Browse files

polished.

  • Loading branch information...
1 parent c3f923d commit d247179958166c57b340d2353320943d787b0f55 mits committed Aug 20, 2005
View
6 lang/ja/exercise.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // exercise.php - created with Moodle 1.6 development (2005081601)
+ // exercise.php - created with Moodle 1.6 development (2005081700)
$string['absent'] = '欠席';
@@ -26,7 +26,7 @@
$string['confirmdeletionofthisitem'] = '$a の削除確認';
$string['correct'] = '正解';
$string['count'] = 'カウント';
-$string['criterion'] = '到達評価';
+$string['criterion'] = 'クリテリオン';
$string['deadline'] = '提出期限';
$string['deadlineis'] = '提出期限は $a です';
$string['delete'] = '削除';
@@ -90,7 +90,7 @@
$string['noteonstudentassessments'] = '{ 学生による評定 / 評価のための評点 }';
$string['notgraded'] = '評価無し';
$string['notitlegiven'] = 'タイトル無し';
-$string['numberofassessmentelements'] = 'コメント数、評価要素数、評価の幅、規準数またはルーブリックのカテゴリ数';
+$string['numberofassessmentelements'] = 'コメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリオン・ステートメントまたはルーブリックのカテゴリ数';
$string['numberofcriterionelements'] = '規準数は1よりも大きく設定してください。';
$string['numberofentries'] = 'エントリ数';
$string['numberofentriesinleaguetable'] = '成績表のエントリ数';
View
4 lang/ja/help/exercise/gradingstrategy.html
@@ -20,7 +20,7 @@
<br />
<li><b>減点評価:</b> このタイプの課題では、提出物は一組のYes/No尺度によって評定されます。評点は「エラー」数と推奨評点との関係性を与える「評価テーブル」によって決定されます。例えば、課題に6つの重要なアイテムがある場合、評価テーブルは全て解答、解答無し1つ、解答無し2つ等の状況に対して推奨評価を提供します。いくつかのアイテムが他のアイテムよりも重要な場合、必要に応じて個々のアイテムに比重要素を与えることができます。「エラー」数は、存在していないアイテムの比重合計です。デフォルトでは、各アイテムに1つの比重が与えられます。評価テーブルは非線形のようなものです。例えば、10アイテムの課題の推奨評点は、 90%, 70%, 50%, 40%, 30%, 20%, 10%, 0%, 0%, 0% のようになります。評価者は提出物の最終評点を与えるために、いずれにしても推奨評点を最大20%まで調整することができます。</li>
-<li><b>到達評価:</b> これは一番シンプルなタイプの課題評価です ( 必ずではないのですが、最もセットアップが簡単です )。 提出物は、一組の評価基準に対して評定されます。評価者は、どの評価基準が課題に一番合うか選択します。評点は、それぞれの尺度に推奨評点を与える「評価テーブル」によって決定されます。例えば、課題に5つの評価基準が設定された場合、評価者はそれぞれの評価に対して、5つの評価基準の中から1つを選択する必要があります。減点評価と同じように、評価者は最終評点を与えるために、推奨評点を最大20%まで調整することができます。</li>
+<li><b>クリテリオン評価:</b> これは一番シンプルなタイプの課題評価です ( 必ずではないのですが、最もセットアップが簡単です )。 提出物は、一組のクリテリア・ステートメントに対して評定されます。評価者は、どのステートメントが課題に一番合うか選択します。評点は、それぞれのクリテリオンに推奨評点を与える「評価テーブル」によって決定されます。例えば、課題に5つのクリテリア・ステートメントが設定された場合、評価者はそれぞれの評価に対して、5つのステートメントの中から1つを選択する必要があります。減点評価と同じように、評価者は最終評点を与えるために、推奨評点を最大20%まで調整することができます。</li>
-<li><b>ルーブリック評価</b> 複数セットの評価基準がある以外は、到達評価に似ています。特定の「カテゴリ」をカバーする各セットは、最大5つの評価基準を持つことができます。セットには個々の比重が与えられ、評点は各セットの点数に比重を与えた組合せとなります。この評価タイプには、調整オプションは<b>ありません</b>。</li>
+<li><b>ルーブリック評価</b> 複数セットの評価基準がある以外は、到達評価に似ています。特定の「カテゴリ」をカバーする各セットは、最大5つのステートメントを持つことができます。セットには個々の比重が与えられ、評点は各セットの点数に比重を与えた組合せとなります。この評価タイプには、調整オプションは<b>ありません</b>。</li>
</ol>
View
4 lang/ja/help/exercise/nelements.html
@@ -1,6 +1,6 @@
-<p align="center"><b>コメント数、評価要素数、評価の幅、規準数またはルーブリック数</b></p>
