Permalink
Browse files

Polished.

  • Loading branch information...
1 parent 0757687 commit d1dcf66920725d1423ab871d74152e957d999fb8 mits committed Sep 24, 2004
@@ -1,9 +1,9 @@
<p align="center"><b>多肢選択問題</b></p>
-<p>問題(イメージを掲載することもできます)に答える場合、解答者は複数の選択肢の中から解答を選びます。単一解答と複数解答の2つのタイプの複数解答方式があります。</p>
+<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者が複数の答えを選択します。2種類の多肢選択問題(単一解答、複数解答)があります。</p>
-<p>単一解答では1つのみの解答を選択できます。一般的にこのような問題に対する評価は明確であるべきです。</p>
+<p>単一解答では1つのみの解答を選択できます。一般的にこのような問題に対する評点はプラスであるべきです。</p>
-<p>複数解答方式の問題では1つまたは複数の解答を選ぶことができます。それぞれの解答にはプラスまたはマイナスの評価を加えることができます。高得点を記録するために全ての問題に答える必要はありません。もし合計がマイナスになった場合は、合計点は0点に変更されます。100%を超える問題を作成することができますので注意してください。</p>
+<p>複数解答方式の問題では1つまたは複数の解答を選ぶことができます。それぞれの解答にはプラスまたはマイナスの評点を付けることができます。高得点を記録するためには、全ての問題に答える必要はありません。もし合計がマイナスになった場合は、合計点は0点に変更されます。100%を超える問題を作成することができますので注意してください。</p>
-<p>最後に、それぞれの答え(正解または不正解)に対してフィードバックを作成します。このフィードバックはそれぞれの解答後に解答者に表示されます。(フィードバックを表示する設定にしている場合)</p>
+<p>最後に、それぞれの答え(正解または不正解)に対してフィードバックを作成します。このフィードバックは、それぞれの解答後に解答者に表示されます。(フィードバックを表示する設定にしている場合)</p>
@@ -1,7 +1,9 @@
-<p align="center"><b>数値問題</b></p>
-
-<p>この問題(イメージを含む時があります)に答える場合、解答者は数字を入力する必要があります。</p>
-
-<p>求められる解答ではエラーを受入れることもできます。これにより解答の幅を設定することができます。</p>
-
-<p>例えば、正解が30でエラーが5の場合、25から35までの間の答えが受入れられます。</p>
+<p align="center"><b>数値問題</b></p>
+
+<p>学生にとって、数値問題は記述問題のように見えます。</p>
+
+<p>記述問題と異なる点は、数値問題ではエラーを受け入れるようにできることです。このことにより連続した範囲の答えを設定することができます。</p>
+
+<p>例えば、正解が30で受け入れることのできるエラーが5の場合、25から35までの間の答えが正解として受入れられます。</p>
+
+<p>数値問題は、大文字小文字の区別をして尚且つ数値では無い正解を持つこともできます。これは、N/A、+inf、-inf、NaNのような数値問題の正解として有用です。</p>
@@ -1,63 +1,63 @@
-<p align="center"><b>新しい問題を作成する</b></p>
-
-<p>様々なタイプの問題をカテゴリに追加することができます。</p>
-
-<p><b>多肢選択問題</b></p>
-<ul>
-<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者が複数の答えを選択します。2種類の多肢選択問題(単一解答、複数解答)があります。
-<p align="right"><a href="help.php?file=multichoice.html&module=quiz">多肢選択問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>記述問題</b></p>
-<ul>
-<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者が言葉またはフレーズを入力します。多くの正しい答えが、異なる評点において存在し得ます。答えの入力に関して、大文字小文字の区別をつけることができます。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=shortanswer.html&module=quiz">記述問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>数値問題</b></p>
-<ul>
-<p>学生にとって、数値問題は記述問題のように見えます。記述問題と異なる点は、数値問題ではエラーを受け入れるようにできることです。このことにより連続した範囲の答えを設定することができます。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=numerical.html&module=quiz">数値問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>○/×問題</b></p>
-<ul>
-<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者は2つの選択肢(○または×)から答えを選択します。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=truefalse.html&module=quiz">○/×問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>組み合わせ問題</b></p>
-<ul>
