Permalink
Browse files

Save with Moodle.

  • Loading branch information...
mits
mits committed Dec 10, 2002
1 parent 8c6cdfc commit f1d2a92c853f80220c6138584da2e041433a93e1
Showing with 1,137 additions and 9 deletions.
  1. +40 −1 lang/ja/assignment.php
  2. +59 −1 lang/ja/auth.php
  3. +17 −1 lang/ja/choice.php
  4. +124 −1 lang/ja/forum.php
  5. +27 −1 lang/ja/journal.php
  6. +497 −1 lang/ja/moodle.php
  7. +108 −1 lang/ja/quiz.php
  8. +27 −1 lang/ja/resource.php
  9. +238 −1 lang/ja/survey.php
View
@@ -1 +1,40 @@
-<?PHP // $Id$ // assignment.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)$string['allowresubmit'] = "再提出を許可する";$string['assignmentdetails'] = "課題の詳細";$string['assignmentname'] = "課題名";$string['assignmenttype'] = "課題タイプ";$string['description'] = "詳細";$string['duedate'] = "提出期限";$string['early'] = "\$a 日早い";$string['failedupdatefeedback'] = "ユーザ \$a のフィードバック更新に失敗しました ";$string['feedbackupdated'] = "\$a の参加者に対するフィードバックの更新";$string['late'] = "\$a 日遅い";$string['maximumgrade'] = "最大評価";$string['maximumsize'] = "最大サイズ";$string['modulename'] = "課題";$string['modulenameplural'] = "課題";$string['newsubmissions'] = "課題が提出されました";$string['notsubmittedyet'] = "未提出";$string['overwritewarning'] = "警告:再度アップロードすることにより現在の提出物は置き換えられます";$string['submissionfeedback'] = "提出のフィードバック";$string['submissions'] = "提出";$string['submitassignment'] = "フォームを使用して課題を提出する";$string['submitted'] = "提出";$string['typeoffline'] = "オフライン課題";$string['typeuploadsingle'] = "ファイルのアップロード";$string['uploadbadname'] = "不正な文字がファイル名に含まれているため、このファイルはアップロード出来ません";$string['uploadedfiles'] = "ファイルをアップロードしました";$string['uploaderror'] = "サーバにファイルを保存中にエラーが発生しました";$string['uploadfailnoupdate'] = "ファイルはアップロードされましたが提出物の更新は出来ませんでした!";$string['uploadfiletoobig'] = "申し訳ございません、ファイルサイズが制限を越えています(\$a バイト以内)";$string['uploadnofilefound'] = "ファイルが見つかりませんでした - 実際に存在するファイルですか?";$string['uploadnotregistered'] = "'\$a' は正常にアップロードされましたが登録されませんでした!";$string['uploadsuccess'] = "'\$a' のアップロードが完了しました";$string['viewfeedback'] = "課題の評価とフィードバックを確認する";$string['viewsubmissions'] = "\$a 件の提出課題を確認する";$string['yoursubmission'] = "あなたの提出物";?>
+<?PHP // $Id$
+ // assignment.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)
+
+
+$string['allowresubmit'] = "再提出を許可する";
+$string['assignmentdetails'] = "課題の詳細";
+$string['assignmentname'] = "課題名";
+$string['assignmenttype'] = "課題タイプ";
+$string['description'] = "詳細";
+$string['duedate'] = "提出期限";
+$string['early'] = "\$a 日早い";
+$string['failedupdatefeedback'] = "ユーザ \$a のフィードバック更新に失敗しました ";
+$string['feedbackupdated'] = "\$a の参加者に対するフィードバックの更新";
+$string['late'] = "\$a 日遅い";
+$string['maximumgrade'] = "最大評価";
+$string['maximumsize'] = "最大サイズ";
+$string['modulename'] = "課題";
+$string['modulenameplural'] = "課題";
+$string['newsubmissions'] = "課題が提出されました";
+$string['notsubmittedyet'] = "未提出";
+$string['overwritewarning'] = "警告:再度アップロードすることにより現在の提出物は置き換えられます";
+$string['submissionfeedback'] = "提出のフィードバック";
+$string['submissions'] = "提出";
+$string['submitassignment'] = "フォームを使用して課題を提出する";
+$string['submitted'] = "提出";
+$string['typeoffline'] = "オフライン課題";
