Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
branch: master
Fetching contributors…

Cannot retrieve contributors at this time

executable file 443 lines (282 sloc) 25.317 kb
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<html>
<head>
<meta http-equiv="CONTENT-TYPE" content="text/html; charset=EUC-JP">
<meta name="collection" content="reference">
<title>README -- Java Platform, Standard Edition Development Kit</title>
</head>
<body lang="en-US" bgcolor="#FFFFFF">
<h1 align="center">README</h1>
<h2 align="center">Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Platform, Standard Edition 6<br> Development Kit</h2>
<p align="center"><b>JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup> 6</b></p>
<h2>目次</h2>
<ul>
<li><a href="#introduction">はじめに</a></li>
<li><a href="#install">システム要件およびインストール</a></li>
<li><a href="#docs">JDK ドキュメント</a></li>
<li><a href="#relnotes">リリースノート</a></li>
<li><a href="#compatibility">互換性</a></li>
<li><a href="#bugs">バグ報告とフィードバック</a></li>
<li><a href="#contents">JDK の内容</a></li>
<li><a href="#jre">Java Runtime Environment</a></li>
<li><a href="#redistribution">再配布</a></li>
<li><a href="#endorsed">推奨規格オーバーライド機構</a></li>
<li><a href="#javadb">Java DB</a></li>
<li><a href="#webpages">Web ページ</a></li>
</ul>
<h2><a name="introduction"></a>はじめに</h2>
<blockquote>
Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Platform, Standard Edition Development Kit (JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup>) のこのリリースをダウンロードいただきありがとうございます。JDK は、Java プログラミング言語を使用してアプリケーション、アプレット、およびコンポーネントを構築するための開発環境です。
</blockquote>
<blockquote>
JDK には、Java プログラミング言語で記述されたプログラムの開発とテスト、および Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プラットフォームでの実行に使用できる各種ツールが付属しています。
</blockquote>
<h2><a name="install"></a>システム要件およびインストール</h2>
<blockquote>
システム要件、インストール手順、およびトラブルシューティングのヒントについては、次の Java Software Web サイトを参照してください。
</blockquote>
<blockquote>
<a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/webnotes/install/">JDK 6 インストール手順</a>
</blockquote>
<h2><a name="docs"></a>JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup> ドキュメント</h2>
<blockquote>
<a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/index.html">Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Platform, Standard Edition (Java SE) のオンラインドキュメント</a>には、API 仕様、機能説明、開発者ガイド、JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup> ツールおよびユーティリティーのリファレンスページ、デモ、および関連情報へのリンクが含まれています。JDK ドキュメントは、使用しているマシンにインストール可能なダウンロードバンドルでも入手できます。 ドキュメントバンドルを入手するには、<a href="../download.html">ダウンロードページ</a>を参照してください。 API については、<a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/api/index.html">Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Platform, Standard Edition の API 仕様</a>を参照してください。 API について、コード例よりも仕様に重点をおいた簡単な説明を読むことができます。
</blockquote>
<h2><a name="relnotes"></a>リリースノート</h2>
<blockquote>
このリリースに関する追加情報については、Java Software Web サイトの <a href="index.html">Java SE 6 リリースノート</a>を参照してください。オンライン版のリリースノートは随時更新されるので、定期的にアクセスして最新の情報を確認してください。
</blockquote>
<h2><a name="compatibility"></a>互換性</h2>
<blockquote>
