Permalink
Browse files

57.0: sync mail, suite with en-US rev28962:18057608b15f (comm-beta)

  • Loading branch information...
marsf committed Oct 1, 2017
1 parent d9d5182 commit f0e476943eeadc0cf70130b5f11d82c39ae4eb42
View
@@ -848,6 +848,7 @@ browser/extensions 382295:68b1c083356d -----:------------ mar
dom, security 431803:c282aab44b8c 28953:3003566ec702 mar sync dom, security (mozilla-beta)
toolkit 431803:c282aab44b8c 28953:3003566ec702 mar sync toolkit (mozilla-beta)
services/sync 431858:2779d2d4bacc -----:------------ mar sync services/sync (mozilla-beta)
mail, suite ------:------------ 28962:18057608b15f mar sync mail, suite (comm-beta)
[l10n-mozilla-58.0] (for central)
target dir mozilla and comm hg changeset rev:id by comment
@@ -2,14 +2,16 @@
- License, v. 2.0. If a copy of the MPL was not distributed with this
- file, You can obtain one at http://mozilla.org/MPL/2.0/. -->
<!ENTITY autoconfigWizard.title "メールアカウント設定">
<!ENTITY autoconfigWizard2.title "既存メールアカウントのセットアップ">
<!ENTITY name.label "あなたのお名前:">
<!ENTITY name.accesskey "n">
<!ENTITY name.placeholder "氏名またはニックネーム">
<!ENTITY name.text "受信者に表示される名前です">
<!ENTITY name.text "受信者に表示される名前です">
<!ENTITY email.label "メールアドレス:">
<!ENTITY email.accesskey "l">
<!ENTITY email.placeholder "email@example.com">
<!ENTITY email.accesskey "E">
<!-- LOCALIZATION NOTE(email.placeholder): Domain @example.com must stay in English -->
<!ENTITY email2.placeholder "you@example.com">
<!ENTITY email.text "既存のメールアドレスです">
<!ENTITY password.label "パスワード:">
<!ENTITY password.accesskey "P">
<!ENTITY password.placeholder "アカウントのパスワード">
@@ -53,8 +55,8 @@
<!ENTITY half-manual-test.accesskey "t">
<!ENTITY manual-edit.label "手動設定">
<!ENTITY manual-edit.accesskey "M">
<!ENTITY switch-to-provisioner.label "@@New-CMD@@アカウントを取得">
<!ENTITY switch-to-provisioner.accesskey "G">
<!ENTITY open-provisioner.label "@@New-CMD@@メールアドレスを取得...">
<!ENTITY open-provisioner.accesskey "g">
<!ENTITY warning.label "警告!">
<!ENTITY incomingSettings.label "受信サーバー設定:">
@@ -45,8 +45,11 @@ autosyncEventStatusTextNoMsgs =ダウンロードされたメッセージはあ
# LOCALIZATION NOTE (autosyncContextDisplayText): %S will be replaced by the account name
autosyncContextDisplayText =%S を同期しています
# LOCALIZATION NOTE (pop3ProcessDisplayText): %S will be replaced by the account name
pop3EventStartDisplayText =%S の新着メッセージを確認しています
# LOCALIZATION NOTE (pop3EventStartDisplayText2): Do not translate the words "%1$S" and "%2$S" below.
# Place the word %1$S in your translation where the name of the account being checked for new messages should appear.
# Place the word %2$S in your translation where the name of the folder being checked for new messages should appear.
# EXAMPLE: George's account: Checking Inbox for new messages…
pop3EventStartDisplayText2 =%1$S: %2$S の新着メッセージを確認しています...
