Skip to content
Browse files

polished.

and put space into both sides of "(" and ")" to make Japanese visiblity much better
  • Loading branch information...
1 parent f6d932c commit dbf4282acc20e4ba64071329c00a0ad2547bde8a mits committed Dec 2, 2004
View
2 lang/ja/README
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
-------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED: December 1, 2004
+LAST MODIFIED: December 3, 2004
Thanks to everyone who have supported our translation project!
View
9 lang/ja/appointment.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // appointment.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // appointment.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['allowresubmit'] = '再提出を許可';
@@ -26,9 +26,6 @@
$string['submissions'] = '提出物';
$string['submitappointment'] = 'このフォームを利用して予約を登録してください。';
$string['submitted'] = '登録されました。';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['timeend'] = '予約終了';
$string['timestart'] = '予約開始';
$string['typeoffline'] = 'オフライン活動';
@@ -37,7 +34,7 @@
$string['uploadedfiles'] = 'アップロードされたファイル';
$string['uploaderror'] = 'ファイルをサーバに保存している最中にエラーが発生しました。';
$string['uploadfailnoupdate'] = 'ファイルは正常にアップロードされましたが、あなたの提出物は更新されませんでした!';
-$string['uploadfiletoobig'] = '申し訳ございません、ファイルサイズ(上限 $a バイト)が大き過ぎます。';
+$string['uploadfiletoobig'] = '申し訳ございません、ファイルサイズ ( 上限 $a バイト ) が大き過ぎます。';
$string['uploadnofilefound'] = 'ファイルが見つかりませんでした - 本当にアップロードするファイルを選択しましたか?';
$string['uploadnotregistered'] = '「 $a 」は正常にアップロードされましたが、提出物は登録されませんでした!';
$string['uploadsuccess'] = '「 $a 」が正常にアップロードされました。';
View
21 lang/ja/auth.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // auth.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004111000)
+<?PHP // $Id$
+ // auth.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['auth_common_settings'] = '一般設定';
@@ -14,15 +14,15 @@
$string['auth_dbpasstype'] = 'パスワードフィールドで使用するフォーマットを特定してください。MD5暗号化はPostNukeのような他の一般的なウェブアプリケーションへの接続に便利です。';
$string['auth_dbtable'] = 'データベースのテーブル名';
$string['auth_dbtitle'] = '外部データベースを使用';
-$string['auth_dbtype'] = 'データベースタイプ(詳細は<a href=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</a>をご覧ください';
+$string['auth_dbtype'] = 'データベースタイプ ( 詳細は<a href=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</a>をご覧ください )';
$string['auth_dbuser'] = 'データベースアクセス用のユーザ名';
$string['auth_editlock'] = 'ロック値';
$string['auth_editlock_expl'] = '<p><b>ロック値:</b> この設定を「Yes」にした場合、Moodleユーザ及び管理者がフィールドを直接編集できないようにします。外部認証システムにあるこの値をメンテナンスする時に使用してください。</p>';
$string['auth_emaildescription'] = 'メールによるアカウント確定は認証方法の初期値です。ユーザが新しいユーザ名とパスワードを選択してサインアップした場合、アカウント確定用メールがユーザのメールアドレスに送信されます。このメールにはユーザがアカウントを確定するためのリンクが記入されています。アカウント確定後のログインではMoodleデータベースに保存されているユーザ名とパスワードのみを確認します。';
$string['auth_emailtitle'] = 'Emailベースの認証';
$string['auth_fccreators'] = 'メンバーがコースの作成を許可されているグループの一覧です。複数のグループは「;」で分けてください。グループ名はFirstClassサーバと厳密に同じ名前にしてください。システムは、大文字と小文字を区別します。';
$string['auth_fcdescription'] = 'ここでは、ユーザ名とパスワードが正しいか否かをチェックするためにFisrtClassサーバを使用します。';
-$string['auth_fcfppport'] = 'サーバポート(3333が最も一般的)';
+$string['auth_fcfppport'] = 'サーバポート ( 3333が最も一般的 )';
$string['auth_fchost'] = 'FirstClassサーバアドレス。IPアドレスまたはDNS名を使用してください。';
$string['auth_fcpasswd'] = '上記アカウントのパスワード。';
$string['auth_fctitle'] = 'FirstClassサーバを使用';
@@ -53,7 +53,7 @@
$string['auth_ldap_passwdexpire_settings'] = 'LDAPパスワード有効期限設定';
$string['auth_ldap_search_sub'] = 'サブコンテキストからユーザを検索する場合は、 <> 0 のように入力してください。';
$string['auth_ldap_server_settings'] = 'LDAPサーバ設定';
-$string['auth_ldap_update_userinfo'] = 'LDAPよりMoodleの情報(名、姓、住所等)を更新します。マッピング情報に関しては /auth/ldap/attr_mappings をご覧ください。';
+$string['auth_ldap_update_userinfo'] = 'LDAPよりMoodleの情報 ( 名、姓、住所等 ) を更新します。マッピング情報に関しては /auth/ldap/attr_mappings をご覧ください。';
$string['auth_ldap_user_attribute'] = 'name/searchユーザに使われる属性です。通常は\'cn\'です。';
$string['auth_ldap_user_settings'] = 'ユーザlookup設定';
$string['auth_ldap_user_type'] = 'ユーザがどのようにLDAPに保存されるか選択してください。この設定では、有効期限、猶予ログイン、ユーザ作成がどのようになされるのかも指定します。';
@@ -63,21 +63,21 @@
$string['auth_ldaptitle'] = 'LDAPサーバを使用';
$string['auth_manualdescription'] = 'この方法ではユーザによるユーザアカウント作成機能を停止します。全てのアカウント作成は管理者により手動で行う必要があります。';
$string['auth_manualtitle'] = '手動アカウント作成のみ';
-$string['auth_multiplehosts'] = '複数のホストを設定できます(例 host1.com;host2.com;host3.com)';
+$string['auth_multiplehosts'] = '複数のホストを設定できます ( 例 host1.com;host2.com;host3.com ) ';
$string['auth_nntpdescription'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するためにNNTPサーバを使用します。';
$string['auth_nntphost'] = 'NNTPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
$string['auth_nntpport'] = 'サーバーポート(119が一般的です)';
$string['auth_nntptitle'] = 'NNTPサーバを使用';
$string['auth_nonedescription'] = 'ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください。';
$string['auth_nonetitle'] = '認証無し';
$string['auth_pamdescription'] = 'この方式では、サーバのネイティブユーザ名にアクセスする手段としてPAMを使用します。このモジュールを使用するためには、<a href=\"http://www.math.ohio-state.edu/~ccunning/pam_auth/\" target=\"_blank\">PHP4 PAM Authentication</a>がインストールされている必要があります。';
-$string['auth_pamtitle'] = 'PAM (Pluggable Authentication Modules)';
+$string['auth_pamtitle'] = 'PAM ( Pluggable Authentication Modules )';
$string['auth_passwordisexpired'] = 'あなたのパスワードの有効期限が切れました。パスワードを変更しますか?';
$string['auth_passwordwillexpire'] = 'あなたのパスワードの有効期限は、$a 日で切れます。パスワードを変更しますか?';
$string['auth_pop3description'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するためにPOP3サーバを使用します。';
$string['auth_pop3host'] = 'POP3サーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
$string['auth_pop3mailbox'] = '接続を試みるメールボックス名(通常は受信ボックス)';
-$string['auth_pop3port'] = 'サーバーポート (110が一般的です)';
+$string['auth_pop3port'] = 'サーバーポート ( 110が一般的です )';
$string['auth_pop3title'] = 'POP3サーバを使用';
$string['auth_pop3type'] = 'サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。';
$string['auth_updatelocal'] = 'ローカルデータの更新';
@@ -86,7 +86,7 @@
$string['auth_updateremote_expl'] = '<p><b>外部データの更新:</b> この設定を「Yes」にした場合、ユーザレコードが更新される時に外部認証が更新されます。編集できるようにフィールドをアンロックする必要があります。</p>';
$string['auth_updateremote_ldap'] = '<p><b>注意:</b> 外部LDAPデータを更新するためには、binddnとbindpwを書き込み権を持ったbindユーザに設定する必要があります。現在、マルチバリュー属性を保護しません。また、更新時にエクストラバリューは取り除かれます。</p>';
$string['auth_user_create'] = 'ユーザの作成を許可する';
-$string['auth_user_creation'] = '新しい(匿名の)ユーザは外部認証によりユーザアカウントを作成することができます。ユーザの確定はメールによって行われます。このオプションを有効にした場合、module-specificオプションも同時に有効にする必要があります。';
+$string['auth_user_creation'] = '新しい ( 匿名の ) ユーザは外部認証によりユーザアカウントを作成することができます。ユーザの確定はメールによって行われます。このオプションを有効にした場合、module-specificオプションも同時に有効にする必要があります。';
$string['auth_usernameexists'] = 'このユーザ名は既に存在します。新しいものを選んでください。';
$string['authenticationoptions'] = '認証オプション';
$string['authinstructions'] = 'どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。';
@@ -104,8 +104,5 @@
$string['stdchangepassword'] = '標準パスワード変更ページを使用';
$string['stdchangepassword_expl'] = '外部認証システムがMoodleにパスワードの変更を許可する場合、この設定を「Yes」にしてください。この設定は、「Change Password URL」を上書きします。';
$string['stdchangepassword_explldap'] = '注意: LDAPサーバをリモートで使用する場合は、SSL暗号化トンネルを使用することをお勧めします。';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
?>
View
9 lang/ja/block_online_users.php
@@ -1,12 +1,9 @@
-<?php // $Id$
- // block_online_users.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // block_online_users.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['blockname'] = 'オンラインユーザ';
-$string['configtimetosee'] = 'オンラインユーザとして検出する時間(分)';
+$string['configtimetosee'] = 'オンラインユーザとして検出する時間 ( 分 )';
$string['periodnminutes'] = '$a 分';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
?>
View
31 lang/ja/calendar.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // calendar.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // calendar.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['calendar'] = 'カレンダー';
@@ -13,13 +13,13 @@
$string['default'] = 'デフォルト';
$string['deleteevent'] = 'イベントの削除';
$string['detailedmonthview'] = '月毎表示詳細';
-$string['durationminutes'] = '期間(分)';
+$string['durationminutes'] = '期間 ( 分 )';
$string['durationnone'] = '期間無し';
$string['durationuntil'] = '終了日:';
$string['editevent'] = 'イベントの編集';
$string['errorbeforecoursestart'] = 'コースの開始日以前にはイベントを登録できません';
$string['errorinvaliddate'] = '日付に間違いがあります';
-$string['errorinvalidminutes'] = '期間(分)を1から999の間で指定してください。';
+$string['errorinvalidminutes'] = '期間 ( 分 ) を1から999の間で指定してください。';
$string['errorinvalidrepeats'] = 'イベントを1から999の間で指定してください。';
$string['errornodescription'] = '説明を入力してください';
$string['errornoeventname'] = '名称を入力してください';
@@ -36,7 +36,7 @@
$string['eventtime'] = '時間';
$string['eventview'] = 'イベント詳細';
$string['expired'] = '期間終了';
