Skip to content
Browse files

polished and translated some.

  • Loading branch information...
1 parent a557e35 commit 52390e5f601e6645e4146a7753c783c3fea292a5 mits committed Sep 27, 2004
Showing with 32 additions and 28 deletions.
  1. +1 −1 lang/ja/README
  2. +2 −1 lang/ja/auth.php
  3. +13 −12 lang/ja/error.php
  4. +1 −1 lang/ja_utf8/README
  5. +2 −1 lang/ja_utf8/auth.php
  6. +13 −12 lang/ja_utf8/error.php
View
2 lang/ja/README
@@ -1,6 +1,6 @@
Moodle Japanese Translation
------------------------
-Last Modify: September 27, 2004
+Last Modify: September 28, 2004
[Translators]
Mitsuhiro Yoshida(http://mitstek.com/)
View
3 lang/ja/auth.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // auth.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004092000)
+ // auth.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004092700)
$string['auth_common_settings'] = '一般設定';
@@ -39,6 +39,7 @@
$string['auth_ldap_create_context'] = 'ユーザ作成をメールによる認証で行う場合、ユーザが作成されるコンテキストを特定してください。セキュリティーの観点から、このコンテキストは各ユーザ毎に異なるものでなければなりません。Moodleが自動的にコンテキストからユーザを探しますので、ldap_context-vaiableをこのコンテキストに追加する必要はありません。';
$string['auth_ldap_creators'] = 'メンバーが新しいコースの作成を許されているグループのリストです。複数のグループは「;」で分けられています。通常は\'cn=teachers,ou=staff,o=myorg\'のようになります。';
$string['auth_ldap_expiration_desc'] = 'パスワードチェックの有効期限を無効にする場合、またはLDAPがLDAPサーバから直接passwordexpirationを参照する場合は、「No」を選択してください。必ず属性名にldap_expireattrを入力してください。';
+$string['auth_ldap_expiration_warning_desc'] = 'パスワードの有効期限切れを警告するまでの日数を入力してください。';
$string['auth_ldap_expireattr_desc'] = 'Ldap-attributeはパスワードの有効期限PasswordAxpirationTimeを保存します。';
$string['auth_ldap_graceattr_desc'] = 'LDAP 猶予ログイン属性';
$string['auth_ldap_gracelogins_desc'] = 'LDAPの猶予ログインサポートを有効にします。パスワードの有効期限が切れた後、猶予ログインカウントがゼロになるまでログインすることができます。この設定を「Yes」にすると、パスワードが期限切れになった場合に猶予ログインメッセージが表示されます。';
View
25 lang/ja/error.php
@@ -1,24 +1,25 @@
<?PHP // $Id$
- // error.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
+ // error.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004092700)
-$string['coursegroupunknown'] = 'コースに関連するグループ $a が指定されていません';
-$string['erroronline'] = '$a 行にエラーがあります';
-$string['fieldrequired'] = '\"$a\" は必須項目です';
+$string['coursegroupunknown'] = 'コースに関連するグループ $a が指定されていません';
+$string['erroronline'] = '$a 行にエラーがあります';
+$string['fieldrequired'] = '「 $a 」 は必須項目です';
$string['filenotfound'] = '申し訳ございません。ファイルが見つかりませんでした。';
$string['groupalready'] = 'ユーザは既にグループ $a に属しています';
-$string['groupunknown'] = 'グループ $a は指定されたコースに関連していません';
-$string['invalidfieldname'] = '\"$a\" は正しいフィールド名ではありません';
-$string['missingfield'] = '\"$a\" に入力してください';
-$string['modulerequirementsnotmet'] = 'モジュール \"$a->modulename\" ($a->moduleversion) をインストールできませんでした。このモジュールをインストールするためには新しいバージョンのMoodleをインストールする必要があります。(現在、あなたは $a->currentmoodle を使用しています。 $a->requiremoodle が必要です。)';
+$string['groupunknown'] = 'グループ $a は指定されたコースに関連していません';
+$string['invalidfieldname'] = '「 $a 」 は正しいフィールド名ではありません';
+$string['missingfield'] = '「 $a 」 を入力してください。';
+$string['modulerequirementsnotmet'] = 'モジュール$a->modulename ($a->moduleversion) をインストールできませんでした。このモジュールをインストールするためには新しいバージョンのMoodleをインストールする必要があります。(現在、あなたは $a->currentmoodle を使用しています。 $a->requiremoodle が必要です。)';
$string['notavailable'] = '現在利用できません';
-$string['restricteduser'] = '申し訳ございません。現在、この処理を行うことができません。';
+$string['restricteduser'] = '申し訳ございません。あなたのアカウント「 $a 」では、この処理を行うことができません。';
+$string['sessionipnomatch'] = '申し訳ございません。あなたのIPアドレスは、最初のログインから変更されているようです。このセキュリティー機能は、あなたがサイトにログインしている間に、クラッカーから個人情報を盗むことを防いでいます。通常のユーザは、このメッセージを見ることはありません - 詳細はシステム管理者にお問合せください。';
$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
$string['thisdirection'] = 'ltr';
$string['thislanguage'] = 'Japanese';
-$string['unknowncourse'] = '不明なコース名 \"$a\"';
-$string['usernotaddederror'] = 'ユーザ \"$a\" は追加されませんでした - 原因不明';
-$string['usernotaddedregistered'] = 'ユーザ \"$a\" は追加されませんでした - 登録済み';
+$string['unknowncourse'] = '不明なコース名 「 $a 」';
+$string['usernotaddederror'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 原因不明のエラー';
