Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Browse files

Polished and translated files added.

  • Loading branch information...
commit 46d8457b5275a91240cb8b45f17585a2bbd8d6df 1 parent 0a307f2
mits authored
View
4 lang/ja/README
@@ -1,6 +1,6 @@
Moodle Japanese Translation
------------------------
-Last Modify: September 21, 2004
+Last Modify: September 22, 2004
[Translators]
Mitsuhiro Yoshida(http://mitstek.com/)
@@ -17,5 +17,5 @@ Takahiro Kagoya(https://manabi.jin-ai.ac.jp/moodle/)
All files are written in EUC-JP.
Any suggestion for Japanese version, please feel free to contact Mitsuhiro Yoshida.
-You can download newest ja files from:
+You can download newest Japanese language pack from:
http://moodle.org/download/lang/
View
15 lang/ja/help/resource/index.html
@@ -1,7 +1,14 @@
<p>リソースモジュール</p>
<ul>
- <li><a href="help.php?module=resource&file=resourcetype.html">リソースタイプ</a>
- <li><a href="help.php?module=resource&file=summary.html">リソースの概要</a>
- <li><a href="help.php?module=resource&file=program.html">プログラムリソース</a>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=summary.html">サマリー</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=types.html">リソースタイプ</a></li>
+ <ul>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=type/text.html">テキストページ</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=type/html.html">HTMLページ</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=type/file.html">ファイル及びウェブページ</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=type/directory.html">ディレクトリ</a></li>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=type/label.html">ラベル</a></li>
+ </ul>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=parameters.html">パラメータ</a>
+ <li><a href="help.php?module=resource&file=window.html">ウインドウ設定</a>
</ul>
-
View
10 lang/ja/help/resource/mods.html
@@ -1,6 +1,4 @@
-<P><IMG VALIGN=absmiddle SRC="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/resource/icon.gif">&nbsp;<B>リソース</B></P>
-<UL>
-<P>リソースは、教師がコースに使用したい情報コンテンツです。リソースはコース用のサーバにアップロード、
-Moodle内のページを直接編集、コースの一部として外部のウェブページを表示する形で準備されます。</P>
-</UL>
-
+<p><img valign="middle" src="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/resource/icon.gif">&nbsp;<b>リソース</b></p>
+<ul>
+<p>リソースは、教師がコースに使用したい情報コンテンツです。コース用のサーバにアップロード、Moodle内のページを直接編集、コースの一部として外部のウェブページを表示する形で準備することができます。</p>
+</ul>
View
9 lang/ja/help/resource/parameters.html
@@ -0,0 +1,9 @@
+<p align="center"><b>リソースパラメータ</b></p>
+
+<p>パラメータ設定は完全に任意的なもので、Moodleの情報をリソースファイルやウェブサイトに渡したい時のみ有用です。</p>
+
+<p>パラメータを定義した場合、リソースにURL(GETメソッドを使用)の一部として渡されます。</p>
+
+<p>左の欄では渡したい情報を選択して、右の欄には選択した情報に付ける名前を入力します。</p>
+
+<p>注意: ユーザ情報はリソースを閲覧しているユーザの情報であり、コース情報はリソースが設置されているコースのものです。</p>
View
15 lang/ja/help/resource/program.html
@@ -1,15 +0,0 @@
-<P ALIGN=CENTER><B>プログラムリソース</B></P>
-
-<p>プログラムリソースはMoodleからデータを受取ることのできる外部リソースです。</p>
-
