Permalink
Browse files

translated a help file for workshop.

  • Loading branch information...
1 parent f59e91b commit f43a9d6d47645e082f2b8f98ab7d070340f7bd7b mits committed Jul 6, 2005
Showing with 15 additions and 1 deletion.
  1. +1 −1 lang/ja/README
  2. +7 −0 lang/ja/help/workshop/overallocation.html
  3. +7 −0 lang/ja_utf8/help/workshop/overallocation.html
View
@@ -1,7 +1,7 @@
MOODLE JAPANESE TRANSLATION
----------------------------------------------------------------------
STARTED : November 21, 2002
-LAST MODIFIED : July 6, 2005
+LAST MODIFIED : July 7, 2005
Thanks to everyone who have supported our translation project!
@@ -0,0 +1,7 @@
+<p align="center"><b>オーバーアロケーションレベル</b></p>
+
+<p>このレベルでは、クラスの相互評価の配分のバランスが取られるか否かを決定します。「バランス」という用語は、各学生の提出物が ( 相互 ) 評価に割り当てられる回数に適用されます。 オーバーアロケーションレベルがゼロに設定された場合、全ての提出物は同じ回数に適用されます。つまりアロケーションがバランスされたことになります。レベルが1に設定された場合、提出物は一旦他のアロケーション以上に割り当てられます ( そしてこれに伴いいくつかの提出物が他のアロケーションよりも低く適用されます )。これはアロケーションがバランスを失したことを意味します。同様に、レベルが2に設定された場合、大きくバランスを失することが許可されます。</p>
+
+<p>理想的には全ての相互評価はバランスされるべきです。しかし、不都合な点は最後の学生が彼らの作業内容を提出するまで、何人かの学生にアクセスできる提出物の完全な割り当てがない点です。オーバーアロケーションレベルが1に設定された場合、殆どの学生はアクセスできる提出物の「割り当て数量」があり、遅い提出物を待つ必要が<b>無い</b>ことに気付きます。レベルを2に設定した場合、遅い提出物を待つことは、更に少なくなります。</p>
+
+<p>ですから、相互評価数が5に設定され、いくつかの提出物が4回や5回、その他は6回の ( 相互 ) 評価の場合、オーバーアロケーションレベルがデフォルトの値であるゼロから1に変更されると、課題はスムーズに「流れ」、学生は ( 仮にそうだとしても ) 他の学生が作業内容を提出するまでそれ程長く待つ必要はありません。</p>
@@ -0,0 +1,7 @@
+<p align="center"><b>オーバーアロケーションレベル</b></p>
+
+<p>このレベルでは、クラスの相互評価の配分のバランスが取られるか否かを決定します。「バランス」という用語は、各学生の提出物が ( 相互 ) 評価に割り当てられる回数に適用されます。 オーバーアロケーションレベルがゼロに設定された場合、全ての提出物は同じ回数に適用されます。つまりアロケーションがバランスされたことになります。レベルが1に設定された場合、提出物は一旦他のアロケーション以上に割り当てられます ( そしてこれに伴いいくつかの提出物が他のアロケーションよりも低く適用されます )。これはアロケーションがバランスを失したことを意味します。同様に、レベルが2に設定された場合、大きくバランスを失することが許可されます。</p>
+
+<p>理想的には全ての相互評価はバランスされるべきです。しかし、不都合な点は最後の学生が彼らの作業内容を提出するまで、何人かの学生にアクセスできる提出物の完全な割り当てがない点です。オーバーアロケーションレベルが1に設定された場合、殆どの学生はアクセスできる提出物の「割り当て数量」があり、遅い提出物を待つ必要が<b>無い</b>ことに気付きます。レベルを2に設定した場合、遅い提出物を待つことは、更に少なくなります。</p>
+
+<p>ですから、相互評価数が5に設定され、いくつかの提出物が4回や5回、その他は6回の ( 相互 ) 評価の場合、オーバーアロケーションレベルがデフォルトの値であるゼロから1に変更されると、課題はスムーズに「流れ」、学生は ( 仮にそうだとしても ) 他の学生が作業内容を提出するまでそれ程長く待つ必要はありません。</p>

0 comments on commit f43a9d6

Please sign in to comment.