Permalink
Browse files

making expression soften, changed "when" from Kanji character to Japa…

…nese syllabary characters.

meaning is same.
  • Loading branch information...
1 parent b84defd commit 589f8f75f1cb61e1f52c643ecafc110727e3745c mits committed Jan 13, 2006
Showing with 99 additions and 101 deletions.
  1. +1 −1 lang/ja/README
  2. +2 −2 lang/ja/auth.php
  3. +2 −2 lang/ja/docs/cvs.html
  4. +5 −5 lang/ja/docs/faq.html
  5. +2 −2 lang/ja/docs/install.html
  6. +1 −1 lang/ja/docs/licence.html
  7. +1 −1 lang/ja/docs/philosophy.html
  8. +1 −1 lang/ja/docs/translation.html
  9. +1 −1 lang/ja/enrol_authorize.php
  10. +1 −1 lang/ja/help/coursereports.html
  11. +2 −2 lang/ja/help/dialogue/closedialogue.html
  12. +1 −1 lang/ja/help/exercise/elements.html
  13. +1 −1 lang/ja/help/exercise/grading.html
  14. +1 −1 lang/ja/help/exercise/gradingstrategy.html
  15. +1 −1 lang/ja/help/exercise/specimen.html
  16. +2 −3 lang/ja/help/forum/ratings.html
  17. +2 −2 lang/ja/help/forum/subscription.html
  18. +2 −2 lang/ja/help/forum/subscription2.html
  19. +1 −1 lang/ja/help/lesson/overview.html
  20. +1 −1 lang/ja/help/lesson/useeditor.html
  21. +4 −4 lang/ja/help/quiz/formatgift.html
  22. +2 −2 lang/ja/help/quiz/questiondatasets.html
  23. +2 −2 lang/ja/help/quiz/random.html
  24. +1 −1 lang/ja/help/workshop/analysisofassessments.html
  25. +1 −1 lang/ja/help/workshop/elements.html
  26. +1 −1 lang/ja/help/workshop/gradinggrade.html
  27. +1 −1 lang/ja/help/workshop/managing.html
  28. +1 −1 lang/ja/help/workshop/managing2.html
  29. +1 −1 lang/ja/help/workshop/nattachments.html
  30. +1 −1 lang/ja/help/workshop/specimen.html
  31. +1 −1 lang/ja/help/workshop/submissionofexamples.html
  32. +1 −1 lang/ja/install.php
  33. +3 −3 lang/ja/resource.php
  34. +1 −1 lang/ja_utf8/README
  35. +2 −2 lang/ja_utf8/auth.php
  36. +2 −2 lang/ja_utf8/docs/cvs.html
  37. +5 −5 lang/ja_utf8/docs/faq.html
  38. +2 −2 lang/ja_utf8/docs/install.html
  39. +1 −1 lang/ja_utf8/docs/licence.html
  40. +1 −1 lang/ja_utf8/docs/philosophy.html
  41. +1 −1 lang/ja_utf8/docs/translation.html
  42. +1 −1 lang/ja_utf8/enrol_authorize.php
  43. +1 −1 lang/ja_utf8/help/coursereports.html
  44. +2 −2 lang/ja_utf8/help/dialogue/closedialogue.html
  45. +1 −1 lang/ja_utf8/help/exercise/elements.html
  46. +1 −1 lang/ja_utf8/help/exercise/grading.html
  47. +1 −1 lang/ja_utf8/help/exercise/gradingstrategy.html
  48. +1 −1 lang/ja_utf8/help/exercise/specimen.html
  49. +3 −4 lang/ja_utf8/help/forum/ratings.html
  50. +2 −2 lang/ja_utf8/help/forum/subscription.html
  51. +2 −2 lang/ja_utf8/help/forum/subscription2.html
  52. +1 −1 lang/ja_utf8/help/lesson/overview.html
  53. +1 −1 lang/ja_utf8/help/lesson/useeditor.html
  54. +2 −2 lang/ja_utf8/help/quiz/questiondatasets.html
  55. +2 −2 lang/ja_utf8/help/quiz/random.html
  56. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/analysisofassessments.html
  57. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/elements.html
  58. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/gradinggrade.html
  59. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/managing.html
  60. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/managing2.html
  61. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/nattachments.html
  62. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/specimen.html
  63. +1 −1 lang/ja_utf8/help/workshop/submissionofexamples.html
  64. +1 −1 lang/ja_utf8/install.php
  65. +3 −3 lang/ja_utf8/resource.php
View
2 lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 13, 2006
+LAST MODIFIED : January 14, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
4 lang/ja/auth.php
@@ -128,8 +128,8 @@
$string['createchangepassword'] = '無い場合は作成 - 強制変更';
$string['createpassword'] = '無い場合は作成';
$string['forcechangepassword'] = 'パスワード変更の強制';
-$string['forcechangepassword_help'] = '次にMoodleへログインする時に、ユーザのパスワード変更を強制します。';
-$string['forcechangepasswordfirst_help'] = '最初にMoodleへログインする時に、ユーザのパスワード変更を強制します。';
+$string['forcechangepassword_help'] = '次にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
+$string['forcechangepasswordfirst_help'] = '最初にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
$string['guestloginbutton'] = 'ゲストログインボタン';
$string['infilefield'] = 'ファイルの必須フィールド';
$string['instructions'] = '説明';
View
4 lang/ja/docs/cvs.html
@@ -41,7 +41,7 @@
<p>さて、あなたはCVS書き込み権を与えられて、Moodleの開発およびメンテナンスに関して私達を支援することになりました! <a href="http://sourceforge.net/project/memberlist.php?group_id=30935">ご搭乗ありがとうございます</a>!</p>
<p><a target="_top" href="http://cvs.sourceforge.net/cgi-bin/viewcvs.cgi/moodle/moodle/">MoodleのCVSアーカイブ</a>を書き換えるためには、まず最初にSourceforgeにアカウントを持つ必要があります ( <a href="http://sourceforge.net/account/register.php">登録は無料で簡単です</a> )。このページの例として、あなたのユーザ名が <strong><font color="#990000">myusername</font></strong> で、パスワードが <strong><font color="#990000">mypassword</font></strong> だと仮定しましょう。<a target="_top" href="http://sourceforge.net/docman/display_doc.php?docid=768&amp;group_id=1#develhomedir">あなたのCVSホームディレクトリを作成するには</a>、sourceforge利用説明のスペシャルノートを取得してください - CVSで新しいアカウントを作成する場合、「有効」にする必要がある作業です。cvs.sourceforge.netにインタラクティブに接続するには、基本的にsshを使用する必要があります。</p>
<p>アカウントの作業を完了した時点で、<a target="_top" href="http://moodle.org/user/view.php?id=1&amp;course=1">Martin Dougiamas</a>に連絡してください。あなたのアカウントが特定のMoodleディレクトリに書き込みアクセスできるように、彼が設定作業を行います。</p>
- <p>CVSコマンドを実行する時に毎回 <strong><font color="#990000">mypassword</font></strong> の入力を避けるには、<a target="_top" href="http://sourceforge.net/account/editsshkeys.php">認証キーを使用するためのSourceforge道案内</a>に従ってください。このステップは任意ですが、あなたのCVSに関する経験をさらに素晴らしくすることができます。</p>
+ <p>CVSコマンドを実行するときに毎回 <strong><font color="#990000">mypassword</font></strong> の入力を避けるには、<a target="_top" href="http://sourceforge.net/account/editsshkeys.php">認証キーを使用するためのSourceforge道案内</a>に従ってください。このステップは任意ですが、あなたのCVSに関する経験をさらに素晴らしくすることができます。</p>
<p>この作業が完了したら、あなたが必要な全てのパーミッションを設定する必要があります。そして、あなたのマシンを設定して、現在のソースをダウンロードすることで、作業を開始することができます。</p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
@@ -175,7 +175,7 @@
</li>
</ol>
<p><br />
- 最後に、可能であればステイブルブランチ内にあるMoodleの全てのversion.phpファイルの値 <em>$version</em> を更新しないでください ( 必要であれば最後の桁を除いて )。理由は、非常に安定したバージョンから次の安定したバージョンにアップデートする時に、トランクで起こったデータベースへのアップグレードを逃す可能性があるからです。</p>
+ 最後に、可能であればステイブルブランチ内にあるMoodleの全てのversion.phpファイルの値 <em>$version</em> を更新しないでください ( 必要であれば最後の桁を除いて )。理由は、非常に安定したバージョンから次の安定したバージョンにアップデートするときに、トランクで起こったデータベースへのアップグレードを逃す可能性があるからです。</p>
</blockquote>
<br />
<h3><a name="n4.3" id="n4.3"></a>4.3 大幅な変更に関するフィーチャーブランチ</h3>
View
10 lang/ja/docs/faq.html
@@ -26,9 +26,9 @@
ファイアーウォールがMoodleに影響を及ぼすことはほとんどありませんが、ファイアーウォールの設定ミスにより
Moodleの機能に影響を及ぼすことがあります。
-<p class="normaltext">該当する答えを閲覧する時は下記のリンクをお使いください:</p>
+<p class="normaltext">該当する答えを閲覧するときは下記のリンクをお使いください:</p>
-<p class="questionlink"><a href="#filenotfound">アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</a></p>
+<p class="questionlink"><a href="#filenotfound">アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧するときに、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</a></p>
<p class="questionlink"><a href="#php">PHP - どのバージョンがインストールされていますか?</a></p>
@@ -48,7 +48,7 @@
<p class="questionlink"><a href="#loginsetting">ログインしてもログインリンクが変わりません。ログインして自由にサイトを閲覧できます。</a></p>
-<p class="questionlink"><a href="#resource1">リソースを追加する時にエラーメッセージが表示されます。</a></p>
+<p class="questionlink"><a href="#resource1">リソースを追加するときにエラーメッセージが表示されます。</a></p>
<p class="questionlink"><a href="#noadmin">初期設定プロセスにおいて、管理者アカウントの作成を聞かれません!</a></p>
@@ -62,7 +62,7 @@
<p class="questionlink">&nbsp;</p>
-<h3><a name="filenotfound"></a>アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</h3>
+<h3><a name="filenotfound"></a>アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧するときに、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</h3>
<p class="answer">例えば: Not Found: The requested URL /moodle/file.php/2/myfile.jpg was not found on this server. と表示される場合。</p>
@@ -213,7 +213,7 @@
<p class="answer">&nbsp;</p>
-<h3><a name="resource1"></a>リソースを追加する時にエラーメッセージが表示されます。</h3>
+<h3><a name="resource1"></a>リソースを追加するときにエラーメッセージが表示されます。</h3>
<p class="answer">あなたはApacheを使用していると考えられます。その場合、config.phpの$CFG->wwwroot設定が実際のURLと異なっている可能性があります。
また、管理画面にある詳細設定の"<b>secureforms</b>"を「No」にすることを試してみてください。</p>
View
4 lang/ja/docs/install.html
@@ -184,7 +184,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="database"></a>4.2
<li>データベースフィールドに「moodle」と入力して「<strong>データベースの追加</strong>をクリックしてください。</li>
<li>ユーザ名とパスワード ( あなたが他の場所で使用するものではありません ) を必要箇所に入力して「<strong>ユーザの追加</strong>」をクリックしてください。</li>
<li>「<strong>データベースにユーザを追加</strong>」ボタンを使って、作成したデータベースに関する「<strong>全ての</strong>」権限を新しいユーザアカウントに与えてください。</li>
- <li>ユーザ名とデータベース名にはCpanelアカウント名が接頭辞として付加されますので注意してください。この情報をMoodleインストーラーに入力する時は、完全な名称を使ってください。</li>
+ <li>ユーザ名とデータベース名にはCpanelアカウント名が接頭辞として付加されますので注意してください。この情報をMoodleインストーラーに入力するときは、完全な名称を使ってください。</li>
</ol>
<p>Unixコマンドラインを使用できる場合は、同じようなことをコマンド入力で行うことができます。</p>
<p>MySQLのUnixコマンドラインの例です: </p>
@@ -257,7 +257,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="admin"></a>5.
