Permalink
Browse files

polished.

  • Loading branch information...
1 parent fb31780 commit 80a1d8fec7dbea40729c4df3978d63fefecd9f84 mits committed Apr 15, 2005
Showing with 104 additions and 132 deletions.
  1. +2 −2 lang/ja/help/courseavailability.html
  2. +3 −3 lang/ja/help/coursecategory.html
  3. +4 −4 lang/ja/help/courseformats.html
  4. +1 −6 lang/ja/help/coursefullname.html
  5. +4 −5 lang/ja/help/coursegrades.html
  6. +2 −2 lang/ja/help/coursehiddensections.html
  7. +1 −1 lang/ja/help/courseidnumber.html
  8. +3 −3 lang/ja/help/coursenewsitems.html
  9. +4 −6 lang/ja/help/coursenumsections.html
  10. +5 −5 lang/ja/help/courserecent.html
  11. +3 −6 lang/ja/help/coursereports.html
  12. +1 −4 lang/ja/help/courseshortname.html
  13. +5 −5 lang/ja/help/coursestartdate.html
  14. +2 −3 lang/ja/help/courseuploadsize.html
  15. +5 −6 lang/ja/help/enrolmentkey.html
  16. +5 −3 lang/ja/help/enrolperiod.html
  17. +2 −2 lang/ja/moodle.php
  18. +2 −2 lang/ja_utf8/help/courseavailability.html
  19. +3 −3 lang/ja_utf8/help/coursecategory.html
  20. +4 −4 lang/ja_utf8/help/courseformats.html
  21. +1 −6 lang/ja_utf8/help/coursefullname.html
  22. +4 −5 lang/ja_utf8/help/coursegrades.html
  23. +2 −2 lang/ja_utf8/help/coursehiddensections.html
  24. +1 −1 lang/ja_utf8/help/courseidnumber.html
  25. +3 −3 lang/ja_utf8/help/coursenewsitems.html
  26. +4 −6 lang/ja_utf8/help/coursenumsections.html
  27. +5 −5 lang/ja_utf8/help/courserecent.html
  28. +3 −6 lang/ja_utf8/help/coursereports.html
  29. +1 −4 lang/ja_utf8/help/courseshortname.html
  30. +5 −5 lang/ja_utf8/help/coursestartdate.html
  31. +2 −3 lang/ja_utf8/help/courseuploadsize.html
  32. +5 −6 lang/ja_utf8/help/enrolmentkey.html
  33. +5 −3 lang/ja_utf8/help/enrolperiod.html
  34. +2 −2 lang/ja_utf8/moodle.php
@@ -2,6 +2,6 @@
<p>このオプションではコースを完全に「隠す」ことができます。</p>
-<p>コースを隠した場合、コースの教師や管理者を除いて、全てのコースリストに隠されたコースが表示されません。</p>
+<p>コースの教師や管理者を除いて、隠されたコースはコースリストに表示されません。</p>
-<p>学生が直接URLを指定してコースにアクセスしても、中に入ることができません。</p>
+<p>学生が直接URLを指定してコースにアクセスしても、中に入ることができません。</p>
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>コースカテゴリ</b></p>
-<p>Moodle管理者がいくつかのコースカテゴリを設定します。
+<p>Moodle管理者がいくつかのコースカテゴリを設定します。</p>
-<p>例えば、「科学」、「人文学」、「公衆衛生学」等です。
+<p>例えば、「科学」、「人文学」、「公衆衛生学」等です。</p>
-<p>あなたの専攻に一番当てはまるものを選んでください。ここで選んだものはコースリストに表示され、学生がコースを見つけやすくなります。
+<p>あなたに一番当てはまるコースを選択してください。ここで選んだものはコースリストに表示され、学生がああなたのコースを見つけやすくなります。</p>
