Permalink
Browse files

Polished whole ja langfile.

Changed "dekiru = be able to" from Kanji to Hiragana to make the expression more soften.
The meaning is not changed.
  • Loading branch information...
1 parent 9b83f8c commit afb12cb07955cf4cd9c359143b784c5f9f34f56f mits committed Sep 17, 2004
Showing with 530 additions and 542 deletions.
  1. +3 −3 lang/ja/admin.php
  2. +3 −3 lang/ja/appointment.php
  3. +3 −3 lang/ja/assignment.php
  4. +5 −5 lang/ja/auth.php
  5. +3 −3 lang/ja/calendar.php
  6. +4 −4 lang/ja/chat.php
  7. +2 −2 lang/ja/dialogue.php
  8. +3 −3 lang/ja/docs/background.html
  9. +15 −15 lang/ja/docs/faq.html
  10. +41 −41 lang/ja/docs/features.html
  11. +24 −24 lang/ja/docs/install.html
  12. +12 −12 lang/ja/docs/installamp.html
  13. +1 −1 lang/ja/docs/intro.html
  14. +2 −2 lang/ja/docs/licence.html
  15. +6 −6 lang/ja/docs/philosophy.html
  16. +24 −24 lang/ja/docs/teacher.html
  17. +5 −5 lang/ja/docs/upgrade.html
  18. +2 −2 lang/ja/enrol_database.php
  19. +2 −2 lang/ja/enrol_flatfile.php
  20. +2 −2 lang/ja/enrol_internal.php
  21. +2 −2 lang/ja/enrol_paypal.php
  22. +5 −5 lang/ja/error.php
  23. +11 −11 lang/ja/forum.php
  24. +7 −7 lang/ja/glossary.php
  25. +2 −2 lang/ja/help/assignment/assignmenttype.html
  26. +1 −1 lang/ja/help/assignment/mods.html
  27. +2 −2 lang/ja/help/assignment/resubmit.html
  28. +1 −1 lang/ja/help/attendance/grade.html
  29. +1 −1 lang/ja/help/attendance/hours.html
  30. +2 −2 lang/ja/help/attendance/mods.html
  31. +4 −4 lang/ja/help/chat/chatting.html
  32. +1 −1 lang/ja/help/chat/mods.html
  33. +1 −1 lang/ja/help/choice/options.html
  34. +1 −1 lang/ja/help/choice/timerestrict.html
  35. +2 −2 lang/ja/help/courseavailability.html
  36. +1 −1 lang/ja/help/courseformats.html
  37. +2 −2 lang/ja/help/coursegrades.html
  38. +1 −1 lang/ja/help/courserecent.html
  39. +2 −2 lang/ja/help/coursereports.html
  40. +2 −2 lang/ja/help/dialogue/addsubject.html
  41. +3 −3 lang/ja/help/dialogue/closedialogue.html
  42. +2 −4 lang/ja/help/dialogue/dialoguetype.html
  43. +4 −12 lang/ja/help/dialogue/info.html
  44. +1 −4 lang/ja/help/dialogue/mods.html
  45. +1 −1 lang/ja/help/dialogue/multiple.html
  46. +1 −1 lang/ja/help/dialogue/sendmail.html
  47. +3 −3 lang/ja/help/dialogue/writing.html
  48. +4 −4 lang/ja/help/enrolmentkey.html
  49. +1 −1 lang/ja/help/exercise/grade.html
  50. +3 −3 lang/ja/help/exercise/mods.html
  51. +3 −3 lang/ja/help/exercise/submissionofdescriptions.html
  52. +1 −1 lang/ja/help/exercise/usemax.html
  53. +1 −1 lang/ja/help/forum/allowdiscussions.html
  54. +1 −1 lang/ja/help/forum/attachment.html
  55. +1 −1 lang/ja/help/forum/forumtype.html
  56. +2 −2 lang/ja/help/forum/maxattachmentsize.html
  57. +4 −4 lang/ja/help/forum/mods.html
  58. +5 −5 lang/ja/help/forum/ratings.html
  59. +3 −3 lang/ja/help/forum/rsstype.html
  60. +1 −1 lang/ja/help/forum/subscription.html
  61. +2 −2 lang/ja/help/forum/subscription2.html
  62. +2 −2 lang/ja/help/glossary/aliases.html
  63. +2 −2 lang/ja/help/glossary/allowcomments.html
  64. +1 −1 lang/ja/help/glossary/allowduplicatedentries.html
  65. +2 −2 lang/ja/help/glossary/defaultapproval.html
  66. +1 −1 lang/ja/help/glossary/description.html
  67. +1 −1 lang/ja/help/glossary/destination.html
  68. +1 −1 lang/ja/help/glossary/displayformat.html
  69. +4 −4 lang/ja/help/glossary/editalways.html
  70. +1 −1 lang/ja/help/glossary/entbypage.html
  71. +2 −2 lang/ja/help/glossary/globalglossary.html
  72. +1 −1 lang/ja/help/glossary/importcategories.html
  73. +1 −1 lang/ja/help/glossary/linkcategory.html
  74. +2 −2 lang/ja/help/glossary/mainglossary.html
  75. +4 −4 lang/ja/help/glossary/mods.html
  76. +2 −2 lang/ja/help/glossary/rsstype.html
  77. +1 −1 lang/ja/help/glossary/shows.html
  78. +3 −3 lang/ja/help/glossary/studentcanpost.html
  79. +4 −4 lang/ja/help/groupmode.html
  80. +6 −6 lang/ja/help/guestaccess.html
  81. +1 −1 lang/ja/help/journal/mods.html
  82. +1 −1 lang/ja/help/label/mods.html
  83. +2 −2 lang/ja/help/lesson/grade.html
  84. +7 −7 lang/ja/help/mods.html
  85. +7 −7 lang/ja/help/picture.html
  86. +2 −2 lang/ja/help/questionnaire/closedate.html
  87. +2 −2 lang/ja/help/questionnaire/opendate.html
  88. +2 −2 lang/ja/help/questionnaire/qtype.html
  89. +3 −3 lang/ja/help/questionnaire/respondenteligible.html
  90. +2 −2 lang/ja/help/questionnaire/respondenttype.html
  91. +6 −6 lang/ja/help/questions.html
  92. +1 −1 lang/ja/help/quiz/attempts.html
  93. +2 −2 lang/ja/help/quiz/categories.html
  94. +1 −1 lang/ja/help/quiz/description.html
  95. +23 −23 lang/ja/help/quiz/formatgift.html
  96. +1 −1 lang/ja/help/quiz/grademethod.html
  97. +3 −3 lang/ja/help/quiz/multichoice.html
  98. +1 −1 lang/ja/help/quiz/numerical.html
  99. +5 −5 lang/ja/help/quiz/questiontypes.html
  100. +1 −1 lang/ja/help/quiz/random.html
  101. +1 −1 lang/ja/help/quiz/review.html
  102. +2 −2 lang/ja/help/quiz/shortanswer.html
  103. +1 −1 lang/ja/help/quiz/timeopen.html
  104. +1 −1 lang/ja/help/quiz/truefalse.html
  105. +1 −1 lang/ja/help/resource/program.html
  106. +4 −4 lang/ja/help/resource/resourcetype.html
  107. +1 −1 lang/ja/help/resource/summary.html
  108. +5 −5 lang/ja/help/richtext.html
  109. +1 −1 lang/ja/help/scales.html
  110. +1 −1 lang/ja/help/scorm/mods.html
  111. +1 −1 lang/ja/help/survey/mods.html
  112. +3 −3 lang/ja/help/surveys.html
  113. +2 −2 lang/ja/help/teachers.html
  114. +2 −2 lang/ja/help/text.html
  115. +4 −4 lang/ja/help/textformat.html
  116. +1 −1 lang/ja/help/uploadusers.html
  117. +6 −6 lang/ja/help/wiki.html
  118. +2 −2 lang/ja/help/wiki/ewikiacceptbinary.html
  119. +2 −2 lang/ja/help/wiki/htmlmode.html
  120. +4 −4 lang/ja/help/wiki/mods.html
  121. +2 −2 lang/ja/help/workshop/nassessmentsofstudentsubmissions.html
  122. +1 −1 lang/ja/help/workshop/nelements.html
  123. +2 −2 lang/ja/help/workshop/resubmit.html
  124. +1 −1 lang/ja/help/workshop/selfassessment.html
  125. +2 −2 lang/ja/help/writing.html
  126. +10 −10 lang/ja/install.php
  127. +49 −49 lang/ja/moodle.php
  128. +3 −3 lang/ja/pgassignment.php
  129. +2 −2 lang/ja/questionnaire.php
  130. +6 −6 lang/ja/quiz.php
  131. +2 −2 lang/ja/resource.php
  132. +5 −5 lang/ja/scorm.php
  133. +9 −9 lang/ja/survey.php
  134. +6 −5 lang/ja/wiki.php
  135. +11 −11 lang/ja/workshop.php
View
6 lang/ja/admin.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // admin.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // admin.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['cachetext'] = 'テキストキャッシュ保存時間';
@@ -8,10 +8,10 @@
$string['thisdirection'] = 'ltr';
$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['upgradelogs'] = '正常に動作させる為には古いログのアップグレードが必要です。<a href=\"$a\">詳細はこちら</a>';
-$string['upgradelogsinfo'] = 'ログの保存方法に変更点があります。全活動ベースのログを閲覧することが出来るようにするには、古いログをアップグレードする必要があります。サイトによってはアップグレード作業に長時間(例 数時間)を要し、規模が大きなサイトではデータベースに負担がかかります。処理を開始した場合は終了するまでそのまま(ブラウザを開いたまま)にしてください。心配する必要はありません - ログが更新された後に、あなたのサイトは正常に動作します。<br/><br/>本当にログをアップグレードしても宜しいですか?';
+$string['upgradelogsinfo'] = 'ログの保存方法に変更点があります。全活動ベースのログを閲覧することができるようにするには、古いログをアップグレードする必要があります。サイトによってはアップグレード作業に長時間(例 数時間)を要し、規模が大きなサイトではデータベースに負担がかかります。処理を開始した場合は終了するまでそのまま(ブラウザを開いたまま)にしてください。心配する必要はありません - ログが更新された後に、あなたのサイトは正常に動作します。<br/><br/>本当にログをアップグレードしても宜しいですか?';
$string['upgradesure'] = 'あなたのMoodleファイルが更新されました。自動的に次のバージョンに変更しようとしています:
<p><b>$a</b></p>
-<p>一旦、この作業を行うと元に戻すことは出来ません。</p>
+<p>一旦、この作業を行うと元に戻すことはできません。</p>
<p>本当にMoodleをこのバージョンにアップグレードしても宜しいですか?</p>';
$string['upgradinglogs'] = 'ログのアップグレード';
View
6 lang/ja/appointment.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // appointment.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // appointment.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['allowresubmit'] = '再提出を許可';
@@ -9,7 +9,7 @@
$string['date'] = '予約日';
$string['description'] = '説明';
$string['early'] = '$a 早い';
-$string['failedupdatefeedback'] = 'ユーザ $a の提出物に対するフィードバックを更新出来ませんでした';
+$string['failedupdatefeedback'] = 'ユーザ $a の提出物に対するフィードバックを更新できませんでした';
$string['feedback'] = 'フィードバック';
$string['feedbackupdated'] = '$a の提出物に対するフィードバックが更新されました。';
$string['late'] = '$a 遅い';
@@ -33,7 +33,7 @@
$string['timestart'] = '予約開始';
$string['typeoffline'] = 'オフライン活動';
$string['typeuploadsingle'] = 'ファイルのアップロード';
-$string['uploadbadname'] = 'ファイル名に不適切な文字が含まれている為、アップロード出来ませんでした';
+$string['uploadbadname'] = 'ファイル名に不適切な文字が含まれている為、アップロードできませんでした';
$string['uploadedfiles'] = 'アップロードされたファイル';
$string['uploaderror'] = 'ファイルをサーバに保存している最中にエラーが発生しました。';
$string['uploadfailnoupdate'] = 'ファイルは正常にアップロードされましたが、あなたの提出物は更新されませんでした!';
View
6 lang/ja/assignment.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // assignment.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // assignment.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['allowresubmit'] = '再提出を許可する';
@@ -42,10 +42,10 @@
$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['typeoffline'] = 'オフライン課題';
$string['typeuploadsingle'] = 'ファイルのアップロード';
-$string['uploadbadname'] = '不正な文字がファイル名に含まれているため、このファイルはアップロード出来ません';
+$string['uploadbadname'] = '不正な文字がファイル名に含まれているため、このファイルはアップロードできません';
$string['uploadedfiles'] = 'ファイルをアップロードしました';
$string['uploaderror'] = 'サーバにファイルを保存中にエラーが発生しました';
-$string['uploadfailnoupdate'] = 'ファイルはアップロードされましたが提出物の更新は出来ませんでした!';
+$string['uploadfailnoupdate'] = 'ファイルはアップロードされましたが提出物の更新はできませんでした!';
$string['uploadfiletoobig'] = '申し訳ございません、ファイルサイズが制限を越えています($a バイト以内)';
$string['uploadnofilefound'] = 'ファイルが見つかりませんでした - 実際に存在するファイルですか?';
$string['uploadnotregistered'] = '\'$a\' は正常にアップロードされましたが登録されませんでした!';
View
10 lang/ja/auth.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // auth.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // auth.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['auth_dbdescription'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するために外部のデータベースを使用します。新しいアカウントを作成する場合、他のフィールドの情報がMoodleへ複製されます。';
@@ -47,12 +47,12 @@
$string['auth_ldaptitle'] = 'LDAPサーバを使用';
$string['auth_manualdescription'] = 'この方法ではユーザによるユーザアカウント作成機能を停止します。全てのアカウント作成は管理者により手動で行う必要があります。';
$string['auth_manualtitle'] = '手動アカウント作成のみ';
-$string['auth_multiplehosts'] = '複数のホストを設定出来ます(例 host1.com;host2.com;host3.com)';
+$string['auth_multiplehosts'] = '複数のホストを設定できます(例 host1.com;host2.com;host3.com)';
$string['auth_nntpdescription'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するためにNNTPサーバを使用します。';
$string['auth_nntphost'] = 'NNTPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
$string['auth_nntpport'] = 'サーバーポート(119が一般的です)';
$string['auth_nntptitle'] = 'NNTPサーバを使用';
-$string['auth_nonedescription'] = 'ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成出来ます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください。';
