Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Browse files

Polished

  • Loading branch information...
commit 6f0ada8125c28657baf9535dc33135103941128f 1 parent 176dbc3
mits authored
Showing with 43 additions and 42 deletions.
  1. +2 −2 lang/ja/README
  2. +2 −2 lang/ja/forum.php
  3. +39 −38 lang/ja/moodle.php
View
4 lang/ja/README
@@ -1,6 +1,6 @@
-Japanese Translation
+Moodle Japanese Translation
------------------------
-Last Modify: September 18, 2004
+Last Modify: September 19, 2004
[Translators]
Mitsuhiro Yoshida(http://mitstek.com/)
View
4 lang/ja/forum.php
@@ -44,8 +44,8 @@
$string['everyonecanchoose'] = 'ユーザはメール通知登録できます';
$string['everyoneissubscribed'] = 'ユーザはメール通知登録されます';
$string['existingsubscribers'] = 'メール通知登録ユーザ';
-$string['forcesubscribe'] = 'ユーザを強制メール通知登録する';
-$string['forcesubscribeq'] = 'ユーザを強制メール通知登録しますか?';
+$string['forcesubscribe'] = 'ユーザを強制的にメール通知登録する';
+$string['forcesubscribeq'] = 'ユーザを強制的にメール通知登録しますか?';
$string['forum'] = 'フォーラム';
$string['forumintro'] = 'フォーラム紹介';
$string['forumname'] = 'フォーラム名';
View
77 lang/ja/moodle.php
@@ -138,7 +138,7 @@
$string['choosecourse'] = 'コースを選択してください。';
$string['chooseenrolmethod'] = 'デフォルトのユーザ登録方法';
$string['chooselivelogs'] = 'または最近の活動を表示する';
-$string['chooselogs'] = '表示したいログを選択してください';
+$string['chooselogs'] = '表示したいログを選択してください';
$string['choosereportfilter'] = 'レポートのフィルタを選択してください。';
$string['choosetheme'] = 'テーマの選択';
$string['chooseuser'] = 'ユーザを選択してください。';
@@ -162,19 +162,19 @@
$string['configallowunenroll'] = '\'Yes\'に設定した場合、学生はいつでも好きな時にコースの参加を取り消すことができます。\'No\'に設定した場合、学生は参加取消しを行うことはできず、参加に関する全てを教師及び管理者がコントロールします。';
$string['configallusersaresitestudents'] = 'サイトの表紙にある活動では、全てのユーザを学生と考えても宜しいですか? 答えが「Yes」の場合、承認されたユーザは学生として、これらの活動に参加することができます。答えが「No」の場合、少なくとも一つのコースに登録済みのユーザのみが表紙の活動に参加することができます。';
$string['configautologinguests'] = 'コースにゲストでアクセスした時に、ビジターを自動的にゲストとしてログインさせますか?';
-$string['configcachetext'] = '大きなサイトまたはテキストフィルターを使用しているサイトでは、この設定を行うことで処理速度を上げることができます。テキストのコピーは、処理に適した形で一定時間保持されます。この数値を小さくし過ぎると処理速度を若干落とすことになりますが、大きすぎるとリフレッシュするまでのテキストの保持が長くなりすぎます(例 新しいリンク)。';
+$string['configcachetext'] = '規模の大きなサイトまたはテキストフィルターを使用しているサイトでは、この設定を行うことで処理速度を上げることができます。テキストのコピーが、処理に適した形で一定時間保持されます。この数値を小さくし過ぎると処理速度を若干落とすことになりますが、大き過ぎるとリフレッシュするまでのテキストの保持が長くなり過ぎます(例 新しいリンク)。';
