New issue

Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community.

By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails.

Already on GitHub? Sign in to your account

2018.1 新規の翻訳 #61

Closed
nishimotz opened this Issue Nov 3, 2017 · 27 comments

Comments

Projects
None yet
2 participants
@nishimotz
Member

nishimotz commented Nov 3, 2017

NVDA 日本語チームによる 2018.1 本家版の日本語関連作業を議論します。

2017.4 新規の翻訳は下記でした。
https://osdn.net/ticket/browse.php?group_id=4221&tid=37480

本家の翻訳コミュニティのドキュメント
https://github.com/nvaccess/nvda/wiki/Translating

@nishimotz nishimotz added this to the 2018.1 milestone Nov 3, 2017

@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Dec 18, 2017

nvda.po の更新案

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po     (revision 37643)
+++ nvda.po     (working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2017-12-15 00:10+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2017-11-07 22:21+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2017-12-18 23:11+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -14,7 +14,7 @@
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
 "X-Poedit-SourceCharset: utf-8\n"
-"X-Generator: Poedit 2.0.4\n"
+"X-Generator: Poedit 2.0.5\n"

 #. Translators: Message to indicate User Account Control (UAC) or other secure desktop screen is active.
 msgid "Secure Desktop"
@@ -7033,9 +7033,8 @@
 msgstr "点字入力の切り替え"

 #. Translators: The name of a series of braille displays.
-#, fuzzy
 msgid "HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille series"
-msgstr "HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle シリーズ"
+msgstr "HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille シリーズ"

 #. Translators: Name of a braille display.
 msgid "MDV Lilli"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Dec 27, 2017

nvda.po の作業案

タッチ操作についての NVDA 本体の訳語を以下のように考えています。
ユーザーガイドで表記ゆれがないように考慮していただけると助かります。
@minakononogaki

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 37787)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2017-12-22 00:10+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2017-12-18 23:11+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2017-12-27 15:38+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -7179,13 +7179,12 @@
 msgstr "マウスカーソル形状の変更やマウスカーソル位置のオブジェクトの報告"
 
 #. Translators: The label for the menu item to open Touch Interaction dialog.
-#, fuzzy
 msgid "&Touch interaction..."
-msgstr "音声辞書(&V)..."
+msgstr "タッチ操作(&T)..."
 
 #. Translators: tooltip for touch interaction settings item.
 msgid "Change how NVDA interacts with the touchscreen"
-msgstr ""
+msgstr "タッチ画面のNVDAによる操作の切替"
 
 #. Translators: The label for the menu item to open Review Cursor dialog.
 msgid "Review &cursor..."
@@ -8956,14 +8955,13 @@
 "が使用されている可能性があります"
 
 #. Translators: This is the label for the touch interaction settings dialog.
-#, fuzzy
 msgid "Touch Interaction"
-msgstr "数式の操作を終了"
+msgstr "タッチ操作"
 
 #. Translators: This is the label for a checkbox in the
 #. touch interaction settings dialog.
 msgid "&Touch typing mode"
-msgstr ""
+msgstr "タッチ文字入力モード(&T)"
 
 #. Translators: Describes a command.
 msgid "Exit math interaction"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Dec 27, 2017

changes の現状

= 2018.1 =

== Changes ==
- The HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle and Hims Sync Braille display drivers have been replaced by one driver. The new driver will automatically be activated for former syncBraille driver users. (#7459) 
 - Some keys , notably scroll keys, have been reassigned to follow the conventions used by Hims products. Consult the user guide for more details.
- When typing with the on-screen keyboard via touch interaction, by default  you now need to double tap each key the same way you would activate any other control.
 - To use the existing "touch typing" mode where simply lifting your finger off the key is enough to activate it, Enable this option in the new Touch Interaction settings dialog found in the Preferences menu. (#7309)


== Bug Fixes ==
- Browseable messages such as showing  current formatting when pressing NVDA+f twice quickly, no longer fails when NVDA is installed on a path with non-ASCII characters. (#7474)
- Focus is now once again restored correctly when returning to Spotify from another application. (#7689)
- NVDA no longer fails to update on systems with Controlled Folder Access enabled (available in the Windows 10 Fall Creaters update). (#7696)
- Detection of scroll keys on Hims Smart Beetle displays is no longer unreliable. (#6086)
- A slight performance improvement when rendering large amounts of content in Mozilla Firefox 58 and later. (#7719)
- Prevent errors while reading emails containing tables in Microsoft Outlook (#6827)
- Braille display gestures that emulate system keyboard key modifiers can now also be combined with other emulated system keyboard keys if one or more of the involved gestures are model specific. (#7783)
- In Mozilla Firefox, browse mode now works correctly in pop-ups created by extensions such as LastPass and bitwarden. (#7809)
- NVDA no longer sometimes freezes on every focus change if Firefox or Chrome have stopped responding such as due to a freeze or crash. (#7818)
- In twitter clients such as Chicken Nugget, NVDA will no longer ignore the last 20 characters of 280 character tweets when reading them. (#7828)
- NVDA now uses the correct language when announcing symbols when text is selected. (#7687)


== Changes for developers ==
- Added a hidden boolean flag to the braille section in the configuration: "outputPass1Only". (#7301, #7693, #7702) 
 - This flag defaults to true. If false, liblouis multi pass rules will be used for braille output.
- A new dictionary (braille.RENAMED_DRIVERS) has been added to allow for smooth transition for users using drivers that have been superseded by others. (#7459)
- Updated comtypes package to 1.1.3. (#7831)


@minakononogaki

This comment has been minimized.

minakononogaki commented Jan 4, 2018

確認しました。
Changes 2018.1の翻訳と、ユーザーガイド2018.1の翻訳をこちらでする感じで良いのでしょうか。
ユーザーガイドの差分を取る方法って何かあるんでしたっけ。

@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Jan 4, 2018

changes は私がやります。

ユーザーガイドの差分は例えば下記で確認できます。

https://app.assembla.com/spaces/screenReaderTranslations/subversion/source/HEAD/ja/userGuide-newRevisions

