Skip to content
Browse files

Polished and new translated some.

  • Loading branch information...
1 parent 44d9596 commit 9263039fe653d6b1eb8efedaddc8e47fcdd64a14 mits committed Sep 19, 2004
View
4 lang/ja/docs/faq.html
@@ -22,7 +22,7 @@
<p class="normaltext">
様々な方法を試してみても問題が解決しない場合で、ファイアーウォールの背後でMoodleを動かしている場合は、必須の機能または
必要なコミュニケーションをブロックしないように、ファイアーウォールを再設定されることをお勧めします。
-ファイアーウォールがMoodleに影響を及ぼすことは殆どありませんが、ファイアーウォールの設定ミスにより
+ファイアーウォールがMoodleに影響を及ぼすことはほとんどありませんが、ファイアーウォールの設定ミスにより
Moodleの機能に影響を及ぼすことがあります。
@@ -296,7 +296,7 @@
インストールマニュアルのcronの設定セクション</a>をご覧ください。</p>
<p class="answer">ヒント: Moodleの詳細設定ページで、デフォルト設定の使用を試してください。また、smtphostを空白のままにしてください。
-この設定は殆どのユーザの条件を満たしています。</p>
+この設定はほとんどのユーザの条件を満たしています。</p>
<p class="answer">&nbsp;</p>
<p class="answer">&nbsp;</p>
View
53 lang/ja/docs/features.html
@@ -18,12 +18,12 @@
<li>社会的構築主義教授法(協調、活動、批判的省察等)を促進します。</li>
<li>対面教育の補助及び100%のオンラインコースに適しています。</li>
<li>シンプル、軽い、能率的、互換性がある、バージョンの低いブラウザに対応しています。</li>
- <li>PHPをサポートする殆どのプラットフォームへ簡単にインストール可能。1つのデータベースを必要(共有可)とします。</li>
+ <li>PHPをサポートするほとんどのプラットフォームへ簡単にインストール可能。1つのデータベースを必要(共有可)とします。</li>
<li>全てのメジャーなデータベースの抽出をフルサポート(初期テーブル作成を除く)しています。</li>
<li>コース一覧では、ゲストアクセスの可否も含めて、サーバ上の全コースの説明を表示します。</li>
<li>コースをカテゴリ分け、検索することができます。一つのMoodleサイトは数千のコースをサポートします。</li>
<li>Moodleでは、サイト全体にわたる強固なセキュリティを重要視しています。フォームに関して、全てのチェック、データの正当性確認、クッキーの暗号化処理等が行われます。</li>
- <li>殆どのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することができます。</li>
+ <li>ほとんどのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することができます。</li>
</ul>
<h3 >サイト管理</h3>
<ul>
@@ -41,11 +41,11 @@ <h3 >
<li>LDAPを使用した認証: LDAPサーバに対してアカウントのログインを照会することができます。管理者は、どのフィールドを使用するか指定できます。</li>
<li>IMAP、POP3、NNTPを使用した認証: メールサーバまたはニュースサーバに対してアカウントのログインが照会されます。SSL認証及びTLS認証がサポートされます。</li>
<li>外部データベースを使用した認証: 少なくとも2つのフィールドを持つデータベースを外部認証用のデータベースとして使用できます。</li>
- <li>それぞれユーザは、サーバ全体で1つのアカウントのみ必要です。各アカウントは異なるアクセス権限を持つことができます。</li>
+ <li>各ユーザは、サーバ全体で1つのアカウントのみ必要です。各アカウントは異なるアクセス権限を持つことができます。</li>
<li>管理者のアカウントは、コース作成をコントロールし、ユーザをコースに割り当てることで教師を作成します。</li>
<li>コース作成者には、コースの作成及びコース内で教えることのみ許可されます。</li>
<li>コース内容を変更できないように、教師のコース編集権限を削除することができます。(例えば非常勤教師)</li>
- <li>セキュリティ - 教師は学生以外をコース内に入らせないように、「登録キー」をコースに追加することができます。登録キーは、直接渡すことも、メール等で渡すこともできます。</li>
+ <li>セキュリティ - 教師は学生以外をコース内に入らせないように、「登録キー」を追加することができます。登録キーは、直接渡すことも、メール等で渡すこともできます。</li>
<li>必要に応じて、教師は学生を手動で登録することができます。</li>