$string['configclamactlikevirus'] = 'ファイルをウイルスとして扱う';
$string['configclamdonothing'] = 'ファイルをウイルス感染無しとして扱う';
$string['configclamfailureonupload'] = 'アップロードファイルをclamがスキャンするように設定しても、設定が間違っている又は不明な理由で動作しない場合は、どのように処理しますか? 「ファイルをウイルスとして扱う」を選択した場合、感染ファイルは隔離用エリアに移動されるか、削除されます。「ファイルをウイルス感染無しとして扱う」を選択した場合、通常のファイルと同じように、指定したディレクトリに移動されます。どちらの場合でも、管理者にはclamに問題がある旨が通知されます。「ファイルをウイルスとして扱う」を選択して、clamが正常に動作しない場合(一般的にclamに間違ったパスを指定)、アップロードされた全てのファイルは、指定された隔離用エリアに移動されるか、削除されます。この設定は注意して行ってください。';
$string['configcountry'] = 'ここで国を設定した場合、新規アカウントのユーザに初期値として表示されます。ユーザに国を選ばせる場合は何も選択しないでください。';
-$string['configdebug'] = 'この設定を\'Yes\'にした場合、PHPのエラーレポートが増加して、より多くの警告が表示されるようになります。開発者向けの設定です。';
+$string['configdebug'] = 'この設定をYesにした場合、PHPのエラーレポートが増加して、より多くの警告が表示されるようになります。開発者向けの設定です。';
$string['configdeleteunconfirmed'] = 'メールによる承認を利用している場合、この値はユーザからの返答を受け付ける期間を指します。この期間の終了後、古い未承認のアカウントは削除されます。';
$string['configdigestmailtime'] = 'メール送信する選択をしたユーザに、投稿内容を要約したメールが毎日送信されます。ここでは1日の内で何時に要約メールを送信するかを設定します(次のcronがここで設定した時間の後に実行されます)。';
$string['configdisplayloginfailures'] = 'ここではログインを失敗したユーザ情報を表示します。';
$string['configenablerssfeeds'] = 'ここではRSSフィードの設定を行います。RSSフィードを使用するためには、管理画面のモジュール管理にてRSSモジュールを使用可にする必要があります。';
$string['configenablerssfeedsdisabled'] = 'サイト全てにおいてRSSフィードが利用不可にされている為、利用できません。管理メニュー内の詳細設定でRSSフィードを利用可にすることができます。';
$string['configerrorlevel'] = '表示したいPHPの警告数を選択してください。通常はNormalが最適です。';
-$string['configextendedusernamechars'] = 'この設定を行うことで、学生はユーザ名にどのような文字でも使用することができます(実際の名前には影響しません)。デフォルトは、ユーザ名をアルファベットに制限する\'No\'が設定されています。';
+$string['configextendedusernamechars'] = 'この設定を行うことで、学生はユーザ名にどのような文字でも使用することができます(実際の名前には影響しません)。デフォルトは、ユーザ名をアルファベットに制限する「No」が設定されています。';
$string['configfilteruploadedfiles'] = 'この設定を行った場合、Moodleは全てのアップロードされたHTML及びテキストファイルを表示する前にフィルタにかけます。';
$string['configforcelogin'] = '通常、サイトとコース一覧(コースでは無い)のフロントページはサイトにログインせずに閲覧することができます。全ての動作を行う前にログインを強制したい場合は、この設定を行ってください。';
$string['configforceloginforprofiles'] = 'この設定を「Yes」にした場合、ユーザプロフィールページを閲覧するには実際のアカウントでログインする必要があります。デフォルトでは、「No」に設定されますので、学生は事前に各コースの教師のプロフィールを閲覧することができます。これはサーチエンジンからもプロフィールページにアクセスできることも意味します。';
@@ -190,9 +190,7 @@
$string['configlangdir'] = 'ほとんどの言語は左から右に記述されますが、アラビア語やヘブライ語等は右から左に記述されます。';
$string['configlanglist'] = 'ここを空白にすると、インストールしたMoodleに含まれる全ての言語をユーザが選択することができます。コンマで区切ることにより言語メニューを短くすることができます。例:en,es_es,fr,it';