+<p align="center"><b>コメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリアまたはルーブリック数</b></p>
-<p>ここで入力した値は、評価でいくつのアイテムを使用するか決定します。評定方法に応じて、この数はコメント数、評価要素数、評価の幅、基準数またはルーブリックのカテゴリ ( セット ) 数を与えます。一般的に、課題には5から15の評価アイテムがあります。実際の数は、課題の複雑さによります。</p>
+<p>ここで入力した値は、評価でいくつのアイテムを使用するか決定します。評定方法に応じて、この数はコメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリアまたはルーブリックのカテゴリ ( セット ) 数を与えます。一般的に、課題には5から15の評価アイテムがあります。実際の数は、課題の複雑さによります。</p>
<p>エクササイズのセットアップフェーズの間に、この数値は安全に調整されます。この数値を増やすことで、評価フォームに余分な空白要素を表示することになります。この数値を減らすことで、評価フォームの最後から評価要素を取り除きます。</p>
View
4 lang/ja/workshop.php
@@ -64,7 +64,7 @@
$string['confirmdeletionofthisitem'] = '$a の削除を確定する';
$string['correct'] = '正解';
$string['count'] = 'カウント';
-$string['criterion'] = '到達評価';
+$string['criterion'] = 'クリテリオン';
$string['currentphase'] = '現在のフェーズ';
$string['date'] = '日時';
$string['datestr'] = '%%Y/%%m/%%d<br />%%H:%%M';
@@ -179,7 +179,7 @@
$string['notitlegiven'] = '題名がありません。';
$string['notsubmittedyet'] = 'まだ提出物はありません。';
$string['nowork'] = '提出期限が終了しました。<br />あなたは課題を提出していません。';
-$string['numberofassessmentelements'] = '目標規準のコメント数、評価要素数、評価の幅、規準数<br />またはルーブリックのカテゴリ数';
+$string['numberofassessmentelements'] = '目標規準のコメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリオン・ステートメントまたはルーブリックのカテゴリ数';
$string['numberofassessments'] = '評価数';
$string['numberofassessmentschanged'] = '変更された評価数: $a';
$string['numberofassessmentsdropped'] = '下げられた評価数: $a';
View
6 lang/ja_utf8/exercise.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?PHP // $Id$
- // exercise.php - created with Moodle 1.6 development (2005081601)
+ // exercise.php - created with Moodle 1.6 development (2005081700)
$string['absent'] = '欠席';
@@ -26,7 +26,7 @@
$string['confirmdeletionofthisitem'] = '$a の削除確認';
$string['correct'] = '正解';
$string['count'] = 'カウント';
-$string['criterion'] = '到達評価';
+$string['criterion'] = 'クリテリオン';
$string['deadline'] = '提出期限';
$string['deadlineis'] = '提出期限は $a です';
$string['delete'] = '削除';
@@ -90,7 +90,7 @@
$string['noteonstudentassessments'] = '{ 学生による評定 / 評価のための評点 }';
$string['notgraded'] = '評価無し';
$string['notitlegiven'] = 'タイトル無し';
-$string['numberofassessmentelements'] = 'コメント数、評価要素数、評価の幅、規準数またはルーブリックのカテゴリ数';
+$string['numberofassessmentelements'] = 'コメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリオン・ステートメントまたはルーブリックのカテゴリ数';
$string['numberofcriterionelements'] = '規準数は1よりも大きく設定してください。';
$string['numberofentries'] = 'エントリ数';
$string['numberofentriesinleaguetable'] = '成績表のエントリ数';
View
4 lang/ja_utf8/help/exercise/gradingstrategy.html
@@ -20,7 +20,7 @@
<br />
