Skip to content
New issue

Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community.

By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails.

Already on GitHub? Sign in to your account

2019.3 新規の翻訳 #237

Open
nishimotz opened this issue Nov 17, 2019 · 12 comments
Open

2019.3 新規の翻訳 #237

nishimotz opened this issue Nov 17, 2019 · 12 comments
Labels
Milestone

Comments

@nishimotz
Copy link
Member

@nishimotz nishimotz commented Nov 17, 2019

nvda.po 作業案

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 52140)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2019-11-15 00:10+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2019-10-17 10:06+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2019-11-17 16:36+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -378,14 +378,12 @@
 msgstr "挿入"
 
 #. Translators: Displayed in braille for a landmark.
-#, fuzzy
 msgid "lmk"
-msgstr "リンク"
+msgstr "ランドマーク"
 
 #. Translators: Displayed in braille for an object which is an article.
-#, fuzzy
 msgid "art"
-msgstr "キャレット"
+msgstr "記事"
 
 #. Translators: Displayed in braille when an object is selected.
 msgid "sel"
@@ -915,7 +913,7 @@
 #. Translators: The name of a braille table displayed in the
 #. braille settings dialog.
 msgid "Greek international braille"
-msgstr ""
+msgstr "ギリシャ語国際点字"
 
 #. Translators: The name of a braille table displayed in the
 #. braille settings dialog.
@@ -1711,24 +1709,20 @@
 msgstr "前のスペルミスがありません"
 
 #. Translators: Input help message for a quick navigation command in browse mode.
-#, fuzzy
 msgid "moves to the next article"
-msgstr "次のテーブルへ移動"
+msgstr "次の記事に移動"
 
 #. Translators: Message presented when the browse mode element is not found.
-#, fuzzy
 msgid "no next article"
-msgstr "次のテーブルがありません"
+msgstr "次の記事がありません"
 
 #. Translators: Input help message for a quick navigation command in browse mode.
-#, fuzzy
 msgid "moves to the previous article"
-msgstr "前のテーブルへ移動"
+msgstr "前の記事に移動"
 
 #. Translators: Message presented when the browse mode element is not found.
-#, fuzzy
 msgid "no previous article"
-msgstr "前のテーブルがありません"
+msgstr "前の記事がありません"
 
 #. Translators: The label of a radio button to select the type of element
 #. in the browse mode Elements List dialog.
@@ -2642,13 +2636,12 @@
 msgstr "挿入マークあり"
 
 #. Translators: Identifies a landmark.
-#, fuzzy
 msgid "landmark"
-msgstr "%s ランドマーク"
+msgstr "ランドマーク"
 
 #. Translators: Identifies an article.
 msgid "article"
-msgstr ""
+msgstr "記事"
 
 #. Translators: This is presented when a control or document is unavailable.
 msgid "unavailable"
@@ -3029,9 +3022,8 @@
 msgstr "点字"
 
 #. Translators: The name of a category of NVDA commands.
-#, fuzzy
 msgid "Vision"
-msgstr "バージョン"
+msgstr "ビジョン"
 
 #. Translators: The name of a category of NVDA commands.
 msgctxt "script category"
@@ -3504,19 +3496,16 @@
 msgstr "ランドマークの報告の切り替え"
 
 #. Translators: Input help mode message for toggle report articles command.
-#, fuzzy
 msgid "Toggles on and off the reporting of articles"
-msgstr "テーブルの報告の切り替え"
+msgstr "記事の報告の切り替え"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report articles document formatting setting.
-#, fuzzy
 msgid "report articles off"
-msgstr "テーブルを報告しない"
+msgstr "記事を報告しない"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report articles document formatting setting.
-#, fuzzy
 msgid "report articles on"
-msgstr "テーブルを報告する"
+msgstr "記事を報告する"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report frames document formatting setting.
 msgid "report frames off"
@@ -4321,11 +4310,10 @@
 "selected or copied"
 msgstr "レビューカーソルの位置から選択またはコピーを開始"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Move the review cursor to the position marked as the start of text to be "
 "selected or copied"
-msgstr "レビューカーソルの位置から選択またはコピーを開始"
+msgstr "テキストの選択またはコピー開始位置にレビューカーソルを移動"
 
 #. Translators: Presented when attempting to move to the start marker for copy but none has been set.
 #. Translators: Presented when attempting to copy some review cursor text but there is no start marker.
@@ -4516,19 +4504,16 @@
 msgstr "Windows 10 文字認識で現在のナビゲーターオブジェクトの画像を認識"
 
 #. Translators: Input help mode message for toggle report CLDR command.
-#, fuzzy
 msgid "Toggles on and off the reporting of CLDR characters, such as emojis"
-msgstr "スタイルの報告の切り替え"
+msgstr "記号や絵文字の報告の切り替え"
 
 #. Translators: presented when the report CLDR is toggled.
-#, fuzzy
 msgid "report CLDR characters off"
-msgstr "フレームを報告しない"
+msgstr "記号や絵文字を報告しない"
 
 #. Translators: presented when the report CLDR is toggled.
-#, fuzzy
 msgid "report CLDR characters on"
-msgstr "フレームを報告する"
+msgstr "記号や絵文字を報告する"
 
 msgid ""
 "Toggles the state of the screen curtain, either by making the screen black "
@@ -4536,29 +4521,28 @@
 "curtain is enabled until you restart NVDA. If pressed tree times, it is "
 "enabled until you disable it"
 msgstr ""
+"スクリーンカーテンの状態を黒い画面または画面の内容の表示に切り替え。1回押す"
+"と NVDA を再起動するまで有効。すばやく3回押すと手動で無効にするまで有効。"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain is not available.
 msgid "Screen curtain not available"
-msgstr ""
+msgstr "スクリーンカーテンは使用できません"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain is disabled.
-#, fuzzy
 msgid "Screen curtain disabled"
-msgstr "点字を入力しない"
+msgstr "スクリーンカーテン無効"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain could not be enabled.
-#, fuzzy
 msgid "Could not enable screen curtain"
-msgstr "アドオン {description} を有効にできません"
+msgstr "スクリーンカーテンを有効にできません"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain is temporarily enabled.
 msgid "Temporary Screen curtain, enabled until next restart"
-msgstr ""
+msgstr "次の再起動まで一時的にスクリーンカーテンが有効"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain is enabled.
-#, fuzzy
 msgid "Screen curtain enabled"
-msgstr "点字を入力する"
+msgstr "スクリーンカーテン有効"
 
 #. Translators: a message indicating that configuration profiles can't be activated using gestures,
 #. due to profile activation being suspended.
@@ -8961,7 +8945,7 @@
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. document formatting settings panel.
 msgid "Arti&cles"
-msgstr ""
+msgstr "記事(&C)"
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. document formatting settings panel.
@@ -9024,37 +9008,35 @@
 #. active console implementation in the advanced settings panel.
 #. Choices are automatic, prefer UIA, and legacy.
 msgid "Windows C&onsole support:"
-msgstr ""
+msgstr "Windows コンソール(&O)"
 
 #. Translators: A choice in a combo box in the advanced settings
 #. panel to have NVDA use UIA in the Windows Console when available.
 msgid "Prefer UIA"
-msgstr ""
+msgstr "UI オートメーション優先"
 
 #. Translators: A choice in a combo box in the advanced settings
 #. panel to have NVDA use its legacy Windoes Console support
 #. in all cases.
 msgid "Legacy"
-msgstr ""
+msgstr "レガシー"
 
 #. Translators: This is the label for a group of advanced options in the
 #. Advanced settings panel
 msgid "Terminal programs"
-msgstr ""
+msgstr "ターミナル"
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. Advanced settings panel.
-#, fuzzy
 msgid "Speak &passwords in Windows Console (may improve performance)"
-msgstr "UI オートメーションのコンソールでパスワードを読み上げ(&P)"
+msgstr "Windows コンソールでパスワードを報告(&P)"
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. Advanced settings panel.
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Use the new t&yped character support in legacy Windows consoles when "
 "available"
-msgstr "可能な場合に Windows コンソールで UI オートメーションを使用"
+msgstr "従来の Windows コンソールで新しい入力文字サポートを使用(&Y)"
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. Advanced settings panel.
@@ -9349,9 +9331,8 @@
 msgstr "フィルター(&F)"
 
 #. Translators: The label of a button to reset all gestures in the Input Gestures dialog.
-#, fuzzy
 msgid "Reset to factory &defaults"
-msgstr "設定のリセット"
+msgstr "設定のリセット(&D)"
 
 #. Translators: Describes a gesture in the Input Gestures dialog.
 #. {main} is replaced with the main part of the gesture; e.g. alt+tab.
@@ -9372,6 +9353,10 @@
 "during this session, will be lost.\n"
 "\t\t\tThis cannot be undone."
 msgstr ""
+"すべてのジェスチャーを既定の設定値にリセットしてもよろしいですか?\n"
+"\t\t\t\n"
+"過去にユーザーが定義したジェスチャーはすべて失われます。\n"
+"\t\t\tこの操作を元に戻すことはできません。"
 
 #. Translators: An error displayed when saving user defined input gestures fails.
 msgid "Error saving user defined gestures - probably read only file system."
@@ -9663,11 +9648,11 @@
 
 #. Translators: Reported when text is hidden.
 msgid "hidden"
-msgstr ""
+msgstr "非表示"
 
 #. Translators: Reported when text is not hidden.
 msgid "not hidden"
-msgstr ""
+msgstr "非表示にしない"
 
 #. Translators: Reported for text which is at the baseline position;
 #. i.e. not superscript or subscript.
@@ -9855,11 +9840,10 @@
 
 #. Translators: The name for a vision enhancement provider that magnifies (a part of) the screen.
 msgid "Magnifier"
-msgstr ""
+msgstr "拡大鏡"
 
 #. Translators: The name for a vision enhancement provider that highlights important areas on screen,
 #. such as the focus, caret or review cursor location.
-#, fuzzy
 msgid "Highlighter"
 msgstr "ハイライト"
 
@@ -9866,36 +9850,31 @@
 #. Translators: The name for a vision enhancement provider that enhances the color presentation.
 #. (i.e. color inversion, gray scale coloring, etc.)
 msgid "Color enhancer"
-msgstr ""
+msgstr "カラーフィルター"
 
 #. Translators: Description for NVDA's built-in screen highlighter.
-#, fuzzy
 msgid "NVDA Highlighter"
-msgstr "%s ハイライトされました"
+msgstr "NVDA ハイライト"
 
 #. Translators: shown for a highlighter setting that toggles
 #. highlighting the system focus.
-#, fuzzy
 msgid "Highlight system fo&cus"
-msgstr "フォーカスを追跡(&F)"
+msgstr "フォーカスをハイライト(&C)"
 
 #. Translators: shown for a highlighter setting that toggles
 #. highlighting the browse mode cursor.
-#, fuzzy
 msgid "Highlight browse &mode cursor"
-msgstr "マウスカーソルを追跡(&M)"
+msgstr "ブラウズモードのカーソルをハイライト(&M)"
 
 #. Translators: shown for a highlighter setting that toggles
 #. highlighting the navigator object.
-#, fuzzy
 msgid "Highlight navigator &object"
-msgstr "ナビゲーターオブジェクトなし"
+msgstr "ナビゲーターオブジェクトをハイライト(&O)"
 
 #. Translators: Description of a vision enhancement provider that disables output to the screen,
 #. making it black.
-#, fuzzy
 msgid "Screen Curtain"
-msgstr "画面レビュー"
+msgstr "スクリーンカーテン"
 
 msgid "Taskbar"
 msgstr "タスクバー"
@@ -11313,23 +11292,20 @@
 msgstr "{size:g}ポイント フォント"
 
 #. Translators: a message when toggling change tracking in Microsoft word
-#, fuzzy
 msgid "Change tracking on"
-msgstr "マウスカーソル移動を報告する"
+msgstr "変更の追跡を報告する"
 
 #. Translators: a message when toggling change tracking in Microsoft word
-#, fuzzy
 msgid "Change tracking off"
-msgstr "マウスカーソル移動を報告しない"
+msgstr "変更の追跡を報告しない"
 
 #. Translators: a message when toggling Display Nonprinting Characters in Microsoft word
 msgid "Display nonprinting characters"
-msgstr ""
+msgstr "印刷されない文字を表示"
 
 #. Translators: a message when toggling Display Nonprinting Characters in Microsoft word
-#, fuzzy
 msgid "Hide nonprinting characters"
-msgstr "%d文字"
+msgstr "印刷されない文字を非表示にする"
 
 #. Translators: a measurement in Microsoft Word
 #, python-brace-format
@nishimotz nishimotz added this to the 2019.3 milestone Nov 17, 2019
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 18, 2019