$string['configlangmenu'] = '言語選択メニューをホームページ、ログイン画面等に表示したい場合に選択してください。この設定はユーザプロフィールの表示言語設定に影響しません。';
-$string['configlocale'] = '全体に適用されるロケールを選択してください。これは日付の書式と言語に影響します。指定した言語が表示される為には、OSに言語データがインストールされている必要があります。(例 ja_JP-日本語 en-英語 es-スペイン語)
-
-もし分からない場合は空白のままにしてください。';
+$string['configlocale'] = '全体に適用されるロケールを選択してください。これは日付の書式と言語に影響します。指定した言語が表示される為には、OSに言語データがインストールされている必要があります。(例 ja_JP、en_US、es_ES) もし分からない場合は、空白のままにしてください。';
$string['configloginhttps'] = 'この設定をONにすることでMoodleは、ログインページのみでセキュアhttps接続(セキュアログイン)を使用します。その後、一般的な速度を保つために通常のhttp URLに戻ります。警告: この設定を行うにはウェブサーバでhttpsを使用できるようにする必要があります。もし、httpsが使用できない状態でこの設定を行った場合、あなたのサイトに入ることができなくなります。';
$string['configloglifetime'] = 'ここではユーザの活動に関するログの保持期間を設定します。指定した値より古いログは自動的に削除されます。可能な限り長い間ログを保持する方が良いのですが、アクセス件数が多く、サーバのパフォーマンスに問題がある場合は、短い期間に設定してください。';
$string['configlongtimenosee'] = 'もし学生が長期間ログインしていない場合は、自動的にコースから削除されます。この値は削除期限を決定します。';
@@ -206,14 +204,14 @@
$string['configproxyhost'] = '<B>サーバ</B>のインターネットアクセスにプロクシ(例 ファイアーウォール)が必要な場合は、プロクシのホスト名とポート番号を入力してください。必要でない場合は空白にしてください。';
$string['configquarantinedir'] = 'clam AVに感染ファイルを隔離用ディレクトリに移動させたい場合は、ここにそのディレクトリを入力してください。このディレクトリは、ウェブサーバより書き込みができるようにする必要があります。ここを空白にした場合、又は存在しないか、書き込み権が無いディレクトリを指定した場合、感染ファイルは削除されます。末尾にスラッシュを付けないでください。';
$string['configrunclamonupload'] = 'ファイルアップロード時にclam AVを動作させますか? 正常に動作させる為には、pathtoclamに正しいパスを入力する必要があります。(Clam AVは次の場所で入手できる無料ウイルススキャナーです。 http://www.clamav.net/)';
-$string['configsecureforms'] = 'Moodleでは、フォームデータを受入れる場合の追加的なレベルのセキュリティーを使用することができます。この設定をYesにした場合、ブラウザのHTTP_REFERER変数とフォーム設置のアドレスが照合されます。 ユーザがファイアーウォールソフト(例 Zonealarm)を使用してトラフィックからHTTP_REFERERを取除く設定をしている場合、稀に問題が発生する場合があります。 これはフォーム使用時に画面が固まる現象です。ユーザがログインページ(例えば)で問題を抱えている場合はこの設定をNoにしてください。しかしこの設定ではブルートフォース・パスワードアタックに対して無防備な状態になります。分からない場合は、この設定をYesのままにしてください';
+$string['configsecureforms'] = 'Moodleでは、フォームデータを受入れる場合の追加的なレベルのセキュリティーを使用することができます。この設定をYesにした場合、ブラウザのHTTP_REFERER変数とフォーム設置のアドレスが照合されます。 ユーザがファイアーウォールソフト(例 Zonealarm)を使用してトラフィックからHTTP_REFERERを取除く設定をしている場合、稀に問題が発生する場合があります。 これは、フォーム使用時に画面が「固まる」現象です。ユーザがログインページ(例えば)で問題を抱えている場合はこの設定をNoにしてください。しかしこの設定ではブルートフォース・パスワードアタックに対して無防備な状態になります。分からない場合は、この設定を「Yes」のままにしてください';
$string['configsessioncookie'] = 'ここではMoodleのセッションで使用されるクッキーの名前を設定します。この設定は1つ以上のMoodleが同じウェブサイトで稼動している場合に、クッキーが混乱するのを防ぐ為だけに任意でお使いください。';
