Skip to content
Browse files

polished.

  • Loading branch information...
1 parent 1046dab commit 4a3b5c15e4736d5b44458f1f59f1aed7a5b54197 mits committed Jan 28, 2006
View
10 lang/ja/help/lesson/dependency.html
@@ -1,12 +1,12 @@
<p align="center"><b>依存条件</b></p>
-<p>この設定により、現在のレッスンが同一コースの別のレッスンにおける学生の成績に依存します。要求されている成績に満たない場合、学生はこのレッスンにアクセスすることができません。</p>
+<p>この設定により、現在のレッスンを同一コース内の別のレッスンにおける学生の実績に依存させることができます。要求されている実績に満たない場合、学生はこのレッスンにアクセスすることができません。</p>
<p>依存条件は下記の内容を含みます:
<ul>
- <li><b>利用時間:</b> 学生は所要のレッスンで、ここに設定された時間を費やす必要があります。</li>
- <li><b>完了:</b> 学生は所要のレッスンを完了する必要があります。</li>
- <li><b>評点が上:</b> 学生は所要のレッスンで、ここに設定された評点より上の評点を取る必要があります。</li>
+ <li><b>利用時間:</b> 学生は必須のレッスンで、ここに設定された時間を費やす必要があります。</li>
+ <li><b>完了:</b> 学生は必須のレッスンを完了する必要があります。</li>
+ <li><b>評点が上:</b> 学生は必須のレッスンで、ここに設定された評点より上の評点を取る必要があります。</li>
</ul>
- 必要な場合、上記のどのような組み合わせでも使用することができます。
+ 必要な場合は、上記のどのような組み合わせでも使用することができます。
</p>
View
10 lang/ja/help/lesson/maxanswers.html
@@ -1,10 +1,10 @@
<p align="center"><b>レッスンの最大解答数</b></p>
-<p>ここでは教師が使用できる最大解答数を設定します
- デフォルトの値は4です。例えば○×問題の場合、この値は2にした方が良いでしょう。</p>
+<p>ここでは、教師が使用できる最大解答数を設定します
+ デフォルト値は4です。例えば○×問題の場合、この値は2にした方が良いでしょう。</p>
-<p>この値は選択肢テーブルで使用される選択肢の最大数にも適用されます。</p>
+<p>この値は、選択肢テーブルで使用される選択肢の最大数にも適用されます。</p>
-<p>実在するコンテンツに沿った形でこの値を変更した方が安全です。実際、数多くの選択肢がある問題または
+<p>実在するコンテンツに沿った形で、この値を変更した方が安全です。実際、数多くの選択肢がある問題または
長い分岐表を持つ問題を追加する場合は、この値を変更する必要があります。
-値と掛け離れた問題または分岐表が追加された場合は、より「標準的な」値に減らされます。</p>
+( 異常な ) 問題または分岐表が追加された場合、このパラメータはより「標準的な」値に減らされます。</p>
View
2 lang/ja/help/lesson/maxtime.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>制限時間</b></p>
-<p>制限時間(分)を入力してください。</p>
+<p>制限時間 ( 分 ) を入力してください。</p>
View
2 lang/ja/help/lesson/ongoing.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>進行中の評点</b></p>
-<p>この設定を「Yes」にすると、各ページに現時点で考えられる学生の合計評点が表示されます。例: 学生が4問の評点5点の問題に答えて、1問が正解でない場合。現在の学生の進行中の評点は15/20点になります。</p>
+<p>この設定を「Yes」にすると、現時点で考えられる学生の合計評点が各ページに表示されます。例: 学生が評点5点の問題4問に答えて、1問が間違っている場合。現在の進行中の評点は15/20点になります。</p>
View
2 lang/ja/help/lesson/practice.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>練習レッスン</b></p>
-<p>練習レッスンは成績表に表示されません。</p>
+<p>練習レッスンは、成績表に表示されません。</p>
View
4 lang/ja/help/lesson/timed.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>制限時間</b></p>
-<p>レッスンに制限時間を設けます。学生には、Javaスクリプトのカウンタが表示され、
+<p>ここでは、レッスンに制限時間を設定します。学生には、Javaスクリプトのカウンタが表示され、
時間がデータベースに記録されます。Javaスクリプトの不正確さのため、時間終了後も
-学生が追い出されることはありませんが、時間終了後に答えた内容はカウントされません。
+学生が追い出されることはありません。しかし、時間終了後に答えた内容はカウントされません。
データベース内の時間は、学生が答えを送信するたびにチェックされます。</p>
View
2 lang/ja/help/lesson/tree.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>ツリービュー</b></p>
