Permalink
Browse files

polished.

  • Loading branch information...
1 parent d359b5a commit c551c0604ac35e8916923dac8b5e92d52f02a21f mits committed Jan 30, 2006
View
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 30, 2006
+LAST MODIFIED : January 31, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
@@ -25,7 +25,7 @@
$string['configallowuserthemes'] = 'この設定を「Yes」にした場合、ユーザは自分のテーマを設定することができます。サイトテーマはユーザテーマに上書きされます ( コーステーマは上書きされません ) 。';
$string['configallusersaresitestudents'] = 'サイトの表紙にある活動で、すべてのユーザを学生と考えてもよろしいですか? 答えが「Yes」の場合、承認されたユーザは学生として、これらの活動に参加することができます。答えが「No」の場合、少なくとも1つのコースに登録しているユーザのみが表紙の活動に参加することができます。';
$string['configautologinguests'] = '利用者がコースにゲストアクセスした場合、自動的にゲストとしてログインさせますか?';
-$string['configcachetext'] = '規模の大きなサイト、またはテキストフィルタを使用しているサイトでは、この設定で処理速度を上げることができます。テキストのコピーが処理に適した形で一定時間保持されます。この数値を小さくしすぎると、処理速度を若干落とすことになります。大きすぎると、リフレッシュするまでのテキストの保持が長くなりすぎます ( 例 新しいリンク )';
+$string['configcachetext'] = '規模の大きなサイト、またはテキストフィルタを使用しているサイトでは、この設定で処理速度を上げることができます。テキストのコピーが、処理に適した形でここに指定した期間保持されます。この数値を小さくしすぎると、処理速度を若干落とすことになります。しかし、大きすぎると、( 例えば新しいリンクを ) リフレッシュするまでのテキストの保持期間が長くなりすぎます';
$string['configclamactlikevirus'] = 'ファイルをウイルスとして扱う';
$string['configclamdonothing'] = 'ファイルをウイルス感染無しとして扱う';
$string['configclamfailureonupload'] = 'アップロードファイルをclamがスキャンするように設定しても、設定が間違っている、または不明な理由で動作しない場合は、どのように処理しますか? 「ファイルをウイルスとして扱う」を選択した場合、感染ファイルは隔離用エリアに移動されるか、削除されます。「ファイルをウイルス感染無しとして扱う」を選択した場合、通常のファイルと同じように、指定したディレクトリに移動されます。どちらの場合でも、管理者にはclamに問題がある旨が通知されます。「ファイルをウイルスとして扱う」を選択して、clamが正常に動作しない場合 ( 一般的にclamに間違ったパスを指定 )、アップロードされたすべてのファイルは、指定された隔離用エリアに移動されるか、削除されます。この設定は注意して行ってください。';
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>クッキー</b></p>
-<p>このサイトでは2種類のクッキーが使用されます。</p>
+<p>このサイトでは、2種類のクッキーが使用されます。</p>
-<p>重要なクッキーはセッションクッキーで、通常<b>MoodleSession</b>と呼ばれます。継続的にログインして各ページに移動するために、ブラウザをクッキー利用可にしてください。 ログアウトまたはブラウザを閉じた時に、ブラウザとサーバのクッキーは破棄されます。</p>
+<p>重要なクッキーはセッションクッキーで、通常 <b>MoodleSession</b> と呼ばれます。継続的にログインして各ページに移動するために、ブラウザをクッキー利用可にしてください。 ログアウトまたはブラウザを閉じた場合、( ブラウザとサーバの ) クッキーは破棄されます。</p>
-<p>もう1つのクッキーは純粋に便宜的な理由で使用され、通常<b>MOODLEID</b>と呼ばれます。このクッキーはユーザ名をブラウザに憶えさせるために使用されます。これはサイトに戻って来たときにログインページにユーザ名が初めから入力されていることを意味します。このクッキーは拒否しても安全です - ログイン時にユーザ名を毎回再入力する必要があります。</p>