$string['configsessiontimeout'] = 'このサイトにログインして長時間何もしない(ページを更新しない)場合、自動的にログアウト(セッションを終了)させます。この変数はログアウトさせるまでの時間を設定します。';
$string['configshowsiteparticipantslist'] = '全ての学生及び教師は参加者リストに表示されます。誰がこの参加者リストを閲覧することができますか?';
-$string['configslasharguments'] = 'ファイル(イメージ、アップロード等)は/=スラッシュ(ここでは2つ目のオプション)を使ってプログラムに受け渡されます。この方法により簡単にブラウザ内やプロクシにイメージを一時保存させることが可能です。いくつかのPHPサーバではこの方法が取れない場合があります。もしファイルやイメージ例 ユーザの顔写真等)のアップロードに問題がある場合は最初のオプションを選択してください。';
+$string['configslasharguments'] = 'ファイル(イメージ、アップロード等)は/=スラッシュ(ここでは2つ目のオプション)を使ってプログラムに受け渡されます。この方法により簡単にブラウザ内やプロクシにイメージを一時保存させることが可能です。いくつかのPHPサーバではこの方法が取れない場合があります。もしファイルやイメージ(例 ユーザの顔写真等)のアップロードに問題がある場合は最初のオプションを選択してください。';
$string['configsmtphosts'] = 'Moodleでメールを送信するときに使用する1つ以上のSMTPサーバを入力してください(例 mail.a.com 又はmail.a.com;mail.b.com) 空白にした場合、Moodleは自動的にPHPのメール送信方法を使用します。';
$string['configsmtpuser'] = '上記でSMTPサーバを設定して尚且つ認証が必要な場合はユーザ名とパスワードを設定してください。';
-$string['configteacherassignteachers'] = '一般の教師は他の教師をコース内に割当てる必要がありますか?もし「いいえ」の場合、コース作成者及び管理者のみが教師の割当てを行うことができます。';
+$string['configteacherassignteachers'] = '一般の教師は他の教師をコース内に割当てる必要がありますか? もし「No」の場合、コース作成者及び管理者のみが教師の割当てを行うことができます。';
$string['configtimezone'] = 'ここではデフォルトタイムゾーンの設定を行うことができます。これは日付表示の為のデフォルトタイムゾーンを設定するのみで、各ユーザはプロフィールの設定により、この設定を変更することができます。ここで設定する「サーバ時間」はオペレーティングシステムに対するMoodleのデフォルト設定です。これに対してユーザプロフィールの「サーバ時間」ではユーザが独自のデフォルトタイムゾーン設定を行います。';
$string['configunzip'] = 'UNZIPプログラムの場所を指定してください(Unixのみ、任意)。指定した場合、zipファイルを解凍に使用されます。空白にした場合、Moodleは内部ルーチンを使用します。';
$string['configuration'] = '設定';
@@ -393,7 +391,7 @@
$string['emailonlyallowed'] = 'このメールアドレスは許可されているメールアドレスに入っていません ($a)';
$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->firstname さん
-誰か(恐らくあなた)が、\'$a->sitename\' のアカウントで新しいパスワード作成の請求を行いました。
+誰か(恐らくあなた)が、$a->sitename のアカウントで新しいパスワード作成の請求を行いました。
新しいパスワード請求を確認して、新たなパスワードをメールであなた宛に送信するために下記のページをご覧ください:
@@ -415,9 +413,9 @@
$string['enrolmentconfirmation'] = 'あなたはこのコースに参加します。<br />本当にこの処理を行って宜しいですか?';
$string['enrolmentkey'] = '登録キー';
$string['enrolmentkeyfrom'] = 'このコースへ参加するためには「登録キー」が必要です。「登録キー」は $a より送信されたワンタイムパスワードです。';
-$string['enrolmentkeyhint'] = '「登録キー」が違います。再度入力してください。<br /> (ヒント - \'$a\' で始まる言葉です)';
+$string['enrolmentkeyhint'] = '「登録キー」が違います。再度入力してください。<br /> (ヒント - 「 $a 」で始まる言葉です)';
