GASとSlackで勤怠管理するやつ
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
src
.claspignore
.gitignore
README.md
appsscript.json
index.js
package.json
tsconfig.json
yarn.lock

README.md

GAS Kintai

clasp

Google App Script と Slack で勤怠管理するやつ

設定方法

1. Slack で Incoming Webhooks を設定

Slack に投稿するための URL を取得する

2. 記録するためのスプレッドシートを作成

3. Google Apps Script で「スクリプトのプロパティ」を設定

SLACK_WEBHOOK_URL: 1. で取得した URL SHEET_ID: 2. で作成したスプレッドシートの URL の末尾の文字列

設定例

TODO

4. Google Apps Script で「ウェブ アプリケーションとして導入」を実行

「公開」 > 「ウェブ アプリケーションとして導入」を使ってスクリプトを実行するための URL を発行する

5. Slack で Outgoing Webhooks を設定

4.で取得した URL を叩くための設定を Slack に追加する。

TODO

  • アカウント別にシートを分ける。
  • Sheet のフォーマット固める。
  • Sheet 周りをキレイにする。
  • バリデーションかける。
  • エラー処理。
  • README ちゃんと書く。
  • 日をまたぐ勤怠。

May

  • 設定が煩雑なので簡易化できないか検討