# LOCALIZATION NOTE (pop3EventDisplayText): %S will be replaced by the account name
pop3EventDisplayText =%S アカウントを更新しました
# LOCALIZATION NOTE (pop3EventStatusText): #1 will be replaced by total number of downloaded messages
@@ -233,10 +233,19 @@ headingPhone =電話番号
headingDescription =説明
headingAddresses =メールアドレス
# For address books
## For address books
addressBookTitleNew =@@New-CMD@@アドレス帳
## LOCALIZATION NOTE (addressBookTitleEdit): %S will be replaced by the the Address Book's name
# LOCALIZATION NOTE (addressBookTitleEdit):
# %S is the current name of the address book.
# Example: My Custom AB Properties
addressBookTitleEdit =%S の@@Property@@
duplicateNameTitle =アドレス帳名の重複
# LOCALIZATION NOTE (duplicateNameText):
# Don't localize "\n• %S" unless your local layout comes out wrong.
# %S is the name of the existing address book.
# Example: An address book with this name already exists:
# • My Custom AB
duplicateNameText =この名前のアドレス帳はすでに存在します:\n• %S
# For corrupt .mab files
corruptMabFileTitle =アドレス帳ファイルの破損
@@ -136,7 +136,8 @@ imapDone =
imapEnterPasswordPromptTitle =メールサーバーのパスワードを入力してください
imapUnknownHostError =サーバー %S との接続に失敗しました。
imapUnknownHostError =サーバー %S への接続に失敗しました。
imapOAuth2Error =サーバー %S への接続時の認証に失敗しました。
imapConnectionRefusedError =メールサーバー %S に接続できません。サーバーへの接続が拒否されました。
@@ -220,7 +221,7 @@ imapDeleteFolderDialogTitle =フォルダーの削除
imapDeleteFolderButtonLabel =フォルダーを削除(&D)
# LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangeEncryptToPlainSSL): %S is the server hostname
imapAuthChangeEncryptToPlainSSL =IMAP サーバー %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、@@[@@アカウント設定@@]@@ の @@[@@サーバー設定@@]@@ で @@[@@認証方式@@]@@ を @@[@@通常のパスワード認証@@]@@ に変更し、再度試してください。認証が突然失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
imapAuthChangeEncryptToPlainSSL =IMAP サーバー %S が暗号化されたパスワードをサポートしていないようです。アカウントの設定直後の場合は、@@[@@アカウント設定@@]@@ の @@[@@サーバー設定@@]@@ で @@[@@認証方式@@]@@ を @@[@@通常のパスワード認証@@]@@ に変更し、再度試してください。突然認証に失敗するようになった場合は、あなたのメールの管理者かプロバイダに問い合わせてください。
# LOCALIZATION NOTE (imapAuthChangePlainToEncrypt): %S is the server hostname
imapAuthChangePlainToEncrypt =IMAP サーバー %S が平文のパスワードを許可していません。@@[@@アカウント設定@@]@@ の @@[@@サーバー設定@@]@@ で @@[@@認証方式@@]@@ を @@[@@暗号化されたパスワード認証@@]@@ に変更し、再度試してください。
@@ -370,6 +370,8 @@
<!ENTITY editAsNewMsgCmd.key "e">
<!ENTITY editDraftMsgCmd.label "下書きメッセージを編集">
<!ENTITY editDraftMsgCmd.accesskey "D">
<!ENTITY newMsgFromTemplateCmd.label "テンプレートから@@New-CMD@@メッセージを作成">
<!ENTITY newMsgFromTemplateCmd.keycode "VK_RETURN"><!-- do not change "VK_RETURN" -->
<!ENTITY createFilter.label "メッセージからフィルターを作成...">
<!ENTITY createFilter.accesskey "a">
<!ENTITY moveMsgToMenu.label "別のフォルダーに移動"><!-- contextMoveMsgMenu.label と同じ動作 -->