<blockquote>
<blockquote>
<blockquote>
- <p><strong>後で管理ページにアクセスする時に必要な管理者のユーザ名とパスワードを忘れないでください。</strong></p>
+ <p><strong>後で管理ページにアクセスするときに必要な管理者のユーザ名とパスワードを忘れないでください。</strong></p>
</blockquote>
</blockquote>
</blockquote>
View
2 lang/ja/docs/licence.html
@@ -137,7 +137,7 @@
用許諾の条項に従って第三者へ無償で使用許諾すること。
(c) 変更したプログラムが実行時に通常の対話的な方法でコマンドを読むようになっ
- ているとすれば、最も普通の方法で対話的にそのプログラムを実行する時に
+ ているとすれば、最も普通の方法で対話的にそのプログラムを実行するときに
次の内容を示す文言がプリンタへ印字されるか、或いは画面に表示されること。
・適切な著作権表示。
View
2 lang/ja/docs/philosophy.html
@@ -25,7 +25,7 @@
</blockquote>
<h3>2. 構築主義</h3>
<blockquote>
- <p>学習は、他の人のために何かを構築するという経験をする時が特に効果的であると、構築主義では主張しています。これは、話された文章、インターネット上の投稿から、さらに複雑な絵画、家、ソフトウェアパッケージのような作品であり得ます。</p>
+ <p>学習は、他の人のために何かを構築するという経験をするときが特に効果的であると、構築主義では主張しています。これは、話された文章、インターネット上の投稿から、さらに複雑な絵画、家、ソフトウェアパッケージのような作品であり得ます。</p>
<p>例えば、このページを数回読んだとしても明日になれば忘れてしまうことでしょう。しかし、あなたがこれらの考え方を誰かに自分の言葉で説明しようと試みる場合、またはこれらの概念に関してスライドショーを製作する場合は、あなた自身の考え方に統合された、より良い理解を得ることができることを保証します。これが、後で読むことが無いとしても、人々が講義中にノートを取る理由です。</p>
</blockquote>
<h3>3. 社会的構築主義</h3>
View
2 lang/ja/docs/translation.html
@@ -65,7 +65,7 @@
<h3 style="margin-left: 40px;">小規模なカスタマイズ<br />
</h3>
-<p style="margin-left: 80px;">あなたのサイトに合うように、少しのインターフェースを変更したい場合、<span style="font-weight: bold;">標準言語パックを編集し始めないでください</span>。&nbsp; 標準言語パックを編集した場合、次に新しいMoodleにアップグレードする時に、あなたの変更した内容が上書きされます。<br />
+<p style="margin-left: 80px;">あなたのサイトに合うように、少しのインターフェースを変更したい場合、<span style="font-weight: bold;">標準言語パックを編集し始めないでください</span>。&nbsp; 標準言語パックを編集した場合、次に新しいMoodleにアップグレードするときに、あなたの変更した内容が上書きされます。<br />
</p>
<p style="margin-left: 80px;">新しい言語パックを作成するために、代わりに上記の説明書を使用し、あなたの言語に一番近い親言語 ( parent language、moodle.php内 ) を設定してください。&nbsp;例えば、ローカル英語バージョンの良いネーミングは「<span style="font-style: italic;">en_local</span>」で、親言語は「<span style="font-style: italic;">en</span>」または「<span style="font-style: italic;">en_us</span>」です。</p>
<p style="margin-left: 80px;">あなたのサイトで全ての人が新しい言語パックを見るようにするためには、<span style="font-weight: bold;">管理&gt;&gt; 設定&gt;&gt; 詳細設定</span> で新しい言語パックをサイト言語に選択して、利用可能な他の言語を制限する必要があります。<br />
View
2 lang/ja/enrol_authorize.php
@@ -6,7 +6,7 @@
$string['adminauthorizeemail'] = 'メール送信設定';
$string['adminauthorizesettings'] = 'Authorize.net 設定';
$string['adminauthorizewide'] = 'サイト全体の設定';
-$string['adminavs'] = 'あなたのauthorize.netアカウントで住所確認システム ( AVS:Address Verification System ) を有効にした場合は、ここをチェックしてください。この設定により、ユーザが支払いフォームに入力する時に、市町村、県、国および郵便番号の入力が求められます。';
+$string['adminavs'] = 'あなたのauthorize.netアカウントで住所確認システム ( AVS:Address Verification System ) を有効にした場合は、ここをチェックしてください。この設定により、ユーザが支払いフォームに入力するときに、市町村、県、国および郵便番号の入力が求められます。';
$string['admincronsetup'] = 'cron.phpメンテナンススクリプトが少なくとも24時間稼動していません。<br />オートキャプチャ機能を使用したい場合、Cronを有効にする必要があります。<br />再度 <a href=\"../doc/?frame=install.html&sub=cron\">cronの設定</a> または「an_review again」のチェックを外してください。<br />オートキャプチャを無効にすると、30日以内にトランザクションを検査しない場合、トランザクションはキャンセルされます。<br />30日以内に支払いを手動で支払いを受け付け/拒否したい場合は、「an_review」をチェックして、<br />「an_capture_day」フィールドにゼロを入力してください。';
$string['adminemailexpired'] = 'トランザクションが失効する <b>$a</b> 日前に何件の「認可/保留キャプチャ」トランザクションがあったか警告メールを管理者へ送信します。 (0 = メール送信を停止する、デフォルト = 2、最大 = 5 )<br />手動キャプチャを有効にしている場合、便利です (an_review = チェック、 an_capture_day = 0 )。';
$string['adminhelpcapture'] = '手動で支払いを受け付け/拒否するだけではなく、支払いのキャンセルを防ぐためにオートキャプチャを使用したいと思います。どうすれば良いですか?
View
2 lang/ja/help/coursereports.html
@@ -6,4 +6,4 @@
<p>学生自身の活動レポートへのアクセス可否の設定は、コース設定にて教師が行います。特定のコースでは、これらのレポートは参加状況を学生に示す有効なツールとなりますが、他のコースでは必要ではありません。</p>
-<p>この設定をOFFにするもう1つの理由は、レポートを生成する時にサーバに対して負荷がかかるということです。規模が大きいクラス、または期間が長いクラスではこの設定をOFFにした方が良いでしょう。</p>
+<p>この設定をOFFにするもう1つの理由は、レポートを生成するときにサーバに対して負荷がかかるということです。規模が大きいクラス、または期間が長いクラスではこの設定をOFFにした方が良いでしょう。</p>
View
4 lang/ja/help/dialogue/closedialogue.html
@@ -6,5 +6,5 @@
<p>閉鎖されたダイアログを閲覧することは可能ですが、追加することはできません。
しかし、最終的には削除され、その時点で閲覧することもできなくなります。</p>
-<p>このダイアログを閉じて、さらにこの人と&quot;会話&quot;したい場合は、新しいダイアログを
-開始する必要があります。この人はダイアログを開始する時の一覧に再度表示されます。</p>
+<p>このダイアログを閉じて、さらにこの人と「会話」したい場合は、新しいダイアログを
+開始する必要があります。この人はダイアログを開始するときの一覧に再度表示されます。</p>
View
2 lang/ja/help/exercise/elements.html
@@ -10,7 +10,7 @@
<ol>
<li>評価要素の説明。ここでは、課題のどのアスペクトが評価されるか明示すべきです。評価が質的な場合、何が素晴らしい、平均、悪いと見なされるかに関して詳細を提示することは有益です。</li>
-<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算する時に、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
+<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算するときに、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
<p>カスタム尺度がこのコースに設定された場合、これらを使用することができます。しかしながら、このタイプの尺度がマルチポイント尺度として使用された場合、最初と最後の尺度アイテムのみが表示されますので注意してください。例えば、コースに「とても濡れている、濡れている、湿っている、乾いている」というカスタム尺度が作成された場合、この尺度は使用することができ、「とても濡れている」が一端の尺度として、「乾いている」が別の尺度として表示されます。</p></li>
View
2 lang/ja/help/exercise/grading.html
@@ -4,7 +4,7 @@
<p><b>学生の場合</b></p>
-<p>評価フォームは、主にあなたの課題が教師からどのように評価されたかを表示します。あなたの課題を提出する<b>前に</b>、このフォームに必要な情報を入力する必要があります。これをチェックリストとして使用することが可能です。あなたが保存する時に、フォームの内容は教師に送信<b>されません</b>。課題を提出して<b>いない</b>場合は、好きなだけこのフォームに戻って内容 ( および課題 ) を修正することができます。許可されていても、このフォームを完了した後、直ぐに課題を送信する必要はありませんので注意してください。しかし、あなたが課題を送信した場合、あなたの評価のコンテンツは凍結され、教師が利用できるようになります。</p>
+<p>評価フォームは、主にあなたの課題が教師からどのように評価されたかを表示します。あなたの課題を提出する<b>前に</b>、このフォームに必要な情報を入力する必要があります。これをチェックリストとして使用することが可能です。あなたが保存するときに、フォームの内容は教師に送信<b>されません</b>。課題を提出して<b>いない</b>場合は、好きなだけこのフォームに戻って内容 ( および課題 ) を修正することができます。許可されていても、このフォームを完了した後、直ぐに課題を送信する必要はありませんので注意してください。しかし、あなたが課題を送信した場合、あなたの評価のコンテンツは凍結され、教師が利用できるようになります。</p>
<p>教師が、あなたに課題の変更および再提出を要求した場合、「新しい」提出課題の再評価を求められることは<b>ありません</b>。この評価は「最初」のみ行います。</p>
View
2 lang/ja/help/exercise/gradingstrategy.html
@@ -11,7 +11,7 @@
<ol>
<li>評価要素の説明。ここでは、課題のどのアスペクトが評価されるか明示すべきです。評価が質的な場合、何が素晴らしい、平均、悪いと見なされるかに関して詳細を提示することは有益です。</li>
-<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算する時に、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
+<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算するときに、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
<p>カスタム尺度がこのコースに設定された場合、これらを使用することができます。しかしながら、このタイプの尺度がマルチポイント尺度として使用された場合、最初と最後の尺度アイテムのみが表示されますので注意してください。例えば、コースに「とても濡れている、濡れている、湿っている、乾いている」というカスタム尺度が作成された場合、この尺度は使用することができ、「とても濡れている」が一端の尺度として、「乾いている」が別の尺度として表示されます。</p></li>
View
2 lang/ja/help/exercise/specimen.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<p align="center"><b>評価見本フォーム</b></p>
-<p>このページでは、あなたの評価を評定する時に使用される実際のフォームの詳細を表示します。フォームは、あなたによって使用され、あなたの作業を教師が評定します。</p>
+<p>このページでは、あなたの評価を評定するときに使用される実際のフォームの詳細を表示します。フォームは、あなたによって使用され、あなたの作業を教師が評定します。</p>
<p>このフォームの評点を変更することができますが、変更した評点は保存されないことに注意してください。これは簡単な見本フォームですが、この課題中にあなたと教師によって使用されるフォームと大変類似しています。</p>
View
5 lang/ja/help/forum/ratings.html
@@ -5,7 +5,7 @@
2つの方法があるのですが、私達はそれぞれの方法を異なる割合で、異なる時間にこれらを使用しています。例えばほとんど分離認識を行う人(ジム)とほとんど関連認識を行う人(マリー)の2人の例を想像してください。
<ul>
<li>ジムは感覚や感情を持込まずにできるだけ「反対」することが好きです。異なる考え方
-の人と議論する時、彼は自分の考え方を守ることを好み、相手の考え方の穴を見つけます。彼は教科書や、尊敬されている教師や自身の経験によって証明されていない事実に関しては批判的です。ジムは典型的な<strong>分離認識</strong>の持ち主です。<br /><br />
+の人と議論するとき、彼は自分の考え方を守ることを好み、相手の考え方の穴を見つけます。彼は教科書や、尊敬されている教師や自身の経験によって証明されていない事実に関しては批判的です。ジムは典型的な<strong>分離認識</strong>の持ち主です。<br /><br />
</li>
<li>マリーは他の人に対して敏感です。彼女には相手に共感する能力があり、自分が関係できて「相手の立場に立ってものごとを理解できた」と感じるまで話を聞く傾向があります。彼女は自分に知識をもたらす、他の人の経験を共有することで学ぼうとします。 他の人と話す時、彼女は対立を避け、可能ならばしばしば論理的な提案で他の人の手助けをしようと試みます。マリーは典型的な<strong>関連認識</strong>の持ち主です。</li>
</ul>
@@ -31,5 +31,4 @@
<li>Galotti, K. M., Reimer, R. L., &amp; Drebus, D. W. (2001). Ways of knowing as learning styles: Learning MAGIC with a partner. Sex Roles, 44(7/8), 419-436.
