Skip to content
Browse files

translated a new help file for exercise.

  • Loading branch information...
1 parent 839c9e6 commit 4e759a919a077f9f370b6ac73d511eeb7f82484f mits committed Aug 24, 2005
View
11 lang/ja/help/exercise/comparisonofassessments.html
@@ -0,0 +1,11 @@
+<p align="center"><b>評価の比較</b></p>
+
+<p>エクササイズでは、課題が2回評価されるのは一般的なことです。学生が自分の課題を提出する前に評価して、提出後に教師が評価します。教師の評価は、開始点として、学生の評価を使用します。エクササイズでは、教師がある割合の評点を学生の評価に、残りの評点を教師が行う課題の評価に与えることができます。 ( これらの最大評点は「学生の評価に対する評点」および「提出物に対する評点」と呼ばれます。 ) 学生の評価による評点は使用されませんので注意してください。教師の評価にどれほど合致するかに基づく評点が、学生の評価に与えられます。</p>
+
+<p>学生と教師の評価の一致の度合いは、個々の要素の点数の違いによります ( 実際は2乗誤差が使用されます )。これらの違いの平均値は、意味のある評点に変換されるべきです。「評価の比較」オプションで、教師はこれらの比較をどのように評点に変換するか、ある程度コントロールすることができます。</p>
+
+<p>このオプションが、どのような効果を持っているかというアイディアを得るために、10のYes/No問題を持つ ( 非常に簡単な ) 課題のケースを取り上げます。たとえば、課題が「これは正しいフォーマットのチャートですか?」、「計算された利益は100.66ドルですか?」という問題を使用すると考えましょう。このような問題が10題あると仮定します。 「非常に甘い」設定が選択された場合、学生と教師の評価が完全に一致すると評点は100%、1題のみが合致しないと評点は90%、2題が合致しないと評点は80%、3題が合致しないと70%となります。これは非常に道理にかなっており、あなたはなぜオプションが「非常に甘い」比較と呼ばれるのか考えるでしょう。では、10問の問題が単純に推測され、学生が完全にランダムな評価を行うことを考えてみましょう。平均的に、10問中5問が合致します。ですから「ふざけた」評価は、50%前後の評点を取得します。「甘い」オプションが選択され、ランダム評価が20%前後の評点を取得する場合、状況はもう少し顕著になります。「公平」オプションを選択すると、ほどんどの場合、ランダムに推測した結果は評点ゼロになります。このレベルでは、10題の問題の内、8題に2つの評価が合致すると50%の評点が与えられます。もし、3つの問題が合致しないと、25%の評点が与えられます。オプションが「厳格」に設定された場合、2つの問題が合致しないと、40%の評点が与えられます。「非常に厳しい」に設定された場合、2つの問題のみが合致しないと、評点は35%に下がり、1つの問題が合致しないと、65%の評点が与えられます。</p>
+
+<p>通常は多くの評価が、要素としてYesまたはNoよりも値の幅を持ちますが、この例は若干人為的です。これらのケースでは、比較は上記に示された評点よりも高い評点になるでしょう。様々なレベル ( 非常に甘い、甘い、公平 ... ) は、教師が比較を微調整するために与えられます。教師が、評価に与えられる評点が低すぎると感じた場合は、オプションを「甘い」または「非常に甘い」を選択するよう変更すべきです。そして、代わりに学生の評価に対する評点が、一般的に高すぎると感じた場合、このオプションを「厳格」または「非常に厳しい」を選択するよう変更すべきです。これは、実際には最良の開始ポイントが「公平」オプションである試行錯誤の問題です。</p>
+
+<p>エクササイズのコース中、教師は学生の評価に与える評点が高すぎる、または低すぎると感じることでしょう。これらの評点はエクササイズ管理ページに表示されます。このケースでは、教師はこのオプションの設定を変更することができ、学生の評価の評点 ( 評価のための評点 ) を再計算することができます。エクササイズの管理ページにある「学生の評価の再評定」リンクをクリックすることで、再計算することができます。この処理は、エクササイズのいかなる時間でも安全に実行することができます。</p>