互換性に関する既知の問題については、Java Software Web サイトで<a href="compatibility.html">以前のリリースとの互換性</a>を参照してください。 以前のバージョンの Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プラットフォーム用に記述されたプログラムのサポートについては万全を期しています。互換性を失う変更が必要な箇所もありましたが、ほとんどのソフトウェアはプログラミングをやり直すことなく現在のバージョンに移行できます。互換性に関する Web ページで説明しているような意図的に互換性を排除したわずかな場合を除いて、プログラミングをやり直さないと移行できない場合はバグであるとみなされます。潜在的なセキュリティーホールをふさぐため、または実装や設計上のバグを修正するために必要な変更によって、一部の互換性が失われています。
</blockquote>
<h2><a name="bugs"></a>バグ報告とフィードバック</h2>
<blockquote>
<a href="http://bugs.sun.com/bugdatabase/index.jsp">バグデータベース</a> Web サイトでは、既存のバグ報告の検索と調査、バグ報告の送信、バグ修正の重要度の報告を行うことができます。バグ報告や機能に関する要望を直接送信するには、次のフォームに記入してください。
</blockquote>
<blockquote>
<a href= "http://bugs.sun.com/services/bugreport/index.jsp">http://bugs.sun.com/services/bugreport/index.jsp</a>
</blockquote>
<blockquote>
フィードバックは、<a href="http://java.sun.com/docs/forms/sendusmail.html">Java SE ドキュメントチーム</a>に送信してください。 また、<a href="http://java.sun.com/mail/">Java Software エンジニアリングチームの電子メールアドレス</a>にコメントを直接送信していただくこともできます。
</blockquote>
<blockquote>
<b>注</b> - Bug Database や弊社開発チームからテクニカルサポートを受けることはできません。 サポートオプションについては、Java Software Web サイトの<a href="http://java.sun.com/support/">サポートとサービス</a>を参照してください。
</blockquote>
<h2><a name="contents"></a>JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup> の内容</h2>
<blockquote>
ここでは、JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup> のファイルとディレクトリの概要を説明します。 ファイルとディレクトリの詳細については、お使いのプラットフォームの Java SE ドキュメントの「<a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/tools/index.html#general">JDK ファイル構造</a>」を参照してください。
</blockquote>
<dl>
<dd>
<dl>
<dt><b>開発ツール</b></dt>
<dd><code>bin</code> サブディレクトリに格納されています。 Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プログラミング言語で記述されたプログラムの開発、実行、デバッグ、およびドキュメント作成を支援するツールとユーティリティーです。 詳細については、<a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/tools/index.html">各ツールのマニュアル</a>を参照してください。<br> <br></dd>
<dt><b>Runtime Environment</b></dt>
<dd><code>jre</code> サブディレクトリに格納されています。JDK で使用される Java Runtime Environment (JRE<sup><font size="-2">TM</font></sup>) 実行環境の実装です。 JREには、Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> 仮想マシン、クラスライブラリ、および Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プログラミング言語で記述されたプログラムの実行をサポートするその他のファイルが含まれます。<br> <br></dd>
<dt><b>追加ライブラリ</b></dt>
<dd><code>lib</code> サブディレクトリに格納されています。 開発ツールに必要な追加のクラスライブラリとサポートファイルです。<br> <br></dd>
<dt><b>デモアプレットとアプリケーション</b></dt>
<dd><code>demo</code> サブディレクトリに格納されています。 Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プラットフォーム用のプログラミング例で、ソースコードが含まれます。 Swing やその他の Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Foundation Classes、および Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Platform Debugger Architecture を使用する例も含まれます。<br> <br></dd>
<dt><b>サンプルコード</b></dt>
<dd><code>sample</code> サブディレクトリに格納されています。 特定の Java API のプログラミングのソースコード付きサンプルです。</dd>
<dt><b>C ヘッダーファイル</b></dt>
<dd><code>include</code> サブディレクトリに格納されています。 <a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/guides/jni/index.html">Java Native Interface</a>、<a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/guides/jvmti/index.html">JVM<sup><font size="-2">TM</font></sup> Tool Interface</a>、およびその他の Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Platform の機能を使用するネイティブコードプログラミングをサポートするヘッダーファイルです。<br> <br></dd>
<dt><b>ソースコード</b></dt>
