Permalink
Browse files

translated new strings related to lost-password.

  • Loading branch information...
1 parent 7ac15a9 commit b7d8b126aa0da9a508499465da6e73407ea323af mits committed Sep 22, 2005
Showing with 29 additions and 5 deletions.
  1. +1 −1 lang/ja/README
  2. +6 −2 lang/ja/auth.php
  3. +8 −0 lang/ja/moodle.php
  4. +6 −2 lang/ja_utf8/auth.php
  5. +8 −0 lang/ja_utf8/moodle.php
View
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : September 21, 2005
+LAST MODIFIED : September 23, 2005
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ ) - Moodle Partner
View
@@ -17,6 +17,10 @@
$string['auth_cas_version'] = 'CASのバージョン';
$string['auth_casdescription'] = 'この方法は、単一ログイン環境 (Single Sign On environment: SSO) にて、CASサーバ (Central Authentication Service) をユーザ認証に使用します。シンプルLDAP認証を使用することもできます。ユーザ名とパスワードがCASで認証された場合、Moodleは新しいユーザエントリをデータベースに作成します。また、必要であれば、LDAPよりユーザ属性を取得します。次回からはユーザ名とパスワードのみが確認されます。';
$string['auth_castitle'] = 'CASサーバ ( SSO ) を使用';
+$string['auth_changepasswordhelp'] = 'パスワードヘルプの変更';
+$string['auth_changepasswordhelp_expl'] = 'ユーザが $a パスワードを忘れた場合、パスワード喪失ヘルプを表示します。これは、<strong>パスワード変更URL</strong>またはMoodle内部のパスワード変更画面と同時に、または代わりに表示されます。';
+$string['auth_changepasswordurl'] = 'パスワードURLの変更';
+$string['auth_changepasswordurl_expl'] = '$a パスワードを忘れたユーザが使用するURLを指定してください。<strong>通常のパスワード変更ページを使用する場合</strong>は、<strong>No</strong>を設定してください。';
$string['auth_common_settings'] = '一般設定';
$string['auth_data_mapping'] = 'データマッピング';
$string['auth_dbdescription'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するために外部のデータベースを使用します。新しいアカウントを作成する場合、他のフィールドの情報がMoodleへ複製されます。';
@@ -106,7 +110,7 @@
$string['auth_shib_username_description'] = 'Moodleユーザ名として使用されるShibbolethウェブサーバ環境のユーザ名';
$string['auth_shibboleth_login'] = 'Shibbolethログイン';
$string['auth_shibboleth_manual_login'] = '手動ログイン';
-$string['auth_shibbolethdescription'] = 'この方法を使用すると、<a href=\"http://shibboleth.internet2.edu/\" target=\"_blank\">Shibboleth</a>を使用してユーザは作成および認証されます。<br>あなたが使用しているMoodleにShibbolethを設定するには、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
+$string['auth_shibbolethdescription'] = 'この方法を使用すると、ユーザは<a href=\"http://shibboleth.internet2.edu/\" target=\"_blank\">Shibboleth</a>を使用して作成および認証されます。<br>あなたが使用しているMoodleにShibbolethを設定するには、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
$string['auth_shibbolethtitle'] = 'Shibboleth';
$string['auth_updatelocal'] = 'ローカルデータの更新';
$string['auth_updatelocal_expl'] = '<p><b>ローカルデータの更新:</b> この設定を「Yes」にした場合、このフィールドは(外部認証を通して)ログイン毎またはユーザの同期毎に更新されます。更新されるローカルフィールドはロックする必要があります。</p>';
@@ -118,7 +122,7 @@
$string['auth_usernameexists'] = 'このユーザ名は既に存在します。新しいものを選んでください。';
$string['authenticationoptions'] = '認証オプション';
$string['authinstructions'] = 'どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。';
-$string['changepassword'] = 'パスワードのURLを変更する';
+$string['changepassword'] = 'パスワードURLの変更';
$string['changepasswordhelp'] = 'ユーザがユーザ名/パスワードを忘れたときに回復または変更するためのボタンをログインページに表示します。この設定により、ログインページおよびユーザページにボタンが表示されます。空白の場合、ボタンは表示されません。';
$string['chooseauthmethod'] = '認証方法の選択:';
$string['createchangepassword'] = '無い場合は作成 - 強制変更';