-<p>ここでは、ページおよび問題のリンク一覧を表示します。ページは青色、問題は赤色で表示されます。これは多くのページを含んだレッスンを扱うときに便利です。</p>
+<p>ツリービューでは、レッスン内のページおよび問題の一覧をリンクとして表示します。ページは青色、問題は赤色で表示されます。これは多くのページを含んだレッスンを扱う場合に便利です。</p>
View
22 lang/ja/workshop.php
@@ -16,7 +16,7 @@
$string['allsubmissions'] = 'すべての提出課題';
$string['alreadyinphase'] = 'すでにフェーズ $a に達しています。';
$string['amendassessmentelements'] = '評価要素を更新する';
-$string['amendtitle'] = '題名の修正';
+$string['amendtitle'] = '課題名の修正';
$string['analysis'] = '分析';
$string['analysisofassessments'] = '評価分析';
$string['assess'] = '評価';
@@ -169,8 +169,8 @@
ことができます。要素自体は「評価の管理」画面で変更できます。 ';
$string['noteonstudentassessments'] = '{学生の評点/評価のための評定点';
$string['notgraded'] = '評定無し';
-$string['notitle'] = '題名無し';
-$string['notitlegiven'] = '題名がありません';
+$string['notitle'] = '課題名無し';
+$string['notitlegiven'] = '課題名がありません';
$string['notsubmittedyet'] = 'まだ提出課題はありません。';
$string['nowork'] = '提出期限が終了しました。<br />あなたは課題を提出していません。';
$string['numberofassessmentelements'] = '目標規準のコメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリオン・ステートメントまたはルーブリックのカテゴリ数';
@@ -194,7 +194,7 @@
$string['overallocation'] = 'オーバーアロケーション';
$string['overallpeergrade'] = '総合的な相互評点: $a';
$string['overallteachergrade'] = '総合的な教師評点: $a';
-$string['ownwork'] = '自身の課題';
+$string['ownwork'] = '自分の課題';
$string['passmnts'] = '相互<br />評価';
$string['passwordprotectedworkshop'] = 'パスワードで保護されたワークショップ';
$string['percentageofassessments'] = '下げる評価の割合';
@@ -267,12 +267,12 @@
$string['submissionstartevent'] = '$a の提出開始日時';
$string['submissionsused'] = 'このテーブルで使用される $a の提出課題 ';
$string['submitassignment'] = '課題の提出';
-$string['submitassignmentusingform'] = 'このフォームを使用して課題を登録してください';
-$string['submitexample'] = '課題例の登録';
-$string['submitexampleassignment'] = '課題例の登録';
-$string['submitrevisedassignment'] = 'このフォームを使用して訂正した課題を登録してください';
-$string['submitted'] = '登録日時';
-$string['submittedby'] = '登録者';
+$string['submitassignmentusingform'] = 'このフォームを使用して課題を提出してください';
+$string['submitexample'] = '例の提出';
+$string['submitexampleassignment'] = '課題例の提出';
+$string['submitrevisedassignment'] = 'このフォームを使用して修正した課題を提出してください';
+$string['submitted'] = '提出日時';
+$string['submittedby'] = '提出者';
$string['suggestedgrade'] = '推奨評点';
$string['tassmnt'] = '教師<br />評価';
$string['teacherassessments'] = '$a 評価';
@@ -285,7 +285,7 @@
$string['theseasessmentsaregradedbytheteacher'] = 'これらの評価は $a により評定されます。';
$string['thisisadroppedassessment'] = 'これは下げられた評価です。';
$string['timeassessed'] = '評価時間';
-$string['title'] = '題名';
+$string['title'] = '提出課題名';
$string['typeofscale'] = '評価尺度のタイプ';
$string['unassessed'] = '$a 未評価';
$string['ungradedassessments'] = '$a 未評定評価';
View
10 lang/ja_utf8/help/lesson/dependency.html