@@ -3,15 +3,15 @@
<p><b>ウイークリーフォーマット</b></p>
<ul>
コースは開始日と終了日が明確な週の単位で構成されます。各週は活動で構成されます。
-日誌等は例えば2週間の提出期限が終わった後は「編集不可能状態」になります。
+例えば日誌等は、2週間の提出期限が終わった後は「編集不可能状態」になります。
</ul>
<p><b>トピックフォーマット</b></p>
<ul>
-それぞれの「週」が、トピックと呼ばれる以外はウイークリーフォーマットに似ています。「トピック」は期限に制約されません。日付を設定する必要はありません。
+それぞれの「週」がトピックと呼ばれる以外はウイークリーフォーマットに似ています。「トピック」は期限に制約されません。日付を設定する必要はありません。
</ul>
<p><b>ソーシャルフォーマット</b></p>
<ul>
-このフォーマットは、1つの一般フォーラムを中心としてメインページに表示されるフォーラムで構成されます。より自由な構成を望む場合に便利です。これらはコースでもありません。例えば、学科のお知らせボードのような使い方ができます。
-</ul>
+このフォーマットは、1つのソーシャルフォーラムを中心として、メインページに表示されるフォーラムで構成されます。これは、より自由な構成を行いたい場合に便利です。これらはコースと異なります。例えば、学科のお知らせボードのような使い方ができます。
+</ul>
@@ -1,8 +1,3 @@
<p align="center"><b>コース名</b></p>
-
-
-<p>コース名は画面の上部およびコースリストに表示されます。</p>
-
-
-
+<p>コース名は画面の上部およびコースリストに表示されます。</p>
@@ -1,8 +1,7 @@
-<p align="center"><b>評価</b></p>
+<p align="center"><b>評定</b></p>
-<p>多くの活動で評価を行うことができます。</p>
+<p>多くの活動で評定を行うことができます。</p>
-<p>デフォルトでは、メインコースページで利用できる全ての評価結果は、評価ページで閲覧可能に設定されます。</p>
+<p>デフォルトでは、メインコースページで利用できる全ての評定結果は、評点ページで閲覧できるように設定されます。</p>
-<p>教師がコースで評価を行いたくない場合や学生より評価を隠したい時は、コースセッティングで非表示にすることができます。
-学生に評価結果を表示しなくするのみで、評価の使用または設定を不可にすることはありません。</p>
+<p>教師がコースで評定を行いたくない場合や学生から評点を隠したい場合は、コースセッティングで非表示にすることができます。これは、学生に評点を表示しなくするのみで、評定の使用または設定を不可にすることはありません。</p>
@@ -2,6 +2,6 @@
<p>ここでは、学生に表示されるコースをどのように非表示にするか指定できます。</p>
-<p>デフォルトでは、非表示のセクションが分かるように小さなマーク(折りたたんだ形、通常は灰色)が表示されますが、非表示の活動とテキストを実際に見ることはできません。クラスが無い週が明確になるため、ウイークリーフォーマットを使用している場合は特に便利です。</p>
+<p>デフォルトでは、非表示のセクションが分かるように小さなマーク ( 折りたたんだ形、通常は灰色 ) が表示されますが、非表示の活動とテキストを実際に見ることはできません。クラスが無い週が明確になるため、ウイークリーフォーマットを使用している場合は特に便利です。</p>
-<p>学生にコースセクションが非表示になっていることさえ分からないように、完全にコースセクションを非表示にすることもできます。</p>
+<p>学生にコースセクションが非表示になっていることさえ分からないように、完全にコースセクションを非表示にすることもできます。</p>
@@ -1,3 +1,3 @@
<p align="center"><b>コースIDナンバー</b></p>
-<p>コースのIDナンバーは、外部のシステムとマッチングを行う時のみに使用され、Moodle内に表示されることはありません。このコースに関わる公式のコードがある場合はここに設定してください。それ以外は空白のままにしてください。</p>
+<p>コースのIDナンバーは、外部のシステムとマッチングを行う時のみ使用され、Moodle内に表示されることはありません。このコースに関わる公式のコードがある場合はここに設定してください。それ以外は空白のままにしてください。</p>
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>コースニュース項目</b></p>
-<p>「ニュース」と呼ばれる特別なフォーラムは「ウイークリー」および「トピック」コースフォーマットに表示されます。これは学生に対する連絡を掲載するのに良い場所です。(初期値では全学生がこのフォーラムに登録され、連絡はメールで通知されます。)
+<p>「ニュース」と呼ばれる特別なフォーラムは「ウイークリー」および「トピック」コースフォーマットに表示されます。これは学生に対する連絡を掲載するのに最適な場所です。( 初期値では全学生がこのフォーラムにメール通知登録され、連絡がメールで通知されます。 )</p>