View
@@ -392,6 +392,7 @@
$string['emailformat'] = 'メールフォーマット';
$string['emailmustbereal'] = '注意:メールアドレスは実際に使えるアドレスを入力してください。';
$string['emailnotallowed'] = 'これらのドメインのメールアドレスは許可されていません ( $a )';
+$string['emailnotfound'] = 'データベース内にメールアドレスが見つかりませんでした。';
$string['emailonlyallowed'] = 'このメールアドレスは許可されているメールアドレスに入っていません ( $a )';
$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->firstname さん
@@ -623,6 +624,7 @@
$string['loggedinnot'] = 'ログインしていません。';
$string['login'] = 'ログイン';
$string['login_failure_logs'] = 'ログイン失敗ログ';
+$string['loginalready'] = '既にログインしています。';
$string['loginas'] = 'ログイン';
$string['loginguest'] = 'ゲストとしてログインする';
$string['loginsite'] = 'ログイン画面';
@@ -856,6 +858,10 @@
$string['password'] = 'パスワード';
$string['passwordchanged'] = 'パスワードが変更されました。';
$string['passwordconfirmchange'] = 'パスワード変更の確認';
+$string['passwordextlink'] = '次のリンクは、あなたのパスワードを回復するために提供されています。クリックすることで、Moodleの外部に移動します。';
+$string['passwordforgotten'] = 'パスワード喪失';
+$string['passwordforgotteninstructions'] = '最初に、あなたの詳細情報がデータベースに登録されている必要があります。あなたのMoodleユーザ名<strong>または</strong>登録したメールアドレスを適切なテキストボックスに入力してください。両方を入力する必要はありません。';
+$string['passwordnohelp'] = 'あなたのパスワードを探すためのヘルプは利用できません。Moodle管理者にご連絡ください。';
$string['passwordrecovery'] = 'はい、ログイン情報を教えてください。';
$string['passwordsdiffer'] = 'パスワードが間違っています。';
$string['passwordsent'] = 'パスワードが送信されました。';
@@ -1168,7 +1174,9 @@
$string['userfiles'] = 'ユーザファイル';
$string['userlist'] = 'ユーザ一覧';
$string['username'] = 'ユーザ名';
+$string['usernameemailmatch'] = 'ユーザ名とメールアドレスが同じユーザに関連していません。';
$string['usernameexists'] = 'このユーザ名は既に使用されています 他のユーザ名を入力してください';
+$string['usernamenotfound'] = 'ユーザ名がデータベース内に見つかりませんでした。';
$string['usernotconfirmed'] = '$a を確認できませんでした。';
$string['userprofilefor'] = '$a のプロフィール';
$string['users'] = 'ユーザ';
View
@@ -17,6 +17,10 @@
$string['auth_cas_version'] = 'CASのバージョン';
$string['auth_casdescription'] = 'この方法は、単一ログイン環境 (Single Sign On environment: SSO) にて、CASサーバ (Central Authentication Service) をユーザ認証に使用します。シンプルLDAP認証を使用することもできます。ユーザ名とパスワードがCASで認証された場合、Moodleは新しいユーザエントリをデータベースに作成します。また、必要であれば、LDAPよりユーザ属性を取得します。次回からはユーザ名とパスワードのみが確認されます。';
$string['auth_castitle'] = 'CASサーバ ( SSO ) を使用';
+$string['auth_changepasswordhelp'] = 'パスワードヘルプの変更';
+$string['auth_changepasswordhelp_expl'] = 'ユーザが $a パスワードを忘れた場合、パスワード喪失ヘルプを表示します。これは、<strong>パスワード変更URL</strong>またはMoodle内部のパスワード変更画面と同時に、または代わりに表示されます。';
+$string['auth_changepasswordurl'] = 'パスワードURLの変更';
+$string['auth_changepasswordurl_expl'] = '$a パスワードを忘れたユーザが使用するURLを指定してください。<strong>通常のパスワード変更ページを使用する場合</strong>は、<strong>No</strong>を設定してください。';
$string['auth_common_settings'] = '一般設定';
$string['auth_data_mapping'] = 'データマッピング';
$string['auth_dbdescription'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するために外部のデータベースを使用します。新しいアカウントを作成する場合、他のフィールドの情報がMoodleへ複製されます。';
@@ -106,7 +110,7 @@
$string['auth_shib_username_description'] = 'Moodleユーザ名として使用されるShibbolethウェブサーバ環境のユーザ名';
$string['auth_shibboleth_login'] = 'Shibbolethログイン';
$string['auth_shibboleth_manual_login'] = '手動ログイン';