$string['enrolmentnew'] = '$a の新規登録';
-$string['enrolmentnewuser'] = '$a->user がコース \"$a->course\" に登録しました。';
+$string['enrolmentnewuser'] = '$a->user がコース $a->courseに登録しました。';
$string['enrolmentnointernal'] = '手動登録は現在利用できません';
$string['enrolmentnotyet'] = '申し訳ございません、このコースには下記の日付までアクセスできません。<br />
$a';
@@ -521,7 +519,7 @@
$string['groupsvisible'] = '可視グループ';
$string['guestskey'] = 'キーを持っているゲストを許可する';
$string['guestsno'] = 'ゲストを許可しない';
-$string['guestsnotallowed'] = '申し訳ございません、\'$a\' ではゲストでの入室は許可されていません。';
+$string['guestsnotallowed'] = '申し訳ございません、「 $a 」ではゲストでの入室は許可されていません。';
$string['guestsyes'] = 'キーを持っていないゲストを許可する';
$string['guestuser'] = 'ゲストユーザ';
$string['guestuserinfo'] = 'いくつかのコースに閲覧のみ許可された特別なユーザです。';
@@ -602,18 +600,21 @@
$string['loginas'] = 'ログイン';
$string['loginguest'] = 'ゲストとしてログインする';
$string['loginsite'] = 'ログイン画面';
-$string['loginsteps'] = '全てのコースにアクセスする為に新しいアカウントを作成してください。それぞれのコースには後で必要になる「ワンタイム登録キー」が設定されています。アカウント作成方法は下記のとおりです
+$string['loginsteps'] = 'こんにちは! 全てのコースにアクセスする為に新しいアカウントを作成してください。それぞれのコースには、後で必要になる「ワンタイム登録キー」が設定されています。アカウント作成方法は下記の通りです
-<OL size=2>
-<LI><A HREF=$a>新規アカウント作成</A> フォームに必要事項を入力します。
-<LI>登録されたメールアドレスにメールが直ちに送信されます。
-<LI>メールを読んだ後、リンク部分をクリックしてください。
-<LI>アカウントの確定が行われ、ログイン可能な状態になります。
-<LI>参加したいコースを選択してください。
-<LI>「登録キー」を入力する必要がある場合は、あなたの先生から送られたものを使用してください。それがコースに参加するための「登録キー」となります。
-<LI>これでコースにアクセスできるようになります。今後、あなたが登録したコースにアクセスするために必要なものは、ユーザ名とパスワードのみです。このページにユーザ名とパスワードの入力欄があります。
-</OL>';
-$string['loginstepsnone'] = 'こんにちは!<P>コースを利用するためにはアカウントを開設する必要があります。<P>方法はユーザ名とパスワードをこのページのフォームを使って作成するだけです!<P>もし他の人が同じユーザ名を使っている場合は違うユーザ名で登録してください。';
+<ol size=\"2\">
+<li><a href=\"$a\">新規アカウント作成</A> フォームに必要事項を入力します。
+<li>登録されたメールアドレスにメールが直ちに送信されます。
+<li>メールを読んだ後、リンク部分をクリックしてください。
+<li>アカウントの確定が行われ、ログイン可能な状態になります。
+<li>参加したいコースを選択してください。
+<li>「登録キー」を入力する必要がある場合は、あなたの先生から送られたものを使用してください。それがコースに参加するための「登録キー」となります。
+<liI>これでコースにアクセスできるようになります。今後、あなたが登録したコースにアクセスするために必要なものは、ユーザ名とパスワードのみです。このページにユーザ名とパスワードの入力欄があります。
+</ol>';
+$string['loginstepsnone'] = '<p>こんにちは!</p>
+<p>コースを利用するためにはアカウントを開設する必要があります。</p>
+<p>あなたがやることはユーザ名とパスワードをこのページのフォームを使って作成するだけです!</p>
+<p>もし、他の人が同じユーザ名を使っている場合は違うユーザ名で登録してください。</p>';
$string['loginto'] = '$a にログインする';
$string['loginusing'] = 'ユーザ名とパスワードを入力してください。';
$string['logout'] = 'ログアウト';