-$string['explain_lookahead'] = 'ここではイベントが直近のイベントとして表示されるための最大日数を設定します。この範囲より後に開催されるイベントは、直近イベントとして表示されません。全てのイベントがこのスケジュール通りに開始されることは<strong>保証されません</strong>; もし数多く(「直近イベントの最大表示数」以上)のイベントが登録されている場合は、時間が遅いイベントが表示されません。';
+$string['explain_lookahead'] = 'ここではイベントが直近のイベントとして表示されるための最大日数を設定します。この範囲より後に開催されるイベントは、直近イベントとして表示されません。全てのイベントがこのスケジュール通りに開始されることは<strong>保証されません</strong>; もし数多く ( 「直近イベントの最大表示数」以上 ) のイベントが登録されている場合は、時間が遅いイベントが表示されません。';
$string['explain_maxevents'] = 'ここでは直近イベントの最大表示数を設定します。ここで大きな数を設定した場合は、直近のイベントを大量に表示するための画面スペースが必要になります。';
$string['explain_startwday'] = 'ここでは全ての月間カレンダーの表示方法を設定します。あなたが慣れ親しんだ表示になるように設定してください。';
$string['explain_timeformat'] = '時間の表示は12時間表示または24時間表示を選択することができます。デフォルトを選択した場合は、使用言語に合わせてフォーマットが自動的に選択されます。';
@@ -68,25 +68,22 @@
$string['spanningevents'] = '進行中イベント';
$string['sun'] = '';
$string['sunday'] = '日曜日';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['thu'] = '';
$string['thursday'] = '木曜日';
-$string['timeformat_12'] = '12時間(午前/午後)';
+$string['timeformat_12'] = '12時間 ( 午前/午後 )';
$string['timeformat_24'] = '24時間';
$string['today'] = '今日';
$string['tomorrow'] = '明日';
$string['tt_deleteevent'] = 'イベントの削除';
$string['tt_editevent'] = 'イベントの編集';
-$string['tt_hidecourse'] = 'コースイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_hideglobal'] = '全体のイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_hidegroups'] = 'グループイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_hideuser'] = 'ユーザイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_showcourse'] = 'コースイベントは非表示中です(クリックで表示)';
-$string['tt_showglobal'] = '全体のイベントは非表示中です(クリックで表示)';
-$string['tt_showgroups'] = 'グループイベントは非表示中です(クリックで表示)';
-$string['tt_showuser'] = 'ユーザイベントは非表示中です(クリックで表示)';
+$string['tt_hidecourse'] = 'コースイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_hideglobal'] = '全体のイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_hidegroups'] = 'グループイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_hideuser'] = 'ユーザイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_showcourse'] = 'コースイベントは非表示中です( クリックで表示 )';
+$string['tt_showglobal'] = '全体のイベントは非表示中です ( クリックで表示 )';
+$string['tt_showgroups'] = 'グループイベントは非表示中です ( クリックで表示 )';
+$string['tt_showuser'] = 'ユーザイベントは非表示中です ( クリックで表示 )';
$string['tue'] = '';
$string['tuesday'] = '火曜日';
$string['typecourse'] = 'コースイベント';
View
11 lang/ja/chat.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // chat.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // chat.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['beep'] = 'ビープ';
@@ -9,8 +9,8 @@
$string['chattime'] = '次回のチャットタイム';
$string['configmethod'] = '通常のチャットメソッドでは、クライアントは定期的にサーバにアクセスして内容を更新します。このメソッドは設定を必要とせず、どこでも使うことができますが、チャット参加者が多くなればサーバに対する多大な負担が生じます。サーバデーモンを使用する場合は、Unixのシェルアクセスが必要ですが、軽快なチャット環境を提供することができます。';
$string['configoldping'] = 'ユーザからの応答が無くなってから、どれくらいの時間で退室したと見なしますか?';
-$string['configrefreshroom'] = 'どのくらいのタイミング(秒数)でチャットルームをリフレッシュしますか?この通知を小さくすればチャットルームはレスポンスが良いように見えますが、多くの人がチャットをする場合、サーバにかかる負担が大きくなります。';
-$string['configrefreshuserlist'] = 'どのくらいのタイミング(秒数)でユーザリストをリフレッシュしますか?';
+$string['configrefreshroom'] = 'どのくらいのタイミング ( 秒数 ) でチャットルームをリフレッシュしますか?この通知を小さくすればチャットルームはレスポンスが良いように見えますが、多くの人がチャットをする場合、サーバにかかる負担が大きくなります。';
+$string['configrefreshuserlist'] = 'どのくらいのタイミング ( 秒数 ) でユーザリストをリフレッシュしますか?';
$string['configserverhost'] = 'サーバデーモンが稼動しているホスト';
$string['configserverip'] = '上記ホスト名に関するIPアドレス';
$string['configservermax'] = '最大クライアント数';
@@ -50,9 +50,6 @@
$string['sessions'] = 'チャットセッション';
$string['strftimemessage'] = '%%H:%%M';
$string['studentseereports'] = '全ての人が過去のセッションを見ることができる';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['viewreport'] = '過去のチャットセッションを表示';
?>
View
6 lang/ja/countries.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // countries.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004100800)
+<?PHP // $Id$
+ // countries.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['AD'] = 'アンドラ公国';
@@ -70,7 +70,7 @@
$string['ET'] = 'エチオピア連邦民主共和国';
$string['FI'] = 'フィンランド共和国';
$string['FJ'] = 'フィジー共和国';
-$string['FK'] = 'フォークランド(マルビナス)諸島';
+$string['FK'] = 'フォークランド ( マルビナス ) 諸島';
$string['FM'] = 'ミクロネシア連邦';
$string['FO'] = 'フェロー諸島';
$string['FR'] = 'フランス共和国';
View
9 lang/ja/dialogue.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['addmynewentries'] = '新しいエントリを追加';
@@ -10,7 +10,7 @@
$string['close'] = '閉じる';
$string['closed'] = '閉鎖中';
$string['confirmclosure'] = '$a とのダイアログを閉じようとしています。終了したダイアログは再開することはできません。このダイアログを閉じた場合、閲覧することは可能ですが追加することはできません。この人と計測して\"会話\"を行う場合、再度ダイアログを開始する必要があります。<br /><br />本当にこのダイアログを閉じてもよろしいですか?';
-$string['deleteafter'] = '終了したダイアログを削除する(○日後)';
+$string['deleteafter'] = '終了したダイアログを削除する ( ○日後 )';
$string['dialogueclosed'] = 'ダイアログが閉じられました';
$string['dialogueintro'] = 'ダイアログ説明';
$string['dialoguemail'] = '$a->userfrom が新しいエントリをあなたのダイアログエントリ \'$a->dialogue\' に投稿しました。
@@ -62,9 +62,6 @@
$string['subject'] = 'テーマ';
$string['subjectadded'] = 'テーマが追加されました';
$string['teachertostudent'] = '教師 - 学生';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['typefirstentry'] = '最初のエントリをここに入力してください';
$string['typefollowup'] = 'フォローアップをここに入力してください';
$string['typeofdialogue'] = 'ダイアログタイプ';
View
13 lang/ja/enrol_database.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['dbhost'] = 'ホスト名';
@@ -8,14 +8,11 @@
$string['dbtable'] = 'テーブル名';
$string['dbtype'] = 'データベースタイプ';
$string['dbuser'] = 'ユーザ名';
-$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース(ほとんどの種類)を使用することができます。外部データベースにはコースID及びユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブル及びユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
+$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース ( ほとんどの種類 ) を使用することができます。外部データベースにはコースID及びユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブル及びユーザテーブルのフィールドと比較されます。';
$string['enrolname'] = '外部データベース';
-$string['localcoursefield'] = 'コーステーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名(例 idnumber)';
-$string['localuserfield'] = 'ユーザテーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名(例 idnumber)';
+$string['localcoursefield'] = 'コーステーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名 ( 例 idnumber )';
+$string['localuserfield'] = 'ユーザテーブルのフィールド名と比較するリモートデータベースのフィールド名 ( 例 idnumber )';
$string['remotecoursefield'] = 'course IDに対するリモートデータベースのフィールド名';
$string['remoteuserfield'] = 'user IDに対するリモートデータベースのフィールド名';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
?>
View
13 lang/ja/enrol_ldap.php
@@ -1,9 +1,9 @@
-<?php // $Id$
- // enrol_ldap.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112400)
+<?PHP // $Id$
+ // enrol_ldap.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['description'] = '<p>ユーザ登録をコントロールするために、LDAPサーバを使用することができます。LDAPの使用は、あなたのLDAPツリーがコースに登録されているグループを含んでいること、それぞれのグループ/コース内に学生に対応したメンバー登録があることを前提とします。</p>
-<p>コースはLDAP内でグループとして定義され、ユニークなユーザ識別を含む複数のメンバーシップフィールド(<em>member</em> または <em>memberUid</em>)を持っていることを前提とします。</p>
+<p>コースはLDAP内でグループとして定義され、ユニークなユーザ識別を含む複数のメンバーシップフィールド ( <em>member</em> または <em>memberUid</em> ) を持っていることを前提とします。</p>
<p>LDAPを使用したユーザ登録を使用するには、ユーザが有効なIDナンバーフィールドを<strong>持つ必要</strong>があります。LDAPグループは、ユーザがコースに登録できるように、メンバーフィールドの中にIDナンバーを持つ必要があります。あなたが既にLDAP認証を使用しているのでしたら、通常これらは正常に動作します。</p>
@@ -25,17 +25,14 @@
$string['enrol_ldap_objectclass'] = 'コース検索に使用するオブジェクトクラス。通常は「 posixGroup 」';
$string['enrol_ldap_server_settings'] = 'LDAPサーバ設定';
$string['enrol_ldap_student_contexts'] = '学生の登録時に割り当てられるグループリストのコンテキストです。コンテキストは「 ; 」で区切ってください。例: 「 ou=courses,o=org; ou=others,o=org 」 ';
-$string['enrol_ldap_student_memberattribute'] = 'ユーザがグループに属して(登録されて)いる場合のメンバー属性。通常、「 member 」または「 memberUid 」';
+$string['enrol_ldap_student_memberattribute'] = 'ユーザがグループに属して ( 登録されて ) いる場合のメンバー属性。通常、「 member 」または「 memberUid 」';
$string['enrol_ldap_student_settings'] = '学生登録設定';
$string['enrol_ldap_teacher_contexts'] = '教師の登録時に割り当てられるグループリストのコンテキストです。コンテキストは「 ; 」で区切ってください。例: 「 ou=courses,o=org; ou=others,o=org 」 ';
-$string['enrol_ldap_teacher_memberattribute'] = 'ユーザがグループに属して(登録されて)いる場合のメンバー属性。通常、「 member 」または「 memberUid 」';
+$string['enrol_ldap_teacher_memberattribute'] = 'ユーザがグループに属して ( 登録されて ) いる場合のメンバー属性。通常、「 member 」または「 memberUid 」';
$string['enrol_ldap_teacher_settings'] = '教師登録設定';
$string['enrol_ldap_template'] = 'オプション: 自動作成コースが設定をコピーするテンプレートコース。';
$string['enrol_ldap_updatelocal'] = 'ローカルデータの更新';
$string['enrol_ldap_version'] = 'あなたのサーバで使用しているLDAPプロトコルのバージョン。';
$string['enrolname'] = 'LDAP';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
?>
View