<li>必要に応じて、教師は学生を登録抹消することができます。そうでなければ、ある一定期間(管理者により設定)の未ログインにより自動的に登録抹消されます。</li>
<li>学生には写真や自己紹介を含んだオンラインプロフィールの作成が奨励されます。メールアドレスは必要に応じて表示されないようにすることができます。</li>
@@ -58,7 +58,7 @@ <h3 >
<li>コースフォーマットでは、ウイークリー、トピック、ディスカッションに焦点を置いたソーシャルフォーマットを選択することができます。</li>
<li>柔軟なコース活動の配列 - フォーラム、日誌、小テスト、リソース、アンケート、調査、課題、チャット、ワークショップ</li>
<li>最終ログインより更新された内容をコースホームページに表示することができます。これは、コミュニティー意識を与える手助けとなります。</li>
- <li>殆どのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することができます。</li>
+ <li>ほとんどのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することができます。</li>
<li>フォーラム、日誌、小テスト、課題の評価は同一ページで閲覧することができます。また、スプレッドシート形式のファイルとしてダウンロードすることもできます。</li>
<li>完全なユーザロギング及びトラッキング - 各モジュールで、それぞれの学生に関する活動レポートを、グラフと詳細(最終アクセス、閲覧数)で見ることができます。同様に、それぞれの学生が関わったフォーラムの投稿、日誌エントリー等の詳細な「ストーリー」を1ページで見ることができます。</li>
<li>メールインテグレーション - フォーラムの投稿のコピー、教師のフィードバック等をHTML形式またはプレインテキスト形式でメール送信することができます。</li>
@@ -69,14 +69,14 @@ <h3 >
<ul>
<li>課題モジュールでは、提出期限及び最大評価を設定することができます。</li>
<li>学生は提出物(どのようなフォーマットでも)をサーバにアップロードできます。アップロードしたファイルの提出日が記録されます。</li>
- <li>提出期限を過ぎた提出は許可されますが、どれだけ遅れたか明確に教師に提示されます。</li>
+ <li>提出期限を過ぎた提出は許可されますが、どの程度遅れたか明確に教師に提示されます。</li>
<li>各提出物に対して、1ページ内でクラス全体を評価(採点及びコメント)することができます。</li>
<li>教師のフィードバックは、各学生の課題ページに追加され、その旨が学生にメール通知されます。</li>
<li>教師は、評価後に(再評価のため)課題を再提出させることができます。</li>
</ul>
<h3 >チャットモジュール</h3>
<ul>
- <li>スムーズで同時のテキストによる相互交流を実現します。</li>
+ <li>テキストによるスムーズでリアルタイムの相互交流を実現します。</li>
<li>チャットウインドウにプロフィール写真を表示することができます。</li>
<li>URL、スマイリー、埋め込みHTML、イメージ等をサポートします。</li>
<li>全てのセッションは後で閲覧するために記録され、学生にも閲覧できるようにすることができます。</li>
@@ -85,7 +85,7 @@ <h3 >
<ul>
<li>投票のような機能を持ったモジュールです。投票や、学生からのフィードバックの収集に使用することができます。(例 リサーチコンセント)</li>
<li>教師は、誰が何を選択したか直感的に分かる表を閲覧することができます。</li>
- <li>任意で結果のリアルタイムグラフを学生に見せることができます。</li>
+ <li>任意で、結果のリアルタイムグラフを学生に見せることができます。</li>
</ul>
<h3 >フォーラムモジュール</h3>
<ul>
@@ -112,45 +112,40 @@ <h3 >
<li>小テストは自動的に評価され、質問が修正された場合は再評価させることができます。</li>
<li>小テストには、期間外の利用ができないように時間制限を設定することができます。</li>
<li>教師のオプション設定により、小テストを複数回受けさせることができます。また、フィードバックや正答を表示することもできます。</li>
- <li>不正行為をへらすため、小テストと小テストの答えをランダムに混ぜることができます。</li>
+ <li>不正行為を減らすため、小テストと小テストの答えをランダムに混ぜることができます。</li>
<li>小テストではHTMLとイメージを使用できます。</li>
- <li>外部のテキストファイルより小テストをインポートすることができます。</li>
+ <li>外部のテキストファイルから小テストをインポートすることができます。</li>
<li>必要に応じて、小テストを複数回受けることができます。</li>
<li>必要に応じて、小テストの結果は蓄積され、複数回の実施で終了させることができます。</li>
