Permalink
Find file
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
108 lines (98 sloc) 3.75 KB
"----------------------------------------------------
" 基本的な設定
"----------------------------------------------------
" viとの互換性をとらない(vimの独自拡張機能を使う為)
set nocompatible
"----------------------------------------------------
" 表示関連
"----------------------------------------------------
" タイトルをウインドウ枠に表示する
set title
" 行番号を表示しない
set nonumber
" ルーラーを表示
set ruler
" タブ文字を CTRL-I で表示し、行末に $ で表示する
"set list
" 入力中のコマンドをステータスに表示する
set showcmd
" ステータスラインを常に表示
set laststatus=2
" 括弧入力時の対応する括弧を表示
set showmatch
" 対応する括弧の表示時間を2にする
set matchtime=2
" シンタックスハイライトを有効にする
syntax on
" 検索結果文字列のハイライトを有効にする
set hlsearch
" コメント文の色を変更
highlight Comment ctermfg=DarkCyan
" コマンドライン補完を拡張モードにする
set wildmenu
" 入力されているテキストの最大幅
" (行がそれより長くなると、この幅を超えないように空白の後で改行される)を無効にする
set textwidth=0
" ウィンドウの幅より長い行は折り返して、次の行に続けて表示する
set wrap
" 全角スペースの表示
highlight ZenkakuSpace cterm=underline ctermfg=lightblue guibg=darkgray
match ZenkakuSpace / /
" ステータスラインに表示する情報の指定
set statusline=%n\:%y%F\ \|%{(&fenc!=''?&fenc:&enc).'\|'.&ff.'\|'}%m%r%=<%l/%L:%p%%>
" ステータスラインの色
highlight StatusLine term=NONE cterm=NONE ctermfg=black ctermbg=white
"----------------------------------------------------
" バックアップ関係
"----------------------------------------------------
" バックアップをとらない
set nobackup
" ファイルの上書きの前にバックアップを作る
" (ただし、backup がオンでない限り、バックアップは上書きに成功した後削除される)
set writebackup
" バックアップをとる場合
"set backup
" バックアップファイルを作るディレクトリ
"set backupdir=~/backup
" スワップファイルを作るディレクトリ
"set directory=~/swap
"----------------------------------------------------
" 検索関係
"----------------------------------------------------
" コマンド、検索パターンを100個まで履歴に残す
set history=100
" 検索の時に大文字小文字を区別しない
set ignorecase
" 検索の時に大文字が含まれている場合は区別して検索する
set smartcase
" 最後まで検索したら先頭に戻る
set wrapscan
" インクリメンタルサーチを使わない
set noincsearch
"----------------------------------------------------
"" インデント
"----------------------------------------------------
"" オートインデントを無効にする
"set noautoindent
"" タブが対応する空白の数
set tabstop=4
" タブやバックスペースの使用等の編集操作をするときに、タブが対応する空白の数
"set softtabstop=4
" " インデントの各段階に使われる空白の数
set shiftwidth=4
" " タブを挿入するとき、代わりに空白を使わない
" set noexpandtab
set expandtab
"
"----------------------------------------------------
" オートコマンド
"----------------------------------------------------
if has("autocmd")
" ファイルタイプ別インデント、プラグインを有効にする
filetype plugin indent on
" カーソル位置を記憶する
autocmd BufReadPost *
\ if line("'\"") > 0 && line("'\"") <= line("$") |
\ exe "normal g`\"" |
\ endif
endif