13 lang/ja/forum.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // forum.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // forum.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['addanewdiscussion'] = 'ディスカッショントピックを追加';
@@ -13,11 +13,11 @@
$string['bynameondate'] = '$a->date - $a->name の投稿';
$string['configdisplaymode'] = '表示モードが設定されていない場合のデフォルト表示モードです。';
$string['configenablerssfeeds'] = 'ここでは全フォーラムのRSS使用設定を行います。ここの設定をしても、各フォーラムでRSSフィードの設定を手動で行う必要があります。';
-$string['configlongpost'] = 'この文字長以上の長さ(HTMLは含まない)は長いと考えられます。';
+$string['configlongpost'] = 'この文字長以上の長さ ( HTMLは含まない ) は長いと考えられます。';
$string['configmanydiscussions'] = 'フォーラムページに表示されるディスカッションの最大数';
$string['configmaxbytes'] = '全てのフォーラム添付ファイルに関するデフォルトの最大サイズ(コース制限及び他のローカル設定に従います)';
$string['configreplytouser'] = 'フォーラムの投稿がメール送信される場合、受信者がフォーラムを通さずに個人的に返信できるように、メールにユーザメールアドレスを表示した方が良いですか? 「Yes」に設定した場合でも、ユーザはプロフィール内のメールアドレスを隠すことができます。';
-$string['configshortpost'] = 'この文字長以下の長さ(HTMLは含まない)は短いと考えられます。';
+$string['configshortpost'] = 'この文字長以下の長さ ( HTMLは含まない ) は短いと考えられます。';
$string['couldnotadd'] = 'エラーのため投稿できませんでした。';
$string['couldnotdeleteratings'] = '申し訳ございません、評価済みのため削除できませんでした。';
$string['couldnotdeletereplies'] = '申し訳ございません、返信済みのため削除できませんでした。';
@@ -60,7 +60,7 @@
$string['lastpost'] = '最新の投稿';
$string['learningforums'] = '学習フォーラム';
$string['maxattachmentsize'] = '最大添付ファイルサイズ';
-$string['maxtimehaspassed'] = '申し訳ございません、この投稿($a)に対する最大編集回数を超えました!';
+$string['maxtimehaspassed'] = '申し訳ございません、この投稿 ( $a ) に対する最大編集回数を超えました!';
$string['message'] = 'メッセージ';
$string['modeflatnewestfirst'] = '返信を新しいものからフラット表示';
$string['modeflatoldestfirst'] = '返信を古いものからフラット表示';
@@ -145,9 +145,6 @@
$string['subscribestop'] = 'フォーラムの投稿記事をメール送信しない';
$string['subscription'] = 'メール通知登録';
$string['subscriptions'] = 'メール通知登録';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['unsubscribe'] = 'メール通知解除';
$string['unsubscribed'] = 'メール通知を解除しました。';
$string['unsubscribeshort'] = 'メール通知解除';
View
21 lang/ja/glossary.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // glossary.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // glossary.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['addcomment'] = 'コメントの追加';
@@ -16,7 +16,7 @@
$string['areyousuredelete'] = '本当にこのエントリを削除してもよろしいですか?';
$string['areyousuredeletecomment'] = '本当にこのコメントを削除してもよろしいですか?';
$string['areyousureexport'] = '本当にこのエントリを次へエクスポートしてもよろしいですか';
-$string['ascending'] = '(降順)';
+$string['ascending'] = '( 降順 )';
$string['attachment'] = '添付';
$string['authorview'] = '著者順に表示';
$string['back'] = '戻る';
@@ -58,7 +58,7 @@
$string['deleteentry'] = 'エントリの削除';
$string['deletingcomment'] = 'コメントを削除しています。';
$string['deletingnoneemptycategory'] = '空でないカテゴリが削除された場合、関係するエントリも同時に削除されます。エントリを削除したい場合は、手動で行ってください。';
-$string['descending'] = '(昇順)';
+$string['descending'] = '( 昇順 )';
$string['destination'] = 'インポート先';
$string['displayformat'] = '表示フォーマット';
$string['displayformatcontinuous'] = '連続、著者無し';
@@ -83,7 +83,7 @@
$string['entryapproved'] = 'エントリが承認されました。';
$string['entrydeleted'] = 'エントリが削除されました。';
$string['entryexported'] = 'エントリが正常にエクスポートされました。';
-$string['entryishidden'] = '(このエントリは現在非表示です)';
+$string['entryishidden'] = '( このエントリは現在非表示です )';
$string['entryleveldefaultsettings'] = 'エントリレベルデフォルト設定';
$string['entrysaved'] = 'エントリーが保存されました。';
$string['entryupdated'] = 'エントリーが更新されました。';
@@ -122,7 +122,7 @@
$string['newglossarycreated'] = '新しい用語集が作成されました。';
$string['newglossaryentries'] = '新規用語集エントリ';
$string['nocomment'] = 'コメントが見つかりません';
-$string['nocomments'] = '(このエントリにはコメントがありません)';
+$string['nocomments'] = '( このエントリにはコメントがありません )';
$string['noconceptfound'] = '用語または定義が見つかりませんでした。';
$string['noentries'] = 'このセクションにはエントリがありません。';
$string['noentry'] = 'エントリが見つかりませんでした。';
@@ -156,15 +156,12 @@
$string['special'] = '特別';
$string['standardview'] = 'アルファベット順';
$string['studentcanpost'] = '学生のエントリ追加を許可する';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['totalentries'] = 'エントリ合計';
$string['usedynalink'] = 'エントリを自動的にリンクする';
$string['waitingapproval'] = '承認待ち';
-$string['warningstudentcapost'] = '(用語集がメインで無い場合に適用)';
-$string['withauthor'] = '用語(著者有り)';
-$string['withoutauthor'] = '用語(著者無し)';
+$string['warningstudentcapost'] = '( 用語集がメインで無い場合に適用 )';
+$string['withauthor'] = '用語 ( 著者有り )';
+$string['withoutauthor'] = '用語 ( 著者無し )';
$string['writtenby'] = '作成';
$string['youarenottheauthor'] = 'あなたはこのコメントの作者ではありません。編集はできません。';
View
9 lang/ja/hotpot.php
@@ -1,15 +1,12 @@
-<?php // $Id$
- // hotpot.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // hotpot.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['clearall'] = '全てをクリア';
$string['deleteall'] = '全てを削除';
$string['modulename'] = 'ホットポテトクイズ';
$string['modulenameplural'] = 'ホットポテトクイズ';
$string['really'] = '本当にこのクイズの全結果を削除してもよろしいですか?';
-$string['strattemptlabel'] = '受験: 得点、日時(期間)、[ペナルティ]';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
+$string['strattemptlabel'] = '受験: 得点、日時 ( 期間 )、[ペナルティ]';
?>
View
13 lang/ja/install.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // install.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // install.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['admindirerror'] = '設定されたadminディレクトリが間違っています。';
@@ -39,7 +39,7 @@
インストール先の完全なディレクトリパスを指定してください。大文字/小文字が間違っていないか確認してください。</p>
<p><b>データディレクトリ:</b>
-Moodleがアップロードされたファイルを保存する場所が必要です。 このディレクトリは、ウェブサーバのユーザ(通常は「nobody」または「apache」)が読み込み及び書き込みできるようにしてください。しかし、ウェブから直接アクセスできないようにしてください。</p>';
+Moodleがアップロードされたファイルを保存する場所が必要です。 このディレクトリは、ウェブサーバのユーザ ( 通常は「nobody」または「apache」 ) が読み込み及び書き込みできるようにしてください。しかし、ウェブから直接アクセスできないようにしてください。</p>';
$string['dirroot'] = 'Moodleディレクトリ';
$string['dirrooterror'] = '「Moodleディレクトリ」設定が間違っているようです - インストール済みMoodleが見つかりませんでした。下記の値がリセットされました。';
$string['download'] = 'ダウンロード';
@@ -48,13 +48,13 @@
$string['fileuploadserror'] = 'これは有効にしてください。';
$string['fileuploadshelp'] = '<p>あなたのサーバでは、ファイルのアップロードができないようです。</p>
<p>Moodleのインストールは可能ですが、ファイルのアップロードができない場合は、コースファイルやユーザプロフィールのイメージをアップロードすることができません。</p>
-<p>ファイルアップロードを可能にするには、あなた(またはシステム管理者)がメインphp.iniファイルを編集して、
+<p>ファイルアップロードを可能にするには、あなた ( またはシステム管理者 ) がメインphp.iniファイルを編集して、
<b>file_uploads</b> を \'1\'にする必要があります。</p>';
$string['gdversion'] = 'GDバージョン';
$string['gdversionerror'] = 'イメージの処理及び作成を行うにはGDライブラリが必要です。';
$string['gdversionhelp'] = '<p>サーバにGDがインストールされていないようです。</p>
-<p>GDは、Moodleがイメージ(ユーザプロフィールアイコン等) を処理したり、新しいイメージ(ロググラフ等)を作成するためにPHPが必要とするライブラリです。Moodleは、GD無しでも動作します - イメージ処理が使用できないだけです。</p>
+<p>GDは、Moodleがイメージ ( ユーザプロフィールアイコン等 ) を処理したり、新しいイメージ ( ロググラフ等 ) を作成するためにPHPが必要とするライブラリです。Moodleは、GD無しでも動作します - イメージ処理が使用できないだけです。</p>
<p>Unix環境下で、GDをPHPにインストールするには、PHPを --with-gd パラメータでコンパイルしてください。</p>
@@ -96,9 +96,6 @@
$string['sessionautostarterror'] = 'これは無効にしてください。';
$string['sessionautostarthelp'] = '<p>Moodleはセッションサポートを必要とします。また、セッションサポート無しでは動作しません。.</p>
<p>セッションは、php.iniファイルで使用可にすることができます ... session.auto_startパラメータを探してください。</p>';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['wwwroot'] = 'ウェブアドレス';
$string['wwwrooterror'] = 'ウェブアドレスが間違っています - インストール済みMoodleはここに表示されません。';
View
19 lang/ja/lesson.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // lesson.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004111000)
+<?PHP // $Id$
+ // lesson.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['actionaftercorrectanswer'] = '正解後のアクション';
@@ -38,7 +38,7 @@
$string['correctresponse'] = '正答のレスポンス';
$string['customscoring'] = 'カスタムスコア';
$string['deadline'] = '利用終了';
-$string['deleteattempts'] = 'このレッスンの学生の受験を削除(ユーザID)';
+$string['deleteattempts'] = 'このレッスンの学生の受験を削除 ( ユーザID )';
$string['deleting'] = '削除中';
$string['deletingpage'] = 'ページの削除: $a';
$string['description'] = '説明';
@@ -47,9 +47,9 @@
$string['displayhighscores'] = 'ハイスコアを表示';
$string['displayinleftmenu'] = '左メニューに表示しますか?';
$string['displayleftmenu'] = '左メニューを表示';
-$string['displayofgrade'] = '評価を表示する(学生に対して)';
+$string['displayofgrade'] = '評価を表示する ( 学生に対して )';
$string['displayreview'] = 'レビューボタンを表示';
-$string['displayscorewithoutessays'] = 'あなたのスコアは、 $a->score ($a->grade 中)です。';
+$string['displayscorewithoutessays'] = 'あなたのスコアは、 $a->score ( $a->grade 中 )です。';
$string['editlessonsettings'] = 'レッスン設定の編集';
$string['editpagecontent'] = 'ページコンテンツの編集';
$string['email'] = 'メール';
@@ -64,7 +64,7 @@
$string['essayscore'] = '作文スコア';
$string['fileformat'] = 'ファイルフォーマット';
$string['firstanswershould'] = '最初の答えは「正答」のページにジャンプする必要があります。';
-$string['firstwrong'] = 'あなたの答えが間違っていますので、残念ですが得点できませんでした。純粋な学習の楽しみのために、解答を続けますか(得点はできません)?';
+$string['firstwrong'] = 'あなたの答えが間違っていますので、残念ですが得点できませんでした。純粋な学習の楽しみのために、解答を続けますか ( 得点はできません ) ?';
