Browse files

polished.

  • Loading branch information...
1 parent f4ba785 commit 331c615a8cac728fca1e048d61ed0657742536d1 mits committed Jan 11, 2006
Showing with 18 additions and 18 deletions.
  1. +9 −9 lang/ja/help/uploadusers.html
  2. +9 −9 lang/ja_utf8/help/uploadusers.html
View
18 lang/ja/help/uploadusers.html
@@ -1,32 +1,32 @@
<p align="center"><b>ユーザのアップロード</b></p>
-<p>まず、<strong>通常は大量のユーザをインポートする必要が無いことに</strong>注意してください - インポートが正常に行えるように最初に認証フォームをチェックしてください。認証フォームが外部データベースに接続していたり、ユーザがアカウントを作成できるようにしている場合、後で手動によるメンテナンスが必要になります。 詳細は管理メニューの認証セクションをご覧ください。</p>
-<p>本当にテキストファイルから複数のユーザアカウントをインポートしたい場合は、テキストファイルを次のフォーマットにする必要があります:</p>
+<p>最初に、<strong>通常は大量ユーザをインポートする必要はありません</strong> - まず、インポートが正常に行えるように認証フォームをチェックしてください。認証フォームが外部データベースに接続していたり、ユーザがアカウントを作成できるようにしている場合、後で手動によるメンテナンスが必要になります。 詳細は管理メニューの認証セクションをご覧ください。</p>
+<p>本当にテキストファイルから複数のユーザアカウントをインポートしたい場合、テキストファイルを次のフォーマットにしてください:</p>
<ul>
<li>ファイルの各行に1レコードを記述します。</li>
<li>それぞれのレコードをカンマで区切ります。</li>
<li>最初のレコードは特別な意味を持ち、フィールド名一覧を記述します。 これは残りのレコードフォーマットを定義します。
<blockquote>
- <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
+ <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザごとに定義する必要があります。</p>
<p></p>
<font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email</font></p>
</p>
- <p><strong>デフォルト フィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合は管理者による初期値が使用されます。</p>
+ <p><strong>デフォルトフィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合、管理者による初期値が使用されます。</p>
<p><font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">institution, department, city, country, lang, auth, timezone</font></p>
- <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。courseはコースの「コース省略名」です - 記述されている場合、学生はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは、対応するcourseに関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
+ <p><strong>オプションフィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。course は、コースの「コース省略名」です - 記述されている場合、学生はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは、対応する course に関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, icq, phone1, phone2, address, url, description, mailformat, maildisplay, htmleditor, autosubscribe, course1, course2, course3, course4, course5, group1, group2, group3, group4, group5, type1, type2, type3, type4, type5</font></p>
</blockquote>
</li>
<li>データ中のカンマは&amp;#44にエンコードされます - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
- <li>論理型フィールドにはfalseの場合0を、trueの場合1を使用してください。</li>
- <li>一致するコースが存在する場合、typeはユーザが学生か教師かを通知するために使用されます ( 例 type2はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。typeが空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
- <li>courseには、コースの省略名を使用してください。</li>
+ <li>論理型フィールドには、false の場合 0 を、true の場合 1 を設定してください。</li>
+ <li>一致するコースが存在する場合、type はユーザが学生か教師か通知するために使用されます ( 例 type2はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。type が空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
+ <li>course には、コースの省略名を使用してください。</li>
<li>注意: ユーザが既にMoodleデータベースに登録されている場合、このスクリプトはユーザID ( データベースインデックス ) を返し、他のフィールドを更新せずに、ユーザを指定されたコースに学生として登録します。</li>
</ul>
-<p>正しいインポートファイルの例です:</p>
+<p>下記は有効なインポートファイルの例です:</p>
<p><font size="-1" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email, lang, idnumber, maildisplay, course1, group1, type1<br />
jonest, verysecret, Tom, Jones, jonest@someplace.edu, en, 3663737, 1, Intro101, Section 1, 1<br />
