Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
PC
 
 
 
 
 
 
src
 
 
 
 
 
 

tel2com

SSH または telnet とシリアルポートを中継するプログラムです。
昔のパソコン通信の BBS ホストプログラムに SSH または telnet で接続したり、RS-232C で制御する機器を SSH または telnet を使用して LAN やインターネットから制御できます。
SSH は SSH2 のみ対応しています。認証方式はパスフレーズ認証、公開鍵認証に対応しています。また、ユーザー名とパスワードを BBS プログラム側に渡す方法も選択可能です。
公開鍵認証で使用可能な鍵の種類は RSA/ECDSA/ED25519 です。
Raspberry Pi, Nano Pi, BeagbleBone Black, PINE64 等の Linux が動作するシングルボードコンピュータでも使用可能です。
ただし、シングルボードコンピュータで RS-232C を使用する場合、UART の信号レベルは 3.3V ですので、レベル変換 IC 等を使用して接続する必要があります。
お勧めはしませんが USB シリアルポート変換ケーブルを使用して中継する事も可能です。

対応機器・デストリビューション

PC (Ubuntu 20, CentOS 8)
Raspberry Pi (Raspbian Buster)
NanoPi NEO/NEO2 (Armbian Buster)
BeagleBone Black (Debian Buster)
PINE64 (Armbian Buster)
上記は動作を確認した機器・デストリビューションですが、言語は C で、基本的なライブラリしか使用していませんので、libssh がインストールできる環境であれば問題なくビルド、実行できると思います。
libssh は 0.8.4 より前のバージョンでは脆弱性が発見されているようです。脆弱性は他にもあるようですので、可能な限り新しいバージョンを使用してください。

ビルド方法

libssh-dev または libssh-devel をインストールしてください。
$ sudo apt install libssh-dev
$ sudo yum install libssh-devel
libssh は LGPLv2.1 です。
各機器のディレクトリに移動し、make を実行してください。

PC (Ubuntu, CentOS 等)の場合
$ cd PC
$ make

PC 版の Linux では gcc や make がインストールされていない場合があります。
その場合、
$ sudo apt install gcc make
$ sudo yum install gcc make
等を実行してください。

Raspberry Pi の場合
$ cd RaspberryPi
$ make

NanoPi の場合
$ cd NanoPi
$ make

BeagleBone Black の場合
$ cd BeagleBone
$ make

PINE64 の場合
$ cd PINE64
$ make

実行

設定は各機器向けのディレクトリの tel2com.ini に記述してあります。
PC の場合は
[COM]
name=ttyS0
を使用するシリアルポートに変更してください。

SSH については認証方法の各項目の設定が必要です。
パスフレーズ認証の場合、ユーザー名を user= に、
$ tel2com -p パスフレーズ
を実行して表示される文字列を pass= に設定してください。
公開鍵認証の場合、公開鍵のファイル名を pub_key= に設定してください。
BBS 認証の場合、BBS の ID やパスワード入力時に表示される文字列を bbs_id=, bbs_pass= に設定してください。

ケーブルや RS-232C のレベル変換方法等については下記を参照して下さい。
BBS ホストプログラムとの接続方法

ケーブル接続後、各機器のディレクトリに生成された tel2com を実行します。
待ち受けする TCP/IP のポート番号が 1024 以下の場合 sudo 等を使用して root 権限で起動する必要があります。
SSH でホスト鍵の設定がデフォルトの /etc/ssh/ssh_host_rsa_key の場合、ファイルのパーミッションの関係で root 権限で起動する必要があります。
PC の場合、ファイアウォールで待ち受けする TCP/IP のポート番号が閉じている場合がありますのでご注意下さい。
シリアルポートは dialout グループになっていると思われますので、一般ユーザーで起動する場合は dialout グループに追加するか sudo 等を使用して root 権限で起動してください。

ライセンス

MIT ライセンス

サポートは有償となります。
複数回線対応等のカスタマイズは可能です。

著作者

有限会社軟式

About

SSH または telnet とシリアルポートを中継

Resources

License

Releases

No releases published

Packages

No packages published