Skip to content
This repository

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Browse code

polished.

translated a help file for exercise.
  • Loading branch information...
commit 70fc3b3dcd045bfce267ca15e6a6f8ef2076c9ad 1 parent 70a6245
authored August 21, 2005
2  lang/ja/README
... ...
@@ -1,7 +1,7 @@
1 1
 MOODLE JAPANESE TRANSLATION
2 2
 ----------------------------------------------------------------------
3 3
 STARTED BY Mitsuhiro Yoshida  : November 21, 2002
4  
-LAST MODIFIED                 : August 21, 2005
  4
+LAST MODIFIED                 : August 22, 2005
5 5
 ----------------------------------------------------------------------
6 6
 
7 7
 Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
6  lang/ja/admin.php
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
 <?PHP // $Id$ 
2  
-      // admin.php - created with Moodle 1.6 development (2005081601)
  2
+      // admin.php - created with Moodle 1.6 development (2005081700)
3 3
 
4 4
 
5 5
 $string['adminseesallevents'] = '管理者に全てのイベントを表示';
@@ -56,8 +56,8 @@
56 56
 $string['configlangdir'] = 'ほとんどの言語は左から右に記述されますが、アラビア語やヘブライ語等は右から左に記述されます。';
57 57
 $string['configlanglist'] = 'ここを空白にすると、インストールしたMoodleに含まれる全ての言語をユーザが選択することができます。コンマで区切ることにより言語メニューを短くすることができます。例:ja_utf8,ja,en,es_es,fr,it';
58 58
 $string['configlangmenu'] = '言語選択メニューをホームページ、ログイン画面等に表示したい場合に選択してください。この設定はユーザプロフィールの表示言語設定に影響しません。';
59  
-$string['configlocale'] = '全体に適用されるロケールを選択してください。これは日付の書式と言語に影響します。指定した言語が表示されるためには、OSに言語データがインストールされている必要があります。(例 ja_JP.eucjp、ja_JP.utf8、en_US、es_ES) もし分からない場合は、空白のままにしてください。';
60  
-$string['configloginhttps'] = 'この設定をONにすることでMoodleは、ログインページのみでセキュアhttps接続(セキュアログイン)を使用します。その後、一般的な速度を保つために通常のhttp URLに戻ります。警告: この設定を行うにはウェブサーバでhttpsを使用できるようにする必要があります。もし、httpsが使用できない状態でこの設定を行った場合、あなたのサイトに入ることができなくなります。';
  59
+$string['configlocale'] = '全体に適用されるロケールを選択してください。これは日付の書式と言語に影響します。指定した言語が表示されるためには、OSに言語データがインストールされている必要があります。( 例 ja_JP.utf8、ja_JP.eucjp、en_US、es_ES ) もし分からない場合は、空白のままにしてください。';
  60
