Skip to content
Browse files

polished.

  • Loading branch information...
1 parent 8fd10d1 commit 2f49e961af5124b01f55ef6bab9813490347d754 mits committed
View
2 lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 11, 2006
+LAST MODIFIED : January 12, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
2 lang/ja/auth.php
@@ -57,7 +57,7 @@
$string['auth_ldap_bind_pw'] = 'bindユーザ用のパスワード';
$string['auth_ldap_bind_settings'] = 'Bind設定';
$string['auth_ldap_contexts'] = 'ユーザが配置されているコンテキスト一覧です。異なるコンテキストは「;」で分けてください。例 \'ou=users,o=org; ou=others,o=org\'';
-$string['auth_ldap_create_context'] = 'ユーザ作成をメールによる認証で行う場合、ユーザが作成されるコンテキストを特定してください。セキュリティの観点から、このコンテキストは各ユーザ毎に異なるものでなければなりません。Moodleが自動的にコンテキストからユーザを探しますので、ldap_context-vaiableをこのコンテキストに追加する必要はありません。<br /><b>注意!</b> ユーザ作成を動作させるために、auth/ldap/lib.phpファイルのauth_user_create() 関数を修正してください。';
+$string['auth_ldap_create_context'] = 'ユーザ作成をメールによる認証で行う場合、ユーザが作成されるコンテキストを特定してください。セキュリティの観点から、このコンテキストは各ユーザごとに異なるものでなければなりません。Moodleが自動的にコンテキストからユーザを探しますので、ldap_context-vaiableをこのコンテキストに追加する必要はありません。<br /><b>注意!</b> ユーザ作成を動作させるために、auth/ldap/lib.phpファイルのauth_user_create() 関数を修正してください。';
$string['auth_ldap_creators'] = 'メンバーが新しいコースの作成を許されているグループのリストです。複数のグループは「;」で分けられています。通常は\'cn=teachers,ou=staff,o=myorg\'のようになります。';
$string['auth_ldap_expiration_desc'] = 'パスワードチェックの有効期限を無効にする場合、またはLDAPがLDAPサーバから直接passwordexpirationを参照する場合は、「No」を選択してください。';
$string['auth_ldap_expiration_warning_desc'] = 'パスワードの有効期限切れを警告するまでの日数を入力してください。';
View
2 lang/ja/help/uploadgroups.html
@@ -16,7 +16,7 @@
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">description, picture, hidepicture</font></p>
</blockquote>
</li>
- <li>データ中のカンマは&amp;#44にエンコードされます - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
+ <li>データ中のカンマは &amp;#44 にエンコードしてください - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
<li>論理型フィールドには false の場合 0 を、true の場合 1 を設定してください。</li>
<li>idnumber または coursename のどちらかがコースの確認に使用されます。idnumber は、coursename に優先します。どちらも指令されていない場合、グループは現在のコースに追加されます。</li>
<li>Coursenameはコースの省略名です。</li>
View
4 lang/ja/help/uploadusers.html
@@ -18,9 +18,9 @@
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, icq, phone1, phone2, address, url, description, mailformat, maildisplay, htmleditor, autosubscribe, course1, course2, course3, course4, course5, group1, group2, group3, group4, group5, type1, type2, type3, type4, type5</font></p>
</blockquote>
</li>
- <li>データ中のカンマは &amp;#44 にエンコードしてください - スクリプトが自動的にエンコードされたものをカンマにデコードします。</li>
+ <li>データ中のカンマは &amp;#44 にエンコードしてください - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
<li>論理型フィールドには、false の場合 0 を、true の場合 1 を設定してください。</li>
- <li>一致するコースが存在する場合、type はユーザが学生か教師か通知するために使用されます ( 例 type2はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。type が空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
+ <li>一致するコースが存在する場合、type はユーザが学生か教師か通知するために使用されます ( 例 type2 はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。type が空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
<li>course には、コースの省略名を使用してください。</li>
<li>注意: ユーザが既にMoodleデータベースに登録されている場合、このスクリプトはユーザID ( データベースインデックス ) を返し、他のフィールドを更新せずに、ユーザを指定されたコースに学生として登録します。</li>