<dd><code>src.zip</code> に格納されています。Java&nbsp;コア API を構成するすべてのクラスに対する Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プログラミング言語のソースファイルです (java.*、javax.*、および一部の org.* パッケージのソースファイル。com.sun.* パッケージは対象外)。このソースコードは情報提供のみを目的としており、開発者が Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プログラミング言語を理解し活用するのに役立ちます。これらのファイルには、プラットフォーム固有の実装コードは含まれません。これらのファイルを使用して、クラスライブラリを再構築することはできません。これらのファイルを展開するには、一般的な zip ユーティリティーを使用します。 また、次のように、JDK の <code>bin/</code> ディレクトリに用意されている Jar ユーティリティーを使用することもできます。<br> <br> <code>jar xvf src.zip</code></dd>
</dl>
</dd>
</dl>
<h2><a name="jre"></a>Java SE Runtime Environment (JRE<sup><font size="-2">TM</font></sup>)</h2>
<blockquote>
Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Runtime Environment (JRE<sup><font size="-2">TM</font></sup>) は、単独でダウンロードできる製品として提供されています。 <a href="../download.html">ダウンロード Web サイト</a>を参照 してください。
</blockquote>
<blockquote>
JRE を使用すると、Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プログラミング言語で記述されたアプリケーションを実行できます。 JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup> と同様に、Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> 仮想マシン、Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プラットフォーム API を構成するクラス、およびサポートファイルが含まれます。JDK とは異なり、コンパイラやデバッガなどの開発ツールは含まれません。
</blockquote>
<blockquote>
JRE は、JRE のライセンス条項に従って、独自に開発したアプリケーションとともに自由に再配布することができます。JDK を使用してアプリケーションを開発したのち、エンドユーザーがそのソフトウェアを Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プラットフォームで実行できるように、JRE とともに出荷することができます。
</blockquote>
<h2><a name="redistribution"></a>再配布</h2>
<blockquote>
<blockquote>
<hr>
注 - このソフトウェアのライセンスは、ベータ版およびその他のプレリリース版の再配布を許可するものではありません。
<hr>
</blockquote>
</blockquote>
<blockquote>
ソフトウェアライセンス契約の条項、および以下で規定される義務、制限、および例外事項に従い、ソフトウェア (および以下で再配布可能と見なされる、ソフトウェアの一部) を複製および配布できます。
</blockquote>
<blockquote>
<ol type="a">
<li>ソフトウェアを完全な改変されていない状態で、かつアプレットおよびアプリケーション (「プログラム」) の一部としてバンドルされた状態でのみ配布する。</li>
<li>プログラムが重要かつ主要な機能をソフトウェアに追加する。</li>
<li>プログラムが Java 対応の汎用デスクトップコンピュータおよびサーバーで実行されることのみを目的とする。</li>
<li>プログラムの実行のみを目的として、ソフトウェアを配布する。</li>
<li>ソフトウェアのコンポーネントと置き換えることを目的として追加のソフトウェアを配布しない。</li>
<li>ソフトウェアに記載されているいかなる所有権表示や告知も除去または変更しない。</li>
<li>本契約に含まれる条項と合致した、Oracle の利益を保護するライセンス契約に従ってのみソフトウェアを配布する。</li>
<li>プログラムおよびソフトウェアの一部またはすべての使用あるいは配布に起因した第三者からの請求、訴訟、または措置に関連して生じるいかなる損害、費用、債務、和解金、および出費 (弁護士費用を含む) から、Oracle とそのライセンサを擁護し、補償することに同意する。</li>
</ol>
</blockquote>
<blockquote>
ここで使用されている「ベンダー」という用語は、自らのプログラムとともに Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Development Kit (JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup>) をライセンス供与および配布するライセンシ、開発者、および独立系ソフトウェアベンダー (ISV) を指します。
</blockquote>
<blockquote>
ベンダーは、Java Development Kit バイナリコードライセンス契約の条項に従う必要があります。
</blockquote>
<h3>必須ファイルとオプションファイル</h3>
<blockquote>
Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Development Kit (JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup>) を構成するファイルは、必須とオプションの 2 つに分類されます。オプションファイルは、ベンダーの判断により JDK の再配布から除外することができます。
</blockquote>
<blockquote>
JDK の再配布から任意で除外できるファイルおよびディレクトリを次に示します。これらのオプションファイル一覧に含まれないファイルは、すべて JDK の再配布に含める必要があります。
</blockquote>
<h3>オプションのファイルとディレクトリ</h3>
<blockquote>