+$string['auth_nonedescription'] = 'ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください。';
$string['auth_nonetitle'] = '認証無し';
$string['auth_pop3description'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するためにPOP3サーバを使用します。';
$string['auth_pop3host'] = 'POP3サーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
@@ -61,7 +61,7 @@
$string['auth_pop3title'] = 'POP3サーバを使用';
$string['auth_pop3type'] = 'サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。';
$string['auth_user_create'] = 'ユーザの作成を許可する';
-$string['auth_user_creation'] = '新しい(匿名の)ユーザは外部認証によりユーザアカウントを作成することが出来ます。ユーザの確定はメールによって行われます。このオプションを有効にした場合、module-specificオプションも同時に有効にする必要があります。';
+$string['auth_user_creation'] = '新しい(匿名の)ユーザは外部認証によりユーザアカウントを作成することができます。ユーザの確定はメールによって行われます。このオプションを有効にした場合、module-specificオプションも同時に有効にする必要があります。';
$string['auth_usernameexists'] = 'このユーザ名は既に存在します。新しいものを選んでください。';
$string['authenticationoptions'] = '認証オプション';
$string['authinstructions'] = 'どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。';
@@ -72,7 +72,7 @@
$string['instructions'] = '説明';
$string['md5'] = 'MD5暗号化';
$string['plaintext'] = 'テキスト';
-$string['showguestlogin'] = 'ログインページのゲストログインボタンを表示/非表示に出来ます';
+$string['showguestlogin'] = 'ログインページのゲストログインボタンを表示/非表示にできます';
$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
$string['thisdirection'] = 'ltr';
$string['thislanguage'] = 'Japanese';
View
6 lang/ja/calendar.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // calendar.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // calendar.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['calendar'] = 'カレンダー';
@@ -17,7 +17,7 @@
$string['durationnone'] = '期間無し';
$string['durationuntil'] = '終了日:';
$string['editevent'] = 'イベントの編集';
-$string['errorbeforecoursestart'] = 'コースの開始日以前にはイベントを登録出来ません';
+$string['errorbeforecoursestart'] = 'コースの開始日以前にはイベントを登録できません';
$string['errorinvaliddate'] = '日付に間違いがあります';
$string['errorinvalidminutes'] = '期間(分)を1から999の間で指定してください。';
$string['errorinvalidrepeats'] = 'イベントを1から999の間で指定してください。';
@@ -39,7 +39,7 @@
$string['explain_lookahead'] = 'ここではイベントが直近のイベントとして表示される為の最大日数を設定します。この範囲より後に開催されるイベントは、直近イベントとして表示されません。全てのイベントがこのスケジュール通りに開始されることは<strong>保証されません</strong>; もし数多く(「直近イベントの最大表示数」以上)のイベントが登録されている場合は、時間が遅いイベントが表示されません。';
$string['explain_maxevents'] = 'ここでは直近イベントの最大表示数を設定します。ここで大きな数を設定した場合は、直近のイベントを大量に表示する為の画面スペースが必要になります。';
$string['explain_startwday'] = 'ここでは全ての月間カレンダーの表示方法を設定します。あなたが慣れ親しんだ表示になるように設定してください。';
-$string['explain_timeformat'] = '時間の表示は12時間表示または24時間表示を選択することが出来ます。デフォルトを選択した場合は、使用言語に合わせてフォーマットが自動的に選択されます。';
+$string['explain_timeformat'] = '時間の表示は12時間表示または24時間表示を選択することができます。デフォルトを選択した場合は、使用言語に合わせてフォーマットが自動的に選択されます。';
$string['fri'] = '';
$string['friday'] = '金曜日';
$string['globalevents'] = '全体のイベント';
View
8 lang/ja/chat.php
@@ -1,13 +1,13 @@
<?PHP // $Id$
- // chat.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // chat.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['beep'] = 'ビープ';
$string['chatintro'] = '紹介文';
$string['chatname'] = 'チャットルーム名';
$string['chatreport'] = 'チャットセッション';
$string['chattime'] = '次回のチャットタイム';
-$string['configmethod'] = '通常のチャットメソッドでは、クライアントは定期的にサーバにアクセスして内容を更新します。このメソッドは設定を必要とせず、どこでも使うことが出来ますが、チャット参加者が多くなればサーバに対する多大な負担が生じます。サーバデーモンを使用する場合は、Unixのシェルアクセスが必要ですが、軽快なチャット環境を提供することが出来ます';
+$string['configmethod'] = '通常のチャットメソッドでは、クライアントは定期的にサーバにアクセスして内容を更新します。このメソッドは設定を必要とせず、どこでも使うことができますが、チャット参加者が多くなればサーバに対する多大な負担が生じます。サーバデーモンを使用する場合は、Unixのシェルアクセスが必要ですが、軽快なチャット環境を提供することができます';
$string['configoldping'] = 'ユーザからの応答が無くなってから、どれくらいの時間で退室したと見なしますか?';
$string['configrefreshroom'] = 'どのくらいのタイミング(秒数)でチャットルームをリフレッシュしますか?この通知を小さくすればチャットルームはレスポンスが良いように見えますが、多くの人がチャットをする場合、サーバにかかる負担が大きくなります。';
$string['configrefreshuserlist'] = 'どのくらいのタイミング(秒数)でユーザリストをリフレッシュしますか?';
@@ -39,7 +39,7 @@
$string['modulenameplural'] = 'チャット';
$string['neverdeletemessages'] = 'メッセージを削除しない';
$string['nextsession'] = '次のスケジュールセッション';
-$string['noguests'] = 'ゲストはこのチャットを利用出来ません';
+$string['noguests'] = 'ゲストはこのチャットを利用できません';
$string['nomessages'] = 'メッセージがありません。';
$string['repeatdaily'] = '毎日同じ時間に';
$string['repeatnone'] = '繰り返し無し - 指定した時間にのみ表示';
@@ -49,7 +49,7 @@
$string['seesession'] = 'このセッションを見る';
$string['sessions'] = 'チャットセッション';
$string['strftimemessage'] = '%%H:%%M';
-$string['studentseereports'] = '全ての人が過去のセッションを見ることが出来る';
+$string['studentseereports'] = '全ての人が過去のセッションを見ることができる';
$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
$string['thisdirection'] = 'ltr';
$string['thislanguage'] = 'Japanese';
View
4 lang/ja/dialogue.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // dialogue.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // dialogue.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['addmynewentries'] = '新しいエントリを追加';
@@ -9,7 +9,7 @@
$string['allowstudentdialogues'] = '学生 - 学生のダイアログを許可する';
$string['close'] = '閉じる';
$string['closed'] = '閉鎖中';
-$string['confirmclosure'] = '$a とのダイアログを閉じようとしています。終了したダイアログは再開することは出来ません。このダイアログを閉じた場合、閲覧することは可能ですが追加することは出来ません。この人と計測して\"会話\"を行う場合、再度ダイアログを開始する必要があります。<br /><br />本当にこのダイアログを閉じても宜しいですか?';
+$string['confirmclosure'] = '$a とのダイアログを閉じようとしています。終了したダイアログは再開することはできません。このダイアログを閉じた場合、閲覧することは可能ですが追加することはできません。この人と計測して\"会話\"を行う場合、再度ダイアログを開始する必要があります。<br /><br />本当にこのダイアログを閉じても宜しいですか?';
$string['deleteafter'] = '終了したダイアログを削除する(○日後)';
$string['dialogueclosed'] = 'ダイアログが閉じられました';
$string['dialogueintro'] = 'ダイアログ説明';
View
6 lang/ja/docs/background.html
@@ -13,16 +13,16 @@
<p>Moodleは日々発達している開発進行中のシステムです。開発は現在もプロジェクトリーダーである<a href="http://moodle.org/user/view.php?id=1&course=1" target="_top">Martin Dougiamas</a>によって開始されました:</p>
<blockquote>
<p><em>数年の間、私は何とかMoodleに取り組んできました。Moodleへの取り組みは、私が<a target=_top href="http://www.curtin.edu.au/">カーティン工科大学</a>にウェブマスター及びWebCTのシステム管理者として勤務していた頃に始まりました。私は、WebCTで少なからずフラストレーションを感じましたし、痒さで掻き毟りたいような思いに駆られました。他の方法があるのではないかと(いいえ、Blackboardではありません :-)</em></p>
- <p><em>私はまた学校や小規模の施設(いくつかは大規模!)でインターネットを効率良く利用したいと考えている人々を知っていました。彼らはテクノロジーと教育学の迷路の中でどこからスタートすれば良いのか分かりませんでした。彼らの教育スキルをオンライン環境に活かすことが出来て、無料で利用可能な代わりのシステムがあればと、私は常に思っていました。</em></p>
+ <p><em>私はまた学校や小規模の施設(いくつかは大規模!)でインターネットを効率良く利用したいと考えている人々を知っていました。彼らはテクノロジーと教育学の迷路の中でどこからスタートすれば良いのか分かりませんでした。彼らの教育スキルをオンライン環境に活かすことができて、無料で利用可能な代わりのシステムがあればと、私は常に思っていました。</em></p>
<p><em>実現されていないインターネットをベースとした教育の可能性に対する私の強い信念が、教育において修士課程、博士課程の修了及びそれ以前のキャリアである情報工学(学習と共同作業の本質に関して新たに構築された知識)との融合を可能にしました。特に、私は社会的構成論の認識論に著しく影響を受けました。社会的構成論の認識論では、学習を社会活動としてのみ扱うのでは無く、他の人が見たり使ったりする人工物(テキストのような)を活動的に製作する過程で発生する学びにも注意を向けます。</em></p>
- <p><em>私にとって、このソフトウェアの使いやすさは重要な部分であり、実際に可能な限り直感的に使用出来るようにしています。</em></p>
+ <p><em>私にとって、このソフトウェアの使いやすさは重要な部分であり、実際に可能な限り直感的に使用できるようにしています。</em></p>
<p><em>私は、Moodleの継続的な開発及びMoodleをオープン且つ無料にすることに対して全力を傾けています。私は、制限の無い教育及び力を与えられた授業の重要性を深く信じていますし、私にとってMoodleはこの考え方を実現する為の主要な方法なのです。</em></p>
</blockquote>
<p>2002年8月20日にバージョン1.0が世に送り出されるまで、数多くの初期のプロトタイプが開発され、そして破棄されました。このバージョンは、小規模且つ親密な大学レベルのクラスをターゲットとしていました。また、綿密に分析された、小規模な成人の参加者グループ内における、協同学習と内省の本質のケーススタディーに関する研究をテーマとしていました。
</p>
<p>それ以来、新機能を追加しつつ、より良い拡張性及びパフォーマンスを改善した安定したシリーズが新たにリリースされてきました。</p>
<p>Moodleが広まりコミュニティーが成長するにつれ、更に異なる教育環境にいる様々な方からの情報が寄せられました。例えば、現在Moodleは大学で使用されるだけでなく、高校、小学校、非営利団体、会社における教師や自宅学習の保護者にも使用されています。増加しつつある世界中のユーザが様々な方法でMoodleに貢献しています。詳細は<a href="?file=credits.html">謝辞</a>をご覧ください。</p>
- <p>Moodleプロジェクトの重要な特徴は、<a href="http://moodle.org" target="_top">moodle.org</a>にあります。このサイトは、情報を提供したり、システム管理者、教師、研究者、教育デザイナー、コース開発者含むMoodleユーザの共同作業や議論の場となる中心的な場です。Moodleのように、このサイトはコミュニティーの必要に応じて常に進化していますし、Moodleのように常に無料で利用出来ます。</p>
+ <p>Moodleプロジェクトの重要な特徴は、<a href="http://moodle.org" target="_top">moodle.org</a>にあります。このサイトは、情報を提供したり、システム管理者、教師、研究者、教育デザイナー、コース開発者含むMoodleユーザの共同作業や議論の場となる中心的な場です。Moodleのように、このサイトはコミュニティーの必要に応じて常に進化していますし、Moodleのように常に無料で利用できます。</p>
<p>2003年、付加的な有償サポート、管理ホスティング、コンサルティング及びその他のサービスを提供する為に、会社組織<a href="http://moodle.com/" target="_top">moodle.com</a>が設立されました。</p>
<p>Moodleに関する将来の計画は<a href="?file=future.html">未来</a>をご覧ください。</p>
</blockquote>
View
30 lang/ja/docs/faq.html
@@ -46,13 +46,13 @@
<p class="questionlink"><a href="#fixdirroot">管理ページにアクセスした時に、dirrootを空白にするように警告されます!</a></p>
-<p class="questionlink"><a href="#loginsetting">ログインしてもログインリンクが変わりません。ログインして自由にサイトを閲覧出来ます。</a></p>
+<p class="questionlink"><a href="#loginsetting">ログインしてもログインリンクが変わりません。ログインして自由にサイトを閲覧できます。</a></p>
<p class="questionlink"><a href="#resource1">リソースを追加する時にエラーメッセージが表示されます。</a></p>
<p class="questionlink"><a href="#noadmin">初期設定プロセスにおいて、管理者アカウントの作成を聞かれません!</a></p>
-<p class="questionlink"><a href="#nologin">全くログイン出来ません - ログイン画面より先に進みません。</a></p>
+<p class="questionlink"><a href="#nologin">全くログインできません - ログイン画面より先に進みません。</a></p>
<p class="questionlink"><a href="#backup">Moodleサイト全体のバックアップ方法は?</a></p>
@@ -76,11 +76,11 @@
<p class="answer">注意: この設定はApache versions 2.xのみに有効です。</p>
-<p class="answer">Apache 2を使用せずに、この問題が発生する場合は別の方法を使用する為にMoodleを設定変更することが出来ます
+<p class="answer">Apache 2を使用せずに、この問題が発生する場合は別の方法を使用する為にMoodleを設定変更することができます
この方法を使用する上でのデメリットは、パフォーマンスが若干落ちること及びHTMLリソースにおいて相対リンクを使用できないことです。</p>
<p class="answer">この代替的な方法を使用する場合は: 管理者でログインして、「詳細設定」ページで「<b>slasharguments</b>」を
-変更してください。これで、アップロードしたファイルへアクセス出来るようになります。</p>
+変更してください。これで、アップロードしたファイルへアクセスできるようになります。</p>
<p class="answer">&nbsp;</p>
@@ -166,10 +166,10 @@
<p class="answercode">Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at G:\web\moodle\lib\setup.php:1) in G:\web\moodle\lib\setup.php on line 123</p>
-<p class="answer">... これらのエラーはPHPが「セッション」をハードディスク(tmpディレクトリ)に保存出来ないことに関係しています
+<p class="answer">... これらのエラーはPHPが「セッション」をハードディスク(tmpディレクトリ)に保存できないことに関係しています
これは、/tmpディレクトリが存在しないことが原因となっています。通常、WindowsにMoodleをインストールする場合に生じることがあります。</p>
-<p class="answer">解決方法は、実在するディレクトリを指し示すようにPHPの設定を変えることです。php.iniファイルを変更することで設定を変更出来ます:</p>
+<p class="answer">解決方法は、実在するディレクトリを指し示すようにPHPの設定を変えることです。php.iniファイルを変更することで設定を変更できます:</p>
<p class="answercode">session.save_path = C:\temp</p>
@@ -209,7 +209,7 @@
<p class="answercode">&nbsp;</p>
-<h3><a name="loginsetting"></a>ログインしてもログインリンクが変わりません。ログインして自由にサイトを閲覧出来ます。</h3>
+<h3><a name="loginsetting"></a>ログインしてもログインリンクが変わりません。ログインして自由にサイトを閲覧できます。</h3>
<p class="answer">$CFG->wwwrootのURL設定が、サイトにアクセスするURLと同じであるかを確認してください。</p>
@@ -237,21 +237,21 @@
<p class="answer">&nbsp;</p>
-<h3><a name="nologin"></a>全くログイン出来ません - ログイン画面より先に進みません。</h3>
+<h3><a name="nologin"></a>全くログインできません - ログイン画面より先に進みません。</h3>
<p class="answer">多くは、あなたのコンピュータ(Moodleサーバでは無く)がリファラ情報を取り除くファイアーウォールを使用している場合に起こります。
Norton firewall製品をMoodleが動作するように設定変更する場合の説明は<a href="http://service1.symantec.com/SUPPORT/nip.nsf/46f26a2d6dafb0a788256bc7005c3fa3/b9b47ad7eddd343b88256c6b006a85a8?OpenDocument&src=bar_sch_nam">こちら</a>をご覧ください。</p>