@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Jan 8, 2018

nvda.po の新規翻訳の作業案。

Excel のグラフについてはいつものようにマイクロソフト ランゲージ ポータルで調査しました。

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 38128)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2018-01-05 00:10+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2017-12-27 15:38+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2018-01-08 21:50+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -2476,7 +2476,7 @@
 
 #. Translators: Identifies a chart element.
 msgid "chart element"
-msgstr ""
+msgstr "グラフ要素"
 
 msgid "video"
 msgstr "ビデオ"
@@ -7677,7 +7677,7 @@
 
 #. Translators: The message displayed when an add-on cannot be installed due to NVDA running as a Windows Store app
 msgid "Add-ons cannot be installed in the Windows Store version of NVDA"
-msgstr ""
+msgstr "Windowsストア版のNVDAではアドオンは利用できません"
 
 #. Translators: The title of the Configuration Profiles dialog.
 msgid "Configuration Profiles"
@@ -9538,9 +9538,8 @@
 msgstr "系列が定義されていません"
 
 #. Translators: Speak text chart elements when virtual row of chart elements is reached while navigation
-#, fuzzy
 msgid "Chart Elements"
-msgstr "要素"
+msgstr "グラフ要素"
 
 #. Translators: Details about a series in a chart. For example, this might report "foo series 1 of 2"
 #. Translators: Details about a series in a chart.
@@ -9550,9 +9549,9 @@
 msgstr "系列 {seriesName} {seriesIndex}の{seriesCount}"
 
 #. Translators: Message to be spoken to report Slice Color in Pie Chart
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "Slice color: {colorName} "
-msgstr "系列の色 {colorName} "
+msgstr "円グラフの部分の色 {colorName} "
 
 #. Translators: For line charts, indicates no change from the previous data point on the left
 #, python-brace-format
@@ -9609,74 +9608,65 @@
 msgstr " {segmentType} {pointIndex}の{pointCount}"
 
 #. Translators: Indicates Primary Category Axis
-#, fuzzy
 msgid "Primary Category Axis"
-msgstr "プライマリーフッター"
+msgstr "主カテゴリ軸"
 
 #. Translators: Indicates Secondary Category Axis
-#, fuzzy
 msgid "Secondary Category Axis"
-msgstr "項目 {categoryAxisData} "
+msgstr "第2カテゴリ軸"
 
 #. Translators: Indicates Primary Value Axis
-#, fuzzy
 msgid "Primary Value Axis"
-msgstr "プライマリーヘッダー"
+msgstr "主数値軸"
 
 #. Translators: Indicates Secondary Value Axis
-#, fuzzy
 msgid "Secondary Value Axis"
-msgstr "第2"
+msgstr "第2数値軸"
 
 #. Translators: Indicates Primary Series Axis
-#, fuzzy
 msgid "Primary Series Axis"
-msgstr "プライマリーフッター"
+msgstr "主系列軸"
 
 #. Translators: Indicates Secondary Series Axis
-#, fuzzy
 msgid "Secondary Series Axis"
-msgstr "第2"
+msgstr "第2系列軸"
 
 #. Translators: the title of a chart axis
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid " title: {axisTitle}"
-msgstr "グラフのタイトル {chartTitle}"
+msgstr " タイトル {axisTitle}"
 
 #. Translators: Indicates that trendline type is Exponential
 msgid "Exponential"
-msgstr ""
+msgstr "指数近似曲線"
 
 #. Translators: Indicates that trendline type is Linear
-#, fuzzy
 msgid "Linear"
-msgstr "折れ線"
+msgstr "線形近似曲線"
 
 #. Translators: Indicates that trendline type is Logarithmic
 msgid "Logarithmic"
-msgstr ""
+msgstr "対数近似曲線"
 
 #. Translators: Indicates that trendline type is Moving Average
 msgid "Moving Average"
-msgstr ""
+msgstr "移動平均の近似曲線"
 
 #. Translators: Indicates that trendline type is Polynomial
 msgid "Polynomial"
-msgstr ""
+msgstr "多項式近似曲線"
 
 #. Translators: Indicates that trendline type is Power
 msgid "Power"
-msgstr ""
+msgstr "べき乗近似曲線"
 
 #. Translators: Substitute superscript two by square for R square value
-#, fuzzy
 msgid " square "
-msgstr " 四角形 "
+msgstr " 二乗 "
 
 #. Translators: Substitute - by minus in trendline equations.
-#, fuzzy
 msgid " minus "
-msgstr "テンキーマイナス"
+msgstr " マイナス "
 
 #. Translators: This message gives trendline type and name for selected series
 #, python-brace-format
@@ -9684,11 +9674,13 @@
 "{seriesName} trendline type: {trendlineType}, name: {trendlineName}, label: "
 "{trendlineLabel} "
 msgstr ""
+"{seriesName} 近似曲線の種類 {trendlineType} 名前 {trendlineName} ラベル "
+"{trendlineLabel} "
 
 #. Translators: This message gives trendline type and name for selected series
 #, python-brace-format
 msgid "{seriesName} trendline type: {trendlineType}, name: {trendlineName} "
-msgstr ""
+msgstr "{seriesName} 近似曲線の種類 {trendlineType} 名前 {trendlineName} "
 
 #. Translators: Details about a chart title in Microsoft Office.
 #, python-brace-format
@@ -9733,9 +9725,9 @@
 msgstr "系列{seriesName}の凡例項目 {seriesIndex}の{seriesCount}"
 
 #. Translators: the legend entry for a chart in Microsoft Office
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "Legend entry {legendEntryIndex} of {legendEntryCount}"
-msgstr " {segmentType} {pointIndex}の{pointCount}"
+msgstr "凡例項目 {legendEntryIndex} の {legendEntryCount}"
 
 #. Translators: Details about a legend key for a series in a Microsoft office chart.
 #. For example, this might report "Legend key for series Temperature 1 of 2"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Jan 25, 2018

changes.t2t の現状
(ja/changes-newRevisions/14344)

= 2018.1 =


== New Features ==
- It is now possible to interact with charts in Microsoft Word and Microsoft PowerPoint, similar to the existing support for charts in Microsoft Excel. (#7046)
 - In Microsoft Word:  When in browse mode, cursor to an embedded chart and press enter to interact with it.
 - In Microsoft PowerPoint when editing a slide: tab to a chart object, and press enter or space to interact with the chart.
 - To stop interacting with a chart, press escape.
- New language: Kyrgyz.


