Skip to content
enebular INFOMOTION と NEC BaaS を連携させるためのモジュール
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
img
src
.gitignore
ChangeLog.txt
LICENSE
README.md
api.yaml
function.yaml
jar.xml
pom.xml
tgz.xml

README.md

NEC BaaS Custom API for Enebular InfoMotion

概要

株式会社 ウフル が提供する Enebular InfoMotion から NEC モバイルバックエンド基盤(NEC BaaS) に REST API でアクセスしてデータを取得するための CloudFunctions カスタム API です。 本 API を利用することで、 NEC BaaS に蓄積した IoT データなどの JSON オブジェクトデータを、 InfoMotion を使って可視化することができます。

以下にシステム構成図を示します。

システム構成図

カスタム API 登録

NEC BaaS から JSON オブジェクトデータを取得するカスタム API を登録します。 以降の説明でテナント、アプリケーション、ユーザの入力を行うため、事前に登録してください。 また、テナント情報の CORS 設定を有効にし、 CORS 許可ドメインに InfoMotion のドメインを追加してください。 詳細は、NEC BaaS のデベロッパーコンソール利用ガイド をご参照ください。

API 定義登録

本プロジェクトに格納されている API 定義を登録します。 api.yaml の内容をコピーし、デベロッパーコンソールの API Gateway から登録します。 Basic 認証を行う場合は、 x-acl の値を実行許可するユーザIDやグループ名に設定することを推奨します。以下に例を示します。

x-acl:
   - 1234567890abcdefxxxxxxxx  # 特定ユーザを指定する場合
   - g:infomotion              # infomotion グループに所属するユーザを指定する場合
   - g:authenticated           # 認証ユーザ全員を指定する場合

ACL の詳細は、 NEC BaaS のデベロッパーマニュアル をご参照ください。

Function 定義登録

本プロジェクトに格納されている Function 定義を登録します。 function.yaml の 2行目以降をコピーし、デベロッパーコンソールの Cloud Functions > Functions から登録します。登録する際の名前は function.yaml の1行目に記載されている Function 名を入力してください。

ユーザコード登録

ユーザコードの取得

ユーザコードは、コンパイル済みバイナリを Releases より取得し、登録してください。

ビルド

ユーザコードをソースからビルドすることも可能です。 以下のコマンドでビルドします。

$ mvn verify

ビルドが完了すると target フォルダ配下に 「infomotion-7.5.0-cloudfn.tar.gz」 が作成されます。

バケット作成

デベロッパーコンソールのファイルバケットからバケット名を CUSTOM_CODE としてファイルバケットを作成します。 ACL の設定は、バケット ACL 、コンテンツ ACL 共に全ての権限を空に設定してください。

ファイル登録

ファイルバケット一覧から作成したファイルバケットを選択し、 infomotion-7.5.0-cloudfn.tar.gz を登録してください。

アクセス方法

Enebular InfoMotion からの NEC BaaS カスタムAPI の呼び出し方法について説明します。 カスタムAPI の呼び出しには以下の設定を行います。

  • InfoType
  • DataSource
  • InfoMotion

InfoType 設定

infomotion-tool を使用して作成、もしくは Discover Assets から任意の InfoType を選択します。 ここでは "Discover Assets" に登録されている Enebular が提供する linechart を使用して説明します。

DataSource 設定

Enebular のプロジェクトダッシュボードから DataSource を追加します。

DataSource 設定画面では以下の項目が設定できます。下記項目に値を設定します。

設定項目 説明
Title 任意のタイトル
DataSource Type NEC-BaaS
Endpoint https://{APIサーバホスト名}/api/1/{テナント名}/api/{API名}/{サブパス}?{検索条件}
App Id NEC BaaS のアプリケーションID
App Key NEC BaaS のアプリケーションキー
Username (optional) NEC BaaS に登録済みのユーザ名
Password (optional) NEC BaaS に登録済みユーザのパスワード
  • テナント名(ID)、アプリケーション ID、アプリケーションキーは NEC BaaS のデベロッパーコンソール上で確認してください。
  • API 名は "infomotion" を指定してください。
  • サブパスには "/search/{バケット名}" を指定してください。バケット名は参照するオブジェクトバケット名を指定してください。
  • 検索条件の設定は任意となります。オブジェクトクエリの検索条件と同フォーマットで where が指定できます。
  • DataSource Type は NEC BaaS との連携を行うため、"NEC-BaaS" を指定してください。

InfoMotion 設定

Enebular のプロジェクトダッシュボードから InfoMotion を追加します。

追加した InfoMotion を開き、 Manage Graphs をクリックします。 右側にグラフを追加するためのメニューが表示されるので Create Graph をクリックします。

下記項目に値を設定し、 Add をクリックしてグラフを追加してください。

設定項目 説明
Name 任意の名前
Select InfoType 登録した InfoType
Select Data DataSource 登録した DataSource
label 凡例
value 値のキー名
limit 表示件数
You can’t perform that action at this time.