No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
FU
.gitignore
LICENSE.txt
LICENSE_NyMmd.txt
LICENSE_motion.txt
README.md

README.md

FU

FU

ユーザーが機械に対して愛情を持つこと、それが例えば恋人としうるほどまでになったら?
「機能」というものは、それをもたらす人・物によって、受け手にとっての意味合いがまったく異なります。自分で設定したアラームで目覚めることと、恋人からのモーニングコールで目覚めること……スマートフォンの音とバイブがなるという起きる現象は同じですが、気持ちや意味合いはまったく違いますね。
FU(えふゆー)は、このようなアイデアからスタートしたスマートフォン向けエージェントアプリです。

さて、他人に愛情を持つ過程には(残念なことに?)「見た目」が重要ですよね。
しかしSFに出てくるような人工知能たち、人型ロボット以外の――宇宙船であったり、車であったり、そもそも実態を持たなかったりする――彼らのインターフェースは音声が主体です。画面に出した方が効果的ならば画面を使ったりもしますが、彼らの姿や表情を映すことはありません。それはおそらく画面領域を無駄に使うからでしょう。そしてそれをモバイルデバイスでやるとすれば、なおさらのことです。
それでもFUは、画面領域のほとんどを使って3Dモデルのキャラクターを表示します。何故なら、「機械の中で働いてくれている何者かの存在」を具象化することが、前述した「機能の意味合いに変化」をもたらし、これによって犠牲としたそれを上回る「機能」を得られると考えたからです。
現在、3DモデルにはMMD用モデルデータ(PMD)を採用し、ユーザーが自分の好みのモデルに入れ替えられるようにすることも想定しています。

最後に、FUをオープンソースで開発していこうと決めたのは、「オープンソース彼女」という言葉が降ってきたからという理由の次に、あわよくばたくさんの方々からご賛同・ご参加・ご助力をいただけたらという、汚い考えを持ったからです。
この長ったらしい前書きを読んで、少しでも面白そうだと感じていただけたら、ぜひStarやForkしてください。apkの配布はもう少し形になったら始めます。

FUという名前は「巫」から取りました。

Usage

MMDモデルデータは再配布関係が怪しいので、外しています。
初音ミク@七葉1052式カスタムをご自身でダウンロードしていただき、"FU/assets/model/1052c/"ディレクトリを作成し、PMDを"1052c.pmd"にリネーム(もしくは"FU/src/com/neoneobeam/fu/MyMmdPlayer.java"内のパスを書き換え)した上でその他テクスチャファイルと合わせて配置してください。
結構動かないモデルがあります。PMXのパーサとか書いてくださる方募集中です。

日本語テキスト音声合成にはN2 TTSを利用してテストしています。利用端末にインストール後、設定を行ってください。

License

MIT License
その他同梱ライブラリ、モーションデータにつきましては各LICENSEテキストファイルをご確認ください。

Thanks

nyatla さん
 MMD再生ライブラリNyMmdを開発、MITライセンスで配布してくださいました。

PY さん
 NyMmdの基となるARTK_MMDを開発してくださいました。

樋口M さん
 MikuMikuDanceを開発してくださいました。

三次元CG@七葉 1052 さん
三次元CG@七葉 2439 さん
J-Tomato さん
 初音ミクモデル「1052カスタム」を制作、配布してくださいました。

じゅれ さん
 MMD関連の多くのご助言とモーション作成に甚大なご協力をいただいております。

ありがとうございます。