+<p>もう1つのクッキーは純粋に便宜的な理由で使用され、通常 <b>MOODLEID</b> と呼ばれます。このクッキーは、あなたのユーザ名をブラウザに憶えさせるために使用されます。これは、あなたがサイトへ戻ったときに、ログインページにユーザ名が初めから入力されていることを意味します。このクッキーを拒否することは安全です - あなたのユーザ名をログイン時に毎回再入力する必要があります。</p>
@@ -1,9 +1,9 @@
<p align="center"><b>カテゴリ</b></p>
-<p>カテゴリには評定項目を入れることができます。また、カーブ、自己申告の設定を行うことができます。新しいカテゴリを追加するのと同時に、カテゴリの削除もできます。</p>
+<p>カテゴリには評定済み項目を入れることができます。また、カーブ、自己申告の設定を行うことができます。新しいカテゴリを追加すると同時に、カテゴリの削除もできます。</p>
<ul>
-<li>カテゴリ: 評定項目がどのカテゴリに属するか設定してください。設定はドロップダウンメニューから選択するだけで行うことができます。カテゴリが設定されていない項目、またはカテゴリが削除された項目は「カテゴリ無し」に設定されます。</li>
+<li>カテゴリ: 評定項目がどのカテゴリに属するか設定してください。ドロップダウンメニューから選択するだけ設定することができます。カテゴリが設定されていない項目、またはカテゴリが削除された項目は「カテゴリ無し」に置かれます。</li>
-<li>カーブ: 評定をカーブさせることができます。ここに値を設定することで特定の評定を別枠で行うことができます。最大評点が30でカーブが28の場合、学生の評点およびパーセントは30ではなく、28を基に作成されます。</li>
+<li>カーブ: 評定をカーブさせることができます。ここに値を設定することで、特定の評定を別枠で行うことができます。最大評点が30でカーブが28の場合、学生の評点およびパーセントは30ではなく、28をもとに作成されます。</li>
<li>自己申告: このチェックボックスをチェックすることで、特定のカテゴリを自己申告として扱います。カテゴリのすべての項目を自己申告とすると、思いがけない結果が生じる場合があり、カテゴリまたは自己申告を全くカウントしない場合がありますので注意してください。</li>
</ul>
@@ -10,4 +10,4 @@
<p>学生を除外するには、中央の課題をクリックした後に、左カラムの学生名をクリックしてください ( CTRLキーを押したまま、またはAPPLEキーを押したまま選択すると複数項目を選択できます ) 。それから、下にある「評定から除外する」ボタンをクリックしてください。学生は左カラムから右カラムに移動され、その課題の評定計算から除外されます。</p>
-<p>除外された学生を評定対象とするには、適切な課題を選択して、右カラムの学生名をクリックしてください。そして最後に下にある「評定対象とする」ボタンをクリックしてください。学生は右カラムから左カラムに移動されます。</p>
+<p>除外された学生を評定対象とするには、適切な課題を選択して、右カラムの学生名をクリックしてください。最後に、下にある「評定対象とする」ボタンをクリックしてください。学生は右カラムから左カラムに移動されます。</p>
@@ -6,7 +6,7 @@
<li>比重評点を表示する: 比重評点を表示するかどうか設定します。学生に表示するかどうか設定することもできます。</li>
-<li>ポイントを表示する: ポイントを表示するかどうか設定します。教師の設定と別けて学生の設定を調整することができます。</li>
+<li>評点を表示する: 評点を表示するかどうか設定します。教師の設定と別けて学生の設定を調整することができます。</li>
<li>パーセントを表示する パーセントを表示するかどうか設定します。教師の設定と別けて学生の設定を調整することができます。</li>
@@ -5,7 +5,7 @@
<li>下位X件の除外: これは下位X件の評点を学生の評点計算から除外する場合に使用します。カテゴリの合計点数はすべて同じ値である必要があります。そうでない場合、結果は保証されません。</li>
-<li>ボーナスポイント: カテゴリの合計点数を変えずに追加点を与える場合に使用します。これは不公平な問題または同じような問題の点数を補正するために使うことができます。これらは学生全員に同様に適用されます。選択的に追加点を与えたい場合は、新しい評定項目を追加した後に、その評定項目を「カテゴリの設定」でボーナスポイントのあるカテゴリに設定してください。</li>
+<li>ボーナスポイント: カテゴリの合計点数を変えずに追加点を与える場合に使用します。これは不公平な問題または同じような問題の点数を補正するために使うことができます。これらは学生全員に同様に適用されます。選択的に追加点を与えたい場合は、新しい評定項目を追加した後、その評定項目を「カテゴリの設定」でボーナスポイントのあるカテゴリに設定してください。</li>