-<p class="answer">サーバの管理者は、管理画面の詳細設定にある「<b>secureforms</b>」を「No」にすることで、全てのユーザの為にこの問題を解消することが出来ます。</p>
+<p class="answer">サーバの管理者は、管理画面の詳細設定にある「<b>secureforms</b>」を「No」にすることで、全てのユーザの為にこの問題を解消することができます。</p>
-<p class="answer">別の可能性として、サーバにおいてセッションに関する設定が正しく行われていないことが挙げられます。http://yourserver/moodle/lib/session-test.php を実行することで、セッションの設定をテストすることが出来ます。</p>
+<p class="answer">別の可能性として、サーバにおいてセッションに関する設定が正しく行われていないことが挙げられます。http://yourserver/moodle/lib/session-test.php を実行することで、セッションの設定をテストすることができます。</p>
<p class="answer">&nbsp;</p>
<h3><a name="backup"></a>Moodleサイト全体のバックアップ方法は?</h3>
<p class="answer">バックアップ対象には2つ主要なのものがあります:データベースのバックアップとアップロードしたファイルのバックアップです。
-必要であれば、いつでも最新のファイルをダウンロード出来ますのでMoodleのスクリプト自体は重要ではありません。</p>
+必要であれば、いつでも最新のファイルをダウンロードできますのでMoodleのスクリプト自体は重要ではありません。</p>
<p class="answer">バックアップには数多くの方法があります。Unixでデータベースをバックアップする小さなスクリプト例を記します。
これはcronを使用した毎日のバックアップに向いています。</p>
@@ -264,7 +264,7 @@
<p class="answercode">gzip moodle-database.sql</p>
-<p class="answer">ファイルに関しては、更新したファイルのみを別のホストにバックアップすることが出来るrsyncコマンドを定期的に使うことが出来ます:</p>
+<p class="answer">ファイルに関しては、更新したファイルのみを別のホストにバックアップすることができるrsyncコマンドを定期的に使うことができます:</p>
<p class="answercode">rsync -auvtz --delete -e ssh mysshusername@example.com:/my/server/directory
@@ -278,12 +278,12 @@
<p class="answer">各言語は、日付を正確に表示する為に、特定の言語コード(<strong>ロケール</strong>コードと呼ばれます)を必要とします。
言語パックは、標準的なロケールを含んでいますが、Windowsサーバでは正常に動作しない場合があります。</p>
-<p class="answer">次の2つのページでWindows用の正しいロケールに関する情報を得ることが出来ます:
+<p class="answer">次の2つのページでWindows用の正しいロケールに関する情報を得ることができます:
<a href="http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/vclib/html/_crt_language_strings.asp" target="_blank">言語コード</a>
及び <a href="http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/vclib/html/_crt_country_strings.asp" target="_blank">国/地域コード</a>。
(例 スペイン語は「esp_esp」)</p>
-<p class="answer">新しいロケールコードは、管理 -&gt; 設定 -&gt; 詳細設定にて登録することが出来ます。このロケールコードは、現在選択されている言語のロケールコードに優先します。</p>
+<p class="answer">新しいロケールコードは、管理 -&gt; 設定 -&gt; 詳細設定にて登録することができます。このロケールコードは、現在選択されている言語のロケールコードに優先します。</p>
<p class="answer">&nbsp;</p>
@@ -316,4 +316,4 @@
</body>
-</html>
+</html>
View
82 lang/ja/docs/features.html
@@ -21,82 +21,82 @@
<li>PHPをサポートする殆どのプラットフォームへ簡単にインストール可能。1つのデータベースを必要(共有可)とします。</li>
<li>全てのメジャーなデータベースの抽出をフルサポート(初期テーブル作成を除く)しています。</li>
<li>コース一覧では、ゲストアクセスの可否も含めて、サーバ上の全コースの説明を表示します。</li>
- <li>コースをカテゴリ分け、検索することが出来ます。一つのMoodleサイトは数千のコースをサポートします。</li>
+ <li>コースをカテゴリ分け、検索することができます。一つのMoodleサイトは数千のコースをサポートします。</li>
<li>Moodleでは、サイト全体にわたる強固なセキュリティを重要視しています。フォームに関して、全てのチェック、データの正当性確認、クッキーの暗号化処理等が行われます。</li>
- <li>殆どのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することが出来ます。</li>
+ <li>殆どのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することができます。</li>
</ul>
<h3 >サイト管理</h3>
<ul>
<li>サイトは、セットアップ時に設定した管理者によって管理されます。</li>
- <li>「テーマ」プラグインにより、管理者は必要に応じてサイトの色、フォント、レイアウト等をカスタマイズすることが出来ます。</li>
- <li>活動モジュールプラグインは、インストール済みのMoodleに追加することが出来ます。</li>
- <li>言語パックプラグインにより、数多くの言語に対応することが出来ます。これらはMoodleに組み込まれたウェブベースのエディタで編集することが出来ます。現在、<a href="http://moodle.org/download/lang/" target="_top">43以上の言語</a>ファイルがあります。</li>
- <li>コードは、GPLライセンスの下で分かりやすく記述され、必要に応じて簡単に修正を加えることが出来ます。</li>
+ <li>「テーマ」プラグインにより、管理者は必要に応じてサイトの色、フォント、レイアウト等をカスタマイズすることができます。</li>
+ <li>活動モジュールプラグインは、インストール済みのMoodleに追加することができます。</li>
+ <li>言語パックプラグインにより、数多くの言語に対応することができます。これらはMoodleに組み込まれたウェブベースのエディタで編集することができます。現在、<a href="http://moodle.org/download/lang/" target="_top">43以上の言語</a>ファイルがあります。</li>
+ <li>コードは、GPLライセンスの下で分かりやすく記述され、必要に応じて簡単に修正を加えることができます。</li>
</ul>
<h3 >ユーザ管理</h3>
<ul>
<li>ユーザ管理のゴールは、高度なセキュリティを保ったまま、管理者の負担を減らすことです。</li>
<li>既存のシステムに簡単に統合することが可能な認証モジュールプラグインにより、様々な認証手段をサポートします。</li>
- <li>標準的なメールによる認証: 学生は自分のアカウントを作成することが出来ます。アカウント確定時に、メールアドレスが確認されます。</li>
- <li>LDAPを使用した認証: LDAPサーバに対してアカウントのログインを照会することが出来ます。管理者は、どのフィールドを使用するか指定出来ます。</li>
+ <li>標準的なメールによる認証: 学生は自分のアカウントを作成することができます。アカウント確定時に、メールアドレスが確認されます。</li>
+ <li>LDAPを使用した認証: LDAPサーバに対してアカウントのログインを照会することができます。管理者は、どのフィールドを使用するか指定できます。</li>
<li>IMAP、POP3、NNTPを使用した認証: メールサーバ又はニュースサーバに対してアカウントのログインが照会されます。SSL認証及びTLS認証がサポートされます。</li>
- <li>外部データベースを使用した認証: 少なくとも2つのフィールドを持つデータベースを外部認証用のデータベースとして使用出来ます。</li>
- <li>それぞれユーザは、サーバ全体で1つのアカウントのみ必要です。各アカウントは異なるアクセス権限を持つことが出来ます。</li>
+ <li>外部データベースを使用した認証: 少なくとも2つのフィールドを持つデータベースを外部認証用のデータベースとして使用できます。</li>
+ <li>それぞれユーザは、サーバ全体で1つのアカウントのみ必要です。各アカウントは異なるアクセス権限を持つことができます。</li>
<li>管理者のアカウントは、コース作成をコントロールし、ユーザをコースに割り当てることで教師を作成します。</li>
<li>コース作成者には、コースの作成及びコース内で教えることのみ許可されます。</li>
- <li>コース内容を変更出来ないように、教師のコース編集権限を削除することが出来ます。(例えば非常勤教師)</li>
- <li>セキュリティ - 教師は学生以外をコース内に入らせないように、「登録キー」をコースに追加することが出来ます。登録キーは、直接渡すことも、メール等で渡すことも出来ます。</li>
- <li>必要に応じて、教師は学生を手動で登録することが出来ます。</li>
- <li>必要に応じて、教師は学生を登録抹消することが出来ます。そうでなければ、ある一定期間(管理者により設定)の未ログインにより自動的に登録抹消されます。</li>
- <li>学生には写真や自己紹介を含んだオンラインプロフィールの作成が奨励されます。メールアドレスは必要に応じて表示されないようにすることが出来ます。</li>
- <li>全てのユーザは自分のタイムゾーンを設定することが出来ます。Moodleで使用される日付は設定したタイムゾーンに変換されます(例 投稿日時、課題の提出日等)。</li>
- <li>全てのユーザはMoodleインターフェースに使用される言語(例 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語等)を選択することが出来ます。</li>
+ <li>コース内容を変更できないように、教師のコース編集権限を削除することができます。(例えば非常勤教師)</li>
+ <li>セキュリティ - 教師は学生以外をコース内に入らせないように、「登録キー」をコースに追加することができます。登録キーは、直接渡すことも、メール等で渡すこともできます。</li>
+ <li>必要に応じて、教師は学生を手動で登録することができます。</li>
+ <li>必要に応じて、教師は学生を登録抹消することができます。そうでなければ、ある一定期間(管理者により設定)の未ログインにより自動的に登録抹消されます。</li>
+ <li>学生には写真や自己紹介を含んだオンラインプロフィールの作成が奨励されます。メールアドレスは必要に応じて表示されないようにすることができます。</li>
+ <li>全てのユーザは自分のタイムゾーンを設定することができます。Moodleで使用される日付は設定したタイムゾーンに変換されます(例 投稿日時、課題の提出日等)。</li>
+ <li>全てのユーザはMoodleインターフェースに使用される言語(例 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語等)を選択することができます。</li>
</ul>
<h3 >コース管理</h3>
<ul>
- <li>完全な権限を持った教師は、他の教師の制限も含めて、コースに関するあらゆるコントロールを行うことが出来ます。</li>
- <li>コースフォーマットでは、ウイークリー、トピック、ディスカッションに焦点を置いたソーシャルフォーマットを選択することが出来ます。</li>
+ <li>完全な権限を持った教師は、他の教師の制限も含めて、コースに関するあらゆるコントロールを行うことができます。</li>
+ <li>コースフォーマットでは、ウイークリー、トピック、ディスカッションに焦点を置いたソーシャルフォーマットを選択することができます。</li>
<li>柔軟なコース活動の配列 - フォーラム、日誌、小テスト、リソース、アンケート、調査、課題、チャット、ワークショップ</li>
- <li>最終ログインより更新された内容をコースホームページに表示することが出来ます。これは、コミュニティー意識を与える手助けとなります。</li>
- <li>殆どのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することが出来ます。</li>
- <li>フォーラム、日誌、小テスト、課題の評価は同一ページで閲覧することが出来ます。また、スプレッドシート形式のファイルとしてダウンロードすることも出来ます。</li>
- <li>完全なユーザロギング及びトラッキング - 各モジュールで、それぞれの学生に関する活動レポートを、グラフと詳細(最終アクセス、閲覧数)で見ることが出来ます。同様に、それぞれの学生が関わったフォーラムの投稿、日誌エントリー等の詳細な「ストーリー」を1ページで見ることが出来ます。</li>
- <li>メールインテグレーション - フォーラムの投稿のコピー、教師のフィードバック等をHTML形式又はプレインテキスト形式でメール送信することが出来ます。</li>
- <li>独自尺度 - 教師は、フォーラム、課題、日誌の評価を行う為に独自の尺度を設定することが出来ます。</li>
- <li>コースは、バックアップ機能を使って単独のzipファイルに圧縮することが出来ます。これらは、どのMoodleサーバにでもリストアすることが出来ます。</li>
+ <li>最終ログインより更新された内容をコースホームページに表示することができます。これは、コミュニティー意識を与える手助けとなります。</li>
+ <li>殆どのテキストエリア (リソース、フォーラム投稿欄、日誌エントリ等)は、実装済みのWYSIWYG HTMLエディタで編集することができます。</li>
+ <li>フォーラム、日誌、小テスト、課題の評価は同一ページで閲覧することができます。また、スプレッドシート形式のファイルとしてダウンロードすることもできます。</li>
+ <li>完全なユーザロギング及びトラッキング - 各モジュールで、それぞれの学生に関する活動レポートを、グラフと詳細(最終アクセス、閲覧数)で見ることができます。同様に、それぞれの学生が関わったフォーラムの投稿、日誌エントリー等の詳細な「ストーリー」を1ページで見ることができます。</li>
+ <li>メールインテグレーション - フォーラムの投稿のコピー、教師のフィードバック等をHTML形式又はプレインテキスト形式でメール送信することができます。</li>
+ <li>独自尺度 - 教師は、フォーラム、課題、日誌の評価を行う為に独自の尺度を設定することができます。</li>
+ <li>コースは、バックアップ機能を使って単独のzipファイルに圧縮することができます。これらは、どのMoodleサーバにでもリストアすることができます。</li>
</ul>
<h3 >課題モジュール</h3>
<ul>
- <li>課題モジュールでは、提出期限及び最大評価を設定することが出来ます。</li>
- <li>学生は提出物(どのようなフォーマットでも)をサーバにアップロード出来ます。アップロードしたファイルの提出日が記録されます。</li>
+ <li>課題モジュールでは、提出期限及び最大評価を設定することができます。</li>
+ <li>学生は提出物(どのようなフォーマットでも)をサーバにアップロードできます。アップロードしたファイルの提出日が記録されます。</li>
<li>提出期限を過ぎた提出は許可されますが、どれだけ遅れたか明確に教師に提示されます。</li>
- <li>それぞれ特定の提出物に対して、1ページ内でクラス全体を評価(採点及びコメント)することが出来ます。</li>
+ <li>それぞれ特定の提出物に対して、1ページ内でクラス全体を評価(採点及びコメント)することができます。</li>
<li>教師のフィードバックは、各学生の課題ページに追加され、その旨が学生にメール通知されます。</li>
- <li>教師は、評価後に(再評価の為)課題を再提出させることが出来ます。</li>
+ <li>教師は、評価後に(再評価の為)課題を再提出させることができます。</li>
</ul>
<h3 >チャットモジュール</h3>
<ul>
<li>スムーズで同時のテキストによる相互交流を実現します。</li>
- <li>チャットウインドウにプロフィール写真を表示することが出来ます。</li>
+ <li>チャットウインドウにプロフィール写真を表示することができます。</li>
<li>URL、スマイリー、埋め込みHTML、イメージ等をサポートします。</li>
- <li>全てのセッションは後で閲覧する為に記録され、学生にも閲覧出来るようにすることが出来ます。</li>
+ <li>全てのセッションは後で閲覧する為に記録され、学生にも閲覧できるようにすることができます。</li>
</ul>
<h3 >投票モジュール</h3>
<ul>
- <li>投票のような機能を持ったモジュールです。投票や、学生からのフィードバックの収集に使用することが出来ます。(例 リサーチコンセント)</li>
- <li>教師は、誰が何を選択したか直感的に分かる表を閲覧することが出来ます。</li>
- <li>任意で結果のリアルタイムグラフを学生に見せることが出来ます。</li>
+ <li>投票のような機能を持ったモジュールです。投票や、学生からのフィードバックの収集に使用することができます。(例 リサーチコンセント)</li>
+ <li>教師は、誰が何を選択したか直感的に分かる表を閲覧することができます。</li>
+ <li>任意で結果のリアルタイムグラフを学生に見せることができます。</li>
</ul>
<h3 >フォーラムモジュール</h3>
<ul>
- <li>教師のみ、コースニュース、全てにオープン、1ユーザ1スレッド等の異なるタイプのフォーラムを利用出来ます。</li>
+ <li>教師のみ、コースニュース、全てにオープン、1ユーザ1スレッド等の異なるタイプのフォーラムを利用できます。</li>
<li>全ての投稿には投稿者の顔写真が表示されます。</li>
- <li>ディスカッションは、ネスト、フラット、スレッド及び投稿日時の降順・昇順に表示させることが出来ます。</li>
- <li>個々のフォーラムは、コピーがメールで送信されるようにメール通知登録を行うことが出来ます。また、教師はメール通知登録を強制的に行うことも出来ます。</li>
- <li>教師は、返信を許可しないことも出来ます (例 お知らせ専用フォーラム)。</li>
- <li>ディスカッションスレッドは、教師により簡単にフォーラム間を移動させることが出来ます。</li>
+ <li>ディスカッションは、ネスト、フラット、スレッド及び投稿日時の降順・昇順に表示させることができます。</li>
+ <li>個々のフォーラムは、コピーがメールで送信されるようにメール通知登録を行うことができます。また、教師はメール通知登録を強制的に行うこともできます。</li>
+ <li>教師は、返信を許可しないこともできます (例 お知らせ専用フォーラム)。</li>
+ <li>ディスカッションスレッドは、教師により簡単にフォーラム間を移動させることができます。</li>
<li>添付イメージはインライン表示されます。</li>
- <li>フォーラムにレーティングが使用される場合、レーティングの期限を設けることが出来ます。</li>
+ <li>フォーラムにレーティングが使用される場合、レーティングの期限を設けることができます。</li>
</ul>
<h3 >日誌モジュール</h3>
<ul>
View
48 lang/ja/docs/install.html
@@ -11,7 +11,7 @@
<h1>Moodleのインストール</h1>
<blockquote>
<p>このガイドは最初にMoodleをインストールする方法に関して説明したものです。ウェブサーバの広範囲に渡る細かな違いをカバーするために、詳細に関して述べてある部分もあります。このことで読むのを投げ出さないでください。普段、私は数分でMoodleをインストールしていますから!</p>
- <p>時間をかけてこの文書を読んでください。注意深く読むことで後の作業時間を節約することが出来ます。</p>
+ <p>時間をかけてこの文書を読んでください。注意深く読むことで後の作業時間を節約することができます。</p>
<p>文書の項目:</p>
<ol>
<li><a href="#requirements">システム必要条件</a></li>
@@ -52,7 +52,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="downloading"></a>2. Download</h3>
<blockquote>
<p>Moodleを入手するには圧縮パッケージをダウンロードする方法とCVS経由で入手する方法の二つの方法があります。これらに関する説明はダウンロードページ<a href="http://moodle.org/download/" target="_blank">http://moodle.org/download/</a>に掲載されています。</p>
<p>パッケージをダウンロードして解凍、またはCVS経由でチェックアウトした後、「moodle」という名称の多くのファイルとフォルダが含まれたフォルダが現れます。</p>
- <p>moodleフォルダを丸ごとウェブサーバのドキュメントディレクトリに入れることが出来ます。この場合、<b>http://yourwebserver.com/moodle</b>というような配置になります。または、moodleフォルダ内の全フォルダ・ファイルをウェブサーバのドキュメントディレクトリに直接入れることも出来ます。この場合、シンプルに<b>http://yourwebserver.com</b>というような配置になります。</p>
+ <p>moodleフォルダを丸ごとウェブサーバのドキュメントディレクトリに入れることができます。この場合、<b>http://yourwebserver.com/moodle</b>というような配置になります。または、moodleフォルダ内の全フォルダ・ファイルをウェブサーバのドキュメントディレクトリに直接入れることもできます。この場合、シンプルに<b>http://yourwebserver.com</b>というような配置になります。</p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
<h3 class="sectionheading"><a name="site"></a>3. サイト構成</h3>
@@ -97,13 +97,13 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="site"></a>3.