== Changes ==
- The HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle and Hims Sync Braille display drivers have been replaced by one driver. The new driver will automatically be activated for former syncBraille driver users. (#7459) 
 - Some keys , notably scroll keys, have been reassigned to follow the conventions used by Hims products. Consult the user guide for more details.
- When typing with the on-screen keyboard via touch interaction, by default you now need to double tap each key the same way you would activate any other control. (#7309)
 - To use the existing "touch typing" mode where simply lifting your finger off the key is enough to activate it, Enable this option in the new Touch Interaction settings dialog found in the Preferences menu.
- It is no longer necessary to explicitly tether braille to focus or review, as this will happen automatically by default. (#2385) 
 - Note that automatic tethering to review will only occur when using a review cursor or object navigation command. Scrolling will not activate this new behavior.


== Bug Fixes ==
- Browseable messages such as showing current formatting when pressing NVDA+f twice quickly no longer fails when NVDA is installed on a path with non-ASCII characters. (#7474)
- Focus is now once again restored correctly when returning to Spotify from another application. (#7689)
- In Windows 10 Fall Creaters Update, NVDA no longer fails to update when Controlled Folder Access is enabled from Windows Defender Security Center. (#7696)
- Detection of scroll keys on Hims Smart Beetle displays is no longer unreliable. (#6086)
- A slight performance improvement when rendering large amounts of content in Mozilla Firefox 58 and later. (#7719)
- In Microsoft Outlook, reading emails containing tables no longer causes errors. (#6827)
- Braille display gestures that emulate system keyboard key modifiers can now also be combined with other emulated system keyboard keys if one or more of the involved gestures are model specific. (#7783)
- In Mozilla Firefox, browse mode now works correctly in pop-ups created by extensions such as LastPass and bitwarden. (#7809)
- NVDA no longer sometimes freezes on every focus change if Firefox or Chrome have stopped responding such as due to a freeze or crash. (#7818)
- In twitter clients such as Chicken Nugget, NVDA will no longer ignore the last 20 characters of 280 character tweets when reading them. (#7828)
- NVDA now uses the correct language when announcing symbols when text is selected. (#7687)
- In recent versions of Office 365, it is again possible to navigate Excel charts using the arrow keys. (#7046)
-  In speech and braille output, control states will now always be reported in the same order, regardless whether they are positive or negative. Fixes #7076
- In apps such as Windows 10 Mail, NVDA will no longer fail to announce deleted characters when pressing backspace. (#7456)


== Changes for developers ==
- Added a hidden boolean flag to the braille section in the configuration: "outputPass1Only". (#7301, #7693, #7702) 
 - This flag defaults to true. If false, liblouis multi pass rules will be used for braille output.
- A new dictionary (braille.RENAMED_DRIVERS) has been added to allow for smooth transition for users using drivers that have been superseded by others. (#7459)
- Updated comtypes package to 1.1.3. (#7831)
- Implemented a generic system in braille.BrailleDisplayDriver to deal with displays which send confirmation/acknowledgement packets. See the handyTech braille display driver as an example. (#7590, #7721)
- A new "isAppX" variable in the config module can be used to detect if NVDA is running as a Windows Desktop Bridge Store app. (#7851)
- For document implementations such as NVDAObjects or browseMode that have a textInfo, there is now a new documentBase.documentWithTableNavigation class that can be inherited from to gain standard table navigation scripts. Please refer to this class to see which helper methods must be provided by your implementation for table navigation to work. (#7849)


@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Jan 25, 2018

nvda.po の更新案

  • 点字表示切り替え「自動」が選べる
  • Word 要素リストが「文章校正結果」(grammar error) に対応した
  • Word 「変更の追跡」関連の実装がすこし変わった
Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 38329)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2018-01-19 00:10+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2018-01-08 21:50+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2018-01-25 13:50+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -91,9 +91,9 @@
 
 #. Translators: The label shown for a spelling and grammar error in the NVDA Elements List dialog in Microsoft Word.
 #. {text} will be replaced with the text of the spelling error.
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "spelling and grammar: {text}"
-msgstr "スペル {text}"
+msgstr "スペルと文章校正結果 {text}"
 
 #. Translators: The label shown for a spelling error in the NVDA Elements List dialog in Microsoft Word.
 #. {text} will be replaced with the text of the spelling error.
@@ -105,7 +105,7 @@
 #. {text} will be replaced with the text of the spelling error.
 #, python-brace-format
 msgid "grammar: {text}"
-msgstr ""
+msgstr "文章校正 {text}"
 
 #. Translators: This is presented when errors are found in an appModule (example output: error in appModule explorer).
 #, python-format
@@ -550,19 +550,16 @@
 
 #. Translators: The label for a braille setting indicating that braille should be
 #. tethered to focus or review cursor automatically.
-#, fuzzy
 msgid "automatically"
 msgstr "自動"
 
 #. Translators: The label for a braille setting indicating that braille should be tethered to focus.
-#, fuzzy
 msgid "to focus"
-msgstr "フォーカスなし"
+msgstr "フォーカス"
 
 #. Translators: The label for a braille setting indicating that braille should be tethered to the review cursor.
-#, fuzzy
 msgid "to review"
-msgstr "テキストレビュー"
+msgstr "レビュー"
 
 #. Translators: String representing the automatic port selection for braille displays.
 msgid "Automatic"
@@ -3991,7 +3988,7 @@
 