</ul>
View
2 lang/ja_utf8/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 11, 2006
+LAST MODIFIED : January 12, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
2 lang/ja_utf8/auth.php
@@ -57,7 +57,7 @@
$string['auth_ldap_bind_pw'] = 'bindユーザ用のパスワード';
$string['auth_ldap_bind_settings'] = 'Bind設定';
$string['auth_ldap_contexts'] = 'ユーザが配置されているコンテキスト一覧です。異なるコンテキストは「;」で分けてください。例 \'ou=users,o=org; ou=others,o=org\'';
-$string['auth_ldap_create_context'] = 'ユーザ作成をメールによる認証で行う場合、ユーザが作成されるコンテキストを特定してください。セキュリティの観点から、このコンテキストは各ユーザ毎に異なるものでなければなりません。Moodleが自動的にコンテキストからユーザを探しますので、ldap_context-vaiableをこのコンテキストに追加する必要はありません。<br /><b>注意!</b> ユーザ作成を動作させるために、auth/ldap/lib.phpファイルのauth_user_create() 関数を修正してください。';
+$string['auth_ldap_create_context'] = 'ユーザ作成をメールによる認証で行う場合、ユーザが作成されるコンテキストを特定してください。セキュリティの観点から、このコンテキストは各ユーザごとに異なるものでなければなりません。Moodleが自動的にコンテキストからユーザを探しますので、ldap_context-vaiableをこのコンテキストに追加する必要はありません。<br /><b>注意!</b> ユーザ作成を動作させるために、auth/ldap/lib.phpファイルのauth_user_create() 関数を修正してください。';
$string['auth_ldap_creators'] = 'メンバーが新しいコースの作成を許されているグループのリストです。複数のグループは「;」で分けられています。通常は\'cn=teachers,ou=staff,o=myorg\'のようになります。';
$string['auth_ldap_expiration_desc'] = 'パスワードチェックの有効期限を無効にする場合、またはLDAPがLDAPサーバから直接passwordexpirationを参照する場合は、「No」を選択してください。';
$string['auth_ldap_expiration_warning_desc'] = 'パスワードの有効期限切れを警告するまでの日数を入力してください。';
View
2 lang/ja_utf8/help/uploadgroups.html
@@ -16,7 +16,7 @@
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">description, picture, hidepicture</font></p>
</blockquote>
</li>
- <li>データ中のカンマは&amp;#44にエンコードされます - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
+ <li>データ中のカンマは &amp;#44 にエンコードしてください - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
<li>論理型フィールドには false の場合 0 を、true の場合 1 を設定してください。</li>
<li>idnumber または coursename のどちらかがコースの確認に使用されます。idnumber は、coursename に優先します。どちらも指令されていない場合、グループは現在のコースに追加されます。</li>
<li>Coursenameはコースの省略名です。</li>
View
4 lang/ja_utf8/help/uploadusers.html
@@ -18,9 +18,9 @@
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, icq, phone1, phone2, address, url, description, mailformat, maildisplay, htmleditor, autosubscribe, course1, course2, course3, course4, course5, group1, group2, group3, group4, group5, type1, type2, type3, type4, type5</font></p>
</blockquote>
</li>
- <li>データ中のカンマは &amp;#44 にエンコードしてください - スクリプトが自動的にエンコードされたものをカンマにデコードします。</li>
+ <li>データ中のカンマは &amp;#44 にエンコードしてください - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
<li>論理型フィールドには、false の場合 0 を、true の場合 1 を設定してください。</li>
- <li>一致するコースが存在する場合、type はユーザが学生か教師か通知するために使用されます ( 例 type2はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。type が空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
+ <li>一致するコースが存在する場合、type はユーザが学生か教師か通知するために使用されます ( 例 type2 はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。type が空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
<li>course には、コースの省略名を使用してください。</li>
<li>注意: ユーザが既にMoodleデータベースに登録されている場合、このスクリプトはユーザID ( データベースインデックス ) を返し、他のフィールドを更新せずに、ユーザを指定されたコースに学生として登録します。</li>
</ul>

0 comments on commit 2f49e96

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.