Permalink
Browse files

translated some.

  • Loading branch information...
1 parent 5497698 commit 7a837b76bbdf1b504ca0b014684a7f89c36a4b32 mits committed May 14, 2005
Showing with 11 additions and 3 deletions.
  1. +1 −1 lang/ja/README
  2. +2 −1 lang/ja/auth.php
  3. +3 −0 lang/ja/enrol_authorize.php
  4. +2 −1 lang/ja_utf8/auth.php
  5. +3 −0 lang/ja_utf8/enrol_authorize.php
View
2 lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : May 13, 2005
+LAST MODIFIED : May 14, 2005
Thanks to everyone who have supported our translation project!
View
3 lang/ja/auth.php
@@ -95,11 +95,12 @@
$string['auth_pop3port'] = 'サーバーポート ( 110が一般的です )';
$string['auth_pop3title'] = 'POP3サーバを使用';
$string['auth_pop3type'] = 'サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。';
+$string['auth_shib_convert_data'] = 'データ修正API';
+$string['auth_shib_convert_data_description'] = 'Shibbolethから提供されるデータを修正したい場合にこのAPIを使うことができます。詳細は、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
$string['auth_shib_instructions'] = 'あなたの機関がShibbolethをサポートしている場合、Shibboleth経由のアクセスには、<a href=\"$a\">Shibbolethログイン</a>を使用してください。 <br />Shibbolethをサポートしていない場合は、ここに表示される通常ログインを使用してください。';
$string['auth_shib_instructions_help'] = 'Shibbolethに関してユーザに提示する説明文です。 これはログインページの説明セクションに表示されます。Shibbolethユーザが簡単にログインできるように \"<b>$a</b>\" のようなリンクを入れてください。空白にした場合、通常の説明文 ( Shibboleth限定では無く ) が使用されます。';
$string['auth_shib_only'] = 'Shibbolethのみ';
$string['auth_shib_only_description'] = '「Yes」を選択するとShibboleth認証が強制されます。';
-$string['auth_shib_settings'] = 'MoodleにShibbolethを設定する方法に関して<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a>を必ずご覧ください。';
$string['auth_shib_username_description'] = 'Moodleユーザ名として使用されるShibbolethウェブサーバ環境のユーザ名';
$string['auth_shibboleth_login'] = 'Shibbolethログイン';
$string['auth_shibboleth_manual_login'] = '手動ログイン';
View
3 lang/ja/enrol_authorize.php
@@ -4,10 +4,13 @@
$string['anlogin'] = 'Authorize.net: ログイン名';
$string['anpassword'] = 'Authorize.net: パスワード ( 不要 )';
+$string['anreferer'] = '必要な場合は、リファラURLを設定してください。リファラ ( ウェブリクエストのURLヘッダ情報 ) を送信します。';
$string['antestmode'] = 'Authorize.net: テストトランザクション';
$string['antrankey'] = 'Authorize.net: トランザクションキー';
$string['ccexpire'] = '有効期限';
+$string['ccinvalid'] = 'クレジットカードが間違っています。';
$string['ccno'] = 'クレジットカード番号';
+$string['cctype'] = 'クレジットカードタイプ';
$string['ccvv'] = 'CV2';
$string['ccvvhelp'] = 'カードの裏面 ( 3桁の数字 ) をご覧ください。';
$string['description'] = 'Authorize.netモジュールでは、クレジットカード経由でコースの支払いを行うことができます。コースの受講料がゼロの場合、学生に対して受講登録に関する支払いは求められません。サイト全体の利用料をデフォルトとしてここで設定して、コースごとに受講料を設定することができます。コース受講料を設定した場合、コース受講料はサイト利用料に優先します。';
View
3 lang/ja_utf8/auth.php
@@ -95,11 +95,12 @@
$string['auth_pop3port'] = 'サーバーポート ( 110が一般的です )';
$string['auth_pop3title'] = 'POP3サーバを使用';
$string['auth_pop3type'] = 'サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。';
+$string['auth_shib_convert_data'] = 'データ修正API';
+$string['auth_shib_convert_data_description'] = 'Shibbolethから提供されるデータを修正したい場合にこのAPIを使うことができます。詳細は、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
$string['auth_shib_instructions'] = 'あなたの機関がShibbolethをサポートしている場合、Shibboleth経由のアクセスには、<a href=\"$a\">Shibbolethログイン</a>を使用してください。 <br />Shibbolethをサポートしていない場合は、ここに表示される通常ログインを使用してください。';
$string['auth_shib_instructions_help'] = 'Shibbolethに関してユーザに提示する説明文です。 これはログインページの説明セクションに表示されます。Shibbolethユーザが簡単にログインできるように \"<b>$a</b>\" のようなリンクを入れてください。空白にした場合、通常の説明文 ( Shibboleth限定では無く ) が使用されます。';
$string['auth_shib_only'] = 'Shibbolethのみ';
$string['auth_shib_only_description'] = '「Yes」を選択するとShibboleth認証が強制されます。';
-$string['auth_shib_settings'] = 'MoodleにShibbolethを設定する方法に関して<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a>を必ずご覧ください。';
$string['auth_shib_username_description'] = 'Moodleユーザ名として使用されるShibbolethウェブサーバ環境のユーザ名';
$string['auth_shibboleth_login'] = 'Shibbolethログイン';
$string['auth_shibboleth_manual_login'] = '手動ログイン';
View
3 lang/ja_utf8/enrol_authorize.php
@@ -4,10 +4,13 @@
$string['anlogin'] = 'Authorize.net: ログイン名';
$string['anpassword'] = 'Authorize.net: パスワード ( 不要 )';
+$string['anreferer'] = '必要な場合は、リファラURLを設定してください。リファラ ( ウェブリクエストのURLヘッダ情報 ) を送信します。';
$string['antestmode'] = 'Authorize.net: テストトランザクション';
$string['antrankey'] = 'Authorize.net: トランザクションキー';
$string['ccexpire'] = '有効期限';
+$string['ccinvalid'] = 'クレジットカードが間違っています。';
$string['ccno'] = 'クレジットカード番号';
+$string['cctype'] = 'クレジットカードタイプ';
$string['ccvv'] = 'CV2';
$string['ccvvhelp'] = 'カードの裏面 ( 3桁の数字 ) をご覧ください。';
$string['description'] = 'Authorize.netモジュールでは、クレジットカード経由でコースの支払いを行うことができます。コースの受講料がゼロの場合、学生に対して受講登録に関する支払いは求められません。サイト全体の利用料をデフォルトとしてここで設定して、コースごとに受講料を設定することができます。コース受講料を設定した場合、コース受講料はサイト利用料に優先します。';

0 comments on commit 7a837b7

Please sign in to comment.