@@ -660,8 +661,8 @@
$string['missingurl'] = 'リンク切れ';
$string['missingusername'] = 'ユーザ名が入力されていません。';
$string['modified'] = '修正日時';
-$string['moduledeleteconfirm'] = 'あなたはモジュール \'$a\' を完全に削除しようとしています。この処理によりモジュールに関わる全てのデータがデータベースより完全に削除されます。本当に続けても宜しいですか?';
-$string['moduledeletefiles'] = 'All data associated with the module \'$a->module\' に関わる全てのデータは削除されました。削除を完全なものにするために(モジュールの自動再インストールを防ぐために)以下のディレクトリをサーバより削除してください: $a->directory';
+$string['moduledeleteconfirm'] = 'あなたはモジュール「 $a 」を完全に削除しようとしています。この処理によりモジュールに関わる全てのデータがデータベースより完全に削除されます。本当に続けても宜しいですか?';
+$string['moduledeletefiles'] = '$a->moduleに関わる全てのデータは削除されました。削除を完全なものにするために(モジュールの自動再インストールを防ぐために)以下のディレクトリをサーバより削除してください: $a->directory';
$string['modulesetup'] = 'Moodleテーブル設定中';
$string['modulesuccess'] = '$a テーブルが正常に設定されました。';
$string['moodleversion'] = 'Moodleバージョン';
@@ -694,7 +695,7 @@
$string['newpassword'] = '新規パスワード';
$string['newpasswordtext'] = '$a->firstname さんこんにちは、
-\'$a->sitename\'のパスワードリセット及び仮パスワードの作成が完了しました。
+$a->sitenameのパスワードリセット及び仮パスワードの作成が完了しました。
あなたの現在のログイン情報は下記のとおりです。
ユーザ名: username: $a->username
@@ -705,7 +706,7 @@
ほとんどのメールプログラムではクリックできるように青くリンク表示されますが、クリックできない場合はアドレスをブラウザにコピー&ペーストしてください。
-\'$a->sitename\' の管理者よりご挨拶でした。
+$a->sitenameの管理者よりご挨拶でした。
$a->signoff';
$string['newpicture'] = '新しい写真';
$string['newsitem'] = '件のニュース項目を表示';
@@ -716,7 +717,7 @@
$string['next'] = '次へ';
$string['no'] = 'No';
$string['nobody'] = '無し';
-$string['nocoursesfound'] = 'キーワード \'$a\' でコースは見つかりませんでした。';
+$string['nocoursesfound'] = 'キーワード 「 $a 」 でコースは見つかりませんでした。';
$string['nocoursesyet'] = 'このカテゴリにコースはありません。';
$string['noexistingadmins'] = '管理者が存在しません。これは重大なエラーでこのようなメッセージを表示させてはいけません。';
$string['noexistingcreators'] = 'コース作成者は登録されていません。';
@@ -776,15 +777,15 @@
$string['passwordrecovery'] = 'はい、ログインを助けてください。';
$string['passwordsdiffer'] = 'パスワードが間違っています。';
$string['passwordsent'] = 'パスワードが送信されました。';
-$string['passwordsenttext'] = '<P>メールが $a->email 宛に送信されました。
-<P><B>メールに記載されている新パスワードを確認してください。</B>
-<P>新パスワードは自動的に作成されたものです。ここに <A HREF=$a->link>アクセスして憶えやすいものに変更してください</A>。';
+$string['passwordsenttext'] = '<p>メールが $a->email 宛に送信されました。
+<p><b>メールに記載されている新パスワードを確認してください。</b>
+<p>新パスワードは自動的に作成されたものです。ここに <a href=$a->link>アクセスして憶えやすいものに変更してください</a>。';
$string['pathnotexists'] = 'サーバにパスが見当たりません!';