 #. Translators: Reports which position braille is tethered to
 #. (braille can be tethered automatically or to either focus or review position).
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "Braille tethered %s"
 msgstr "点字は%sを表示"
 
@@ -6077,12 +6074,11 @@
 
 #. Translators: Reported when text contains a grammar error.
 msgid "grammar error"
-msgstr ""
+msgstr "文章校正の結果"
 
 #. Translators: Reported when moving out of text containing a grammar error.
-#, fuzzy
 msgid "out of grammar error"
-msgstr "スペルミスの外"
+msgstr "文章校正結果の外"
 
 #. Translators: Indicates end of a table.
 msgid "out of table"
@@ -8897,9 +8893,8 @@
 msgstr "メッセージの表示を終了させない(&M)"
 
 #. Translators: The label for a setting in braille settings to set whether braille should be tethered to focus or review cursor.
-#, fuzzy
 msgid "Tether B&raille:"
-msgstr "SuperBraille"
+msgstr "点字表示切り替え(&R)"
 
 #. Translators: The label for a setting in braille settings to read by paragraph (if it is checked, the commands to move the display by lines moves the display by paragraphs instead).
 msgid "Read by &paragraph"
@@ -9183,29 +9178,29 @@
 msgstr "スペルミス(&E)"
 
 #. Translators: The label shown for an insertion change
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "insertion: {text}"
-msgstr "スペル {text}"
+msgstr "挿入 {text}"
 
 #. Translators: The label shown for a deletion change
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "deletion: {text}"
-msgstr "スペル {text}"
+msgstr "削除 {text}"
 
 #. Translators: The general label shown for track changes
 #, python-brace-format
 msgid "track change: {text}"
-msgstr ""
+msgstr "変更の追跡 {text}"
 
 #. Translators: The message reported for a comment in Microsoft Word
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "Comment: {comment} by {author} on {date}"
-msgstr "コメント {text} 更新者 {author} 更新日 {date}"
+msgstr "コメント {comment} 更新者 {author} 更新日 {date}"
 
 #. Translators: The message reported for a comment in Microsoft Word
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "{comment} by {author} on {date}"
-msgstr "コメント {text} 更新者 {author} 更新日 {date}"
+msgstr "コメント {comment} 更新者 {author} 更新日 {date}"
 
 msgid "Desktop"
 msgstr "デスクトップ"
@@ -10522,55 +10517,3 @@
 #. Translators: a message when switching to 1.5 line spaceing  in Microsoft word
 msgid "1.5 line spacing"
 msgstr "1.5行の行間"
-
-#~ msgid "review"
-#~ msgstr "レビュー"
-
-#~ msgid "focus"
-#~ msgstr "フォーカス"
-
-#~ msgid "B&raille tethered to:"
-#~ msgstr "点字表示切り替え(&R)"
-
-#~ msgid "Not defined"
-#~ msgstr "定義されていません"
-
-#~ msgid "Category"
-#~ msgstr "項目"
-
-#~ msgid "Value"
-#~ msgstr "値"
-
-#~ msgid "Series"
-#~ msgstr "系列"
-
-#~ msgid "{axisName} Axis is {axisTitle}"
-#~ msgstr "{axisName} 軸は {axisTitle}"
-
-#~ msgid "Primary"
-#~ msgstr "主"
-
-#~ msgid "Chart axis, type: {axisType}, group: {axisGroup}, title: {axisTitle}"
-#~ msgstr ""
-#~ "グラフの軸 種類 {axisType} グループ {axisGroup} タイトル {axisTitle}"
-
-#~ msgid "Chart axis, type: {axisType}, group: {axisGroup}"
-#~ msgstr "グラフの軸 種類 {axisType} グループ {axisGroup}"
-
-#~ msgid "Chart axis title"
-#~ msgstr "グラフの軸のタイトル"
-
-#~ msgid "trendline"
-#~ msgstr "近似曲線"
-
-#~ msgid "Legend"
-#~ msgstr "凡例"
-
-#~ msgid "No legend"
-#~ msgstr "凡例なし"
-
-#~ msgid "HIMS SyncBraille"
-#~ msgstr "HIMS社製 SyncBraille"
-
-#~ msgid "Show the Handy Tech driver configuration window."
-#~ msgstr "Handy Techドライバーの設定ウインドウを表示"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Jan 30, 2018

changes の最後から取りかかる。

== 開発者向けの変更 ==
- 設定ファイルの braille セクションに非公開の boolean フラグ outputPass1Only が追加されました。(#7301, #7693, #7702) 
 - このフラグのデフォルトは True です。False にすると、点字出力において liblouis のマルチパス規則が有効になります。
- 点字ディスプレイで使用中のドライバーが他の新しいドライバーに置き換えられた場合に円滑に移行できるように、新しいディクショナリ braille.RENAMED_DRIVERS が追加されました。(#7459)
- comtypes パッケージを 1.1.3 に更新しました。(#7831)
- braille.BrailleDisplayDriver に確認とアクナレッジメントのパケットを送信するための汎用のシステムが実装されました。使用例として handyTech ドライバーを参照してください。(#7590, #7721)
- config モジュールに新しい変数 isAppX が追加されました。NVDA が Windows Desktop Bridge ストアアプリとして実行されているかどうかを判断できます。(#7851)
- NVDAObjects や browseMode など textInfo を持つドキュメントの実装について、標準のテーブルナビゲーションスクリプトを取得するための継承元として documentBase.documentWithTableNavigation クラスが追加されました。新たに実装されたドキュメントをテーブルナビゲーションに対応させるためには、このクラスを参照して、どのヘルパーメソッドを提供するべきかを検討してください。(#7849)
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 1, 2018