<br />
</li>
-</ul>
-
+</ul>
View
4 lang/ja/help/forum/subscription.html
@@ -2,8 +2,8 @@
<p>メール購読を行うことにより、登録者には全ての投稿内容がメール配信されます。( メールは記事の投稿 <?php echo $CFG->maxeditingtime/60 ?> 分後に配信されます。 )</p>
-<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否かを選択することができます。</p>
+<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否か選択することができます。</p>
<p>教師が特定のフォーラムへ強制的に全員を登録したときは、クラスの全員に投稿内容がメール配信されます。</p>
-<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講する時に特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
+<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講するときに特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
View
4 lang/ja/help/forum/subscription2.html
@@ -2,11 +2,11 @@
<p>メール購読を行うことにより、登録者には全ての投稿内容がメール配信されます。( メールは記事の投稿 <?php echo $CFG->maxeditingtime/60 ?> 分後に配信されます。 )</p>
-<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否かを選択することができます。</p>
+<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否か選択することができます。</p>
<p>しかし、あなたが特定のフォーラムへ強制的に登録することを選択した場合、全てのコースユーザは自動的にメール通知登録されます。また、後でコースに登録するユーザも自動的にメール購読登録されます。</p>
-<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講する時に特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
+<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講するときに特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
<p>もし、あなたが「Yes, 最初のみ」オプションを選択した場合、現在および未来の全コースユーザは初期的にメール購読登録されますが、いつでも自分で登録解除することができます。もし、「Yes, 無期限」オプションを選択した場合は、自分で登録解除することができません。</p>
View
2 lang/ja/help/lesson/overview.html
@@ -21,7 +21,7 @@
<li>レッスン内には、1つ以上の分岐表を置くことができます。例えば、メイン分岐表の中にサブ分岐表を置いたレッスンは、専門家にとって使いやすい構造でしょう。</li>
<li>学生にレッスンの終了を知らせることは重要です。これは「レッスン終了」リンクをメイン分岐テーブルに設定することで行います。もう1つのオプションは、単純にレッスンの最後まで進む、レッスンの分岐終了です。ここでは「最終」が論理的順序の中で使われます。分岐終了ページによってレッスンが終了することは<i>ありません</i>。</li>
<li>レッスンが、1つまたはそれ以上の分岐表を含む場合、「問題の最小数」パラメータを適切な値に設定することをお勧めします。この値は、評点が計算される時に表示される問題ページ数の下限値です。このパラメータの設定を行わない場合、学生はレッスン内の単一の分岐にアクセスして、全ての問題に正しく答えると、最大評点でレッスンを終了することになります。</li>
-<li>さらに、分岐表がある場合、学生は同じ分岐表に1回以上アクセスすることができます。しかし、評点は<i>単一</i>の問題に対する答えにを元に計算されます。ですから、同じ問題に繰り返し答えても、評点は<i>増加しません</i>。( 実際は逆も真なりです。評点を計算する時に繰り返しを含む場合、閲覧したページ数が分母に加算されますので評点は低くなります。) 学生に対してレッスンの進歩に関する公正な考え方を与えるために、全ての分岐表ページで正答数、閲覧ページ数、現在の評点の詳細を表示してください。</li>
+<li>さらに、分岐表がある場合、学生は同じ分岐表に1回以上アクセスすることができます。しかし、評点は<i>単一</i>の問題に対する答えにを元に計算されます。ですから、同じ問題に繰り返し答えても、評点は<i>増加しません</i>。( 実際は逆も真なりです。評点を計算するときに繰り返しを含む場合、閲覧したページ数が分母に加算されますので評点は低くなります。) 学生に対してレッスンの進歩に関する公正な考え方を与えるために、全ての分岐表ページで正答数、閲覧ページ数、現在の評点の詳細を表示してください。</li>
<li><b>レッスン終了</b>は、レッスン終了のページに明確に到達したか、レッスンの最終 ( 論理的な ) ページから次のページにジャンプしたことを意味します。レッスン終了に到達した場合、学生にはお祝いメッセージと評点が表示されます。評点は、( 正答数 / ページ閲覧数 ) * レッスンのスコアによって求められます。</li>
<li>レッスンの終了に<i>到達せずに</i>学生が単にレッスンを離れた場合、学生には最初からレッスンを受験するか、最後に正しく答えた場所から始めるかの選択が与えられます。</li>
<li>再受験が許可されているレッスンでは、教師は「最終」評点に最高得点または平均点のどちらを使用するか選択できます。例えば、この評点は評点ページに表示されます。</li>
View
2 lang/ja/help/lesson/useeditor.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>HTMLエディタの使用</b></p>
-<p>このオプションが選択された場合、ページを編集する時にシンプルなテキストボックスの代わりにHTMLエディタ ( エディタと呼びます ) が表示されます。エディタを使用することで簡単にテキストの書式を整えたり、リンク等の「進んだ」機能を追加することができます。</p>
+<p>このオプションが選択された場合、ページを編集するときにシンプルなテキストボックスの代わりにHTMLエディタ ( エディタと呼びます ) が表示されます。エディタを使用することで簡単にテキストの書式を整えたり、リンク等の「進んだ」機能を追加することができます。</p>
<p>エディタは<b>エディタを使用</b>の隣のチェックボックスをチェックすることで利用できるようになります。エディタは個々の項目ベースで関連付けられます。例えば、<b>レスポンス 1</b>項目でエディタ使用にすると、その項目のみでエディタが使用可になり、他のレスポンスボックスではエディタは使用可に<i>なりません</i>。</p>
View
8 lang/ja/help/quiz/formatgift.html
@@ -14,7 +14,7 @@
解答に対して部分得点(%)を設定することもできます。</p>
-<p>テキストファイルを作成する時のエンコーディングは、各自のムードルで使用しているもの
+<p>テキストファイルを作成するときのエンコーディングは、各自のムードルで使用しているもの
と同じである必要があります。テスト・クイズのテキストファイルの例は、
@@ -26,7 +26,7 @@
<p><u>多肢選択問題(と一般の説明):</u><br />
- 多肢選択問題を作成する時は、解答部分({ }で囲まれている部分)に選択肢となる項目を記し、
+ 多肢選択問題を作成するときは、解答部分({ }で囲まれている部分)に選択肢となる項目を記し、
それらの選択肢中の誤っている項目の前に(~)を、正しい項目の前に(=)を付けます。</p>
@@ -92,7 +92,7 @@
この問題形式では、問題として記されている文章が正しいか誤っているかを選択するものです。
- 問題を作成する時は、各文章の最後に{TRUE} {FALSE}、もしくは短縮して{T} {F}を記します。</p>
+ 問題を作成するときは、各文章の最後に{TRUE} {FALSE}、もしくは短縮して{T} {F}を記します。</p>
<pre> Grant is buried in Grant's tomb.{F}
@@ -392,4 +392,4 @@
<p><font size="-1">GIFTドキュメンテーションの著者:Paul Tsuchido Shew http://ac.shew.jp. 日本語訳も同著者。<br/>
- この翻訳の最新編集:2004.02.21.</font></p>
+ この翻訳の最新編集:2004.02.21.</font></p>
View
4 lang/ja/help/quiz/questiondatasets.html
@@ -1,11 +1,11 @@
<p align="center"><b>問題データセット</b></p>
-<p>データセットは、問題(計算問題等)を作成する時に使用されるデータの集まりです。これは、問題内の変数に挿入されます。</p>
+<p>データセットは、問題(計算問題等)を作成するときに使用されるデータの集まりです。これは、問題内の変数に挿入されます。</p>
<p>あなたは、特定の問題のために「<i>プライベート</i>」データセットを作成することもできますし、同一カテゴリの全ての問題で「<i>再利用可能な</i>」データセットを作成することもできます。</p>
<p>データセットを使用する問題を作る場合、2つの画面が表示されます。</p>
<p>最初の画面では、それぞれの変数と置換されるデータセットを指定します。</p>
-<p>次の画面では、データセットに数値を追加することができます。個々の問題で学生に提示される数値は、このデータセットより選択されます。</p>
+<p>次の画面では、データセットに数値を追加することができます。個々の問題で学生に提示される数値は、このデータセットより選択されます。</p>
View
4 lang/ja/help/quiz/random.html
@@ -4,11 +4,11 @@
<p>小テストにランダム問題を追加した場合、受験ごとに同じカテゴリよりランダムに問題が選択されます。</p>
-<p>これは、学生が小テストを受験する時に異なる種類の問題が選択されることを意味します。再受験可能な場合、
+<p>これは、学生が小テストを受験するときに異なる種類の問題が選択されることを意味します。再受験可能な場合、
それぞれの受験では新しい問題を含むことになります。</p>
<p>小テストの中で同じ問題が表示されることはありません。もしあなたがいくつかのランダム問題を選択した場合、
それぞれに異なる問題が出題されます。ランダム問題とそれ以外の問題を混ぜた場合、ランダム問題はそれ以外の問題と
重複しないように選択されます。</p>
-<p>ランダム問題の評定は、あなたがランダム問題の最大評点として設定した値に合うように修正されます。</p>
+<p>ランダム問題の評定は、あなたがランダム問題の最大評点として設定した値に合うように修正されます。</p>
View
2 lang/ja/help/workshop/analysisofassessments.html
@@ -12,7 +12,7 @@
<li>教師評価の読み込みは、エラー分析段階で教師の評価と学生の評価を比較して、教師の評価に比重を与えます。教師が提出課題に対する学生の評価をコントロールするために自身の評定方法を持ちたい場合、教師は「エラーテーブル」で最小の平均的エラーを持つ評価者になる必要があります。教師がリストの最初に記載されていない場合、教師が最低の平均的なエラーを持つまで、教師評価の読み込み回数が増やされます。これは、教師の評価が支配的であり、教師のように評定する学生は同様にエラーテーブルの上位に記載されることを意味します。テーブルの下位に記載される学生は、教師の評価と合致しない手法により評定しています ( テーブルのトップに記載される学生ではありません )。教師の評価が利用できるほど、教師をテーブルの上位に移動させるために、必ずしもこのオプションを使用する必要はありません。このオプションでは、教師の評価が最終評点の計算に使用される場合、比重要素を適用<b>しません</b>ので注意してください。この計算では、教師の評価は学生と同じ比重を持ちます。例えば、学生の提出課題が教師から41%、相互評価者から45%および55%に評価された場合、提出課題の最終評定は、(41% + 45% + 55%) / 3、つまり47%になります。</li>
<li>評価の評定に対する比重は、最終評点の計算に使用されます。学生の「グレーディング・パフォーマンス」を計算するために簡単な公式が使用されます。これは、評価の最大数と比較して学生が行った「良い」評価の割合です。例えば、課題が学生に見本提出課題に対する3つの評価、および5つの相互評価を求めて、学生が7つの評価を行い、1つが分析から除外 ( 下記を参照 ) された場合、グレーディング・パフォーマンスは(7 - 1)/8、つまり75%になります。課題の最終評点は、このグレーディング・パフォーマンスおよび提出課題に与えられた評点の加重組み合せ ( または、提出課題が1つより多い場合の最高評点 ) です。提出課題の評点には常に比重1が設定されます。このオプションを例えば0.5に設定した場合、2つの評点が0.5:1の割合または33%のグレーディング・パフォーマンスおよび66%の提出課題の評定で合算されます。</li>
-<li>評価を落とすパーセンテージは、最終評点を計算する時に除かれる評価数を決定します。この数は2つの方法のうち1つで設定することができます。
+<li>評価を落とすパーセンテージは、最終評点を計算するときに除かれる評価数を決定します。この数は2つの方法のうち1つで設定することができます。
<ul><li>割り当てられた全ての課題を評価する場合、それぞれの学生にグレーディング・パフォーマンスを計算する方法を与えることで、下げられる評価が無い場合は ( この要素に関して ) 満点を達成します。教師がさらに判断できる平均評点を持ちたい場合、このオプションを30%に設定することで、平均グレーディング・パフォーマンスを約70% ( さらに学生が割り当てられた全ての課題を評定した場合 ) にすることができます。</li>