<h3 class="sectionheading"><a name="data"></a>4. データディレクトリの作成</h3>
<blockquote>
<p>Moodleでは、コース文書やユーザ写真のようなアップロードしたファイルを保存するためのスペースをハードディスクの中に必要とします。 </p>
- <p>この目的のために、ディレクトリを作成してください。セキュリティ上の理由で、ウェブ経由のアクセスが出来ないディレクトリが良いでしょう。最も簡単な方法はウェブディレクトリの外にこのディレクトリを置くことです。または、データディレクトリの中に下記の行を含む.htaccessと呼ばれるファイルを作成することで、ディレクトリを保護することが出来ます
+ <p>この目的のために、ディレクトリを作成してください。セキュリティ上の理由で、ウェブ経由のアクセスができないディレクトリが良いでしょう。最も簡単な方法はウェブディレクトリの外にこのディレクトリを置くことです。または、データディレクトリの中に下記の行を含む.htaccessと呼ばれるファイルを作成することで、ディレクトリを保護することができます
<blockquote>
<pre>deny from all</pre>
</blockquote>
<p>Moodleがアップロードファイルをこのディレクトリに書き込めるように、ウェブサーバソフトウェア(例 Apache)がこのディレクトリに書き込む許可を行っていることを確認してください。Unixマシンではディレクトリのオーナーが&quot;nobody&quot; または &quot;apache&quot;のようになっていることを意味します。</p>
- <p>多くの共有サーバーでは、他の顧客があなたのファイルを閲覧したり変更するのを避けるために、あなたが属している「グループ」のアクセスを制限する必要があるでしょう。しかし、ウェブサーバがあなたのファイルにアクセス出来るように全ての人に完全なread/writeアクセスを提供する必要があります。もし、確実にこの設定をすることが出来ない場合は、あなたのサーバの管理者にお問合わせください。</p>
+ <p>多くの共有サーバーでは、他の顧客があなたのファイルを閲覧したり変更するのを避けるために、あなたが属している「グループ」のアクセスを制限する必要があるでしょう。しかし、ウェブサーバがあなたのファイルにアクセスできるように全ての人に完全なread/writeアクセスを提供する必要があります。もし、確実にこの設定をすることができない場合は、あなたのサーバの管理者にお問合わせください。</p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
<h3 class="sectionheading"><a name="database"></a>5. データベースの作成</h3>
@@ -126,7 +126,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="database"></a>5.
> psql -c "alter user moodleuser nocreatedb;" template1
</pre>
<p>(MySQLの場合、データベース管理のために<a href="http://phpmyadmin.sourceforge.net/">phpMyAdmin</a>を使われることを強くお勧めします。)</p>
- <p>バージョン 1.0.8現在、Moodleはテーブル接頭辞をサポートしていますので、安全に他のアプリケーションのテーブルとデータベースを共有することが出来ます。</p>
+ <p>バージョン 1.0.8現在、Moodleはテーブル接頭辞をサポートしていますので、安全に他のアプリケーションのテーブルとデータベースを共有することができます。</p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
<h3 class="sectionheading"><a name="webserver" id="webserver"></a>6. ウェブサーバ設定の確認</h3>
@@ -137,7 +137,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="webserver" id="webserver"></a>6.
<pre><strong>DirectoryIndex</strong> index.php index.html index.htm </pre>
</blockquote>
<p>index.phpがリストの中にあることを確認してください。(効率を考えますとリストの最初に あった方が良いでしょう)</p>
- <p>2番目に、あなたがApache2を使っているのでしたら、<i>AcceptPathInfo</i>変数を有効にしてください。この設定は、スクリプトがhttp://server/file.php/arg1/arg2のような参照を行えるようにします。この設定は、あなたのサイトに対して相対リンクの使用を許可し、Moodleウェブサイトを利用するユーザにレスポンス向上をもたらすために必要です。下記の行をhttpd.confファイルに追加することで、この設定を有効に出来ます。</p>
+ <p>2番目に、あなたがApache2を使っているのでしたら、<i>AcceptPathInfo</i>変数を有効にしてください。この設定は、スクリプトがhttp://server/file.php/arg1/arg2のような参照を行えるようにします。この設定は、あなたのサイトに対して相対リンクの使用を許可し、Moodleウェブサイトを利用するユーザにレスポンス向上をもたらすために必要です。下記の行をhttpd.confファイルに追加することで、この設定を有効にできます。</p>
<blockquote>
<pre><strong>AcceptPathInfo</strong> on </pre>
</blockquote>
@@ -151,7 +151,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="webserver" id="webserver"></a>6.
session.bug_compat_warn = 0
</pre>
</blockquote>
- <p>あなたがサーバ内のhttpd.confやphp.iniにアクセスできない場合や、他のアプリケーションで異なる設定をする必要がある場合は、全てのデフォルトセッティングを上書きすることが出来ます
+ <p>あなたがサーバ内のhttpd.confやphp.iniにアクセスできない場合や、他のアプリケーションで異なる設定をする必要がある場合は、全てのデフォルトセッティングを上書きすることができます
<p>これを行うには、下記の設定を定義した<B>.htaccess</B>という名称のファイルをMoodleのメインディレクトリに置く必要があります。これは、設定の上書きが許可されたApacheサーバのみで動作します。
<blockquote>
@@ -168,7 +168,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="webserver" id="webserver"></a>6.
php_flag session.auto_start 0
php_flag session.bug_compat_warn 0</pre>
</blockquote>
- <p>アップロードファイルの最大サイズを下記のように設定することも出来ます:</p>
+ <p>アップロードファイルの最大サイズを下記のように設定することもできます:</p>
<blockquote>
<pre>
@@ -185,7 +185,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="webserver" id="webserver"></a>6.
<p>&nbsp;</p>
<h3 class="sectionheading"><a name="config"></a>7. config.phpの編集</h3>
<blockquote>
- <p>これであなたは設定ファイル、<strong>config.php</strong>をテキストエディタで編集することが出来ます。このファイルはMoodle内の全てのファイルで使用されます。</p>
+ <p>これであなたは設定ファイル、<strong>config.php</strong>をテキストエディタで編集することができます。このファイルはMoodle内の全てのファイルで使用されます。</p>
<p>まず最初にconfig-dist.phpをコピーしてconfig.phpという名称にリネームしてください。後でMoodleをアップグレードした時にconfig.phpが上書きされないように、このような作業を行います。</p>
<p>あなたが定義したデータベースの詳細(テーブルプリフィックスを含む - PostgreSQLでは必須です)を明示するためにconfig.phpを編集してください。同様にサイトのアドレス、ファイルシステムのディレクトリ、データディレクトリを明示します。 この定義ファイルには詳細な説明文が含まれています。</p>
<p>このインストール文書の残りの部分では、あなたのサイトが下記に位置していることを前提に説明します: <u>http://example.com/moodle</u></p>
@@ -209,13 +209,13 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="admin"></a>8.
<p>...and so on, followed by: <font color="#006600">Main databases set up
successfully.</font> </p>
</blockquote>
- <p>もし、このような表示がなされない場合は、データベースまたは、あなたがconfig.phpで定義した設定に問題があるはずです。PHPが制限された「セーフモード」(商用ウェブホストでは時々セーフモードに設定されています)に設定されていないか確認してください。PHPの変数を&lt? phpinfo() ?&gtを含んだ小さなファイルを作成することでブラウザを通して確認出来ます。 これらのことを全てチェックして、管理ページを再度表示させてください。</p>
+ <p>もし、このような表示がなされない場合は、データベースまたは、あなたがconfig.phpで定義した設定に問題があるはずです。PHPが制限された「セーフモード」(商用ウェブホストでは時々セーフモードに設定されています)に設定されていないか確認してください。PHPの変数を&lt? phpinfo() ?&gtを含んだ小さなファイルを作成することでブラウザを通して確認できます。 これらのことを全てチェックして、管理ページを再度表示させてください。</p>
<p>ページの最後までスクロールして&quot;続ける&quotをクリックしてください;</p>
<p>次に、各Moodleモジュールで必要とされる全テーブルの設定内容が前ページと同様な形式で表示されます。前ページと同じように全てが緑色でなければなりません。</p>
<p>ページの最後までスクロールして&quot;続ける&quotをクリックしてください;</p>
- <p>更に使用言語、SMTPホスト等の設定変数を定義するためのフォームが表示されます。全ての設定を正しくしなければならないと心配しないでください - 常に、前に戻って管理画面からこれらの設定を変更することが出来ます。ページの最後までスクロールして&quot;Save&quotをクリックしてください;</p>
- <p>もし(もし、の時だけ)このページまたは、次のページで引っ掛かって次に進めない場合、恐らくあなたのサーバには私が"buggy referrer"と呼んでいる問題があります。 これは簡単に直すことが出来ます: config.phpを編集してbuggy_referrer変数を<i>true</i>にした後に、このページを再度表示させてください。</p>
- <p>次のページは、名称、フォーマット、説明等のMoodleサイトに関するパラメータと表紙の定義を行うフォームです。必要事項を入力して(いつでも戻って変更することが出来ます)&quot;設定を保存する&quot;をクリックしてください。</p>
+ <p>更に使用言語、SMTPホスト等の設定変数を定義するためのフォームが表示されます。全ての設定を正しくしなければならないと心配しないでください - 常に、前に戻って管理画面からこれらの設定を変更することができます。ページの最後までスクロールして&quot;Save&quotをクリックしてください;</p>
+ <p>もし(もし、の時だけ)このページまたは、次のページで引っ掛かって次に進めない場合、恐らくあなたのサーバには私が"buggy referrer"と呼んでいる問題があります。 これは簡単に直すことができます: config.phpを編集してbuggy_referrer変数を<i>true</i>にした後に、このページを再度表示させてください。</p>
+ <p>次のページは、名称、フォーマット、説明等のMoodleサイトに関するパラメータと表紙の定義を行うフォームです。必要事項を入力して(いつでも戻って変更することができます)&quot;設定を保存する&quot;をクリックしてください。</p>
<p>最後に、管理ページにアクセスするための最高管理者の作成を求められます。あなたの名前、メールアドレス等の詳細データを入れて&quot;設定を保存する&quot;をクリックしてください。 全ての項目に入力する必要はありませんが、重要な項目が空白の場合、再入力を求められます。</p>
<blockquote>
<blockquote>
@@ -228,8 +228,8 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="admin"></a>8.
</blockquote>
</blockquote>
</blockquote>
- <p>(いかなる理由でも、インストールが中断された場合やログイン出来ないようなシステムエラーが発生した場合、通常はユーザ名「<strong>admin</strong>」、パスワード「<strong>admin</strong>」でログインすることが出来ます。</p>
- <p>正常に終了すると、メニュー形式に並んだリンクを含んだ管理ページ(管理者としてサイトにログインするとこれらの項目が表示されます)に戻ります。全てのMoodleに関する管理は、これらのメニューを利用して下記のような管理をすることが出来ます:</p>
+ <p>(いかなる理由でも、インストールが中断された場合やログインできないようなシステムエラーが発生した場合、通常はユーザ名「<strong>admin</strong>」、パスワード「<strong>admin</strong>」でログインすることができます。</p>
+ <p>正常に終了すると、メニュー形式に並んだリンクを含んだ管理ページ(管理者としてサイトにログインするとこれらの項目が表示されます)に戻ります。全てのMoodleに関する管理は、これらのメニューを利用して下記のような管理をすることができます:</p>
<ul>
<li>コースの作成と削除</li>
<li>ユーザアカウントの作成と編集</li>
@@ -241,16 +241,16 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="admin"></a>8.
