは、私が<a target=_top href="http://www.curtin.edu.au/">カーティン工科大学</a>にウェブマスター及びWebCTのシステム管理者として勤務していた頃に始まりました。私は、WebCTで少なからずフラストレーションを感じていましたし、痒さで掻き毟りたいような思いに駆られました。他の方法があるのではないかと(いいえ、Blackboardではありません :-)</em></p>
+ <p><em>数年の間、私は何とかMoodleに取り組んできました。Moodleへの取り組みは、私が<a target=_top href="http://www.curtin.edu.au/">カーティン工科大学</a>にウェブマスターおよびWebCTのシステム管理者として勤務していた頃に始まりました。私は、WebCTで少なからずフラストレーションを感じていましたし、痒さで掻き毟りたいような思いに駆られました。他の方法があるのではないかと(いいえ、Blackboardではありません :-)</em></p>
<p><em>私はまた学校や小規模の施設(いくつかは大規模!)でインターネットを効率良く利用したいと考えている人々を知っていました。彼らはテクノロジーと教育学の迷路の中でどこからスタートすれば良いのか分かりませんでした。彼らの教育スキルをオンライン環境に活かすことができて、無料で利用可能な代わりのシステムがあればと、私は常に思っていました。</em></p>
- <p><em>未だ実現されていないインターネットをベースとした教育の可能性に対する私の強い信念が、教育において修士課程、博士課程の修了及びそれ以前のキャリアである情報工学(学習と共同作業の本質に関して新たに構築された知識)との融合を可能にしました。特に、私は社会的構成論の認識論に著しく影響を受けました。社会的構成論の認識論では、学習を社会活動としてのみ扱うのでは無く、他の人が見たり使ったりする人工物(テキストのような)を活動的に製作する過程で発生する学びにも注意を向けます。</em></p>
+ <p><em>未だ実現されていないインターネットをベースとした教育の可能性に対する私の強い信念が、教育において修士課程、博士課程の修了およびそれ以前のキャリアである情報工学(学習と共同作業の本質に関して新たに構築された知識)との融合を可能にしました。特に、私は社会的構成論の認識論に著しく影響を受けました。社会的構成論の認識論では、学習を社会活動としてのみ扱うのでは無く、他の人が見たり使ったりする人工物(テキストのような)を活動的に製作する過程で発生する学びにも注意を向けます。</em></p>
<p><em>私にとって、このソフトウェアの使いやすさは重要な部分であり、実際に可能な限り直感的に使用できるようにしています。</em></p>
- <p><em>私は、Moodleの継続的な開発及びMoodleをオープン且つ無料にすることに対して全力を傾けています。私は、制限の無い教育及び力を与えられた授業の重要性を深く信じていますし、私にとってMoodleはこの考え方を実現するための主要な方法なのです。</em></p>
+ <p><em>私は、Moodleの継続的な開発およびMoodleをオープン且つ無料にすることに対して全力を傾けています。私は、制限の無い教育および力を与えられた授業の重要性を深く信じていますし、私にとってMoodleはこの考え方を実現するための主要な方法なのです。</em></p>
</blockquote>
<p>2002年8月20日にバージョン1.0が世に送り出されるまで、数多くの初期のプロトタイプが開発され、そして破棄されました。このバージョンは、小規模且つ親密な大学レベルのクラスをターゲットとしていました。また、綿密に分析された、小規模な成人の参加者グループ内における、協同学習と内省の本質のケーススタディーに関する研究をテーマとしていました。
</p>
- <p>それ以来、新機能を追加しつつ、より良い拡張性及びパフォーマンスを改善した安定したシリーズが新たにリリースされてきました。</p>
+ <p>それ以来、新機能を追加しつつ、より良い拡張性およびパフォーマンスを改善した安定したシリーズが新たにリリースされてきました。</p>
<p>Moodleが広まり、コミュニティーが成長するにつれ、さらに異なる教育環境にいる様々な方からの情報が寄せられました。例えば、現在Moodleは大学で使用されるだけでなく、高校、小学校、非営利団体、会社における教師や自宅学習の保護者にも使用されています。増加しつつある世界中のユーザが様々な方法でMoodleに貢献しています。詳細は<a href="?file=credits.html">謝辞</a>をご覧ください。</p>
<p>Moodleプロジェクトの重要な特徴は、<a href="http://moodle.org" target="_top">moodle.org</a>にあります。このサイトは、情報を提供したり、システム管理者、教師、研究者、教育デザイナー、コース開発者を含むMoodleユーザの共同作業や議論の場となる中心的な存在です。Moodleのように、このサイトはコミュニティーの必要に応じて常に進化していますし、Moodleのように常に無料で利用できます。</p>
- <p>2003年、付加的な有償サポート、管理ホスティング、コンサルティング及びその他のサービスを提供するために、会社組織<a href="http://moodle.com/" target="_top">moodle.com</a>が設立されました。</p>
+ <p>2003年、付加的な有償サポート、管理ホスティング、コンサルティングおよびその他のサービスを提供するために、会社組織<a href="http://moodle.com/" target="_top">moodle.com</a>が設立されました。</p>
<p>Moodleに関する今後の計画は<a href="?file=future.html">未来</a>をご覧ください。</p>
</blockquote>
<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
Oops, something went wrong.

0 comments on commit 2d0daad

Please sign in to comment.