<li>多肢選択式問題には、単一または複数の答えを用意することができます。</li>
- <li>記述式問題(単語またフレイズ)</li>
+ <li>記述式問題(単語またフレーズ)</li>
<li>○/×方式問題</li>
<li>組み合わせ問題</li>
<li>ランダム方式問題</li>
<li>数値問題 (許容範囲)</li>
<li>テキスト内に答えを入れる穴埋め問題(clozeスタイル)</li>
- <li>説明のためのテキストとグラフィックを埋め込むことができます。</li>
+ <li>説明のためにテキストとグラフィックを埋め込むことができます。</li>
</ul>
<h3 >リソースモジュール</h3>
<ul>
- <li>Supports display of any electronic content, Word, Powerpoint, Flash, Video,
- Sounds etc</li>
- <li>Files can be uploaded and managed on the server, or created on the fly using
- web forms (text or HTML)</li>
- <li>External content on the web can be linked to or seamlessly included within
- the course interface.</li>
- <li>External web applications can be linked in with data passed to them</li>
+ <li>Word、PowerPoint、Flash、ビデオ、音声等を含む様々な電子コンテンツをサポートします。</li>
+ <li>ファイルは、サーバにアップロードして管理することも、ウェブフォームを使用して作成(テキスト、HTML)することもできます。</li>
+ <li>ウェブ上の外部コンテンツは、リンクを張ったり、コース内に継ぎ目無しに表示することができます。</li>
+ <li>外部のウェブアプリケーションには、リンクを張ってパラメータを渡すことができます。</li>
</ul>
<h3 >調査モジュール</h3>
<ul>
- <li>Built-in surveys (COLLES, ATTLS) have been proven as instruments for analysing online classes</li>
- <li>Online survey reports always available, including many graphs. Data is downloadable as an Excel spreadsheet or CSV text file.</li>
- <li>Survey interface prevents partly-finished surveys.</li>
- <li>Feedback is provided to the student of their results compared to the class averages
-</li>
+ <li>内蔵されている調査(COLLES, ATTLS)は、オンラインクラスの分析に適したツールであると証明されています。</li>
+ <li>沢山のグラフを含んだ、オンライン調査レポートを常に利用することができます。データはExcelスプレッドシートまたはCSVテキストファイル形式でダウンロードすることができます。</li>
+ <li>調査インターフェースが、一部終了のみで終了する調査を防ぎます。</li>
+ <li>フィードバックは、クラスの平均と比較されながら、学生の結果に対して提供されます。</li>
</ul>
<h3 >ワークショップモジュール</h3>
<ul>
- <li>Allows peer assessement of documents, and the teacher can manage and grade
- the assessment.</li>
- <li>Supports a wide range of possible grading scales</li>
- <li>Teacher can provide sample documents for students to practice grading</li>
- <li>Very flexible with many options.</li>
+ <li>ドキュメントに対して相互評価を許可し、教師は管理及び相互評価に関する評価を行うことができます。</li>
+ <li>広範囲の評価尺度をサポートします。</li>
+ <li>評価の練習をするため、教師は学生にサンプル文書を提供することができます。</li>
+ <li>様々なオプションを備えた非常に柔軟なモジュールです。</li>
</ul>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
View
6 lang/ja/docs/install.html
@@ -32,7 +32,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="requirements"></a>1.