<h3 class="sectionheading"><a name="cron"></a>9. cronの設定</h3>
<blockquote>
<p>いくつかのMoodleモジュールはタスクを動作させるための継続的なチェックを必要とします。例えば、Moodleは投稿者に投稿のコピーをメール送信するために、ディスカッションフォーラムのチェックを必要とします。</p>
- <p>これらの作業を行うスクリプトはcron.phpと呼ばれ、adminディレクトリに置かれます。しかし、これ自体では動作しませんので、定期的(例えば5分毎又は10分毎)に動作するように設定を行う必要があります。これは各モジュールで定義された機能が動作出来るように「心臓の鼓動」を提供します。</p>
- <p>Cronを動作させるマシンは<B>Moodleが動作しているマシンと同じマシンである必要はありません</B>。例えば、あなたがcronを使えないウェブホスティングサービスを利用している場合、cronを他のサーバや自宅のパソコンで動かすことが出来るでしょう。大切なことはcron.phpを定期的に動かすことです。 </p>
+ <p>これらの作業を行うスクリプトはcron.phpと呼ばれ、adminディレクトリに置かれます。しかし、これ自体では動作しませんので、定期的(例えば5分毎又は10分毎)に動作するように設定を行う必要があります。これは各モジュールで定義された機能が動作できるように「心臓の鼓動」を提供します。</p>
+ <p>Cronを動作させるマシンは<B>Moodleが動作しているマシンと同じマシンである必要はありません</B>。例えば、あなたがcronを使えないウェブホスティングサービスを利用している場合、cronを他のサーバや自宅のパソコンで動かすことができるでしょう。大切なことはcron.phpを定期的に動かすことです。 </p>
<p>スクリプトのロードはそれほど高くありませんので、通常は5分毎の設定が妥当でしょう。間隔を短くすることが心配な場合は、15又は30分に設定してください。メールの遅延によりコースの活動が阻害されますので、Cronの動作間隔を長くし過ぎないことが大切です。</p>
<p>最初に下記のスクリプトが直接ブラウザで動くか確認してください:</p>
<blockquote>
<pre>http://example.com/moodle/admin/cron.php</pre>
</blockquote>
<p>次に、このスクリプトが自動的に且つ定期的に動作するように設定する必要があります。</p>
<h4>スクリプトをコマンドラインより実行する</h4>
- <p>コマンドラインからcron.phpを上記例のように実行させることが出来ます。例えば「wget」のようなUnixユーティリティを利用することが出来ます:</p>
+ <p>コマンドラインからcron.phpを上記例のように実行させることができます。例えば「wget」のようなUnixユーティリティを利用することができます:</p>
<blockquote>
<pre>wget -q -O /dev/null http://example.com/moodle/admin/cron.php</pre>
</blockquote>
@@ -273,18 +273,18 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="cron"></a>9. cron
<blockquote>
<pre>*/5 * * * * wget -q -O /dev/null http://example.com/moodle/admin/cron.php</pre>
</blockquote>
- <p>通常、「crontab」コマンドはviエディタで入力することが出来ます。キーボードの「i」を押して「挿入モード」にして上記の行を入力します。その後、ESCキーを押して「挿入モード」から抜けます。「:wq」を押して保存・終了するか、「:q!」を押して保存せずに終了します。</p>
+ <p>通常、「crontab」コマンドはviエディタで入力することができます。キーボードの「i」を押して「挿入モード」にして上記の行を入力します。その後、ESCキーを押して「挿入モード」から抜けます。「:wq」を押して保存・終了するか、「:q!」を押して保存せずに終了します。</p>
<p><b>Windowsシステムの場合</b>: 一番簡単な方法は全ての作業を簡単に行う、私のパッケージ<A TITLE="Click to download this package (150k)" HREF="http://moodle.com/download/moodle-cron-for-windows.zip">moodle-cron-for-windows.zip</A>を利用することです。Windows組込みの「タスク」を試してみても良いでしょう。</p>
- <p>ウェブホストの場合: ウェブベースのコントロールパネルに、このcronジョブを設定出来るようになっていることでしょう。詳細は管理者にお尋ねください。</p>
+ <p>ウェブホストの場合: ウェブベースのコントロールパネルに、このcronジョブを設定できるようになっていることでしょう。詳細は管理者にお尋ねください。</p>
<p></p>
</blockquote>
<h3 class="sectionheading"><a name="course"></a>10. 新しいコースの作成</h3>
<blockquote>
- <p>Moodleは正常に動作して、あなたはコースの作成を行うことが出来ます。</p>
+ <p>Moodleは正常に動作して、あなたはコースの作成を行うことができます。</p>
<p>管理ページ(またはホームページにある管理メニュー)より「コースの追加」を選択してください。</p>
- <p>コースフォーマットに、十分注意しながら必要項目を入力してください。この段階では、細かな点を必要以上に心配する必要はありません。全ての設定は後で教師によって変更することが出来ます。</p>
- <p>「設定を保存する」をクリックすると、新たな教師の割当てを行うページが表示されます。実際に存在しているアカウントのみをここで追加出来ます - もし、新たに教師アカウントを作成したい場合は、教師自身でアカウントを作成するように依頼するか(ログインページを見てください)、管理ページで&quot;ユーザの追加&quot;を使ってアカウントを作成してください。</p>
- <p>この作業が完了するとコースはカスタマイズ可能になり、ホームページの「コース」リンクよりアクセス出来ます。</p>
+ <p>コースフォーマットに、十分注意しながら必要項目を入力してください。この段階では、細かな点を必要以上に心配する必要はありません。全ての設定は後で教師によって変更することができます。</p>
+ <p>「設定を保存する」をクリックすると、新たな教師の割当てを行うページが表示されます。実際に存在しているアカウントのみをここで追加できます - もし、新たに教師アカウントを作成したい場合は、教師自身でアカウントを作成するように依頼するか(ログインページを見てください)、管理ページで&quot;ユーザの追加&quot;を使ってアカウントを作成してください。</p>
+ <p>この作業が完了するとコースはカスタマイズ可能になり、ホームページの「コース」リンクよりアクセスできます。</p>
<p>コース作成に関する詳細は「<A HREF="./?file=teacher.html">教師マニュアル</A>」をご覧ください。</p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
View
24 lang/ja/docs/installamp.html
@@ -7,7 +7,7 @@
<body bgcolor="#FFFFFF">
<h1>Apache、MySQL及びPHPのインストール</h1>
<blockquote>
- <p>Moodleはと呼ばれるスクリプト言語によって作成され、殆どのデータはデータベースに保存されます。Moodleを使用する上での推奨データーベースはMySQLです。 Before installing Moodleをインストールする前に稼動中のウェブサーバ上でPHPとデータベースが動作するようにしてください。これらのパッケージは平均的なコンピュータユーザにとって難しい設定が必要です。このページでは異なるプラットフォームでも 設定を行うことが出来るように、出来る限りシンプルに説明を記述しています。</p>
+ <p>Moodleはと呼ばれるスクリプト言語によって作成され、殆どのデータはデータベースに保存されます。Moodleを使用する上での推奨データーベースはMySQLです。 Before installing Moodleをインストールする前に稼動中のウェブサーバ上でPHPとデータベースが動作するようにしてください。これらのパッケージは平均的なコンピュータユーザにとって難しい設定が必要です。このページでは異なるプラットフォームでも 設定を行うことができるように、できる限りシンプルに説明を記述しています。</p>
<ul>
<li><a href="#host" class="questionlink">ホスティングサービス</a></li>
<li><a href="#mac" class="questionlink">Mac OS X</a></li>
@@ -18,7 +18,7 @@
<h3 class="sectionheading"><a name="host" id="host"></a>ホスティングサービス</h3>
<blockquote>
<p>残念ながらホスティングサービスの内容は多岐に渡ります。中にはMoodleをインストールしてくれるサービスもあります。</p>
- <p>殆どのホスティングサービスでは、サイトを管理する為にウェブベースのコントロールパネルを提供しています。コントロールパネルではデータベースを作成したりcronの設定を行うことが出来ます。またコマンドシェルで作業を行えるように、sshを利用したターミナルアクセスを提供するホスティングサービスもあります。</p>
+ <p>殆どのホスティングサービスでは、サイトを管理する為にウェブベースのコントロールパネルを提供しています。コントロールパネルではデータベースを作成したりcronの設定を行うことができます。またコマンドシェルで作業を行えるように、sshを利用したターミナルアクセスを提供するホスティングサービスもあります。</p>
<p><a href="./?file=install.html">インストールガイド</a>に準じてそれぞれの作業を行ってください。不明な点はホスティングプロバイダにお聞きください。</p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
@@ -52,19 +52,19 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
<li>EasyPHPをこちらよりダウンロードしてください: <a href="http://www.easyphp.org/telechargements/dn.php?F=easyphp1-7">http://www.easyphp.org/telechargements/dn.php?F=easyphp1-7</a>(約10Mb)</li>
<li>ダウンロードしたファイルを実行してください: <strong>easyphp1-7_setup.exe</strong>. インストール手順はフランス語ですが、その他の点ではWindowsプログラムのインストール手順に似ています - デフォルトを選択して全てをインストールされることをお勧めします。&quot;Suivant&quot;は「次へ」、&quot;Oui&quot;は「はい」を意味します。</li>
<li>インストールの最後でチェックボックス&quot;Lancer EasyPHP&quot; (EasyPHPを開始する)をチェックしたままにして、&quot;Terminer&quot; ボタンをクリックしてください。その後、無視しても大丈夫なページへ移動します。</li>
- <li>全て上手く行った場合 - おめでとうございます! Apache、PHP、MySQL全てインストールされて動作しています! ツールバーに黒いEが表示されていると思います。Eの上で右クリックによりプログラムのコントロールを行うことが出来るメニューが表示されます。</li>
- <li>いくつかはフランス語で記述されているので、英語の方が良いと思われることでしょう。EasyPHP1-7フォルダ内にあるwww及びホームフォルダの英語バージョンをこちらよりダウンロード出来ます:
+ <li>全て上手く行った場合 - おめでとうございます! Apache、PHP、MySQL全てインストールされて動作しています! ツールバーに黒いEが表示されていると思います。Eの上で右クリックによりプログラムのコントロールを行うことができるメニューが表示されます。</li>
+ <li>いくつかはフランス語で記述されているので、英語の方が良いと思われることでしょう。EasyPHP1-7フォルダ内にあるwww及びホームフォルダの英語バージョンをこちらよりダウンロードできます:
<a href="http://www.easyphp.org/telechargements/dn.php?F=indexUS_1.7">http://www.easyphp.org/telechargements/dn.php?F=indexUS_1.7</a></li>
<li>次に行うことはMoodleで使用するデータベースを設定することです。
ツールバーの黒いE上で右クリックによりAdministrationを選択します。そして、DB Management(PHPMyAdminの隣)をクリックしてください。</li>
<li>ユーザ名を要求された場合、&quot;<strong>root</strong>&quot;及び<strong>空白のパスワード</strong>を使用してください。新しいデータベース及びユーザアカウントを作成するphpMyAdminの画面が表示されます。</li>
<li>入力欄に&quot;moodle&quot;と入力後、&quot;Create&quot;ボタンをクリックして新しいデータベースを作成してください。簡単だったでしょう!</li>
- <li>データベースにアクセス出来るユーザを作成することも出来ます。初めての方には、この作業は若干難しいと思いますので、Moodleの設定には既に作成されているユーザ&quot;root&quot;をパスワード無しで使用してください。Moodleの設定は後で変更可能です。</li>
- <li>Moodleをインストールする準備が出来ました! 最新版のMoodleを<a href="http://moodle.org/download" target="_blank">http://moodle.org/download</a>よりダウンロードして、圧縮ファイルを解凍してください。</li>
- <li>Moodleファイルを<strong>C:\Program Files\EasyPHP\www</strong>にコピーしてください。Moodleの全ディレクトリ(例 C:\Program Files\EasyPHP\www\moodle)をコピーすることも出来ますし、Moodleディレクトリの<em>コンテンツ</em>をコピーすることも出来ます。2番目の方法を取った場合、 Moodleホームページにhttp://localhost/moodle/とアクセスする代わりに、http://localhost/とアクセスする事が出来ます。</li>
+ <li>データベースにアクセスできるユーザを作成することもできます。初めての方には、この作業は若干難しいと思いますので、Moodleの設定には既に作成されているユーザ&quot;root&quot;をパスワード無しで使用してください。Moodleの設定は後で変更可能です。</li>
+ <li>Moodleをインストールする準備ができました! 最新版のMoodleを<a href="http://moodle.org/download" target="_blank">http://moodle.org/download</a>よりダウンロードして、圧縮ファイルを解凍してください。</li>
+ <li>Moodleファイルを<strong>C:\Program Files\EasyPHP\www</strong>にコピーしてください。Moodleの全ディレクトリ(例 C:\Program Files\EasyPHP\www\moodle)をコピーすることもできますし、Moodleディレクトリの<em>コンテンツ</em>をコピーすることもできます。2番目の方法を取った場合、 Moodleホームページにhttp://localhost/moodle/とアクセスする代わりに、http://localhost/とアクセスする事ができます。</li>
<li>Moodleでアップロードファイルを保存する為の空のフォルダを作成してください。例:<strong>C:\moodledata</strong></li>
<li>Moodleフォルダに入ってください。フォルダ内のconfig-dist.phpをconfig.phpにコピーしてください。</li>
- <li>config.phpをテキストエディタで編集してください(ノートパッドで編集出来ますが、末尾にスペースが入らないように気をつけてください)。</li>
+ <li>config.phpをテキストエディタで編集してください(ノートパッドで編集できますが、末尾にスペースが入らないように気をつけてください)。</li>
<li>新しいデータベースに関して全ての情報を入力してください:<br />
$CFG-&gt;dbtype = 'mysql';<br />
$CFG-&gt;dbhost = 'localhost';<br />
@@ -79,13 +79,13 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
$CFG-&gt;dataroot = 'C:\moodledata';</li>
<li>config.phpを保存してください - 他に設定がある場合は無視して結構です。</li>
<li>もうすぐ終わりです! 残りはウェブベースの設定です。 ブラウザで設定を続ける為に<a href="http://localhost/moodle/admin/" target="_blank">http://localhost/moodle/admin/</a>にアクセスしてください。</li>
- <li>Moodleでzipファイル(例えばバックアップにzipを使う場合)を使用する為に&quot;zlib&quot;を使用してください。EasyPHPディレクトリ(<strong>C:\Program Files\EasyPHP</strong>)内のphpini.exeを実行しても同じ設定を行うことも出来ます&quot;zlib.dll&quot;の隣にあるチェックボックスをチェックしてください。 ウィンドウを閉じて、ツールバーにある黒いEに戻ります。右クリックをしてメニューより&quot;Restart&quot;を選択してください。</li>
+ <li>Moodleでzipファイル(例えばバックアップにzipを使う場合)を使用する為に&quot;zlib&quot;を使用してください。EasyPHPディレクトリ(<strong>C:\Program Files\EasyPHP</strong>)内のphpini.exeを実行しても同じ設定を行うこともできます&quot;zlib.dll&quot;の隣にあるチェックボックスをチェックしてください。 ウィンドウを閉じて、ツールバーにある黒いEに戻ります。右クリックをしてメニューより&quot;Restart&quot;を選択してください。</li>
<li>最後に、cronを設定する必要があります。詳細は<a href="./?file=install.html">インストールガイド</a>をご覧ください。</li>
</ol>
<p>EasyPHPを使えない場合、PHPが正常に設定されているか確認して一般的な問題を回避する方法があります:</p>
<ul>
- <li>Moodleがイメージを処理出来るようにGDモジュールを使用可に設定されているか確認してください - php.iniを編集して'extension=php_gd2.dll'の行にあるコメント(;)を削除する必要があります。</li>
- <li>Moodleでzipファイルの作成及び展開を出来るようにZlibモジュールが使用可に設定されているか確認してください。</li>
+ <li>Moodleがイメージを処理できるようにGDモジュールを使用可に設定されているか確認してください - php.iniを編集して'extension=php_gd2.dll'の行にあるコメント(;)を削除する必要があります。</li>
+ <li>Moodleでzipファイルの作成及び展開をできるようにZlibモジュールが使用可に設定されているか確認してください。</li>
<li>セッションが使用可になっているか確認してください - php.iniを編集してディレクトリ<strong>session.save_path</strong>を
デフォルトの"/tmp"より、例えばWindowsディレクトリの"c:/temp"に変更してください。</li>
</ul>
@@ -96,4 +96,4 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
<p align="CENTER"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
View
2 lang/ja/docs/intro.html
@@ -13,7 +13,7 @@
<h1>イントロダクション</h1>
<blockquote>
<p>Moodleは、インターネットベースのコース及びウェブサイトを作成する為のソフトウェアパッケージです。Moodleプロジェクトは、<a href="?file=philosophy.html">社会解釈的</a>教育の枠組みをサポートする為に進行中の開発プロジェクトです。</p>
- <p>Moodleは、無料で提供される<a href="http://www.opensource.org/docs/definition_plain.html" target="_top">オープンソース</a>ソフトウェア(<a href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html" target="_top">GNUパブリックライセンス</a>)です。基本的に、このことはMoodleが著作権を取得していることを意味しますが、 同時にあなたが自由を持つことも意味します。あなたは、Moodleのコピー、利用及び次の内容に同意する場合は、修正したものを提供することが出来ます: <strong>ソースコードを提供する</strong>; <strong>オリジナルのライセンス及び著作権表示を変更・削除しない</strong>、<strong>Moodleの派生物に同様のライセンスを適用する</strong>。 ライセンスを熟読された上で、ご質問等は<a href="http://moodle.org/user/view.php?id=1&course=1">著作権所有者</a>にお尋ねください。</p>