-<p>データはHTTP GET(URLの一部として)で渡され、次の内容を含みます:</p>
-
-<ul>
-<li>extern_nav: リソースが呼ばれるURL
-<li>extern_usr: 現在のユーザ名
-<li>extern_nam: 現在のユーザのフルネーム
-<li>extern_tim: 現在時刻
-<li>extern_pwd: ユニークパスワード
-</ul>
-
-<p>All this is due to be revised sometime in the near future.</p>
View
19 lang/ja/help/resource/resourcetype.html
@@ -1,19 +0,0 @@
-<P ALIGN=CENTER><B>リソースタイプ</B></P>
-
-<P>リソースはどのようなものでも使用できます。どのようにアクセスするのかここで決めてください。
-
-<P><B>プレインテキスト</B> - もっとも簡単なタイプです。ページのフォームを使って入力(編集)することができます。テキストはフォーラムへの投稿のように自動的に整形されます。詳細は<a href="help.php?file=text.html">オートフォーマットテキスト</a>をご覧ください。</p>
-
-<P><B>HTMLテキスト</B> - 上級ユーザ向けです。テキストの整形は自動的に行われませんので、HTMLコードを使って手動で行ってください。詳細は<a href="help.php?file=html.html">HTMLテキスト</a>をご覧ください。</p>
-
-<P><B>参考文献</B> - 論文や著書等の学術的な文献です。
-
-<P><B>ファイル</B> - あなたがアップロードしたファイルが表示されます。「ファイル」セクションをご覧ください。
-
-<P><B>リンク</B> - ホームページのURLです。URLをクリックした場合、コース外部へ移動します。(あなたが設定したホームページはブラウザのウィンドウ全体に表示されます)
-
-<P><B>ウェブページ</B> - ホームページのURLです。 リンクと同じようにホームページが表示されます。リンクと異なる点は、ホームページがコースに取込まれたようにフレーム内に表示されるところです。
-
-<P><B>プログラム</B> - Moodleのユーザとコースに関する情報を渡す外部プログラムです。このことで外部ウェブアプリケーションがMoodleと連携することができます。詳細は<a href="help.php?file=program.html&module=resource">プログラムリソース</a>をご覧ください。</p>
-
-<p><b>Wikiテキスト</b> - HTMLに関して学ぶ必要が無く、プレインテキストよりも多くのフォーマットを使用することができます。プレインテキストの入力に多くのフォーマット文字を含ませて(例 *太字です* /強調です/)、簡単に複雑なフォーマットを作成することができます。詳細は<a href="help.php?file=wiki.html">Wikiテキスト</a>をご覧ください。</p>
View
8 lang/ja/help/resource/summary.html
@@ -1,7 +1,7 @@
-<P ALIGN=CENTER><B>リソースの概要</B></P>
+<p align="center"><b>サマリー</b></p>
-<P>リソースの概要はリソースに関する短い説明です。
+<p>サマリーは、リソースに関する短い説明です。これは、メタデータと考えることができます。</p>
-<P>多くの説明文を書いたり、リソースそのものをここにコピーしないでください!
+<p>いくつかのリソース表示オプションでは、サマリーはリソース自体に並んで表示されますし、そうでなければ、学生が簡単に特定のリソースを見つけることができるように、リソースインデックスページに表示されます。</p>
-<P>次のページでリソースの内容に関して明記することができます。
+<p>多くの文章をここに書いたり、リソース自体を含ませないでください!</p>
View
4 lang/ja/help/resource/type/directory.html
@@ -0,0 +1,4 @@
+<p><b>ディレクトリ</b></p>
+<ul>
+<p>ディレクトリリソースは、あなたのコースファイルエリアよりディレクトリ全体(及びサブディレクトリ)を表示することができます。学生はこれらのファイルを閲覧及び表示することができます。</p>
+</ul>
View
11 lang/ja/help/resource/type/file.html
@@ -0,0 +1,11 @@
+<p><b>ファイル及びウェブページ</b></p>
+
+<ul>
+<p>このリソースタイプでは、あらゆるウェブページまたは公共のウェブページにある他のファイルにリンクを張ることができます。また、あなたのデスクトップコンピュータから、コースファイルエリアにアップロードされたウェブページやファイルにもリンクを張ることができます。</p>
+
+<p>マルチメディアファイルがより知的に取り扱われ、ウェブページに埋め込まれるのに対して、一般のウェブページはそのままの形で表示されます。例えば、MP3ファイルは内蔵されているストリームプレイヤーで表示され、Flashアニメーションも同じように表示されます。</p>
+
+<p>ポップアップウインドウ、フレームウインドウ等、にあなたのコンテンツを表示する沢山のオプションがあります。</p>
+
+<p>特に、あなたのリソースがウェブアプリケーションまたはパラメータを受け取ることができる他のタイプのコンテンツの場合、ユーザ名、メールアドレス、参加中のコース等の情報を選択して送信することもできます。</p>
+</ul>
View
7 lang/ja/help/resource/type/html.html
@@ -0,0 +1,7 @@
+<p><b>HTMLページ</b></p>
+
+<ul>
+<p>この種のリソースでは、特にMoodleのWYSIWYG HTMLエディタを使用する場合、完全に単一のウェブページを作成することが簡単にできます。</p>
+
+<p>ページは、ファイルでは無くデータベースに保存され、javascriptの記述を含む、HTMLに関するほとんどのことを自由に行うことができます。</p>
+</ul>