-<li>隠す: このチェックボックスをチェックした場合、カテゴリは非表示にされ、評定計算から除かれます。これは評定済み項目のみを評定表に追加する簡単な方法です。カテゴリに割り当てられていない評定項目は自動的に「カテゴリ無し」に割り当てられるため、「カテゴリ無し」を隠し、評定済み項目をいずれかのカテゴリに移動することで、学生が評点を見ることができるようになります。</li>
+<li>隠す: このチェックボックスをチェックした場合、カテゴリは非表示にされ、評定計算から除かれます。これは評定済み項目のみを評定表に追加する簡単な方法です。カテゴリに割り当てられていない評定項目は自動的に「カテゴリ無し」に割り当てられるため、「カテゴリ無し」を隠し、評定済み項目をいずれかのカテゴリに移動することで、学生が自分の評点を見ることができるようになります。</li>
</ul>
View
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : January 30, 2006
+LAST MODIFIED : January 31, 2006
----------------------------------------------------------------------
Mitsuhiro Yoshida ( http://mitstek.com/ )
View
@@ -25,7 +25,7 @@
$string['configallowuserthemes'] = 'この設定を「Yes」にした場合、ユーザは自分のテーマを設定することができます。サイトテーマはユーザテーマに上書きされます ( コーステーマは上書きされません ) 。';
$string['configallusersaresitestudents'] = 'サイトの表紙にある活動で、すべてのユーザを学生と考えてもよろしいですか? 答えが「Yes」の場合、承認されたユーザは学生として、これらの活動に参加することができます。答えが「No」の場合、少なくとも1つのコースに登録しているユーザのみが表紙の活動に参加することができます。';
$string['configautologinguests'] = '利用者がコースにゲストアクセスした場合、自動的にゲストとしてログインさせますか?';
-$string['configcachetext'] = '規模の大きなサイト、またはテキストフィルタを使用しているサイトでは、この設定で処理速度を上げることができます。テキストのコピーが処理に適した形で一定時間保持されます。この数値を小さくしすぎると、処理速度を若干落とすことになります。大きすぎると、リフレッシュするまでのテキストの保持が長くなりすぎます ( 例 新しいリンク )';
+$string['configcachetext'] = '規模の大きなサイト、またはテキストフィルタを使用しているサイトでは、この設定で処理速度を上げることができます。テキストのコピーが、処理に適した形でここに指定した期間保持されます。この数値を小さくしすぎると、処理速度を若干落とすことになります。しかし、大きすぎると、( 例えば新しいリンクを ) リフレッシュするまでのテキストの保持期間が長くなりすぎます';
$string['configclamactlikevirus'] = 'ファイルをウイルスとして扱う';
$string['configclamdonothing'] = 'ファイルをウイルス感染無しとして扱う';
$string['configclamfailureonupload'] = 'アップロードファイルをclamがスキャンするように設定しても、設定が間違っている、または不明な理由で動作しない場合は、どのように処理しますか? 「ファイルをウイルスとして扱う」を選択した場合、感染ファイルは隔離用エリアに移動されるか、削除されます。「ファイルをウイルス感染無しとして扱う」を選択した場合、通常のファイルと同じように、指定したディレクトリに移動されます。どちらの場合でも、管理者にはclamに問題がある旨が通知されます。「ファイルをウイルスとして扱う」を選択して、clamが正常に動作しない場合 ( 一般的にclamに間違ったパスを指定 )、アップロードされたすべてのファイルは、指定された隔離用エリアに移動されるか、削除されます。この設定は注意して行ってください。';
@@ -1,7 +1,7 @@
<p align="center"><b>クッキー</b></p>
-<p>このサイトでは2種類のクッキーが使用されます。</p>
+<p>このサイトでは、2種類のクッキーが使用されます。</p>
-<p>重要なクッキーはセッションクッキーで、通常<b>MoodleSession</b>と呼ばれます。継続的にログインして各ページに移動するために、ブラウザをクッキー利用可にしてください。 ログアウトまたはブラウザを閉じた時に、ブラウザとサーバのクッキーは破棄されます。</p>
