Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 

Procon26 競技部門

1.Solver Algorithm

  • simpleSolver/simpleSolver2/simpleSolver3 貪欲に石を並べるソルバ。主に評価値として、今まで置いた石・障害物との接する面積、石を置いた時にできる空白のグループ(区切られた空白)の数

  • SolverIV 深さ優先探索を用いたソルバ。

  • GolverGA 遺伝的アルゴリズムを用いて、パスする石を決めるソルバ。石の並べ方はsimpleSolverとほぼ同じ考え方

  • 未実装:SolverIDDFS IDDFS(反復進化深さ優先探索)を用いるソルバ。

  • 未実装:SolverX simpleSolverの改良型で、空白を作った場合その形を見て、残りの石で埋めることができないなら、石を置かない的なソルバ。

2.Develop Enviorement

Langage

  • C++
  • C++11
  • C#
  • Shell

OS

  • Windows7/10
  • Mac OS X

Editer

  • Visual Stuio 2015 Community
  • Visual Sudio Code
  • Vim

Compiler

  • Microsoft C++ Compiler
  • Microsoft C# Compiler
  • G++

Version Management

  • GitHub

Test

  • Google Test

3.Visualizer

Procon26-Visualizer

4.Problem Generator

Procon26-Problem-Generator

Procon26 競技部門 モジュール仕様書 (ver1.2)

1.概要

モジュールは、問題の入出力、石の回転・反転等を行う関数・構造体・クラス群である 。各ソルバは、基本的に本モジュールを用いて作成する。

本モジュールの構成については以下に示す。

名称 概要
procon26_module.hpp 石・ボードの構造体やクラスの定義や各定数等の定義部
procon26_modio.hpp 問題の入出力に関する関数等の定義部
procon26_modlib.hpp 石・ボードに対する処理に関するモジュールの定義部
procon26_module.cpp クラスの実装部
procon26_modio.cpp 入出力関数の実装部
procon26_modlib.cpp 石・ボードに対する関数の実装部

2.用語

各種用語を以下に定義する。

用語 概要
block 石や敷地を構成する最小単位であり、大きさは1[zuku]。
stone 複数のblockを辺でつなげたもの。8*8[zuku]の正方形で与えられる。
board 石を敷き詰める場所。問題で与えられる"敷地"と同義。32*32[zuku]の正方形で与えられる。

3.インターフェース

3.1 procon26_module

procon26_moduleの構成について以下に示す。

定数名 概要
STONE_SIZE stoneの一辺大きさ。
BOARD_SIZE boardの一辺の大きさ。
struct Stoen stoneを表す構造体。 unsigned char型8個の配列で表す。
struct Board boardを表す構造体。 unsigned char型128個の配列で表す。
struct Problem 問題を表す構造体。boardとstoneの数、stoneを保持する。
class Answer 各stoneを置いた座標、回転、反転の情報を保持する。
メンバ関数ToString()を持つ。
class Answers 解答を表すクラス。 Answerクラスのリストを保持する。

3.2 procon26_modio

procon26_modioの構成について以下に示す。

  • 定数 block_0 showStone/showBoard関数で出力する "0" 文字の設定

  • 定数 block_1 showStone/showBoard関数で出力する "1" 文字の設定

  • Stone *getStoneByString(std::string stone)
    文字列からstoneに変換する関数

  • stone : stoneの情報を持つ文字列(64文字)

  • return : 引数で与えられた文字列をStone構造体に格納し返す

  • Board *getBoardByString(std::string board)
    文字列からboardに変換する関数

  • board : boardの情報を持つ文字列(1024文字)

  • return : 引数で与えられた文字列をBoard構造体に格納し返す

  • void inputStone(Stone *stone, int n)
    標準入力からstoneを読み込み引数で与えたStone構造体のポインタに格納する関数

  • stone : 読み込んだstoneを格納するstone構造体ポインタ

  • n : 読み込む石の個数

  • void inputBoard(Board *board)
    標準入力からboardを読み込み引数で与えたBoard構造体のポインタに格納する関数

  • board : 読み込んだboardを格納するBoard構造体のポインタ

  • void showStone(const Stone *stone)
    標準出力にstoneを出力する関数

  • stone : 出力するstoneの構造体ポインタ

  • void showBoard(const Board *board)
    標準出力にboardを出力する関数

  • board : 出力するboardの構造体ポインタ

  • Problem *readProblem(string filePath)
    引数filePathで与えられたファイルから問題を読み込み、Problem構造体に格納しそのポインタを返す関数

  • filePath : 問題ファイルのパス

  • 使用例 :
    Problem *prob = readProblem("quest.txt");

3.3 procon26_modlib(編集中)

procon26_modlibの構成について以下に示す。

  • int countBit(unsigned char bit)
    unsigned char型の1のビットを数える関数

  • int countBitOfStone(const Stone *stone)
    Stone構造体の1(ブロック)の数を数える関数

  • int countBitOfBoard(const Board *board)
    Board構造体の1(ブロック)の数を数える関数

  • Stone *quarryStone(const Board *board, int x, int y, bool filler)
    boardの任意の座標から石(8*8[zuku])をコピーする関数

  • Stone *shiftUp(const Stone *stone, int times, int filler)
    stoneを上にtimes回シフトし、fillerを詰める関数