View
5 lang/ja/help/resource/type/label.html
@@ -0,0 +1,5 @@
+<p><b>ラベル</b></p>
+
+<ul>
+<p>ラベルは、テキストやイメージとしてコースページ内の他の活動リンクと共に実際に設置される点で、他のリソースと若干異なります。</p>
+</ul>
View
10 lang/ja/help/resource/type/text.html
@@ -0,0 +1,10 @@
+<p><b>テキストページ</b></p>
+
+<ul>
+<p>このタイプのリソースは、プレインテキストを使用して記述されるシンプルなページです。</p>
+
+<p>プレインテキストのページを、見栄えの良いウェブページに変える様々なフォーマットタイプを使用することができます。</p>
+
+<p align="right"><a href="help.php?module=moodle&file=textformat.html">テキストフォーマットの詳細はこちら</a></p>
+
+</ul>
View
3  lang/ja/help/resource/types.html
@@ -0,0 +1,3 @@
+<p align="center"><b>リソースタイプ</b></p>
+
+<p>Moodleでは、様々なタイプの異なるリソースをサポートします。あらゆる種類のウェブコンテンツをあなたのコースに追加することができます。</p>
View
49 lang/ja/help/resource/window.html
@@ -0,0 +1,49 @@
+<p align="center"><b>ウインドウ設定</b></p>
+
+<p>これらの設定は、「設定を表示」「設定を隠す」ボタンのクリックにより、表示/非表示にすることができます。</p>
+
+<p>通常、リソースはトップフレームにあるMoodleナビゲーションコントロールと共に、標準的なフレームウインドウに表示されます。選択により、このフレームを取り除いて標準的なウェブページのように画面一杯に表示させることができます。</p>
+
+<p>しかし、あなたが望む場合、次の手順に従ってリソースを新しいポップアップウインドウに表示させることができます:</p>
+
+<ol>
+ <li><b>ウインドウ:</b>セクションで、「新しいウインドウ」を選択します。</li>
+ <li>使用したくないオプションのチェックを外してください。<br />
+
+<blockquote>
+ <b>ウインドウのリサイズを許可?</b>
+ <p>このオプションを選択することにより、ユーザはあなたが指定したウインドウサイズを変更することができます。このオプションは常に選択してください。しかし、リソースが固定サイズの場合もありますので、その場合はこのオプションを選択しないことも理解できます。</p>
+
+ <b>ウインドウのスクロールを許可?</b>
+ <p>このオプションを選択することにより、ユーザはリソース全てを見るためにウインドウをスクロールすることができます。
+ このオプションのチェックを外した場合、ユーザは指定されたウインドウサイズに表示されるリソースのみを見ることができ、残りの部分をスクロールして見ることはできません。</p>
+
+ <b>ディレクトリリンクを表示?</b>
+ <p>ユーザはウインドウ内にディレクトリリンクを見ることができます。ディレクトリリンクはブラウザによって異なります: リンクバー(IE)、お気に入りバーまたはブックマークバー(Mozilla/Firefox)として知られています。
+ </p>
+
+ <b>ロケーションバーを表示?</b>
+ <p>リソースのURL(ウェブアドレス)をユーザに見せたいですか? そうでしたら、このオプションをチェックしたままにしてください。そうでなければ、リソースのロケーションは隠されます。</p>
+
+ <b>メニューバーを表示r?</b>
+ <p>このウインドウ内でユーザにメニューバーにアクセスさせたい場合は、このオプションをチェックしたままにしてください。一般的にはこれは便利ですが、グラフィックを使用したプレゼンテーションは、メニューバーが無い方が見栄えが良くなります。</p>
+
+ <b>ツールバーを表示?</b>
+ <p>ツールバーを表示させることによって、戻る/進む、ホーム、画面の更新ボタンを使ってユーザがより簡単にブラウザの操作を行うことができます。</p>
+
+ <b>ステータスバーを表示?</b>
+ <p>ステータスバーを表示することにより、どれくらいのリソースがロード状況、セキュリティー情報等のブラウザ情報を監視することができます。</p>
+
+</blockquote>
+
+ <li>開きたいウインドウサイズを決定する。<br />
+
+<blockquote>
+ <p>多くの人が、今も平均的な800x600の解像度のモニタを使用しています。
+ ほとんどの場合、高さ600x幅480のように若干小さめのウインドウサイズを指定するのが一番良いでしょう。</p>
+
+ <p>この値を空白にした場合、新しいポップアップウインドウはクリックするウインドウと全く同じサイズで表示されます。</p>
+
+</blockquote>
+</li>
+</ol>
View
178 lang/ja/pgassignment.php
@@ -1,178 +0,0 @@
-<?PHP // $Id$
- // pgassignment.php - created with Moodle 1.0.9 development (2003042801)
-
-
-$string['absent'] = "欠席";
-$string['acceptance'] = "受領";
-$string['acceptassessment'] = "この評価で満足ですか?";
-$string['acceptedgrades'] = "受入れ済み評価 (\$a)";
-$string['addamendassessmentelements'] = "評価要素の追加/修正";
-$string['afterdeadline'] = "提出日より \$a 日経過";
-$string['allgradeshaveamaximumof'] = "全ての評価の最大値は \$a です";
-$string['allocatedon'] = "割り当て";