@@ -737,12 +739,13 @@
<!ENTITY attachmentColumn2.tooltip "添付の有無で並べ替えます">
<!-- Thread Pane Context Menu -->
<!ENTITY contextNewMsgFromTemplate.label "テンプレートから@@New-CMD@@メッセージを作成">
<!ENTITY contextOpenNewWindow.label "@@NewWindow@@でメッセージを開く">
<!ENTITY contextOpenNewWindow.accesskey "W">
<!-- The key potentially conflicts with cutCmd.accessKey which is defined in
textcontext.dtd from toolkit. Right now, both menu items can't be visible
at the same time, but should someone enable copy/paste of message, this key
would probably need to be changed. -->
<!-- The contextOpenNewTab.accesskey ("T") potentially conflicts with
cutCmd.accessKey which is defined in textcontext.dtd from toolkit. Right
now, both menu items can't be visible at the same time, but should someone
enable copy/paste of message, this key would probably need to be changed. -->
<!ENTITY contextOpenNewTab.label "@@NewTab@@でメッセージを開く">
<!ENTITY contextOpenNewTab.accesskey "T">
<!ENTITY contextOpenConversation.label "@@NewTab@@でスレッドを開く"><!-- en-US: "Open Message in Conversation" -->
@@ -303,114 +303,118 @@ mailnews.search_date_leading_zeros =true
# offline msg
## en-US 無視
nocachedbodybody2 =このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバーからダウンロードされていません。メッセージを読むには、@@[@@ファイル@@]@@ メニューを開いて @@[@@オフライン@@]@@ を選択し、@@[@@オフライン作業@@]@@ のチェックを外してネットワークに接続してください。オフラインで使用するフォルダーとメッセージは @@[@@ツール@@]@@ メニューから @@[@@アカウント設定@@]@@ を開き、@@[@@同期とディスク領域@@]@@ で設定できます。
nocachedbodybody2 =このメッセージの本文はオフライン作業用にサーバーからダウンロードされていません。メッセージを読むには、@@[@@ファイル@@]@@ メニューを開いて @@[@@オフライン@@]@@ を選択し、@@[@@オフライン作業@@]@@ のチェックを外してネットワークに接続してください。オフラインで使用するフォルダーとメッセージは @@[@@ツール@@]@@ メニューから @@[@@アカウント設定@@]@@ を開き、@@[@@同期とディスク領域@@]@@ で設定できます。
# accountCentral
mailnews.account_central_page.url=chrome://messenger/content/msgAccountCentral.xul
# LOCALIZATION NOTE(acctCentralTitleFormat): %1$S is brand, %2$S is account type, %3$S is account name
acctCentralTitleFormat =%1$S %2$S - %3$S
mailAcctType =Mail
newsAcctType =News
feedsAcctType =Feeds
acctCentralTitleFormat =%1$S %2$S - %3$S
mailAcctType =Mail
newsAcctType =News
feedsAcctType =Feeds
# LOCALIZATION NOTE(nocachedbodytitle): Do not translate "<TITLE>" or "</TITLE>" in the line below
nocachedbodytitle =<TITLE>このメッセージを表示するにはオンラインにしてください</TITLE>\n
nocachedbodytitle =<TITLE>このメッセージを表示するにはオンラインにしてください</TITLE>\n
# mailWindowOverlay.js
confirmUnsubscribeTitle =購読解除の確認
confirmUnsubscribeText =本当に %S を購読解除しますか?
confirmUnsubscribeManyText =本当にこれらのニュースグループを購読解除しますか?
restoreAllTabs =すべてのタブを復元
confirmUnsubscribeTitle =購読解除の確認
confirmUnsubscribeText =本当に %S を購読解除しますか?
confirmUnsubscribeManyText =本当にこれらのニュースグループを購読解除しますか?