$string['gobacktolesson'] = 'レッスンに戻る';
$string['grade'] = '評点';
$string['gradeessay'] = '作文問題の評定';
@@ -91,7 +91,7 @@
$string['maxhighscores'] = 'ハイスコアの表示数';
$string['maximumnumberofanswersbranches'] = '答え/選択枝の最大数';
$string['maximumnumberofattempts'] = '受験の最大回数';
-$string['maxtime'] = '制限時間(分)';
+$string['maxtime'] = '制限時間 ( 分 )';
$string['maxtimewarning'] = 'レッスン終了まで $a 分あります。';
$string['minimumnumberofquestions'] = '問題の最小数';
$string['modulename'] = 'レッスン';
@@ -111,7 +111,7 @@
$string['notitle'] = 'タイトル無し';
$string['numberofcorrectanswers'] = '正答数: $a';
$string['numberofcorrectmatches'] = '正しいマッチ数: $a';
-$string['numberofpagestoshow'] = 'ページ(カード)の表示数';
+$string['numberofpagestoshow'] = 'ページ ( カード ) の表示数';
$string['numberofpagesviewed'] = 'ページ閲覧数: $a';
$string['ongoing'] = '進行中のスコアを表示';
$string['ongoingnormal'] = 'あなたは $a->viewed の問題の中から $a->correct を正しく答えました。';
@@ -158,9 +158,6 @@
$string['thatsthecorrectanswer'] = '正しい答えです';
$string['thatsthewronganswer'] = '間違った答えです';
$string['thefollowingpagesjumptothispage'] = '下記のページは、このページにジャンプします。';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['thispage'] = 'このページ';
$string['timed'] = '時間制限';
$string['timeremaining'] = '残り時間';
View
84 lang/ja/moodle.php
@@ -1,4 +1,4 @@
-<?php // $Id$
+<?PHP // $Id$
// moodle.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
@@ -48,7 +48,7 @@
$string['adminhelplanguage'] = '言語パックの確認及び編集を行います。';
$string['adminhelplogs'] = 'サイトの全活動に関するログを表示します。';
$string['adminhelpmanageblocks'] = 'インストール済みブロックの管理及び設定を行います。';
-$string['adminhelpmanagedatabase'] = 'データベースに直接アクセスする(注意してください!)';
+$string['adminhelpmanagedatabase'] = 'データベースに直接アクセスする ( 注意してください! )';
$string['adminhelpmanagefilters'] = 'テキストフィルタ及び関連設定を行います。';
$string['adminhelpmanagemodules'] = 'インストール済モジュール及びそのセッティングを管理します。';
$string['adminhelpsitefiles'] = 'ファイルの公開または外部バックアップファイルをアップロードします。';
@@ -103,22 +103,22 @@
$string['backupfilename'] = 'backup';
$string['backupfinished'] = 'バックアップが完了しました';
$string['backupincludemoduleshelp'] = '自動バックアップにコースモジュールを含むか否か、ユーザデータを含むか否かを選択してください。';
-$string['backupkeephelp'] = 'コースの直近バックアップをいくつ保存しますか?(古いものから自動的に削除されます)';
+$string['backupkeephelp'] = 'コースの直近バックアップをいくつ保存しますか? ( 古いものから自動的に削除されます )';
$string['backuplogdetailed'] = '詳細実行ログ';
$string['backuploglaststatus'] = '最新実行ログ';
$string['backuplogshelp'] = '「Yes」にした場合、コースログが自動バックアップに含まれます。';
$string['backupnameformat'] = '%%Y%%m%%d-%%H%%M';
$string['backupnoneusersinfo'] = '注意: ユーザファイルのバックアップをしない設定がなされました。全てのモジュールは「ユーザデータを含まない形」でバックアップされます。「エクササイズ」及び「ワークショップモジュール」は、このタイプのバックアップに適さないため、バックアップされません。';
$string['backuporiginalname'] = 'バックアップ名';
-$string['backupsavetohelp'] = 'バックアップファイル保存先ディレクトリをフルパスで入力してください。<br />(コースデフォルトディレクトリに保存する場合は空白)';
+$string['backupsavetohelp'] = 'バックアップファイル保存先ディレクトリをフルパスで入力してください。<br />( コースデフォルトディレクトリに保存する場合は空白 )';
$string['backuptakealook'] = '次のバックアップログをご覧ください: $a';
-$string['backupuserfileshelp'] = '自動バックアップにユーザファイル(例 プロフィール写真)を含めるか否か選択してください。';
+$string['backupuserfileshelp'] = '自動バックアップにユーザファイル ( 例 プロフィール写真 ) を含めるか否か選択してください。';
$string['backupusershelp'] = 'サーバ内の全ユーザを含めるか、各コースに必要なユーザのみを含めるか選択してください。';
$string['backupversion'] = 'バックアップバージョン';
$string['blockconfiga'] = '$a ブロックの設定';
$string['blockconfigbad'] = 'このブロックは正常に組み込まれていませんので、設定インターフェースを表示することができません。';
$string['blockdeleteconfirm'] = '「 $a 」ブロックを完全に削除しようとしています。削除することでデータベース内の関連するデータ全てが完全に削除されます。本当に削除してもよろしいですか?';
-$string['blockdeletefiles'] = '「 $a->block 」に関連する全てのデータがデータベースより削除されました。削除を完了するため(ブロックが再インストールされることを防ぐため)に、次のディレクトリをサーバより削除してください: $a->directory';
+$string['blockdeletefiles'] = '「 $a->block 」に関連する全てのデータがデータベースより削除されました。削除を完了するため ( ブロックが再インストールされることを防ぐため ) に、次のディレクトリをサーバより削除してください: $a->directory';
$string['blocks'] = 'ブロック';
$string['blocksetup'] = 'ブロックテーブルの設定';
$string['blocksuccess'] = '$a のテーブルが正常に設定されました。';
@@ -166,25 +166,25 @@
$string['configallowunenroll'] = '「Yes」に設定した場合、学生はいつでも好きな時にコースの参加を取り消すことができます。\'No\'に設定した場合、学生は参加取消しを行うことはできず、参加に関する全てを教師及び管理者がコントロールします。';
$string['configallusersaresitestudents'] = 'サイトの表紙にある活動では、全てのユーザを学生と考えてもよろしいですか? 答えが「Yes」の場合、承認されたユーザは学生として、これらの活動に参加することができます。答えが「No」の場合、少なくとも一つのコースに登録済みのユーザのみが表紙の活動に参加することができます。';
$string['configautologinguests'] = 'コースにゲストでアクセスした時に、ビジターを自動的にゲストとしてログインさせますか?';
-$string['configcachetext'] = '規模の大きなサイトまたはテキストフィルターを使用しているサイトでは、この設定を行うことで処理速度を上げることができます。テキストのコピーが、処理に適した形で一定時間保持されます。この数値を小さくし過ぎると処理速度を若干落とすことになりますが、大き過ぎるとリフレッシュするまでのテキストの保持が長くなり過ぎます(例 新しいリンク)。';
+$string['configcachetext'] = '規模の大きなサイトまたはテキストフィルターを使用しているサイトでは、この設定を行うことで処理速度を上げることができます。テキストのコピーが、処理に適した形で一定時間保持されます。この数値を小さくし過ぎると処理速度を若干落とすことになりますが、大き過ぎるとリフレッシュするまでのテキストの保持が長くなり過ぎます ( 例 新しいリンク )。';
$string['configclamactlikevirus'] = 'ファイルをウイルスとして扱う';
$string['configclamdonothing'] = 'ファイルをウイルス感染無しとして扱う';
-$string['configclamfailureonupload'] = 'アップロードファイルをclamがスキャンするように設定しても、設定が間違っているまたは不明な理由で動作しない場合は、どのように処理しますか? 「ファイルをウイルスとして扱う」を選択した場合、感染ファイルは隔離用エリアに移動されるか、削除されます。「ファイルをウイルス感染無しとして扱う」を選択した場合、通常のファイルと同じように、指定したディレクトリに移動されます。どちらの場合でも、管理者にはclamに問題がある旨が通知されます。「ファイルをウイルスとして扱う」を選択して、clamが正常に動作しない場合(一般的にclamに間違ったパスを指定)、アップロードされた全てのファイルは、指定された隔離用エリアに移動されるか、削除されます。この設定は注意して行ってください。';
+$string['configclamfailureonupload'] = 'アップロードファイルをclamがスキャンするように設定しても、設定が間違っているまたは不明な理由で動作しない場合は、どのように処理しますか? 「ファイルをウイルスとして扱う」を選択した場合、感染ファイルは隔離用エリアに移動されるか、削除されます。「ファイルをウイルス感染無しとして扱う」を選択した場合、通常のファイルと同じように、指定したディレクトリに移動されます。どちらの場合でも、管理者にはclamに問題がある旨が通知されます。「ファイルをウイルスとして扱う」を選択して、clamが正常に動作しない場合 ( 一般的にclamに間違ったパスを指定 )、アップロードされた全てのファイルは、指定された隔離用エリアに移動されるか、削除されます。この設定は注意して行ってください。';
$string['configcountry'] = 'ここで国を設定した場合、新規アカウントのユーザに初期値として表示されます。ユーザに国を選ばせる場合は何も選択しないでください。';
-$string['configdbsessions'] = 'この設定を「Yes」にした場合、現在のセッション情報はデータベースに保存されます。これは特に規模の大きい/アクセス数の多いサイト、またはクラスタサーバに構築されたサイトに向いています。ほとんどのサイトでは、セッションの保存をサーバディスクに行うように、この設定を「No」のままにしてください。この設定を変更すると、現在のユーザ(あなたも含めて)がログアウトされます。';
+$string['configdbsessions'] = 'この設定を「Yes」にした場合、現在のセッション情報はデータベースに保存されます。これは特に規模の大きい/アクセス数の多いサイト、またはクラスタサーバに構築されたサイトに向いています。ほとんどのサイトでは、セッションの保存をサーバディスクに行うように、この設定を「No」のままにしてください。この設定を変更すると、現在のユーザ ( あなたも含めて ) がログアウトされます。';
$string['configdebug'] = 'この設定を「Yes」にした場合、PHPのエラーレポートが増加して、より多くの警告が表示されるようになります。開発者向けの設定です。';
$string['configdeleteunconfirmed'] = 'メールによる承認を利用している場合、この値はユーザからの返答を受け付ける期間を指します。この期間の終了後、古い未承認のアカウントは削除されます。';
-$string['configdigestmailtime'] = 'メール送信する選択をしたユーザに、投稿内容を要約したメールが毎日送信されます。ここでは1日の内で何時に要約メールを送信するかを設定します(次のcronがここで設定した時間の後に実行されます)。';
+$string['configdigestmailtime'] = 'メール送信する選択をしたユーザに、投稿内容を要約したメールが毎日送信されます。ここでは1日の内で何時に要約メールを送信するかを設定します ( 次のcronがここで設定した時間の後に実行されます )。';
$string['configdisplayloginfailures'] = 'ここではログインを失敗したユーザ情報を表示します。';
$string['configenablerssfeeds'] = 'ここではRSSフィードの設定を行います。RSSフィードを使用するためには、管理画面のモジュール管理にてRSSモジュールを使用可にする必要があります。';
$string['configenablerssfeedsdisabled'] = 'サイト全てにおいてRSSフィードが利用不可にされているため、利用できません。管理メニュー内の詳細設定でRSSフィードを利用可にすることができます。';
$string['configerrorlevel'] = '表示したいPHPの警告数を選択してください。通常はNormalが最適です。';
-$string['configextendedusernamechars'] = 'この設定を行うことで、学生はユーザ名にどのような文字でも使用することができます(実際の名前には影響しません)。デフォルトは、ユーザ名をアルファベットに制限する「No」が設定されています。';
+$string['configextendedusernamechars'] = 'この設定を行うことで、学生はユーザ名にどのような文字でも使用することができます ( 実際の名前には影響しません )。デフォルトは、ユーザ名をアルファベットに制限する「No」が設定されています。';
$string['configfilteruploadedfiles'] = 'この設定を行った場合、Moodleは全てのアップロードされたHTML及びテキストファイルを表示する前にフィルタにかけます。';
-$string['configforcelogin'] = '通常、サイトとコース一覧(コースでは無い)のフロントページはサイトにログインせずに閲覧することができます。全ての動作を行う前にログインを強制したい場合は、この設定を行ってください。';
+$string['configforcelogin'] = '通常、サイトとコース一覧 ( コースでは無い ) のフロントページはサイトにログインせずに閲覧することができます。全ての動作を行う前にログインを強制したい場合は、この設定を行ってください。';
$string['configforceloginforprofiles'] = 'この設定を「Yes」にした場合、ユーザプロフィールページを閲覧するには実際のアカウントでログインする必要があります。デフォルトでは、「No」に設定されますので、学生は事前に各コースの教師のプロフィールを閲覧することができます。これはサーチエンジンからもプロフィールページにアクセスできることも意味します。';
$string['configframename'] = 'Moodleをフレーム内で使用する場合、フレーム名を指定してください。フレームを使用しない場合は「_top」のままにしてください。';
-$string['configfullnamedisplay'] = 'ここではどのように名前が表示されるのかを設定します。ほとんどの単一言語を使用したサイトでは「名+姓」を使用した方が良いでしょう。しかし、名字を隠したり、言語設定に添った形(いくつかの言語では異なる並び)の並びにすることも可能です。';
+$string['configfullnamedisplay'] = 'ここではどのように名前が表示されるのかを設定します。ほとんどの単一言語を使用したサイトでは「名+姓」を使用した方が良いでしょう。しかし、名字を隠したり、言語設定に添った形 ( いくつかの言語では異なる並び ) の並びにすることも可能です。';
$string['configgdversion'] = 'サーバにGDがインストールされている場合、そのバージョンを選択してください。初期値として表示されているバージョンは自動的に検知されたものです。分からない場合はそのままにしてください。';
$string['confightmleditor'] = '内蔵されたHTMLテキストエディタ使用を許可するか否か選択してください。「許可する」を選択した場合、互換性のあるブラウザが使われる場合のみ、このエディタが表示されます。ユーザはエディタを使用しない選択もできます。';
$string['configidnumber'] = 'このオプションでは次の内容を設定します。(a)ユーザがユーザIDの入力を求められない、(b)ユーザがユーザIDを空白にすることができる、または(c)ユーザはユーザIDの入力を求められ、空白にできない。ユーザIDが入力されたときはプロファイルに表示される。';