-$string['allocatesubmissions'] = "学生に課題を割当てる";
-$string['allocationsincludegoodandbad'] = "学生への割当ては、少なくとも1つの良い課題と1つの悪い課題を含みます";
-$string['allowsubmissions'] = "学生に提出を許可する";
-$string['allthecommentsfor'] = "全てのコメント";
-$string['amendassessmentelements'] = "評価要素を修正";
-$string['anonymous'] = "相互評価を匿名で行う";
-$string['assignmentawaitinggrading'] = "評価待ち課題 (締切日 \$a)";
-$string['assignmenthasbeengraded'] = "課題は評価されました";
-$string['assignmentsgivento'] = "評価のため \$a に与えられた課題";
-$string['averagegrade'] = "平均評価は \$a です";
-$string['awaitingregrading'] = "再評価待ち (反復回数 \$a)";
-$string['beforedeadline'] = "提出日まで \$a 日";
-$string['biasgrade'] = "バイアス評価";
-$string['breakdownoffinalgrade'] = "最終評価に関する説明";
-$string['calculatefinalgrades'] = "最終評価を計算する";
-$string['calculationofthefinalgrade'] = "最終評価の計算";
-$string['checkallocation'] = "課題割当て状況を確認中...";
-$string['commentsby'] = "\$a によるコメント";
-$string['completedon'] = "\$a のコメント";
-$string['deadlineforgradingis'] = "評価の期限は \$a です";
-$string['deadlineforpeergradingreached'] = "相互評価の締切日になりました";
-$string['deadlineforsubmissionis'] = "提出期限は \$a です";
-$string['deadlineis'] = "提出日は \$a です";
-$string['displayfinalgrades'] = "最終評価を表示する";
-$string['displaygradefromteacher'] = "教師の評価を表示する";
-$string['displaygrading'] = "評価を表示する";
-$string['displayoffinalgrades'] = "最終評価の表示";
-$string['displayofgrades'] = "評価の表示タイミング";
-$string['doallocation'] = "学生に対する課題の割当てを続けますか?";
-$string['dontshowgrades'] = "コメントが承認された時のみ評価を表示する";
-$string['editingassessmentelements'] = "評価要素の編集";
-$string['element'] = "評価要素";
-$string['elements'] = "要素";
-$string['elementweight'] = "要素比重";
-$string['feedbackgoeshere'] = "ここにフィードバックが表示されます";
-$string['finalgrade'] = "最終評価";
-$string['first'] = "最初";
-$string['generalcomment'] = "一般コメント";
-$string['gradecomments'] = "評価コメント";
-$string['graded'] = "他の学生による評価とフィードバック";
-$string['gradedawaitingacceptance'] = "評価済み、受領待ち (反復回数 \$a)";
-$string['gradedawaitingreply'] = "評価済み、返答待ち (\$a)";
-$string['gradedawaitingreplydeadline'] = "評価済み、返答待ち (締切日は \$a)";
-$string['gradedby'] = "\$a による評価";
-$string['gradeddate'] = "評価期限";
-$string['gradedon'] = "\$a に対する評価";
-$string['grades'] = "評価";
-$string['gradethissubmission'] = "この提出物を評価する";
-$string['gradethiswork'] = "この課題を評価する";
-$string['grading'] = "評価";
-$string['gradingaccepted'] = "\$a 回の反復後に受入れられた課題";
-$string['gradingacceptedon'] = "受入れられた評価";
-$string['gradingby'] = "\$a による評価";
-$string['gradingdetails'] = "評価詳細";
-$string['gradinggiventothissubmission'] = "この提出物に対する評価";
-$string['gradingperformance'] = "評価作業";
-$string['gradingrepliedtoon'] = "返答された評価";
-$string['gradingsdone'] = "評価済み(相互)";
-$string['includeself'] = "自分自身を評価者に加える";
-$string['includeteachersgrade'] = "教師の評価を相互評価に含める";
-$string['last'] = "最後";
-$string['makefinalgradesavailable'] = "最終評価を行う";
-$string['makefinalgradesunavailable'] = "最終評価を行わない";