次のファイルは再配布から任意に除外できます。 これらのファイルは、jdk1.6.0_&lt;version&gt; ディレクトリにあります。&lt;version&gt; は、アップデートバージョン番号です。 Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> および Linux のファイル名と区切り記号が示されています。Windows の実行可能ファイルには末尾に「.exe」が付きます。名前に <code>_g</code> が付く対応するファイルも除外できます。 除外された実行可能ファイル (Solaris<sup><font size="-2">TM</font></sup> オペレーティングシステムおよび Linux の場合、以下の一覧でパスが bin/ から始まる) に対応するマニュアルページは除外する必要があります。
</blockquote>
<dl>
<dd>
<dl>
<dt><code>jre/lib/charsets.jar</code></dt>
<dd>文字変換クラス</dd>
<dt><code>jre/lib/ext/</code></dt>
<dd><code>sunjce_provider.jar</code> - Java 暗号化 API の SunJCE プロバイダ<br> <code>localedata.jar</code> - 米国英語以外のロケールに必要なリソースの多くを含む<br> <code>ldapsec.jar</code> - LDAP サービスプロバイダがサポートするセキュリティー機能を含む<br> <code>dnsns.jar</code> - JNDI DNS プロバイダの InetAddress ラッパー用</dd>
<dt><tt>bin/rmid</tt> および <tt>jre/bin/rmid</tt></dt>
<dd>Java RMI 起動システムデーモン</dd>
<dt><tt>bin/rmiregistry</tt> および <tt>jre/bin/rmiregistry</tt></dt>
<dd>Java リモートオブジェクトレジストリ</dd>
<dt><tt>bin/tnameserv</tt> および <tt>jre/bin/tnameserv</tt></dt>
<dd>Java IDL ネームサーバー</dd>
<dt><tt>bin/keytool</tt> および <tt>jre/bin/keytool</tt></dt>
<dd>鍵および証明書の管理ツール</dd>
<dt><tt>bin/kinit</tt> および <tt>jre/bin/kinit</tt></dt>
<dd>Kerberos チケット認可チケットの取得およびキャッシュに使用</dd>
<dt><tt>bin/klist</tt> および <tt>jre/bin/klist</tt></dt>
<dd>資格キャッシュおよびキータブ内の Kerberos 表示エントリ</dd>
<dt><tt>bin/ktab</tt> および <tt>jre/bin/ktab</tt></dt>
<dd>Kerberos キーテーブルマネージャー</dd>
<dt><tt>bin/policytool</tt> および <tt>jre/bin/policytool</tt></dt>
<dd>ポリシーファイルの作成および管理ツール</dd>
<dt><tt>bin/orbd</tt> および <tt>jre/bin/orbd</tt></dt>
<dd>Object Request Broker Daemon</dd>
<dt><tt>bin/servertool</tt> および <tt>jre/bin/servertool</tt></dt>
<dd>Java IDL サーバーツール</dd>
<dt><tt>bin/javaws</tt>、<tt>jre/bin/javaws</tt>、<tt>jre/lib/javaws/</tt> および <tt>jre/lib/javaws.jar</tt></dt>
<dd>Java Web Start</dd>
<dt><code>db/</code></dt>
<dd>
Java DB。Oracle が配布する Apache Derby データベーステクノロジーです。デフォルトでは以下にインストールされます。
<ul>
<li>Solaris: <code>/opt/SUNWjavadb</code></li>
<li>Linux: <code>/opt/sun/javadb</code></li>
<li>Windows: <code>C:\Program Files\Sun\JavaDB</code></li>
</ul>ユーザードキュメントや API ドキュメント、Java DB の機能やその他リソースなどの Java DB と Derby の情報については、上記ディレクトリの index.html ファイルを参照してください。
</dd>
<dt><code>demo/</code></dt>
<dd>デモアプレットとアプリケーション</dd>
<dt><code>sample/</code></dt>
<dd>サンプルコード</dd>
<dt><code>src.zip</code></dt>
<dd>ソースファイルのアーカイブ</dd>
</dl>
</dd>
</dl>
<h3>再配布可能な JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup> ファイル</h3>
<blockquote>
次に示す JDK のファイル/ディレクトリセットは、ベンダーの提供する Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Runtime Environment (JRE<sup><font size="-2">TM</font></sup>) の再配布に含めることができます。 これらを個別に再配布することはできません。バージョンが一致する JRE とともに配布する必要があります。次のパスは、すべて JDK の最上位ディレクトリからの相対パスです。 含められる実行可能ファイル (Solaris<sup><font size="-2">TM</font></sup> オペレーティングシステムおよび Linux の場合、以下の一覧でパスが bin/ から始まる) に対応するマニュアルページは含める必要があります。
</blockquote>
<dl>
<dd>
<dl>
<dt><code>jre/lib/cmm/PYCC.pf</code></dt>
<dd>カラープロファイル。このファイルは、PYCC カラー領域とその他のカラー領域の間で変換を行う場合にのみ必要です。</dd>
<dt><tt>jre/lib/fonts</tt> ディレクトリ内のすべての <tt>.ttf</tt> フォントファイル</dt>
<dd>LucidaSansRegular.ttf フォントはすでに JRE に含まれているため、JDK から取得する必要はありません。</dd>
<dt><code>jre/lib/audio/soundbank.gm</code></dt>