+$string['configloginhttps'] = 'この設定をONにすることでMoodleは、ログインページのみでセキュアhttps接続 ( セキュアログイン ) を使用します。その後、一般的な速度を保つために通常のhttp URLに戻ります。警告: この設定を行うにはウェブサーバでhttpsを使用できるようにする必要があります。もし、httpsが使用できない状態でこの設定を行った場合、あなたのサイトに入ることができなくなります。';
61 61
 $string['configloglifetime'] = 'ここではユーザの活動に関するログの保持期間を設定します。指定した値より古いログは自動的に削除されます。可能な限り長い間ログを保持する方が良いのですが、アクセス件数が多く、サーバのパフォーマンスに問題がある場合は、短い期間に設定してください。';
62 62
 $string['configlongtimenosee'] = '学生が長期間ログインしていない場合、自動的にコースから削除されます。この値は削除期限を決定します。';
63 63
 $string['configmaxbytes'] = 'ここではサイト全体でアップロードできるファイルの最大サイズを設定します。この設定はPHP設定のupload_max_filesizeおよびApache設定のLimitRequestBodyに制限されます。maxbytesはコースレベルまたはモジュールレベルで選択するサイズ幅を制限します。';
19  lang/ja/help/exercise/grading.html
... ...
@@ -0,0 +1,19 @@
  1
+<p align="center"><b>課題の評価</b></p>
  2
+
  3
+<p>エクササイズでは、提出された課題を評価するために、学生と教師が同じ評価フォームを使用します。フォームは、エクササイズの異なるステージで2つのグループによって使用されます。従って、ここに記す説明は2つのパートに分けます。</p>
  4
+
  5
+<p><b>学生の場合</b></p>
  6
+
  7
+<p>評価フォームは、主にあなたの課題が教師からどのように評価されたかを表示します。あなたの課題を提出する<b>前に</b>、このフォームに必要な情報を入力する必要があります。これをチェックリストとして使用することが可能です。あなたが保存する時に、フォームの内容は教師に送信<b>されません</b>。課題を提出して<b>いない</b>場合は、好きなだけこのフォームに戻って内容 ( および課題 ) を修正することができます。許可されていても、このフォームを完了した後、直ぐに課題を送信する必要はありませんので注意してください。しかし、あなたが課題を送信した場合、あなたの評価のコンテンツは凍結され、教師が利用できるようになります。</p>
  8
+
  9
+<p>教師が、あなたに課題の変更および再提出を要求した場合、「新しい」提出物の再評価を求められることは<b>ありません</b>。この評価は「最初」のみ行います。</p>
  10
+
  11
+<p>課題に対する ( 最初の ) 評価は、あなたの課題に対する教師の評価と比較されます。2つの評価が近くなる程、あなたの「評価のための評点」は高くなります。通常この評点は、あなたの課題に与えられた評点よりも小さくなります。エクササイズの最終評点は、これら2つの評点を合計したものになります。</p>
  12
+
  13
+<p>あなたが課題を提出すると、教師は同じ評価フォームを使って評定を行います。あなたは、自分の課題の評価およびコメントを閲覧することができます。通常それらは、あなたがエクササイズで受ける最終評点の主要部分を形成します。</p>
  14
+
  15
+<p><b>教師の場合</b></p>
  16
+
  17
+<p>評価フォームは、学生の提出物を評定するために使用されます。通常これらの評定は、エクササイズにおける学生の最終評点の主要素となります。あなたが作成した評価、評点、あらゆるコメントは、課題を提出した学生が閲覧することができます。評価を行った時点で、学生に課題の更新および再提出を、願わくば進歩を望んで許可するか否かを決定する必要があります。</p>
  18
+
  19
+<p>評価を保存した場合、評価が学生に「リリース」される前に、評価内容を修正するための短い時間が与えられます。</p>
6  lang/ja_utf8/admin.php
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
 <?PHP // $Id$ 
2  
-      // admin.php - created with Moodle 1.6 development (2005081601)
  2
+      // admin.php - created with Moodle 1.6 development (2005081700)
3 3
 