<p>Moodleは主としてPHP、Apache、MySQLを使用したLinux環境(LAMPプラットフォームとも呼ばれます)で開発を行っています。 しかし、定期的にPostgreSQL、WindowsXP、Mac OS X、Netware 6の環境でテストしています。</p>
<p>Moodleのシステム必要条件は下記の通りです:</p>
<ol>
- <li>ウェブサーバソフトウェア。殆どのユーザは、<a href="http://www.apache.org/" target="_blank">Apache</a>を使用していますが、MoodleはWindowsプラットフォームにおけるIISのように、PHPをサポートするあらゆるウェブサーバで動作します。</li>
+ <li>ウェブサーバソフトウェア。ほとんどのユーザは、<a href="http://www.apache.org/" target="_blank">Apache</a>を使用していますが、MoodleはWindowsプラットフォームにおけるIISのように、PHPをサポートするあらゆるウェブサーバで動作します。</li>
<li>下記の設定を行った<A HREF="http://www.php.net/">PHP</A>(バージョン4.1.0 以上):
<ul>
<li><a href="http://www.boutell.com/gd/" target="_blank">GDライブラリ</a> 使用可、JPG及びPNGフォーマットをサポート</li>
@@ -44,8 +44,8 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="requirements"></a>1.
</li>
<li>動作可能なデータベースサーバ: Moodle 1.1は、<a href="http://www.mysql.com/" target="_blank">MySQL</a> または <a href="http://www.postgresql.org/" target="_blank">PostgreSQL</a>を完全にサポートしています。これらのデータベースサーバの使用を推奨します。また、将来的なリリースではその他のデータベースも完全にサポートされる予定です。</li>
</ol>
- <p>殆どのウェブホスト会社では、これらの機能をサポートしています。もし、あなたが契約した会社が、これらの機能をサポートしない数少ない会社である場合、何故そうなのか尋ねて、他の会社と契約することを考慮してください。</p>
- <p>自分のコンピュータでMoodleを動かしたくても、少々取り付きにくいと考えている方は、私たちのガイド<a href="http://moodle.org/doc/?file=installamp.html">Apache、MySQL、PHPのインストール</a>をご覧ください。人気のある殆どのプラットーフォームに、これらをインストールするためのステップバイステップの方法が記されています。 </p>
+ <p>ほとんどのウェブホスト会社では、これらの機能をサポートしています。もし、あなたが契約した会社が、これらの機能をサポートしない数少ない会社である場合、何故そうなのか尋ねて、他の会社と契約することを考慮してください。</p>
+ <p>自分のコンピュータでMoodleを動かしたくても、少々取り付きにくいと考えている方は、私たちのガイド<a href="http://moodle.org/doc/?file=installamp.html">Apache、MySQL、PHPのインストール</a>をご覧ください。人気のあるほとんどのプラットーフォームに、これらをインストールするためのステップバイステップの方法が記されています。 </p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
<h3 class="sectionheading"><a name="downloading"></a>2. Download</h3>
View
4 lang/ja/docs/installamp.html
@@ -7,7 +7,7 @@
<body bgcolor="#FFFFFF">
<h1>Apache、MySQL及びPHPのインストール</h1>
<blockquote>
- <p>Moodleはと呼ばれるスクリプト言語によって作成され、殆どのデータはデータベースに保存されます。Moodleを使用する上での推奨データーベースはMySQLです。 Before installing Moodleをインストールする前に稼動中のウェブサーバ上でPHPとデータベースが動作するようにしてください。これらのパッケージは平均的なコンピュータユーザにとって難しい設定が必要です。このページでは異なるプラットフォームでも 設定を行うことができるように、できる限りシンプルに説明を記述しています。</p>
+ <p>Moodleはと呼ばれるスクリプト言語によって作成され、ほとんどのデータはデータベースに保存されます。Moodleを使用する上での推奨データーベースはMySQLです。 Before installing Moodleをインストールする前に稼動中のウェブサーバ上でPHPとデータベースが動作するようにしてください。これらのパッケージは平均的なコンピュータユーザにとって難しい設定が必要です。このページでは異なるプラットフォームでも 設定を行うことができるように、できる限りシンプルに説明を記述しています。</p>
<ul>
<li><a href="#host" class="questionlink">ホスティングサービス</a></li>