-<p>答えのリストと共に、小問題のリストが表示されます。解答者は、それぞれの問題に対して正しい答えを「一致させる」必要があります。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=match.html&module=quiz">組み合わせ問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>穴埋め問題(Cloze)</b></p>
-<ul>
-<p>穴埋め問題は、テキスト内(Moodleフォーマット)に多肢選択問題、記述問題、数値問題を挿入することができる非常に柔軟な問題です。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=multianswer.html&module=quiz">穴埋め問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>ランダム記述組み合わせ問題</b></p>
-<ul>
-<p>学生にとって、ランダム記述組み合わせ問題は組み合わせ問題のように見えます。組み合わせ問題と異なる点は、現在のカテゴリ内にある記述問題を使って、ランダムに小問題が出題されることです。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=randomsamatch.html&module=quiz">ランダム記述組み合わせ問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>ランダム問題</b></p>
-<ul>
-<p>ランダム問題は、カテゴリ内の問題からランダムに選ばれて出題される問題です。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=random.html&module=quiz">ランダム問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>説明</b></p>
-<ul>
-<p>これは実際の問題ではありません。答えるを要求されずに、単にテキスト(グラフィックもあり得ます)が表示されます。例えば、これに続く問題に情報を付加するために使用することができます。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=description.html&module=quiz">説明の詳細情報</a></p>
-</ul>
-
-<p><b>計算問題</b></p>
-<ul>
-<p>計算問題では、小テスト実施時に値と置き換えられるワイルドカードを使用した数値問題を作成できます。</p>
-<p align="right"><a href="help.php?file=calculated.html&module=quiz">計算問題の詳細情報</a></p>
-</ul>
+<p align="center"><b>新しい問題を作成する</b></p>
+
+<p>様々なタイプの問題をカテゴリに追加することができます。</p>
+
+<p><b>多肢選択問題</b></p>
+<ul>
+<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者が複数の答えを選択します。2種類の多肢選択問題(単一解答、複数解答)があります。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=multichoice.html&module=quiz">多肢選択問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>記述問題</b></p>
+<ul>
+<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者が言葉またはフレーズを入力します。異なる評点において、多くの正しい答えが存在し得ます。答えの入力に関して、大文字小文字の区別をつけることができます。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=shortanswer.html&module=quiz">記述問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>数値問題</b></p>
+<ul>
+<p>学生にとって、数値問題は記述問題のように見えます。記述問題と異なる点は、数値問題ではエラーを受け入れるようにできることです。このことにより連続した範囲の答えを設定することができます。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=numerical.html&module=quiz">数値問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>○/×問題</b></p>
+<ul>
+<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者は2つの選択肢(○または×)から答えを選択します。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=truefalse.html&module=quiz">○/×問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>組み合わせ問題</b></p>
+<ul>
+<p>答えのリストと共に、小問題のリストが表示されます。解答者は、それぞれの問題に対して正しい答えを「一致させる」必要があります。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=match.html&module=quiz">組み合わせ問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>穴埋め問題(Cloze)</b></p>
+<ul>