<li>代わりに、正当な値に抑制される平均エラー内の「良い」評価結果を残すために、下げる評価数を設定することができます。これらはエラーテーブルの4番目のカラムに表示されるパーセンテージです。例えば、全ての学生の評価が ( 平均的に ) 20%の範囲に位置すると考えることができます。次に、このカラムの数値が全て特定の範囲に位置するまで評価数を下方調整しながら、分析は何度も繰り返されます。</li>
</ul></li>
View
2 lang/ja/help/workshop/elements.html
@@ -12,7 +12,7 @@
<li>評価要素の尺度。所定の尺度が数多くあります。Yes/No尺度からマルチポイント尺度を通り、フルパーセンテージ尺度までの幅があります。それぞれの要素には、考えられるバリエイション数に適するよう選択されるべき独自の尺度があります。尺度は、全体の評点を計算する場合に、要素の重要度を決定しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持つ場合、2点の尺度には、100点の尺度と同じ「影響力」があります ...</li>
-<li>評価要素の比重。デフォルトでは、全体の評点を計算する時に、要素に同じ重要度が与えられます。より重要度の高い要素に1以上の比重を、より重要度の低い要素に1以下の比重を与えることによって、これを変更することができます。比重を変更することで最大評点に影響することはありません。最大評点は相互評価課題の最大評点パラメータで変更することができます。比重にはマイナスの値を割り当てることができますが、これは実験的な機能です。</li>
+<li>評価要素の比重。デフォルトでは、全体の評点を計算するときに、要素に同じ重要度が与えられます。より重要度の高い要素に1以上の比重を、より重要度の低い要素に1以下の比重を与えることによって、これを変更することができます。比重を変更することで最大評点に影響することはありません。最大評点は相互評価課題の最大評点パラメータで変更することができます。比重にはマイナスの値を割り当てることができますが、これは実験的な機能です。</li>
</ol>
</p>
View
2 lang/ja/help/workshop/gradinggrade.html
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>学生が評価に使用する評点</b></p>
<p>これは自分または他の学生の課題を評価するために学生に与える最大評点です。
-つまり、彼らが評価する時に使用する評点です。評価に対する実際の評点は、同じ提出課題の「最高」評点と比較しながらワークショップモジュールにより計算されます。
+つまり、彼らが評価するときに使用する評点です。評価に対する実際の評点は、同じ提出課題の「最高」評点と比較しながらワークショップモジュールにより計算されます。
「最高」評点は全ての評点の平均により近いものです。( 教師に1よりも大きな比重がかけられている場合、これは「比重がかけられた」平均です。 )
1つの提出課題に対して、1つの評価がなされた場合、単一の評点が「最高」評点とみなされます。
1つの提出課題に対して、2つの評価がなされた場合、両方とも「最高」評点とみなされます。
View
2 lang/ja/help/workshop/managing.html
@@ -5,7 +5,7 @@
<ol>
<li><p><b>課題の設定</b> 課題の評価は多数の評価要素に分割すべきです。このことにより、学生による課題評価の自由裁量をより少なくし、学生に評価のフレームワークを与えます。教師には評価要素を設定する役割が与えられ、この設定により評価シートが作成されます。( 詳細は評価シートのページをご覧ください。)</p>
-<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューする時の見本「解答」を提供します。</p>
+<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューするときの見本「解答」を提供します。</p>
<p>教師による提出課題例の登録は任意で、一部の課題には適切では無い場合もあります。</p></li>
View
2 lang/ja/help/workshop/managing2.html
@@ -5,7 +5,7 @@
<ol>
<li><p><b>課題の設定</b> 課題の評価は多数の評価要素に分割すべきです。このことにより、学生による課題評価の自由裁量をより少なくし、学生に評価のフレームワークを与えます。教師には評価要素を設定する役割が与えられ、この設定により評価シートが作成されます。( 詳細は評価シートのページをご覧ください。)</p>
-<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューする時の見本「解答」を提供します。</p>
+<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューするときの見本「解答」を提供します。</p>
<p>教師による提出課題例の登録は任意で、一部の課題には適切では無い場合もあります。</p>
View
2 lang/ja/help/workshop/nattachments.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>提出課題に求められる添付ファイル数</b></p>
-<p>ここで選択した値は、学生が課題を提出する時に、いくつの「アップロードボックス」を表示するか決定します。値には、添付ファイル無しのゼロを設定することができます。添付ファイルを求める場合、値は1、2から最大5まで設定することができます。通常、値は0または1ですが、いくつかの課題で学生に1つ以上の添付ファイルを提出するよう求めることができます。</p>
+<p>ここで選択した値は、学生が課題を提出するときに、いくつの「アップロードボックス」を表示するか決定します。値には、添付ファイル無しのゼロを設定することができます。添付ファイルを求める場合、値は1、2から最大5まで設定することができます。通常、値は0または1ですが、いくつかの課題で学生に1つ以上の添付ファイルを提出するよう求めることができます。</p>
<p>もし、値が3に設定され、学生が提出課題に2つの添付ファイルしか追加しなかった場合、2つのファイルが添付され警告メッセージは<b>表示されません</b>。従って、( 1回の操作で ) 課題を提出する場合、学生は、提出課題に最大このオプションで与えられた数の、任意の数のファイルを添付することができます。</p>
View
2 lang/ja/help/workshop/specimen.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<p align="center"><b>評価例</b></p>
-<p>ここでは、あなたの課題がどのように評価されるか詳細に説明します。 この評価例は、教師があなたの課題を評価する時に使用します。 さらに相互評価課題では、課題を評価するために、あなたとクラスメートが同様の評価例を使用します。</p>
+<p>ここでは、あなたの課題がどのように評価されるか詳細に説明します。 この評価例は、教師があなたの課題を評価するときに使用します。 さらに相互評価課題では、課題を評価するために、あなたとクラスメートが同様の評価例を使用します。</p>
<p>この評価例の評定を変更することができますが、実際には保存されませんので注意してください。これは簡単な評価例ですが、良く似た評価方法を教師、恐らくあなたがこの課題で使用します。</p>
View
2 lang/ja/help/workshop/submissionofexamples.html
@@ -4,7 +4,7 @@
<p>教師が、対応する課題のパラメータよりも少ない数のサンプル課題を登録した場合、学生にはそれらのサンプル課題のみ与えられます。</p>
-<p>教師がサンプル課題を登録した後に、それらの課題を評価することが重要です。学生がこれらのサンプル課題を評価する時に、教師による評価が内部的に使用されます。教師と学生が近くなればなるほど、学生に与えられる「評価のための評点」は高くなります。教師によって行われた評価は教師の個人的なものであり、課題のどのステージでも学生に表示されることはありません。しかし、これらの評価に関して学生に与えられた評点は、学生に表示されます。評定後、より良い評価のための評点を得たい場合は、学生に再評価の機会が与えられます。
+<p>教師がサンプル課題を登録した後に、それらの課題を評価することが重要です。学生がこれらのサンプル課題を評価するときに、教師による評価が内部的に使用されます。教師と学生が近くなればなるほど、学生に与えられる「評価のための評点」は高くなります。教師によって行われた評価は教師の個人的なものであり、課題のどのステージでも学生に表示されることはありません。しかし、これらの評価に関して学生に与えられた評点は、学生に表示されます。評定後、より良い評価のための評点を得たい場合は、学生に再評価の機会が与えられます。
</p>
<p>サンプル課題と評価は、ワークショップの管理画面より、閲覧および修正することができます。
View
2 lang/ja/install.php
@@ -4,7 +4,7 @@
$string['admindirerror'] = '設定されたadminディレクトリが間違っています。';
$string['admindirname'] = 'Adminディレクトリ';
-$string['admindirsetting'] = '稀に、コントロールパネルまたはその他の管理ツールにアクセスするためのURLとして/adminディレクトリを使用しているウェブホストがあります。残念ながら、これはMoodle管理ページの標準的なロケーションと衝突します。インストールする時にadminディレクトリをリネームすることが可能です。ここに新しいディレクトリ名を入力してください。例: <br/> <br /><b>moodleadmin</b><br /> <br />
+$string['admindirsetting'] = '稀に、コントロールパネルまたはその他の管理ツールにアクセスするためのURLとして/adminディレクトリを使用しているウェブホストがあります。残念ながら、これはMoodle管理ページの標準的なロケーションと衝突します。インストールするときにadminディレクトリをリネームすることが可能です。ここに新しいディレクトリ名を入力してください。例: <br/> <br /><b>moodleadmin</b><br /> <br />
これはMoodleのadminリンクを変更します。';
$string['caution'] = '警告';
$string['chooselanguage'] = '言語を選択してください。';
View
6 lang/ja/resource.php
@@ -5,7 +5,7 @@
$string['addresource'] = 'リソースを追加する';
$string['chooseafile'] = 'ファイルの選択またはアップロード';
$string['chooseparameter'] = 'パラメータを選択';
-$string['configallowlocalfiles'] = '新しいリソースを作成する時に、CDドライブやハードディスクのようなローカルファイルシステムへのリンクを許可します。この設定は、教室で全ての学生が共通のネットワークドライブやCDに保存されているファイルにアクセスするときに便利です。この機能を使用するには、ブラウザのセキュリティ設定の変更が必要な場合もあります。';
+$string['configallowlocalfiles'] = '新しいリソースを作成するときに、CDドライブやハードディスクのようなローカルファイルシステムへのリンクを許可します。この設定は、教室で全ての学生が共通のネットワークドライブやCDに保存されているファイルにアクセスするときに便利です。この機能を使用するには、ブラウザのセキュリティ設定の変更が必要な場合もあります。';
$string['configdefaulturl'] = 'ここでは新しいURLベースのリソースを作成する場合に前もって入力される値を設定します。';
$string['configfilterexternalpages'] = 'この設定により全ての外部リソース ( ウェブページ、アップロードしたHTMLファイル ) に現在設定されているフィルター ( 例えば用語集自動リンク ) が適用されます。設定することでコースページの動作が著しく遅くなる恐れがあります。必要がある時のみ注意してお使いください。';
$string['configframesize'] = 'フレーム内にウェブページやアップロードしたファイルが表示される場合のトップフレーム ( ナビゲーションを含む )のサイズ ( ピクセル ) です。';
@@ -20,8 +20,8 @@
$string['configpopupstatus'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでステータスバーを表示しますか?';
$string['configpopuptoolbar'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでツールバーを表示しますか?';
$string['configpopupwidth'] = '新しいポップアップウィンドウのデフォルトの幅は?';
-$string['configsecretphrase'] = 'このシークレットワードは、リソースをパラメータとして送信する時に使用する暗号コードを生成するために使用されます。暗号コードは、ユーザのIPアドレスとシークレットワードを結びつけてmd5により生成されます。これにより、リソースが高度にセキュリティ対策をとられた通信を実現することができます。';
-$string['configwebsearch'] = 'URLをウェブページまたはリンクとして追加する時、このロケーションは、ユーザがURLを検索するためのヘルプとして提供されます。';
+$string['configsecretphrase'] = 'このシークレットワードは、リソースをパラメータとして送信するときに使用する暗号コードを生成するために使用されます。暗号コードは、ユーザのIPアドレスとシークレットワードを結びつけてmd5により生成されます。これにより、リソースが高度にセキュリティ対策をとられた通信を実現することができます。';
+$string['configwebsearch'] = 'URLをウェブページまたはリンクとして追加するとき、このロケーションは、ユーザがURLを検索するためのヘルプとして提供されます。';
$string['configwindowsettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるウィンドウ設定に関する値を登録します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