ユーザーガイド svn 16786 作業中

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 52183)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -144,7 +144,8 @@
 ++ NVDAの起動 ++[LaunchingNVDA]
 インストーラーでNVDAをインストールした場合、ショートカットキーCtrl+Alt+Nを押すか、スタートメニュー「プログラム」にあるNVDAのグループから「NVDA」を選択することで起動します。
 また、「ファイル名を指定して実行」ダイアログに、NVDAと入力してEnterキーを押すことでも実行できます。
-NVDAの実行ファイルに [コマンドラインオプション #CommandLineOptions] をつけて実行することもできます。NVDAの再起動(-r), 終了(-q), アドオンの無効化(--disable-addons)などです。
+NVDAの実行中に再度NVDAを起動すると、実行中のNVDAを再起動します。
+NVDAの実行ファイルに [コマンドラインオプション #CommandLineOptions] をつけて実行することもできます。NVDAの終了(-q), アドオンの無効化(--disable-addons)などです。
 
 インストールされたNVDAの実行に使われる設定ファイルは、既定では現在のユーザーのローミング設定フォルダー("C:\Users\<user>\AppData\Roaming")に保存されます。
 NVDAの設定をローカル設定フォルダーから読み込むように変更できます。
@@ -151,6 +152,7 @@
 これについては[システム全体のパラメーター #SystemWideParameters]を参照してください。
 
 ポータブル版を起動するには、NVDAを展開したフォルダーを開いて、nvda.exeファイルに移動してEnterキーを押すかダブルクリックしてください。
+NVDAの実行中にポータブル版のNVDAを起動すると、実行中のNVDAを停止してからポータブル版を開始します。
 
 NVDAを起動すると、最初に上り調子の音が聞こえます (読み込み中であることを伝えています) 。
 コンピューターの性能や、USBメモリー等のメディアからNVDAを起動しているかどうかによって、起動時間が異なります。
@@ -400,6 +402,7 @@
 | レビューですべて読み上げ | テンキープラス | NVDA+Shift+A | 3本指下スワイプ(テキストモード) | レビューカーソルの現在位置から進みながら読み上げます。 |
 | レビューカーソルの位置から選択またはコピーを開始 | NVDA+F9 | NVDA+F9 | なし | レビューカーソルの現在位置をテキストの選択またはコピーの開始位置にします。終了位置を指定するまで実行はされません。 |
 | レビューカーソルの位置まで選択またはコピー | NVDA+F10 | NVDA+F10 | なし | 1回押すと、設定された開始位置からレビューカーソルの現在の位置までテキストを選択します。2回押すと、そのテキストをWindowsのクリップボードにコピーします。 |
+| Move to marked start for copy in review | NVDA+shift+f9 | NVDA+shift+f9 | none | Moves the review cursor to the position previously set start marker for copy |
 | 書式とドキュメント情報の報告 | NVDA+F | NVDA+F | なし | レビューカーソル位置のテキストの書式とドキュメント情報を報告します。2回押すと書式とドキュメント情報をブラウズモードで表示します。 |
 | レビューカーソル位置の句読点や記号の報告 | なし | なし | なし | レビューカーソル位置の句読点や記号を報告します。2回押すと記号と読み方をブラウズモードで表示します。 |
 %kc:endInclude
@@ -939,6 +942,21 @@
 | コンテクストメニュー | アプリケーション | 選択中の書籍のコンテクストメニューを開く |
 %kc:endInclude
 
+++ Windows Console ++[WinConsole]
+NVDA provides support for the Windows command console used by Command Prompt, PowerShell, and the Windows Subsystem for Linux.
+The console window is of fixed size, typically much smaller than the buffer that holds the output.
+As new text is written, the content scroll upwards and previous text is no longer visible. 
+Text that is not visibly displayed in the window is not accessible with NVDA's text review commands.
+Therefore, it is necessary to scroll the console window to read earlier text.
+%kc:beginInclude
+The following built-in Windows Console keyboard shortcuts may be useful when [reviewing text #ReviewingText] with NVDA:
+|| Name | Key | Description |
+| Scroll up | control+upArrow | Scrolls the console window up, so earlier text can be read. |
+| Scroll down | control+downArrow | Scrolls the console window down, so later text can be read. |
+| Scroll to start | control+home | Scrolls the console window to the beginning of the buffer. |
+| Scroll to end | control+end | Scrolls the console window to the end of the buffer. |
+%kc:endInclude
+
 + NVDAの設定 +[ConfiguringNVDA]
 NVDAメニューの設定サブメニューからダイアログを開くことで、ほとんどの設定を変更できます。
 多くの設定は[NVDA設定ダイアログ #NVDASettings]にまとめられています。
@@ -1105,6 +1123,8 @@
 つまり、このオプションの選択に関わらず、ユーザーがある絵文字に文字説明を追加した場合は、その文字説明が使用されます。
 記号の説明の追加、修正、削除などはNVDAの[句読点/記号読み辞書ダイアログ #SymbolPronunciation]で行うことができます。
 
+To toggle Unicode Consortium data inclusion from anywhere, please assign a custom gesture using the [Input Gestures dialog #InputGestures].
+
 ==== 大文字のピッチ変更率 ====[SpeechSettingsCapPitchChange]
 このエディットフィールドでは大文字を読み上げる際の高さの変化率を指定します。
 値はパーセントで指定し、負の値を指定すると大文字の高さは小文字よりも低くなりますし、正の値を指定すると高くなります。
@@ -1606,6 +1626,7 @@
  - リスト
  - 引用
  - ランドマーク
+ - Articles
  - フレーム
  - クリック可能
  -
@@ -1668,11 +1689,28 @@
 ただし一部のバージョンのMicrosoft OfficeではUIオートメーションの機能が不十分であったり不適切であったりする可能性があります。つまりUIオートメーションの有効化は常に改善につながるとは限りません。
 通常のユーザーにはこのオプションを有効にすることはお勧めしません。Office 2016/365のユーザーがこの機能を検証してNVDAの開発者に結果を報告することは歓迎です。
 
-==== 可能な場合に Windows コンソールで UI オートメーションを使用 ====[AdvancedSettingsConsoleUIA]
-このオプションを有効にすると Windows コンソールにおける [Microsoft のアクセシビリティ改善 https://devblogs.microsoft.com/commandline/whats-new-in-windows-console-in-windows-10-fall-creators-update/] に NVDA が対応します。これは実験的な機能で、まだ不完全であり、現在は一般的には利用を推奨できません。しかし、開発が完了すると、このオプションは既定で有効になり、 Windows コンソールにおける NVDA の性能や安定性は改善される予定です。
+==== Windows Console support ====[AdvancedSettingsConsoleUIA]
+This option selects how NVDA interacts with the Windows Console used by command prompt, PowerShell, and the Windows Subsystem for Linux.
+It does not affect the modern Windows Terminal.
+In Windows 10 version 1709, Microsoft [added support for its UI Automation API to the console https://devblogs.microsoft.com/commandline/whats-new-in-windows-console-in-windows-10-fall-creators-update/], bringing vastly improved performance and stability for screen readers that support it.
+In situations where UI Automation is unavailable or known to result in an inferior user experience, NVDA's legacy console support is available as a fallback.
+The Windows Console support combo box has three options:
+- Automatic: Uses UI Automation in consoles on Windows 10 version 1809 and later. This option is recommended and set by default.
+- Prefer UIA: Uses UI Automation in consoles if available, even on Windows versions with incomplete or buggy implementations. While this limited functionality may be useful (and even sufficient for your usage), use of this option is entirely at your own risk and no support for it will be provided.
+- Legacy: UI Automation in the Windows Console will be completely disabled, so the legacy fallback will always be used.
+-
 
-==== UI オートメーションのコンソールでパスワードを読み上げ ====[AdvancedSettingsWinConsoleSpeakPasswords]
-このオプションは「Windows コンソールで UI オートメーションを使用」を有効にしていて文字を入力しても(パスワード入力などで)画面が更新されない場合に [入力文字の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters] および [入力単語の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedWords] を有効にするかどうかを制御します。この設定はセキュリティに配慮してチェックなしにすることを推奨します。しかし NVDA の新しい Windows コンソール対応において、性能の問題がある場合や「入力文字の読み上げ」「入力単語の読み上げ」の動作が不安定な場合に、このオプションを有効にすると不具合を回避できることがあります。
+==== Speak passwords in Windows Console ====[AdvancedSettingsWinConsoleSpeakPasswords]
+This setting controls whether characters are spoken by [speak typed characters #KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters] or [speak typed words #KeyboardSettingsSpeakTypedWords] in situations where the screen does not update (such as password entry) in some terminal programs, such as the Windows Console with UI automation support enabled and Mintty.
+For security purposes, this setting should be left disabled.
+However, you may wish to enable it if you experience performance issues or instability with typed character and/or word reporting in consoles, or work in trusted environments and prefer password announcement.
+ 
+==== Use the new typed character support in legacy Windows consoles when available ====[AdvancedSettingsKeyboardSupportInLegacy]
+This option enables an alternative method for detecting typed characters in legacy Windows consoles.
+While it improves performance and prevents some console output from being spelled out, it may be incompatible with some terminal programs.
+This feature is available and enabled by default on Windows 10 versions 1607, 1703, 1709 and 1803 as well as on newer Windows 10 releases when UI Automation is unavailable or disabled.
+Warning: with this option enabled, typed characters that do not appear onscreen, such as passwords, will not be suppressed.
+In untrusted environments, you may temporarily disable [speak typed characters #KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters] and [speak typed words #KeyboardSettingsSpeakTypedWords] when entering passwords.
 
 ==== ブラウズモードで可能な場合に自動的にフォーカスを移動 ====[BrowseModeSettingsAutoFocusFocusableElements]
 キー: NVDA+8
@@ -2863,9 +2901,8 @@
 必要な数だけ複数のオプションをつけることができます。
 オプションをショートカットのプロパティから指定して実行することも、「ファイル名を指定して実行」(スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」または Windows+R で利用可能)でオプションをつけることも、コマンドプロンプトから指定することもできます。
 NVDAの実行ファイル名とオプション、およびオプション同士は、空白で区切ってください。
-例えばNVDAがインストールのときにデスクトップに作成するショートカットには -r というオプションがつけられています。これは NVDA を新たに起動する前にすでに実行中のNVDAがあればまずそれを終了する、という指定です。
-もうひとつの便利なオプションは --disable-addons です。これはすべてのアドオンを無効にするという指定です。
-もしなにかの不具合の原因がアドオンかどうかを確認する、あるいはアドオンの影響で深刻な不具合が起きたときに問題を回避する、といった使い方ができます。
+For example, a useful option is --disable-addons, which tells NVDA to suspend all running add-ons.
+なにかの不具合の原因がアドオンかどうかを確認する、あるいはアドオンの影響で深刻な不具合が起きたときに問題を回避する、といった使い方ができます。
 
 例えば、NVDA の実行中に「ファイル名を指定して実行」で以下を実行すると、NVDA が終了します:
 
@@ -2873,8 +2910,8 @@
 
 コマンドラインオプションには、短い書き方と長い書き方のどちらでも指定できるものと、長い書き方だけで指定できるものがあります。
 短い書き方ができるオプションは、さらに以下のようにつなげて指定できます:
-| nvda -rm | 現在実行しているNVDAを終了してNVDAをもう一度実行する。そのときに起動のサウンドを無効にする。 |
-| nvda -rm --disable-addons | 上記と同じで、さらにアドオンを無効にする。 |
+| nvda -mc CONFIGPATH | This will start NVDA with startup sounds and message disabled, and the specified configuration |
+| nvda -mc CONFIGPATH --disable-addons | Same as above, but with add-ons disabled |
 
 一部のコマンドラインオプションは、パラメーターを受け取ります。例えば、ログ記録レベルを特定の値にする、ユーザー設定フォルダーとして特定のパスを指定する、などです。
 パラメーターはオプションの後に指定します。ただし短い書き方のオプションとそのパラメーターは空白で区切り、長い書き方のオプションとそのパラメーターは等号(=)で区切ります。例えば:
@@ -2886,7 +2923,6 @@
 || 短い書き方 | 長い書き方 | 説明 |
 | -h | --help | コマンドラインのヘルプを表示して終了 |
 | -q | --quit | 現在実行中のNVDAを終了 |
-| -r | --replace | 現在実行中のNVDAを終了してもう一度NVDAを起動 |
 | -k | --check-running | 終了コードでNVDAが実行中かどうかを報告(実行中なら0、実行されていないなら1) |
 | -f LOGFILENAME | --log-file=LOGFILENAME | ログを出力するファイルを指定 |
 | -l LOGLEVEL | --log-level=LOGLEVEL | ログに書き込むメッセージのレベルの最低値 (デバッグ 10, 入出力 12, デバッグ警告 15, 情報 20, 警告 30, エラー 40, 致命的 50), 既定値:警告 |
@nishimotz nishimotz added the 翻訳 label Nov 19, 2019
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 21, 2019