<dd>この MIDI サウンドバンクは JDK に含まれますが、JRE から削除されています。これは JRE のダウンロードバンドルのサイズを減らすことが目的です。 ただし、サウンドバンクファイルは MIDI の再生に必要なため、ベンダーの判断で JDK の <tt>soundbank.gm</tt> ファイルを JRE の再配布に含めることができます。 拡張 MIDI サウンドバンクのいくつかのバージョンを Java Sound Web サイト <a href="http://java.sun.com/products/java-media/sound/">http://java.sun.com/products/java-media/sound/</a> で入手できます。これらの代替のサウンドバンクはどれも、JRE の再配布に含めることができます。</dd>
<dt>javac バイトコードコンパイラ。以下のファイルで構成されます。</dt>
<dd><tt>bin/javac</tt> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステムおよび Linux]<br> <tt>bin/sparcv9/javac</tt> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (SPARC(R) プラットフォーム版)]<br> <tt>bin/amd64/javac</tt> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (AMD)]<br> <tt>bin/javac.exe</tt> [Microsoft Windows]<br> <tt>lib/tools.jar</tt> [すべてのプラットフォーム]</dd>
<dt>Annotation Processing Tool。以下のファイルで構成されます。<br></dt>
<dd><code>lib/tools.jar</code> [すべてのプラットフォーム]<br> <code>bin/apt</code> [Solaris<sup><font size="-2">TM</font></sup> オペレーティングシステムおよび Linux]<br> <code>bin/sparcv9/apt</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (SPARC(R) プラットフォーム版)]<br> <code>bin/amd64/apt</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (AMD)]<br> <code>bin/apt.exe</code> [Microsoft Windows]</dd>
<dt><code>lib/jconsole.jar</code></dt>
<dd>Jconsole アプリケーション。注: Jconsole アプリケーションには動的アタッチ機構が必要です。</dd>
<dt>動的アタッチ機構は、以下のファイルで構成されます。</dt>
<dd><code>lib/tools.jar</code> [すべてのプラットフォーム]<br> <code>jre/lib/sparc/libattach.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (SPARC(R) プラットフォーム版) および Linux]<br> <code>jre/lib/sparcv9/libattach.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (SPARC(R) プラットフォーム版) および Linux]<br> <code>jre/lib/i386/libattach.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (x86) および Linux]<br> <code>jre/lib/amd64/libattach.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (AMD) および Linux]<br> <code>jre\bin\attach.dll</code> [Microsoft Windows]<br></dd>
<dt>Java Platform Debugger Architecture の実装は、上の動的アタッチで示されたファイル、および以下のファイルで構成されます。</dt>
<dd><code>lib/tools.jar</code> [すべてのプラットフォーム]<br> <code>lib/sa-jdi.jar</code> [すべてのプラットフォーム]<br> <code>jre/lib/sparc/libsaproc.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (SPARC(R) プラットフォーム版) および Linux]<br> <code>jre/lib/sparcv9/libsaproc.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (SPARC(R) プラットフォーム版) および Linux]<br> <code>jre/lib/i386/libsaproc.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (x86) および Linux]<br> <code>jre/lib/amd64/libsaproc.so</code> [Solaris<sup><font size= "-2">TM</font></sup> オペレーティングシステム (AMD) および Linux]<br></dd>
<dt><code>jre\bin\server\</code></dt>
<dd>Microsoft Windows プラットフォームでは、JDK に Java HotSpot<sup><font size="-2">TM</font></sup> Server VM と Java HotSpot<sup><font size="-2">TM</font></sup> Client VM の両方が含まれます。ただし、Microsoft Windows プラットフォーム版の JRE には Java HotSpot<sup><font size="-2">TM</font></sup> Client VM しか含まれていません。Java HotSpot<sup><font size="-2">TM</font></sup> Server VM を JRE で使用する場合は、JDK の <tt>jre\bin\server</tt> フォルダを JRE の <tt>bin\server</tt> ディレクトリにコピーしてください。ソフトウェアベンダーは、JRE の再配布の際に、Java HotSpot<sup><font size="-2">TM</font></sup> Server VM を再配布することができます。</dd>
</dl>
</dd>
</dl>
<h3>無制限強度 Java 暗号化拡張機能</h3>
<blockquote>
一部の国の輸入規制に対応するため、JDK および JRE とともに出荷される Java 暗号化拡張機能 (JCE) のポリシーファイルは、強力ではあっても制限付きの暗号方式の使用しか許可していません。 これらのファイルは次の場所に格納されています。<br>