@@ -201,29 +201,29 @@
$string['configlongtimenosee'] = 'もし学生が長期間ログインしていない場合は、自動的にコースから削除されます。この値は削除期限を決定します。';
$string['configmaxbytes'] = 'ここではサイト全体でアップロードできるファイルの最大サイズを設定します。この設定はPHP設定のupload_max_filesize及びApache設定のLimitRequestBodyに制限されます。maxbytesはコースレベルまたはモジュールレベルで選択するサイズ幅を制限します。';
$string['configmaxeditingtime'] = 'ここではフォーラムの投稿や日誌等を編集可能な時間を設定します。通常30分が適切な値です。';
-$string['confignoreplyaddress'] = 'メールがユーザのために送信される場合があります(例 フォーラムの投稿)。ここで設定するメールアドレスは、「From」に使用され、受信者に返信させないようにします(例 ユーザが個人のメールアドレスを隠したい場合)。';
+$string['confignoreplyaddress'] = 'メールがユーザのために送信される場合があります ( 例 フォーラムの投稿 )。ここで設定するメールアドレスは、「From」に使用され、受信者に返信させないようにします(例 ユーザが個人のメールアドレスを隠したい場合)。';
$string['confignotifyloginfailures'] = 'ログインに失敗した場合、メールによる通知を行うことができます。誰がメール通知を受け取りますか?';
$string['confignotifyloginthreshold'] = 'ログイン失敗通知が有効の場合、同一ユーザまたはIPアドレスが何回ログインに失敗するとメール通知しますか?';
$string['configopentogoogle'] = 'この設定を行った場合、Googleはあなたのサイトにゲストとして入ることができます。加えて、Googleがゲストとして自動的に記録したデータを元に、他の人があなたのサイトにアクセスできます。これは既にゲストアクセスを許可している場合の透過アクセスのみを提供します。';
$string['configpathtoclam'] = 'clam AVのパス。恐らく、/usr/bin/clamscan or /usr/bin/clamdscan のようになります。clam AVを正常に動作させるために、この設定を行う必要があります。';
-$string['configproxyhost'] = '<b>サーバ</b>のインターネットアクセスにプロクシ(例 ファイアーウォール)が必要な場合は、プロクシのホスト名とポート番号を入力してください。必要でない場合は空白にしてください。';
+$string['configproxyhost'] = '<b>サーバ</b>のインターネットアクセスにプロクシ ( 例 ファイアーウォール ) が必要な場合は、プロクシのホスト名とポート番号を入力してください。必要でない場合は空白にしてください。';
$string['configquarantinedir'] = 'clam AVに感染ファイルを隔離用ディレクトリに移動させたい場合は、ここにそのディレクトリを入力してください。このディレクトリは、ウェブサーバより書き込みができるようにする必要があります。ここを空白にした場合、または存在しないか、書き込み権が無いディレクトリを指定した場合、感染ファイルは削除されます。末尾にスラッシュを付けないでください。';
-$string['configrunclamonupload'] = 'ファイルアップロード時にclam AVを動作させますか? 正常に動作させるためには、pathtoclamに正しいパスを入力する必要があります。(Clam AVは次の場所で入手できる無料ウイルススキャナーです。 http://www.clamav.net/)';
+$string['configrunclamonupload'] = 'ファイルアップロード時にclam AVを動作させますか? 正常に動作させるためには、pathtoclamに正しいパスを入力する必要があります。 ( Clam AVは次の場所で入手できる無料ウイルススキャナーです。 http://www.clamav.net/ )';
$string['configsecureforms'] = 'Moodleでは、フォームデータを受入れる場合の追加的なレベルのセキュリティーを使用することができます。この設定をYesにした場合、ブラウザのHTTP_REFERER変数とフォーム設置のアドレスが照合されます。 ユーザがファイアーウォールソフト(例 Zonealarm)を使用してトラフィックからHTTP_REFERERを取除く設定をしている場合、稀に問題が発生する場合があります。 これは、フォーム使用時に画面が「固まる」現象です。ユーザがログインページ(例えば)で問題を抱えている場合はこの設定をNoにしてください。しかしこの設定ではブルートフォース・パスワードアタックに対して無防備な状態になります。分からない場合は、この設定を「Yes」のままにしてください。';
$string['configsessioncookie'] = 'ここではMoodleのセッションで使用されるクッキーの名前を設定します。この設定は1つ以上のMoodleが同じウェブサイトで稼動している場合に、クッキーが混乱するのを防ぐためだけに任意でお使いください。';
-$string['configsessiontimeout'] = 'このサイトにログインして長時間何もしない(ページを更新しない)場合、自動的にログアウト(セッションを終了)させます。この変数はログアウトさせるまでの時間を設定します。';
+$string['configsessiontimeout'] = 'このサイトにログインして長時間何もしない ( ページを更新しない ) 場合、自動的にログアウト ( セッションを終了 ) させます。この変数はログアウトさせるまでの時間を設定します。';
$string['configshowsiteparticipantslist'] = '全ての学生及び教師は参加者リストに表示されます。誰がこの参加者リストを閲覧することができますか?';
$string['configsitepolicy'] = 'このサイトを使用する前に、サイト使用許諾に全てのユーザが同意する必要がある場合は、サイト使用許諾のURLを指定してください。同意する必要が無い場合は空白のままにしてください。URLは自由に指定することができます - 便利な場所はサイトファイルの中です。例 http://yoursite/file.php/1/policy.html';
-$string['configslasharguments'] = 'ファイル(イメージ、アップロード等)は/=スラッシュ(ここでは2つ目のオプション)を使ってプログラムに受け渡されます。この方法により簡単にブラウザ内やプロクシにイメージを一時保存させることが可能です。いくつかのPHPサーバではこの方法が取れない場合があります。もしファイルやイメージ(例 ユーザの顔写真等)のアップロードに問題がある場合は最初のオプションを選択してください。';
-$string['configsmtphosts'] = 'Moodleでメールを送信するときに使用する1つ以上のSMTPサーバを入力してください(例 mail.a.com またはmail.a.com;mail.b.com) 空白にした場合、Moodleは自動的にPHPのメール送信方法を使用します。';
+$string['configslasharguments'] = 'ファイル ( イメージ、アップロード等 ) は/=スラッシュ ( ここでは2つ目のオプション ) を使ってプログラムに受け渡されます。この方法により簡単にブラウザ内やプロクシにイメージを一時保存させることが可能です。いくつかのPHPサーバではこの方法が取れない場合があります。もしファイルやイメージ(例 ユーザの顔写真等)のアップロードに問題がある場合は最初のオプションを選択してください。';
+$string['configsmtphosts'] = 'Moodleでメールを送信するときに使用する1つ以上のSMTPサーバを入力してください ( 例 mail.a.com またはmail.a.com;mail.b.com )。空白にした場合、Moodleは自動的にPHPのメール送信方法を使用します。';
$string['configsmtpuser'] = '上記でSMTPサーバを設定して尚且つ認証が必要な場合はユーザ名とパスワードを設定してください。';
$string['configteacherassignteachers'] = '一般の教師は他の教師をコース内に割当てる必要がありますか? もし「No」の場合、コース作成者及び管理者のみが教師の割当てを行うことができます。';
$string['configtimezone'] = 'ここではデフォルトタイムゾーンの設定を行うことができます。これは日付表示のためのデフォルトタイムゾーンを設定するのみで、各ユーザはプロフィールの設定により、この設定を変更することができます。ここで設定する「サーバ時間」はオペレーティングシステムに対するMoodleのデフォルト設定です。これに対してユーザプロフィールの「サーバ時間」ではユーザが独自のデフォルトタイムゾーン設定を行います。';
-$string['configunzip'] = 'UNZIPプログラムの場所を指定してください(Unixのみ、任意)。指定した場合、zipファイルを解凍に使用されます。空白にした場合、Moodleは内部ルーチンを使用します。';
+$string['configunzip'] = 'UNZIPプログラムの場所を指定してください ( Unixのみ、任意 )。指定した場合、zipファイルを解凍に使用されます。空白にした場合、Moodleは内部ルーチンを使用します。';
$string['configuration'] = '設定';
$string['configvariables'] = '詳細設定';
$string['configwarning'] = '間違った設定はトラブルの原因になりますので、これらの設定を変更する場合は注意してください。';
-$string['configzip'] = 'ZIPプログラムの場所を指定してください(UNIXのみ、任意)。これはZIP書庫をサーバ内で作成するために必要です。空白にした場合、Moodleは内部ルーチンを使用します';
+$string['configzip'] = 'ZIPプログラムの場所を指定してください ( UNIXのみ、任意 )。これはZIP書庫をサーバ内で作成するために必要です。空白にした場合、Moodleは内部ルーチンを使用します';
$string['confirm'] = '確認';
$string['confirmed'] = '登録が完了しました。';
$string['confirmednot'] = '登録はまだ完了していません!';
@@ -256,9 +256,9 @@
$string['create'] = '作成';
$string['createaccount'] = 'アカウントの作成';
$string['createfolder'] = '$a にフォルダを作成する';
-$string['createuserandpass'] = 'ユーザ名(英数字)とパスワードを入力してください。';
+$string['createuserandpass'] = 'ユーザ名 ( 英数字 ) とパスワードを入力してください。';
$string['createziparchive'] = 'zip書庫を作成';
-$string['creatingblocks'] = 'ブロックkの作成';
+$string['creatingblocks'] = 'ブロックの作成';
$string['creatingcategoriesandquestions'] = 'カテゴリと質問の作成';
$string['creatingcoursemodules'] = 'コースモジュールの作成';
$string['creatingevents'] = 'イベントの作成';
@@ -362,7 +362,7 @@
$string['edituser'] = 'ユーザアカウントの編集';
$string['email'] = 'メールアドレス';
$string['emailactive'] = 'メールアクティベイション';
-$string['emailagain'] = 'メールアドレス(もう一度)';
+$string['emailagain'] = 'メールアドレス ( もう一度 )';
$string['emailconfirm'] = 'アカウントの確定';
$string['emailconfirmation'] = '$a->firstname さん こんにちは、
@@ -382,9 +382,9 @@
<p>メールには登録の確定を簡単に行うための説明が記述されています。
<p>お分かりにならない場合は、サイト管理者にご連絡ください。';
$string['emaildigest'] = 'メール要約タイプ';
-$string['emaildigestcomplete'] = '全部 (全ての投稿を毎日メール)';
-$string['emaildigestoff'] = '要約無し (フォーラムの投稿毎にメール)';
-$string['emaildigestsubjects'] = '題名 (題名のみを毎日メール)';
+$string['emaildigestcomplete'] = '全部 ( 全ての投稿を毎日メール )';
+$string['emaildigestoff'] = '要約無し ( フォーラムの投稿毎にメール )';
+$string['emaildigestsubjects'] = '題名 ( 題名のみを毎日メール )';
$string['emaildisable'] = 'このメールアドレスは無効です';
$string['emaildisableclick'] = 'このメールアドレスにメールが送信されないようにする';
$string['emaildisplay'] = 'メール公開';
@@ -396,8 +396,8 @@
$string['emailexists'] = 'このメールアドレスは既に使用されています。';
$string['emailformat'] = 'メールフォーマット';
$string['emailmustbereal'] = '注意:メールアドレスは存在するものを入力してください。';
-$string['emailnotallowed'] = 'これらのドメインのメールアドレスは許可されていません ($a)';
-$string['emailonlyallowed'] = 'このメールアドレスは許可されているメールアドレスに入っていません ($a)';
+$string['emailnotallowed'] = 'これらのドメインのメールアドレスは許可されていません ( $a )';
+$string['emailonlyallowed'] = 'このメールアドレスは許可されているメールアドレスに入っていません ( $a )';
$string['emailpasswordconfirmation'] = 'こんにちは $a->firstname さん
誰か(恐らくあなた)が、「 $a->sitename 」 のアカウントで新しいパスワード作成の請求を行いました。
@@ -421,7 +421,7 @@
$string['enrolmentconfirmation'] = 'あなたはこのコースに参加します。<br />本当にこの処理を行ってよろしいですか?';
$string['enrolmentkey'] = '登録キー';
$string['enrolmentkeyfrom'] = 'このコースへ参加するためには「登録キー」が必要です。「登録キー」は $a より送信されたワンタイムパスワードです。';
-$string['enrolmentkeyhint'] = '「登録キー」が違います。再度入力してください。<br /> (ヒント - 「 $a 」で始まる言葉です)';
+$string['enrolmentkeyhint'] = '「登録キー」が違います。再度入力してください。<br /> ( ヒント - 「 $a 」で始まる言葉です )';
$string['enrolmentnew'] = '$a の新規登録';
$string['enrolmentnewuser'] = '$a->user がコース 「 $a->course 」に登録しました。';
$string['enrolmentnointernal'] = '手動登録は現在利用できません';
@@ -560,7 +560,7 @@
$string['hour'] = '時間';
$string['hours'] = '時間';
$string['howtomakethemes'] = '新しいテーマの作り方';
-$string['htmleditor'] = 'HTMLエディタを使用(互換性のあるブラウザのみ)';
+$string['htmleditor'] = 'HTMLエディタを使用 ( 互換性のあるブラウザのみ )';
$string['htmleditoravailable'] = 'HTMLエディタは利用可能です';
$string['htmleditordisabled'] = 'あなたのユーザプロフィールでHTMLエディタが使用禁止にされています。';
$string['htmleditordisabledadmin'] = '管理者がHTMLエディタの使用を禁止しています。';
@@ -636,7 +636,7 @@
$string['mailteachers'] = '教師に通知する';
$string['mainmenu'] = 'メインメニュー';
$string['makeafolder'] = 'フォルダの作成';
-$string['makeeditable'] = '「 $a 」をサーバ上(例 apache)で編集可能にした場合、直接このページより編集できます。';
+$string['makeeditable'] = '「 $a 」をサーバ上 ( 例 apache ) で編集可能にした場合、直接このページより編集できます。';
$string['manageblocks'] = 'ブロック';
$string['managedatabase'] = 'データベース管理';
$string['managefilters'] = 'フィルタ';
@@ -674,7 +674,7 @@
$string['missingusername'] = 'ユーザ名が入力されていません。';
$string['modified'] = '更新日時';
$string['moduledeleteconfirm'] = 'あなたはモジュール「 $a 」を完全に削除しようとしています。この処理によりモジュールに関わる全てのデータがデータベースより完全に削除されます。本当に続けてもよろしいですか?';