$string['deploy'] = '配置';
$string['directlink'] = 'このファイルをダイレクトリンクする';
View
2 lang/ja_utf8/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 13, 2006
+LAST MODIFIED : January 14, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
4 lang/ja_utf8/auth.php
@@ -128,8 +128,8 @@
$string['createchangepassword'] = '無い場合は作成 - 強制変更';
$string['createpassword'] = '無い場合は作成';
$string['forcechangepassword'] = 'パスワード変更の強制';
-$string['forcechangepassword_help'] = '次にMoodleへログインする時に、ユーザのパスワード変更を強制します。';
-$string['forcechangepasswordfirst_help'] = '最初にMoodleへログインする時に、ユーザのパスワード変更を強制します。';
+$string['forcechangepassword_help'] = '次にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
+$string['forcechangepasswordfirst_help'] = '最初にMoodleへログインするときに、ユーザのパスワード変更を強制します。';
$string['guestloginbutton'] = 'ゲストログインボタン';
$string['infilefield'] = 'ファイルの必須フィールド';
$string['instructions'] = '説明';
View
4 lang/ja_utf8/docs/cvs.html
@@ -41,7 +41,7 @@
<p>さて、あなたはCVS書き込み権を与えられて、Moodleの開発およびメンテナンスに関して私達を支援することになりました! <a href="http://sourceforge.net/project/memberlist.php?group_id=30935">ご搭乗ありがとうございます</a>!</p>
<p><a target="_top" href="http://cvs.sourceforge.net/cgi-bin/viewcvs.cgi/moodle/moodle/">MoodleのCVSアーカイブ</a>を書き換えるためには、まず最初にSourceforgeにアカウントを持つ必要があります ( <a href="http://sourceforge.net/account/register.php">登録は無料で簡単です</a> )。このページの例として、あなたのユーザ名が <strong><font color="#990000">myusername</font></strong> で、パスワードが <strong><font color="#990000">mypassword</font></strong> だと仮定しましょう。<a target="_top" href="http://sourceforge.net/docman/display_doc.php?docid=768&amp;group_id=1#develhomedir">あなたのCVSホームディレクトリを作成するには</a>、sourceforge利用説明のスペシャルノートを取得してください - CVSで新しいアカウントを作成する場合、「有効」にする必要がある作業です。cvs.sourceforge.netにインタラクティブに接続するには、基本的にsshを使用する必要があります。</p>
<p>アカウントの作業を完了した時点で、<a target="_top" href="http://moodle.org/user/view.php?id=1&amp;course=1">Martin Dougiamas</a>に連絡してください。あなたのアカウントが特定のMoodleディレクトリに書き込みアクセスできるように、彼が設定作業を行います。</p>
- <p>CVSコマンドを実行する時に毎回 <strong><font color="#990000">mypassword</font></strong> の入力を避けるには、<a target="_top" href="http://sourceforge.net/account/editsshkeys.php">認証キーを使用するためのSourceforge道案内</a>に従ってください。このステップは任意ですが、あなたのCVSに関する経験をさらに素晴らしくすることができます。</p>
+ <p>CVSコマンドを実行するときに毎回 <strong><font color="#990000">mypassword</font></strong> の入力を避けるには、<a target="_top" href="http://sourceforge.net/account/editsshkeys.php">認証キーを使用するためのSourceforge道案内</a>に従ってください。このステップは任意ですが、あなたのCVSに関する経験をさらに素晴らしくすることができます。</p>
<p>この作業が完了したら、あなたが必要な全てのパーミッションを設定する必要があります。そして、あなたのマシンを設定して、現在のソースをダウンロードすることで、作業を開始することができます。</p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
@@ -175,7 +175,7 @@
</li>
</ol>
<p><br />
- 最後に、可能であればステイブルブランチ内にあるMoodleの全てのversion.phpファイルの値 <em>$version</em> を更新しないでください ( 必要であれば最後の桁を除いて )。理由は、非常に安定したバージョンから次の安定したバージョンにアップデートする時に、トランクで起こったデータベースへのアップグレードを逃す可能性があるからです。</p>
+ 最後に、可能であればステイブルブランチ内にあるMoodleの全てのversion.phpファイルの値 <em>$version</em> を更新しないでください ( 必要であれば最後の桁を除いて )。理由は、非常に安定したバージョンから次の安定したバージョンにアップデートするときに、トランクで起こったデータベースへのアップグレードを逃す可能性があるからです。</p>
</blockquote>
<br />
<h3><a name="n4.3" id="n4.3"></a>4.3 大幅な変更に関するフィーチャーブランチ</h3>
View
10 lang/ja_utf8/docs/faq.html
@@ -26,9 +26,9 @@
ファイアーウォールがMoodleに影響を及ぼすことはほとんどありませんが、ファイアーウォールの設定ミスにより
Moodleの機能に影響を及ぼすことがあります。
-<p class="normaltext">該当する答えを閲覧する時は下記のリンクをお使いください:</p>
+<p class="normaltext">該当する答えを閲覧するときは下記のリンクをお使いください:</p>
-<p class="questionlink"><a href="#filenotfound">アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</a></p>
+<p class="questionlink"><a href="#filenotfound">アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧するときに、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</a></p>
<p class="questionlink"><a href="#php">PHP - どのバージョンがインストールされていますか?</a></p>
@@ -48,7 +48,7 @@
<p class="questionlink"><a href="#loginsetting">ログインしてもログインリンクが変わりません。ログインして自由にサイトを閲覧できます。</a></p>
-<p class="questionlink"><a href="#resource1">リソースを追加する時にエラーメッセージが表示されます。</a></p>
+<p class="questionlink"><a href="#resource1">リソースを追加するときにエラーメッセージが表示されます。</a></p>
<p class="questionlink"><a href="#noadmin">初期設定プロセスにおいて、管理者アカウントの作成を聞かれません!</a></p>
@@ -62,7 +62,7 @@
<p class="questionlink">&nbsp;</p>
-<h3><a name="filenotfound"></a>アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</h3>
+<h3><a name="filenotfound"></a>アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧するときに、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</h3>
<p class="answer">例えば: Not Found: The requested URL /moodle/file.php/2/myfile.jpg was not found on this server. と表示される場合。</p>
@@ -213,7 +213,7 @@
<p class="answer">&nbsp;</p>
-<h3><a name="resource1"></a>リソースを追加する時にエラーメッセージが表示されます。</h3>
+<h3><a name="resource1"></a>リソースを追加するときにエラーメッセージが表示されます。</h3>
<p class="answer">あなたはApacheを使用していると考えられます。その場合、config.phpの$CFG->wwwroot設定が実際のURLと異なっている可能性があります。
また、管理画面にある詳細設定の"<b>secureforms</b>"を「No」にすることを試してみてください。</p>
View
4 lang/ja_utf8/docs/install.html
@@ -184,7 +184,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="database"></a>4.2 データベースの作
<li>データベースフィールドに「moodle」と入力して「<strong>データベースの追加</strong>をクリックしてください。</li>
<li>ユーザ名とパスワード ( あなたが他の場所で使用するものではありません ) を必要箇所に入力して「<strong>ユーザの追加</strong>」をクリックしてください。</li>
<li>「<strong>データベースにユーザを追加</strong>」ボタンを使って、作成したデータベースに関する「<strong>全ての</strong>」権限を新しいユーザアカウントに与えてください。</li>
- <li>ユーザ名とデータベース名にはCpanelアカウント名が接頭辞として付加されますので注意してください。この情報をMoodleインストーラーに入力する時は、完全な名称を使ってください。</li>
+ <li>ユーザ名とデータベース名にはCpanelアカウント名が接頭辞として付加されますので注意してください。この情報をMoodleインストーラーに入力するときは、完全な名称を使ってください。</li>
</ol>
<p>Unixコマンドラインを使用できる場合は、同じようなことをコマンド入力で行うことができます。</p>
<p>MySQLのUnixコマンドラインの例です: </p>
@@ -257,7 +257,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="admin"></a>5. 設定を続けるために管
<blockquote>
<blockquote>
<blockquote>
- <p><strong>後で管理ページにアクセスする時に必要な管理者のユーザ名とパスワードを忘れないでください。</strong></p>
+ <p><strong>後で管理ページにアクセスするときに必要な管理者のユーザ名とパスワードを忘れないでください。</strong></p>
</blockquote>
</blockquote>
</blockquote>
View
2 lang/ja_utf8/docs/licence.html
@@ -137,7 +137,7 @@
用許諾の条項に従って第三者へ無償で使用許諾すること。
(c) 変更したプログラムが実行時に通常の対話的な方法でコマンドを読むようになっ
- ているとすれば、最も普通の方法で対話的にそのプログラムを実行する時に
+ ているとすれば、最も普通の方法で対話的にそのプログラムを実行するときに
次の内容を示す文言がプリンタへ印字されるか、或いは画面に表示されること。
・適切な著作権表示。
View
2 lang/ja_utf8/docs/philosophy.html
@@ -25,7 +25,7 @@
</blockquote>
<h3>2. 構築主義</h3>
<blockquote>
- <p>学習は、他の人のために何かを構築するという経験をする時が特に効果的であると、構築主義では主張しています。これは、話された文章、インターネット上の投稿から、さらに複雑な絵画、家、ソフトウェアパッケージのような作品であり得ます。</p>
+ <p>学習は、他の人のために何かを構築するという経験をするときが特に効果的であると、構築主義では主張しています。これは、話された文章、インターネット上の投稿から、さらに複雑な絵画、家、ソフトウェアパッケージのような作品であり得ます。</p>
<p>例えば、このページを数回読んだとしても明日になれば忘れてしまうことでしょう。しかし、あなたがこれらの考え方を誰かに自分の言葉で説明しようと試みる場合、またはこれらの概念に関してスライドショーを製作する場合は、あなた自身の考え方に統合された、より良い理解を得ることができることを保証します。これが、後で読むことが無いとしても、人々が講義中にノートを取る理由です。</p>
</blockquote>
<h3>3. 社会的構築主義</h3>
View