+<p>穴埋め問題は、テキスト内(Moodleフォーマット)に多肢選択問題、記述問題、数値問題を挿入することができる非常に柔軟な問題です。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=multianswer.html&module=quiz">穴埋め問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>ランダム記述組み合わせ問題</b></p>
+<ul>
+<p>学生にとって、ランダム記述組み合わせ問題は組み合わせ問題のように見えます。組み合わせ問題と異なる点は、現在のカテゴリ内にある記述問題を使って、ランダムに小問題が出題されることです。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=randomsamatch.html&module=quiz">ランダム記述組み合わせ問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>ランダム問題</b></p>
+<ul>
+<p>ランダム問題は、カテゴリ内の問題からランダムに選ばれて出題される問題です。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=random.html&module=quiz">ランダム問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>説明</b></p>
+<ul>
+<p>これは実際の問題ではありません。答えるを要求されずに、単にテキスト(グラフィックもあり得ます)が表示されます。例えば、これに続く問題に情報を付加するために使用することができます。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=description.html&module=quiz">説明の詳細情報</a></p>
+</ul>
+
+<p><b>計算問題</b></p>
+<ul>
+<p>計算問題では、小テスト実施時に値と置き換えられるワイルドカードを使用した数値問題を作成できます。</p>
+<p align="right"><a href="help.php?file=calculated.html&module=quiz">計算問題の詳細情報</a></p>
+</ul>
@@ -1,4 +1,4 @@
-<p align="center"><b>パスワードを要求</b></p>
+<p align="center"><b>パスワード</b></p>
<p>このフィールドは任意フィールドです。</p>
@@ -1,4 +1,4 @@
-<p align="center"><b>ネットワークアドレスを要求する</b></p>
+<p align="center"><b>ネットワークアドレス</b></p>
<p>このフィールドは任意フィールドです。</p>
@@ -1,7 +1,9 @@
-<p align="center"><b>記述問題</b></p>
-
-<p>問題(イメージを掲載することもできます)に答える場合、解答者は単語や短い文章を入力します。</p>
-
-<p>それぞれに評価の異なった解答可能な正解を設定できます。「解答の精度」オプションが選択された場合、「言葉」または「ことば」に異なる評価を加えることができます。</p>
-
-<p>解答は正確に比較されますので、変換ミスに気をつけてください!</p>
+<p align="center"><b>記述問題</b></p>
+
+<p>問題(イメージを含む場合もあります)に対して、解答者が言葉またはフレーズを入力します。</p>
+
+<p>異なる評点において、多くの正しい答えが存在し得ます。「大文字小文字の区別」オプションを選択した場合、「Word」と「word」に異なる評点を付けることができます。</p>
+
+<p>あらゆる文字と一致させるために、アスタリスク (*) を<b>ワイルドカード</b>として使うことができます。例えば、ran*ing は「ran」で始まり「ing」で終わるあらゆる単語、フレーズと一致します。アスタリスクと一致させたい場合は、次のようにバックスラッシュを使用してください: /* </p>
+
+<p>ワイルドカードを使用する場合、答えは厳密に比較されますのでスペリングに注意してください!</p>
View
@@ -725,7 +725,7 @@
$string['noexistingteachers'] = '教師は登録されていません。';
$string['nofilesselected'] = 'レストアするファイルが選択されていません。';
$string['nofilesyet'] = 'コースにファイルがアップロードされていません。';
-$string['nograde'] = '評定無し';
+$string['nograde'] = '評点無し';
$string['noimagesyet'] = 'コースにイメージがアップロードされていません。';
$string['nomorecourses'] = '該当するコースが見つかりません。';
$string['none'] = '無し';
View
@@ -194,9 +194,9 @@
$string['reportoverview'] = '概観';
$string['reportregrade'] = '受験の最評定';
$string['reportsimplestat'] = '単純統計';
-$string['requirepassword'] = 'パスワードを要求';
+$string['requirepassword'] = 'パスワード';
$string['requirepasswordmessage'] = '小テストを行うためにパスワードを入力してください。';
-$string['requiresubnet'] = 'ネットワークアドレスを要求';
+$string['requiresubnet'] = 'ネットワークアドレス';
$string['reuseifpossible'] = '削除されたものを再利用する';
$string['review'] = 'レビュー';
$string['save'] = '保存';

0 comments on commit d1dcf66

Please sign in to comment.