-$string['moduledeletefiles'] = '「 $a->module 」に関わる全てのデータは削除されました。削除を完全なものにするために(モジュールの自動再インストールを防ぐために)以下のディレクトリをサーバより削除してください: $a->directory';
+$string['moduledeletefiles'] = '「 $a->module 」に関わる全てのデータは削除されました。削除を完全なものにするために ( モジュールの自動再インストールを防ぐために ) 以下のディレクトリをサーバより削除してください: $a->directory';
$string['modulesetup'] = 'Moodleテーブル設定中';
$string['modulesuccess'] = '$a テーブルが正常に設定されました。';
$string['moodleversion'] = 'Moodleバージョン';
@@ -755,7 +755,7 @@
$string['notenrolled'] = '$a はこのコースには参加していません。';
$string['noteuserschangednonetocourse'] = '注意:ユーザデータをリストアする場合、コースユーザをリストアする必要があります。あなたの設定が変更されました。';
$string['nothingnew'] = '最終ログインより更新されたものはありません。';
-$string['noticenewerbackup'] = 'このバックアップファイルは、現在インストールされているMoodle $a->serverrelease ($a->serverversion)よりも新しいバージョンMoodle $a->backuprelease ($a->backupversion) により作成されました。旧バージョンへの互換性が保障されないため、バックアップデータの矛盾を生じる恐れがあります。';
+$string['noticenewerbackup'] = 'このバックアップファイルは、現在インストールされているMoodle $a->serverrelease ( $a->serverversion ) よりも新しいバージョンMoodle $a->backuprelease ($a->backupversion) により作成されました。旧バージョンへの互換性が保障されないため、バックアップデータの矛盾を生じる恐れがあります。';
$string['notifyloginfailuresmessage'] = 'a->time, IP: $a->ip, ユーザ: $a->info';
$string['notifyloginfailuresmessageend'] = 'ログは、$a/course/log.php?id=1&chooselog=1&modid=site_errors で閲覧できます。';
$string['notifyloginfailuresmessagestart'] = '最後に通知されてから、$a におけるログイン失敗一覧です。';
@@ -883,9 +883,9 @@
$string['separateandconnected'] = '分離・関連認識';
$string['serverlocaltime'] = 'サーバのシステム時間';
$string['settings'] = '設定';
-$string['shortname'] = '省略名(半角英数字)';
-$string['shortnametaken'] = '省略名は他のコース($a)で使用されています。';
-$string['shortsitename'] = '短いサイト名(例 単語)';
+$string['shortname'] = '省略名 ( 半角英数字 )';
+$string['shortnametaken'] = '省略名は他のコース ( $a ) で使用されています。';
+$string['shortsitename'] = '短いサイト名 ( 例 単語 )';
$string['show'] = '表示';
$string['showall'] = '$a 全てを表示';
$string['showallcourses'] = '全てのコースを表示';
@@ -1002,7 +1002,7 @@
$string['uploadafile'] = 'ファイルのアップロード';
$string['uploadedfile'] = 'ファイルが正常にアップロードされました。';
$string['uploadedfileto'] = '$a->file を $a->directory にアップロードしました。';
-$string['uploadedfiletoobig'] = '申し訳ございません、ファイルサイズが大き過ぎます(上限 $a バイト)。';
+$string['uploadedfiletoobig'] = '申し訳ございません、ファイルサイズが大き過ぎます ( 上限 $a バイト )。';
$string['uploadfailednotrecovering'] = 'ファイル $a->name に問題があるため、あなたのファイルは正常にアップロードされませんでした。<br /> この問題に関するログです:<br />$a->problem<br />この問題は未解決状態です。';
$string['uploadfilelog'] = 'ファイル $a のログをアップロードする。';
$string['uploadformlimit'] = 'アップロードファイルがフォームで設定された最大サイズを超えました。';
@@ -1070,13 +1070,13 @@
$string['withchosenfiles'] = '選択したものを';
$string['withoutuserdata'] = 'ユーザデータを除く';
$string['withuserdata'] = 'ユーザデータを含む';
-$string['wordforstudent'] = '学生(単数)に対する呼称';
+$string['wordforstudent'] = '学生 ( 単数 ) に対する呼称';
$string['wordforstudenteg'] = '例 学生、参加者';
-$string['wordforstudents'] = '学生(複数)に対する呼称';
+$string['wordforstudents'] = '学生 ( 複数 ) に対する呼称';
$string['wordforstudentseg'] = '例 学生、参加者';
-$string['wordforteacher'] = '教師(単数)に対する呼称';
+$string['wordforteacher'] = '教師 ( 単数 ) に対する呼称';
$string['wordforteachereg'] = '例 教師、チューター、世話役';
-$string['wordforteachers'] = '教師(複数)に対する呼称';
+$string['wordforteachers'] = '教師 ( 複数 ) に対する呼称';
$string['wordforteacherseg'] = '例 教師、チューター、世話役';
$string['writingcategoriesandquestions'] = 'カテゴリと質問の書き出し';
$string['writingcoursedata'] = 'コースデータの書き出し';
View
19 lang/ja/quiz.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // quiz.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112400)
+<?PHP // $Id$
+ // quiz.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['acceptederror'] = 'エラー範囲';
@@ -17,7 +17,7 @@
$string['answersingleno'] = '複数解答可能';
$string['answersingleyes'] = '単一の解答のみ';
$string['answerswithacceptederrormarginmustbenumeric'] = '受入れるエラー範囲は数字を設定してください。';
-$string['answertoolong'] = '$a 行以降の解答が長過ぎます(最大、半角255文字)';
+$string['answertoolong'] = '$a 行以降の解答が長過ぎます ( 最大、半角255文字 )';
$string['aon'] = 'AONフォーマット';
$string['attempt'] = '受験 $a ';
$string['attemptfirst'] = '初回受験';
@@ -77,7 +77,7 @@
$string['editingcalculated'] = '計算問題の編集';
$string['editingdescription'] = '説明の編集';
$string['editingmatch'] = '組み合わせ問題の編集';
-$string['editingmultianswer'] = '穴埋め問題(Cloze)の編集';
+$string['editingmultianswer'] = '穴埋め問題 ( Cloze ) の編集';
$string['editingmultichoice'] = '多肢選択問題の編集';
$string['editingnumerical'] = '数値問題の編集';
$string['editingquestion'] = '問題の編集';
@@ -187,7 +187,7 @@
$string['question'] = '問題';
$string['questioninuse'] = '問題 \'$a\' は現在使用中です:';
$string['questionname'] = '問題名';
-$string['questionnametoolong'] = '$a 行の問題名が長過ぎます(最大、半角255文字)。問題名を省略しました。';
+$string['questionnametoolong'] = '$a 行の問題名が長過ぎます ( 最大、半角255文字 )。問題名を省略しました。';
$string['questions'] = '問題';
$string['quizavailable'] = '小テストは $a まで利用できます。';
$string['quizclose'] = '小テスト終了日';
@@ -242,9 +242,6 @@
$string['significantfigures'] = '有効数字 $a 桁';
$string['subneterror'] = '申し訳ございません、この小テストは特定の場所からのみアクセス可能です。あなたのコンピュータはこの小テストを利用できるコンピュータではありません。';
$string['substitutedby'] = 'が次の値と置換されます:';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['time'] = '時間';
$string['timecompleted'] = '完了日時';
$string['timeleft'] = '残り時間';
@@ -254,7 +251,7 @@
$string['timetaken'] = '所要時間';
$string['tolerance'] = '許容誤差';
$string['tolerancetype'] = '許容誤差タイプ';
-$string['toomanyrandom'] = '要求されたランダム問題数は、このカテゴリに含まれている数($a)より多くなっています!';
+$string['toomanyrandom'] = '要求されたランダム問題数は、このカテゴリに含まれている数 ( $a ) より多くなっています!';
$string['true'] = '';
$string['truefalse'] = '○/×問題';
$string['type'] = 'タイプ';
@@ -267,8 +264,8 @@
$string['warningsdetected'] = '$a の警告が見つかりました。';
$string['webct'] = 'WebCTフォーマット';
$string['wildcard'] = 'ワイルドカード';
-$string['withsummary'] = '(統計概要を含む)';
-$string['wronggrade'] = '誤評定($a 以降):';
+$string['withsummary'] = '( 統計概要を含む )';
+$string['wronggrade'] = '誤評定 ( $a 以降 ):';
$string['xml'] = 'Moodle XMLフォーマット';
$string['yourfinalgradeis'] = 'あなたの最終評点は $a です。';
View
19 lang/ja/resource.php
@@ -1,13 +1,13 @@
-<?php // $Id$
- // resource.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // resource.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['addresource'] = 'リソースを追加する';
$string['chooseafile'] = 'ファイルの選択またはアップロード';
$string['chooseparameter'] = 'パラメータを選択';
$string['configdefaulturl'] = 'ここでは新しいURLベースのリソースを作成する場合に前もって入力される値を設定します。';
-$string['configfilterexternalpages'] = 'この設定により全ての外部リソース(ウェブページ、アップロードしたHTMLファイル)に現在設定されているフィルター(例えば用語集自動リンク)が適用されます。設定することでコースページの動作が著しく遅くなる恐れがあります。必要がある時のみ注意してお使いください。';
-$string['configframesize'] = 'フレーム内にウェブページやアップロードしたファイルが表示される場合のトップフレーム(ナビゲーションを含む)のサイズ(ピクセル)です。';
+$string['configfilterexternalpages'] = 'この設定により全ての外部リソース ( ウェブページ、アップロードしたHTMLファイル ) に現在設定されているフィルター ( 例えば用語集自動リンク ) が適用されます。設定することでコースページの動作が著しく遅くなる恐れがあります。必要がある時のみ注意してお使いください。';
+$string['configframesize'] = 'フレーム内にウェブページやアップロードしたファイルが表示される場合のトップフレーム ( ナビゲーションを含む )のサイズ ( ピクセル ) です。';
$string['configparametersettings'] = 'ここでは、新しいリソースを登録する際にフォームに表示されるデフォルトのパラメータの値を設定します。最初にリソースを登録した後、この値は個々のユーザのデフォルトとなります。';
$string['configpopup'] = 'ポップアップウインドウに表示される新しいリソースを追加する場合、デフォルトでこのオプションを使用しますか?';
$string['configpopupdirectories'] = 'デフォルトでダイレクトリンクをポップアップウインドウに表示しますか?';
@@ -34,7 +34,7 @@
$string['fetchservererror'] = 'ウェブページを検索している時、リモートサーバにエラーが発生しました。プログラムエラーだと思われます。';
$string['filename'] = 'ファイル名';
$string['filtername'] = 'リソースオートリンク';
-$string['frameifpossible'] = 'ナビゲーションを表示するため、リソースをフレーム内に表示';
+$string['frameifpossible'] = 'ナビゲーションを表示したままにするため、リソースをフレーム内に表示する';
$string['fulltext'] = 'フルテキスト';
$string['htmlfragment'] = 'HTMLフラグメント';
$string['maindirectory'] = 'メインファイルディレクトリ';
@@ -43,18 +43,18 @@
$string['neverseen'] = '未確認';
$string['newdirectories'] = 'ディレクトリリンクを表示';
$string['newfullscreen'] = '全画面表示';
-$string['newheight'] = 'デフォルトウンドウ高(ピクセル)';
+$string['newheight'] = 'デフォルトウンドウ高 ( ピクセル )';
$string['newlocation'] = 'ロケーションバーを表示';
$string['newmenubar'] = 'メニューバーを表示';
$string['newresizable'] = 'ウインドウのリサイズを許可';
$string['newscrollbars'] = 'ウインドウのスクロールを許可';
$string['newstatus'] = 'ステータスバーを表示';
$string['newtoolbar'] = 'ツールバーを表示';
-$string['newwidth'] = 'デフォルトウンドウ幅(ピクセル)';
+$string['newwidth'] = 'デフォルトウンドウ幅 ( ピクセル )';
$string['newwindow'] = '新しいウインドウ';
$string['newwindowopen'] = 'ポップアップウインドウにリソースを表示';
$string['note'] = '注意';
-$string['notefile'] = '更にファイルをアップロード(このリストに表示されます)する場合、<a href=$a >File Manager</a> を利用してください。';
+$string['notefile'] = '更にファイルをアップロード ( このリストに表示されます ) する場合、<a href=$a >File Manager</a> を利用してください。';
$string['notypechosen'] = 'タイプを選択してください。「戻る」ボタンを押して再度入力してください。';
$string['pagedisplay'] = 'リソースを現在のウインドウに表示';
$string['pagewindow'] = '同一ウインドウ';
@@ -78,9 +78,6 @@