2 lang/ja_utf8/docs/translation.html
@@ -65,7 +65,7 @@
<h3 style="margin-left: 40px;">小規模なカスタマイズ<br />
</h3>
-<p style="margin-left: 80px;">あなたのサイトに合うように、少しのインターフェースを変更したい場合、<span style="font-weight: bold;">標準言語パックを編集し始めないでください</span>。&nbsp; 標準言語パックを編集した場合、次に新しいMoodleにアップグレードする時に、あなたの変更した内容が上書きされます。<br />
+<p style="margin-left: 80px;">あなたのサイトに合うように、少しのインターフェースを変更したい場合、<span style="font-weight: bold;">標準言語パックを編集し始めないでください</span>。&nbsp; 標準言語パックを編集した場合、次に新しいMoodleにアップグレードするときに、あなたの変更した内容が上書きされます。<br />
</p>
<p style="margin-left: 80px;">新しい言語パックを作成するために、代わりに上記の説明書を使用し、あなたの言語に一番近い親言語 ( parent language、moodle.php内 ) を設定してください。&nbsp;例えば、ローカル英語バージョンの良いネーミングは「<span style="font-style: italic;">en_local</span>」で、親言語は「<span style="font-style: italic;">en</span>」または「<span style="font-style: italic;">en_us</span>」です。</p>
<p style="margin-left: 80px;">あなたのサイトで全ての人が新しい言語パックを見るようにするためには、<span style="font-weight: bold;">管理&gt;&gt; 設定&gt;&gt; 詳細設定</span> で新しい言語パックをサイト言語に選択して、利用可能な他の言語を制限する必要があります。<br />
View
2 lang/ja_utf8/enrol_authorize.php
@@ -6,7 +6,7 @@
$string['adminauthorizeemail'] = 'メール送信設定';
$string['adminauthorizesettings'] = 'Authorize.net 設定';
$string['adminauthorizewide'] = 'サイト全体の設定';
-$string['adminavs'] = 'あなたのauthorize.netアカウントで住所確認システム ( AVS:Address Verification System ) を有効にした場合は、ここをチェックしてください。この設定により、ユーザが支払いフォームに入力する時に、市町村、県、国および郵便番号の入力が求められます。';
+$string['adminavs'] = 'あなたのauthorize.netアカウントで住所確認システム ( AVS:Address Verification System ) を有効にした場合は、ここをチェックしてください。この設定により、ユーザが支払いフォームに入力するときに、市町村、県、国および郵便番号の入力が求められます。';
$string['admincronsetup'] = 'cron.phpメンテナンススクリプトが少なくとも24時間稼動していません。<br />オートキャプチャ機能を使用したい場合、Cronを有効にする必要があります。<br />再度 <a href=\"../doc/?frame=install.html&sub=cron\">cronの設定</a> または「an_review again」のチェックを外してください。<br />オートキャプチャを無効にすると、30日以内にトランザクションを検査しない場合、トランザクションはキャンセルされます。<br />30日以内に支払いを手動で支払いを受け付け/拒否したい場合は、「an_review」をチェックして、<br />「an_capture_day」フィールドにゼロを入力してください。';
$string['adminemailexpired'] = 'トランザクションが失効する <b>$a</b> 日前に何件の「認可/保留キャプチャ」トランザクションがあったか警告メールを管理者へ送信します。 (0 = メール送信を停止する、デフォルト = 2、最大 = 5 )<br />手動キャプチャを有効にしている場合、便利です (an_review = チェック、 an_capture_day = 0 )。';
$string['adminhelpcapture'] = '手動で支払いを受け付け/拒否するだけではなく、支払いのキャンセルを防ぐためにオートキャプチャを使用したいと思います。どうすれば良いですか?
View
2 lang/ja_utf8/help/coursereports.html
@@ -6,4 +6,4 @@
<p>学生自身の活動レポートへのアクセス可否の設定は、コース設定にて教師が行います。特定のコースでは、これらのレポートは参加状況を学生に示す有効なツールとなりますが、他のコースでは必要ではありません。</p>
-<p>この設定をOFFにするもう1つの理由は、レポートを生成する時にサーバに対して負荷がかかるということです。規模が大きいクラス、または期間が長いクラスではこの設定をOFFにした方が良いでしょう。</p>
+<p>この設定をOFFにするもう1つの理由は、レポートを生成するときにサーバに対して負荷がかかるということです。規模が大きいクラス、または期間が長いクラスではこの設定をOFFにした方が良いでしょう。</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/dialogue/closedialogue.html
@@ -6,5 +6,5 @@
<p>閉鎖されたダイアログを閲覧することは可能ですが、追加することはできません。
しかし、最終的には削除され、その時点で閲覧することもできなくなります。</p>
-<p>このダイアログを閉じて、さらにこの人と&quot;会話&quot;したい場合は、新しいダイアログを
-開始する必要があります。この人はダイアログを開始する時の一覧に再度表示されます。</p>
+<p>このダイアログを閉じて、さらにこの人と「会話」したい場合は、新しいダイアログを
+開始する必要があります。この人はダイアログを開始するときの一覧に再度表示されます。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/exercise/elements.html
@@ -10,7 +10,7 @@
<ol>
<li>評価要素の説明。ここでは、課題のどのアスペクトが評価されるか明示すべきです。評価が質的な場合、何が素晴らしい、平均、悪いと見なされるかに関して詳細を提示することは有益です。</li>
-<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算する時に、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
+<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算するときに、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
<p>カスタム尺度がこのコースに設定された場合、これらを使用することができます。しかしながら、このタイプの尺度がマルチポイント尺度として使用された場合、最初と最後の尺度アイテムのみが表示されますので注意してください。例えば、コースに「とても濡れている、濡れている、湿っている、乾いている」というカスタム尺度が作成された場合、この尺度は使用することができ、「とても濡れている」が一端の尺度として、「乾いている」が別の尺度として表示されます。</p></li>
View
2 lang/ja_utf8/help/exercise/grading.html
@@ -4,7 +4,7 @@
<p><b>学生の場合</b></p>
-<p>評価フォームは、主にあなたの課題が教師からどのように評価されたかを表示します。あなたの課題を提出する<b>前に</b>、このフォームに必要な情報を入力する必要があります。これをチェックリストとして使用することが可能です。あなたが保存する時に、フォームの内容は教師に送信<b>されません</b>。課題を提出して<b>いない</b>場合は、好きなだけこのフォームに戻って内容 ( および課題 ) を修正することができます。許可されていても、このフォームを完了した後、直ぐに課題を送信する必要はありませんので注意してください。しかし、あなたが課題を送信した場合、あなたの評価のコンテンツは凍結され、教師が利用できるようになります。</p>
+<p>評価フォームは、主にあなたの課題が教師からどのように評価されたかを表示します。あなたの課題を提出する<b>前に</b>、このフォームに必要な情報を入力する必要があります。これをチェックリストとして使用することが可能です。あなたが保存するときに、フォームの内容は教師に送信<b>されません</b>。課題を提出して<b>いない</b>場合は、好きなだけこのフォームに戻って内容 ( および課題 ) を修正することができます。許可されていても、このフォームを完了した後、直ぐに課題を送信する必要はありませんので注意してください。しかし、あなたが課題を送信した場合、あなたの評価のコンテンツは凍結され、教師が利用できるようになります。</p>
<p>教師が、あなたに課題の変更および再提出を要求した場合、「新しい」提出課題の再評価を求められることは<b>ありません</b>。この評価は「最初」のみ行います。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/exercise/gradingstrategy.html
@@ -11,7 +11,7 @@
<ol>
<li>評価要素の説明。ここでは、課題のどのアスペクトが評価されるか明示すべきです。評価が質的な場合、何が素晴らしい、平均、悪いと見なされるかに関して詳細を提示することは有益です。</li>
-<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算する時に、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
+<li><p>評価要素の尺度。数多くの所定の尺度があります。これらの範囲は、単純なYes/No尺度、マルチポイント尺度からフルパーセンテージ尺度まであります。それぞれの要素には、可能性のあるバリエイションに適合するために選択する独自の尺度があります。尺度は、全体的な評点を計算するときに、要素の重要度を判断しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持っている場合、2点の尺度は100点の尺度と同じ「影響力」を持ちます。</p>
<p>カスタム尺度がこのコースに設定された場合、これらを使用することができます。しかしながら、このタイプの尺度がマルチポイント尺度として使用された場合、最初と最後の尺度アイテムのみが表示されますので注意してください。例えば、コースに「とても濡れている、濡れている、湿っている、乾いている」というカスタム尺度が作成された場合、この尺度は使用することができ、「とても濡れている」が一端の尺度として、「乾いている」が別の尺度として表示されます。</p></li>
View
2 lang/ja_utf8/help/exercise/specimen.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<p align="center"><b>評価見本フォーム</b></p>
-<p>このページでは、あなたの評価を評定する時に使用される実際のフォームの詳細を表示します。フォームは、あなたによって使用され、あなたの作業を教師が評定します。</p>
+<p>このページでは、あなたの評価を評定するときに使用される実際のフォームの詳細を表示します。フォームは、あなたによって使用され、あなたの作業を教師が評定します。</p>
<p>このフォームの評点を変更することができますが、変更した評点は保存されないことに注意してください。これは簡単な見本フォームですが、この課題中にあなたと教師によって使用されるフォームと大変類似しています。</p>
View
7 lang/ja_utf8/help/forum/ratings.html
@@ -5,7 +5,7 @@
2つの方法があるのですが、私達はそれぞれの方法を異なる割合で、異なる時間にこれらを使用しています。例えばほとんど分離認識を行う人(ジム)とほとんど関連認識を行う人(マリー)の2人の例を想像してください。
<ul>
<li>ジムは感覚や感情を持込まずにできるだけ「反対」することが好きです。異なる考え方
-の人と議論する時、彼は自分の考え方を守ることを好み、相手の考え方の穴を見つけます。彼は教科書や、尊敬されている教師や自身の経験によって証明されていない事実に関しては批判的です。ジムは典型的な<strong>分離認識</strong>の持ち主です。<br /><br />
+の人と議論するとき、彼は自分の考え方を守ることを好み、相手の考え方の穴を見つけます。彼は教科書や、尊敬されている教師や自身の経験によって証明されていない事実に関しては批判的です。ジムは典型的な<strong>分離認識</strong>の持ち主です。<br /><br />
</li>
<li>マリーは他の人に対して敏感です。彼女には相手に共感する能力があり、自分が関係できて「相手の立場に立ってものごとを理解できた」と感じるまで話を聞く傾向があります。彼女は自分に知識をもたらす、他の人の経験を共有することで学ぼうとします。 他の人と話す時、彼女は対立を避け、可能ならばしばしば論理的な提案で他の人の手助けをしようと試みます。マリーは典型的な<strong>関連認識</strong>の持ち主です。</li>
</ul>
@@ -18,7 +18,7 @@
</blockquote>
結果はどのような場合でも学生の評価使わずに、コミュニケーション能力と学習を向上させるために
使います。
-<hr>
+<hr/>
興味がある方のために、これらの理論を独自に考案した研究者の参考文献を掲載します。:
<ul>
@@ -31,5 +31,4 @@
<li>Galotti, K. M., Reimer, R. L., &amp; Drebus, D. W. (2001). Ways of knowing as learning styles: Learning MAGIC with a partner. Sex Roles, 44(7/8), 419-436.