<li><b>減点評価:</b> このタイプの課題では、提出物は一組のYes/No尺度によって評定されます。評点は「エラー」数と推奨評点との関係性を与える「評価テーブル」によって決定されます。例えば、課題に6つの重要なアイテムがある場合、評価テーブルは全て解答、解答無し1つ、解答無し2つ等の状況に対して推奨評価を提供します。いくつかのアイテムが他のアイテムよりも重要な場合、必要に応じて個々のアイテムに比重要素を与えることができます。「エラー」数は、存在していないアイテムの比重合計です。デフォルトでは、各アイテムに1つの比重が与えられます。評価テーブルは非線形のようなものです。例えば、10アイテムの課題の推奨評点は、 90%, 70%, 50%, 40%, 30%, 20%, 10%, 0%, 0%, 0% のようになります。評価者は提出物の最終評点を与えるために、いずれにしても推奨評点を最大20%まで調整することができます。</li>
-<li><b>到達評価:</b> これは一番シンプルなタイプの課題評価です ( 必ずではないのですが、最もセットアップが簡単です )。 提出物は、一組の評価基準に対して評定されます。評価者は、どの評価基準が課題に一番合うか選択します。評点は、それぞれの尺度に推奨評点を与える「評価テーブル」によって決定されます。例えば、課題に5つの評価基準が設定された場合、評価者はそれぞれの評価に対して、5つの評価基準の中から1つを選択する必要があります。減点評価と同じように、評価者は最終評点を与えるために、推奨評点を最大20%まで調整することができます。</li>
+<li><b>クリテリオン評価:</b> これは一番シンプルなタイプの課題評価です ( 必ずではないのですが、最もセットアップが簡単です )。 提出物は、一組のクリテリア・ステートメントに対して評定されます。評価者は、どのステートメントが課題に一番合うか選択します。評点は、それぞれのクリテリオンに推奨評点を与える「評価テーブル」によって決定されます。例えば、課題に5つのクリテリア・ステートメントが設定された場合、評価者はそれぞれの評価に対して、5つのステートメントの中から1つを選択する必要があります。減点評価と同じように、評価者は最終評点を与えるために、推奨評点を最大20%まで調整することができます。</li>
-<li><b>ルーブリック評価</b> 複数セットの評価基準がある以外は、到達評価に似ています。特定の「カテゴリ」をカバーする各セットは、最大5つの評価基準を持つことができます。セットには個々の比重が与えられ、評点は各セットの点数に比重を与えた組合せとなります。この評価タイプには、調整オプションは<b>ありません</b>。</li>
+<li><b>ルーブリック評価</b> 複数セットの評価基準がある以外は、到達評価に似ています。特定の「カテゴリ」をカバーする各セットは、最大5つのステートメントを持つことができます。セットには個々の比重が与えられ、評点は各セットの点数に比重を与えた組合せとなります。この評価タイプには、調整オプションは<b>ありません</b>。</li>
</ol>
View
4 lang/ja_utf8/help/exercise/nelements.html
@@ -1,6 +1,6 @@
-<p align="center"><b>コメント数、評価要素数、評価の幅、規準数またはルーブリック数</b></p>
+<p align="center"><b>コメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリアまたはルーブリック数</b></p>
-<p>ここで入力した値は、評価でいくつのアイテムを使用するか決定します。評定方法に応じて、この数はコメント数、評価要素数、評価の幅、基準数またはルーブリックのカテゴリ ( セット ) 数を与えます。一般的に、課題には5から15の評価アイテムがあります。実際の数は、課題の複雑さによります。</p>
+<p>ここで入力した値は、評価でいくつのアイテムを使用するか決定します。評定方法に応じて、この数はコメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリアまたはルーブリックのカテゴリ ( セット ) 数を与えます。一般的に、課題には5から15の評価アイテムがあります。実際の数は、課題の複雑さによります。</p>
<p>エクササイズのセットアップフェーズの間に、この数値は安全に調整されます。この数値を増やすことで、評価フォームに余分な空白要素を表示することになります。この数値を減らすことで、評価フォームの最後から評価要素を取り除きます。</p>
View
4 lang/ja_utf8/workshop.php
@@ -64,7 +64,7 @@
$string['confirmdeletionofthisitem'] = '$a の削除を確定する';
$string['correct'] = '正解';
$string['count'] = 'カウント';
-$string['criterion'] = '到達評価';
+$string['criterion'] = 'クリテリオン';
$string['currentphase'] = '現在のフェーズ';
$string['date'] = '日時';
$string['datestr'] = '%%Y/%%m/%%d<br />%%H:%%M';
@@ -179,7 +179,7 @@
$string['notitlegiven'] = '題名がありません。';
$string['notsubmittedyet'] = 'まだ提出物はありません。';
$string['nowork'] = '提出期限が終了しました。<br />あなたは課題を提出していません。';
-$string['numberofassessmentelements'] = '目標規準のコメント数、評価要素数、評価の幅、規準数<br />またはルーブリックのカテゴリ数';
+$string['numberofassessmentelements'] = '目標規準のコメント数、評価要素数、評価の幅、クリテリオン・ステートメントまたはルーブリックのカテゴリ数';
$string['numberofassessments'] = '評価数';
$string['numberofassessmentschanged'] = '変更された評価数: $a';
$string['numberofassessmentsdropped'] = '下げられた評価数: $a';

0 comments on commit d247179

Please sign in to comment.