reznort, somesecret, Trent, Reznor, reznort@someplace.edu, en_us, 6736733, 0, Advanced202, Section 3, 3</font></p>
View
18 lang/ja_utf8/help/uploadusers.html
@@ -1,32 +1,32 @@
<p align="center"><b>ユーザのアップロード</b></p>
-<p>まず、<strong>通常は大量のユーザをインポートする必要が無いことに</strong>注意してください - インポートが正常に行えるように最初に認証フォームをチェックしてください。認証フォームが外部データベースに接続していたり、ユーザがアカウントを作成できるようにしている場合、後で手動によるメンテナンスが必要になります。 詳細は管理メニューの認証セクションをご覧ください。</p>
-<p>本当にテキストファイルから複数のユーザアカウントをインポートしたい場合は、テキストファイルを次のフォーマットにする必要があります:</p>
+<p>最初に、<strong>通常は大量ユーザをインポートする必要はありません</strong> - まず、インポートが正常に行えるように認証フォームをチェックしてください。認証フォームが外部データベースに接続していたり、ユーザがアカウントを作成できるようにしている場合、後で手動によるメンテナンスが必要になります。 詳細は管理メニューの認証セクションをご覧ください。</p>
+<p>本当にテキストファイルから複数のユーザアカウントをインポートしたい場合、テキストファイルを次のフォーマットにしてください:</p>
<ul>
<li>ファイルの各行に1レコードを記述します。</li>
<li>それぞれのレコードをカンマで区切ります。</li>
<li>最初のレコードは特別な意味を持ち、フィールド名一覧を記述します。 これは残りのレコードフォーマットを定義します。
<blockquote>
- <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
+ <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザごとに定義する必要があります。</p>
<p></p>
<font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email</font></p>
</p>
- <p><strong>デフォルト フィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合は管理者による初期値が使用されます。</p>
+ <p><strong>デフォルトフィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合、管理者による初期値が使用されます。</p>
<p><font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">institution, department, city, country, lang, auth, timezone</font></p>
- <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。courseはコースの「コース省略名」です - 記述されている場合、学生はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは、対応するcourseに関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
+ <p><strong>オプションフィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。course は、コースの「コース省略名」です - 記述されている場合、学生はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは、対応する course に関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, icq, phone1, phone2, address, url, description, mailformat, maildisplay, htmleditor, autosubscribe, course1, course2, course3, course4, course5, group1, group2, group3, group4, group5, type1, type2, type3, type4, type5</font></p>
</blockquote>
</li>
<li>データ中のカンマは&amp;#44にエンコードされます - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
- <li>論理型フィールドにはfalseの場合0を、trueの場合1を使用してください。</li>
- <li>一致するコースが存在する場合、typeはユーザが学生か教師かを通知するために使用されます ( 例 type2はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。typeが空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
- <li>courseには、コースの省略名を使用してください。</li>
+ <li>論理型フィールドには、false の場合 0 を、true の場合 1 を設定してください。</li>
+ <li>一致するコースが存在する場合、type はユーザが学生か教師か通知するために使用されます ( 例 type2はコース2に一致 )。1 = 学生、2 = 編集権限のある教師、そして 3 = 編集権限の無い教師です。type が空白のまま、またはコースが指定されていない場合、ユーザはデフォルトで学生に割り当てられます。</li>
+ <li>course には、コースの省略名を使用してください。</li>
<li>注意: ユーザが既にMoodleデータベースに登録されている場合、このスクリプトはユーザID ( データベースインデックス ) を返し、他のフィールドを更新せずに、ユーザを指定されたコースに学生として登録します。</li>
</ul>
-<p>正しいインポートファイルの例です:</p>
+<p>下記は有効なインポートファイルの例です:</p>
<p><font size="-1" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email, lang, idnumber, maildisplay, course1, group1, type1<br />
jonest, verysecret, Tom, Jones, jonest@someplace.edu, en, 3663737, 1, Intro101, Section 1, 1<br />
reznort, somesecret, Trent, Reznor, reznort@someplace.edu, en_us, 6736733, 0, Advanced202, Section 3, 3</font></p>

0 comments on commit 331c615

Please sign in to comment.