changes バグ修正の翻訳案

== バグ修正 ==
- NVDA が非ASCII文字を含むパスにインストールされている場合に、NVDA+f を2回押す操作(現在のフォーマット情報の確認)などブラウズ可能メッセージ表示で不具合を起こさないようになりました。(#7474)
- Spotify アプリに他のアプリからフォーカスを戻した場合に、フォーカスが正常に戻るようになりました。(#7689)
- Windows 10 Fall Creaters Update において Windows Defender セキュリティセンターでフォルダーアクセスの制御を有効にした場合に、 NVDA の更新が失敗しないようになりました。(#7696)
- Hims Smart Beetle ディスプレイのスクロールキー検出に関する不具合を修正しました。(#6086)
- Mozilla Firefox 58 以降で容量の大きいコンテンツをレンダリングした場合の性能を若干改善しました。(#7719)
- Microsoft Outlook においてテーブルを含むメールを読むときにエラーが起きていた問題を修正しました。(#6827)
- システムキーボードの修飾キーのエミュレーションを行う点字ディスプレイジェスチャーにおいて、機種特有のジェスチャーが1つ以上使われていれば、複数のキーの同時押しをエミュレーションできるようになりました。(#7783)
- Mozilla Firefox において LastPass や bitwarden などの機能拡張が表示したポップアップをブラウズモードで適切に扱えるようになりました。(#7809)
- Firefox や Chrome がフリーズやクラッシュで無応答になったときに NVDA がフォーカス移動のたびにフリーズする不具合を修正しました。(#7818)
- Chiken Nugget のような Twitter クライアントにおいて、NVDA が280文字のツイートの最後の20文字を読み飛ばす不具合を修正しました。(#7828)
- テキストが選択されたときに NVDA が記号の報告を適切な言語で行うようになりました。(#7687)
- 最近のバージョンの Office 365 版 Excel においてグラフを矢印キーで操作できなかった不具合を修正しました。(#7046)
-  音声および点字ディスプレイ出力において、コントロールの状態が、「あり」と「なし」の違いにかかわらず、常に同じ順序で報告されるようになりました。 #7076 の修正です。
- Windows 10 Mail などのアプリにおいてバックスペースが押されたときに NVDA が削除された文字の報告をできなかった不具合を修正しました。(#7456)
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 1, 2018

変更点の翻訳案

== 変更点 ==
- HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle および Hims Sync Braille ディスプレイドライバーをひとつの新しいドライバーに統合しました。以前の syncBraille ドライバーを使っていた場合は自動的に新しいドライバーが選択されます。(#7459) 
 - HIMS 製品の一般的な利用方法に合わせて、スクロールキーなど、いくつかのキーの割り当てが変更されました。詳細はユーザーガイドを参照してください。
- タッチによるオンスクリーンキーボード入力の場合に、他のコントロールの操作に合わせて、ダブルタップでの文字入力がデフォルトの操作になりました。(#7309)
 - 従来の「タッチ文字入力モード」、つまりタッチで文字が入力される動作に切り替えるには、設定メニューの「タッチ操作」設定ダイアログでこのオプションを有効にします。
- 点字ディスプレイ表示を手動でフォーカスとレビューカーソルのどちらに追従させるかを切り替えるのではなく、これらが自動的に切り替わる動作がデフォルトになりました。(#2385) 
 - レビューカーソル追従モードには、レビューカーソルまたはオブジェクトナビゲーションを使用した場合に切り替わります。スクロール操作ではこの切り替えは有効になりません。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 1, 2018

新機能の翻訳案

== 新機能 ==
- Microsoft Word と Microsoft PowerPoint において、Excel と同様にグラフの操作や読み上げができるようになりました。(#7046)
 - Microsoft Word: ブラウズモードで埋め込みされたグラフにカーソルを移動して Enter を押し、操作を開始します。
 - Microsoft PowerPoint のスライド編集: グラフオブジェクトに Tab で移動し、Enter またはスペースで操作を開始します。
 - グラフの操作を中断するには Escape を押します。
- 新しい言語: キルギス語

@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 3, 2018

changes を svn rev 14377 にあわせて一部追加

= 2018.1 =


== 新機能 ==
- Microsoft Word と Microsoft PowerPoint において、Excel と同様にグラフの操作や読み上げができるようになりました。(#7046)
 - Microsoft Word: ブラウズモードで埋め込みされたグラフにカーソルを移動して Enter を押し、操作を開始します。
 - Microsoft PowerPoint のスライド編集: グラフオブジェクトに Tab で移動し、Enter またはスペースで操作を開始します。
 - グラフの操作を中断するには Escape を押します。
- 新しい言語: キルギス語
- VitalSource Bookshelf に対応しました。(#7155)
- Optelec プロトコルコンバーターに対応しました。これは ALVA BC6 通信プロトコルで Braille Voyager および Satellite を使用するための機器です。(#6731)
- ALVA 640 Comfort 点字ディスプレイで点字文字入力が可能になりました。(#7733) 
 - その他の BC6 ディスプレイをファームウェア 3.0.0 以上で使用する場合にも、 NVDA の点字文字入力は利用できます。


== 変更点 ==
- HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle および Hims Sync Braille ディスプレイドライバーをひとつの新しいドライバーに統合しました。以前の syncBraille ドライバーを使っていた場合は自動的に新しいドライバーが選択されます。(#7459) 
 - HIMS 製品の一般的な利用方法に合わせて、スクロールキーなど、いくつかのキーの割り当てが変更されました。詳細はユーザーガイドを参照してください。
- タッチによるオンスクリーンキーボード入力の場合に、他のコントロールの操作に合わせて、ダブルタップでの文字入力がデフォルトの操作になりました。(#7309)
 - 従来の「タッチ文字入力モード」、つまりタッチで文字が入力される動作に切り替えるには、設定メニューの「タッチ操作」設定ダイアログでこのオプションを有効にします。
- 点字ディスプレイ表示を手動でフォーカスとレビューカーソルのどちらに追従させるかを切り替えるのではなく、これらが自動的に切り替わる動作がデフォルトになりました。(#2385) 
 - レビューカーソル追従モードには、レビューカーソルまたはオブジェクトナビゲーションを使用した場合に切り替わります。スクロール操作ではこの切り替えは有効になりません。