+ <p>Moodleは、無料で提供される<a href="http://www.opensource.org/docs/definition_plain.html" target="_top">オープンソース</a>ソフトウェア(<a href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html" target="_top">GNUパブリックライセンス</a>)です。基本的に、このことはMoodleが著作権を取得していることを意味しますが、 同時にあなたが自由を持つことも意味します。あなたは、Moodleのコピー、利用及び次の内容に同意する場合は、修正したものを提供することができます: <strong>ソースコードを提供する</strong>; <strong>オリジナルのライセンス及び著作権表示を変更・削除しない</strong>、<strong>Moodleの派生物に同様のライセンスを適用する</strong>。 ライセンスを熟読された上で、ご質問等は<a href="http://moodle.org/user/view.php?id=1&course=1">著作権所有者</a>にお尋ねください。</p>
<p>Moodleは、<a href="http://www.php.net/" target="_top">PHP</a>が動作するあらゆるコンピュータで動作し、多種のデータベース(特に<a href="http://www.mysql.com/" target="_top">MySQL</a>)をサポートします。</p>
<p>The word Moodleという言葉は、 Modular Object-Oriented Dynamic Learning Environment の頭文字より作られたものであり、主にプログラマーや教育理論家にとって有益なシステムです。Moodleは、怠けて曲がりくねって進むプロセス、そのプロセスから発生する物事に取り組むこと、物事の本質や創造性に導いてくれる楽しい弄り回しを表す動詞でもあります。従ってMoodleという言葉は、開発手法及び学生と教師がオンラインコースで学び、教える方法の両方に当てはまります。Moodleを利用する全ての人はMoodlerと言えます。</p>
<p>私達と一緒に<a href="http://moodle.org/community/" target="_top">moodle</a>しましょう!</p>
View
4 lang/ja/docs/licence.html
@@ -14,13 +14,13 @@
<blockquote>
<p><strong>Moodle&#8482;</strong>は、The Moodle Trust社の登録商標です。<br />
あなたはこの名称を下記に記載されているMoodleソフトウェアに<br />
- 関連した活動に使用することが出来ます
+ 関連した活動に使用することができます
</p>
<p>Moodleソフトウェアの著作権&copy; 1999-2004は、<a href="http://dougiamas.com/">Martin Dougiamas</a>が<br />
有します。</p>
<p>このプログラムはフリーソフトウェアです; あなたはこのプログラムを<br />
フリーソフトウェア財団によって公開されたGNU一般公有使用許諾の<br />
- 下で再配布又は修正したものを再配布することが出来ます。GNUは<br />
+ 下で再配布又は修正したものを再配布することができます。GNUは<br />
バージョン2又はそれ以降のバージョン(あなたの考えで)が適用されます。</p>
<p>このプログラムは、有益であるという希望を元に配布されていますが、<br />
一切の保証は致しません。また、暗に含まれた市場性及び特定の目的<br />
View
12 lang/ja/docs/philosophy.html
@@ -15,33 +15,33 @@
<blockquote>
<p>Moodleのデザイン及び開発作業は特定の学習理念に基づいて行われています。恐らく略された表現をご覧になると思いますが、これは「<em>社会解釈的教授法</em>」という考え方です。(何人かの科学者は、既に「無意味なソフトエディケーション」だと思ってマウスに手をかけたところでしょう。しかし、どうか読み進めてください。この考え方はあらゆる研究領域にとって有益なものですから!)</p>
<p>このページでは、簡単な用語を使用して、その背後に横たわる<strong>4つの主要な概念</strong>を紐解いて行くことにします。膨大な量の様々な研究における一つの視点を要約する形で説明を行いますので、これらの概念に関して事前に読まれた方にとっては、内容が希薄であると思われます。</p>
- <p>これらの概念があなたにとって全く新しいものである場合、最初は理解し辛いものでしょう。私がご提案出来ますことは、自分が何かを学ぼうとしている時の経験を思い浮かべながら内容を注意深く読み進めることです。<br /></p>
+ <p>これらの概念があなたにとって全く新しいものである場合、最初は理解し辛いものでしょう。私がご提案できますことは、自分が何かを学ぼうとしている時の経験を思い浮かべながら内容を注意深く読み進めることです。<br /></p>
<h3>1. 構成主義</h3>
<blockquote>
<p>この考え方は、人々がそれぞれの環境における相互作用から生まれる新しい知識を<strong>構成する</strong>という視点に立っています。</p>
<p>あなたが、読んだり、見たり、聞いたり、感じたり、触ったりするもの全ては、あなたの知識に照らし合わされます。そして、もしそれが、あなたの精神世界に適合する場合は、新たな知識として蓄えられます。もし、広範な環境で上手く使われる場合、知識は強化されます。あなたは受動的に情報を吸収する記憶貯蔵庫ではありませんし、知識は何かを読んだり聞いたりする為だけに送信されるものでもありません。</p>
- <p>ここでは、ウェブページを読んだり、講義を聴いたりすることで何も学ぶことは出来ないと言っているのではありません。明らかに学ぶことが出来ます。情報が脳から脳へ転送されるよりも多くの解釈がなされるということを指摘しただけです。</p>
+ <p>ここでは、ウェブページを読んだり、講義を聴いたりすることで何も学ぶことはできないと言っているのではありません。明らかに学ぶことができます。情報が脳から脳へ転送されるよりも多くの解釈がなされるということを指摘しただけです。</p>
</blockquote>
<h3>2. 構築主義</h3>
<blockquote>
<p>学習は、他の人の為に何かを構築するという経験をする時が特に効果的であると、構築主義では主張しています。これは、話された文章、インターネット上の投稿から、更に複雑な絵画、家、ソフトウェアパッケージのような作品であり得ます。</p>
- <p>例えば、このページを数回読んだとしても明日になれば忘れてしまうことでしょう。しかし、あなたがこれらの考え方を誰かに自分の言葉で説明しようと試みる場合、またはこれらの概念に関してスライドショーを製作する場合は、あなた自身の考え方のに統合された、より良い理解を得ることが出来ることを保証します。これが、後で読むことが無いとしても、人々が講義中にノートを取る理由です。</p>
+ <p>例えば、このページを数回読んだとしても明日になれば忘れてしまうことでしょう。しかし、あなたがこれらの考え方を誰かに自分の言葉で説明しようと試みる場合、またはこれらの概念に関してスライドショーを製作する場合は、あなた自身の考え方のに統合された、より良い理解を得ることができることを保証します。これが、後で読むことが無いとしても、人々が講義中にノートを取る理由です。</p>
</blockquote>
<h3>3. 社会構成主義</h3>
<blockquote>
<p>これは上記の考え方を、社会集団が別の集団の為に何かを構築することに拡張したものです。小さな文化的な共有物を共有するという意味において協調して作成するものです。ある人がこのような文化に影響を受けた場合、あらゆるレベルで如何にしてこの文化の一員になれるかを、常に学ぶことになります。</p>
- <p>非常に簡単な例は、カップのような物体です。この物体は様々な用途に使用出来ますが、この形が液体を入れるという「知識」を示唆しています。もっと複雑な例は、オンラインコースです。ソフトウェアツールの「形」が、オンラインコースがどのように動くかを表すだけでは無く、全体的に作成されたグループ内の活動及びテキストが、グループ内でどのように振舞うかという形をメンバーに対して示します。</p>
+ <p>非常に簡単な例は、カップのような物体です。この物体は様々な用途に使用できますが、この形が液体を入れるという「知識」を示唆しています。もっと複雑な例は、オンラインコースです。ソフトウェアツールの「形」が、オンラインコースがどのように動くかを表すだけでは無く、全体的に作成されたグループ内の活動及びテキストが、グループ内でどのように振舞うかという形をメンバーに対して示します。</p>
</blockquote>
<h3>4. 関連認識と分離認識</h3>
<blockquote>
<p>この考え方は、ディスカッションにおける各個人のモチベーションを深く探るものです。
<strong>分離</strong>的な行動をする人は、「客観的」であり「事実に基づいて」考え、 反対の考え方の穴を見つけることで、自分の考えを守る傾向があります。
<strong>関連</strong>的な行動をする人は、他の人の考え方をもっと感情的に捉え、主観的に受け入れ、聞いたり尋ねたりすることで理解する努力をします。
- <strong>建設</strong>的な行動をする人とは、両方のアプローチに敏感であり、現在の状況に適切な行動を選択することが出来ます。</p>
+ <strong>建設</strong>的な行動をする人とは、両方のアプローチに敏感であり、現在の状況に適切な行動を選択することができます。</p>
<p>一般的に、正常な数の関連的な行動をする人が学習コミュニティーに存在する場合、人々を密接にするだけではなく、より深く考えること及び実存する考え方を再考することにおいて、学習に対して非常にパワフルな刺激となります。</p>
</blockquote>
<hr>
- <p>一旦これらのことを理解すると、学習者が必要だとあなたが思う情報を提供・評価するよりも、学習者の視点に焦点を置く手助けとなります。また、それぞれのコース参加者が教師であると共に、学習者にもなり得ることを理解する手助けとなります。「教師」としてのあなたの仕事は、「知識の発信源」から影響を与える人、クラス文化の模範的な人になることが出来ます。また、学生の学習の要望に個人的に取り組み、学生を総合的にクラスの学習ゴールへ導く形でディスカッションや活動をモデレートすることが出来ます。</p>
+ <p>一旦これらのことを理解すると、学習者が必要だとあなたが思う情報を提供・評価するよりも、学習者の視点に焦点を置く手助けとなります。また、それぞれのコース参加者が教師であると共に、学習者にもなり得ることを理解する手助けとなります。「教師」としてのあなたの仕事は、「知識の発信源」から影響を与える人、クラス文化の模範的な人になることができます。また、学生の学習の要望に個人的に取り組み、学生を総合的にクラスの学習ゴールへ導く形でディスカッションや活動をモデレートすることができます。</p>
<p>明らかにMoodleはこれらの行動スタイルを強制することはありませんが、サポートすることにおいて最適なシステムであると言えます。将来的に、技術的基盤としてのMoodleの安定性を増すこと、教育的なサポートを更に改善することは、Moodleの開発における重要な指針となっています。</p>
</blockquote>
<hr>
View
48 lang/ja/docs/teacher.html
@@ -24,12 +24,12 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="started"></a>
<p>Moodleを使い始めるための3つのヒントです。</p>
<ol>
<li><strong>経験することを恐れないでください:</strong>
- <blockquote>自由にあちこちを触ったり変更してください。Moodleのコースを壊すことは簡単ではありません。もし壊れても、普通は簡単に直すことが出来ます
+ <blockquote>自由にあちこちを触ったり変更してください。Moodleのコースを壊すことは簡単ではありません。もし壊れても、普通は簡単に直すことができます
</blockquote>
<li><strong>小さなアイコンに注意してください:</strong>
<blockquote>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/edit.gif"> - <strong>編集アイコン</strong>
- の次にあるものはどんなものでも編集することが出来ます。</p>
+ の次にあるものはどんなものでも編集することができます。</p>
<p><img src="../pix/help.gif" width="22" height="17"> - <strong>ヘルプアイコン</strong>
は<a target="helpwindow" href="../help.php?file=index.html">ポップアップヘルプウインドウ</a>を提供します。</p>
<p>&nbsp;<img src="../pix/i/hide.gif" width="16" height="16"> - the <strong>開いた目アイコン</strong>
@@ -47,8 +47,8 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="started"></a>
</blockquote>
<h3 class="sectionheading"><a name="settings"></a>コース設定</h3>
<blockquote>
- <p>まず最初に「管理メニュー」の下にある「<strong>設定...</strong>」をクリックしてください(このリンク及び管理セクションは、あなたとサイト管理者のみが使用出来ます。学生には表示されることもありません。)。</p>
- <p>設定ページではコース名から開始日まで様々な設定を変更することが出来ます。それぞれの項目の横にあるヘルプアイコンをクリックすることで詳細に関する説明を閲覧出来ますので、ここでは詳細に述べません。しかしながら、一番大切な項目 - <strong>コースフォーマット</strong>に関して説明します。</p>
+ <p>まず最初に「管理メニュー」の下にある「<strong>設定...</strong>」をクリックしてください(このリンク及び管理セクションは、あなたとサイト管理者のみが使用できます。学生には表示されることもありません。)。</p>
+ <p>設定ページではコース名から開始日まで様々な設定を変更することができます。それぞれの項目の横にあるヘルプアイコンをクリックすることで詳細に関する説明を閲覧できますので、ここでは詳細に述べません。しかしながら、一番大切な項目 - <strong>コースフォーマット</strong>に関して説明します。</p>
<p>あなたが選択するコースフォーマットは、テンプレートのようにコースの基本的なレイアウトを決定します。Moodleバージョン 1.0には3つのフォーマットがあります - 将来的には増える可能性があります(新しいアイディアを <a href="mailto:martin@moodle.org">martin@moodle.org</a>にお送りください!)</p>
<p>3つのコースフォーマットを適用した、3つのサンプルコースです。(サイト管理者によりサイト全体に設定される色の違いは無視してください):</p>
<p align="center"><strong>ウイークリーフォーマット:</strong></p>
@@ -66,65 +66,65 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="settings"></a>
</blockquote>
<h3 class="sectionheading"><a name="upload"></a>ファイルのアップロード</h3>
<blockquote>
- <p>コースに追加したいウェブページ、オーディオファイル、ビデオファイル、ワードドキュメント、フラッシュアニメーション等をお持ちのことでしょう。どのような種類のファイルでも、あなたのコース内にアップロードすることが出来ます。アップロードしたファイルはサーバに保存されます。ファイルがサーバ上にある間は、移動、リネーム、編集、削除することが出来ます。</p>
- <p>全ての処理は管理メニューの<strong>ファイル</strong>リンクより行うことが出来ます。ファイルセクションは下記のようになります:</p>
+ <p>コースに追加したいウェブページ、オーディオファイル、ビデオファイル、ワードドキュメント、フラッシュアニメーション等をお持ちのことでしょう。どのような種類のファイルでも、あなたのコース内にアップロードすることができます。アップロードしたファイルはサーバに保存されます。ファイルがサーバ上にある間は、移動、リネーム、編集、削除することができます。</p>
+ <p>全ての処理は管理メニューの<strong>ファイル</strong>リンクより行うことができます。ファイルセクションは下記のようになります:</p>
<p align="center"><img src="pix/files.jpg" width="400" height="347"></p>
<p>&nbsp;</p>
- <p>このインターフェースは教師のみが使用出来ます - 学生には必要ありません。ここのファイルは後で学生に公開されます(リソース」として - 次のセクションをご覧ください)。</p>
- <p>スクリーンショットでご覧のように、ファイルはサブディレクトリと同列に表示されます。ファイルを整理するために幾つでもサブディレクトリを作成することが出来ます。また、ファイルをディレクトリから別のディレクトリへ移動することも出来ます。</p>
+ <p>このインターフェースは教師のみが使用できます - 学生には必要ありません。ここのファイルは後で学生に公開されます(リソース」として - 次のセクションをご覧ください)。</p>
+ <p>スクリーンショットでご覧のように、ファイルはサブディレクトリと同列に表示されます。ファイルを整理するために幾つでもサブディレクトリを作成することができます。また、ファイルをディレクトリから別のディレクトリへ移動することもできます。</p>
<p>現在、ファイルのアップロードは1回につき1個に制限されています。1度に多くのファイルをアップロードしたい場合(例えばサイト全体)は、<strong>zipプログラム</strong>を使用して複数のファイルを1つに圧縮した後に、zipファイルをアップロードして、サーバで解凍する方法が簡単です(zip書庫の隣に「unzip」リンクが表示されます)。</p>
- <p>ファイル名をクリックすることで、アップロードしたファイルをプレビューすることが出来ます。ブラウザが自動的に表示するか、コンピュータにダウンロードするか判断します。</p>
- <p>HTML及びテキストファイルはオンラインで編集することが出来ます。他のファイルはローカルコンピュータで編集した後に再度アップロードする必要があります。既存のファイルと同じ名前でファイルをアップロードした場合、ファイルは自動的に上書きされます。</p>
- <p>最後に: もしコンテンツがMoodleサイト以外にある場合は、ファイルのアップロードを行う必要はありません。コースの中からコンテンツにリンクを張ることが出来ます(詳細はリソースモジュール及び次のセクションをご覧ください)。</p>
+ <p>ファイル名をクリックすることで、アップロードしたファイルをプレビューすることができます。ブラウザが自動的に表示するか、コンピュータにダウンロードするか判断します。</p>
+ <p>HTML及びテキストファイルはオンラインで編集することができます。他のファイルはローカルコンピュータで編集した後に再度アップロードする必要があります。既存のファイルと同じ名前でファイルをアップロードした場合、ファイルは自動的に上書きされます。</p>
+ <p>最後に: もしコンテンツがMoodleサイト以外にある場合は、ファイルのアップロードを行う必要はありません。コースの中からコンテンツにリンクを張ることができます(詳細はリソースモジュール及び次のセクションをご覧ください)。</p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
<h3 class="sectionheading"><a name="activities"></a>活動の設定</h3>
<blockquote>
- <p>コースを作成するには、学生が使用する順番に従って、コース活動モジュールをメインページに追加する必要があります。モジュールの並び順はいつでも好きなように変更することが出来ます。</p>
- <p>編集するには、管理メニューの下にある「編集モード ON」をクリックしてください。このトグルスイッチにより、メインコースページを変更する特別なメニューの表示・非表示を行うことが出来ます。上記の一番目のスクリーンショット(ウイークリーフォーマット)では、「編集モード ON」にされています。</p>
+ <p>コースを作成するには、学生が使用する順番に従って、コース活動モジュールをメインページに追加する必要があります。モジュールの並び順はいつでも好きなように変更することができます。</p>
+ <p>編集するには、管理メニューの下にある「編集モード ON」をクリックしてください。このトグルスイッチにより、メインコースページを変更する特別なメニューの表示・非表示を行うことができます。上記の一番目のスクリーンショット(ウイークリーフォーマット)では、「編集モード ON」にされています。</p>
<p>新しい活動を追加する場合は、週、トピック、セクション画面の何れかにアクセスして、ポップアップメニューより追加したい活動のタイプを選択してください。Moodle 1.0の標準的な全活動の解説です:</p>
<dl>
<dt><strong>課題</strong></dt>
- <dd>課題では、提出期限及び最大評価を持ったタスクを設定します。学生は要求を満たしたファイルを1つアップロードすることが出来ます。ファイルをアップロードした日時は記録されます。その後、それぞれのファイル(及び提出の早い遅い)を一覧出来るページが用意されますので、評価及びコメントの投稿を行ってください。評価を行った30分後に、評価を行った学生宛てにMoodleから自動的に通知メールが送信されます。</dd>
+ <dd>課題では、提出期限及び最大評価を持ったタスクを設定します。学生は要求を満たしたファイルを1つアップロードすることができます。ファイルをアップロードした日時は記録されます。その後、それぞれのファイル(及び提出の早い遅い)を一覧できるページが用意されますので、評価及びコメントの投稿を行ってください。評価を行った30分後に、評価を行った学生宛てにMoodleから自動的に通知メールが送信されます。</dd>
<br />
<br />
<dt><strong>選択</strong></dt>
- <dd>選択は、質問をしてそれに対する返答の選択を設定するシンプルな活動です。学生は選択を行うことが出来ます。あなたには学生の選択結果が表示されるレポート画面が用意されます。私は学生の意見を集めるときに選択を使用しますが、簡単な投票やクラス投票に使用することも出来ます。</dd>
+ <dd>選択は、質問をしてそれに対する返答の選択を設定するシンプルな活動です。学生は選択を行うことができます。あなたには学生の選択結果が表示されるレポート画面が用意されます。私は学生の意見を集めるときに選択を使用しますが、簡単な投票やクラス投票に使用することもできます。</dd>
<br />
<br />
<dt><strong>フォーラム</strong></dt>