+$string['usernotaddedregistered'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 登録済み';
$string['usernotavailable'] = 'このユーザの詳細は閲覧できません。';
?>
View
2 lang/ja_utf8/README
@@ -1,3 +1,3 @@
Moodle Japanese language pack UTF-8 version
-by Mitsuhiro Yoshida(http://mitstek.com/)
+Created by Mitsuhiro Yoshida(http://mitstek.com/)
See /lang/ja/README for more information.
View
3 lang/ja_utf8/auth.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // auth.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004092000)
+ // auth.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004092700)
$string['auth_common_settings'] = '一般設定';
@@ -39,6 +39,7 @@
$string['auth_ldap_create_context'] = 'ユーザ作成をメールによる認証で行う場合、ユーザが作成されるコンテキストを特定してください。セキュリティーの観点から、このコンテキストは各ユーザ毎に異なるものでなければなりません。Moodleが自動的にコンテキストからユーザを探しますので、ldap_context-vaiableをこのコンテキストに追加する必要はありません。';
$string['auth_ldap_creators'] = 'メンバーが新しいコースの作成を許されているグループのリストです。複数のグループは「;」で分けられています。通常は\'cn=teachers,ou=staff,o=myorg\'のようになります。';
$string['auth_ldap_expiration_desc'] = 'パスワードチェックの有効期限を無効にする場合、またはLDAPがLDAPサーバから直接passwordexpirationを参照する場合は、「No」を選択してください。必ず属性名にldap_expireattrを入力してください。';
+$string['auth_ldap_expiration_warning_desc'] = 'パスワードの有効期限切れを警告するまでの日数を入力してください。';
$string['auth_ldap_expireattr_desc'] = 'Ldap-attributeはパスワードの有効期限PasswordAxpirationTimeを保存します。';
$string['auth_ldap_graceattr_desc'] = 'LDAP 猶予ログイン属性';
$string['auth_ldap_gracelogins_desc'] = 'LDAPの猶予ログインサポートを有効にします。パスワードの有効期限が切れた後、猶予ログインカウントがゼロになるまでログインすることができます。この設定を「Yes」にすると、パスワードが期限切れになった場合に猶予ログインメッセージが表示されます。';
View
25 lang/ja_utf8/error.php
@@ -1,24 +1,25 @@
<?PHP // $Id$
- // error.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004092000)
+ // error.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004092700)
-$string['coursegroupunknown'] = 'コースに関連するグループ $a が指定されていません';
-$string['erroronline'] = '$a 行にエラーがあります';
-$string['fieldrequired'] = '\"$a\" は必須項目です';
+$string['coursegroupunknown'] = 'コースに関連するグループ $a が指定されていません';
+$string['erroronline'] = '$a 行にエラーがあります';
+$string['fieldrequired'] = '「 $a 」 は必須項目です';
$string['filenotfound'] = '申し訳ございません。ファイルが見つかりませんでした。';
$string['groupalready'] = 'ユーザは既にグループ $a に属しています';
-$string['groupunknown'] = 'グループ $a は指定されたコースに関連していません';
-$string['invalidfieldname'] = '\"$a\" は正しいフィールド名ではありません';
-$string['missingfield'] = '\"$a\" に入力してください';
-$string['modulerequirementsnotmet'] = 'モジュール \"$a->modulename\" ($a->moduleversion) をインストールできませんでした。このモジュールをインストールするためには新しいバージョンのMoodleをインストールする必要があります。(現在、あなたは $a->currentmoodle を使用しています。 $a->requiremoodle が必要です。)';
+$string['groupunknown'] = 'グループ $a は指定されたコースに関連していません';
+$string['invalidfieldname'] = '「 $a 」 は正しいフィールド名ではありません';
+$string['missingfield'] = '「 $a 」 を入力してください。';
+$string['modulerequirementsnotmet'] = 'モジュール$a->modulename ($a->moduleversion) をインストールできませんでした。このモジュールをインストールするためには新しいバージョンのMoodleをインストールする必要があります。(現在、あなたは $a->currentmoodle を使用しています。 $a->requiremoodle が必要です。)';
$string['notavailable'] = '現在利用できません';
-$string['restricteduser'] = '申し訳ございません。現在、この処理を行うことができません。';
+$string['restricteduser'] = '申し訳ございません。あなたのアカウント「 $a 」では、この処理を行うことができません。';
+$string['sessionipnomatch'] = '申し訳ございません。あなたのIPアドレスは、最初のログインから変更されているようです。このセキュリティー機能は、あなたがサイトにログインしている間に、クラッカーから個人情報を盗むことを防いでいます。通常のユーザは、このメッセージを見ることはありません - 詳細はシステム管理者にお問合せください。';
$string['thischarset'] = 'UTF-8';
$string['thisdirection'] = 'ltr';
$string['thislanguage'] = 'Japanese';
-$string['unknowncourse'] = '不明なコース名 \"$a\"';
-$string['usernotaddederror'] = 'ユーザ \"$a\" は追加されませんでした - 原因不明';
-$string['usernotaddedregistered'] = 'ユーザ \"$a\" は追加されませんでした - 登録済み';
+$string['unknowncourse'] = '不明なコース名 「 $a 」';
+$string['usernotaddederror'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 原因不明のエラー';
+$string['usernotaddedregistered'] = 'ユーザ 「 $a 」 は追加されませんでした - 登録済み';
$string['usernotavailable'] = 'このユーザの詳細は閲覧できません。';
?>

0 comments on commit 52390e5

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.