ユーザーガイド svn 16786 までの日本語訳、作業案

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 52210)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -144,7 +144,8 @@
 ++ NVDAの起動 ++[LaunchingNVDA]
 インストーラーでNVDAをインストールした場合、ショートカットキーCtrl+Alt+Nを押すか、スタートメニュー「プログラム」にあるNVDAのグループから「NVDA」を選択することで起動します。
 また、「ファイル名を指定して実行」ダイアログに、NVDAと入力してEnterキーを押すことでも実行できます。
-NVDAの実行ファイルに [コマンドラインオプション #CommandLineOptions] をつけて実行することもできます。NVDAの再起動(-r), 終了(-q), アドオンの無効化(--disable-addons)などです。
+NVDAの実行中に再度NVDAを起動すると、実行中のNVDAを再起動します。
+NVDAの実行ファイルに [コマンドラインオプション #CommandLineOptions] をつけて実行することもできます。NVDAの終了(-q), アドオンの無効化(--disable-addons)などです。
 
 インストールされたNVDAの実行に使われる設定ファイルは、既定では現在のユーザーのローミング設定フォルダー("C:\Users\<user>\AppData\Roaming")に保存されます。
 NVDAの設定をローカル設定フォルダーから読み込むように変更できます。
@@ -151,6 +152,7 @@
 これについては[システム全体のパラメーター #SystemWideParameters]を参照してください。
 
 ポータブル版を起動するには、NVDAを展開したフォルダーを開いて、nvda.exeファイルに移動してEnterキーを押すかダブルクリックしてください。
+NVDAの実行中にポータブル版のNVDAを起動すると、実行中のNVDAを停止してからポータブル版を開始します。
 
 NVDAを起動すると、最初に上り調子の音が聞こえます (読み込み中であることを伝えています) 。
 コンピューターの性能や、USBメモリー等のメディアからNVDAを起動しているかどうかによって、起動時間が異なります。
@@ -400,6 +402,7 @@
 | レビューですべて読み上げ | テンキープラス | NVDA+Shift+A | 3本指下スワイプ(テキストモード) | レビューカーソルの現在位置から進みながら読み上げます。 |
 | レビューカーソルの位置から選択またはコピーを開始 | NVDA+F9 | NVDA+F9 | なし | レビューカーソルの現在位置をテキストの選択またはコピーの開始位置にします。終了位置を指定するまで実行はされません。 |
 | レビューカーソルの位置まで選択またはコピー | NVDA+F10 | NVDA+F10 | なし | 1回押すと、設定された開始位置からレビューカーソルの現在の位置までテキストを選択します。2回押すと、そのテキストをWindowsのクリップボードにコピーします。 |
+| テキストの選択またはコピー開始位置にレビューカーソルを移動 | NVDA+Shift+F9 | NVDA+Shift+F9 | なし | テキストの選択またはコピーの開始位置にレビューカーソルを移動します。 |
 | 書式とドキュメント情報の報告 | NVDA+F | NVDA+F | なし | レビューカーソル位置のテキストの書式とドキュメント情報を報告します。2回押すと書式とドキュメント情報をブラウズモードで表示します。 |
 | レビューカーソル位置の句読点や記号の報告 | なし | なし | なし | レビューカーソル位置の句読点や記号を報告します。2回押すと記号と読み方をブラウズモードで表示します。 |
 %kc:endInclude
@@ -939,6 +942,21 @@
 | コンテクストメニュー | アプリケーション | 選択中の書籍のコンテクストメニューを開く |
 %kc:endInclude
 
+++ Windows コンソール ++[WinConsole]
+NVDA は Windows コンソールに対応しています。これはコマンドプロンプト、PowerShell、Windows Subsystem for Linux で使われています。
+コンソールのウィンドウの大きさは固定で、通常は出力を保存するバッファーの中の、わずかな行数だけを表示します。
+ウィンドウの下に新しいテキストが出力されると、内容はスクロールされ、ウィンドウの上に表示されていた過去のテキストは見えなくなります。
+表示されなくなったテキストは、NVDA のテキストレビューでは読むことができません。
+そのため、過去に表示されていたテキストを読むためには、まずコンソールのスクロール位置を変える必要があります。
+%kc:beginInclude
+以下は Windows コンソールの標準的なキーボードショートカットです。これらは NVDA で [テキストのレビュー #ReviewingText] をする場合に役立ちます:
+|| 名称 | キー | 説明 |
+| スクロール位置を上に移動 | Ctrl+上矢印 | コンソールのスクロール位置を上に移動します。過去のテキストが再び表示されます。 |
+| スクロール位置を下に移動 | Ctrl+下矢印 | コンソールのスクロール位置を下に移動します。新しいテキストが再び表示されます。 |
+| スクロール位置を一番上に移動 | Ctrl+Home | コンソールのスクロール位置をバッファーの最初に移動します。 |
+| スクロール位置を一番下に移動 | Ctrl+End | コンソールのスクロール位置をバッファーの最後に移動します。 |
+%kc:endInclude
+
 + NVDAの設定 +[ConfiguringNVDA]
 NVDAメニューの設定サブメニューからダイアログを開くことで、ほとんどの設定を変更できます。
 多くの設定は[NVDA設定ダイアログ #NVDASettings]にまとめられています。
@@ -1105,6 +1123,8 @@
 つまり、このオプションの選択に関わらず、ユーザーがある絵文字に文字説明を追加した場合は、その文字説明が使用されます。
 記号の説明の追加、修正、削除などはNVDAの[句読点/記号読み辞書ダイアログ #SymbolPronunciation]で行うことができます。
 
+NVDA設定ダイアログを開かないでこのオプションを切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures] で操作をカスタマイズしてください。
+
 ==== 大文字のピッチ変更率 ====[SpeechSettingsCapPitchChange]
 このエディットフィールドでは大文字を読み上げる際の高さの変化率を指定します。
 値はパーセントで指定し、負の値を指定すると大文字の高さは小文字よりも低くなりますし、正の値を指定すると高くなります。
@@ -1606,6 +1626,7 @@
  - リスト
  - 引用
  - ランドマーク
+ - 記事
  - フレーム
  - クリック可能
  -
@@ -1668,11 +1689,28 @@
 ただし一部のバージョンのMicrosoft OfficeではUIオートメーションの機能が不十分であったり不適切であったりする可能性があります。つまりUIオートメーションの有効化は常に改善につながるとは限りません。
 通常のユーザーにはこのオプションを有効にすることはお勧めしません。Office 2016/365のユーザーがこの機能を検証してNVDAの開発者に結果を報告することは歓迎です。
 
-==== 可能な場合に Windows コンソールで UI オートメーションを使用 ====[AdvancedSettingsConsoleUIA]
-このオプションを有効にすると Windows コンソールにおける [Microsoft のアクセシビリティ改善 https://devblogs.microsoft.com/commandline/whats-new-in-windows-console-in-windows-10-fall-creators-update/] に NVDA が対応します。これは実験的な機能で、まだ不完全であり、現在は一般的には利用を推奨できません。しかし、開発が完了すると、このオプションは既定で有効になり、 Windows コンソールにおける NVDA の性能や安定性は改善される予定です。
+==== Windows コンソール ====[AdvancedSettingsConsoleUIA]
+このオプションは NVDA が Windows コンソールを操作する方法を選択できます。Windows コンソールはコマンドプロンプト、 PowerShell、 Windows Subsystem for Linux で使用されます。
+このオプションはストアアプリの Windows Terminal には影響しません。
+Windows 10 バージョン 1709 において Microsoft は [Windows コンソールを UI オートメーション API に対応させ https://devblogs.microsoft.com/commandline/whats-new-in-windows-console-in-windows-10-fall-creators-update/]、この技術を使用するスクリーンリーダーが性能と安定性を改善できるようになりました。
+UI オートメーションが利用できない場合、あるいはユーザー体験を悪化させる場合には、従来の NVDA のコンソール対応も利用できます。
+Windows コンソールのコンボボックスには3個のオプションがあります:
+- 自動設定: Windows 10 バージョン 1809 とそれ以降では UI オートメーションを使用します。このオプションは推奨であり既定の設定です。
+- UIオートメーション優先: Windows のバージョンによっては不完全だったり不具合がある場合でも、コンソールで UI オートメーションが使用できる場合には常に使用します。このオプションはユーザーの使用状況によっては有用であったり十分なものであるかも知れません。しかし、このオプションのサポートは行われません。ユーザーの自己責任で使用してください。
+- レガシー: Windows コンソールでは常に UI オートメーションを無効化し、従来の NVDA のコンソール対応を使います。
+-
 
-==== UI オートメーションのコンソールでパスワードを読み上げ ====[AdvancedSettingsWinConsoleSpeakPasswords]
-このオプションは「Windows コンソールで UI オートメーションを使用」を有効にしていて文字を入力しても(パスワード入力などで)画面が更新されない場合に [入力文字の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters] および [入力単語の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedWords] を有効にするかどうかを制御します。この設定はセキュリティに配慮してチェックなしにすることを推奨します。しかし NVDA の新しい Windows コンソール対応において、性能の問題がある場合や「入力文字の読み上げ」「入力単語の読み上げ」の動作が不安定な場合に、このオプションを有効にすると不具合を回避できることがあります。
+==== Windows コンソールでパスワードを報告 ====[AdvancedSettingsWinConsoleSpeakPasswords]
+このオプションは一部のターミナルのアプリで、画面に表示されない文字入力(パスワード入力など)が行われた場合に、[入力文字の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters] や [入力単語の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedWords] が、それらの文字や単語を報告するかどうかを選択します。この設定が有効なのは Windows コンソールで UI オートメーションが有効な場合、および Mintty などです。
+セキュリティに関する問題が懸念されるため、この設定は無効のままにすることをお勧めします。
+この設定を有効にする目的や状況は、以下が考えられます。まず Windows コンソールで入力文字の報告や入力単語の報告を行うと性能や安定性に問題が生じる場合、あるいは、信頼できる環境で作業を行っていて、パスワードの報告が必要な場合です。
+ 
+==== 従来の Windows コンソールで新しい入力文字サポートを使用 ====[AdvancedSettingsKeyboardSupportInLegacy]
+このオプションは従来の Windows コンソールで入力文字を取得する方法を選択できます。
+有効にすると性能が改善され、出力が不必要にスペル読みされることを回避できる場合があります。しかし、一部のターミナルのアプリとは互換性がありません。
+既定の設定では、この機能が使用されるのは Windows 10 のバージョン 1607, 1703, 1709, 1803 およびこれ以降のリリースで、UI オートメーションが利用できない場合や無効にされた場合です。
+注意: このオプションを有効にすると、画面に表示されない文字入力(パスワードなど)も報告されます。
+信頼できない環境でパスワードを入力する場合には、[入力文字の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters] および [入力単語の読み上げ #KeyboardSettingsSpeakTypedWords] を一時的に無効にしてください。
 
 ==== ブラウズモードで可能な場合に自動的にフォーカスを移動 ====[BrowseModeSettingsAutoFocusFocusableElements]
 キー: NVDA+8
@@ -2863,9 +2901,8 @@
 必要な数だけ複数のオプションをつけることができます。
 オプションをショートカットのプロパティから指定して実行することも、「ファイル名を指定して実行」(スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」または Windows+R で利用可能)でオプションをつけることも、コマンドプロンプトから指定することもできます。
 NVDAの実行ファイル名とオプション、およびオプション同士は、空白で区切ってください。
-例えばNVDAがインストールのときにデスクトップに作成するショートカットには -r というオプションがつけられています。これは NVDA を新たに起動する前にすでに実行中のNVDAがあればまずそれを終了する、という指定です。
-もうひとつの便利なオプションは --disable-addons です。これはすべてのアドオンを無効にするという指定です。
-もしなにかの不具合の原因がアドオンかどうかを確認する、あるいはアドオンの影響で深刻な不具合が起きたときに問題を回避する、といった使い方ができます。
+便利なオプションのひとつは --disable-addons です。これはすべてのアドオンを無効にするという指定です。
+これは、なにかの不具合の原因がアドオンかどうかを確認する、あるいはアドオンの影響で深刻な不具合が起きたときに問題を回避する、といった使い方ができます。
 
 例えば、NVDA の実行中に「ファイル名を指定して実行」で以下を実行すると、NVDA が終了します:
 