== バグ修正 ==
- NVDA が非ASCII文字を含むパスにインストールされている場合に、NVDA+f を2回押す操作(現在のフォーマット情報の確認)などブラウズ可能メッセージ表示で不具合を起こさないようになりました。(#7474)
- Spotify アプリに他のアプリからフォーカスを戻した場合に、フォーカスが正常に戻るようになりました。(#7689)
- Windows 10 Fall Creaters Update において Windows Defender セキュリティセンターでフォルダーアクセスの制御を有効にした場合に、 NVDA の更新が失敗しないようになりました。(#7696)
- Hims Smart Beetle ディスプレイのスクロールキー検出に関する不具合を修正しました。(#6086)
- Mozilla Firefox 58 以降で容量の大きいコンテンツをレンダリングした場合の性能を若干改善しました。(#7719)
- Microsoft Outlook においてテーブルを含むメールを読むときにエラーが起きていた問題を修正しました。(#6827)
- システムキーボードの修飾キーのエミュレーションを行う点字ディスプレイジェスチャーにおいて、機種特有のジェスチャーが1つ以上使われていれば、複数のキーの同時押しをエミュレーションできるようになりました。(#7783)
- Mozilla Firefox において LastPass や bitwarden などの機能拡張が表示したポップアップをブラウズモードで適切に扱えるようになりました。(#7809)
- Firefox や Chrome がフリーズやクラッシュで無応答になったときに NVDA がフォーカス移動のたびにフリーズする不具合を修正しました。(#7818)
- Chiken Nugget のような Twitter クライアントにおいて、NVDA が280文字のツイートの最後の20文字を読み飛ばす不具合を修正しました。(#7828)
- テキストが選択されたときに NVDA が記号の報告を適切な言語で行うようになりました。(#7687)
- 最近のバージョンの Office 365 版 Excel においてグラフを矢印キーで操作できなかった不具合を修正しました。(#7046)
- 音声および点字ディスプレイ出力において、コントロールの状態が、「あり」と「なし」の違いにかかわらず、常に同じ順序で報告されるようになりました。 #7076 の修正です。
- Windows 10 Mail などのアプリにおいてバックスペースが押されたときに NVDA が削除された文字の報告をできなかった不具合を修正しました。(#7456)


== 開発者向けの変更 ==
- 設定ファイルの braille セクションに非公開の boolean フラグ outputPass1Only が追加されました。(#7301, #7693, #7702) 
 - このフラグのデフォルトは True です。False にすると、点字出力において liblouis のマルチパス規則が有効になります。
- 点字ディスプレイで使用中のドライバーが他の新しいドライバーに置き換えられた場合に円滑に移行できるように、新しいディクショナリ braille.RENAMED_DRIVERS が追加されました。(#7459)
- comtypes パッケージを 1.1.3 に更新しました。(#7831)
- braille.BrailleDisplayDriver に確認とアクナレッジメントのパケットを送信するための汎用のシステムが実装されました。使用例として handyTech ドライバーを参照してください。(#7590, #7721)
- config モジュールに新しい変数 isAppX が追加されました。NVDA が Windows Desktop Bridge ストアアプリとして実行されているかどうかを判断できます。(#7851)
- NVDAObjects や browseMode など textInfo を持つドキュメントの実装について、標準のテーブルナビゲーションスクリプトを取得するための継承元として documentBase.documentWithTableNavigation クラスが追加されました。新たに実装されたドキュメントをテーブルナビゲーションに対応させるためには、このクラスを参照して、どのヘルパーメソッドを提供するべきかを検討してください。(#7849)


@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 3, 2018

nvda.po の更新案

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 38636)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2018-02-02 00:10+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2018-01-25 13:50+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2018-02-03 15:19+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -14,7 +14,7 @@
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
 "X-Poedit-SourceCharset: utf-8\n"
-"X-Generator: Poedit 2.0.5\n"
+"X-Generator: Poedit 2.0.6\n"
 
 #. Translators: Message to indicate User Account Control (UAC) or other secure desktop screen is active.
 msgid "Secure Desktop"
@@ -7012,29 +7012,28 @@
 
 #. Translators: The name of a braille display.
 msgid "Optelec ALVA 6 series/protocol converter"
-msgstr ""
+msgstr "Optelec ALVA 6 シリーズ/プロトコルコンバーター"
 
 #. Translators: Name of a bluetooth serial communications port.
-#, fuzzy, python-brace-format
+#, python-brace-format
 msgid "Bluetooth serial: {portName}"
-msgstr "シリアルポート: {portName}"
+msgstr "Bluetooth シリアルポート: {portName}"
 
 #. Translators: Message when setting HID keyboard simulation failed.
-#, fuzzy
 msgid "Setting HID keyboard simulation not supported"
-msgstr "数式の操作はサポートされていません"
+msgstr "HID キーボード シミュレーションの切替に対応していません"
 
 #. Translators: Message when HID keyboard simulation is enabled.
 msgid "HID keyboard simulation enabled"
-msgstr ""
+msgstr "HID キーボード シミュレーション有効"
 
 #. Translators: Message when HID keyboard simulation is disabled.
 msgid "HID keyboard simulation disabled"
-msgstr ""
+msgstr "HID キーボード シミュレーション無効"
 
 #. Translators: Description of the script that toggles HID keyboard simulation.
 msgid "Toggles HID keyboard simulation"
-msgstr ""
+msgstr "HID キーボード シミュレーションの切替"
 
 #. Translators: Names of braille displays.
 msgid "Baum/HumanWare/APH/Orbit braille displays"
@@ -10539,6 +10538,3 @@
 #. Translators: a message when switching to 1.5 line spaceing  in Microsoft word
 msgid "1.5 line spacing"
 msgstr "1.5行の行間"
-
-#~ msgid "ALVA BC640/680 series"
-#~ msgstr "ALVA BC640/680シリーズ"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 3, 2018

