Scratch OSC Bridge 用の環境のセットアップとテストの手順
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Naoji Taniguchi Naoji Taniguchi
Naoji Taniguchi and Naoji Taniguchi added images and text .
Latest commit 8fd991a Apr 17, 2016
Permalink
Failed to load latest commit information.
images
README.md

README.md

ScratchOscSetupAndTest

Scratchを使ってOSCで通信させるまでのセットアップとテストの手順

環境構築

Sccratch 1.4のインストール

今回はPepperや他のマシンと通信させるので1.4を使います。こちらからダウンロード。   https://scratch.mit.edu/scratch_1.4/

Scratch OSC Bridgeのインストール

ScratchとPepperや他のマシンとはOSCというプロトコルを使って通信させます。 その通信を仲介してくれるのがcratch OSC Bridgeです。
http://www.kasperkamperman.com/blog/scratch-osc-bridge/

Scratch OSC Bridgeはここからダウンロードできます。
https://code.google.com/archive/p/osc-tools/downloads

Windowsの方 -> Scratch_OSC_Bridge.windows.zip
Macの方 -> Scratch_OSC_Bridge.macosx.zip

javaのインストール

Scratch OSC Bridgeをインストールして、\Scratch_OSC_Bridge.windows\Scratch_OSC_Bridge.windows\application.windows32\Scratch_OSC_Bridge.exeを実行すると、「javaw.exeが見つかりません」というエラーが出た人はJavaがインストールされていないので、こちからJavaをダウンロードしてインストール
http://www.java.com/ja/

OSC送信テストプログラムのダウンロード

Windoows向けにOSCのメッセージを送るプログラムを作っておきました。
https://github.com/naojitaniguchi/OSCSenderToLocal/releases/tag/v1
こちらからOSCSender.zipをダウンロードしてください。

ここでScratchでOSCを使ってみる環境が整ったので、Scratchと外部プログラムを OSCで通信させてみます。

ScratchでOSCの受信をするサンプルダウンロード

ScratchでOSCのメッセージを受信をするサンプルを作っておきました。
https://github.com/naojitaniguchi/ScratchOscBrigdeSample/releases/tag/v1
こちらからScratch-bridge-sample2.zipをダウンロードしてください。
ダウンロードしたら展開をします。Scratch-bridge-sample2.sbを使います。

通信テスト

Scratchの起動

Scratchを起動してダウンロードしたScratch-bridge-sample2.sbを開きます。
プロジェクトの開き方 -> ファイル/開く sample2_loaded.png

Scratchのリモートセンサーについての詳しい解説
http://blog.champierre.com/1047

Scratch OSC Bridgeの起動

Scratch OSCを展開したフォルダの Bridge\Scratch_OSC_Bridge.windows\Scratch_OSC_Bridge.windows\application.windows32\Scratch_OSC_Bridge.exe を起動、application.windows64は何故か動かなかったので32bit版を使います。

接続されるとScratchから「ぽん」と音がなり"Connected with Scratch OSC Bridge"と表示されます。   connected_to_osc_bridge.png

OSCポートの追加

外部のプログラムと通信させる為のポートを追加します。ADD PORTの上に12345を入力、ADD PORTボタンをクリック。 12345.png

OSC送信のプログラムを起動

ダウンロードしたマウスの位置をOSCで送るテストプログラムを起動します。
OSCSender.zipを展開したbin/oscSenderExample.exeを起動します。 osc_sender.png

ScratchにOSCのメッセージを送信する設定

RECEIVED OSC ADDRESSES から /MOUSE/POSITION をクリック
SEND THESE OSC ADDRESSES TO SCRATCH に /MOUSE/POSITIONが追加される send_mouseposition.png

ScratchでOSCのメッセージを受信開始

Scratchのセンサーの値を受ける部分をダブルクリック start_get_mousepos.png

接続完了

oscSenderExampleの上でマウスを動かすと、マウスの位置がOSCでScratchに送られて、ネコが動く
OSCで送られた値は変数/xposition, /ypositionとして表示されています。 connected.png