@@ -2873,8 +2910,8 @@
 
 コマンドラインオプションには、短い書き方と長い書き方のどちらでも指定できるものと、長い書き方だけで指定できるものがあります。
 短い書き方ができるオプションは、さらに以下のようにつなげて指定できます:
-| nvda -rm | 現在実行しているNVDAを終了してNVDAをもう一度実行する。そのときに起動のサウンドを無効にする。 |
-| nvda -rm --disable-addons | 上記と同じで、さらにアドオンを無効にする。 |
+| nvda -mc CONFIGPATH | サウンド、インターフェイス、開始メッセージなどを出さないでNVDAを実行し、そのときに CONFIGPATH の場所をNVDA設定フォルダーとして使用する |
+| nvda -mc CONFIGPATH --disable-addons | 上記と同じで、さらにアドオンを無効にする |
 
 一部のコマンドラインオプションは、パラメーターを受け取ります。例えば、ログ記録レベルを特定の値にする、ユーザー設定フォルダーとして特定のパスを指定する、などです。
 パラメーターはオプションの後に指定します。ただし短い書き方のオプションとそのパラメーターは空白で区切り、長い書き方のオプションとそのパラメーターは等号(=)で区切ります。例えば:
@@ -2886,7 +2923,6 @@
 || 短い書き方 | 長い書き方 | 説明 |
 | -h | --help | コマンドラインのヘルプを表示して終了 |
 | -q | --quit | 現在実行中のNVDAを終了 |
-| -r | --replace | 現在実行中のNVDAを終了してもう一度NVDAを起動 |
 | -k | --check-running | 終了コードでNVDAが実行中かどうかを報告(実行中なら0、実行されていないなら1) |
 | -f LOGFILENAME | --log-file=LOGFILENAME | ログを出力するファイルを指定 |
 | -l LOGLEVEL | --log-level=LOGLEVEL | ログに書き込むメッセージのレベルの最低値 (デバッグ 10, 入出力 12, デバッグ警告 15, 情報 20, 警告 30, エラー 40, 致命的 50), 既定値:警告 |

@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 22, 2019

nvda.po さらに未翻訳が発生し、作業案は下記

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 52321)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2019-11-22 06:43+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2019-11-17 16:36+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2019-11-22 11:54+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -306,9 +306,8 @@
 
 #. Translators: Displayed in braille for an object which is a
 #. caption.
-#, fuzzy
 msgid "cap"
-msgstr "アプリ"
+msgstr "キャプション"
 
 #. Translators: Displayed in braille for an object which is a
 #. embedded object.
@@ -387,13 +386,12 @@
 msgstr "記事"
 
 #. Translators: Displayed in braille for an object which is a region.
-#, fuzzy
 msgid "rgn"
-msgstr "範囲"
+msgstr "領域"
 
 #. Translators: Displayed in braille for an object which is a figure.
 msgid "fig"
-msgstr ""
+msgstr "図"
 
 #. Translators: Displayed in braille when an object is selected.
 msgid "sel"
@@ -1730,24 +1728,20 @@
 msgstr "前の記事がありません"
 
 #. Translators: Input help message for a quick navigation command in browse mode.
-#, fuzzy
 msgid "moves to the next grouping"
-msgstr "次の画像へ移動"
+msgstr "次のグループに移動"
 
 #. Translators: Message presented when the browse mode element is not found.
-#, fuzzy
 msgid "no next grouping"
-msgstr "次の画像がありません"
+msgstr "次のグループがありません"
 
 #. Translators: Input help message for a quick navigation command in browse mode.
-#, fuzzy
 msgid "moves to the previous grouping"
-msgstr "前の画像へ移動"
+msgstr "前のグループに移動"
 
 #. Translators: Message presented when the browse mode element is not found.
-#, fuzzy
 msgid "no previous grouping"
-msgstr "前の画像がありません"
+msgstr "前のグループがありません"
 
 #. Translators: The label of a radio button to select the type of element
 #. in the browse mode Elements List dialog.
@@ -2667,13 +2661,12 @@
 msgstr "記事"
 
 #. Translators: Identifies a region.
-#, fuzzy
 msgid "region"
-msgstr "範囲"
+msgstr "領域"
 
 #. Translators: Identifies a figure (commonly seen on some websites).
 msgid "figure"
-msgstr ""
+msgstr "図"
 
 #. Translators: This is presented when a control or document is unavailable.
 msgid "unavailable"
@@ -3505,19 +3498,16 @@
 msgstr "見出しの報告の切り替え"
 
 #. Translators: Input help mode message for toggle report groupings command.
-#, fuzzy
 msgid "Toggles on and off the reporting of groupings"
-msgstr "ページ番号の報告の切り替え"
+msgstr "グループの報告の切り替え"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report block quotes document formatting setting.
-#, fuzzy
 msgid "report gorupings off"
-msgstr "ページ番号を報告しない"
+msgstr "グループを報告しない"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report block quotes document formatting setting.
-#, fuzzy
 msgid "report groupings on"
-msgstr "ページ番号を報告する"
+msgstr "グループを報告する"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report block quotes document formatting setting.
 msgid "report block quotes off"
@@ -3532,14 +3522,12 @@
 msgstr "引用の報告の切り替え"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report landmarks document formatting setting.
-#, fuzzy
 msgid "report landmarks and regions off"
-msgstr "ランドマークを報告しない"
+msgstr "ランドマークと領域を報告しない"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report landmarks document formatting setting.
-#, fuzzy
 msgid "report landmarks and regions on"
-msgstr "ランドマークを報告する"
+msgstr "ランドマークと領域を報告する"
 
 #. Translators: Input help mode message for toggle report landmarks command.
 msgid "Toggles on and off the reporting of landmarks"
@@ -4565,7 +4553,6 @@
 msgid "report CLDR characters on"
 msgstr "記号や絵文字を報告する"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Toggles the state of the screen curtain, enable to make the screen black or "
 "disable to show the contents of the screen. Pressed once, screen curtain is "
@@ -4572,8 +4559,9 @@
 "enabled until you restart NVDA. Pressed twice, screen curtain is enabled "
 "until you disable it"
 msgstr ""
-"スクリーンカーテンの状態を黒い画面または画面の内容の表示に切り替え。1回押す"
-"と NVDA を再起動するまで有効。すばやく3回押すと手動で無効にするまで有効。"
+"スクリーンカーテンの切り替え。有効にすると画面が黒になり、無効にすると画面の"
+"内容を表示。1回押すと NVDA を再起動するまで有効。すばやく2回押すと手動で無効"
+"にするまで有効。"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain is disabled.
 msgid "Screen curtain disabled"
@@ -4580,9 +4568,8 @@
 msgstr "スクリーンカーテン無効"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain could not be enabled.
-#, fuzzy
 msgid "Could not disable screen curtain"
-msgstr "スクリーンカーテンを有効にできません"
+msgstr "スクリーンカーテンを無効にできません"
 
 #. Translators: Reported when the screen curtain is not available.
 msgid "Screen curtain not available"
@@ -9003,15 +8990,13 @@
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. document formatting settings panel.
-#, fuzzy
 msgid "&Groupings"
-msgstr "グループ"
+msgstr "グループ(&G)"
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. document formatting settings panel.
-#, fuzzy
 msgid "Lan&dmarks and regions"
-msgstr "ランドマーク(&D)"
+msgstr "ランドマークと領域(&D)"
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. document formatting settings panel.
@@ -9266,9 +9251,9 @@
 
 #. Translators: The message in a dialog presented when NVDA is unable to load the selected
 #. braille display.
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "Could not load the {display} display."
-msgstr "点字ディスプレイ %s を読み込めません。"
+msgstr "点字ディスプレイ {display} を読み込めません。"
 
 #. Translators: The title in a dialog presented when NVDA is unable to load the selected
 #. braille display.
@@ -9335,7 +9320,7 @@
 #. NVDA is unable to load a single vision enhancement provider.
 #, python-brace-format
 msgid "Could not load the {providerName} vision enhancement provider"
-msgstr ""
+msgstr "ビジョン拡張プロバイダー {providerName} を読み込めませんでした"
 
 #. Translators: This message is presented when NVDA is unable to
 #. load multiple vision enhancement providers.
@@ -9344,10 +9329,12 @@
 "Could not load the following vision enhancement providers:\n"
 "{providerNames}"
 msgstr ""
+"以下のビジョン拡張プロバイダーを読み込めませんでした:\n"
+"{providerNames}"
 
 #. Translators: The title of the vision enhancement provider error message box.
 msgid "Vision Enhancement Provider Error"
-msgstr ""
+msgstr "ビジョン拡張プロバイダーのエラー"
 
 #. Translators: This message is presented when
 #. NVDA is unable to gracefully terminate a single vision enhancement provider.
@@ -9354,25 +9341,22 @@
 #, python-brace-format
 msgid ""
 "Could not gracefully terminate the {providerName} vision enhancement provider"
-msgstr ""
+msgstr "ビジョン拡張プロバイダー {providerName} を正常に終了できませんでした"
 
 msgid ""
 "Could not gracefully terminate the following vision enhancement providers:\n"
-msgstr ""
+msgstr "以下のビジョン拡張プロバイダーを正常に終了できませんでした:\n"
 
 #. Translators: This is a label appearing on the vision settings panel.
-#, fuzzy
 msgid "Configure visual aids."
-msgstr "設定が適用されました"
+msgstr "視覚的な補助を設定します"
 
 #. Translators: Enable checkbox on a vision enhancement provider on the vision settings category panel
-#, fuzzy
 msgid "Enable"
 msgstr "有効"
 
 #. Translators: Options label on a vision enhancement provider on the vision settings category panel
 #. Translators: The label for a group box containing the NVDA highlighter options.
-#, fuzzy
 msgid "Options:"
 msgstr "オプション"
 
@@ -9381,6 +9365,7 @@
 "Unable to configure user interface for Vision Enhancement Provider, it can "
 "not be enabled."
 msgstr ""
+"ビジョン拡張プロバイダーのGUIを初期化できません。この機能は有効化できません。"
 
 #. Translators: This is the label for the NVDA settings dialog.
 msgid "NVDA Settings"
@@ -9980,15 +9965,13 @@
 msgstr "ナビゲーターオブジェクトをハイライト(&O)"
 
 #. Translators: Description for NVDA's built-in screen highlighter.
-#, fuzzy
 msgid "Focus Highlight"
-msgstr "ハイライトなし"
+msgstr "フォーカスハイライト"
 
 #. Translators: The label for a checkbox that enables / disables focus highlighting
 #. in the NVDA Highlighter vision settings panel.
-#, fuzzy
 msgid "&Enable Highlighting"
-msgstr "ハイライトなし"
+msgstr "ハイライトあり(&E)"
 
 #. Translators: Description of a vision enhancement provider that disables output to the screen,
 #. making it black.
@@ -9999,7 +9982,7 @@
 #. the screen curtain.
 #, python-brace-format
 msgid "Always &show a warning when loading {screenCurtainTranslatedName}"
-msgstr ""
+msgstr "{screenCurtainTranslatedName}を開始するときに警告を表示(&S)"
 
 #. Translators: A warning shown when activating the screen curtain.
 #. the translation of "Screen Curtain" should match the "translated name"
@@ -10010,10 +9993,14 @@
 "\n"
 "Do you wish to continue?"
 msgstr ""
+"スクリーンカーテンを有効にするとPCの画面が完全に黒になります。続行する前に、"
+"画面を使用せずに操作できることを確認してください。\n"
+"\n"
+"続行しますか?"
 
 #. Translators: option to enable screen curtain in the vision settings panel
 msgid "Make screen black (immediate effect)"
-msgstr ""
+msgstr "画面を黒にする (即時に有効)"
 
 msgid "Taskbar"
 msgstr "タスクバー"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 22, 2019

ユーザーガイド svn 16865 作業前

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 52321)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -31,6 +31,7 @@
 - タッチジェスチャーでコントロールやテキストを報告
 - Microsoft Active Accessibility, Java Access Bridge, IAccessible2 および UI オートメーションといった一般的なアクセシビリティインターフェイスのサポート
 - Windowsのコマンドプロンプトやコンソールアプリのサポート
+- The ability to highlight the system focus
 -
 
 ++ 国際化 ++[Internationalization]
@@ -292,6 +293,7 @@
 
 NVDAによるWindows操作の最も一般的な方法は、通常のキーボードコマンドによる移動、 すなわちTabキーとShift+Tabキーによる前後移動、Altキーによるメニューバー呼び出しとメニュー操作、Alt+Tabキーによるアプリ間の移動です。
 これらの操作を行うと、NVDAはフォーカスされている項目に関する、オブジェクトの名前、種類、状態、値、説明、キーボードショートカット、位置といった情報を報告します。
+When [Focus Highlight #VisionFocusHighlight] is enabled, the location of the current system focus is also exposed visually.
 