restoreAllTabs =すべてのタブを復元
# LOCALIZATION NOTE(junkBarMessage): %S is brand
junkBarMessage =%1$0.Sこのメッセージは迷惑メールであると思われます。
junkBarButton =非迷惑メール
junkBarButtonKey =N
junkBarInfoButton =詳細
junkBarInfoButtonKey =L
junkBarMessage =%1$0.Sこのメッセージは迷惑メールであると思われます。
junkBarButton =非迷惑メール
junkBarButtonKey =N
junkBarInfoButton =詳細
junkBarInfoButtonKey =L
# LOCALIZATION NOTE(remoteContentBarMessage): %S is brand
remoteContentBarMessage =%1$0.Sプライバシー保護のため、このメッセージ内のリモートコンテンツをブロックしました。
remoteContentPrefLabel =オプション
remoteContentPrefAccesskey =O
remoteContentPrefLabelUnix =設定
remoteContentPrefAccesskeyUnix =P
remoteContentBarMessage =%1$0.Sプライバシー保護のため、このメッセージ内のリモートコンテンツをブロックしました。
remoteContentPrefLabel =オプション
remoteContentPrefAccesskey =O
remoteContentPrefLabelUnix =設定
remoteContentPrefAccesskeyUnix =P
# LOCALIZATION NOTE(remoteAllowResource): %S is origin
remoteAllowResource =%S からのリモートコンテンツを許可する
remoteAllowResource =%S からのリモートコンテンツを許可する
# LOCALIZATION NOTE(remoteAllowAll): Semi-colon list of plural forms.
# See: http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals
# #1 is the number of origins
remoteAllowAll =上記リストの #1 か所からのリモートコンテンツをすべて許可する
remoteAllowAll =上記リストの #1 か所からのリモートコンテンツをすべて許可する
phishingBarMessage =このメッセージは詐欺メールの可能性があります。
phishingBarPrefLabel =オプション
phishingBarPrefAccesskey =O
phishingBarPrefLabelUnix =設定
phishingBarPrefAccesskeyUnix =P
phishingBarMessage =このメッセージは詐欺メールの可能性があります。
phishingBarPrefLabel =オプション
phishingBarPrefAccesskey =O
phishingBarPrefLabelUnix =設定
phishingBarPrefAccesskeyUnix =P
mdnBarIgnoreButton =要求を無視
mdnBarIgnoreButtonKey =n
mdnBarSendReqButton =開封確認を送付
mdnBarSendReqButtonKey =S
mdnBarIgnoreButton =要求を無視
mdnBarIgnoreButtonKey =n
mdnBarSendReqButton =開封確認を送付
mdnBarSendReqButtonKey =S
draftMessageMsg =このメッセージは下書きです。
draftMessageButton =編集
draftMessageButtonKey =E
draftMessageMsg =このメッセージは下書きです。
draftMessageButton =編集
draftMessageButtonKey =E
# msgHdrViewOverlay.js
openLabel =開く
openLabelAccesskey =O
saveLabel =保存...
saveLabelAccesskey =A
detachLabel =分離...
detachLabelAccesskey =D
deleteLabel =削除
deleteLabelAccesskey =E
deleteAttachments =次の添付ファイルをこのメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
detachAttachments =次の添付ファイルが保存されたので、このメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
deleteAttachmentFailure =選択された添付ファイルを削除できませんでした。
emptyAttachment =この添付ファイルは空です。\nメッセージの送信者に確認してください。\n内容によってはファイアウォールやウイルス対策ソフトが添付ファイルを壊すことがあります。
openLabel =開く
openLabelAccesskey =O
saveLabel =保存...
saveLabelAccesskey =A
detachLabel =分離...
detachLabelAccesskey =D
deleteLabel =削除
deleteLabelAccesskey =E
deleteAttachments =次の添付ファイルをこのメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
detachAttachments =次の添付ファイルが保存されたので、このメッセージから完全に削除します:\n%S\nこの操作は取り消すことができません。削除してもよろしいですか?
deleteAttachmentFailure =選択された添付ファイルを削除できませんでした。
emptyAttachment =この添付ファイルは空です。\nメッセージの送信者に確認してください。\n内容によってはファイアウォールやウイルス対策ソフトが添付ファイルを壊すことがあります。