ユーザーガイドの差分を確認して翻訳にとりかかる。

ja/userGuide-newRevisions のディレクトリ

2018/02/03  14:59    <DIR>          .
2018/02/03  14:59    <DIR>          ..
2017/11/03  18:10    <DIR>          14065
2017/12/18  23:10    <DIR>          14236
2017/12/27  15:35    <DIR>          14248
2017/12/27  15:35    <DIR>          14259
2018/01/08  21:29    <DIR>          14308
2018/01/08  21:29    <DIR>          14310
2018/01/25  13:32    <DIR>          14339
2018/01/25  13:32    <DIR>          14344
2018/02/03  14:59    <DIR>          14375

14065 は 2017.4 作業の最後の差分として残っていたもの。
その次から log.txt と differences.txt を見ていく。

  • 14236 点字ディスプレイ関係
  • 14248 タッチスクリーンキーボードに関する仕様変更
  • 14259 ページ内ジャンプのためのマーク追加
  • 14308 英語のスペル誤りなどの修正とジャンプ用のアンカーの修正
  • 14310 またアンカーの修正。これは番号順にやらないほうがいいパターンか。。
  • 14339 点字ディスプレイ追従の自動切り替えに関する変更
  • 14344 サポートされている言語
  • 14375 これも点字ディスプレイ関係

それぞれ differences.txt では先頭文字が - の行が削除、 + の行が挿入を表す。

今回はなんかめんどくさそうで、しかも経験がないと翻訳は無理な内容だった。。

@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 4, 2018

ja/userGuide-newRevisions/14236/differences.txt
を見ながら
ja/userGuide.txt
に新しい内容の英語を入れてみる。
ja/userGuide-newRevisions/14236/userGuide.txt のファイル末尾の行番号が 2517 だが
原文を入れてみた結果の ja/userGuide.txt も 2517 なので、
追加挿入の漏れはないと思われる。
ここで svn diff すると後述の状態になる。

ここでいったん英語を日本語に訳しておいて、それから 14248 に進むやり方と、
翻訳は後回しにして 14248 の差分を英語のまま ja/userGuide.txt に入れていき、
以下同様に修正後の内容に置き換える作業を先にやる場合と、どちらの場合もある。

2018.1 に関しては、同じような場所が何度も書き換わっているので、
「旧内容の日本語から新内容の英語への置き換え」をやってから
「英語に戻った行を日本語に訳す」作業をやろうと思う。

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 38639)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -2081,78 +2081,78 @@
 | すべて読み上げ | c1+c2+c3+c4+c5+c6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle シリーズ ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
+++ HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille Series ++
+NVDA supports Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle and Sync Braille displays from [Hims http://www.hims-inc.com/] when connected via USB or bluetooth.
 USB 接続のときは HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-ダウンロード: http://www.himsintl.com/?c=2/13&uid=2319
+You can download these from here: http://www.himsintl.com/upload/HIMS_USB_Driver_v25.zip
 
 NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
 キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字表示を前の行に移動 | 左側のスクロール上 |
-| 点字表示を次の行に移動 | 右側のスクロール上 |
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
+| Scroll braille display back | leftSideScrollUp, rightSideScrollUp, leftSideScroll |
+| Scroll braille display forward | leftSideScrollDown, rightSideScrollDown, rightSideScroll |
+| Move braille display to previous line | leftSideScrollUp+rightSideScrollUp |
+| Move braille display to next line | leftSideScrollDown+rightSideScrollDown |
+| Move to previous line in review | rightSideUpArrow |
+| Move to next line in review | rightSideDownArrow |
+| Move to previous character in review | rightSideLeftArrow |
+| Move to next character in review | rightSideRightArrow |
+| Move to current focus | leftSideScrollUp+leftSideScrollDown, rightSideScrollUp+rightSideScrollDown, leftSideScroll+rightSideScroll |
+| control key | smartbeetle:f1, brailleedge:f3 |
+| windows key | f7, smartbeetle:f2 |
+| alt key | dot1+dot3+dot4+space, f2, smartbeetle:f3, brailleedge:f4 |
+| shift key | f5 |
+| insert key | dot2+dot4+space, f6 |
+| applications key | dot1+dot2+dot3+dot4+space, f8 |
+| capsLock key | dot1+dot3+dot6+space |
+| tab key | dot4+dot5+space, f3, brailleedge:f2 |
+| shift+alt+tab key | f2+f3+f1 |
+| alt+tab key | f2+f3 |
 | Shift+Tab キー | 1の点+2の点+スペース |
-| Alt キー | 1の点+3の点+4の点+スペース |
-| エスケープキー | 1の点+5の点+スペース |
-| Tab キー | 4の点+5の点+スペース |
-| 上矢印キー | 1の点+スペース |
-| 下矢印キー | 4の点+スペース |
-| CapsLock | 1の点+3の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+Tab キー | F2+F3+F1 |
-| Alt+tab キー | F2+F3 |
 | End キー | 4の点+6の点+スペース |
-| Control+End キー | 4の点+5の点+6の点+スペース |
-| Home キー | 1の点+3の点+スペース |
+| control+end key | dot4+dot5+dot6+space |
+| home key | dot1+dot3+space, smartbeetle:f4 |
 | Control+Home キー | 1の点+2の点+3の点+スペース |
-| 左矢印 キー | 3の点+スペース |
-| Control+Shift+左矢印 キー | 2の点+8の点+スペース+F1 |
+| alt+f4 key | dot1+dot3+dot5+dot6+space |
+| leftArrow key | dot3+space, leftSideLeftArrow |
+| control+shift+leftArrow key | dot2+dot8+space+f1 |
 | Control+左矢印 キー | 2の点+スペース |
-| Shift+Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+leftArrow key | dot2+dot7+f1 |
 | Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点 |
-| 右矢印 キー | 6の点+スペース |
-| Control+Shift+右矢印 キー | 5の点+8の点+スペース+F1 |
+| rightArrow key | dot6+space, leftSideRightArrow |
+| control+shift+rightArrow key | dot5+dot8+space+f1 |
 | Control+右矢印 キー | 5の点+スペース |
-| Shift+Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+rightArrow key | dot5+dot7+f1 |
 | Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点 |
 | PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+スペース |
 | Control+PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+上矢印 キー | 2の点+3の点+8の点+スペース+F1 |
+| upArrow key | dot1+space, leftSideUpArrow |
+| control+shift+upArrow key | dot2+dot3+dot8+space+f1 |
 | Control+上矢印 キー | 2の点+3の点+スペース |
-| Shift+Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+upArrow key | dot2+dot3+dot7+f1 |
 | Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点 |
-| Shift+上矢印 キー | 左側のスクロール下 + スペース |
+| shift+upArrow key | leftSideScrollDown+space |
 | PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+スペース |
-| Control+PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+下矢印 キー | 5の点+6の点+8の点+スペース+F1 |
+| control+pageDown key | dot3+dot4+dot5+dot8+space |
+| downArrow key | dot4+space, leftSideDownArrow |
+| control+shift+downArrow key | dot5+dot6+dot8+space+f1 |
 | Control+下矢印 キー | 5の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+downArrow key | dot5+dot6+dot7+f1 |
 | Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点 |
-| Shift+下矢印 キー | 右側のスクロール下 + スペース |
-| Delete キー | 1の点+3の点+5の点+スペース |
+| shift+downArrow key | space+rightSideScrollDown |
+| escape key | dot1+dot5+space, f4, brailleedge:f1 |
+| delete key | dot1+dot3+dot5+space, dot1+dot4+dot5+space |
 | F1 キー | 1の点+2の点+5の点+スペース |
 | F3 キー | 1の点+2の点+4の点+8の点 |
-| F4 キー | 7の点+F3 |
-| Windows+B キー | 1の点+2の点+F1 |
-| Windows+D キー | 1の点+4の点+5の点+F1 |
+| f4 key | dot7+f3 |
+| windows+b key | dot1+dot2+f1 |
+| windows+d key | dot1+dot4+dot5+f1 |
+| control+insert key | smartbeetle:f1+rightSideScroll |
+| alt+insert key | smartbeetle:f3+rightSideScroll |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 SyncBraille ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の SyncBraille ディスプレイを NVDA で利用できます。
-HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-
-NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
-キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
-%kc:beginInclude
-|| 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字セルに移動 | タッチカーソル |
-%kc:endInclude
-
 ++ 清華 点字ディスプレイ ++
 [日本テレソフト http://www.nippontelesoft.com/] 社の 清華バージョン3, 4 および 5 (40セル) および 清華80 (80セル) 点字ディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイの情報は http://www.seika-braille.com/ を参照してください。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 4, 2018