$string['pathslasherror'] = 'パスの最後にスラッシュを付けないでください!!';
$string['paymentinstant'] = '下のボタンをお使いください。お支払いと登録がすぐに完了します!';
$string['paymentrequired'] = 'このコースへの登録は有料です。';
-$string['paymentsorry'] = 'お支払いありがとうございます! 残念ですが、あなたの支払い及びコース \"$a->fullname\" に入る為の登録作業は完了してません。再度、支払い及び登録作業を行ってください。引き続きエラーが表示される場合は、$a->teacher またはサイト管理者にご連絡ください。';
-$string['paymentthanks'] = 'お支払いありがとうございます! あなたは次のコースに登録されました:<br />\"$a\"';
+$string['paymentsorry'] = 'お支払いありがとうございます! 残念ですが、あなたの支払い及びコース $a->fullname に入る為の登録作業は完了してません。再度、支払い及び登録作業を行ってください。引き続きエラーが表示される場合は、$a->teacher またはサイト管理者にご連絡ください。';
+$string['paymentthanks'] = 'お支払いありがとうございます! あなたは次のコースに登録されました:<br /> 「 $a 」';
$string['people'] = '';
$string['personalprofile'] = 'プロフィール';
$string['phone'] = '電話';
@@ -861,7 +862,7 @@
$string['sections'] = 'セクション';
$string['select'] = '選択';
$string['selectacountry'] = '国を選択';
-$string['selectednowmove'] = '$ ファイルが移動する為に選択されました。移動先を選択して「ファイルをここに移動する」をクリックしてください。';
+$string['selectednowmove'] = '$a ファイルが移動する為に選択されました。移動先を選択して「ファイルをここに移動する」をクリックしてください。';
$string['senddetails'] = 'メールで登録内容を送信する';
$string['separateandconnected'] = '分離・関連認識';
$string['serverlocaltime'] = 'サーバのシステム時間';
@@ -922,7 +923,7 @@
$string['strftimerecentfull'] = '%%Y年 %%m月 %%d日(%%a) %%p%%I:%%M';
$string['strftimetime'] = '%%p%%I:%%M';
$string['stringsnotset'] = '下記の文字は $a で定義されていません。';
-$string['studentnotallowed'] = '申し訳ございません。このコースには \'$a\' で入ることはできません。';
+$string['studentnotallowed'] = '申し訳ございません。このコースには「 $a 」で入ることはできません。';
$string['students'] = '学生';
$string['studentsandteachers'] = '学生と教師';
$string['subcategories'] = 'サブカテゴリ';
@@ -992,7 +993,7 @@
$string['uploadnotallowed'] = 'アップロードは許可されていません';
$string['uploadoldfilesdeleted'] = 'アップロードエリアの古いファイルが削除されました。';
$string['uploadpartialfile'] = 'ファイルが部分的にアップロードされました。';
-$string['uploadproblem'] = 'ファイル \'$a\' のアップロード中に原因不明のエラーが発生しました(ファイルサイズが大きすぎると思われます)';
+$string['uploadproblem'] = 'ファイル「 $a 」のアップロード中に原因不明のエラーが発生しました(ファイルサイズが大きすぎると思われます)';
$string['uploadrenamedchars'] = '無効なキャラクターが使われている為、ファイルが $a->oldname から $a->newname へリネームされました。';
$string['uploadrenamedcollision'] = '同一名称のファイルが存在する為、ファイルが $a->oldname から $a->newname へリネームされました。';
$string['uploadserverlimit'] = 'アップロードファイルがサーバで設定された最大サイズを超えました。';
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.