<br />
</li>
-</ul>
-
+</ul>
View
4 lang/ja_utf8/help/forum/subscription.html
@@ -2,8 +2,8 @@
<p>メール購読を行うことにより、登録者には全ての投稿内容がメール配信されます。( メールは記事の投稿 <?php echo $CFG->maxeditingtime/60 ?> 分後に配信されます。 )</p>
-<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否かを選択することができます。</p>
+<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否か選択することができます。</p>
<p>教師が特定のフォーラムへ強制的に全員を登録したときは、クラスの全員に投稿内容がメール配信されます。</p>
-<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講する時に特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
+<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講するときに特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/forum/subscription2.html
@@ -2,11 +2,11 @@
<p>メール購読を行うことにより、登録者には全ての投稿内容がメール配信されます。( メールは記事の投稿 <?php echo $CFG->maxeditingtime/60 ?> 分後に配信されます。 )</p>
-<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否かを選択することができます。</p>
+<p>通常、それぞれがフォーラムでメール購読するか否か選択することができます。</p>
<p>しかし、あなたが特定のフォーラムへ強制的に登録することを選択した場合、全てのコースユーザは自動的にメール通知登録されます。また、後でコースに登録するユーザも自動的にメール購読登録されます。</p>
-<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講する時に特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
+<p>この機能は、ニュースフォーラムや新たにコースを開講するときに特に便利です。( 事前にメールアドレスを学生自身で登録する必要があります。 )</p>
<p>もし、あなたが「Yes, 最初のみ」オプションを選択した場合、現在および未来の全コースユーザは初期的にメール購読登録されますが、いつでも自分で登録解除することができます。もし、「Yes, 無期限」オプションを選択した場合は、自分で登録解除することができません。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/lesson/overview.html
@@ -21,7 +21,7 @@
<li>レッスン内には、1つ以上の分岐表を置くことができます。例えば、メイン分岐表の中にサブ分岐表を置いたレッスンは、専門家にとって使いやすい構造でしょう。</li>
<li>学生にレッスンの終了を知らせることは重要です。これは「レッスン終了」リンクをメイン分岐テーブルに設定することで行います。もう1つのオプションは、単純にレッスンの最後まで進む、レッスンの分岐終了です。ここでは「最終」が論理的順序の中で使われます。分岐終了ページによってレッスンが終了することは<i>ありません</i>。</li>
<li>レッスンが、1つまたはそれ以上の分岐表を含む場合、「問題の最小数」パラメータを適切な値に設定することをお勧めします。この値は、評点が計算される時に表示される問題ページ数の下限値です。このパラメータの設定を行わない場合、学生はレッスン内の単一の分岐にアクセスして、全ての問題に正しく答えると、最大評点でレッスンを終了することになります。</li>
-<li>さらに、分岐表がある場合、学生は同じ分岐表に1回以上アクセスすることができます。しかし、評点は<i>単一</i>の問題に対する答えにを元に計算されます。ですから、同じ問題に繰り返し答えても、評点は<i>増加しません</i>。( 実際は逆も真なりです。評点を計算する時に繰り返しを含む場合、閲覧したページ数が分母に加算されますので評点は低くなります。) 学生に対してレッスンの進歩に関する公正な考え方を与えるために、全ての分岐表ページで正答数、閲覧ページ数、現在の評点の詳細を表示してください。</li>
+<li>さらに、分岐表がある場合、学生は同じ分岐表に1回以上アクセスすることができます。しかし、評点は<i>単一</i>の問題に対する答えにを元に計算されます。ですから、同じ問題に繰り返し答えても、評点は<i>増加しません</i>。( 実際は逆も真なりです。評点を計算するときに繰り返しを含む場合、閲覧したページ数が分母に加算されますので評点は低くなります。) 学生に対してレッスンの進歩に関する公正な考え方を与えるために、全ての分岐表ページで正答数、閲覧ページ数、現在の評点の詳細を表示してください。</li>
<li><b>レッスン終了</b>は、レッスン終了のページに明確に到達したか、レッスンの最終 ( 論理的な ) ページから次のページにジャンプしたことを意味します。レッスン終了に到達した場合、学生にはお祝いメッセージと評点が表示されます。評点は、( 正答数 / ページ閲覧数 ) * レッスンのスコアによって求められます。</li>
<li>レッスンの終了に<i>到達せずに</i>学生が単にレッスンを離れた場合、学生には最初からレッスンを受験するか、最後に正しく答えた場所から始めるかの選択が与えられます。</li>
<li>再受験が許可されているレッスンでは、教師は「最終」評点に最高得点または平均点のどちらを使用するか選択できます。例えば、この評点は評点ページに表示されます。</li>
View
2 lang/ja_utf8/help/lesson/useeditor.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>HTMLエディタの使用</b></p>
-<p>このオプションが選択された場合、ページを編集する時にシンプルなテキストボックスの代わりにHTMLエディタ ( エディタと呼びます ) が表示されます。エディタを使用することで簡単にテキストの書式を整えたり、リンク等の「進んだ」機能を追加することができます。</p>
+<p>このオプションが選択された場合、ページを編集するときにシンプルなテキストボックスの代わりにHTMLエディタ ( エディタと呼びます ) が表示されます。エディタを使用することで簡単にテキストの書式を整えたり、リンク等の「進んだ」機能を追加することができます。</p>
<p>エディタは<b>エディタを使用</b>の隣のチェックボックスをチェックすることで利用できるようになります。エディタは個々の項目ベースで関連付けられます。例えば、<b>レスポンス 1</b>項目でエディタ使用にすると、その項目のみでエディタが使用可になり、他のレスポンスボックスではエディタは使用可に<i>なりません</i>。</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/quiz/questiondatasets.html
@@ -1,11 +1,11 @@
<p align="center"><b>問題データセット</b></p>
-<p>データセットは、問題(計算問題等)を作成する時に使用されるデータの集まりです。これは、問題内の変数に挿入されます。</p>
+<p>データセットは、問題(計算問題等)を作成するときに使用されるデータの集まりです。これは、問題内の変数に挿入されます。</p>
<p>あなたは、特定の問題のために「<i>プライベート</i>」データセットを作成することもできますし、同一カテゴリの全ての問題で「<i>再利用可能な</i>」データセットを作成することもできます。</p>
<p>データセットを使用する問題を作る場合、2つの画面が表示されます。</p>
<p>最初の画面では、それぞれの変数と置換されるデータセットを指定します。</p>
-<p>次の画面では、データセットに数値を追加することができます。個々の問題で学生に提示される数値は、このデータセットより選択されます。</p>
+<p>次の画面では、データセットに数値を追加することができます。個々の問題で学生に提示される数値は、このデータセットより選択されます。</p>
View
4 lang/ja_utf8/help/quiz/random.html
@@ -4,11 +4,11 @@
<p>小テストにランダム問題を追加した場合、受験ごとに同じカテゴリよりランダムに問題が選択されます。</p>
-<p>これは、学生が小テストを受験する時に異なる種類の問題が選択されることを意味します。再受験可能な場合、
+<p>これは、学生が小テストを受験するときに異なる種類の問題が選択されることを意味します。再受験可能な場合、
それぞれの受験では新しい問題を含むことになります。</p>
<p>小テストの中で同じ問題が表示されることはありません。もしあなたがいくつかのランダム問題を選択した場合、
それぞれに異なる問題が出題されます。ランダム問題とそれ以外の問題を混ぜた場合、ランダム問題はそれ以外の問題と
重複しないように選択されます。</p>
-<p>ランダム問題の評定は、あなたがランダム問題の最大評点として設定した値に合うように修正されます。</p>
+<p>ランダム問題の評定は、あなたがランダム問題の最大評点として設定した値に合うように修正されます。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/analysisofassessments.html
@@ -12,7 +12,7 @@
<li>教師評価の読み込みは、エラー分析段階で教師の評価と学生の評価を比較して、教師の評価に比重を与えます。教師が提出課題に対する学生の評価をコントロールするために自身の評定方法を持ちたい場合、教師は「エラーテーブル」で最小の平均的エラーを持つ評価者になる必要があります。教師がリストの最初に記載されていない場合、教師が最低の平均的なエラーを持つまで、教師評価の読み込み回数が増やされます。これは、教師の評価が支配的であり、教師のように評定する学生は同様にエラーテーブルの上位に記載されることを意味します。テーブルの下位に記載される学生は、教師の評価と合致しない手法により評定しています ( テーブルのトップに記載される学生ではありません )。教師の評価が利用できるほど、教師をテーブルの上位に移動させるために、必ずしもこのオプションを使用する必要はありません。このオプションでは、教師の評価が最終評点の計算に使用される場合、比重要素を適用<b>しません</b>ので注意してください。この計算では、教師の評価は学生と同じ比重を持ちます。例えば、学生の提出課題が教師から41%、相互評価者から45%および55%に評価された場合、提出課題の最終評定は、(41% + 45% + 55%) / 3、つまり47%になります。</li>
<li>評価の評定に対する比重は、最終評点の計算に使用されます。学生の「グレーディング・パフォーマンス」を計算するために簡単な公式が使用されます。これは、評価の最大数と比較して学生が行った「良い」評価の割合です。例えば、課題が学生に見本提出課題に対する3つの評価、および5つの相互評価を求めて、学生が7つの評価を行い、1つが分析から除外 ( 下記を参照 ) された場合、グレーディング・パフォーマンスは(7 - 1)/8、つまり75%になります。課題の最終評点は、このグレーディング・パフォーマンスおよび提出課題に与えられた評点の加重組み合せ ( または、提出課題が1つより多い場合の最高評点 ) です。提出課題の評点には常に比重1が設定されます。このオプションを例えば0.5に設定した場合、2つの評点が0.5:1の割合または33%のグレーディング・パフォーマンスおよび66%の提出課題の評定で合算されます。</li>
-<li>評価を落とすパーセンテージは、最終評点を計算する時に除かれる評価数を決定します。この数は2つの方法のうち1つで設定することができます。
+<li>評価を落とすパーセンテージは、最終評点を計算するときに除かれる評価数を決定します。この数は2つの方法のうち1つで設定することができます。
<ul><li>割り当てられた全ての課題を評価する場合、それぞれの学生にグレーディング・パフォーマンスを計算する方法を与えることで、下げられる評価が無い場合は ( この要素に関して ) 満点を達成します。教師がさらに判断できる平均評点を持ちたい場合、このオプションを30%に設定することで、平均グレーディング・パフォーマンスを約70% ( さらに学生が割り当てられた全ての課題を評定した場合 ) にすることができます。</li>
<li>代わりに、正当な値に抑制される平均エラー内の「良い」評価結果を残すために、下げる評価数を設定することができます。これらはエラーテーブルの4番目のカラムに表示されるパーセンテージです。例えば、全ての学生の評価が ( 平均的に ) 20%の範囲に位置すると考えることができます。次に、このカラムの数値が全て特定の範囲に位置するまで評価数を下方調整しながら、分析は何度も繰り返されます。</li>
</ul></li>
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/elements.html
@@ -12,7 +12,7 @@
<li>評価要素の尺度。所定の尺度が数多くあります。Yes/No尺度からマルチポイント尺度を通り、フルパーセンテージ尺度までの幅があります。それぞれの要素には、考えられるバリエイション数に適するよう選択されるべき独自の尺度があります。尺度は、全体の評点を計算する場合に、要素の重要度を決定しませんので注意してください。それぞれの要素が同じ比重を持つ場合、2点の尺度には、100点の尺度と同じ「影響力」があります ...</li>
-<li>評価要素の比重。デフォルトでは、全体の評点を計算する時に、要素に同じ重要度が与えられます。より重要度の高い要素に1以上の比重を、より重要度の低い要素に1以下の比重を与えることによって、これを変更することができます。比重を変更することで最大評点に影響することはありません。最大評点は相互評価課題の最大評点パラメータで変更することができます。比重にはマイナスの値を割り当てることができますが、これは実験的な機能です。</li>