<br> <code>&lt;java-home&gt;/lib/security/local_policy.jar</code><br> <code>&lt;java-home&gt;/lib/security/US_export_policy.jar</code><br> <br><code>&lt;java-home&gt;</code> は、JDK の <code>jre</code> ディレクトリまたは JRE の最上位ディレクトリです。 </blockquote>
<blockquote>
規制を受けない国のユーザーのために、暗号化強度に制限のない無制限強度バージョンのファイルが JDK Web サイトに用意されています。これらの国のユーザーは、無制限強度バージョンをダウンロードし、強力暗号化 jar ファイルを無制限強度ファイルで置き換えることができます。
</blockquote>
<h3>cacerts 証明書ファイル</h3>
<blockquote>
以下にある Java SE 証明書ファイルでルート認証局証明書を追加または削除することができます。
</blockquote>
<blockquote>
<code>&lt;java-home&gt;/lib/security/cacerts</code>
</blockquote>
<blockquote>
詳細は keytool ドキュメントの <a href="http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/tools/solaris/keytool.html#cacerts">cacerts 証明書ファイル</a> を参照してください。
</blockquote>
<h2><a name="endorsed"></a>Java 推奨規格オーバーライド機構</h2>
<blockquote>
Java プラットフォームは、Java Community Process<sup><font size="-1">SM</font></sup> (JCP<sup><font size="-1">SM</font></sup><a href="http://www.jcp.org/">http://www.jcp.org/</a>) 以外で作成された標準 (推奨標準) の最新バージョンを組み込むため、またはプラットフォームに含まれるテクノロジーのバージョンを、そのテクノロジーの新しいスタンドアロンバージョン (標準テクノロジー) に対応させるため、適宜更新が必要です。
</blockquote>
<blockquote>
推奨規格オーバーライド機構を使用すれば、Java プラットフォームに組み込まれる可能性のある推奨標準やスタンドアロンテクノロジーを実装する、新しいバージョンのクラスやインタフェースを提供できます。
</blockquote>
<blockquote>
推奨規格オーバーライド機構の詳細については、次のサイトを参照してください。優先指定に使用できるプラットフォームパッケージの一覧も掲載されています。
</blockquote>
<blockquote>
<a href= "http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/guides/standards/">http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/guides/standards/</a>
</blockquote>
<h2><a name="javadb" id="javadb"></a>Java DB</h2>
<blockquote>
この配布は、Oracle が配布する Apache Derby pure Java データベーステクノロジーである Java DB をバンドルしています。デフォルトでは以下にインストールされます。
<ul>
<li>Solaris: <code>/opt/SUNWjavadb</code></li>
<li>Linux: <code>/opt/sun/javadb</code></li>
<li>Windows: <code>C:\Program Files\Sun\JavaDB</code></li>
</ul>
<p>ユーザードキュメントや API ドキュメント、Java DB の機能やその他リソースなどの Java DB と Derby の情報については、上記ディレクトリの index.html ファイルを参照してください。</p>
</blockquote>
<h2><a name="webpages"></a>Web ページ</h2>
<blockquote>
詳細については、次の Oracle の Web ページを参照してください。
</blockquote>
<dl>
<dd>
<dl>
<dt><a href="http://java.sun.com/">http://java.sun.com/</a></dt>
<dd>Java Software Web サイト。Java テクノロジ、製品情報、ニュース、および機能についての最新情報が掲載されています。</dd>
<dt><a href= "http://java.sun.com/docs">http://java.sun.com/docs</a></dt>
<dd>Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> プラットフォームのドキュメント。ホワイトペーパーや Java チュートリアルなどのドキュメントにアクセスできます。</dd>
<dt><a href= "http://developer.java.sun.com/">http://developer.java.sun.com</a></dt>
<dd>Developer Services Web サイト。(無料の登録が必要。) 技術情報、ニュース、および機能の詳細情報、ユーザーフォーラム、サポート情報などが提供されています。</dd>
<dt><a href= "http://java.sun.com/products/">http://java.sun.com/products/</a></dt>
<dd>Java テクノロジ製品と API</dd>
</dl>
</dd>
</dl>
<hr>
<p><font size="2">The Java<sup><font size="-2">TM</font></sup> Development
Kit (JDK<sup><font size="-2">TM</font></sup>) is a product of Oracle<sup><font size="-2">TM</font></sup>, Inc.<br>
<br>
Copyright (c) 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
</font></p>
<script type="text/javascript" language="JavaScript" src="/js/omi/jsc/s_code_remote.js">
</script>
</body>
</html>
Jump to Line
Something went wrong with that request. Please try again.