$string['resourcetypelabel'] = 'ラベルの挿入';
$string['resourcetypetext'] = 'テキストページの作成';
$string['searchweb'] = 'ウェブページを検索';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['variablename'] = '変数名';
?>
View
8 lang/ja/scorm.php
@@ -11,7 +11,7 @@
$string['browsemode'] = '閲覧モード';
$string['chooseapacket'] = 'SCORMパッケージの選択または更新';
$string['completed'] = '完了';
-$string['configframesize'] = 'この値は、SCORMパッケージを使用する時の、ナビゲーションを含むトップフレームのサイズ(ピクセル)';
+$string['configframesize'] = 'この値は、SCORMパッケージを使用する時の、ナビゲーションを含むトップフレームのサイズ ( ピクセル )';
$string['configpopup'] = '新しいSCORMパッケージを追加する場合、ポップアップウインドウに表示できる場合は表示しますか?';
$string['configpopupheight'] = '新しいポップアップウインドウのデフォルト高は?';
$string['configpopupresizable'] = 'ポップアップウインドウをデフォルトでリサイズ可能にしますか?';
@@ -38,11 +38,11 @@
$string['mode'] = 'モード';
$string['modulename'] = 'Scorm';
$string['modulenameplural'] = 'Scorm';
-$string['newheight'] = 'デフォルトウインドウ高(ピクセル)';
+$string['newheight'] = 'デフォルトウインドウ高 ( ピクセル )';
$string['newresizable'] = 'ウインドウのリサイズを許可';
$string['newscrollbars'] = 'ウインドウのスクロールを許可';
$string['newstatus'] = 'ステータスバーを表示';
-$string['newwidth'] = 'デフォルトウインドウ幅(ピクセル)';
+$string['newwidth'] = 'デフォルトウインドウ幅 ( ピクセル )';
$string['newwindow'] = '新しいウインドウ';
$string['newwindowopen'] = 'このSCORMパッケージを新しいポップアップウインドウで表示する';
$string['next'] = '続ける';
@@ -56,7 +56,7 @@
$string['organizations'] = '組織';
$string['packagedir'] = 'ファイルシステムエラー: パッケージディレクトリを作成できません。';
$string['passed'] = 'パス';
-$string['php5'] = 'PHP 5 (DOMXMLネイティブライブラリ)';
+$string['php5'] = 'PHP 5 ( DOMXMLネイティブライブラリ )';
$string['position_error'] = '$a->tag タグは $a->parent タグの子タグになりません';
$string['prev'] = '前の';
$string['regular'] = '標準マニフェストファイル';
View
13 lang/ja/survey.php
@@ -1,5 +1,5 @@
-<?php // $Id$
- // survey.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+<?PHP // $Id$
+ // survey.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['actual'] = '実体験';
@@ -129,10 +129,10 @@
あなたの思慮深い回答は、この教材の将来的な改善に役立ちます。
ありがとうございます。';
-$string['collesaname'] = 'COLLES (実体験)';
+$string['collesaname'] = 'COLLES ( 実体験 )';
$string['collesapintro'] = 'この調査の目的は、オンライン教材があなたの学習にどのような影響をあたえているのかを知ることにあります。
-下記の24の質問では、学習内容に関するあなたの <b>要望<b> (理想的な) 及び <b>実体験</b> に関して尋ねます。
+下記の24の質問では、学習内容に関するあなたの <b>要望<b> ( 理想的な ) 及び <b>実体験</b> に関して尋ねます。
回答には「正解」「不正解」はありません。私達はあなたの意見のみに関心を持っています。回答内容は高度に秘匿され、評価に影響を与えることはありません。
@@ -155,7 +155,7 @@
$string['collesmintro'] = 'このオンライン教材で ...';
$string['collespintro'] = 'この調査の目的は、あなたがオンライン学習をどのように見ているのかを知ることにあります。
-下記の24の質問では、学習内容に関するあなたの<b>要望</b>(理想的な)に関して尋ねます。
+下記の24の質問では、学習内容に関するあなたの<b>要望</b> ( 理想的な ) に関して尋ねます。
回答には「正解」「不正解」はありません。私達はあなたの意見のみに関心を持っています。回答内容は高度に秘匿され、評価に影響を与えることはありません。
@@ -204,9 +204,6 @@
$string['surveysaved'] = '調査が保存されました';
$string['surveytype'] = '調査タイプ';
$string['thanksforanswers'] = '$a さん、調査にご協力いただきましてありがとうございます';
-$string['thischarset'] = 'EUC-JP';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['time'] = '時間';
$string['viewsurveyresponses'] = '$a 件の調査結果を見る';
View
7 lang/ja_utf8/appointment.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?php // $Id$
- // appointment.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+ // appointment.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['allowresubmit'] = '再提出を許可';
@@ -26,9 +26,6 @@
$string['submissions'] = '提出物';
$string['submitappointment'] = 'このフォームを利用して予約を登録してください。';
$string['submitted'] = '登録されました。';
-$string['thischarset'] = 'UTF-8';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['timeend'] = '予約終了';
$string['timestart'] = '予約開始';
$string['typeoffline'] = 'オフライン活動';
@@ -37,7 +34,7 @@
$string['uploadedfiles'] = 'アップロードされたファイル';
$string['uploaderror'] = 'ファイルをサーバに保存している最中にエラーが発生しました。';
$string['uploadfailnoupdate'] = 'ファイルは正常にアップロードされましたが、あなたの提出物は更新されませんでした!';
-$string['uploadfiletoobig'] = '申し訳ございません、ファイルサイズ(上限 $a バイト)が大き過ぎます。';
+$string['uploadfiletoobig'] = '申し訳ございません、ファイルサイズ ( 上限 $a バイト ) が大き過ぎます。';
$string['uploadnofilefound'] = 'ファイルが見つかりませんでした - 本当にアップロードするファイルを選択しましたか?';
$string['uploadnotregistered'] = '「 $a 」は正常にアップロードされましたが、提出物は登録されませんでした!';
$string['uploadsuccess'] = '「 $a 」が正常にアップロードされました。';
View
19 lang/ja_utf8/auth.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?php // $Id$
- // auth.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004111000)
+ // auth.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['auth_common_settings'] = '一般設定';
@@ -14,15 +14,15 @@
$string['auth_dbpasstype'] = 'パスワードフィールドで使用するフォーマットを特定してください。MD5暗号化はPostNukeのような他の一般的なウェブアプリケーションへの接続に便利です。';
$string['auth_dbtable'] = 'データベースのテーブル名';
$string['auth_dbtitle'] = '外部データベースを使用';
-$string['auth_dbtype'] = 'データベースタイプ(詳細は<a href=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</a>をご覧ください';
+$string['auth_dbtype'] = 'データベースタイプ ( 詳細は<a href=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</a>をご覧ください )';
$string['auth_dbuser'] = 'データベースアクセス用のユーザ名';
$string['auth_editlock'] = 'ロック値';
$string['auth_editlock_expl'] = '<p><b>ロック値:</b> この設定を「Yes」にした場合、Moodleユーザ及び管理者がフィールドを直接編集できないようにします。外部認証システムにあるこの値をメンテナンスする時に使用してください。</p>';
$string['auth_emaildescription'] = 'メールによるアカウント確定は認証方法の初期値です。ユーザが新しいユーザ名とパスワードを選択してサインアップした場合、アカウント確定用メールがユーザのメールアドレスに送信されます。このメールにはユーザがアカウントを確定するためのリンクが記入されています。アカウント確定後のログインではMoodleデータベースに保存されているユーザ名とパスワードのみを確認します。';
$string['auth_emailtitle'] = 'Emailベースの認証';
$string['auth_fccreators'] = 'メンバーがコースの作成を許可されているグループの一覧です。複数のグループは「;」で分けてください。グループ名はFirstClassサーバと厳密に同じ名前にしてください。システムは、大文字と小文字を区別します。';
$string['auth_fcdescription'] = 'ここでは、ユーザ名とパスワードが正しいか否かをチェックするためにFisrtClassサーバを使用します。';
-$string['auth_fcfppport'] = 'サーバポート(3333が最も一般的)';
+$string['auth_fcfppport'] = 'サーバポート ( 3333が最も一般的 )';
$string['auth_fchost'] = 'FirstClassサーバアドレス。IPアドレスまたはDNS名を使用してください。';
$string['auth_fcpasswd'] = '上記アカウントのパスワード。';
$string['auth_fctitle'] = 'FirstClassサーバを使用';
@@ -53,7 +53,7 @@
$string['auth_ldap_passwdexpire_settings'] = 'LDAPパスワード有効期限設定';
$string['auth_ldap_search_sub'] = 'サブコンテキストからユーザを検索する場合は、 <> 0 のように入力してください。';
$string['auth_ldap_server_settings'] = 'LDAPサーバ設定';
-$string['auth_ldap_update_userinfo'] = 'LDAPよりMoodleの情報(名、姓、住所等)を更新します。マッピング情報に関しては /auth/ldap/attr_mappings をご覧ください。';
+$string['auth_ldap_update_userinfo'] = 'LDAPよりMoodleの情報 ( 名、姓、住所等 ) を更新します。マッピング情報に関しては /auth/ldap/attr_mappings をご覧ください。';
$string['auth_ldap_user_attribute'] = 'name/searchユーザに使われる属性です。通常は\'cn\'です。';
$string['auth_ldap_user_settings'] = 'ユーザlookup設定';
$string['auth_ldap_user_type'] = 'ユーザがどのようにLDAPに保存されるか選択してください。この設定では、有効期限、猶予ログイン、ユーザ作成がどのようになされるのかも指定します。';
@@ -63,21 +63,21 @@
$string['auth_ldaptitle'] = 'LDAPサーバを使用';
$string['auth_manualdescription'] = 'この方法ではユーザによるユーザアカウント作成機能を停止します。全てのアカウント作成は管理者により手動で行う必要があります。';
$string['auth_manualtitle'] = '手動アカウント作成のみ';
-$string['auth_multiplehosts'] = '複数のホストを設定できます(例 host1.com;host2.com;host3.com)';
+$string['auth_multiplehosts'] = '複数のホストを設定できます ( 例 host1.com;host2.com;host3.com ) ';
$string['auth_nntpdescription'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するためにNNTPサーバを使用します。';
$string['auth_nntphost'] = 'NNTPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
$string['auth_nntpport'] = 'サーバーポート(119が一般的です)';
$string['auth_nntptitle'] = 'NNTPサーバを使用';
$string['auth_nonedescription'] = 'ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください。';
$string['auth_nonetitle'] = '認証無し';
$string['auth_pamdescription'] = 'この方式では、サーバのネイティブユーザ名にアクセスする手段としてPAMを使用します。このモジュールを使用するためには、<a href=\"http://www.math.ohio-state.edu/~ccunning/pam_auth/\" target=\"_blank\">PHP4 PAM Authentication</a>がインストールされている必要があります。';
-$string['auth_pamtitle'] = 'PAM (Pluggable Authentication Modules)';
+$string['auth_pamtitle'] = 'PAM ( Pluggable Authentication Modules )';
$string['auth_passwordisexpired'] = 'あなたのパスワードの有効期限が切れました。パスワードを変更しますか?';
$string['auth_passwordwillexpire'] = 'あなたのパスワードの有効期限は、$a 日で切れます。パスワードを変更しますか?';
$string['auth_pop3description'] = 'ユーザ名とパスワードを確認するためにPOP3サーバを使用します。';
$string['auth_pop3host'] = 'POP3サーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。';
$string['auth_pop3mailbox'] = '接続を試みるメールボックス名(通常は受信ボックス)';
-$string['auth_pop3port'] = 'サーバーポート (110が一般的です)';
+$string['auth_pop3port'] = 'サーバーポート ( 110が一般的です )';
$string['auth_pop3title'] = 'POP3サーバを使用';
$string['auth_pop3type'] = 'サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。';
$string['auth_updatelocal'] = 'ローカルデータの更新';
@@ -86,7 +86,7 @@
$string['auth_updateremote_expl'] = '<p><b>外部データの更新:</b> この設定を「Yes」にした場合、ユーザレコードが更新される時に外部認証が更新されます。編集できるようにフィールドをアンロックする必要があります。</p>';
$string['auth_updateremote_ldap'] = '<p><b>注意:</b> 外部LDAPデータを更新するためには、binddnとbindpwを書き込み権を持ったbindユーザに設定する必要があります。現在、マルチバリュー属性を保護しません。また、更新時にエクストラバリューは取り除かれます。</p>';