+$string['typeuploadsingle'] = "ファイルのアップロード";
+$string['uploadbadname'] = "不正な文字がファイル名に含まれているため、このファイルはアップロード出来ません";
+$string['uploadedfiles'] = "ファイルをアップロードしました";
+$string['uploaderror'] = "サーバにファイルを保存中にエラーが発生しました";
+$string['uploadfailnoupdate'] = "ファイルはアップロードされましたが提出物の更新は出来ませんでした!";
+$string['uploadfiletoobig'] = "申し訳ございません、ファイルサイズが制限を越えています(\$a バイト以内)";
+$string['uploadnofilefound'] = "ファイルが見つかりませんでした - 実際に存在するファイルですか?";
+$string['uploadnotregistered'] = "'\$a' は正常にアップロードされましたが登録されませんでした!";
+$string['uploadsuccess'] = "'\$a' のアップロードが完了しました";
+$string['viewfeedback'] = "課題の評価とフィードバックを確認する";
+$string['viewsubmissions'] = "\$a 件の提出課題を確認する";
+$string['yoursubmission'] = "あなたの提出物";
+
+?>
View
@@ -1 +1,59 @@
-<?PHP // $Id$ // auth.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)$string['auth_dbdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するために外部のデータベースを使用します。新しいアカウントを作成する場合、他のフィールドの情報がMoodleへ複製されます。";$string['auth_dbextrafields'] = "これらのフィールドは任意項目です。<B>外部データベースフィールド</B>より事前に入力されたMoodleユーザフィールドを選択することも可能です。<P>空白の場合は初期値が使用されます。<P>どちらの場合でも、ユーザはログイン後に全てのフィールドを編集可能です。";$string['auth_dbfieldpass'] = "パスワードを含んだフィールド名";$string['auth_dbfielduser'] = "ユーザ名を含んだフィールド名";$string['auth_dbhost'] = "データベースサーバが稼動しているコンピュータ";$string['auth_dbname'] = "データベース名";$string['auth_dbpass'] = "上記ユーザ名に合致するパスワード";$string['auth_dbtable'] = "データベースのテーブル名";$string['auth_dbtitle'] = "外部データベースを使用する";$string['auth_dbtype'] = "データベースタイプ(詳細は<A HREF=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</A>をご覧ください";$string['auth_dbuser'] = "データベースアクセス用のユーザ名";$string['auth_emaildescription'] = "メールによる確定は認証方法の初期値です。ユーザが新しいユーザ名とパスワードを選択してサインアップした場合、確定用メールがユーザのメールアドレスに送信されます。このメールにはユーザがアカウントを確定するためのリンクが記入されています。アカウント確定後のログインではMoodleデータベースに保存されているユーザ名とパスワードのみを確認します。";$string['auth_emailtitle'] = "Emailベースの認証";$string['auth_imapdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにIMAPサーバを使用します。";$string['auth_imaphost'] = "IMAPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";$string['auth_imapport'] = "IMAPサーバポート番号です。通常は143又は993です。";$string['auth_imaptitle'] = "IMAPサーバを使用する";$string['auth_imaptype'] = "IMAPサーバタイプです。IMAPサーバは異なる認証及びネゴシエーションを利用することが可能です。";$string['auth_ldap_bind_dn'] = "ユーザ検索にbindユーザを利用したい場合は、ここに明示してください。例 'cn=ldapuser,ou=public,o=org'";$string['auth_ldap_bind_pw'] = "bindユーザ用のパスワード";$string['auth_ldap_contexts'] = "ユーザが配置されているコンテキスト一覧です。異なるコンテキストは「;」で分けてください。例 'ou=users,o=org; ou=others,o=org'";$string['auth_ldap_host_url'] = "LDAPホストのURLを下記のように明示してください。'ldap://ldap.myorg.com/' 又は 'ldaps://ldap.myorg.com/' ";$string['auth_ldap_search_sub'] = "サブコンテキストからユーザを検索する場合は、 &lt;&gt; 0 のように入力してください。";$string['auth_ldap_update_userinfo'] = "LDAPよりMoodleの情報(名前、名字、住所等)を更新します。マッピング情報に関しては /auth/ldap/attr_mappings をご覧ください。";$string['auth_ldap_user_attribute'] = "name/searchユーザに使われる属性です。通常は'cn'です。";$string['auth_ldapdescription'] = "外部のLDAPサーバに対して認証を行います。ユーザ名とパスワードが正しい場合、Moodleは新しいユーザをデータベースに作成します。このモジュールはユーザ属性をLDAPから取得してMoodleのフィールドに入力します。認証後のログインではユーザ名とパスワードのみが確認されます。";$string['auth_ldapextrafields'] = "これらのフィールドは任意項目です。<B>LDAPフィールド</B>より事前に入力されたMoodleユーザフィールドを選択することも可能です。