+<p>重要なクッキーはセッションクッキーで、通常 <b>MoodleSession</b> と呼ばれます。継続的にログインして各ページに移動するために、ブラウザをクッキー利用可にしてください。 ログアウトまたはブラウザを閉じた場合、( ブラウザとサーバの ) クッキーは破棄されます。</p>
-<p>もう1つのクッキーは純粋に便宜的な理由で使用され、通常<b>MOODLEID</b>と呼ばれます。このクッキーはユーザ名をブラウザに憶えさせるために使用されます。これはサイトに戻って来たときにログインページにユーザ名が初めから入力されていることを意味します。このクッキーは拒否しても安全です - ログイン時にユーザ名を毎回再入力する必要があります。</p>
+<p>もう1つのクッキーは純粋に便宜的な理由で使用され、通常 <b>MOODLEID</b> と呼ばれます。このクッキーは、あなたのユーザ名をブラウザに憶えさせるために使用されます。これは、あなたがサイトへ戻ったときに、ログインページにユーザ名が初めから入力されていることを意味します。このクッキーを拒否することは安全です - あなたのユーザ名をログイン時に毎回再入力する必要があります。</p>
@@ -1,9 +1,9 @@
<p align="center"><b>カテゴリ</b></p>
-<p>カテゴリには評定項目を入れることができます。また、カーブ、自己申告の設定を行うことができます。新しいカテゴリを追加するのと同時に、カテゴリの削除もできます。</p>
+<p>カテゴリには評定済み項目を入れることができます。また、カーブ、自己申告の設定を行うことができます。新しいカテゴリを追加すると同時に、カテゴリの削除もできます。</p>
<ul>
-<li>カテゴリ: 評定項目がどのカテゴリに属するか設定してください。設定はドロップダウンメニューから選択するだけで行うことができます。カテゴリが設定されていない項目、またはカテゴリが削除された項目は「カテゴリ無し」に設定されます。</li>
+<li>カテゴリ: 評定項目がどのカテゴリに属するか設定してください。ドロップダウンメニューから選択するだけ設定することができます。カテゴリが設定されていない項目、またはカテゴリが削除された項目は「カテゴリ無し」に置かれます。</li>
-<li>カーブ: 評定をカーブさせることができます。ここに値を設定することで特定の評定を別枠で行うことができます。最大評点が30でカーブが28の場合、学生の評点およびパーセントは30ではなく、28を基に作成されます。</li>
+<li>カーブ: 評定をカーブさせることができます。ここに値を設定することで、特定の評定を別枠で行うことができます。最大評点が30でカーブが28の場合、学生の評点およびパーセントは30ではなく、28をもとに作成されます。</li>
<li>自己申告: このチェックボックスをチェックすることで、特定のカテゴリを自己申告として扱います。カテゴリのすべての項目を自己申告とすると、思いがけない結果が生じる場合があり、カテゴリまたは自己申告を全くカウントしない場合がありますので注意してください。</li>
</ul>
@@ -10,4 +10,4 @@
<p>学生を除外するには、中央の課題をクリックした後に、左カラムの学生名をクリックしてください ( CTRLキーを押したまま、またはAPPLEキーを押したまま選択すると複数項目を選択できます ) 。それから、下にある「評定から除外する」ボタンをクリックしてください。学生は左カラムから右カラムに移動され、その課題の評定計算から除外されます。</p>
-<p>除外された学生を評定対象とするには、適切な課題を選択して、右カラムの学生名をクリックしてください。そして最後に下にある「評定対象とする」ボタンをクリックしてください。学生は右カラムから左カラムに移動されます。</p>
+<p>除外された学生を評定対象とするには、適切な課題を選択して、右カラムの学生名をクリックしてください。最後に、下にある「評定対象とする」ボタンをクリックしてください。学生は右カラムから左カラムに移動されます。</p>
@@ -6,7 +6,7 @@
<li>比重評点を表示する: 比重評点を表示するかどうか設定します。学生に表示するかどうか設定することもできます。</li>
-<li>ポイントを表示する: ポイントを表示するかどうか設定します。教師の設定と別けて学生の設定を調整することができます。</li>
+<li>評点を表示する: 評点を表示するかどうか設定します。教師の設定と別けて学生の設定を調整することができます。</li>
<li>パーセントを表示する パーセントを表示するかどうか設定します。教師の設定と別けて学生の設定を調整することができます。</li>
Oops, something went wrong.

0 comments on commit c551c06

Please sign in to comment.