View
11 lang/ja_utf8/help/exercise/comparisonofassessments.html
@@ -0,0 +1,11 @@
+<p align="center"><b>評価の比較</b></p>
+
+<p>エクササイズでは、課題が2回評価されるのは一般的なことです。学生が自分の課題を提出する前に評価して、提出後に教師が評価します。教師の評価は、開始点として、学生の評価を使用します。エクササイズでは、教師がある割合の評点を学生の評価に、残りの評点を教師が行う課題の評価に与えることができます。 ( これらの最大評点は「学生の評価に対する評点」および「提出物に対する評点」と呼ばれます。 ) 学生の評価による評点は使用されませんので注意してください。教師の評価にどれほど合致するかに基づく評点が、学生の評価に与えられます。</p>
+
+<p>学生と教師の評価の一致の度合いは、個々の要素の点数の違いによります ( 実際は2乗誤差が使用されます )。これらの違いの平均値は、意味のある評点に変換されるべきです。「評価の比較」オプションで、教師はこれらの比較をどのように評点に変換するか、ある程度コントロールすることができます。</p>
+
+<p>このオプションが、どのような効果を持っているかというアイディアを得るために、10のYes/No問題を持つ ( 非常に簡単な ) 課題のケースを取り上げます。たとえば、課題が「これは正しいフォーマットのチャートですか?」、「計算された利益は100.66ドルですか?」という問題を使用すると考えましょう。このような問題が10題あると仮定します。 「非常に甘い」設定が選択された場合、学生と教師の評価が完全に一致すると評点は100%、1題のみが合致しないと評点は90%、2題が合致しないと評点は80%、3題が合致しないと70%となります。これは非常に道理にかなっており、あなたはなぜオプションが「非常に甘い」比較と呼ばれるのか考えるでしょう。では、10問の問題が単純に推測され、学生が完全にランダムな評価を行うことを考えてみましょう。平均的に、10問中5問が合致します。ですから「ふざけた」評価は、50%前後の評点を取得します。「甘い」オプションが選択され、ランダム評価が20%前後の評点を取得する場合、状況はもう少し顕著になります。「公平」オプションを選択すると、ほどんどの場合、ランダムに推測した結果は評点ゼロになります。このレベルでは、10題の問題の内、8題に2つの評価が合致すると50%の評点が与えられます。もし、3つの問題が合致しないと、25%の評点が与えられます。オプションが「厳格」に設定された場合、2つの問題が合致しないと、40%の評点が与えられます。「非常に厳しい」に設定された場合、2つの問題のみが合致しないと、評点は35%に下がり、1つの問題が合致しないと、65%の評点が与えられます。</p>
+
+<p>通常は多くの評価が、要素としてYesまたはNoよりも値の幅を持ちますが、この例は若干人為的です。これらのケースでは、比較は上記に示された評点よりも高い評点になるでしょう。様々なレベル ( 非常に甘い、甘い、公平 ... ) は、教師が比較を微調整するために与えられます。教師が、評価に与えられる評点が低すぎると感じた場合は、オプションを「甘い」または「非常に甘い」を選択するよう変更すべきです。そして、代わりに学生の評価に対する評点が、一般的に高すぎると感じた場合、このオプションを「厳格」または「非常に厳しい」を選択するよう変更すべきです。これは、実際には最良の開始ポイントが「公平」オプションである試行錯誤の問題です。</p>
+
+<p>エクササイズのコース中、教師は学生の評価に与える評点が高すぎる、または低すぎると感じることでしょう。これらの評点はエクササイズ管理ページに表示されます。このケースでは、教師はこのオプションの設定を変更することができ、学生の評価の評点 ( 評価のための評点 ) を再計算することができます。エクササイズの管理ページにある「学生の評価の再評定」リンクをクリックすることで、再計算することができます。この処理は、エクササイズのいかなる時間でも安全に実行することができます。</p>

0 comments on commit 4e759a9

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.