  • Stone *shiftDown(const Stone *stone, int times, int filler)
    stoneを下にtimes回シフトし、fillerを詰める関数

  • Stone *shiftRight(const Stone *stone, int times, int filler)
    stoneを右にtimes回シフトし、fillerを詰める関数

  • Stone *shiftLeft(const Stone *stone, int times, int filler)
    stoneを左にtimes回シフトし、fillerを詰める関数

  • Stone *rotate(const Stone *stone, int n)
    stoneをn*90°回転する関数

  • Stone *rotate90(const Stone *stone)
    stoneを右に90°回転する関数

  • Stone *rotate180(const Stone *stone)
    stoneを右に180°回転する関数

  • Stone *rotate270(const Stone *stone)
    stoneを右に270°回転する関数

  • Stone *flip(const Stone *stone)
    stoneを反転する関数

  • Stone *NOT(const Stone *stone)
    stoneのNOTをとる関数(1と0の反転)

  • Stone *AND(const Stone *stone1, const Stone *stone2)
    2つのstoneのANDをとる関数

  • Stone *OR(const Stone *stone1, const Stone *stone2)
    2つのstoneのORをとる関数

  • Stone *XOR(const Stone *stone1, const Stone *stone2)
    2つのstoneのXORをとる関数

  • bool isEmptyStone(const Stone *stone)
    stoneが空(0[zuku])かどうか調べる関数

  • bool isEmptyBoard(const Board *board)
    boardが空(0[zuku])かどうか調べる関数

  • Stone *getTouchingStone(const Board *board, const Stone *stone, int x, int y, bool filler)
    stoneが今まで置いたstoneに触れているか調べる関数(fillerは、はみ出た部分を触れていないとする場合はtrue)

  • Board *placeStone(const Board *board, const Stone *stone, int x, int y)
    boardにstoneを置く関数

  • bool canPlace(const Board *board, const Board *board_diff, const Stone *stone, int x, int y, bool first)
    boardにstoneが置けるか調べる関数(board_diffは今までに置いたstoneだけのboardを渡す)

  • int checkPlacingStone(const Board *board, const Board *board_diff, const Stone *stone, int x, int y)
    boardにstoneを置いたときに触れている数を返す関数(board_diffは今までに置いたstoneだけのboardを渡す)

  • bool isEqualStone(const Stone *stone1, const Stone *stone2)
    2つのstoneが等しいか調べる関数

  • bool isEqualBoard(const Board *board1, const Board *board2)
    2つのboardが等しいか調べる関数

  • Stone *cloneStone(const Stone *stone)
    stoneのコピーを作る関数

  • Board *cloneBoard(const Board *board)
    boardのコピーを作る関数

  • inline bool getCellOfStone(const Stone *stone, int x, int y)
    stoneの指定した座標にブロックがあるか(1かどうか)調べる関数

  • inline bool getCellOfBoard(const Board *board, int x, int y)
    boardの指定した座標にブロックがあるか(1かどうか)調べる関数

  • inline void setCellOfStone(Stone *stone, int x, int y, bool value)
    stoneの指定した座標にブロックを置く(1を入れる)関数

  • inline void setCellOfBoard(Board *board, int x, int y, bool value)
    boardの指定した座標にブロックを置く(1を入れる)関数

  • void getGroupsCountStone(Stone *stone, bool target, int *groups_count, int *count)
    stoneの中のtarget(1のときtrue, 0のときfalse)のまとまりの数をint型のポインタgroups_countに代入する関数

  • int getGroupsCountStoneInternal(Stone *stone, Stone *done, bool target, int x, int y)
    "getGroupsCountStone"の内部で用いている再起関数(一般的には使用しない)

  • void getGroupsCountBoard(Board *board, bool target, int *groups_count, int *count)
    boardの中のtarget(1のときtrue, 0のときfalse)のまとまりの数をint型のポインタgroups_countに代入する関数

  • int getGroupsCountBoardInternal(Board *board, Board *done, bool target, int x, int y)
    "getGroupsCountBoard"の内部で用いている再起関数(一般的には使用しない)

  • void getGroupsStone(Stone *stone, bool target, std::vector<Stone *> &stones, int *groups_count, int *count)
    stoneの中のtarget(1のときtrue, 0のときfalse)のまとまりのリストを返す関数

  • int getGroupsStoneInternal(Stone *stone, Stone *done, Stone *result, bool target, int x, int y)
    "getGroupsStone"の内部で用いている再起関数(一般的には使用しない)

  • void getGroupsBoard(Board *board, bool target, std::vector<Board *> &boards, int *groups_count, int *count)
    boardの中のtarget(1のときtrue, 0のときfalse)のまとまりのリストを返す関数

  • int getGroupsBoardInternal(Board *board, Board *done, Board *result, bool target, int x, int y)
    "getGroupsBoard"の内部で用いている再起関数(一般的には使用しない)

  • Stone *normalizeStone(const Stone *stone)
    stoneを左上に詰める関数

  • void getStatesOfStone(const Stone *source, std::vector<Stone *> &states)
    stoneの回転・反転による状態のうちnormalizeすると同じになるものを除いて1~8の状態を返す関数

About

No description, website, or topics provided.

Resources

Releases

No releases published

Packages

No packages published

Contributors 4

  •  
  •  
  •  
  •