4 4
 
5 5
 $string['adminseesallevents'] = '管理者に全てのイベントを表示';
@@ -56,8 +56,8 @@
56 56
 $string['configlangdir'] = 'ほとんどの言語は左から右に記述されますが、アラビア語やヘブライ語等は右から左に記述されます。';
57 57
 $string['configlanglist'] = 'ここを空白にすると、インストールしたMoodleに含まれる全ての言語をユーザが選択することができます。コンマで区切ることにより言語メニューを短くすることができます。例:ja_utf8,ja,en,es_es,fr,it';
58 58
 $string['configlangmenu'] = '言語選択メニューをホームページ、ログイン画面等に表示したい場合に選択してください。この設定はユーザプロフィールの表示言語設定に影響しません。';
59  
-$string['configlocale'] = '全体に適用されるロケールを選択してください。これは日付の書式と言語に影響します。指定した言語が表示されるためには、OSに言語データがインストールされている必要があります。(例 ja_JP.eucjp、ja_JP.utf8、en_US、es_ES) もし分からない場合は、空白のままにしてください。';
60  
-$string['configloginhttps'] = 'この設定をONにすることでMoodleは、ログインページのみでセキュアhttps接続(セキュアログイン)を使用します。その後、一般的な速度を保つために通常のhttp URLに戻ります。警告: この設定を行うにはウェブサーバでhttpsを使用できるようにする必要があります。もし、httpsが使用できない状態でこの設定を行った場合、あなたのサイトに入ることができなくなります。';
  59
+$string['configlocale'] = '全体に適用されるロケールを選択してください。これは日付の書式と言語に影響します。指定した言語が表示されるためには、OSに言語データがインストールされている必要があります。( 例 ja_JP.utf8、ja_JP.eucjp、en_US、es_ES ) もし分からない場合は、空白のままにしてください。';
  60
+$string['configloginhttps'] = 'この設定をONにすることでMoodleは、ログインページのみでセキュアhttps接続 ( セキュアログイン ) を使用します。その後、一般的な速度を保つために通常のhttp URLに戻ります。警告: この設定を行うにはウェブサーバでhttpsを使用できるようにする必要があります。もし、httpsが使用できない状態でこの設定を行った場合、あなたのサイトに入ることができなくなります。';
61 61
 $string['configloglifetime'] = 'ここではユーザの活動に関するログの保持期間を設定します。指定した値より古いログは自動的に削除されます。可能な限り長い間ログを保持する方が良いのですが、アクセス件数が多く、サーバのパフォーマンスに問題がある場合は、短い期間に設定してください。';
62 62
 $string['configlongtimenosee'] = '学生が長期間ログインしていない場合、自動的にコースから削除されます。この値は削除期限を決定します。';
63 63
 $string['configmaxbytes'] = 'ここではサイト全体でアップロードできるファイルの最大サイズを設定します。この設定はPHP設定のupload_max_filesizeおよびApache設定のLimitRequestBodyに制限されます。maxbytesはコースレベルまたはモジュールレベルで選択するサイズ幅を制限します。';
19  lang/ja_utf8/help/exercise/grading.html
... ...
@@ -0,0 +1,19 @@
  1
+<p align="center"><b>課題の評価</b></p>
  2
+
  3
+<p>エクササイズでは、提出された課題を評価するために、学生と教師が同じ評価フォームを使用します。フォームは、エクササイズの異なるステージで2つのグループによって使用されます。従って、ここに記す説明は2つのパートに分けます。</p>
  4
+
  5
+<p><b>学生の場合</b></p>
  6
+
  7
+<p>評価フォームは、主にあなたの課題が教師からどのように評価されたかを表示します。あなたの課題を提出する<b>前に</b>、このフォームに必要な情報を入力する必要があります。これをチェックリストとして使用することが可能です。あなたが保存する時に、フォームの内容は教師に送信<b>されません</b>。課題を提出して<b>いない</b>場合は、好きなだけこのフォームに戻って内容 ( および課題 ) を修正することができます。許可されていても、このフォームを完了した後、直ぐに課題を送信する必要はありませんので注意してください。しかし、あなたが課題を送信した場合、あなたの評価のコンテンツは凍結され、教師が利用できるようになります。</p>
  8
+
  9
+<p>教師が、あなたに課題の変更および再提出を要求した場合、「新しい」提出物の再評価を求められることは<b>ありません</b>。この評価は「最初」のみ行います。</p>
  10
+
  11
+<p>課題に対する ( 最初の ) 評価は、あなたの課題に対する教師の評価と比較されます。2つの評価が近くなる程、あなたの「評価のための評点」は高くなります。通常この評点は、あなたの課題に与えられた評点よりも小さくなります。エクササイズの最終評点は、これら2つの評点を合計したものになります。</p>
  12
+
  13
+<p>あなたが課題を提出すると、教師は同じ評価フォームを使って評定を行います。あなたは、自分の課題の評価およびコメントを閲覧することができます。通常それらは、あなたがエクササイズで受ける最終評点の主要部分を形成します。</p>
  14
+
  15
+<p><b>教師の場合</b></p>
  16
+
  17
+<p>評価フォームは、学生の提出物を評定するために使用されます。通常これらの評定は、エクササイズにおける学生の最終評点の主要素となります。あなたが作成した評価、評点、あらゆるコメントは、課題を提出した学生が閲覧することができます。評価を行った時点で、学生に課題の更新および再提出を、願わくば進歩を望んで許可するか否かを決定する必要があります。</p>
  18
+
  19
+<p>評価を保存した場合、評価が学生に「リリース」される前に、評価内容を修正するための短い時間が与えられます。</p>

0 notes on commit 70fc3b3

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.