<P>空白の場合はLDAPよりデータの転送は行われずにMoodleの初期値が使用されます<P>どちらの場合でも、ユーザはログイン後に全てのフィールドを編集可能です。";$string['auth_ldaptitle'] = "LDAPサーバを使用する";$string['auth_nntpdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにNNTPサーバを使用します。";$string['auth_nntphost'] = "NNTPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";$string['auth_nntpport'] = "サーバーポート(119が一般的です)";$string['auth_nntptitle'] = "NNTPサーバを使用する";$string['auth_nonedescription'] = "ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください。";$string['auth_nonetitle'] = "認証無し";$string['auth_pop3description'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにPOP3サーバを使用します。";$string['auth_pop3host'] = "POP3サーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";$string['auth_pop3port'] = "サーバーポート (110が一般的です)";$string['auth_pop3title'] = "POP3サーバを使用する";$string['auth_pop3type'] = "サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。";$string['authenticationoptions'] = "認証オプション";$string['authinstructions'] = "どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。";$string['changepassword'] = "パスワードのURLを変更する";$string['changepasswordhelp'] = "ユーザがユーザ名/パスワードを忘れたときに回復又は変更するためのボタンをログインページに表示します。空白の場合、ボタンは表示されません。";$string['chooseauthmethod'] = "認証方法を選択する:";$string['guestloginbutton'] = "ゲストログインボタン";$string['instructions'] = "説明";$string['showguestlogin'] = "ログインページのゲストログインボタンを隠したり表示したり出来ます。";?>
+<?PHP // $Id$
+ // auth.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)
+
+
+$string['auth_dbdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するために外部のデータベースを使用します。新しいアカウントを作成する場合、他のフィールドの情報がMoodleへ複製されます。";
+$string['auth_dbextrafields'] = "これらのフィールドは任意項目です。<B>外部データベースフィールド</B>より事前に入力されたMoodleユーザフィールドを選択することも可能です。<P>空白の場合は初期値が使用されます。<P>どちらの場合でも、ユーザはログイン後に全てのフィールドを編集可能です。";
+$string['auth_dbfieldpass'] = "パスワードを含んだフィールド名";
+$string['auth_dbfielduser'] = "ユーザ名を含んだフィールド名";
+$string['auth_dbhost'] = "データベースサーバが稼動しているコンピュータ";
+$string['auth_dbname'] = "データベース名";
+$string['auth_dbpass'] = "上記ユーザ名に合致するパスワード";
+$string['auth_dbtable'] = "データベースのテーブル名";
+$string['auth_dbtitle'] = "外部データベースを使用する";
+$string['auth_dbtype'] = "データベースタイプ(詳細は<A HREF=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</A>をご覧ください";
+$string['auth_dbuser'] = "データベースアクセス用のユーザ名";
+$string['auth_emaildescription'] = "メールによる確定は認証方法の初期値です。ユーザが新しいユーザ名とパスワードを選択してサインアップした場合、確定用メールがユーザのメールアドレスに送信されます。このメールにはユーザがアカウントを確定するためのリンクが記入されています。アカウント確定後のログインではMoodleデータベースに保存されているユーザ名とパスワードのみを確認します。";
+$string['auth_emailtitle'] = "Emailベースの認証";
+$string['auth_imapdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにIMAPサーバを使用します。";
+$string['auth_imaphost'] = "IMAPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";
+$string['auth_imapport'] = "IMAPサーバポート番号です。通常は143又は993です。";
+$string['auth_imaptitle'] = "IMAPサーバを使用する";
+$string['auth_imaptype'] = "IMAPサーバタイプです。IMAPサーバは異なる認証及びネゴシエーションを利用することが可能です。";
+$string['auth_ldap_bind_dn'] = "ユーザ検索にbindユーザを利用したい場合は、ここに明示してください。例 'cn=ldapuser,ou=public,o=org'";
+$string['auth_ldap_bind_pw'] = "bindユーザ用のパスワード";
+$string['auth_ldap_contexts'] = "ユーザが配置されているコンテキスト一覧です。異なるコンテキストは「;」で分けてください。例 'ou=users,o=org; ou=others,o=org'";