-$string['managingpeerassignment'] = "相互評価課題の管理";
-$string['modulename'] = "相互評価課題";
-$string['modulenameplural'] = "相互評価課題";
-$string['newsubmission'] = "新しい提出物";
-$string['next'] = "";
-$string['noactiontakeninwrongphase'] = "未処理(悪い意味で)";
-$string['nopeergrades'] = "この提出物には評価はありません";
-$string['nosubmissionfrom'] = "\$a による提出物はありません";
-$string['nosubmissions'] = "受付済みの提出物はありません";
-$string['nosubmissionsgraded'] = "現在、評価済み提出物又は再評価済み提出物はありません";
-$string['nosubmissionstograde'] = "評価すべき提出物又は返答すべきコメントはありません";
-$string['nosubmissionstoremove'] = "削除する提出物はありません";
-$string['notavailable'] = "この課題は準備中ですので利用できません。";
-$string['notenoughmarked'] = "割当てによって少なくとも1つの良い課題と1つの悪い課題を含むことを確実にできる、十分明白な課題がありません";
-$string['noteonassessmentelements'] = "相互評価課題は数多くの「評価要素」により成立ちます。このことで評価を、
-<br />
-簡単且つ首尾一貫したものにすることができます。
-課題を学生に利用できる
-<br />
-ようにする前に、教師としてこれらの要素を追加しなければなりません。相互
-<br />
-評価課題をクリックして最初のオプション&quot;相互評価課題を管理する&quotメニュー
-<br />
-を選択して追加してください。
-";
-$string['notgraded'] = "他の学生によるフィードバックのみ、評価無し";
-$string['notyetassessedby'] = "\$a によってまだ評価されていません";
-$string['notyetgraded'] = "未評価";
-$string['notyetsubmitted'] = "未提出";
-$string['noworksubmittedforotherstograde'] = "他の人に評価してもらう課題は提出されていません";
-$string['numbermarked'] = "教師によって評価された課題数: \$a";
-$string['numberofallocations'] = "それぞれの学生によって評価された課題数: \$a";
-$string['numberofallocationsreduced'] = "それぞれの学生によって評価を下げられた課題数: \$a";
-$string['numberofassessmentelements'] = "評価要素数";
-$string['numberofassessors'] = "各課題に対する評価者(学生)の人数";
-$string['numberofpeerallocationstoolow'] = "高低課題を使うためには、相互割当て数は4つ又はそれ以上でなければなりません";
-$string['numberofstudents'] = "このコースに参加している学生数: \$a";
-$string['numberofsubmissions'] = "提出済み提出物の数: \$a";
-$string['overallpeergrade'] = "相互評価総計: \$a";
-$string['peerassessmentsalreadydisabled'] = "相互評価は既に停止されています";
-$string['peerassessmentsdisabled'] = "相互評価は停止されました";
-$string['peergrade'] = "相互評価";
-$string['peergrades'] = "相互評価";
-$string['phase'] = "段階";
-$string['present'] = "現在";
-$string['previous'] = "前の";
-$string['qualityofcomments'] = "コメントの質";
-$string['regradethissubmission'] = "この提出物を再評価する";
-$string['reliabilitygrade'] = "信頼度評価";
-$string['removeallocationsquestion'] = "学生に割当てられた提出物を本当に削除しても宜しいですか?";
-$string['removepeersubmissions'] = "相互提出物を学生から削除する";
-$string['reply'] = "返答";
-$string['returntopeergrading'] = "相互評価に戻る";
-$string['returntosubmissionpage'] = "提出ページに戻る";
-$string['savecommentgrades'] = "評価コメントを保存";
-$string['savemyassessment'] = "提出物を保存";
-$string['savemyreply'] = "返答を保存";
-$string['scale10'] = "10点中の得点";
-$string['scale100'] = "100点中の得点";
-$string['scale20'] = "20点中の得点";
-$string['scalecorrect'] = "2点 正解/不正解 評価";
-$string['scaleexcellent4'] = "4点 優秀/特に悪い 評価";
-$string['scaleexcellent5'] = "5点 優秀/特に悪い 評価";
-$string['scaleexcellent7'] = "7点 優秀/特に悪い 評価";
-$string['scalegood3'] = "3点 良い/悪い 評価";
-$string['scalepresent'] = "2点 出席/欠席 評価";
