Permalink
Browse files

Polished.

Translated a new help file for upload group.
  • Loading branch information...
1 parent 2978171 commit 3a62b681aa3b96556c877505d590e56934e7a8f0 mits committed Nov 8, 2005
@@ -0,0 +1,31 @@
+<p align="center"><b>グループのアップロード</b></p>
+
+<p>この機能によりグループの一括アップロードを行うことができます。</p>
+<ul>
+ <li>ファイルの各行に1レコードを記述します。</li>
+ <li>それぞれのレコードをカンマで区切ります。</li>
+ <li>最初のレコードは特別な意味を持ち、フィールド名一覧を記述します。 これは残りのレコードフォーマットを定義します。
+ <blockquote>
+ <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
+ <p></p>
+ <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">groupname</font></p>
+</p>
+ <p><strong>デフォルト フィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合、現在の言語またはコースより値が取得されます。</p>
+ <p><font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, coursename, lang</font> </p>
+ <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。</p>
+ <p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">description, picture, hidepicture</font></p>
+ </blockquote>
+ </li>
+ <li>データ中のカンマは&amp;#44にエンコードされます - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
+ <li>論理型フィールドにはfalseの場合0を、trueの場合1を使用してください。</li>
+ <li>idnumberまたはcoursenameのどちらかがコースの確認に使用されます。idnumberは、coursenameに優先します。どちらも指令されていない場合、グループは現在のコースに追加されます。</li>
+ <li>Coursenameはコースの省略名です。</li>
+ <li>注意: グループが既にMoodleデータベースに登録されている場合、このスクリプトはグループのグループ名を返します。
+ 教師は、編集権限のあるコースにのみグループをアップロードすることができます。</li>
+</ul>
+<p>正しいインポートファイルの例です:</p>
+<p><font size="-1" face="Courier New, Courier, mono"></font>groupname,idnumber,lang,description,picture <br />
+group1, Phil101, en, this group requires extra attention!, 0 <br />
+group2, Math243, , ,
+</font>
+</p>
@@ -8,13 +8,13 @@
<li>それぞれのレコードをカンマで区切ります。</li>
<li>最初のレコードは特別な意味を持ち、フィールド名一覧を記述します。 これは残りのレコードフォーマットを定義します。
<blockquote>
- <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコード記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
+ <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
<p></p>
<font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email</font></p>
</p>
<p><strong>デフォルト フィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合は管理者による初期値が使用されます。</p>
<p><font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">institution, department, city, country, lang, auth, timezone</font></p>
- <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。courseはコースの「コース省略名」です - 記述されている場合は、生徒はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは対応するcourseに関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
+ <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。courseはコースの「コース省略名」です - 記述されている場合、学生はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは、対応するcourseに関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, icq, phone1, phone2, address, url, description, mailformat, maildisplay, htmleditor, autosubscribe, course1, course2, course3, course4, course5, group1, group2, group3, group4, group5, type1, type2, type3, type4, type5</font></p>
</blockquote>
</li>
@@ -0,0 +1,31 @@
+<p align="center"><b>グループのアップロード</b></p>
+
+<p>この機能によりグループの一括アップロードを行うことができます。</p>
+<ul>
+ <li>ファイルの各行に1レコードを記述します。</li>
+ <li>それぞれのレコードをカンマで区切ります。</li>
+ <li>最初のレコードは特別な意味を持ち、フィールド名一覧を記述します。 これは残りのレコードフォーマットを定義します。
+ <blockquote>
+ <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
+ <p></p>
+ <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">groupname</font></p>
+</p>
+ <p><strong>デフォルト フィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合、現在の言語またはコースより値が取得されます。</p>
+ <p><font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, coursename, lang</font> </p>
+ <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。</p>
+ <p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">description, picture, hidepicture</font></p>
+ </blockquote>
+ </li>
+ <li>データ中のカンマは&amp;#44にエンコードされます - エンコードされたものをスクリプトが自動的にカンマにデコードします。</li>
+ <li>論理型フィールドにはfalseの場合0を、trueの場合1を使用してください。</li>
+ <li>idnumberまたはcoursenameのどちらかがコースの確認に使用されます。idnumberは、coursenameに優先します。どちらも指令されていない場合、グループは現在のコースに追加されます。</li>
+ <li>Coursenameはコースの省略名です。</li>
+ <li>注意: グループが既にMoodleデータベースに登録されている場合、このスクリプトはグループのグループ名を返します。
+ 教師は、編集権限のあるコースにのみグループをアップロードすることができます。</li>
+</ul>
+<p>正しいインポートファイルの例です:</p>
+<p><font size="-1" face="Courier New, Courier, mono"></font>groupname,idnumber,lang,description,picture <br />
+group1, Phil101, en, this group requires extra attention!, 0 <br />
+group2, Math243, , ,
+</font>
+</p>
@@ -8,13 +8,13 @@
<li>それぞれのレコードをカンマで区切ります。</li>
<li>最初のレコードは特別な意味を持ち、フィールド名一覧を記述します。 これは残りのレコードフォーマットを定義します。
<blockquote>
- <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコード記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
+ <p><strong>必須フィールド名:</strong> これらのフィールドは最初のレコードに記述し、ユーザ毎に定義する必要があります。</p>
<p></p>
<font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">username, password, firstname, lastname, email</font></p>
</p>
<p><strong>デフォルト フィールド名:</strong> これらは任意です - レコードに記述されない場合は管理者による初期値が使用されます。</p>
<p><font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">institution, department, city, country, lang, auth, timezone</font></p>
- <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。courseはコースの「コース省略名」です - 記述されている場合は、生徒はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは対応するcourseに関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
+ <p><strong>オプション フィールド名: </strong>これらは全て完全に任意です。courseはコースの「コース省略名」です - 記述されている場合、学生はこれらのコースに自動的に登録されます。groupは、対応するcourseに関連付ける必要があります。例 group1 → course1</p>
<p> <font color="#990000" face="Courier New, Courier, mono">idnumber, icq, phone1, phone2, address, url, description, mailformat, maildisplay, htmleditor, autosubscribe, course1, course2, course3, course4, course5, group1, group2, group3, group4, group5, type1, type2, type3, type4, type5</font></p>
</blockquote>
</li>

0 comments on commit 3a62b68

Please sign in to comment.