-$string['auth_shibbolethdescription'] = 'この方法を使用すると、<a href=\"http://shibboleth.internet2.edu/\" target=\"_blank\">Shibboleth</a>を使用してユーザは作成および認証されます。<br>あなたが使用しているMoodleにShibbolethを設定するには、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
+$string['auth_shibbolethdescription'] = 'この方法を使用すると、ユーザは<a href=\"http://shibboleth.internet2.edu/\" target=\"_blank\">Shibboleth</a>を使用して作成および認証されます。<br>あなたが使用しているMoodleにShibbolethを設定するには、<a href=\"../auth/shibboleth/README.txt\" target=\"_blank\">README</a> をご覧ください。';
$string['auth_shibbolethtitle'] = 'Shibboleth';
$string['auth_updatelocal'] = 'ローカルデータの更新';
$string['auth_updatelocal_expl'] = '<p><b>ローカルデータの更新:</b> この設定を「Yes」にした場合、このフィールドは(外部認証を通して)ログイン毎またはユーザの同期毎に更新されます。更新されるローカルフィールドはロックする必要があります。</p>';
@@ -118,7 +122,7 @@
$string['auth_usernameexists'] = 'このユーザ名は既に存在します。新しいものを選んでください。';
$string['authenticationoptions'] = '認証オプション';
$string['authinstructions'] = 'どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。';
-$string['changepassword'] = 'パスワードのURLを変更する';
+$string['changepassword'] = 'パスワードURLの変更';
$string['changepasswordhelp'] = 'ユーザがユーザ名/パスワードを忘れたときに回復または変更するためのボタンをログインページに表示します。この設定により、ログインページおよびユーザページにボタンが表示されます。空白の場合、ボタンは表示されません。';
$string['chooseauthmethod'] = '認証方法の選択:';
$string['createchangepassword'] = '無い場合は作成 - 強制変更';
View
@@ -392,6 +392,7 @@
$string['emailformat'] = 'メールフォーマット';
$string['emailmustbereal'] = '注意:メールアドレスは実際に使えるアドレスを入力してください。';
$string['emailnotallowed'] = 'これらのドメインのメールアドレスは許可されていません ( $a )';
+$string['emailnotfound'] = 'データベース内にメールアドレスが見つかりませんでした。';
$string['emailonlyallowed'] = 'このメールアドレスは許可されているメールアドレスに入っていません ( $a )';
$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->firstname さん
@@ -623,6 +624,7 @@
$string['loggedinnot'] = 'ログインしていません。';
$string['login'] = 'ログイン';
$string['login_failure_logs'] = 'ログイン失敗ログ';
+$string['loginalready'] = '既にログインしています。';
$string['loginas'] = 'ログイン';
$string['loginguest'] = 'ゲストとしてログインする';
$string['loginsite'] = 'ログイン画面';
@@ -856,6 +858,10 @@
$string['password'] = 'パスワード';
$string['passwordchanged'] = 'パスワードが変更されました。';
$string['passwordconfirmchange'] = 'パスワード変更の確認';
+$string['passwordextlink'] = '次のリンクは、あなたのパスワードを回復するために提供されています。クリックすることで、Moodleの外部に移動します。';
+$string['passwordforgotten'] = 'パスワード喪失';
+$string['passwordforgotteninstructions'] = '最初に、あなたの詳細情報がデータベースに登録されている必要があります。あなたのMoodleユーザ名<strong>または</strong>登録したメールアドレスを適切なテキストボックスに入力してください。両方を入力する必要はありません。';
+$string['passwordnohelp'] = 'あなたのパスワードを探すためのヘルプは利用できません。Moodle管理者にご連絡ください。';
$string['passwordrecovery'] = 'はい、ログイン情報を教えてください。';
$string['passwordsdiffer'] = 'パスワードが間違っています。';
$string['passwordsent'] = 'パスワードが送信されました。';
@@ -1168,7 +1174,9 @@
$string['userfiles'] = 'ユーザファイル';
$string['userlist'] = 'ユーザ一覧';
$string['username'] = 'ユーザ名';
+$string['usernameemailmatch'] = 'ユーザ名とメールアドレスが同じユーザに関連していません。';
$string['usernameexists'] = 'このユーザ名は既に使用されています 他のユーザ名を入力してください';
+$string['usernamenotfound'] = 'ユーザ名がデータベース内に見つかりませんでした。';
$string['usernotconfirmed'] = '$a を確認できませんでした。';
$string['userprofilefor'] = '$a のプロフィール';
$string['users'] = 'ユーザ';

0 comments on commit b7d8b12

Please sign in to comment.