-<p>この設定では、あなたのコースページ右側にあるボックスに何件の最新項目を掲載するかを決定します。
+<p>この設定では、あなたのコースページ右側にあるボックスに何件の最新項目を掲載するか決定します。</p>
-<p>「0件のニュース項目を表示」と設定した場合、ボックスは表示されません。
+<p>「0件のニュース項目を表示」と設定した場合、ボックスは表示されません。</p>
@@ -1,11 +1,9 @@
<p align="center"><b>週/トピックの表示数</b></p>
+<p>この設定は「ウイークリー」および「トピック」コースフォーマットのみに使用されます。</p>
-<p>この設定は「ウイークリー」および「トピック」コースフォーマットのみに使用されます。
+<p>「ウイークリー」フォーマットでは開講日より何週間コースが続くかを設定します。</p>
-<p>「ウイークリー」フォーマットでは開校日より何週間コースが続くのか設定します。
+<p>「トピック」フォーマットではコース中のトピック数を設定します。</p>
-
-<p>「トピック」フォーラムではコース中のトピック数を設定します。
-
-<p>どちらとも、コースページ中心に表示されるボックス数に関係します。
+<p>この値は、両者のコースページ中心に表示されるボックス数に関係します。</p>
@@ -1,10 +1,10 @@
<p align="center"><b>最新の活動</b></p>
-<p>Moodleは「最新の活動」をコースホームページに表示することができます。
+<p>Moodleは「最新の活動」をコースホームページ上に表示することができます。</p>
-<p>ここでは利用者が最後にログインしてから行われた新規投稿、新規ユーザ登録、
-日誌の作成等の活動が表示されます。
+<p>ここでは、利用者が最後にログインした後に行われた新規投稿、新規ユーザ登録、
+日誌の作成等の活動が表示されます。</p>
-<p>コース活動に意義を与える手助けとなりますので、この機能をお使いになることを強く勧めます。クラスのみんなが何を行っているのかを知ることにより、共同作業の雰囲気を促進します。
+<p>コース活動に意義を与える手助けとなりますので、この機能をお使いになることを強く勧めます。クラス全員が何を行っているかを知ることにより、共同作業の雰囲気を促進します。</p>
-<p>極端に学生数が多かったりコースがハードに使用される場合、コースページの表示速度が低下しますので、この機能を停止させることも可能です。
+<p>極端に学生数が多かったり、コースの使用頻度が高い場合、コースページの表示速度が低下しますので、この機能を停止させることも可能です。</p>
@@ -1,12 +1,9 @@
<p align="center"><b>活動レポート</b></p>
-<p>活動レポートは現在のコースに関する活動内容を表示し、各参加者が利用することができます。
-これらのレポートには、参加者の投稿内容および詳細なアクセスログも含まれます。</p>
+<p>活動レポートは、現在のコースに関する活動内容を表示し、各参加者が利用することができます。これらのレポートには、参加者の投稿内容および詳細なアクセスログも含まれます。</p>
<p>教師は、各個人のプロフィールページにあるボタンを使用することで、常にこれらのレポートを閲覧することができます。</p>
-<p>学生自身の活動レポートへのアクセスは、コース設定経由で教師にコントロールされます。
-特定のコースでは、これらのレポートは参加情報を学生に示す有効なツールとなりますが、他のコースでは必要ではありません。</p>
+<p>学生自身の活動レポートへのアクセス可否の設定は、コース設定にて教師が行います。特定のコースでは、これらのレポートは参加状況を学生に示す有効なツールとなりますが、他のコースでは必要ではありません。</p>
-<p>この設定をOFFにするもう1つの理由は、レポートを生成する時にサーバに対して不可がかかるということです。
-規模が大きいクラス、または長いクラスではこの設定をOFFにした方が良いでしょう。<p>
+<p>この設定をOFFにするもう1つの理由は、レポートを生成する時にサーバに対して負荷がかかるということです。規模が大きいクラス、または期間が長いクラスではこの設定をOFFにした方が良いでしょう。</p>
@@ -1,6 +1,3 @@
<p align="center"><b>コース省略名</b></p>
-
-<p>多くの教育機関では、コースを参照するためにBP102やCOMMS等の省略名(半角英数字)が使用されています。
-
-そのような省略名が無い場合でもここで半角英数字の省略名を作成してください。これはメールの件名等、長い名称が適当でない場所に使用されます。
+<p>多くの教育機関では、コースを参照するためにBP102やCOMMS等の省略名(半角英数字)が使用されています。そのような省略名が無い場合でも、ここで半角英数字の省略名を作成してください。これはメールの件名等、長い名称が適切ではない場所に使用されます。</p>
@@ -1,11 +1,11 @@
<p align="center"><b>コース開講日</b></p>
-<p>あなたのタイムゾーンでコースの開講日を設定します。
+<p>あなたのタイムゾーンでコースの開講日を設定します。</p>