 フォーカス移動時に役立つコマンドは以下の通りです。
 %kc:beginInclude
@@ -347,6 +349,7 @@
 
 現在レビュー中のオブジェクトを、ナビゲーターオブジェクトと呼びます。
 あるオブジェクトに移動すると[テキストの確認の操作 #ReviewingText]が使えます。このときレビューモードは[オブジェクトレビュー #ObjectReview]になっています。
+When [Focus Highlight #VisionFocusHighlight] is enabled, the location of the current navigator object is also exposed visually.
 初期状態では、ナビゲーターオブジェクトはフォーカスの移動に追従しますが、この動作のオンとオフを切り替えることができます。
 
 点字表示は、[フォーカス #SystemFocus] や [キャレット #SystemCaret] に追従しますが、オブジェクトナビゲーションやテキストレビューが使われるときはそれらに追従します。
@@ -488,10 +491,12 @@
 - Adobe Flash
 - Amazon Kindle for PC で開いた本(対応している場合)
 -
+
 Microsoft Word のドキュメントを閲覧する場合にもブラウズモードに切り替えることができます。
 
 ブラウズモードでは、文書のコンテンツはフラットに表現され、通常のテキスト文書と同じように矢印キーを使って移動できます。
 このブラウズモードでは、「すべて読み上げ」、「書式の報告」、「テーブル内の移動」といったすべてのNVDAの[キャレット #SystemCaret]用のキーコマンドが使用できます。
+When [Focus Highlight #VisionFocusHighlight] is enabled, the location of the virtual browse mode caret is also exposed visually.
 テキストが、リンクなのか見出しなのかといった情報は、移動するごとに報告されます。
 
 ときどき、これらのドキュメント内のコントロールを直接操作しなければならないことがあります。
@@ -644,6 +649,7 @@
 
 || 表記 | コントロールの種類 |
 | app | アプリ |
+| art | article |
 | bqt | 引用 |
 | btn | ボタン |
 | drbtn | ドロップダウンボタン |
@@ -650,6 +656,7 @@
 | spnbtn | スピンボタン |
 | splbtn | スプリットボタン |
 | tgbtn | トグルボタン |
+| cap | caption |
 | cbo | コンボボックス |
 | chk | チェックボックス |
 | dlg | ダイアログ |
@@ -658,6 +665,7 @@
 | pwdedt | パスワードエディット |
 | embedded | 埋め込みオブジェクト |
 | enote | エンドノート |
+| fig | figure |
 | fnote | 脚注 |
 | gra | 画像 |
 | grp | グループ |
@@ -742,6 +750,33 @@
 7と8の点を押すと、点字入力の変換だけを行います。スペースや Enter の入力は行いません。
 %kc:endInclude
 
++ Vision +[Vision]
+While NVDA is primairly aimed at blind or vision impaired people how primarily use speech and/or braille to operate a computer, it also provides built-in facilities to change the contents of the screen.
+Within NVDA, such a visual aid is called a vision enhancement provider.
+
+NVDA offers several built-in vision enhancement providers which are described below.
+Additional vision enhancement providers can be provided in [NVDA add-ons #AddonsManager].
+
+NVDA's vision settings can be changed in the [vision category #VisionSettings] of the [NVDA Settings #NVDASettings] dialog.
+
+++ Focus Highlight ++[VisionFocusHighlight]
+Focus Highlight can help to identify the [system focus #SystemFocus], [navigator object #ObjectNavigation] and [browse mode #BrowseMode] positions.
+These positions are highlighted with a colored rectangle outline.
+- Solid blue highlights a combined navigator object and system focus location (e.g. because [the navigator object follows the system focus #ReviewCursorFollowFocus]).
+- Dashed blue highlights just the system focus object.
+- Solid pink highlights just the navigator object.
+- Solid yellow highlights the virtual caret used in browse mode (where there is no physical caret such as in web browsers).
+-
+
+When Focus Highlight is enabled in the [vision category #VisionSettings] of the [NVDA Settings #NVDASettings] dialog, you can [change whether or not to highlight the focus, navigator object or browse mode caret #VisionSettingsFocusHighlight]
+
+++ Screen Curtain ++[VisionScreenCurtain]
+As a blind or vision impaired user, it is often not possible or necessary to see the contents of the screen.
+Furthermore, it might be hard to ensure that there isn't someone looking over your shoulder.
+For this situation, NVDA contains a feature called "screen curtain" which can be enabled to make the screen black.
+
+You can enable the Screen Curtain in the [vision category #VisionSettings] of the [NVDA Settings #NVDASettings] dialog.
+
 + 画像認識 +[ContentRecognition]
 コンテンツの制作者がスクリーンリーダー利用者に対して十分な情報を提供していない場合には、画像認識が利用できます。
 NVDA は Windows 10 に内蔵された文字認識エンジン(OCR)に対応しています。
@@ -1321,6 +1356,41 @@
 
 お使いの点字ディスプレイが対応している接続方法やポート選択方法については、 [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] の各項目もお読みください。
 
++++ Vision +++[VisionSettings]
+The Vision category in the NVDA Settings dialog allows you to enable, disable and configure [visual aids #Vision].
+
+Note that the available options in this category could be extended by [NVDA add-ons #AddonsManager].
+By default, this settings category contains the following options:
+
+==== Focus Highlight ====[VisionSettingsFocusHighlight]
+The check boxes in the Focus Highlight grouping control the behavior of NVDA's built-in [Focus Highlight #VisionFocusHighlight] facility.
+
+- Enable Highlighting: Toggles Focus Highlight on and off.
+- Highlight system focus: toggles whether the [system focus #SystemFocus] will be highlighted.
+- Highlight navigator object: toggles whether the [navigator object #ObjectNavigation] will be highlighted.
+- Highlight browse mode cursor: Toggles whether the [virtual browse mode cursor #BrowseMode] will be highlighted.
+-
+
+Note that checking and unchecking the "Enable Highlighting" check box wil also change the state of the tree other check boxes accordingly.
+Therefore, if "Enable Highlighting" is off and you check this check box, the other tree check boxes will also be checked automatically.
+If you only want to highlight the focus and leave the navigator object and browse mode check boxes unchecked, the state of the "Enable Highlighting" check box will be half checked.
+
+==== Screen Curtain ====[VisionSettingsScreenCurtain]
+You can enable the [Screen Curtain #VisionScreenCurtain] by checking the "Make screen black (immediate effect)" check box.
+A warning that your screen will become black after activation will be displayed.
+Before continuing (selecting "Yes"), ensure you have enabled speech / braille and will be able to control your computer without the use of the screen.
+Select "No" if you no longer wish to enable the Screen Curtain.
+If you are sure, you can choose the Yes button to enable the screen curtain.
+If you no longer want to see this warning message every time, you can change this behavior in the dialog that displays the message.
+You can always restore the warning by checking the "Always show a warning when loading Screen Curtain" check box next to the "Make screen black" check box.
+
+To toggle the SCreen Curtain from anywhere, please assign a custom gesture using the [Input Gestures dialog #InputGestures].
+
+==== Settings for third party visual aids ====[VisionSettingsThirdPartyVisualAids]
+Additional vision enhancement providers can be provided in [NVDA add-ons #AddonsManager].
+When these providers have adjustable settings, they will be shown in this settings category in separate groupings.
+For the supported settings per provider, please refer to de documentation for that provider.
+
 +++ キーボード (NVDA+Ctrl+K) +++[KeyboardSettings]
 NVDA設定ダイアログのキーボードカテゴリでは、NVDAでのキーボードの使用について設定ができます。
 このカテゴリには以下の項目があります。
@@ -1625,6 +1695,7 @@
  - リンク
  - リスト
  - 引用
+ - Groupings
  - ランドマーク
  - 記事
  - フレーム
@@ -2023,7 +2094,7 @@
 
 ++ eSpeak NG ++[eSpeakNG]
 音声エンジン[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]はNVDAに内蔵されているので、追加のドライバーやコンポーネントをインストールする必要はありません。
-NVDAは初期状態で、この eSpeak NG を使用して起動します。
+NOn Windows 7, 8 and 8.1, NVDA uses eSpeak NG by default ([Windows OneCore #OneCore] is used in Windows 10 by default).
 この音声エンジンはNVDAに同梱されているので、別のシステム上でUSBメモリーからNVDAを実行するときには良い選択です。
 
 eSpeak NG の各音声は、異なる言語で話すことができます。
@@ -2059,21 +2130,11 @@
 ++ Windows OneCore 音声 ++[OneCore]
 Windows 10 では OneCore あるいは「モバイル」という名前の新しい音声が利用できます。
 これらの音声は多くの言語で利用でき、従来の Speech API バージョン5の音声と比べて軽快に動作します。
+On Windows 10, NVDA uses Windows OneCore voices by default ([[eSpeak NG #eSpeakNG] is used in other releases).
 
 利用できる音声の一覧とインストール方法は Microsoft の記事を参照してください: https://support.microsoft.com/ja-jp/help/22805/windows-10-supported-narrator-languages-voices
 
-ナレーターではこれらの音声のスピードをさらに速くすることができますが、現在の NVDA はスピードの設定に完全には対応していません。
-また、Windows の設定で音声のスピードを変更すると NVDA の読み上げ速度に影響します。
-これらは Windows の側で対応されるべき課題です。
-将来の Windows Update で解決されることを期待しています。
 
-++ Audiologic Tts3 ++[Audiologic]
-これは、イタリア語向けの商用音声エンジンです。
-この音声エンジンをNVDAで使用するには、システムにインストールする必要があります。
-詳細については、Audiologic社のWebサイト、www.audiologic.itを参照してください。
-
-この音声エンジンは、[スペル読み機能 #VoiceSpellingFunctionality]をサポートしていません。
-
 + サポートされている点字ディスプレイ +[SupportedBrailleDisplays]
 この章では、NVDAでサポートされている点字ディスプレイについて述べます。
 
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 23, 2019

前述の部分の作業案。
「ビジョン拡張プロバイダー」の訳語を考え直すかも知れません。

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 52323)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2019-11-22 06:43+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2019-11-22 11:54+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2019-11-23 17:59+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -9957,7 +9957,7 @@
 #. Translators: shown for a highlighter setting that toggles
 #. highlighting the browse mode cursor.
 msgid "Highlight browse &mode cursor"
-msgstr "ブラウズモードのカーソルをハイライト(&M)"
+msgstr "レビューカーソルをハイライト(&M)"
 
 #. Translators: shown for a highlighter setting that toggles
 #. highlighting the navigator object.
Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 52321)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -31,6 +31,7 @@
 - タッチジェスチャーでコントロールやテキストを報告
 - Microsoft Active Accessibility, Java Access Bridge, IAccessible2 および UI オートメーションといった一般的なアクセシビリティインターフェイスのサポート
 - Windowsのコマンドプロンプトやコンソールアプリのサポート
+- フォーカス位置のハイライト
 -
 
 ++ 国際化 ++[Internationalization]
@@ -292,6 +293,7 @@
 
 NVDAによるWindows操作の最も一般的な方法は、通常のキーボードコマンドによる移動、 すなわちTabキーとShift+Tabキーによる前後移動、Altキーによるメニューバー呼び出しとメニュー操作、Alt+Tabキーによるアプリ間の移動です。
 これらの操作を行うと、NVDAはフォーカスされている項目に関する、オブジェクトの名前、種類、状態、値、説明、キーボードショートカット、位置といった情報を報告します。
+[フォーカスハイライト #VisionFocusHighlight] が有効の場合は、現在のフォーカスの位置を視覚的に目立たせて表示します。
 
 フォーカス移動時に役立つコマンドは以下の通りです。
 %kc:beginInclude
@@ -347,6 +349,7 @@
 
 現在レビュー中のオブジェクトを、ナビゲーターオブジェクトと呼びます。
 あるオブジェクトに移動すると[テキストの確認の操作 #ReviewingText]が使えます。このときレビューモードは[オブジェクトレビュー #ObjectReview]になっています。
+[フォーカスハイライト #VisionFocusHighlight] が有効の場合は、現在のナビゲーターオブジェクトの位置を視覚的に目立たせて表示します。
 初期状態では、ナビゲーターオブジェクトはフォーカスの移動に追従しますが、この動作のオンとオフを切り替えることができます。
 
 点字表示は、[フォーカス #SystemFocus] や [キャレット #SystemCaret] に追従しますが、オブジェクトナビゲーションやテキストレビューが使われるときはそれらに追従します。
@@ -488,10 +491,12 @@
 - Adobe Flash
 - Amazon Kindle for PC で開いた本(対応している場合)
 -
+
 Microsoft Word のドキュメントを閲覧する場合にもブラウズモードに切り替えることができます。
 