@@ -1,12 +1,12 @@
<p align="center"><b>依存条件</b></p>
-<p>この設定により、現在のレッスンが同一コースの別のレッスンにおける学生の成績に依存します。要求されている成績に満たない場合、学生はこのレッスンにアクセスすることができません。</p>
+<p>この設定により、現在のレッスンを同一コース内の別のレッスンにおける学生の実績に依存させることができます。要求されている実績に満たない場合、学生はこのレッスンにアクセスすることができません。</p>
<p>依存条件は下記の内容を含みます:
<ul>
- <li><b>利用時間:</b> 学生は所要のレッスンで、ここに設定された時間を費やす必要があります。</li>
- <li><b>完了:</b> 学生は所要のレッスンを完了する必要があります。</li>
- <li><b>評点が上:</b> 学生は所要のレッスンで、ここに設定された評点より上の評点を取る必要があります。</li>
+ <li><b>利用時間:</b> 学生は必須のレッスンで、ここに設定された時間を費やす必要があります。</li>
+ <li><b>完了:</b> 学生は必須のレッスンを完了する必要があります。</li>
+ <li><b>評点が上:</b> 学生は必須のレッスンで、ここに設定された評点より上の評点を取る必要があります。</li>
</ul>
- 必要な場合、上記のどのような組み合わせでも使用することができます。
+ 必要な場合は、上記のどのような組み合わせでも使用することができます。
</p>
View
10 lang/ja_utf8/help/lesson/maxanswers.html
@@ -1,10 +1,10 @@
<p align="center"><b>レッスンの最大解答数</b></p>
-<p>ここでは教師が使用できる最大解答数を設定します
- デフォルトの値は4です。例えば○×問題の場合、この値は2にした方が良いでしょう。</p>
+<p>ここでは、教師が使用できる最大解答数を設定します
+ デフォルト値は4です。例えば○×問題の場合、この値は2にした方が良いでしょう。</p>
-<p>この値は選択肢テーブルで使用される選択肢の最大数にも適用されます。</p>
+<p>この値は、選択肢テーブルで使用される選択肢の最大数にも適用されます。</p>
-<p>実在するコンテンツに沿った形でこの値を変更した方が安全です。実際、数多くの選択肢がある問題または
+<p>実在するコンテンツに沿った形で、この値を変更した方が安全です。実際、数多くの選択肢がある問題または
長い分岐表を持つ問題を追加する場合は、この値を変更する必要があります。
-値と掛け離れた問題または分岐表が追加された場合は、より「標準的な」値に減らされます。</p>
+( 異常な ) 問題または分岐表が追加された場合、このパラメータはより「標準的な」値に減らされます。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/lesson/maxtime.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>制限時間</b></p>
-<p>制限時間(分)を入力してください。</p>
+<p>制限時間 ( 分 ) を入力してください。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/lesson/ongoing.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>進行中の評点</b></p>
-<p>この設定を「Yes」にすると、各ページに現時点で考えられる学生の合計評点が表示されます。例: 学生が4問の評点5点の問題に答えて、1問が正解でない場合。現在の学生の進行中の評点は15/20点になります。</p>
+<p>この設定を「Yes」にすると、現時点で考えられる学生の合計評点が各ページに表示されます。例: 学生が評点5点の問題4問に答えて、1問が間違っている場合。現在の進行中の評点は15/20点になります。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/lesson/practice.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>練習レッスン</b></p>
-<p>練習レッスンは成績表に表示されません。</p>
+<p>練習レッスンは、成績表に表示されません。</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/lesson/timed.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>制限時間</b></p>
-<p>レッスンに制限時間を設けます。学生には、Javaスクリプトのカウンタが表示され、
+<p>ここでは、レッスンに制限時間を設定します。学生には、Javaスクリプトのカウンタが表示され、
時間がデータベースに記録されます。Javaスクリプトの不正確さのため、時間終了後も
-学生が追い出されることはありませんが、時間終了後に答えた内容はカウントされません。
+学生が追い出されることはありません。しかし、時間終了後に答えた内容はカウントされません。
データベース内の時間は、学生が答えを送信するたびにチェックされます。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/lesson/tree.html
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>ツリービュー</b></p>
-<p>ここでは、ページおよび問題のリンク一覧を表示します。ページは青色、問題は赤色で表示されます。これは多くのページを含んだレッスンを扱うときに便利です。</p>