# LOCALIZATION NOTE (attachmentCount): Semi-colon list of plural forms.
# See: http://developer.mozilla.org/en/Localization_and_Plurals
# #1 number of attachments
attachmentCount =添付ファイル #1 個
attachmentCount =添付ファイル #1 個
# LOCALIZATION NOTE (attachmentCountSingle): This is the format for the
# attachment header when a message has only one attachment. This is separate
# from attachmentCount above, since attachmentCountSingle typically ends with a
# colon.
# (^m^) 右側にファイル名が 1 個表示されるので個数は省略
attachmentCountSingle =添付ファイル:
attachmentCountSingle =添付ファイル:
# LOCALIZATION NOTE (attachmentSizeUnknown): The string to show for the total
# size of all attachments when none of the attachments' sizes can be detected.
attachmentSizeUnknown =サイズ不明
attachmentSizeUnknown =サイズ不明
# LOCALIZATION NOTE (attachmentSizeAtLeast): The string to show for the total
# size of all attachments when at least one (but not all) of the attachments'
# sizes can't be detected. %1$S is the formatted size.
attachmentSizeAtLeast =%1$S 以上
attachmentSizeAtLeast =%1$S 以上
# This is the format for prepending accesskeys to the
# each of the attachments in the file|attachments menu:
# ie: 1 file.txt
# 2 another file.txt
attachmentDisplayNameFormat =%S. %S
attachmentDisplayNameFormat =%S. %S
# This is the heading for the attachment summary when printing an email
attachmentsPrintHeader =添付ファイル:
attachmentsPrintHeader =添付ファイル:
# Connection Error Messages
# LOCALIZATION NOTE(unknownHostError): %S is the server name
unknownHostError =サーバー %S との接続に失敗しました。
unknownHostError =サーバー %S との接続に失敗しました。
# LOCALIZATION NOTE(connectionRefusedError): %S is the server name
connectionRefusedError =サーバー %S に接続できません。接続が拒否されました。
connectionRefusedError =サーバー %S に接続できません。接続が拒否されました。
# LOCALIZATION NOTE(netTimeoutError): %S is the server name
netTimeoutError =サーバー %S との接続がタイムアウトになりました。
recipientSearchCriteria =件名または受信者に含まれる単語:
fromSearchCriteria =件名または差出人に含まれる単語:
netTimeoutError =サーバー %S との接続がタイムアウトになりました。
# LOCALIZATION NOTE(netResetError): %S is the server name
netResetError =サーバー %S との接続がリセットされました。
# LOCALIZATION NOTE(netInterruptError): %S is the server name
netInterruptError =サーバー %S との接続が中断されました。
recipientSearchCriteria =件名または受信者に含まれる単語:
fromSearchCriteria =件名または差出人に含まれる単語:
# LOCALIZATION NOTE(biffNotification): %1$S is the number of new messages
biffNotification_message =%1$S 通の新着メッセージがあります
@@ -131,8 +131,19 @@ undisclosedRecipients =undisclosed-recipients
# provider to save the file to.
chooseFileToAttachViaCloud =%1$S 経由でファイルを添付
##
windowTitlePrefix =作成:
## Window titles
# LOCALIZATION NOTE (windowTitleWrite):
# %1$S is the message subject.
# %2$S is the application name.
# Example: Write: Re: Invitation - Thunderbird
windowTitleWrite =作成: %1$S - %2$S
# LOCALIZATION NOTE (windowTitlePrintPreview):
# %1$S is the message subject.
# %2$S is the application name.
# Example: Print Preview: Re: Invitation - Thunderbird
windowTitlePrintPreview =@@Print@@プレビュー: %1$S - %2$S
## From field
msgIdentityPlaceholder =%S の代わりに使用する差出人アドレスを入力してください
customizeFromAddressTitle =差出人アドレスのカスタマイズ
customizeFromAddressWarning =ご利用のメールプロバイダがサポートしていれば、アカウント設定で新たに差出人情報を作成せずに、このメールの差出人アドレスを変更できます。例えば、差出人アドレスが <john@example.com> である場合、John Doe <john+doe@example.com> または <john@example.com> に変更することができます。
@@ -451,3 +462,7 @@ blockedContentPrefAccesskey =O
blockedContentPrefLabelUnix =設定
blockedContentPrefAccesskeyUnix =P
## Identity matching warning notification bar.
## LOCALIZATION NOTE(identityWarning): %S will be replaced with the identity name.
identityWarning =差出人アドレスと一致するユニーク ID が見つかりませんでした。メッセージは現在の差出人フィールドと ID %S からの設定を使用して送信されます。
Oops, something went wrong.

0 comments on commit f0e4769

Please sign in to comment.