Permalink
Browse files

polished and new translated file added.

  • Loading branch information...
1 parent 14f8056 commit b8c95952e03fde57001dedc2f628c9c8ec002da9 mits committed Oct 6, 2004
View
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
-------------------------------------------------------
Started : November 21, 2002
-Last modified: October 5, 2004
+Last modified: October 7, 2004
Thanks to everyone who have supported our translation project!
@@ -0,0 +1,10 @@
+<p align="center"><b>識別指数</b></p>
+
+<p>ここでは、各問題のパフォーマンスに関する大まかな指標を提供します。
+この指標は、得点上位3位の学生数を数えて、この値を得点下位3位の学生数で割ることにより計算します。 </p>
+
+<p>例えば、30名の学生が小テストを受けて、得点上位3位の学生が10名、得点下位3位の学生が10名いる場合を考えることができます。問題1で9名の学生が得点上位3位、3名の学生のみが得点下位3位にいる場合、識別指標は9/3 = 3.0となります。括弧内の数値は、(得点上位3位/得点下位3位)です。</p>
+
+<p>指標が1.0以下になった場合、強い学生よりも弱い学生の方が多いことを意味します。このような問題は、利用価値が無い問題として破棄すべきでしょう。実際、このような問題は、小テスト全体に関する記録の正確さを低減します。</p>
+
+<p>得点下位の学生がいない場合、分母がゼロになることにより、指標が無限大となります。このような場合、プログラムは分母を「10」に置き換えます。</p>
View
@@ -120,9 +120,9 @@
$string['imagedisplay'] = '表示イメージ';
$string['imagemissing'] = '$a 行のイメージが使用できません。ファイル名は無視されます。';
$string['importquestions'] = 'ファイルから小テストをインポートする';
-$string['indivresp'] = 'アイテムに対する各個人の解答';
+$string['indivresp'] = '各問題に対する各個人の解答';
$string['introduction'] = '説明';
-$string['itemanal'] = 'アイテム解答分析';
+$string['itemanal'] = '解答分析';
$string['itemdefinition'] = '定義';
$string['keptcategory1'] = '同一カテゴリの再利用可能な定数群を使用';
$string['keptcategory2'] = '同一カテゴリの再利用可能なファイル群を使用';
@@ -131,7 +131,7 @@
$string['keptlocal2'] = '同一質問のプライベートファイル群を使用';
$string['keptlocal3'] = '同一質問のプライベートリンク群を使用';
$string['link'] = 'リンク';
-$string['listitems'] = '小テストのアイテム一覧';
+$string['listitems'] = '問題一覧';
$string['literal'] = '定数';
$string['loguniform'] = '対数一様分布';
$string['marks'] = '得点';
@@ -212,7 +212,7 @@
$string['remove'] = '削除';
$string['rename'] = 'リネーム';
$string['report'] = 'レポート';
-$string['reportfullstat'] = '統計の詳細';
+$string['reportfullstat'] = '統計詳細';
$string['reportmulti_percent'] = 'マルチ - パーセンテージ';
$string['reportmulti_q_x_student'] = 'マルチ - 学生選択';
$string['reportmulti_resp'] = '個別の返答';
@@ -0,0 +1,10 @@
+<p align="center"><b>識別指数</b></p>
+
+<p>ここでは、各問題のパフォーマンスに関する大まかな指標を提供します。
+この指標は、得点上位3位の学生数を数えて、この値を得点下位3位の学生数で割ることにより計算します。 </p>
+
+<p>例えば、30名の学生が小テストを受けて、得点上位3位の学生が10名、得点下位3位の学生が10名いる場合を考えることができます。問題1で9名の学生が得点上位3位、3名の学生のみが得点下位3位にいる場合、識別指標は9/3 = 3.0となります。括弧内の数値は、(得点上位3位/得点下位3位)です。</p>
+
+<p>指標が1.0以下になった場合、強い学生よりも弱い学生の方が多いことを意味します。このような問題は、利用価値が無い問題として破棄すべきでしょう。実際、このような問題は、小テスト全体に関する記録の正確さを低減します。</p>
+
+<p>得点下位の学生がいない場合、分母がゼロになることにより、指標が無限大となります。このような場合、プログラムは分母を「10」に置き換えます。</p>
@@ -120,9 +120,9 @@
$string['imagedisplay'] = '表示イメージ';
$string['imagemissing'] = '$a 行のイメージが使用できません。ファイル名は無視されます。';
$string['importquestions'] = 'ファイルから小テストをインポートする';
-$string['indivresp'] = 'アイテムに対する各個人の解答';
+$string['indivresp'] = '各問題に対する各個人の解答';
$string['introduction'] = '説明';
-$string['itemanal'] = 'アイテム解答分析';
+$string['itemanal'] = '解答分析';
$string['itemdefinition'] = '定義';
$string['keptcategory1'] = '同一カテゴリの再利用可能な定数群を使用';
$string['keptcategory2'] = '同一カテゴリの再利用可能なファイル群を使用';
@@ -131,7 +131,7 @@
$string['keptlocal2'] = '同一質問のプライベートファイル群を使用';
$string['keptlocal3'] = '同一質問のプライベートリンク群を使用';
$string['link'] = 'リンク';
-$string['listitems'] = '小テストのアイテム一覧';
+$string['listitems'] = '問題一覧';
$string['literal'] = '定数';
$string['loguniform'] = '対数一様分布';
$string['marks'] = '得点';
@@ -212,7 +212,7 @@
$string['remove'] = '削除';
$string['rename'] = 'リネーム';
$string['report'] = 'レポート';
-$string['reportfullstat'] = '統計の詳細';
+$string['reportfullstat'] = '統計詳細';
$string['reportmulti_percent'] = 'マルチ - パーセンテージ';
$string['reportmulti_q_x_student'] = 'マルチ - 学生選択';
$string['reportmulti_resp'] = '個別の返答';

0 comments on commit b8c9595

Please sign in to comment.