Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Browse files

re-translated 'item analysis'.

  • Loading branch information...
commit a34f24f3c47826061a7a7b327f7dab9fec10dac5 1 parent dee5bee
mits authored
View
2  lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 7, 2006
+LAST MODIFIED : January 8, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
2  lang/ja/help/hotpot/reportselector.html
@@ -65,7 +65,7 @@
<b>解答テーブル</b>では、小テストの各問題に各ユーザがどのように解答したか表示します。
</li>
<li>
- <b>項目分析テーブル</b>では、各問題に対する解答、および解答の頻度のリストを表示します。
+ <b>アイテム分析テーブル</b>では、各問題に対する解答、および解答の頻度のリストを表示します。
</li>
</ul>
受験の詳細情報は、Excelまたはテキストフォーマットでダウンロードすることができます。
View
16 lang/ja/help/quiz/itemanalysis.html
@@ -1,6 +1,6 @@
-<p align="center"><b>項目分析</b></p>
+<p align="center"><b>アイテム分析</b></p>
-<p>この表では、評価手段としての問題に関するパフォーマンスを分析・判定するために処理した小テストデータを表示します。使用される統計パラメータは伝統的なテスト理論によって計算されます (ref. 1) 。</p>
+<p>この表では、評価手段としての問題に関するパフォーマンスを分析および判定するため、処理した小テストデータを表示します。使用される統計パラメータは伝統的なテスト理論によって計算されます (ref. 1) 。</p>
<p><b>ファシリティ指標 (% 正解 )</b></p>
<p>これは小テストの受験者にとって問題がどれだけ簡単か難しいかを示す基準です。
@@ -14,26 +14,26 @@
</p>
<p><b>標準偏差 (SD)</b></p>
-<p>このパラメータは回答者の答えの広がり方を測定します。全てのユーザが同じ答えを行った場合、SD=0となります。SDは各問題のサンプル一部 ( 到達/最大 ) の統計的標準偏差として計算されます。
+<p>このパラメータは回答者の答えの広がり方を測定します。全てのユーザが同じ答えを行った場合、SD=0となります。SDは各問題における一部のサンプル ( 到達/最大 ) の統計的標準偏差として計算されます。
</p>
<p><b>識別指数 (DI)</b></p>
-<p>ここでは優秀なユーザ<i>vi.</i>優秀でないユーザの各項目のパフォーマンスに関する大まかな指標を提供します。このパラメタは、最初に小テストにおける全体の評点に基づいて学習者を3分の1に分割することによって計算されます。 そして、分析項目の平均点は上下学習者のグループのために計算され、平均グループは除外されます。数式は下記の通りです:
+<p>ここでは、優秀なユーザ<i>vi.</i>優秀でないユーザの各アイテムのパフォーマンスに関する大まかな指標を提供します。このパラメタは、最初に小テストにおける全体の評点に基づいて学習者を3分の1に分割することによって計算されます。 そして、分析アイテムの平均点は上下学習者のグループのために計算され、平均グループは除外されます。数式は下記の通りです:
<br/>
DI = (X<sub>上位</sub> - X<sub>下位</sub>)/ N
<br/>
-X<sub>上位</sub>は小テスト全体で最高評点を上げたユーザの1/3による部分的な点数 ( 到達/最大 ) です ( 例 このグループの中の正解数 ) 。そして、X<sub>下位</sub>は、小テスト全体における下位1/3の評点の合計です。</p>
+X<sub>上位</sub>は小テスト全体で最高評点を上げたユーザの1/3による部分的な合計点数 ( 到達/最大 ) です ( 例 このグループの中の正解数 ) 。そして、X<sub>下位</sub>は、小テスト全体における下位1/3の評点の合計です。</p>
<p>このパラメータは +1 から -1の間の値を取ります。
-もしこの指標が0.0以下になった場合、弱い学習者が強い学習者よりも正解数が多いことを示します。そのような問題は役に立たないということで破棄すべきです。実際、このような問題は小テスト全体の評点の正確性を減らします。</p>
+もしこの指標が0.0以下になった場合、弱い学習者が強い学習者よりも正解数が多いことを示します。そのような問題は役に立たないということで破棄すべきです。実際、このような問題は小テスト全体の評点の精度を下げます。</p>
<p><b>判別係数 (DC)</b></p>