<li><a href="#mac" class="questionlink">Mac OS X</a></li>
@@ -18,7 +18,7 @@
<h3 class="sectionheading"><a name="host" id="host"></a>ホスティングサービス</h3>
<blockquote>
<p>残念ながらホスティングサービスの内容は多岐に渡ります。中にはMoodleをインストールしてくれるサービスもあります。</p>
- <p>殆どのホスティングサービスでは、サイトを管理するためにウェブベースのコントロールパネルを提供しています。コントロールパネルではデータベースを作成したりcronの設定を行うことができます。またコマンドシェルで作業を行えるように、sshを利用したターミナルアクセスを提供するホスティングサービスもあります。</p>
+ <p>ほとんどのホスティングサービスでは、サイトを管理するためにウェブベースのコントロールパネルを提供しています。コントロールパネルではデータベースを作成したりcronの設定を行うことができます。またコマンドシェルで作業を行えるように、sshを利用したターミナルアクセスを提供するホスティングサービスもあります。</p>
<p><a href="./?file=install.html">インストールガイド</a>に準じてそれぞれの作業を行ってください。不明な点はホスティングプロバイダにお聞きください。</p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
View
2 lang/ja/enrol_database.php
@@ -8,7 +8,7 @@
$string['dbtable'] = 'テーブル名';
$string['dbtype'] = 'データベースタイプ';
$string['dbuser'] = 'ユーザ名';
-$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース(殆どの種類)を使用することができます。外部データベースにはコースID及びユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブル及びユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
+$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース(ほとんどの種類)を使用することができます。外部データベースにはコースID及びユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブル及びユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
$string['enrolname'] = '外部データベース';
$string['localcoursefield'] = 'コーステーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名(例 idnumber)';
$string['localuserfield'] = 'ユーザテーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名(例 idnumber)';
View
2 lang/ja/help/forum/mods.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<P><IMG VALIGN=absmiddle SRC="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/forum/icon.gif">&nbsp;<B>フォーラム</B></P>
<UL>
-<P>この活動は最重要の活動であり得ます - 殆どの議論がここで行われます
+<P>この活動は最重要の活動であり得ます - ほとんどの議論がここで行われます
フォーラムは異なる形態を取ること及びそれぞれの投稿に対して相互評価を行うことができます。
投稿は様々なフォーマットで閲覧することができます。またファイルの添付を行うこともできます。
フォーラムにメール通知設定を行うことで、参加者は新しい投稿をメールで受信することができます。
View
2 lang/ja/help/forum/rssarticles.html
@@ -2,4 +2,4 @@
<p>ここでは、RSSフィードに含まれる記事数を設定します。</p>
-<p>殆どのフォーラムでは、5から20の間が適当であると思われます。フォーラムが活発な場合は、この値を増やしてください。</p>
+<p>ほとんどのフォーラムでは、5から20の間が適当であると思われます。フォーラムが活発な場合は、この値を増やしてください。</p>
View
2 lang/ja/help/glossary/rssarticles.html
@@ -2,4 +2,4 @@
<p>ここでは、RSSフィードに含まれる記事数を設定します。</p>
-<p>殆どの用語集では、5から20の間が適当であると思われます。用語集が頻繁に更新される場合は、この値を増やしてください。</p>
+<p>ほとんどの用語集では、5から20の間が適当であると思われます。用語集が頻繁に更新される場合は、この値を増やしてください。</p>
View
2 lang/ja/help/wiki/mods.html
@@ -3,7 +3,7 @@
<P>Wikiはウェブブラウザを利用してシンプルなマークアップ言語により集合的な文章を作成することが可能です。</P>