+$string['auth_ldap_host_url'] = "LDAPホストのURLを下記のように明示してください。
+
+'ldap://ldap.myorg.com/' 又は 'ldaps://ldap.myorg.com/' ";
+$string['auth_ldap_search_sub'] = "サブコンテキストからユーザを検索する場合は、 &lt;&gt; 0 のように入力してください。";
+$string['auth_ldap_update_userinfo'] = "LDAPよりMoodleの情報(名前、名字、住所等)を更新します。マッピング情報に関しては /auth/ldap/attr_mappings をご覧ください。";
+$string['auth_ldap_user_attribute'] = "name/searchユーザに使われる属性です。通常は'cn'です。";
+$string['auth_ldapdescription'] = "外部のLDAPサーバに対して認証を行います。ユーザ名とパスワードが正しい場合、Moodleは新しいユーザをデータベースに作成します。このモジュールはユーザ属性をLDAPから取得してMoodleのフィールドに入力します。認証後のログインではユーザ名とパスワードのみが確認されます。
+
+";
+$string['auth_ldapextrafields'] = "これらのフィールドは任意項目です。<B>LDAPフィールド</B>より事前に入力されたMoodleユーザフィールドを選択することも可能です。<P>空白の場合はLDAPよりデータの転送は行われずにMoodleの初期値が使用されます<P>どちらの場合でも、ユーザはログイン後に全てのフィールドを編集可能です。";
+$string['auth_ldaptitle'] = "LDAPサーバを使用する";
+$string['auth_nntpdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにNNTPサーバを使用します。";
+$string['auth_nntphost'] = "NNTPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";
+$string['auth_nntpport'] = "サーバーポート(119が一般的です)";
+$string['auth_nntptitle'] = "NNTPサーバを使用する";
+$string['auth_nonedescription'] = "ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください。";
+$string['auth_nonetitle'] = "認証無し";
+$string['auth_pop3description'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにPOP3サーバを使用します。";
+$string['auth_pop3host'] = "POP3サーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";
+$string['auth_pop3port'] = "サーバーポート (110が一般的です)";
+$string['auth_pop3title'] = "POP3サーバを使用する";
+$string['auth_pop3type'] = "サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。";
+$string['authenticationoptions'] = "認証オプション";
+$string['authinstructions'] = "どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。";
+$string['changepassword'] = "パスワードのURLを変更する";
+$string['changepasswordhelp'] = "ユーザがユーザ名/パスワードを忘れたときに回復又は変更するためのボタンをログインページに表示します。空白の場合、ボタンは表示されません。
+
+";
+$string['chooseauthmethod'] = "認証方法を選択する:";
+$string['guestloginbutton'] = "ゲストログインボタン";
+$string['instructions'] = "説明";
+$string['showguestlogin'] = "ログインページのゲストログインボタンを隠したり表示したり出来ます。";
+
+?>
View
@@ -1 +1,17 @@
-<?PHP // $Id$ // choice.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)$string['answered'] = "回答済み";$string['choice'] = "選択肢 \$a";$string['choicename'] = "選択名";$string['choicetext'] = "選択文";$string['modulename'] = "選択";$string['modulenameplural'] = "選択";$string['notanswered'] = "未回答";$string['responses'] = "回答";$string['responsesto'] = "\$a へ回答する";$string['savemychoice'] = "回答を保存する";$string['viewallresponses'] = "\$a 件の回答を見る";?>
+<?PHP // $Id$
+ // choice.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)
+
+
+$string['answered'] = "回答済み";
+$string['choice'] = "選択肢 \$a";
+$string['choicename'] = "選択名";
+$string['choicetext'] = "選択文";
+$string['modulename'] = "選択";
+$string['modulenameplural'] = "選択";
+$string['notanswered'] = "未回答";
+$string['responses'] = "回答";
+$string['responsesto'] = "\$a へ回答する";
+$string['savemychoice'] = "回答を保存する";
+$string['viewallresponses'] = "\$a 件の回答を見る";
+
+?>
Oops, something went wrong.

0 comments on commit f1d2a92

Please sign in to comment.