 ブラウズモードでは、文書のコンテンツはフラットに表現され、通常のテキスト文書と同じように矢印キーを使って移動できます。
 このブラウズモードでは、「すべて読み上げ」、「書式の報告」、「テーブル内の移動」といったすべてのNVDAの[キャレット #SystemCaret]用のキーコマンドが使用できます。
+[フォーカスハイライト #VisionFocusHighlight] が有効の場合は、現在のレビューカーソル(ブラウズモードのカーソル)の位置を視覚的に目立たせて表示します。
 テキストが、リンクなのか見出しなのかといった情報は、移動するごとに報告されます。
 
 ときどき、これらのドキュメント内のコントロールを直接操作しなければならないことがあります。
@@ -644,6 +649,7 @@
 
 || 表記 | コントロールの種類 |
 | app | アプリ |
+| art | 記事 |
 | bqt | 引用 |
 | btn | ボタン |
 | drbtn | ドロップダウンボタン |
@@ -650,6 +656,7 @@
 | spnbtn | スピンボタン |
 | splbtn | スプリットボタン |
 | tgbtn | トグルボタン |
+| cap | キャプション |
 | cbo | コンボボックス |
 | chk | チェックボックス |
 | dlg | ダイアログ |
@@ -658,6 +665,7 @@
 | pwdedt | パスワードエディット |
 | embedded | 埋め込みオブジェクト |
 | enote | エンドノート |
+| fig | 図 |
 | fnote | 脚注 |
 | gra | 画像 |
 | grp | グループ |
@@ -678,7 +686,7 @@
 | sect | セクション |
 | stbar | ステータスバー |
 | tabctl | タブコントロール |
-| tbl | table |
+| tbl | テーブル |
 | cN | テーブルの列番号n 例 c1 c2 |
 | rN | テーブルの行番号n 例 r1 r2 |
 | term | ターミナル |
@@ -742,6 +750,33 @@
 7と8の点を押すと、点字入力の変換だけを行います。スペースや Enter の入力は行いません。
 %kc:endInclude
 
++ ビジョン +[Vision]
+NVDA は全盲あるいは視覚に障害のある人を主な対象として開発されており、主に音声や点字ディスプレイによる PC の操作を想定しています。しかし、画面の表示を見やすくしたり隠したりする機能も NVDA には備わっています。
+NVDA ではこれらの視覚的な補助の機能は、ビジョン拡張プロバイダーと呼ばれます。
+
+NVDA には標準で、以下に紹介するビジョン拡張プロバイダーが備わっています。
+さらに [NVDA アドオン #AddonsManager] によってビジョン拡張プロバイダーを追加できます。
+
+NVDA のビジョンの設定は、[NVDA 設定 #NVDASettings] ダイアログの [ビジョン #VisionSettings] カテゴリから行うことができます。
+
+++ フォーカスハイライト ++[VisionFocusHighlight]
+フォーカスハイライトは [フォーカス #SystemFocus]、 [ナビゲーターオブジェクト #ObjectNavigation] および [ブラウズモード #BrowseMode] の現在の位置を知るために役立ちます。
+これらの位置は、以下のように色がついた長方形の枠で囲んで示します。
+- 青い実線は、ナビゲーターオブジェクトとフォーカスの位置が同じであることを示します(例えば [フォーカスを追跡 #ReviewCursorFollowFocus] オプションが有効の場合)。
+- 青い点線は、フォーカスだけがその位置にあることを示します。
+- 赤い実線は、ナビゲーターオブジェクトだけがその位置にあることを示します。
+- 黄色い実線は、レビューカーソルの位置を示します(これはブラウズモードにおける仮想のテキストカーソルで、ウェブブラウザーなどでは実際にはその場所にキャレットは存在しません)。
+-
+
+[NVDA 設定 #NVDASettings] ダイアログの [ビジョン #VisionSettings] カテゴリにおいて、フォーカスハイライトを有効にすると、さらに[フォーカス、ナビゲーターオブジェクト、レビューカーソルのそれぞれのハイライトを有効または無効に設定 #VisionSettingsFocusHighlight]できます。
+
+++ スクリーンカーテン ++[VisionScreenCurtain]
+全盲あるいは視覚に障害のある人は画面を見ることができない、画面を見る必要がない場合があります。
+さらに、自分の肩越しに他人が画面をのぞき見しているかどうかを確認できないこともあります。
+このような時に役立つのが、画面を完全に黒くするスクリーンカーテンという機能です。
+
+スクリーンカーテンを有効にする設定は [NVDA 設定 #NVDASettings] ダイアログの [ビジョン #VisionSettings] カテゴリにあります。
+
 + 画像認識 +[ContentRecognition]
 コンテンツの制作者がスクリーンリーダー利用者に対して十分な情報を提供していない場合には、画像認識が利用できます。
 NVDA は Windows 10 に内蔵された文字認識エンジン(OCR)に対応しています。
@@ -1321,6 +1356,41 @@
 
 お使いの点字ディスプレイが対応している接続方法やポート選択方法については、 [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] の各項目もお読みください。
 
++++ ビジョン +++[VisionSettings]
+NVDA 設定ダイアログのビジョンカテゴリでは [視覚的な補助の機能 #Vision] の有効化や無効化、その他の設定の変更ができます。
+
+このカテゴリに含まれるオプションは、[NVDA のアドオン#AddonsManager] によって追加される場合があります。
+既定の設定では、このカテゴリには以下のオプションがあります。
+
+==== フォーカスハイライト ====[VisionSettingsFocusHighlight]
+フォーカスハイライトのグループに含まれるチェックボックスでは、 NVDA に標準で備わっている [フォーカスハイライト #VisionFocusHighlight] の設定の変更ができます。
+
+- ハイライトあり: フォーカスハイライトの有効と無効を切り替えます。
+- フォーカスをハイライト: [フォーカス #SystemFocus] をハイライトするかどうかを切り替えます。
+- ナビゲーターオブジェクトをハイライト: [ナビゲーターオブジェクト #ObjectNavigation] をハイライトするかどうかを切り替えます。
+- レビューカーソルをハイライト: [レビューカーソル(ブラウズモードにおける仮想のテキストカーソル) #BrowseMode] をハイライトするかどうかを切り替えます。
+-
+
+「ハイライトあり」のチェックボックスをチェックまたはチェックなしに変更すると、他の3個のチェックボックスの状態もそれにあわせて変化します。
+例えば「ハイライトあり」をチェックなしの状態からチェックに切り替えると、他の3個のチェックボックスは自動的にチェックに変わります。
+もし「フォーカスをハイライト」をチェックして他の2個をチェックなしにすると、「ハイライトあり」のチェックボックスは「一部チェック」になります。
+
+==== スクリーンカーテン ====[VisionSettingsScreenCurtain]
+チェックボックス「画面を黒にする (即時に有効)」をチェックすると、[スクリーンカーテン #VisionScreenCurtain] が有効になります。
+画面が完全に黒になることを警告するダイアログが表示されます。
+「はい」を選択して続行する前に、音声や点字ディスプレイの出力が有効で、画面を使わずに PC を操作できることを確認してください。
+スクリーンカーテンを有効にしたくない場合は「いいえ」を押します。
+スクリーンカーテンを有効にしても大丈夫な場合は「はい」を押します。
+この警告を毎回表示させたくない場合は、このダイアログで「スクリーンカーテンを開始するときに警告を表示」チェックボックスを変更します。
+この設定は「画面を黒にする」チェックボックスの次にあります。これをチェックすると再び警告を表示できます。
+
+NVDA設定ダイアログを開かないでスクリーンカーテンを切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
+
+==== サードパーティの視覚的な補助機能の設定 ====[VisionSettingsThirdPartyVisualAids]
+サードパーティが [NVDA のアドオン #AddonsManager] でビジョン拡張プロバイダーを提供することがあります。
+このような視覚的補助機能の設定を変更できる場合は、ビジョンカテゴリの項目に追加のグループが表示されます。
+詳しい説明は、サードパーティのビジョン拡張プロバイダーのドキュメントを参照してください。
+
 +++ キーボード (NVDA+Ctrl+K) +++[KeyboardSettings]
 NVDA設定ダイアログのキーボードカテゴリでは、NVDAでのキーボードの使用について設定ができます。
 このカテゴリには以下の項目があります。
@@ -1625,6 +1695,7 @@
  - リンク
  - リスト
  - 引用
+ - グループ
  - ランドマーク
  - 記事
  - フレーム
@@ -2023,7 +2094,7 @@
 
 ++ eSpeak NG ++[eSpeakNG]
 音声エンジン[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]はNVDAに内蔵されているので、追加のドライバーやコンポーネントをインストールする必要はありません。
-NVDAは初期状態で、この eSpeak NG を使用して起動します。
+Windows 7, 8 および 8.1 において eSpeak NG は NVDA の既定の音声エンジンです(Windows 10 においては [Windows OneCore #OneCore] が既定の音声エンジンです)。
 この音声エンジンはNVDAに同梱されているので、別のシステム上でUSBメモリーからNVDAを実行するときには良い選択です。
 
 eSpeak NG の各音声は、異なる言語で話すことができます。
@@ -2059,21 +2130,11 @@
 ++ Windows OneCore 音声 ++[OneCore]
 Windows 10 では OneCore あるいは「モバイル」という名前の新しい音声が利用できます。
 これらの音声は多くの言語で利用でき、従来の Speech API バージョン5の音声と比べて軽快に動作します。
+Windows 10 においては Windows OneCore 音声は NVDA の既定の音声エンジンです(その他の環境では [eSpeak NG #eSpeakNG] が既定の音声エンジンです)。
 
 利用できる音声の一覧とインストール方法は Microsoft の記事を参照してください: https://support.microsoft.com/ja-jp/help/22805/windows-10-supported-narrator-languages-voices
 
-ナレーターではこれらの音声のスピードをさらに速くすることができますが、現在の NVDA はスピードの設定に完全には対応していません。
-また、Windows の設定で音声のスピードを変更すると NVDA の読み上げ速度に影響します。
-これらは Windows の側で対応されるべき課題です。
-将来の Windows Update で解決されることを期待しています。
 
-++ Audiologic Tts3 ++[Audiologic]
-これは、イタリア語向けの商用音声エンジンです。
-この音声エンジンをNVDAで使用するには、システムにインストールする必要があります。
-詳細については、Audiologic社のWebサイト、www.audiologic.itを参照してください。
-
-この音声エンジンは、[スペル読み機能 #VoiceSpellingFunctionality]をサポートしていません。
-
 + サポートされている点字ディスプレイ +[SupportedBrailleDisplays]
 この章では、NVDAでサポートされている点字ディスプレイについて述べます。
 
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 25, 2019

本家で議論したうえで確認した。
browse mode cursor のハイライト機能は、
たしかに「ブラウズモードのカーソル」だけを文字単位でハイライトする機能であり、
レビューカーソルをハイライトしているわけではない。
例えば NVDA の「設定プロファイル」ダイアログで NVDA+右矢印 を押すと、
文字単位の読み上げが行われ、
レビューカーソルが移動していることがわかるが、
ハイライトは表示されない。

いままで「ブラウズモードのカーソル」はユーザーガイドの「画像認識」でしか
使われていない用語だったが、
レビューカーソルと区別して翻訳する必要がありそう。

@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 25, 2019

「ブラウズモードのカーソル」に関する再作業案

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 52430)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2019-11-22 06:43+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2019-11-23 17:59+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2019-11-25 09:48+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -9957,7 +9957,7 @@
 #. Translators: shown for a highlighter setting that toggles
 #. highlighting the browse mode cursor.
 msgid "Highlight browse &mode cursor"
-msgstr "レビューカーソルをハイライト(&M)"
+msgstr "ブラウズモードのカーソルをハイライト(&M)"
 
 #. Translators: shown for a highlighter setting that toggles
 #. highlighting the navigator object.
Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 52430)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -765,10 +765,10 @@
 - 青い実線は、ナビゲーターオブジェクトとフォーカスの位置が同じであることを示します(例えば [フォーカスを追跡 #ReviewCursorFollowFocus] オプションが有効の場合)。
 - 青い点線は、フォーカスだけがその位置にあることを示します。
 - 赤い実線は、ナビゲーターオブジェクトだけがその位置にあることを示します。
-- 黄色い実線は、レビューカーソルの位置を示します(これはブラウズモードにおける仮想のテキストカーソルで、ウェブブラウザーなどでは実際にはその場所にキャレットは存在しません)。
+- 黄色い実線は、ブラウズモードのカーソルの位置を示します(これはブラウズモードにおける仮想のテキストカーソルで、ウェブブラウザーなどでは実際にはその場所にキャレットは存在しません)。
 -
 