<P>"Wiki wiki"はハワイの言葉で「凄く速い」ことを意味し、wikiテクノロジーにおけるページの作成・更新スピードの速さを
-表現しています。一般的に、文章の修正に事前の確認は無く、殆どのwikiは普く公開されているか、wikiサーバにアクセスできる
+表現しています。一般的に、文章の修正に事前の確認は無く、ほとんどのwikiは普く公開されているか、wikiサーバにアクセスできる
全ての人に開かれています。</P>
<P>Moodle Wikiモジュールでは、参加者がウェブページを通してコンテンツの追加、拡張、修正を行うことができます。
View
2 lang/ja/install.php
@@ -14,7 +14,7 @@
$string['configfilewritten'] = 'config.phpが正常に作成されました。';
$string['configurationcomplete'] = '設定が完了しました。';
$string['database'] = 'データベース';
-$string['databasesettings'] = '殆どのMoodleデータが保存されるデータベースの設定を行います。このデータベースは、アクセスするためのユーザ名及びパスワードと共に作成されている必要があります。<br/>
+$string['databasesettings'] = 'ほとんどのMoodleデータが保存されるデータベースの設定を行います。このデータベースは、アクセスするためのユーザ名及びパスワードと共に作成されている必要があります。<br/>
<br /> <br />
<b>タイプ:</b> mysql または postgres7<br />
<b>ホスト:</b> 例 localhost または db.isp.com<br />
View
6 lang/ja/moodle.php
@@ -179,7 +179,7 @@
$string['configforcelogin'] = '通常、サイトとコース一覧(コースでは無い)のフロントページはサイトにログインせずに閲覧することができます。全ての動作を行う前にログインを強制したい場合は、この設定を行ってください。';
$string['configforceloginforprofiles'] = 'この設定を「Yes」にした場合、ユーザプロフィールページを閲覧するには実際のアカウントでログインする必要があります。デフォルトでは、「No」に設定されますので、学生は事前に各コースの教師のプロフィールを閲覧することができます。これはサーチエンジンからもプロフィールページにアクセスできることも意味します。';
$string['configframename'] = 'Moodleをフレーム内で使用する場合、フレーム名を指定してください。フレームを使用しない場合は「_top」のままにしてください。';
-$string['configfullnamedisplay'] = 'ここではどのように名前が表示されるのかを設定します。殆どの単一言語を使用したサイトでは「名前+名字」を使用した方が良いでしょう。しかし、名字を隠したり、言語設定に添った形(いくつかの言語では異なる並び)の並びにすることも可能です。';
+$string['configfullnamedisplay'] = 'ここではどのように名前が表示されるのかを設定します。ほとんどの単一言語を使用したサイトでは「名前+名字」を使用した方が良いでしょう。しかし、名字を隠したり、言語設定に添った形(いくつかの言語では異なる並び)の並びにすることも可能です。';
$string['configgdversion'] = 'サーバにGDがインストールされている場合、そのバージョンを選択してください。初期値として表示されているバージョンは自動的に検知されたものです。分からない場合はそのままにしてください。';
$string['confightmleditor'] = 'HTMLテキストエディタ使用を許可するか否か選択してください。「許可する」を選択した場合でも適切なブラウザ(IE5.5またはそれ以上)を使用していない場合、エディタは動作しません。';
$string['configidnumber'] = 'このオプションでは次の内容を設定します。(a)ユーザがユーザIDの入力を求められない、(b)ユーザがユーザIDを空白にすることができる、または(c)ユーザはユーザIDの入力を求められ、空白にできない。ユーザIDが入力されたときはプロファイルに表示される。';
@@ -363,7 +363,7 @@
$a->link
-殆どのメールプログラムでは、この部分はクリックできる青色のリンク表示されます。
+ほとんどのメールプログラムでは、この部分はクリックできる青色のリンク表示されます。
もし動作しない場合はカット&ペーストを使ってブラウザのアドレス欄にアドレスを入力してください。
@@ -397,7 +397,7 @@
$a->link
-殆どのメールプログラムでは、これはクリック可能な青いリンクとして表示されます。もしクリックできないようでしたらブラウザのアドレスボックスにコピー&ペーストしてください。
+ほとんどのメールプログラムでは、これはクリック可能な青いリンクとして表示されます。もしクリックできないようでしたらブラウザのアドレスボックスにコピー&ペーストしてください。
お分かりにならない場合は、サイト管理者 $a->admin にご連絡ください。';
$string['emailpasswordconfirmationsubject'] = '$a: パスワード変更の確認';

0 comments on commit 9263039

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.