-$string['scaleyes'] = "2点 Yes/No 評価";
-$string['selfassessmentgivento'] = "\$a に対する自己評価";
-$string['showfeedback'] = "フィードバックを表示";
-$string['showgrades'] = "常にコメントと評価を表示する";
-$string['showgrading'] = "評価を表示する";
-$string['showstatus'] = "相互評価状況を表示";
-$string['skipback'] = "\$a 戻る";
-$string['skipforward'] = "\$a 進む";
-$string['specimengradingform'] = "サンプル評価フォーム";
-$string['stopsubmissions'] = "提出を中止する";
-$string['submissiondate'] = "提出期限";
-$string['submissionfrom'] = "#\$a 提出物";
-$string['submissions'] = "提出";
-$string['submissionsalreadyallowed'] = "提出は既に許可されています";
-$string['submissionsalreadystopped'] = "提出は既に中止されました";
-$string['submissionsawaitinggrading'] = "評価待ち提出物 (\$a)";
-$string['submissionsawaitingregrading'] = "再評価待ち提出物 (\$a)";
-$string['submittedby'] = "\$a による提出";
-$string['teacherscomments'] = "教師のコメント";
-$string['teachersgrade'] = "教師の評価";
-$string['teachersgradeis'] = "教師の評価は \$a です";
-$string['teachersgrades'] = "教師の評価";
-$string['thecurrentgradeis'] = "現在の評価は";
-$string['thegradegiventothissubmissionis'] = "この提出物に対する評価は";
-$string['thegradeis'] = "評価は";
-$string['therearegradedpeersubmissions'] = "学生に割り当てられた評価済み課題は \$a あります";
-$string['therearepeersubmissions'] = "学生に割り当てられた課題は \$a あります";
-$string['typeofscale'] = "評価基準";
-$string['warningonamendingelements'] = "警告: 提出された評価があります。<br />要素数やスケールタイプ、要素比重を変更しないでください。";
-$string['weightingofgrading'] = "評価作業の比重";
-$string['weightingofpeer'] = "相互評価の比重";
-$string['weightingofteacher'] = "教師による評価の比重";
-$string['workofotherstudentsbeinggraded'] = "他の \$a 人の課題があなたによって評価されました";
-$string['youhavenotbeenallocatedanyworktograde'] = "あなたは評価すべき課題を提出していません";
-$string['yourworkbeinggraded'] = "あなたの課題は他の \$a 人によって評価されました";
-
-?>
View
6 lang/ja/resource.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // resource.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
+ // resource.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004092000)
$string['addresource'] = 'リソースを追加する';
@@ -24,7 +24,7 @@
$string['configwindowsettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるウインドウ設定に関する値を登録します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
$string['directlink'] = 'このファイルをダイレクトリンクする';
$string['directoryinfo'] = '選択したディレクトリの全ファイルが表示されます。';
-$string['display'] = '表示';
+$string['display'] = 'ウインドウ';
$string['editingaresource'] = 'リソースを編集する';
$string['encryptedcode'] = '暗号化コード';
$string['example'] = '';
@@ -73,7 +73,7 @@
$string['resourcetype8'] = 'Wiki-likeテキスト';
$string['resourcetype9'] = 'ディレクトリ';
$string['resourcetypedirectory'] = 'ディレクトリの表示';
-$string['resourcetypefile'] = 'ファイルまたはウェブにリンク';
+$string['resourcetypefile'] = 'ファイル・ウェブサイトにリンク';
$string['resourcetypehtml'] = 'ウェブページの作成';
$string['resourcetypelabel'] = 'ラベルの挿入';
$string['resourcetypetext'] = 'テキストページの作成';
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.