-<p>「ウイークリー」コースフォーマットを使っている場合は画面表示に影響します。第1週はここで設定された日より始まります。
+<p>「ウイークリー」コースフォーマットを使っている場合は画面表示に影響します。第1週はここで設定された日より始まります。</p>
-<p>この設定は「一般」や「トピック」フォーマットには影響しません。
+<p>この設定は「一般」や「トピック」フォーマットには影響しません。</p>
-<p>しかし、表示可能な最も古い日時としてこの設定を使用するログの表示に関しては影響します。
+<p>しかし、表示可能な最も古い日時として、この設定を使用するログ表示に関しては影響します。</p>
-<p>あなたのコースが実際の開講日を決めている場合は、一般的にどのようなコースフォーマットにおいても開講日の設定は意味があります。
+<p>あなたのコースに実際の開講日がある場合は、一般的にどのようなコースフォーマットにおいても開講日の設定は意味があります。</p>
@@ -1,6 +1,5 @@
<p align="center"><b>コースアップロードサイズ</b></p>
-<p>ここではコース内で学生がアップロードできるファイルの最大サイズを設定します。
-このサイズは管理者がサイト全体に対して設定したサイズに制限されます。</p>
+<p>ここでは、コース内で学生がアップロードできるファイルの最大サイズを設定します。このサイズは管理者がサイト全体に対して設定したサイズに制限されます。</p>
-<p>それぞれの活動モジュールで、さらにこのサイズを制限することが可能です。</p>
+<p>それぞれの活動モジュールで、さらにこのサイズを制限することが可能です。</p>
@@ -1,12 +1,11 @@
<p align="center"><b>コース登録キー</b></p>
-<p>コース登録キーにより部外者にコースを利用させないことができます。
+<p>コース登録キーを使うことで、部外者にコースを利用させないことができます。</p>
-<p>空白のままにした場合、誰でもMoodleユーザ名を作成してあなたのコースに参加することができます。
+<p>空白のままにした場合、誰でもMoodleユーザ名を作成してあなたのコースに参加することができます。</p>
-<p>コース登録キーを設定した場合、参加希望の学生は初回のみこの文字またはフレーズの入力を求められます。
+<p>コース登録キーを設定した場合、参加希望の学生は初回のみ、文字またはフレーズの入力を求められます。</p>
-<p>利用を許可する人には、メール、郵便、電話、口頭で伝える等の方法により登録キーを伝えてください。
+<p>利用を許可する人には、メール、郵便、電話、口頭で伝える等の方法により登録キーを伝えてください。</p>
-<p>もしこのパスワードが「漏洩」して部外者が利用を開始した場合、彼らの登録抹消を行うことができます。
-(ユーザプロフィールのページ参照) 正式に登録した学生に影響を与えずに、部外者の利用を拒否することができます。
+<p>もし、このパスワードが「漏洩」して部外者が利用を開始した場合、彼らの登録を抹消することができます ( ユーザプロフィールのページ参照 )。 正式に登録した学生に影響を与えずに、部外者の利用を拒否することができます。</p>
@@ -1,7 +1,9 @@
-<p align="center"><b>登録継続期間</b></p>
+<p align="center"><b>利用有効期間</b></p>
-<p>ここでは、学生がこのコースに登録継続できる日数を指定します(登録直後から計算)。</p>
+<p>ここでは、学生がこのコースを利用できる日数を指定します ( 登録直後から計算 ) 。</p>
-<p>この設定を行った場合、指定した時間が経過した後、学生は自動的に登録解除されます。</p>
+<p>この設定を行った場合、指定した時間が経過した後、学生は自動的に登録解除されます。これは特定の開講日・閉講日を決めずにコースを運用する場合に便利です。</p>
<p>この設定を行わない場合、学生は手動で登録取消しを行うか、クリーンアップ機能が長期未ログイン学生を削除するまで登録されたままになります。</p>
+
+<p>このコースをメタコースとして管理する場合は、利用有効期間は使用されません。</p>
View
@@ -392,8 +392,8 @@
$string['enrolmentnotyet'] = '申し訳ございません、このコースには下記の日付までアクセスできません。<br />
$a';
$string['enrolments'] = 'ユーザ登録方法';
-$string['enrolperiod'] = '登録継続期間';
-$string['entercourse'] = 'Enterをクリックしてください';
+$string['enrolperiod'] = '利用有効期間';
+$string['entercourse'] = 'コースに入るにはクリックしてください';
$string['enteremailaddress'] = 'パスワードをリセットして新しいパスワードを受け取るために、メールアドレスを入力してください。';
$string['entries'] = 'エントリ';
$string['error'] = 'エラー';
@@ -2,6 +2,6 @@
<p>このオプションではコースを完全に「隠す」ことができます。</p>
