Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
67 lines (53 sloc) 3.46 KB

ETLデザイナー

ETL/ETLデザイナー

単純なデータロードやデータ出力のバッチを、他のバッチと同じように仰々しく設計書を書き、 重いテストをすることが、特に大規模開発における生産性向上の阻害要因となっています。 この問題を解消するため、SQLとBeanの作成、そしていくつかの設定を行うだけで、 バッチを作成できるETLが登場しました。

そして、このETLをさらに使いやすくするため、 ETLデザイナーを開発しました。

ETLデザイナーを使うと、バッチの処理フロー等の定義をGUIでモデリングでき、ETLで実行可能な設定ファイルを出力できます。 ETLデザイナーにより、バッチの設計/実装作業を大幅に簡略化し、生産性向上を実現します。

比較

前提知識

ETLデザイナーを用いてバッチを開発するにあたって、NablarchのETL、JSR352の知識が必要になります。

制約

ETLデザイナーはAWS上のAPIサーバを利用します。

  • AWS上のAPIサーバへはTIS社内からのみアクセスできます。
  • サーバが必要な理由に関してはアーキテクチャを参照ください。

動作環境

  • Windows端末でのみ利用可能です。
  • 動作確認した環境は以下になります。
    • Windows10 64bit
    • Windows7 32bit

アーキテクチャ

architecture

  • ETLデザイナーではビジネスプロセスモデリング表記法(BPMN)を用いてJOB定義を行います。
  • BPMN形式のJOB定義をJSR352のJOB定義に変換する機能は、JobStreamerを使用します。
  • JobStreamerがRESTで上記の機能を提供しているため、APIサーバが必要となります。

ライセンス

Apache License 2.0

Getting Started

テンプレートを使用した簡単なETLバッチ作成の解説です。

利用方法

ETLデザイナーの詳細な操作マニュアルです。