+<p>ツリービューでは、レッスン内のページおよび問題の一覧をリンクとして表示します。ページは青色、問題は赤色で表示されます。これは多くのページを含んだレッスンを扱う場合に便利です。</p>
View
22 lang/ja_utf8/workshop.php
@@ -16,7 +16,7 @@
$string['allsubmissions'] = 'すべての提出課題';
$string['alreadyinphase'] = 'すでにフェーズ $a に達しています。';
$string['amendassessmentelements'] = '評価要素を更新する';
-$string['amendtitle'] = '題名の修正';
+$string['amendtitle'] = '課題名の修正';
$string['analysis'] = '分析';
$string['analysisofassessments'] = '評価分析';
$string['assess'] = '評価';
@@ -169,8 +169,8 @@
ことができます。要素自体は「評価の管理」画面で変更できます。 ';
$string['noteonstudentassessments'] = '{学生の評点/評価のための評定点';
$string['notgraded'] = '評定無し';
-$string['notitle'] = '題名無し';
-$string['notitlegiven'] = '題名がありません';
+$string['notitle'] = '課題名無し';
+$string['notitlegiven'] = '課題名がありません';
$string['notsubmittedyet'] = 'まだ提出課題はありません。';
$string['nowork'] = '提出期限が終了しました。<br />あなたは課題を提出していません。';
$string['numberofassessmentelements'] = '目標規準のコメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリオン・ステートメントまたはルーブリックのカテゴリ数';
@@ -194,7 +194,7 @@
$string['overallocation'] = 'オーバーアロケーション';
$string['overallpeergrade'] = '総合的な相互評点: $a';
$string['overallteachergrade'] = '総合的な教師評点: $a';
-$string['ownwork'] = '自身の課題';
+$string['ownwork'] = '自分の課題';
$string['passmnts'] = '相互<br />評価';
$string['passwordprotectedworkshop'] = 'パスワードで保護されたワークショップ';
$string['percentageofassessments'] = '下げる評価の割合';
@@ -267,12 +267,12 @@
$string['submissionstartevent'] = '$a の提出開始日時';
$string['submissionsused'] = 'このテーブルで使用される $a の提出課題 ';
$string['submitassignment'] = '課題の提出';
-$string['submitassignmentusingform'] = 'このフォームを使用して課題を登録してください';
-$string['submitexample'] = '課題例の登録';
-$string['submitexampleassignment'] = '課題例の登録';
-$string['submitrevisedassignment'] = 'このフォームを使用して訂正した課題を登録してください';
-$string['submitted'] = '登録日時';
-$string['submittedby'] = '登録者';
+$string['submitassignmentusingform'] = 'このフォームを使用して課題を提出してください';
+$string['submitexample'] = '例の提出';
+$string['submitexampleassignment'] = '課題例の提出';
+$string['submitrevisedassignment'] = 'このフォームを使用して修正した課題を提出してください';
+$string['submitted'] = '提出日時';
+$string['submittedby'] = '提出者';
$string['suggestedgrade'] = '推奨評点';
$string['tassmnt'] = '教師<br />評価';
$string['teacherassessments'] = '$a 評価';
@@ -285,7 +285,7 @@
$string['theseasessmentsaregradedbytheteacher'] = 'これらの評価は $a により評定されます。';
$string['thisisadroppedassessment'] = 'これは下げられた評価です。';
$string['timeassessed'] = '評価時間';
-$string['title'] = '題名';
+$string['title'] = '提出課題名';
$string['typeofscale'] = '評価尺度のタイプ';
$string['unassessed'] = '$a 未評価';
$string['ungradedassessments'] = '$a 未評定評価';

0 comments on commit 4a3b5c1

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.