-<p>コースを隠した場合、コースの教師や管理者を除いて、全てのコースリストに隠されたコースが表示されません。</p>
+<p>コースの教師や管理者を除いて、隠されたコースはコースリストに表示されません。</p>
-<p>学生が直接URLを指定してコースにアクセスしても、中に入ることができません。</p>
+<p>学生が直接URLを指定してコースにアクセスしても、中に入ることができません。</p>
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>コースカテゴリ</b></p>
-<p>Moodle管理者がいくつかのコースカテゴリを設定します。
+<p>Moodle管理者がいくつかのコースカテゴリを設定します。</p>
-<p>例えば、「科学」、「人文学」、「公衆衛生学」等です。
+<p>例えば、「科学」、「人文学」、「公衆衛生学」等です。</p>
-<p>あなたの専攻に一番当てはまるものを選んでください。ここで選んだものはコースリストに表示され、学生がコースを見つけやすくなります。
+<p>あなたに一番当てはまるコースを選択してください。ここで選んだものはコースリストに表示され、学生がああなたのコースを見つけやすくなります。</p>
@@ -3,15 +3,15 @@
<p><b>ウイークリーフォーマット</b></p>
<ul>
コースは開始日と終了日が明確な週の単位で構成されます。各週は活動で構成されます。
-日誌等は例えば2週間の提出期限が終わった後は「編集不可能状態」になります。
+例えば日誌等は、2週間の提出期限が終わった後は「編集不可能状態」になります。
</ul>
<p><b>トピックフォーマット</b></p>
<ul>
-それぞれの「週」が、トピックと呼ばれる以外はウイークリーフォーマットに似ています。「トピック」は期限に制約されません。日付を設定する必要はありません。
+それぞれの「週」がトピックと呼ばれる以外はウイークリーフォーマットに似ています。「トピック」は期限に制約されません。日付を設定する必要はありません。
</ul>
<p><b>ソーシャルフォーマット</b></p>
<ul>
-このフォーマットは、1つの一般フォーラムを中心としてメインページに表示されるフォーラムで構成されます。より自由な構成を望む場合に便利です。これらはコースでもありません。例えば、学科のお知らせボードのような使い方ができます。
-</ul>
+このフォーマットは、1つのソーシャルフォーラムを中心として、メインページに表示されるフォーラムで構成されます。これは、より自由な構成を行いたい場合に便利です。これらはコースと異なります。例えば、学科のお知らせボードのような使い方ができます。
+</ul>
@@ -1,8 +1,3 @@
<p align="center"><b>コース名</b></p>
-
-
-<p>コース名は画面の上部およびコースリストに表示されます。</p>
-
-
-
+<p>コース名は画面の上部およびコースリストに表示されます。</p>
@@ -1,8 +1,7 @@
-<p align="center"><b>評価</b></p>
+<p align="center"><b>評定</b></p>
-<p>多くの活動で評価を行うことができます。</p>
+<p>多くの活動で評定を行うことができます。</p>
-<p>デフォルトでは、メインコースページで利用できる全ての評価結果は、評価ページで閲覧可能に設定されます。</p>
+<p>デフォルトでは、メインコースページで利用できる全ての評定結果は、評点ページで閲覧できるように設定されます。</p>
-<p>教師がコースで評価を行いたくない場合や学生より評価を隠したい時は、コースセッティングで非表示にすることができます。
-学生に評価結果を表示しなくするのみで、評価の使用または設定を不可にすることはありません。</p>
+<p>教師がコースで評定を行いたくない場合や学生から評点を隠したい場合は、コースセッティングで非表示にすることができます。これは、学生に評点を表示しなくするのみで、評定の使用または設定を不可にすることはありません。</p>
@@ -2,6 +2,6 @@
<p>ここでは、学生に表示されるコースをどのように非表示にするか指定できます。</p>
-<p>デフォルトでは、非表示のセクションが分かるように小さなマーク(折りたたんだ形、通常は灰色)が表示されますが、非表示の活動とテキストを実際に見ることはできません。クラスが無い週が明確になるため、ウイークリーフォーマットを使用している場合は特に便利です。</p>
+<p>デフォルトでは、非表示のセクションが分かるように小さなマーク ( 折りたたんだ形、通常は灰色 ) が表示されますが、非表示の活動とテキストを実際に見ることはできません。クラスが無い週が明確になるため、ウイークリーフォーマットを使用している場合は特に便利です。</p>
-<p>学生にコースセクションが非表示になっていることさえ分からないように、完全にコースセクションを非表示にすることもできます。</p>
+<p>学生にコースセクションが非表示になっていることさえ分からないように、完全にコースセクションを非表示にすることもできます。</p>
Oops, something went wrong.

0 comments on commit 80a1d8f

Please sign in to comment.