$string['auth_user_create'] = 'ユーザの作成を許可する';
-$string['auth_user_creation'] = '新しい(匿名の)ユーザは外部認証によりユーザアカウントを作成することができます。ユーザの確定はメールによって行われます。このオプションを有効にした場合、module-specificオプションも同時に有効にする必要があります。';
+$string['auth_user_creation'] = '新しい ( 匿名の ) ユーザは外部認証によりユーザアカウントを作成することができます。ユーザの確定はメールによって行われます。このオプションを有効にした場合、module-specificオプションも同時に有効にする必要があります。';
$string['auth_usernameexists'] = 'このユーザ名は既に存在します。新しいものを選んでください。';
$string['authenticationoptions'] = '認証オプション';
$string['authinstructions'] = 'どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。';
@@ -104,8 +104,5 @@
$string['stdchangepassword'] = '標準パスワード変更ページを使用';
$string['stdchangepassword_expl'] = '外部認証システムがMoodleにパスワードの変更を許可する場合、この設定を「Yes」にしてください。この設定は、「Change Password URL」を上書きします。';
$string['stdchangepassword_explldap'] = '注意: LDAPサーバをリモートで使用する場合は、SSL暗号化トンネルを使用することをお勧めします。';
-$string['thischarset'] = 'UTF-8';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
?>
View
7 lang/ja_utf8/block_online_users.php
@@ -1,12 +1,9 @@
<?php // $Id$
- // block_online_users.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+ // block_online_users.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['blockname'] = 'オンラインユーザ';
-$string['configtimetosee'] = 'オンラインユーザとして検出する時間(分)';
+$string['configtimetosee'] = 'オンラインユーザとして検出する時間 ( 分 )';
$string['periodnminutes'] = '$a 分';
-$string['thischarset'] = 'UTF-8';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
?>
View
29 lang/ja_utf8/calendar.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?php // $Id$
- // calendar.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+ // calendar.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['calendar'] = 'カレンダー';
@@ -13,13 +13,13 @@
$string['default'] = 'デフォルト';
$string['deleteevent'] = 'イベントの削除';
$string['detailedmonthview'] = '月毎表示詳細';
-$string['durationminutes'] = '期間(分)';
+$string['durationminutes'] = '期間 ( 分 )';
$string['durationnone'] = '期間無し';
$string['durationuntil'] = '終了日:';
$string['editevent'] = 'イベントの編集';
$string['errorbeforecoursestart'] = 'コースの開始日以前にはイベントを登録できません';
$string['errorinvaliddate'] = '日付に間違いがあります';
-$string['errorinvalidminutes'] = '期間(分)を1から999の間で指定してください。';
+$string['errorinvalidminutes'] = '期間 ( 分 ) を1から999の間で指定してください。';
$string['errorinvalidrepeats'] = 'イベントを1から999の間で指定してください。';
$string['errornodescription'] = '説明を入力してください';
$string['errornoeventname'] = '名称を入力してください';
@@ -36,7 +36,7 @@
$string['eventtime'] = '時間';
$string['eventview'] = 'イベント詳細';
$string['expired'] = '期間終了';
-$string['explain_lookahead'] = 'ここではイベントが直近のイベントとして表示されるための最大日数を設定します。この範囲より後に開催されるイベントは、直近イベントとして表示されません。全てのイベントがこのスケジュール通りに開始されることは<strong>保証されません</strong>; もし数多く(「直近イベントの最大表示数」以上)のイベントが登録されている場合は、時間が遅いイベントが表示されません。';
+$string['explain_lookahead'] = 'ここではイベントが直近のイベントとして表示されるための最大日数を設定します。この範囲より後に開催されるイベントは、直近イベントとして表示されません。全てのイベントがこのスケジュール通りに開始されることは<strong>保証されません</strong>; もし数多く ( 「直近イベントの最大表示数」以上 ) のイベントが登録されている場合は、時間が遅いイベントが表示されません。';
$string['explain_maxevents'] = 'ここでは直近イベントの最大表示数を設定します。ここで大きな数を設定した場合は、直近のイベントを大量に表示するための画面スペースが必要になります。';
$string['explain_startwday'] = 'ここでは全ての月間カレンダーの表示方法を設定します。あなたが慣れ親しんだ表示になるように設定してください。';
$string['explain_timeformat'] = '時間の表示は12時間表示または24時間表示を選択することができます。デフォルトを選択した場合は、使用言語に合わせてフォーマットが自動的に選択されます。';
@@ -68,25 +68,22 @@
$string['spanningevents'] = '進行中イベント';
$string['sun'] = '';
$string['sunday'] = '日曜日';
-$string['thischarset'] = 'UTF-8';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['thu'] = '';
$string['thursday'] = '木曜日';
-$string['timeformat_12'] = '12時間(午前/午後)';
+$string['timeformat_12'] = '12時間 ( 午前/午後 )';
$string['timeformat_24'] = '24時間';
$string['today'] = '今日';
$string['tomorrow'] = '明日';
$string['tt_deleteevent'] = 'イベントの削除';
$string['tt_editevent'] = 'イベントの編集';
-$string['tt_hidecourse'] = 'コースイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_hideglobal'] = '全体のイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_hidegroups'] = 'グループイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_hideuser'] = 'ユーザイベントは表示中です(クリックで非表示)';
-$string['tt_showcourse'] = 'コースイベントは非表示中です(クリックで表示)';
-$string['tt_showglobal'] = '全体のイベントは非表示中です(クリックで表示)';
-$string['tt_showgroups'] = 'グループイベントは非表示中です(クリックで表示)';
-$string['tt_showuser'] = 'ユーザイベントは非表示中です(クリックで表示)';
+$string['tt_hidecourse'] = 'コースイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_hideglobal'] = '全体のイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_hidegroups'] = 'グループイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_hideuser'] = 'ユーザイベントは表示中です ( クリックで非表示 )';
+$string['tt_showcourse'] = 'コースイベントは非表示中です( クリックで表示 )';
+$string['tt_showglobal'] = '全体のイベントは非表示中です ( クリックで表示 )';
+$string['tt_showgroups'] = 'グループイベントは非表示中です ( クリックで表示 )';
+$string['tt_showuser'] = 'ユーザイベントは非表示中です ( クリックで表示 )';
$string['tue'] = '';
$string['tuesday'] = '火曜日';
$string['typecourse'] = 'コースイベント';
View
9 lang/ja_utf8/chat.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?php // $Id$
- // chat.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+ // chat.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['beep'] = 'ビープ';
@@ -9,8 +9,8 @@
$string['chattime'] = '次回のチャットタイム';
$string['configmethod'] = '通常のチャットメソッドでは、クライアントは定期的にサーバにアクセスして内容を更新します。このメソッドは設定を必要とせず、どこでも使うことができますが、チャット参加者が多くなればサーバに対する多大な負担が生じます。サーバデーモンを使用する場合は、Unixのシェルアクセスが必要ですが、軽快なチャット環境を提供することができます。';
$string['configoldping'] = 'ユーザからの応答が無くなってから、どれくらいの時間で退室したと見なしますか?';
-$string['configrefreshroom'] = 'どのくらいのタイミング(秒数)でチャットルームをリフレッシュしますか?この通知を小さくすればチャットルームはレスポンスが良いように見えますが、多くの人がチャットをする場合、サーバにかかる負担が大きくなります。';
-$string['configrefreshuserlist'] = 'どのくらいのタイミング(秒数)でユーザリストをリフレッシュしますか?';
+$string['configrefreshroom'] = 'どのくらいのタイミング ( 秒数 ) でチャットルームをリフレッシュしますか?この通知を小さくすればチャットルームはレスポンスが良いように見えますが、多くの人がチャットをする場合、サーバにかかる負担が大きくなります。';
+$string['configrefreshuserlist'] = 'どのくらいのタイミング ( 秒数 ) でユーザリストをリフレッシュしますか?';
$string['configserverhost'] = 'サーバデーモンが稼動しているホスト';
$string['configserverip'] = '上記ホスト名に関するIPアドレス';
$string['configservermax'] = '最大クライアント数';
@@ -50,9 +50,6 @@
$string['sessions'] = 'チャットセッション';
$string['strftimemessage'] = '%%H:%%M';
$string['studentseereports'] = '全ての人が過去のセッションを見ることができる';
-$string['thischarset'] = 'UTF-8';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['viewreport'] = '過去のチャットセッションを表示';
?>
View
4 lang/ja_utf8/countries.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?php // $Id$
- // countries.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004100800)
+ // countries.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['AD'] = 'アンドラ公国';
@@ -70,7 +70,7 @@
$string['ET'] = 'エチオピア連邦民主共和国';
$string['FI'] = 'フィンランド共和国';
$string['FJ'] = 'フィジー共和国';
-$string['FK'] = 'フォークランド(マルビナス)諸島';
+$string['FK'] = 'フォークランド ( マルビナス ) 諸島';
$string['FM'] = 'ミクロネシア連邦';
$string['FO'] = 'フェロー諸島';
$string['FR'] = 'フランス共和国';
View
7 lang/ja_utf8/dialogue.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?php // $Id$
- // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+ // dialogue.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['addmynewentries'] = '新しいエントリを追加';
@@ -10,7 +10,7 @@
$string['close'] = '閉じる';
$string['closed'] = '閉鎖中';
$string['confirmclosure'] = '$a とのダイアログを閉じようとしています。終了したダイアログは再開することはできません。このダイアログを閉じた場合、閲覧することは可能ですが追加することはできません。この人と計測して\"会話\"を行う場合、再度ダイアログを開始する必要があります。<br /><br />本当にこのダイアログを閉じてもよろしいですか?';
-$string['deleteafter'] = '終了したダイアログを削除する(○日後)';
+$string['deleteafter'] = '終了したダイアログを削除する ( ○日後 )';
$string['dialogueclosed'] = 'ダイアログが閉じられました';
$string['dialogueintro'] = 'ダイアログ説明';
$string['dialoguemail'] = '$a->userfrom が新しいエントリをあなたのダイアログエントリ \'$a->dialogue\' に投稿しました。
@@ -62,9 +62,6 @@
$string['subject'] = 'テーマ';
$string['subjectadded'] = 'テーマが追加されました';
$string['teachertostudent'] = '教師 - 学生';
-$string['thischarset'] = 'UTF-8';
-$string['thisdirection'] = 'ltr';
-$string['thislanguage'] = 'Japanese';
$string['typefirstentry'] = '最初のエントリをここに入力してください';
$string['typefollowup'] = 'フォローアップをここに入力してください';
$string['typeofdialogue'] = 'ダイアログタイプ';
View
11 lang/ja_utf8/enrol_database.php
@@ -1,5 +1,5 @@
<?php // $Id$
- // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004093001)
+ // enrol_database.php - created with Moodle 1.5 UNSTABLE DEVELOPMENT (2004112900)
$string['dbhost'] = 'ホスト名';
@@ -8,14 +8,11 @@
$string['dbtable'] = 'テーブル名';
$string['dbtype'] = 'データベースタイプ';
$string['dbuser'] = 'ユーザ名';
-$string['description'] = 'ユーザ登録に外部のデータベース(ほとんどの種類)を使用することができます。外部データベースにはコースID及びユーザIDを含んでいる必要があります。これらはローカルなコーステーブル及びユーザテーブルのフィールドと比較されます。';