-[NVDA 設定 #NVDASettings] ダイアログの [ビジョン #VisionSettings] カテゴリにおいて、フォーカスハイライトを有効にすると、さらに[フォーカス、ナビゲーターオブジェクト、レビューカーソルのそれぞれのハイライトを有効または無効に設定 #VisionSettingsFocusHighlight]できます。
+[NVDA 設定 #NVDASettings] ダイアログの [ビジョン #VisionSettings] カテゴリにおいて、フォーカスハイライトを有効にすると、さらに[フォーカス、ナビゲーターオブジェクト、ブラウズモードのカーソルのそれぞれのハイライトを有効または無効に設定 #VisionSettingsFocusHighlight]できます。
 
 ++ スクリーンカーテン ++[VisionScreenCurtain]
 全盲あるいは視覚に障害のある人は画面を見ることができない、画面を見る必要がない場合があります。
@@ -1368,7 +1368,7 @@
 - ハイライトあり: フォーカスハイライトの有効と無効を切り替えます。
 - フォーカスをハイライト: [フォーカス #SystemFocus] をハイライトするかどうかを切り替えます。
 - ナビゲーターオブジェクトをハイライト: [ナビゲーターオブジェクト #ObjectNavigation] をハイライトするかどうかを切り替えます。
-- レビューカーソルをハイライト: [レビューカーソル(ブラウズモードにおける仮想のテキストカーソル) #BrowseMode] をハイライトするかどうかを切り替えます。
+- ブラウズモードのカーソルをハイライト: [ブラウズモードにおける仮想のテキストカーソル #BrowseMode] をハイライトするかどうかを切り替えます。
 -
 
 「ハイライトあり」のチェックボックスをチェックまたはチェックなしに変更すると、他の3個のチェックボックスの状態もそれにあわせて変化します。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 29, 2019

nvda.po の更新

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 52683)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2019-11-29 15:51+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2019-11-25 10:31+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2019-11-29 14:57+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -3502,7 +3502,6 @@
 msgstr "グループの報告の切り替え"
 
 #. Translators: The message announced when toggling the report block quotes document formatting setting.
-#, fuzzy
 msgid "report groupings off"
 msgstr "グループを報告しない"
 
@@ -3935,7 +3934,6 @@
 msgid "Shows the NVDA menu"
 msgstr "NVDAメニューの表示"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Reads from the review cursor up to the end of the current text, moving the "
 "review cursor as it goes"
@@ -6481,7 +6479,7 @@
 msgid "Copyright (C) {years} NVDA Contributors"
 msgstr "Copyright (C) {years} NVDA Contributors"
 
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid ""
 "{longName} ({name})\n"
 "Version: {version}\n"
@@ -9344,11 +9342,13 @@
 "Could not gracefully terminate the {providerName} vision enhancement provider"
 msgstr "ビジョン拡張プロバイダー {providerName} を正常に終了できませんでした"
 
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid ""
 "Could not gracefully terminate the following vision enhancement providers:\n"
 "{providerNames}"
-msgstr "以下のビジョン拡張プロバイダーを正常に終了できませんでした:\n"
+msgstr ""
+"以下のビジョン拡張プロバイダーを正常に終了できませんでした:\n"
+"{providerNames}"
 
 #. Translators: This is a label appearing on the vision settings panel.
 msgid "Configure visual aids."
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Nov 29, 2019

ユーザーガイド svn 16904

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 52683)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -605,7 +605,9 @@
 NVDA は次の種類の数式コンテンツに対応します:
 - Mozilla Firefox, Microsoft Internet Explorer および Google Chrome における MathML
 - Microsoft Word と PowerPoint における Design Science の MathType:
-ただし MathType をインストールしておく必要があります。評価版でもかまいません。
+ただし MathType をインストールしておく必要があります。
+評価版でもかまいません。
+以下からダウンロードできます: https://www.dessci.com/en/products/mathtype/
 - Adobe Reader における MathML:
 ただし、まだ公式な規格ではないため、この形式のファイルを作成できるソフトは公開されていません。
 - Kindle for PC における数式: アクセシブルな数式を含む書籍に対応
@@ -1047,8 +1049,10 @@
 - 無効: NVDAは起動時の短いメッセージだけを記録し、実行中にログを残しません。
 - 情報: NVDAは起動時のメッセージや開発者に役立つ情報など、基本的な情報を記録します。
 - デバッグ警告: 重大なエラーによるものではない警告を記録します。
-- 入出力: キーボードや点字ディスプレイからの入力、および音声と点字の出力を記録します。プライバシーが心配な場合は、ログ記録レベルをこのレベルに設定しないでください。
-- デバッグ: 情報、デバッグ警告、入出力に加えて、デバッグのためのメッセージを記録します。入出力と同じように、プライバシーが心配な場合は、ログ記録レベルをこのレベルに設定しないでください。
+- 入出力: キーボードや点字ディスプレイからの入力、および音声と点字の出力を記録します。
+ - プライバシーが心配な場合は、ログ記録レベルをこのレベルに設定しないでください。
+- デバッグ: 情報、デバッグ警告、入出力に加えて、デバッグのためのメッセージを記録します。
+ - 入出力と同じように、プライバシーが心配な場合は、ログ記録レベルをこのレベルに設定しないでください。
 -
 
 ==== Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に起動 ====[GeneralSettingsStartAfterLogOn]
@@ -1111,6 +1115,7 @@
 NVDAに同梱されている eSpeak NG では、このコンボボックスで声色を選択できます。
 eSpeak NG では音声は言語の違いに対応し、声色は声の違いに対応します。
 声色によっては男性の声に聞こえたり、女性の声に聞こえたりします。蛙のような声もあります。
+サードパーティの音声エンジンを使用している場合、選択した音声でサポートされている場合は、この値を変更できます。
 
 ==== 速さ ====[SpeechSettingsRate]
 このオプションで音声の速さを変更できます。
@@ -1129,7 +1134,6 @@
 ==== 自動言語切り替え ====[SpeechSettingsLanguageSwitching]
 このチェックボックスで、読み上げようとしているテキストに言語の指定がある場合、NVDAが音声エンジンの言語を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
 このオプションは初期状態でチェックされています。
-現在この自動言語切り替えは、eSpeak NG でのみサポートされています。
 
 ==== 自動方言切り替え ====[SpeechSettingsDialectSwitching]
 自動言語切り替えがチェックされている場合、このチェックボックスで、言語だけでなく、方言を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
@@ -1150,7 +1154,7 @@
 
 ==== 記号と絵文字の説明に Unicode コンソーシアムのデータを使用 ====[SpeechSettingsCLDR]
 このチェックボックスをチェックすると、NVDAは文字や記号の読み上げに使うデータを拡張します。
-追加されるのは [共通ロケールデータリポジトリ http://cldr.unicode.org/] として [Unicode コンソーシアム http://www.unicode.org/consortium/] が提供する辞書です。この辞書は絵文字などの記号の説明を多く含んでいます。
+追加されるのは [共通ロケールデータリポジトリ http://cldr.unicode.org/] として [Unicode コンソーシアム https://www.unicode.org/consortium/] が提供する辞書です。この辞書は絵文字などの記号の説明を多く含んでいます。
 NVDA にこのデータに基づく絵文字の読み上げをさせたい場合は、このオプションをチェックします。
 音声エンジンに絵文字の説明を読み上げる機能が備わっている場合には、このオプションをチェックなしにしたほうがよいかも知れません。
 
@@ -1164,14 +1168,14 @@
 このエディットフィールドでは大文字を読み上げる際の高さの変化率を指定します。
 値はパーセントで指定し、負の値を指定すると大文字の高さは小文字よりも低くなりますし、正の値を指定すると高くなります。
 高さを変更したくない場合は、0を指定してください。
+通常 NVDA は大文字を少し高い音声で読み上げます。しかし、音声エンジンによってはこの機能は動作しません。
+大文字のピッチ変更率が動作しない場合は、[大文字の前に大文字と読む #SpeechSettingsSayCapBefore] や [大文字にビープ音をつける #SpeechSettingsBeepForCaps] の利用を検討してください。
 
 ==== 大文字の前に大文字と読む ====[SpeechSettingsSayCapBefore]
 この設定はチェックボックスで、チェックされている場合はNVDAに大文字の前に"大文字"と読むように指示します。
-通常、NVDAはすべての大文字に対して音声のピッチを上げますが、一部の音声エンジンではそれが十分機能しないので、このオプションが有効かもしれません。
 
 ==== 大文字にビープ音をつける ====[SpeechSettingsBeepForCaps]
 このチェックボックスがチェックされていると、NVDAは大文字で書かれた文字を検出するたびに小さなビープ音を鳴らします。
-大文字の前に大文字と読むチェックボックスのように、この設定も、大文字に対して音声の高さを変更できない音声エンジンを使用している場合に有効です。
 
 ==== サポートされている場合スペル読み機能を使用 ====[SpeechSettingsUseSpelling]
 1文字で構成されているような単語がありますが、その発音は文字自身が個々の文字として発音されるか、単語として発音されるかによって異なります。
@@ -1544,7 +1548,7 @@
 オンの時、NVDAはメニューやツールバー等のより多くのコントロールの位置情報を報告しますが、その情報はわずかに不正確な場合があります。
 
 ==== オブジェクトの説明の報告 ====[ObjectPresentationReportDescriptions]
-オブジェクトとともに読み上げられる説明が必要ない場合は、このチェックボックスをチェックなしにしてください。
+オブジェクトとともに読み上げられる説明(例えば、検索における自動入力候補、ダイアログを開いた直後のダイアログ全体の内容の報告など)が必要ない場合は、このチェックボックスをチェックなしにしてください。
 
 %kc:setting
 ==== プログレスバーの報告 ====[ObjectPresentationProgressBarOutput]
@@ -1652,7 +1656,8 @@
 
 ==== キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード ====[BrowseModeSettingsAutoPassThroughOnCaretMove]
 チェックされている場合、NVDAは矢印キーの移動に応じてフォーカスモードに入ったり、フォーカスモードから出たりします。
-例えば、Webページの中で下矢印キーで読み進んでいてエディットボックスに到達した場合、NVDAは自動的にフォーカスモードを有効にします。もし、上矢印キーを押してエディットボックスから出ると、NVDAはブラウズモードに戻ります。
+例えば、Webページの中で下矢印キーで読み進んでいてエディットボックスに到達した場合、NVDAは自動的にフォーカスモードを有効にします。
+もし、上矢印キーを押してエディットボックスから出ると、NVDAはブラウズモードに戻ります。
 
 ==== 音によるフォーカスモードとブラウズモード切替の報告 ====[BrowseModeSettingsPassThroughAudioIndication]
 チェックされている場合、NVDAは音声による報告ではなく、特別な音によってフォーカスモードとブラウズモードが切り替えられたことを報告します。
@@ -1660,6 +1665,7 @@
 ==== ドキュメントでコマンド以外の操作による入力を防止 ====[BrowseModeSettingsTrapNonCommandGestures]
 このオプションは既定値でチェックされています。これは、キー入力などのジェスチャーが NVDA のコマンドではなく、アプリの操作としても実行できなかったときに、現在フォーカスのあるドキュメントに文字として入力されてしまうことを防ぐ機能です。
 チェックされている場合は、例えばキーボードから文字 j が入力され、1文字ナビゲーションとしても無効で、アプリの操作としても無効であったときに、ドキュメントにこの j という文字が書き込まれません。
+このとき NVDA は入力が防止されるたびに Windosws の既定の警告音を再生します。
 
 +++ 書式とドキュメント情報 (NVDA+Ctrl+D) +++[DocumentFormattingSettings]
 このカテゴリのほとんどのチェックボックスは、ドキュメント内で移動するときにどの情報を自動的に読み上げるかを設定するために使用します。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Dec 7, 2019

点字ビューアー対応

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 53015)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2019-12-06 07:28+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2019-11-29 14:57+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2019-12-07 18:06+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -7206,15 +7206,13 @@
 msgstr "SuperBraille"
 
 #. Translators: The title of the NVDA Braille Viewer tool window.
-#, fuzzy
 msgid "NVDA Braille Viewer"
-msgstr "NVDAログビューアー"
+msgstr "NVDA点字ビューアー"
 
 #. Translators: The label for a setting in the braille viewer that controls
 #. whether the braille viewer is shown at startup or not.
-#, fuzzy
 msgid "&Show Braille Viewer on Startup"
-msgstr "NVDA起動時にスピーチビューアーを表示(&S)"
+msgstr "NVDA起動時に点字ビューアーを表示(&S)"
 
 #. Translators: The title of the document used to present the result of content recognition.
 msgid "Result"
@@ -7386,9 +7384,8 @@
 msgstr "スピーチビューアー(&S)"
 
 #. Translators: The label for the menu item to toggle Braille Viewer.
-#, fuzzy
 msgid "Braille viewer"
-msgstr "点字は%sを表示"
+msgstr "点字ビューアー"
 
 #. Translators: The label for the menu item to open NVDA Python Console.
 msgid "Python console"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Dec 7, 2019

userGuide-newRevisions 16865 (作業前)

Seika ドライバーの URL なんか変だが、よくわからないのでこの機会に原文にあわせます。

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 53015)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -171,6 +171,13 @@
 2番目は「Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に起動」の設定です。これはインストールされたNVDAだけで有効です。
 3番目は「NVDA起動時にこのダイアログを表示」の設定です。
 
++++ Data usage statistics dialog +++[UsageStatsDialog]
+Starting from NVDA 2018.3, the user is asked if they want to allow usage data to be sent to NV Access in order to help improve NVDA in the future. 
+When starting NVDA for the first time, a dialog will appear which will ask you if you want to accept sending data to NV Access while using NVDA.
+You can read more info about the data gathered by NV Access in Chapter 11 below.
+Note: pressing on "yes" or "no" will save this setting and the dialog will never appear again unless you reinstall NVDA.
+However, you can enable or disable the data gathering process manually in NVDA's general settings panel. For changing this setting manually, you can check or uncheck the checkbox called [Allow the NVDA project to gather NVDA usage statistics #GeneralSettingsGatherUsageStats].
+
 ++ NVDAのキーボードコマンド ++[AboutNVDAKeyboardCommands]
 
 +++ NVDA制御キー +++[TheNVDAModifierKey]
@@ -641,6 +648,7 @@
 + 点字ディスプレイ +[Braille]
 NVDA は情報を点字ディスプレイに表示することができます。
 点字ディスプレイにパーキンス式キーボードが備わっている場合は、1級点字または2級点字による入力もできます。
+Braille can be also be displayed on screen using the [Braille Viewer #BrailleViewer] instead of, or at the same time as, using a physical braille display.
 