- <dd>フォーラムは、この中で議論が行われる一番大切なモジュールです。フォーラムを追加する場合、「単一ディスカッション」「標準フォーラム」「ディスカッションを1件投稿」の中からタイプを選択することが出来ます。</dd>
+ <dd>フォーラムは、この中で議論が行われる一番大切なモジュールです。フォーラムを追加する場合、「単一ディスカッション」「標準フォーラム」「ディスカッションを1件投稿」の中からタイプを選択することができます。</dd>
<br />
<br />
<dt><strong>日誌</strong></dt>
- <dd>それぞれの日誌活動は、コース全体に関わる日誌の1エントリです。それぞれの日誌には、学生が何を書くべきかを導く、自由回答の出来る質問を設定することが出来ます。同時に日誌の利用可能な時間枠(ウイークリーコースフォーマットのみ)を設定することが出来ます。一般的な目安として、1週当り1つの日誌を作成してください。学生が熟考して批評的に書けるように、日誌はあなたと学生のみが利用出来ます。その後、その週又はトピック全てのエントリの評価及びコメントの投稿を行うことが出来ます。学生は、あなたのフィードバックが行われた旨の通知メールを自動的に受け取ります。日誌は継続的に登録されるように設計されていませんので、必要な場合は更に日誌活動を追加してください。</dd>
+ <dd>それぞれの日誌活動は、コース全体に関わる日誌の1エントリです。それぞれの日誌には、学生が何を書くべきかを導く、自由回答のできる質問を設定することができます。同時に日誌の利用可能な時間枠(ウイークリーコースフォーマットのみ)を設定することができます。一般的な目安として、1週当り1つの日誌を作成してください。学生が熟考して批評的に書けるように、日誌はあなたと学生のみが利用できます。その後、その週又はトピック全てのエントリの評価及びコメントの投稿を行うことができます。学生は、あなたのフィードバックが行われた旨の通知メールを自動的に受け取ります。日誌は継続的に登録されるように設計されていませんので、必要な場合は更に日誌活動を追加してください。</dd>
<br />
<br />
<dt><strong>リソース</strong></dt>
- <dd>リソースはコースのコンテンツです。アップロード又はURLを使用したリンクにより、どのようなファイルでもリソースにすることが出来ます。フォームに直接入力して、シンプルなテキストベースのページを保存することも出来ます。</dd>
+ <dd>リソースはコースのコンテンツです。アップロード又はURLを使用したリンクにより、どのようなファイルでもリソースにすることができます。フォームに直接入力して、シンプルなテキストベースのページを保存することもできます。</dd>
<br />
<br />
<dt><strong>小テスト</strong></dt>
- <dd>ここでは、多肢選択式、○/×方式、記述式の質問から成るクイズ形式のテストを作成することが出来ます。この質問はカテゴリー分けされたデータベースに保存され、コース内及びコース間で再利用することが出来ます。小テストでは複数回の回答を行わせることが出来ます。それぞれの回答は自動的に記録され、教師はそれに対してフィードバックを与えるか正答を表示させるかを選択することが出来ます。このモジュールは評価機能を含みます。</dd>
+ <dd>ここでは、多肢選択式、○/×方式、記述式の質問から成るクイズ形式のテストを作成することができます。この質問はカテゴリー分けされたデータベースに保存され、コース内及びコース間で再利用することができます。小テストでは複数回の回答を行わせることができます。それぞれの回答は自動的に記録され、教師はそれに対してフィードバックを与えるか正答を表示させるかを選択することができます。このモジュールは評価機能を含みます。</dd>
<br />
<br />
<dt><strong>調査</strong></dt>
- <dd>調査モジュールは、あなたのクラスを評価及び理解するのに有益な、数多くの調査手段を提供します。現在は、調査手段としてCOLLESとATTLSを利用することが出来ます。調査はコースの最初の方で診断ツールとして、コースの終わりに評価ツールとして使用することが出来ます(私はコース内で毎週調査を使用しています)。</dd>
+ <dd>調査モジュールは、あなたのクラスを評価及び理解するのに有益な、数多くの調査手段を提供します。現在は、調査手段としてCOLLESとATTLSを利用することができます。調査はコースの最初の方で診断ツールとして、コースの終わりに評価ツールとして使用することができます(私はコース内で毎週調査を使用しています)。</dd>
</dl>
<br />
- <p>活動を追加した後、それぞれの活動の横にある小さな矢印アイコン (<img src="../pix/t/up.gif" width="9" height="10"> <img src="../pix/t/down.gif" width="9" height="10">) をクリックすることで、コースレイアウト内を上下に移動させることが出来ます。×印アイコン <img src="../pix/t/delete.gif" width="10" height="10"> をクリックすることで、活動を削除することも出来ます。また、編集アイコン <img src="../pix/t/edit.gif" width="10" height="11"> をクリックすることで、活動を再編集することが出来ます。</p>
+ <p>活動を追加した後、それぞれの活動の横にある小さな矢印アイコン (<img src="../pix/t/up.gif" width="9" height="10"> <img src="../pix/t/down.gif" width="9" height="10">) をクリックすることで、コースレイアウト内を上下に移動させることができます。×印アイコン <img src="../pix/t/delete.gif" width="10" height="10"> をクリックすることで、活動を削除することもできます。また、編集アイコン <img src="../pix/t/edit.gif" width="10" height="11"> をクリックすることで、活動を再編集することができます。</p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
<h3 class="sectionheading"><a name="course"></a>コース運営</h3>
<blockquote>
<p>このドキュメントを更に総合的なチュートリアルに拡大する計画があります。それまで、下記のアイディアをどうぞ:</p>
<ol>
<li>クラス活動と接触を保つために、全てのフォーラムに登録してください。</li>
- <li>全ての学生にユーザプロフィール(写真を含む)に情報を書き込むように勧めてください。また、その内容を全て読んでください。この作業により、後で学生が文章を書くときのヒントを与えることが出来ますし、それぞれの学生の要求に合致した対応を行うことが出来ます。</li>
+ <li>全ての学生にユーザプロフィール(写真を含む)に情報を書き込むように勧めてください。また、その内容を全て読んでください。この作業により、後で学生が文章を書くときのヒントを与えることができますし、それぞれの学生の要求に合致した対応を行うことができます。</li>
<li>管理メニューの下にある非公開の「<strong>教師用フォーラム</strong>」を活用してください。このフォーラムは、チーム指導において特に役立ちます。</li>
<li>完全な生ログにアクセスする為に、管理メニューの下にある「<strong>ログ</strong>」リンクを使用してください。このページには、60秒毎に更新される、過去1時間の活動ログを表示するポップアップウインドウのリンクがあります。これは1日中デスクトップに表示して、コース内で何が起きているのかを把握するのに役に立ちます。</li>
- <li>「<strong>活動レポート</strong>」 (全参加者リスト内の名前の横又はユーザプロフィールページ)を利用してください。活動レポートは、特定の人がコース内で何を行っているか確認することが出来る素晴らしい機能です。</li>
- <li>学生に対して即座に応答してください。後回しにせずに、すぐに行ってください。簡単に、圧倒される程のボリュームを処理出来なくなりますし、即座に応答することは、あなたのコースでコミュニティーを構築・維持して行く為の重要な部分です。</li>
+ <li>「<strong>活動レポート</strong>」 (全参加者リスト内の名前の横又はユーザプロフィールページ)を利用してください。活動レポートは、特定の人がコース内で何を行っているか確認することができる素晴らしい機能です。</li>
+ <li>学生に対して即座に応答してください。後回しにせずに、すぐに行ってください。簡単に、圧倒される程のボリュームを処理できなくなりますし、即座に応答することは、あなたのコースでコミュニティーを構築・維持して行く為の重要な部分です。</li>
</ol>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
View
10 lang/ja/docs/upgrade.html
@@ -8,7 +8,7 @@
<h1>Moodleのアップグレード</h1>
<blockquote>
-<p>Moodleは、どの旧バージョンからも新しいバージョンに正常なアップグレードが出来るよう設計されています。</p>
+<p>Moodleは、どの旧バージョンからも新しいバージョンに正常なアップグレードができるよう設計されています。</p>
<p>Moodleをアップグレードする場合、下記の手順に沿って作業を行ってください:</p>
<h3 class="sectionheading">1. 重要なデータのバックアップを行う</h3>
<blockquote>
@@ -17,7 +17,7 @@ <h3 class="sectionheading">1.
<blockquote>
<p><strong>1. Moodleソフトウェアディレクトリ</strong></p>
<blockquote>
-<p>config.phpやテーマ、言語等のあなたが追加したモジュールを回復出来るように、事前にこのディレクトリを別の場所にコピーしてください。</p>
+<p>config.phpやテーマ、言語等のあなたが追加したモジュールを回復できるように、事前にこのディレクトリを別の場所にコピーしてください。</p>
</blockquote>
<p><strong>2. データディレクトリ</strong></p>
<blockquote>
@@ -29,7 +29,7 @@ <h3 class="sectionheading">1.
<blockquote>
<p><font face="Courier New, Courier, mono">mysqldump moodle &gt; moodle-backup-2002-10-26.sql</font></p>
</blockquote>
- <p>また、Moodleの「データベース管理」ウェブインターフェースで「エクスポート」を利用することにより、全てのプラットフォーム上で同じようにバックアップを行うことが出来ます。</p>
+ <p>また、Moodleの「データベース管理」ウェブインターフェースで「エクスポート」を利用することにより、全てのプラットフォーム上で同じようにバックアップを行うことができます。</p>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
</blockquote>
@@ -72,7 +72,7 @@ <h3 class="sectionheading">3.
<p>Moodleは新バージョンを検出して、必要なデータベースまたはファイルシステムのアップグレードを行います。もし、アップグレードが正常に行われない場合(非常に稀)は、何をする必要があるのか知らせてくれるメッセージが表示されます。</p>
</blockquote>
<p>&nbsp; </p>
- <p>全てが正常(エラー無しに)に終了した場合、新しいMoodleを使うことが出来ます。新しい機能をお楽しみください!</p>
+ <p>全てが正常(エラー無しに)に終了した場合、新しいMoodleを使うことができます。新しい機能をお楽しみください!</p>
<p>もし、アップグレードに問題がある場合は、<a target=_top href="http://moodle.com/">moodle.com</a>の<a target=_top href="http://moodle.com/mod/forum/view.php?id=28">Installation Support Forum</a>に投稿してください。</p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
@@ -81,4 +81,4 @@ <h3 class="sectionheading">3.
<p align="CENTER"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
View
4 lang/ja/enrol_database.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['dbhost'] = 'ホスト名';
@@ -8,7 +8,7 @@
$string['dbtable'] = 'テーブル名';
$string['dbtype'] = 'データベースタイプ';
$string['dbuser'] = 'ユーザ名';
-$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース(殆どの種類)を使用することが出来ます。外部データベースにはコースID及びユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブル及びユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
+$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース(殆どの種類)を使用することができます。外部データベースにはコースID及びユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブル及びユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
$string['enrolname'] = '外部データベース';
$string['localcoursefield'] = 'コーステーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名(例 idnumber)';
$string['localuserfield'] = 'ユーザテーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名(例 idnumber)';
View
4 lang/ja/enrol_flatfile.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // enrol_flatfile.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // enrol_flatfile.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['description'] = 'この方法は、あなたが指定した場所にある特別にフォーマットされたテキストファイルを繰り返しチェックします。ファイルのフォーマットは下記のようになります:
@@ -12,7 +12,7 @@
add, student, 21, CF101, 1091115000, 1091215000
</pre>';
$string['enrolname'] = 'フラットファイル';
-$string['filelockedmail'] = 'ファイルベースのユーザ登録で使用しているファイル($a)はcronプロセスによる削除は行われません。通常、ファイルパーミッションの問題により削除されません。Moodleが削除出来るようにファイルのパーミッションを変更してください。変更しない場合は、この処理が繰り返し行われます。';
+$string['filelockedmail'] = 'ファイルベースのユーザ登録で使用しているファイル($a)はcronプロセスによる削除は行われません。通常、ファイルパーミッションの問題により削除されません。Moodleが削除できるようにファイルのパーミッションを変更してください。変更しない場合は、この処理が繰り返し行われます。';
$string['filelockedmailsubject'] = '重大なエラー:エンロールメントファイル';
$string['location'] = 'ファイルの場所';
$string['mailadmin'] = '管理者にメール通知';
View
4 lang/ja/enrol_internal.php
@@ -1,11 +1,11 @@
<?PHP // $Id$
- // enrol_internal.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // enrol_internal.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['description'] = 'これは標準的なユーザ登録方法です。学生がコースに登録する場合、主要な2つの方法があります。
<ul>
<li>教師又は管理者がコースのコース管理メニューにあるリンクを使用して手動で登録する。</li>
-<li>コースには「登録キー」というパスワードを設定することが出来ます。このキーを知っている人は誰でも自らコースに参加することが出来ます。</li>
+<li>コースには「登録キー」というパスワードを設定することができます。このキーを知っている人は誰でも自らコースに参加することができます。</li>
</ul>';
$string['enrolname'] = '内部登録';
$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
View
4 lang/ja/enrol_paypal.php
@@ -1,9 +1,9 @@
<?PHP // $Id$
- // enrol_paypal.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // enrol_paypal.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['business'] = 'Paypalビジネスアカウントのメールアドレス';
-$string['description'] = 'Paypalモジュールでは有料のコースを設定することが出来ます。コースの費用がゼロの場合、学生は支払いを求められません。サイト全体に適用されるデフォルトの費用をここで設定することも、個々に設定することも出来ます。コース費用は、サイト全体の費用に優先されます。';
+$string['description'] = 'Paypalモジュールでは有料のコースを設定することができます。コースの費用がゼロの場合、学生は支払いを求められません。サイト全体に適用されるデフォルトの費用をここで設定することも、個々に設定することもできます。コース費用は、サイト全体の費用に優先されます。';
$string['enrolname'] = 'Paypal';
$string['sendpaymentbutton'] = 'Paypalで支払う';
$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
View
10 lang/ja/error.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // error.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // error.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['coursegroupunknown'] = 'コースに関連するグループ $a が指定されていません';
@@ -10,15 +10,15 @@
$string['groupunknown'] = 'グループ $a は指定されたコースに関連していません';
$string['invalidfieldname'] = '\"$a\" は正しいフィールド名ではありません';
$string['missingfield'] = '\"$a\" に入力してください';
-$string['modulerequirementsnotmet'] = 'モジュール \"$a->modulename\" ($a->moduleversion) をインストール出来ませんでした。このモジュールをインストールする為には新しいバージョンのMoodleをインストールする必要があります。(現在、あなたは $a->currentmoodle を使用しています。 $a->requiremoodle が必要です。)';
-$string['notavailable'] = '現在利用出来ません';
-$string['restricteduser'] = '申し訳ございません。現在、この処理を行うことが出来ません';
+$string['modulerequirementsnotmet'] = 'モジュール \"$a->modulename\" ($a->moduleversion) をインストールできませんでした。このモジュールをインストールする為には新しいバージョンのMoodleをインストールする必要があります。(現在、あなたは $a->currentmoodle を使用しています。 $a->requiremoodle が必要です。)';
+$string['notavailable'] = '現在利用できません';
+$string['restricteduser'] = '申し訳ございません。現在、この処理を行うことができません';
$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
$string['thisdirection'] = 'ltr';
$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['unknowncourse'] = '不明なコース名 \"$a\"';
$string['usernotaddederror'] = 'ユーザ \"$a\" は追加されませんでした - 原因不明';
$string['usernotaddedregistered'] = 'ユーザ \"$a\" は追加されませんでした - 登録済み';
-$string['usernotavailable'] = 'このユーザの詳細は閲覧出来ません';
+$string['usernotavailable'] = 'このユーザの詳細は閲覧できません';
?>
View
22 lang/ja/forum.php
@@ -1,13 +1,13 @@
<?PHP // $Id$
- // forum.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // forum.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['addanewdiscussion'] = 'ディスカッショントピックを追加';