-<p>これは項目のパワーに関して弱い学習から強い学習者を分離するもう一つの指標です。判別係数は、小テスト全体と問題の点数との相関係数です。計算は次のように行います:
+<p>これはアイテムのパワーに関して、弱い学習から強い学習者を分離するもう一つの指標です。判別係数は、小テスト全体と問題の点数との相関係数です。計算は次のように行います:
<br/>
DC = 合計(xy)/ (N * s<sub>x</sub> * s<sub>y</sub>)
<br/>
合計(xy)は、 問題の点数および小テスト全体の点数の偏差値の合計です。Nは、問題の回答数です。
s<sub>x</sub>はこの問題の部分的な点数の標準偏差です。s<sub>y</sub>は小テスト全体の点数の標準偏差です。 </p>
-<p>もう一度、このパラメータは +1から -1の間の値を取ります。 プラスの値は優秀な学習者の方が答えることができたことを意味します。一方マイナスの値は低い評点の学習者が良く答えることができたことを意味します。判別係数がマイナスの問題は優秀な学習者が間違って答えたことを意味し、従って最も優秀な学習者に対するペナルティとなってしまいます。このような問題は避けるべきです。識別指数に対して判別係数の優れた点は、識別指数が極端な上位1/3や下位1/3の情報ではなく、学習者全体の情報を使用することです。従って、このパラメータはパフォーマンスに関して、より繊細に分析することになります。</p>
+<p>もう一度、このパラメータは +1から -1の間の値を取ります。 プラスの値は優秀な学習者の方が答えることができたことを意味します。一方マイナスの値は低い評点の学習者が良く答えることができたことを意味します。判別係数がマイナスの問題は優秀な学習者が間違って答えたことを意味し、従って最も優秀な学習者に対するペナルティとなってしまいます。このような問題は避けるべきです。識別指数に対して判別係数が優れている点は、判別係数が極端な上位1/3や下位1/3の情報ではなく、学習者全体の情報を使用することです。従って、このパラメータはパフォーマンスに関して、より繊細に分析することになります。</p>
View
4 lang/ja/quiz.php
@@ -23,7 +23,7 @@
$string['alternativeunits'] = '代替単位';
$string['alwaysavailable'] = '常時利用可能';
$string['analysisoptions'] = '分析オプション';
-$string['analysistitle'] = '項目分析テーブル';
+$string['analysistitle'] = 'アイテム分析テーブル';
$string['answer'] = '答え';
$string['answerhowmany'] = '解答方法';
$string['answers'] = '正解';
@@ -327,7 +327,7 @@
$string['replace'] = '置換';
$string['replacementoptions'] = '置換';
$string['report'] = 'レポート';
-$string['reportanalysis'] = '項目分析';
+$string['reportanalysis'] = 'アイテム分析';
$string['reportfullstat'] = '統計詳細';
$string['reportmulti_percent'] = 'マルチ - パーセンテージ';
$string['reportmulti_q_x_student'] = 'マルチ - 学生選択';
View
6 lang/ja/quiz_analysis.php
@@ -1,9 +1,9 @@
<?PHP // $Id$
- // quiz_analysis.php - created with Moodle 1.6 development (2005090100)
+ // quiz_analysis.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
$string['analysisoptions'] = '分析オプション';
-$string['analysistitle'] = '項目分析テーブル';
+$string['analysistitle'] = 'アイテム分析テーブル';
$string['attemptsall'] = '全ての受験';
$string['attemptselection'] = 'ユーザごとの分析対象';
$string['attemptsfirst'] = '最初の受験';
@@ -22,7 +22,7 @@
$string['qtypetitle'] = 'Q. タイプ';
$string['quizreportdir'] = 'quiz_reports';
$string['rcounttitle'] = 'R.<br>カウント';
-$string['reportanalysis'] = '項目分析レポート';
+$string['reportanalysis'] = 'アイテム分析レポート';
$string['responsestitle'] = '解答テキスト';