 [対応している点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] も参照してください。
 このセクションでは、それぞれの機種が NVDA の自動検出に対応しているかどうかも説明しています。
@@ -1445,8 +1453,8 @@
 
 チェックされている場合、NVDAは文字以外のキーの名称を読み上げます。このキーの名称には、Ctrlキーとその他のキーのようなキーの組み合わせも含まれます。
 
-==== スペルミスを入力中に音で報告 ====[KeyboardSettingsAlertForSpellingErrors]
-チェックされている場合、入力中の単語のスペルミスを短い音で報告します。
+==== スペルミスを入力中にビープ音で報告 ====[KeyboardSettingsAlertForSpellingErrors]
+チェックされている場合、入力中の単語のスペルミスを短いビープ音で報告します。
 このオプションを使うには NVDA の設定の [書式とドキュメント情報 #DocumentFormattingSettings] ダイアログで「スペルミスの報告」をチェックする必要があります。
 
 ==== 外部アプリからの文字入力 ====[KeyboardSettingsHandleKeys]
@@ -1531,9 +1539,10 @@
 チェックされている場合、NVDAはツールチップが表示されたときにその内容を読み上げます。
 多くのWindowsのコントロールは、マウスカーソルをそれらに重ねたり、それらにフォーカスしたりしたとき、簡単なメッセージ (またはツールチップ) を表示します。
 
-==== バルーン情報の報告 ====[ObjectPresentationReportBalloons]
-このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはバルーン情報が表示されたときにその内容を報告します。
-バルーン情報はツールチップに似ていますが、サイズはやや大きく、ネットワークケーブルが接続されていないとか、Windowsのセキュリティ上の問題の報告といった、システムのイベントに関連付けられています。
+==== Report notifications ====[ObjectPresentationReportNotifications]
+This checkbox, when checked, tells NVDA to report help balloons and toast notifications as they appear.
+- Help Balloons are like tooltips, but are usually larger in size, and are associated with system events such as a network cable being unplugged, or perhaps to alert you about Windows security issues.
+- Toast notifications have been introduced in Windows 10 and appear in the notification center in the system tray, informing about several events (i.e. if an update has been downloaded, a new e-mail arived in your inbox, etc.).
 
 ==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====[ObjectPresentationShortcutKeys]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはオブジェクトやコントロールなどを読み上げる際、関連付けられているショートカットキーを含んで読み上げます。
@@ -2028,6 +2037,20 @@
 
 NVDA メニューを開かないでスピーチビューアーの有効、無効を切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
+++ Braille Viewer ++[BrailleViewer]
+For sighted software developers or people demoing NVDA to sighted audiences, a floating window is available that allows you to view braille output, and the text equivalent for each braille character.
+The braille viewer can be used at the same time as a physical braille display, it will match the number of cells on the physical device.
+While the braille viewer is enabled, it constantly updates to show you the braille that would be displayed on a physical braille display.
+
+To enable the braille viewer, check the "Braille Viewer" menu item under Tools in the NVDA menu.
+Uncheck the menu item to disable it.
+
+Physical braille displays typically have buttons to scroll forwards or backwards, to enable scrolling with the braille viewer tool use the [Input Gestures dialog #InputGestures] to assign keyboard shortcuts which "Scrolls the braille display back" and "Scrolls the braille display forward"
+
+The braille viewer window contains a check box labeled "Show braille viewer on startup".
+If this is checked, the braille viewer will open when NVDA is started.
+The braille viewer window will always attempt to re-open with the same dimensions and location as when it was closed.
+
 ++ アドオン マネージャー ++[AddonsManager]
 アドオン マネージャーではNVDAのアドオンパッケージをインストール、削除、有効化、または無効化できます。NVDAメニューの「ツール」「アドオン マネージャー」から実行できます。
 これらのアドオン パッケージはコミュニティーによって提供されます。NVDAの機能を追加・変更するアドオンや、点字ディスプレイや音声エンジンのドライバーを追加するアドオンがあります。
@@ -2529,7 +2552,7 @@
 
 ++ 清華 点字ディスプレイ ++[Seika]
 [日本テレソフト https://www.nippontelesoft.com/] 社の 清華バージョン3, 4 および 5 (40セル) および 清華80 (80セル) 点字ディスプレイをサポートしています。
-これらのディスプレイの情報は https://www.seika-braille.com/ を参照してください。
+これらのディスプレイの情報は https://en.seika-braille.com/down/index.html を参照してください。
 製造者が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
 
 これらの機種では点字ディスプレイの自動検出は利用できません。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Copy link
Member Author

@nishimotz nishimotz commented Dec 7, 2019

作業案

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 53015)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -171,6 +171,13 @@
 2番目は「Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に起動」の設定です。これはインストールされたNVDAだけで有効です。
 3番目は「NVDA起動時にこのダイアログを表示」の設定です。
 
++++ NVDA 使用状況統計の収集ダイアログ +++[UsageStatsDialog]
+NVDA 2018.3 から NVDA の使用状況統計を NV Access に送信することの確認をしています。この情報は NVDA を改善するために使用されます。
+はじめて NVDA を起動したときには、使用状況統計の送信許可をいただくダイアログを表示します。
+収集する情報の詳細はこのユーザーガイドの11章を参照してください。
+「はい」または「いいえ」のボタンを押すと、設定は保存され、NVDA を再インストールするまで確認のダイアログは表示されません。
+しかしこの設定は、NVDA 設定ダイアログの「一般」カテゴリの [NVDA プロジェクトに NVDA の使用状況統計の収集を許可する #GeneralSettingsGatherUsageStats] のチェックボックスで変更できます。
+
 ++ NVDAのキーボードコマンド ++[AboutNVDAKeyboardCommands]
 
 +++ NVDA制御キー +++[TheNVDAModifierKey]
@@ -641,6 +648,7 @@
 + 点字ディスプレイ +[Braille]
 NVDA は情報を点字ディスプレイに表示することができます。
 点字ディスプレイにパーキンス式キーボードが備わっている場合は、1級点字または2級点字による入力もできます。
+点字出力は [点字ビューアー #BrailleViewer] を使って画面に表示することもできます。点字ビューアーは点字ディスプレイのかわりとしても、点字ディスプレイと同時にも使用できます。
 
 [対応している点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] も参照してください。
 このセクションでは、それぞれの機種が NVDA の自動検出に対応しているかどうかも説明しています。
@@ -1445,8 +1453,8 @@
 
 チェックされている場合、NVDAは文字以外のキーの名称を読み上げます。このキーの名称には、Ctrlキーとその他のキーのようなキーの組み合わせも含まれます。
 
-==== スペルミスを入力中に音で報告 ====[KeyboardSettingsAlertForSpellingErrors]
-チェックされている場合、入力中の単語のスペルミスを短い音で報告します。
+==== スペルミスを入力中にビープ音で報告 ====[KeyboardSettingsAlertForSpellingErrors]
+チェックされている場合、入力中の単語のスペルミスを短いビープ音で報告します。
 このオプションを使うには NVDA の設定の [書式とドキュメント情報 #DocumentFormattingSettings] ダイアログで「スペルミスの報告」をチェックする必要があります。
 
 ==== 外部アプリからの文字入力 ====[KeyboardSettingsHandleKeys]
@@ -1531,9 +1539,10 @@
 チェックされている場合、NVDAはツールチップが表示されたときにその内容を読み上げます。
 多くのWindowsのコントロールは、マウスカーソルをそれらに重ねたり、それらにフォーカスしたりしたとき、簡単なメッセージ (またはツールチップ) を表示します。
 
-==== バルーン情報の報告 ====[ObjectPresentationReportBalloons]
-このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはバルーン情報が表示されたときにその内容を報告します。
-バルーン情報はツールチップに似ていますが、サイズはやや大きく、ネットワークケーブルが接続されていないとか、Windowsのセキュリティ上の問題の報告といった、システムのイベントに関連付けられています。
+==== 通知の報告 ====[ObjectPresentationReportNotifications]
+このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはバルーン情報やトースト通知が表示されたときにその内容を報告します。
+- バルーン情報はツールチップに似ていますが、サイズはやや大きく、ネットワークケーブルが接続されていないとか、Windowsのセキュリティ上の問題の報告といった、システムのイベントに関連付けられています。
+- トースト通知は Windows 10 から使われています。これはシステムトレイの通知センターに表示されます。トースト通知は、更新のダウンロードの完了や、新しいメールが受信箱に届いた、といったイベントを知らせるときに使われます。
 
 ==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====[ObjectPresentationShortcutKeys]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはオブジェクトやコントロールなどを読み上げる際、関連付けられているショートカットキーを含んで読み上げます。
@@ -2028,6 +2037,20 @@
 
 NVDA メニューを開かないでスピーチビューアーの有効、無効を切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
+++ 点字ビューアー ++[BrailleViewer]
+晴眼のソフトウェア開発者が使う場合や晴眼者にNVDAを紹介する場合に、点字出力とそれに対応するテキストをフローティング・ウィンドウに表示できます。
+点字ビューアーは、物理的な点字ディスプレイと同時に使用でき、その場合は物理的なデバイスと同じセル数で表示されます。
+点字ビューアーを有効にすると、物理的な点字ディスプレイに表示されているものと同じ内容が常に表示されます。
+
+点字ビューアーを有効にするには、NVDA メニューの「ツール」のメニュー項目「点字ビューアー」を選択します。
+このメニュー項目を無効にすると点字ビューアーの表示が消えます。
+
+通常の点字ディスプレイにはスクロールのボタンがあります。点字ビューアーでスクロールの操作を行いたい場合は、 [入力ジェスチャーダイアログ #InputGestures] で「点字表示を次にスクロール」と「点字表示を前にスクロール」にキーボードショートカットを割り当てます。
+
+点字ビューアーのウィンドウには「NVDA起動時に点字ビューアーを表示」というチェックボックスがあります。
+これをチェックすると、NVDA が起動するときに点字ビューアーが表示されます。
+この点字ビューアーのウィンドウは閉じるときに大きさと場所が記録され、次回も同じ場所に表示されます。
+
 ++ アドオン マネージャー ++[AddonsManager]
 アドオン マネージャーではNVDAのアドオンパッケージをインストール、削除、有効化、または無効化できます。NVDAメニューの「ツール」「アドオン マネージャー」から実行できます。
 これらのアドオン パッケージはコミュニティーによって提供されます。NVDAの機能を追加・変更するアドオンや、点字ディスプレイや音声エンジンのドライバーを追加するアドオンがあります。
@@ -2529,7 +2552,7 @@
 
 ++ 清華 点字ディスプレイ ++[Seika]
 [日本テレソフト https://www.nippontelesoft.com/] 社の 清華バージョン3, 4 および 5 (40セル) および 清華80 (80セル) 点字ディスプレイをサポートしています。
-これらのディスプレイの情報は https://www.seika-braille.com/ を参照してください。
+これらのディスプレイの情報は https://en.seika-braille.com/down/index.html を参照してください。
 製造者が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
 
 これらの機種では点字ディスプレイの自動検出は利用できません。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
Projects
None yet
1 participant
You can’t perform that action at this time.