OS X 10.9"Mavericks"インストールディスクイメージの作成をワークフロー化
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
iesd_automator.workflow/Contents/QuickLook
README.md
iesd_automator.zip

README.md

#Mavericksインストールディスクイメージの作成をワークフロー化 https://github.com/ntkme/iesd

本来はターミナル.appを使用してコマンド入力してディスクイメージを作成するのですが 簡単に出来るようAutoMatorのワークフローを作成。

###事前準備 App StoreでOS X 10.9をダウンロードしておく。アプリケーションフォルダに「OS X Mavericks インストール.app」とあればOK。

###起動時の注意点 ダブルクリックで開くと「"iesd_automator.workflow"は開発元が未確認のため開けません。」となってしまうので、 右クリック or control+クリックして、[開く]を選択。

###Automatorのワークフロー「iesd_automator.workflow」の内容

1.https://github.com/ntkme/iesdからZIP Download

2.デスクトップに解凍

3.確認ダイアログ表示

4.シェルスクリプト実行

5.デスクトップに"Mavericks.dmg"作成完了後、通知を表示

=============================================================== #OS X Yosemiteのインストールディスクイメージ(.dmg)作成方法メモ

(1)https://github.com/ntkme/iesdからZIP Download

(2)ダウンロードしたzipファイルをデスクトップへ解凍(iesd-master)

(3)ターミナル.appで以下のコマンドを1行づつ実行

cd Desktop/iesd-master

iesd -i /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app -o yosemite.dmg -t BaseSystem

hdiutil convert yosemite.dmg -format UDSP -o yosemite.sparseimage

hdiutil mount /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg

hdiutil attach yosemite.sparseimage -readwrite

cp /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/BaseSystem.* /Volumes/OS\ X\ Base\ System/

hdiutil detach /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/

hdiutil detach /Volumes/OS\ X\ Base\ System/

hdiutil convert yosemite.sparseimage -format UDZO -o yosemite_install.dmg

(4)iesd-masterフォルダ内に”yosemite_install.dmg”が作成