Skip to content
perlcritic x reviewdog 説明用のリポジトリ
Makefile Dockerfile Perl
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
src
.dockerignore
.editorconfig
.gitignore
Dockerfile
Makefile
README.md
cpanfile
cpanfile.snapshot

README.md

perlcritic x reviewdog

perlcriticreviewdog を組み合わせて使う方法の説明用リポジトリです。

Requirements

  • Docker

Usage

基本的な使い方

まずはこのリポジトリを git clone します。その後、

make build

で Docker イメージのビルドをおこないます。

make perlcritic

によって、 perlcritic の結果が見られます。

make reviewdog

をしても、特に出力は得られません。master ブランチの最新コミットとの差分を見ているためです。
develop ブランチに移動してみましょう。

git checkout develop
make reviewdog

今度は出力が得られたはずです。
perlcritic で指摘されるもののうち、master ブランチとの差分に関わる箇所のみが出力されました。

プルリクへの reviewdog コメントをローカルから付ける例

  1. https://github.com/settings/tokens の『Generate new token』ボタンからトークンを作成。
    権限は「public_repo」のみにチェック(非公開リポジトリならば「repo」にチェック)
  2. プルリクエストを作成 (例: https://github.com/nekonenene/perlcritic_reviewdog/pull/1
  3. トークン文字列およびプルリクIDをもとに、以下のようなコマンドを実行します。
    make reviewdog_pr REVIEWDOG_GITHUB_API_TOKEN="xxxxxx" CI_PULL_REQUEST=1
    結果、 https://github.com/nekonenene/perlcritic_reviewdog/pull/1 にコメントが行われました。
You can’t perform that action at this time.