Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Browse files

translated one string for auth.php.

  • Loading branch information...
commit 758fc7ca9e9a38a026403084928501f2942ee3b0 1 parent e0498d0
mits authored
Showing with 5 additions and 3 deletions.
  1. +1 −1  lang/ja/README
  2. +2 −1  lang/ja/auth.php
  3. +2 −1  lang/ja_utf8/auth.php
View
2  lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : May 18, 2005
+LAST MODIFIED : May 19, 2005
Thanks to everyone who have supported our translation project!
View
3  lang/ja/auth.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // auth.php - created with Moodle 1.5 ALPHA (2005050600)
+ // auth.php - created with Moodle 1.5 ALPHA (2005051500)
$string['alternatelogin'] = 'ここにURLを入力した場合、このサイトのログインページとして使用されます。ログインページでは、action属性に<strong>「 $a 」</strong>をセットして、 <strong>username</strong>フィールドおよび<strong>password</strong>フィールドを適切にMoodleに渡す必要があります。<br />間違ったURLを設定すると、あなたのサイトから締め出されることになりますので注意してください。<br />デフォルトのログイン画面を使用する場合は、空白のままにしてください。';
@@ -97,6 +97,7 @@
$string['auth_pop3type'] = 'サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。';
$string['auth_shib_convert_data'] = 'データ修正API';
$string['auth_shib_convert_data_description'] = 'Shibbolethから提供されるデータを修正したい場合にこのAPIを使うことができます。詳細は、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
+$string['auth_shib_convert_data_warning'] = 'ファイルが存在しないか、ウェブプロセスで読み取れません!';
$string['auth_shib_instructions'] = 'あなたの機関がShibbolethをサポートしている場合、Shibboleth経由のアクセスには、<a href=\"$a\">Shibbolethログイン</a>を使用してください。 <br />Shibbolethをサポートしていない場合は、ここに表示される通常ログインを使用してください。';
$string['auth_shib_instructions_help'] = 'Shibbolethに関してユーザに提示する説明文です。 これはログインページの説明セクションに表示されます。Shibbolethユーザが簡単にログインできるように \"<b>$a</b>\" のようなリンクを入れてください。空白にした場合、通常の説明文 ( Shibboleth限定では無く ) が使用されます。';
$string['auth_shib_only'] = 'Shibbolethのみ';
View
3  lang/ja_utf8/auth.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // auth.php - created with Moodle 1.5 ALPHA (2005050600)
+ // auth.php - created with Moodle 1.5 ALPHA (2005051500)
$string['alternatelogin'] = 'ここにURLを入力した場合、このサイトのログインページとして使用されます。ログインページでは、action属性に<strong>「 $a 」</strong>をセットして、 <strong>username</strong>フィールドおよび<strong>password</strong>フィールドを適切にMoodleに渡す必要があります。<br />間違ったURLを設定すると、あなたのサイトから締め出されることになりますので注意してください。<br />デフォルトのログイン画面を使用する場合は、空白のままにしてください。';
@@ -97,6 +97,7 @@
$string['auth_pop3type'] = 'サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。';
$string['auth_shib_convert_data'] = 'データ修正API';
$string['auth_shib_convert_data_description'] = 'Shibbolethから提供されるデータを修正したい場合にこのAPIを使うことができます。詳細は、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
+$string['auth_shib_convert_data_warning'] = 'ファイルが存在しないか、ウェブプロセスで読み取れません!';
$string['auth_shib_instructions'] = 'あなたの機関がShibbolethをサポートしている場合、Shibboleth経由のアクセスには、<a href=\"$a\">Shibbolethログイン</a>を使用してください。 <br />Shibbolethをサポートしていない場合は、ここに表示される通常ログインを使用してください。';
$string['auth_shib_instructions_help'] = 'Shibbolethに関してユーザに提示する説明文です。 これはログインページの説明セクションに表示されます。Shibbolethユーザが簡単にログインできるように \"<b>$a</b>\" のようなリンクを入れてください。空白にした場合、通常の説明文 ( Shibboleth限定では無く ) が使用されます。';
$string['auth_shib_only'] = 'Shibbolethのみ';
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.