$string['rfractiontitle'] = '部分点';
$string['rpercenttitle'] = 'R.%%';
View
2  lang/ja_utf8/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 7, 2006
+LAST MODIFIED : January 8, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
2  lang/ja_utf8/help/hotpot/reportselector.html
@@ -65,7 +65,7 @@
<b>解答テーブル</b>では、小テストの各問題に各ユーザがどのように解答したか表示します。
</li>
<li>
- <b>項目分析テーブル</b>では、各問題に対する解答、および解答の頻度のリストを表示します。
+ <b>アイテム分析テーブル</b>では、各問題に対する解答、および解答の頻度のリストを表示します。
</li>
</ul>
受験の詳細情報は、Excelまたはテキストフォーマットでダウンロードすることができます。
View
16 lang/ja_utf8/help/quiz/itemanalysis.html
@@ -1,6 +1,6 @@
-<p align="center"><b>項目分析</b></p>
+<p align="center"><b>アイテム分析</b></p>
-<p>この表では、評価手段としての問題に関するパフォーマンスを分析・判定するために処理した小テストデータを表示します。使用される統計パラメータは伝統的なテスト理論によって計算されます (ref. 1) 。</p>
+<p>この表では、評価手段としての問題に関するパフォーマンスを分析および判定するため、処理した小テストデータを表示します。使用される統計パラメータは伝統的なテスト理論によって計算されます (ref. 1) 。</p>
<p><b>ファシリティ指標 (% 正解 )</b></p>
<p>これは小テストの受験者にとって問題がどれだけ簡単か難しいかを示す基準です。
@@ -14,26 +14,26 @@
</p>
<p><b>標準偏差 (SD)</b></p>
-<p>このパラメータは回答者の答えの広がり方を測定します。全てのユーザが同じ答えを行った場合、SD=0となります。SDは各問題のサンプル一部 ( 到達/最大 ) の統計的標準偏差として計算されます。
+<p>このパラメータは回答者の答えの広がり方を測定します。全てのユーザが同じ答えを行った場合、SD=0となります。SDは各問題における一部のサンプル ( 到達/最大 ) の統計的標準偏差として計算されます。
</p>
<p><b>識別指数 (DI)</b></p>
-<p>ここでは優秀なユーザ<i>vi.</i>優秀でないユーザの各項目のパフォーマンスに関する大まかな指標を提供します。このパラメタは、最初に小テストにおける全体の評点に基づいて学習者を3分の1に分割することによって計算されます。 そして、分析項目の平均点は上下学習者のグループのために計算され、平均グループは除外されます。数式は下記の通りです:
+<p>ここでは、優秀なユーザ<i>vi.</i>優秀でないユーザの各アイテムのパフォーマンスに関する大まかな指標を提供します。このパラメタは、最初に小テストにおける全体の評点に基づいて学習者を3分の1に分割することによって計算されます。 そして、分析アイテムの平均点は上下学習者のグループのために計算され、平均グループは除外されます。数式は下記の通りです:
<br/>
DI = (X<sub>上位</sub> - X<sub>下位</sub>)/ N
<br/>
-X<sub>上位</sub>は小テスト全体で最高評点を上げたユーザの1/3による部分的な点数 ( 到達/最大 ) です ( 例 このグループの中の正解数 ) 。そして、X<sub>下位</sub>は、小テスト全体における下位1/3の評点の合計です。</p>
+X<sub>上位</sub>は小テスト全体で最高評点を上げたユーザの1/3による部分的な合計点数 ( 到達/最大 ) です ( 例 このグループの中の正解数 ) 。そして、X<sub>下位</sub>は、小テスト全体における下位1/3の評点の合計です。</p>
<p>このパラメータは +1 から -1の間の値を取ります。
-もしこの指標が0.0以下になった場合、弱い学習者が強い学習者よりも正解数が多いことを示します。そのような問題は役に立たないということで破棄すべきです。実際、このような問題は小テスト全体の評点の正確性を減らします。</p>
+もしこの指標が0.0以下になった場合、弱い学習者が強い学習者よりも正解数が多いことを示します。そのような問題は役に立たないということで破棄すべきです。実際、このような問題は小テスト全体の評点の精度を下げます。</p>
<p><b>判別係数 (DC)</b></p>
-<p>これは項目のパワーに関して弱い学習から強い学習者を分離するもう一つの指標です。判別係数は、小テスト全体と問題の点数との相関係数です。計算は次のように行います:
+<p>これはアイテムのパワーに関して、弱い学習から強い学習者を分離するもう一つの指標です。判別係数は、小テスト全体と問題の点数との相関係数です。計算は次のように行います:
<br/>
DC = 合計(xy)/ (N * s<sub>x</sub> * s<sub>y</sub>)
<br/>
合計(xy)は、 問題の点数および小テスト全体の点数の偏差値の合計です。Nは、問題の回答数です。
s<sub>x</sub>はこの問題の部分的な点数の標準偏差です。s<sub>y</sub>は小テスト全体の点数の標準偏差です。 </p>
-<p>もう一度、このパラメータは +1から -1の間の値を取ります。 プラスの値は優秀な学習者の方が答えることができたことを意味します。一方マイナスの値は低い評点の学習者が良く答えることができたことを意味します。判別係数がマイナスの問題は優秀な学習者が間違って答えたことを意味し、従って最も優秀な学習者に対するペナルティとなってしまいます。このような問題は避けるべきです。識別指数に対して判別係数の優れた点は、識別指数が極端な上位1/3や下位1/3の情報ではなく、学習者全体の情報を使用することです。従って、このパラメータはパフォーマンスに関して、より繊細に分析することになります。</p>
+<p>もう一度、このパラメータは +1から -1の間の値を取ります。 プラスの値は優秀な学習者の方が答えることができたことを意味します。一方マイナスの値は低い評点の学習者が良く答えることができたことを意味します。判別係数がマイナスの問題は優秀な学習者が間違って答えたことを意味し、従って最も優秀な学習者に対するペナルティとなってしまいます。このような問題は避けるべきです。識別指数に対して判別係数が優れている点は、判別係数が極端な上位1/3や下位1/3の情報ではなく、学習者全体の情報を使用することです。従って、このパラメータはパフォーマンスに関して、より繊細に分析することになります。</p>
View
4 lang/ja_utf8/quiz.php
@@ -23,7 +23,7 @@
$string['alternativeunits'] = '代替単位';
$string['alwaysavailable'] = '常時利用可能';
$string['analysisoptions'] = '分析オプション';
-$string['analysistitle'] = '項目分析テーブル';
+$string['analysistitle'] = 'アイテム分析テーブル';
$string['answer'] = '答え';
$string['answerhowmany'] = '解答方法';
$string['answers'] = '正解';
@@ -327,7 +327,7 @@
$string['replace'] = '置換';
$string['replacementoptions'] = '置換';
$string['report'] = 'レポート';
-$string['reportanalysis'] = '項目分析';
+$string['reportanalysis'] = 'アイテム分析';
$string['reportfullstat'] = '統計詳細';
$string['reportmulti_percent'] = 'マルチ - パーセンテージ';
$string['reportmulti_q_x_student'] = 'マルチ - 学生選択';
View
6 lang/ja_utf8/quiz_analysis.php
@@ -1,9 +1,9 @@
<?PHP // $Id$
- // quiz_analysis.php - created with Moodle 1.6 development (2005090100)
+ // quiz_analysis.php - created with Moodle 1.6 development (2005101200)
$string['analysisoptions'] = '分析オプション';
-$string['analysistitle'] = '項目分析テーブル';
+$string['analysistitle'] = 'アイテム分析テーブル';
$string['attemptsall'] = '全ての受験';
$string['attemptselection'] = 'ユーザごとの分析対象';
$string['attemptsfirst'] = '最初の受験';
@@ -22,7 +22,7 @@
$string['qtypetitle'] = 'Q. タイプ';
$string['quizreportdir'] = 'quiz_reports';
$string['rcounttitle'] = 'R.<br>カウント';
-$string['reportanalysis'] = '項目分析レポート';
+$string['reportanalysis'] = 'アイテム分析レポート';
$string['responsestitle'] = '解答テキスト';
$string['rfractiontitle'] = '部分点';
$string['rpercenttitle'] = 'R.%%';
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.