+<li>評価要素の比重。デフォルトでは、全体の評点を計算するときに、要素に同じ重要度が与えられます。より重要度の高い要素に1以上の比重を、より重要度の低い要素に1以下の比重を与えることによって、これを変更することができます。比重を変更することで最大評点に影響することはありません。最大評点は相互評価課題の最大評点パラメータで変更することができます。比重にはマイナスの値を割り当てることができますが、これは実験的な機能です。</li>
</ol>
</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/gradinggrade.html
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>学生が評価に使用する評点</b></p>
<p>これは自分または他の学生の課題を評価するために学生に与える最大評点です。
-つまり、彼らが評価する時に使用する評点です。評価に対する実際の評点は、同じ提出課題の「最高」評点と比較しながらワークショップモジュールにより計算されます。
+つまり、彼らが評価するときに使用する評点です。評価に対する実際の評点は、同じ提出課題の「最高」評点と比較しながらワークショップモジュールにより計算されます。
「最高」評点は全ての評点の平均により近いものです。( 教師に1よりも大きな比重がかけられている場合、これは「比重がかけられた」平均です。 )
1つの提出課題に対して、1つの評価がなされた場合、単一の評点が「最高」評点とみなされます。
1つの提出課題に対して、2つの評価がなされた場合、両方とも「最高」評点とみなされます。
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/managing.html
@@ -5,7 +5,7 @@
<ol>
<li><p><b>課題の設定</b> 課題の評価は多数の評価要素に分割すべきです。このことにより、学生による課題評価の自由裁量をより少なくし、学生に評価のフレームワークを与えます。教師には評価要素を設定する役割が与えられ、この設定により評価シートが作成されます。( 詳細は評価シートのページをご覧ください。)</p>
-<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューする時の見本「解答」を提供します。</p>
+<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューするときの見本「解答」を提供します。</p>
<p>教師による提出課題例の登録は任意で、一部の課題には適切では無い場合もあります。</p></li>
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/managing2.html
@@ -5,7 +5,7 @@
<ol>
<li><p><b>課題の設定</b> 課題の評価は多数の評価要素に分割すべきです。このことにより、学生による課題評価の自由裁量をより少なくし、学生に評価のフレームワークを与えます。教師には評価要素を設定する役割が与えられ、この設定により評価シートが作成されます。( 詳細は評価シートのページをご覧ください。)</p>
-<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューする時の見本「解答」を提供します。</p>
+<p>通常、評価要素の設定で教師は少数の提出課題例を登録します。これらは、学生が課題提出の準備をする前に、評価を行う練習となります。しかしながら、課題が学生に利用できる前に、これらの例は教師に評価される必要があります。これは、教師にこの提出課題に対する学生の評価 ( 次のフェーズで作成される ) をレビューするときの見本「解答」を提供します。</p>
<p>教師による提出課題例の登録は任意で、一部の課題には適切では無い場合もあります。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/nattachments.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>提出課題に求められる添付ファイル数</b></p>
-<p>ここで選択した値は、学生が課題を提出する時に、いくつの「アップロードボックス」を表示するか決定します。値には、添付ファイル無しのゼロを設定することができます。添付ファイルを求める場合、値は1、2から最大5まで設定することができます。通常、値は0または1ですが、いくつかの課題で学生に1つ以上の添付ファイルを提出するよう求めることができます。</p>
+<p>ここで選択した値は、学生が課題を提出するときに、いくつの「アップロードボックス」を表示するか決定します。値には、添付ファイル無しのゼロを設定することができます。添付ファイルを求める場合、値は1、2から最大5まで設定することができます。通常、値は0または1ですが、いくつかの課題で学生に1つ以上の添付ファイルを提出するよう求めることができます。</p>
<p>もし、値が3に設定され、学生が提出課題に2つの添付ファイルしか追加しなかった場合、2つのファイルが添付され警告メッセージは<b>表示されません</b>。従って、( 1回の操作で ) 課題を提出する場合、学生は、提出課題に最大このオプションで与えられた数の、任意の数のファイルを添付することができます。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/specimen.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<p align="center"><b>評価例</b></p>
-<p>ここでは、あなたの課題がどのように評価されるか詳細に説明します。 この評価例は、教師があなたの課題を評価する時に使用します。 さらに相互評価課題では、課題を評価するために、あなたとクラスメートが同様の評価例を使用します。</p>
+<p>ここでは、あなたの課題がどのように評価されるか詳細に説明します。 この評価例は、教師があなたの課題を評価するときに使用します。 さらに相互評価課題では、課題を評価するために、あなたとクラスメートが同様の評価例を使用します。</p>
<p>この評価例の評定を変更することができますが、実際には保存されませんので注意してください。これは簡単な評価例ですが、良く似た評価方法を教師、恐らくあなたがこの課題で使用します。</p>
View
2 lang/ja_utf8/help/workshop/submissionofexamples.html
@@ -4,7 +4,7 @@
<p>教師が、対応する課題のパラメータよりも少ない数のサンプル課題を登録した場合、学生にはそれらのサンプル課題のみ与えられます。</p>
-<p>教師がサンプル課題を登録した後に、それらの課題を評価することが重要です。学生がこれらのサンプル課題を評価する時に、教師による評価が内部的に使用されます。教師と学生が近くなればなるほど、学生に与えられる「評価のための評点」は高くなります。教師によって行われた評価は教師の個人的なものであり、課題のどのステージでも学生に表示されることはありません。しかし、これらの評価に関して学生に与えられた評点は、学生に表示されます。評定後、より良い評価のための評点を得たい場合は、学生に再評価の機会が与えられます。
+<p>教師がサンプル課題を登録した後に、それらの課題を評価することが重要です。学生がこれらのサンプル課題を評価するときに、教師による評価が内部的に使用されます。教師と学生が近くなればなるほど、学生に与えられる「評価のための評点」は高くなります。教師によって行われた評価は教師の個人的なものであり、課題のどのステージでも学生に表示されることはありません。しかし、これらの評価に関して学生に与えられた評点は、学生に表示されます。評定後、より良い評価のための評点を得たい場合は、学生に再評価の機会が与えられます。
</p>
<p>サンプル課題と評価は、ワークショップの管理画面より、閲覧および修正することができます。
View
2 lang/ja_utf8/install.php
@@ -4,7 +4,7 @@
$string['admindirerror'] = '設定されたadminディレクトリが間違っています。';
$string['admindirname'] = 'Adminディレクトリ';
-$string['admindirsetting'] = '稀に、コントロールパネルまたはその他の管理ツールにアクセスするためのURLとして/adminディレクトリを使用しているウェブホストがあります。残念ながら、これはMoodle管理ページの標準的なロケーションと衝突します。インストールする時にadminディレクトリをリネームすることが可能です。ここに新しいディレクトリ名を入力してください。例: <br/> <br /><b>moodleadmin</b><br /> <br />
+$string['admindirsetting'] = '稀に、コントロールパネルまたはその他の管理ツールにアクセスするためのURLとして/adminディレクトリを使用しているウェブホストがあります。残念ながら、これはMoodle管理ページの標準的なロケーションと衝突します。インストールするときにadminディレクトリをリネームすることが可能です。ここに新しいディレクトリ名を入力してください。例: <br/> <br /><b>moodleadmin</b><br /> <br />
これはMoodleのadminリンクを変更します。';
$string['caution'] = '警告';
$string['chooselanguage'] = '言語を選択してください。';
View
6 lang/ja_utf8/resource.php
@@ -5,7 +5,7 @@
$string['addresource'] = 'リソースを追加する';
$string['chooseafile'] = 'ファイルの選択またはアップロード';
$string['chooseparameter'] = 'パラメータを選択';
-$string['configallowlocalfiles'] = '新しいリソースを作成する時に、CDドライブやハードディスクのようなローカルファイルシステムへのリンクを許可します。この設定は、教室で全ての学生が共通のネットワークドライブやCDに保存されているファイルにアクセスするときに便利です。この機能を使用するには、ブラウザのセキュリティ設定の変更が必要な場合もあります。';
+$string['configallowlocalfiles'] = '新しいリソースを作成するときに、CDドライブやハードディスクのようなローカルファイルシステムへのリンクを許可します。この設定は、教室で全ての学生が共通のネットワークドライブやCDに保存されているファイルにアクセスするときに便利です。この機能を使用するには、ブラウザのセキュリティ設定の変更が必要な場合もあります。';
$string['configdefaulturl'] = 'ここでは新しいURLベースのリソースを作成する場合に前もって入力される値を設定します。';
$string['configfilterexternalpages'] = 'この設定により全ての外部リソース ( ウェブページ、アップロードしたHTMLファイル ) に現在設定されているフィルター ( 例えば用語集自動リンク ) が適用されます。設定することでコースページの動作が著しく遅くなる恐れがあります。必要がある時のみ注意してお使いください。';
$string['configframesize'] = 'フレーム内にウェブページやアップロードしたファイルが表示される場合のトップフレーム ( ナビゲーションを含む )のサイズ ( ピクセル ) です。';
@@ -20,8 +20,8 @@
$string['configpopupstatus'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでステータスバーを表示しますか?';
$string['configpopuptoolbar'] = 'ポップアップウィンドウにデフォルトでツールバーを表示しますか?';
$string['configpopupwidth'] = '新しいポップアップウィンドウのデフォルトの幅は?';
-$string['configsecretphrase'] = 'このシークレットワードは、リソースをパラメータとして送信する時に使用する暗号コードを生成するために使用されます。暗号コードは、ユーザのIPアドレスとシークレットワードを結びつけてmd5により生成されます。これにより、リソースが高度にセキュリティ対策をとられた通信を実現することができます。';
-$string['configwebsearch'] = 'URLをウェブページまたはリンクとして追加する時、このロケーションは、ユーザがURLを検索するためのヘルプとして提供されます。';
+$string['configsecretphrase'] = 'このシークレットワードは、リソースをパラメータとして送信するときに使用する暗号コードを生成するために使用されます。暗号コードは、ユーザのIPアドレスとシークレットワードを結びつけてmd5により生成されます。これにより、リソースが高度にセキュリティ対策をとられた通信を実現することができます。';
+$string['configwebsearch'] = 'URLをウェブページまたはリンクとして追加するとき、このロケーションは、ユーザがURLを検索するためのヘルプとして提供されます。';
$string['configwindowsettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるウィンドウ設定に関する値を登録します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
$string['deploy'] = '配置';
$string['directlink'] = 'このファイルをダイレクトリンクする';

0 comments on commit 589f8f7

Please sign in to comment.