No description or website provided.
Perl
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
config
db
lib/Diary
modules
t
.gitignore
.gitmodules
README.pod
initdb.pl

README.pod

DESCRIPTION

DBIx::MoCo を用いた習作. 日記を記述するためのアプリケーションで, ローカルアプリケーションと web アプリケーションのためにそれぞれブランチを切っています.

CONFIGURATION AND ENVIRONMENT

DATABASE CONFIGURATION

本アプリケーションは, MySQL サーバーを使用します.

DATABASE CONF FILE

接続先 DB の設定は, 以下のファイルに記述します.

本番用: config/db_for_production.conf
テスト用: config/db_for_test.conf

これらのファイルに記述されたナンバー記号 (#) で始まる行はコメント行として無視されます. コメント行以外の行のうち, 1 つめの行が dsn, 2 つめの行が DB のユーザー名, 3 つめの行が DB のパスワードだとみなされます. 記述例は次の節を参照してください.

MANUAL DATABASE INITIALIZATION

DB の設定を手動で行う場合, まず DB の初期化を行った後, db/shema.sql ファイルを 用いて DB のテーブルを構成してください. diary という DB 名で DB の初期化を行う例を以下に示します.

  $ mysql -u root -e 'CREATE DATABASE diary DEFAULT CHARACTER SET utf8'
  $ mysql -u root diary < db/schema.sql

その後, 本アプリケーションの接続先 DB の設定ファイル (本番用は config/db_for_production.conf, テスト用は config/db_for_test.conf) を記述します. 以下に例を示します.

  # dsn
  dbi:mysql:dbname=diary
  # username
  username
  # password
  password_for_user

AUTOMATIC DATABASE INITIALIZATION

付属の initdb.pl スクリプトを使用することで, 前節で述べた DB の初期化と設定ファイルの作成を自動的に行うことが出来ます.

引数なしで initdb.pl を実行すると, DB への接続に使用するユーザー名, パスワードや, 本番用の DB を設定するか, テスト用の DB を設定するかを 尋ねるプロンプトが表示されます. それぞれ値を入力してください. その後, 初期化対象のデータベース名を尋ねるプロンプトが表示されますので, ご希望の DB 名を入力してください.

ここで, 入力した名前の DB が既に存在する場合, 元々存在した DB は確認なしで 消去されますのでご注意ください. また, config/db_for_production.conf ファイルや config/db_for_test.conf ファイルも 確認なしで上書きされます.

DEPENDENCIES

以下の CPAN モジュールがインストール済みである必要があります.

  Encode::Locale
  DateTime
  DateTime::Format::MySQL
  Exporter::Lite
  IO::Prompt
  Class::Data::Inheritable (DBIx::MoCo で使用)
  UNIVERSAL::require (DBIx::MoCo で使用)
  List::MoreUtils (DBIx::MoCo で使用)
  Class::Singleton (DBIx::MoCo で使用)
  Class::Trigger (DBIx::MoCo で使用)
  SQL::Abstract (DBIx::MoCo で使用)
  Log::Dispatch::Screen (DBIx::MoCo で使用)