$string['addanewtopic'] = 'トピックを追加';
$string['allowchoice'] = '選択可能';
$string['allowdiscussions'] = '$a はこのフォーラムに投稿可能ですか?';
$string['allowratings'] = '投稿を評価可能にしますか?';
-$string['allowsdiscussions'] = 'このフォーラムでは一人1件のトピックを開始することが出来ます';
+$string['allowsdiscussions'] = 'このフォーラムでは一人1件のトピックを開始することができます';
$string['anyfile'] = '全てのファイル';
$string['attachment'] = '添付ファイル';
$string['bynameondate'] = '$a->date - $a->name の投稿';
@@ -16,11 +16,11 @@
$string['configlongpost'] = 'この文字長以上の長さ(HTMLは含まない)は長いと考えられます。';
$string['configmanydiscussions'] = 'フォーラムページに表示されるディスカッションの最大数';
$string['configmaxbytes'] = '全てのフォーラム添付ファイルに関するデフォルトの最大サイズ(コース制限及び他のローカル設定に従います)';
-$string['configreplytouser'] = 'フォーラムの投稿がメール送信される場合、受信者がフォーラムを通さずに個人的に返信できるように、メールにユーザメールアドレスを表示した方が良いですか? \'Yes\'に設定した場合でも、ユーザはプロフィール内のメールアドレスを隠すことが出来ます';
+$string['configreplytouser'] = 'フォーラムの投稿がメール送信される場合、受信者がフォーラムを通さずに個人的に返信できるように、メールにユーザメールアドレスを表示した方が良いですか? \'Yes\'に設定した場合でも、ユーザはプロフィール内のメールアドレスを隠すことができます';
$string['configshortpost'] = 'この文字長以下の長さ(HTMLは含まない)は短いと考えられます。';
-$string['couldnotadd'] = 'エラーのため投稿出来ませんでした';
-$string['couldnotdeleteratings'] = '申し訳ございません、評価済みのため削除出来ませんでした';
-$string['couldnotdeletereplies'] = '申し訳ございません、返信済みのため削除出来ませんでした';
+$string['couldnotadd'] = 'エラーのため投稿できませんでした';
+$string['couldnotdeleteratings'] = '申し訳ございません、評価済みのため削除できませんでした';
+$string['couldnotdeletereplies'] = '申し訳ございません、返信済みのため削除できませんでした';
$string['couldnotupdate'] = '未確認エラーのため投稿を更新できませんでした。';
$string['delete'] = '削除';
$string['deleteddiscussion'] = 'ディスカッショントピックが削除されました。';
@@ -41,7 +41,7 @@
$string['edit'] = '編集';
$string['editing'] = '編集';
$string['emptymessage'] = '投稿に異常があります。空白のままか添付ファイルのサイズが制限を越えています。変更は保存されませんでした。';
-$string['everyonecanchoose'] = 'ユーザはメール通知登録出来ます';
+$string['everyonecanchoose'] = 'ユーザはメール通知登録できます';
$string['everyoneissubscribed'] = 'ユーザはメール通知登録されます';
$string['existingsubscribers'] = 'メール通知登録ユーザ';
$string['forcesubscribe'] = 'ユーザを強制メール通知登録する';
@@ -91,7 +91,7 @@
$string['openmode2'] = '新しい投稿可、返信可';
$string['parent'] = '親記事を表示する';
$string['parentofthispost'] = 'この投稿の親記事';
-$string['postadded'] = '投稿が追加されました。<P>更新したい場合は $a 編集出来ます';
+$string['postadded'] = '投稿が追加されました。<P>更新したい場合は $a 編集できます';
$string['postincontext'] = '関連した投稿を見る';
$string['postmailinfo'] = 'これは $a ウェブサイトに投稿された投稿のコピーです。返信をウェブサイト経由で追加する場合は、このリンクをクリックしてください:';
$string['postrating1'] = '主に分離認識の傾向がある';
@@ -110,9 +110,9 @@
$string['rating'] = '評価';
$string['ratingeveryone'] = '誰でも投稿を評価できる';
$string['ratingno'] = '評価無し';
-$string['ratingonlyteachers'] = '$a のみが投稿を評価出来る';
-$string['ratingpublic'] = '$a は全員の評価を閲覧出来る';
-$string['ratingpublicnot'] = '$a は自分の評価のみ閲覧出来る';
+$string['ratingonlyteachers'] = '$a のみが投稿を評価できる';
+$string['ratingpublic'] = '$a は全員の評価を閲覧できる';
+$string['ratingpublicnot'] = '$a は自分の評価のみ閲覧できる';
$string['ratings'] = '評価';
$string['ratingssaved'] = '評価が保存されました';
$string['ratingsuse'] = '評価を使用する';
View
14 lang/ja/glossary.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // glossary.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091100)
+ // glossary.php - created with Moodle 1.5 unstable development (2004091700)
$string['addcomment'] = 'コメントの追加';
@@ -20,8 +20,8 @@
$string['attachment'] = '添付';
$string['authorview'] = '著者順に表示';
$string['back'] = '戻る';
-$string['cantinsertcat'] = 'カテゴリを追加出来ません';
-$string['cantinsertrec'] = 'レコードを追加出来ません';
+$string['cantinsertcat'] = 'カテゴリを追加できません';
+$string['cantinsertrec'] = 'レコードを追加できません';
$string['cantinsertrel'] = '関連カテゴリエントリを追加できません。';
$string['casesensitive'] = '大文字小文字の区別を行う';
$string['categories'] = 'カテゴリ';
@@ -91,7 +91,7 @@
$string['explainaddentry'] = '用語集に新しいエントリを追加します。<br />用語と定義は必須入力項目です。';
$string['explainall'] = '全てのエントリを1ページに表示';
$string['explainalphabet'] = 'インデックスを利用して用語集を表示';
-$string['explainexport'] = 'ファイルが生成されました。<br />ファイルをダウンロードして安全に保管してください。いつでも必要な時に、このコースまたは他のコースにインポートすることが出来ます';
+$string['explainexport'] = 'ファイルが生成されました。<br />ファイルをダウンロードして安全に保管してください。いつでも必要な時に、このコースまたは他のコースにインポートすることができます';
$string['explainimport'] = 'インポートするファイル及び処理方法を指定してください。<p>実行後、結果を検証してください。';
$string['explainspecial'] = '1文字で始まらないエントリを表示します。';
$string['exportedentry'] = 'エクスポートされたエントリ';
@@ -133,9 +133,9 @@
$string['question'] = '質問';
$string['rate'] = '評価';
$string['rating'] = '評価';
-$string['ratingeveryone'] = '誰でもエントリを評価出来る';
+$string['ratingeveryone'] = '誰でもエントリを評価できる';
$string['ratingno'] = '評価無し';
-$string['ratingonlyteachers'] = '$a のみがエントリを評価出来る';
+$string['ratingonlyteachers'] = '$a のみがエントリを評価できる';
$string['ratings'] = '評価';
$string['ratingssaved'] = '評価が保存されました';
$string['ratingsuse'] = '評価を使用する';
@@ -166,6 +166,6 @@
$string['withauthor'] = '用語(著者有り)';
$string['withoutauthor'] = '用語(著者無し)';
$string['writtenby'] = '作成';
-$string['youarenottheauthor'] = 'あなたはこのコメントの作者ではありません。編集は出来ません';
+$string['youarenottheauthor'] = 'あなたはこのコメントの作者ではありません。編集はできません';
?>
View
4 lang/ja/help/assignment/assignmenttype.html
@@ -2,7 +2,7 @@
<P>課題には異なるタイプがあります。</P>
-<P><B>オフライン課題</B> - Moodleを使用せずに課題を行う場合に便利です。学生は課題に関する説明を読むことは出来ますが、ファイルのアップロード等は出来ません。しかし教師はMoodleを利用して成績をつけることが出来ますし、学生は自分の成績が出されたか否か確認することが出来ます
+<P><B>オフライン課題</B> - Moodleを使用せずに課題を行う場合に便利です。学生は課題に関する説明を読むことはできますが、ファイルのアップロード等はできません。しかし教師はMoodleを利用して成績をつけることができますし、学生は自分の成績が出されたか否か確認することができます
-<P><B>ファイルのアップロード</B> - 学生が様々な種類のファイルをアップロードすることが出来ます。ワープロ文書、イメージ、Zip圧縮されたホームページ、又はあなたが学生に指示したタイプのファイルをアップロード出来ます。教師はオンライン上で学生が提出した課題の評価をすることが出来ます
+<P><B>ファイルのアップロード</B> - 学生が様々な種類のファイルをアップロードすることができます。ワープロ文書、イメージ、Zip圧縮されたホームページ、又はあなたが学生に指示したタイプのファイルをアップロードできます。教師はオンライン上で学生が提出した課題の評価をすることができます
</P>
View
2 lang/ja/help/assignment/mods.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<P><IMG VALIGN=absmiddle SRC="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/assignment/icon.gif">&nbsp;<B>課題</B></P>
<UL>
<P>課題では、教師が学生にデジタルコンテンツ(あらゆる種類)の作成を課し、それらをサーバにアップロード
-することで提出させることが出来ます。典型的な課題には日誌、プロジェクト、レポート等があります。
+することで提出させることができます。典型的な課題には日誌、プロジェクト、レポート等があります。
このモジュールは評価機能を含んでいます。</P>
</UL>
View
4 lang/ja/help/assignment/resubmit.html
@@ -1,8 +1,8 @@
<P ALIGN=CENTER><B>課題の再提出</B></P>
-<P>教師が課題を評価した場合、学生が課題を再提出来ない状態が初期値として設定されています
+<P>教師が課題を評価した場合、学生が課題を再提できない状態が初期値として設定されています
-<P>このオプションを選んだ場合は、あなたの評価後に学生が課題の再提出を出来るようになります。(この場合、再評価する必要があります) これは教師が学生に対してオンライン学習を通して、より良い学習を行うよう勇気付ける意味で有用です。
+<P>このオプションを選んだ場合は、あなたの評価後に学生が課題の再提出をできるようになります。(この場合、再評価する必要があります) これは教師が学生に対してオンライン学習を通して、より良い学習を行うよう勇気付ける意味で有用です。
<P>このオプションはオフライン課題に適していません。
</P>
View
2 lang/ja/help/attendance/grade.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>出席を評価する</b></p>
-<p>ここでは均等目盛により出席を評価することが出来ます。合計時間数に対する学生の出席時間を元に評価簿に評価が追加されます。
+<p>ここでは均等目盛により出席を評価することができます。合計時間数に対する学生の出席時間を元に評価簿に評価が追加されます。
遅刻は評価対象とされ、"欠席あたりの遅刻数" 設定を元に評価されます。</p>
<p>自動的に出席を取る場合、コースに部分的に出席する方法が取れない為、この機能は正しく動作しません。自動的に出席を取る場合、学生は100%出席又は100%欠席になります。</p>
View
2 lang/ja/help/attendance/hours.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<p align="center"><b>授業時間数</b></p>
-<p>このクラスの授業時間数を設定します。出席はそれぞれのクラスの時間に独立して記録されます。時間の一部を指定することは出来ません。</p>
+<p>このクラスの授業時間数を設定します。出席はそれぞれのクラスの時間に独立して記録されます。時間の一部を指定することはできません。</p>
<p>このオプションは、自動出席には向いていません。</p>
View
4 lang/ja/help/attendance/mods.html
@@ -1,5 +1,5 @@
<P><IMG VALIGN=absmiddle SRC="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/attendance/icon.gif">&nbsp;<B>出席</B></P>
<UL>
-<P>このモジュールでは、特定イベントへの参加者の出席を記録することが出来ます
+<P>このモジュールでは、特定イベントへの参加者の出席を記録することができます
</P>
-</UL>
+</UL>
View
8 lang/ja/help/chat/chatting.html
@@ -4,17 +4,17 @@
<dl>
<dt><b>スマイリー</b></dt>
-<dd>Moodleのどこでも入力出来る笑顔 (感情アイコン) は、ここでも入力することが出来、正しく表示されます。例えば、 :-) = <img src="pix/s/smiley.gif"> のように表示されます。</dd>
+<dd>Moodleのどこでも入力できる笑顔 (感情アイコン) は、ここでも入力することができ、正しく表示されます。例えば、 :-) = <img src="pix/s/smiley.gif"> のように表示されます。</dd>
<dt><b>リンク</b></dt>
<dd>インターネットアドレスは自動的にリンクに変換されます。</dd>
<dt><b>感情</b></dt>
-<dd>行を"/me" または ":" で始めることで感情を表現出来ます。例えば、あなたの名前がKimの場合、":laughs!" または "/me laughs!"と入力することで、"Kimが笑っている!"状態を全員が見ることが出来ます。</dd>
+<dd>行を"/me" または ":" で始めることで感情を表現できます。例えば、あなたの名前がKimの場合、":laughs!" または "/me laughs!"と入力することで、"Kimが笑っている!"状態を全員が見ることができます。</dd>
<dt><b>ビープ</b></dt>
-<dd>名前の隣にある"ビープ"をクリックすることで他の人にサウンドを送ることが出来ます。"beep all"と入力することで、チャット中の全員に一斉にビープすることが出来る便利な機能もあります。</dd>
+<dd>名前の隣にある"ビープ"をクリックすることで他の人にサウンドを送ることができます。"beep all"と入力することで、チャット中の全員に一斉にビープすることができる便利な機能もあります。</dd>
<dt><b>HTML</b></dt>
-<dd>HTMLコードをご存知でしたら、イメージを挿入したり、音を鳴らしたり、色やサイズの異なるテキストを作成することが出来ます。</dd>
+<dd>HTMLコードをご存知でしたら、イメージを挿入したり、音を鳴らしたり、色やサイズの異なるテキストを作成することができます。</dd>
</dl>
View
2 lang/ja/help/chat/mods.html
@@ -1,4 +1,4 @@
<P><IMG VALIGN=absmiddle SRC="<?php echo $CFG->wwwroot?>/mod/chat/icon.gif">&nbsp;<B>チャット</B></P>
<UL>
-<P>チャットモジュールでは参加者がウェブを通してリアルタイムに同時的ディスカッションを行うことが出来ます。これはお互いの異なる理解を得ること及びトピックを議論することに有用です。チャットルームを使用する方法は非同期のフォーラムと全く異なります。チャットモジュールにはチャットの管理及びレビューの為の多くの機能があります。</P>
+<P>チャットモジュールでは参加者がウェブを通してリアルタイムに同時的ディスカッションを行うことができます。これはお互いの異なる理解を得ること及びトピックを議論することに有用です。チャットルームを使用する方法は非同期のフォーラムと全く異なります。チャットモジュールにはチャットの管理及びレビューの為の多くの機能があります。</P>
</UL>
View
2 lang/ja/help/choice/options.html
@@ -2,4 +2,4 @@
<P>ここでは、参加者が選択しなければならない項目を設定します。
-<P>どの項目にでも入力することが出来ます。6項目全部必要でない場合は、空白のままでも結構です。
+<P>どの項目にでも入力することができます。6項目全部必要でない場合は、空白のままでも結構です。
View
2 lang/ja/help/choice/timerestrict.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<p align="center"><b>回答期限</b></p>
-<P>時間枠を設定して、どの参加者がその時間帯に投票することが出来るか設定します。</p>
+<P>時間枠を設定して、どの参加者がその時間帯に投票することができるか設定します。</p>
<p>終了日時に制限を設けたくない場合は、終了日時を遠い未来に設定してください。</p>
View
4 lang/ja/help/courseavailability.html
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>コース利用</b></p>
-<P>このオプションではコースを完全に「隠す」ことが出来ます。</p>
+<P>このオプションではコースを完全に「隠す」ことができます。</p>
<p>コースを隠した場合、コースの教師や管理者を除いて、全てのコースリストに隠されたコースが表示されません。</p>
-<p>学生が直接URLを指定してコースにアクセスしても、中に入ることが出来ません。</p>
+<p>学生が直接URLを指定してコースにアクセスしても、中に入ることができません。</p>
View
2 lang/ja/help/courseformats.html
@@ -13,5 +13,5 @@
<P><B>ソーシャルフォーマット</B></P>
<UL>
-このフォーマットは、1つの一般フォーラムを中心としてメインページに表示されるフォーラムで構成されます。より自由な構成を望む場合に便利です。これらはコースでもありません。例えば、学科のお知らせボードのような使い方が出来ます
+このフォーマットは、1つの一般フォーラムを中心としてメインページに表示されるフォーラムで構成されます。より自由な構成を望む場合に便利です。これらはコースでもありません。例えば、学科のお知らせボードのような使い方ができます
</UL>
View
4 lang/ja/help/coursegrades.html
@@ -1,8 +1,8 @@
<p align="center"><b>評価</b></p>
-<P>多くの活動で評価を行うことが出来ます。</p>
+<P>多くの活動で評価を行うことができます。</p>
<p>デフォルトでは、メインコースページで利用できる全ての評価結果は、評価ページで閲覧可能に設定されます。</p>
-<p>教師がコースで評価を行いたくない場合や学生より評価を隠したい時は、コースセッティングで非表示にすることが出来ます
+<p>教師がコースで評価を行いたくない場合や学生より評価を隠したい時は、コースセッティングで非表示にすることができます
学生に評価結果を表示しなくするのみで、評価の使用又は設定を不可にすることはありません。</p>
View
2 lang/ja/help/courserecent.html
@@ -1,6 +1,6 @@
<P ALIGN=CENTER><B>最新の活動</B></P>
-<P>Moodleは「最新の活動」をコースホームページに表示することが出来ます
+<P>Moodleは「最新の活動」をコースホームページに表示することができます
<P>ここでは利用者が最後にログインしてから行われた新規投稿、新規ユーザ登録、
日誌の作成等の活動が表示されます。
View
4 lang/ja/help/coursereports.html