内容が重複するが、14236 + 14248 の「新内容を英語で上書き」して、
svn diff したらこういう状態。

ただし原文のスペル修正や空白の修正など、日本語訳に影響ない変更を無視している。

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 38639)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -221,6 +221,15 @@
 タッチモードのトグル切り替えをするには、3本指タップします。
 %kc:endInclude
 
++++ Touch keyboard +++
+The touch keyboard is used to enter text and commands from a touchscreen.
+When focused on an edit field, you can bring up the touch keyboard by double-tapping the touch keyboard icon on the bottom of the screen.
+For tablets such as Microsoft Surface Pro, the touch keyboard is always available when the keyboard is undocked.
+To dismiss the touch keyboard, double-tap the touch keyboard icon or move away from the edit field.
+
+While the touch keyboard is active, to locate keys on the touch keyboard, move your finger to where the touch keyboard is located (typically at the bottom of the screen), then move around the keyboard with one finger.
+When you find the key you wish to press, double-tap the key or lift your finger, depending on options chosen from [Touch Interaction Settings dialog #TouchInteraction].
+
 ++ 入力ヘルプモード ++
 このユーザーガイドを通じて、多くのキー操作とタッチコマンドを説明しますが、入力ヘルプモードは、さまざまなコマンドをさがす手軽な方法です。
 
@@ -1272,6 +1281,14 @@
 「マウスカーソルの座標をビープ音で報告」がチェックされていて、このチェックボックスをチェックした場合、ビープ音の音量は、画面上でマウスカーソルのある場所の明るさによって制御されます。
 このチェックボックスは初期状態ではチェックなしです。
 
++++ Touch Interaction Settings +++[TouchInteraction]
+This dialog, only available on computers running Windows 8 and later with touch capabilities, allows you to configure how NVDA interacts with touchscreens.
+
+==== Touch typing mode ====
+This checkbox allows you to specify the method you wish to use when entering text using the touch keyboard.
+If this checkbox is checked, when you locate a key on the touch keyboard, you can lift your finger and the selected key will be pressed.
+If this is unchecked, you need to double-tap on the touch keyboard key to press the key.
+
 +++ レビューカーソル設定 +++
 設定メニュー内のレビューカーソルダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
@@ -2081,78 +2098,78 @@
 | すべて読み上げ | c1+c2+c3+c4+c5+c6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle シリーズ ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
+++ HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille Series ++
+NVDA supports Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle and Sync Braille displays from [Hims http://www.hims-inc.com/] when connected via USB or bluetooth.
 USB 接続のときは HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-ダウンロード: http://www.himsintl.com/?c=2/13&uid=2319
+You can download these from here: http://www.himsintl.com/upload/HIMS_USB_Driver_v25.zip
 
 NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
 キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字表示を前の行に移動 | 左側のスクロール上 |
-| 点字表示を次の行に移動 | 右側のスクロール上 |
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
+| Scroll braille display back | leftSideScrollUp, rightSideScrollUp, leftSideScroll |
+| Scroll braille display forward | leftSideScrollDown, rightSideScrollDown, rightSideScroll |
+| Move braille display to previous line | leftSideScrollUp+rightSideScrollUp |
+| Move braille display to next line | leftSideScrollDown+rightSideScrollDown |
+| Move to previous line in review | rightSideUpArrow |
+| Move to next line in review | rightSideDownArrow |
+| Move to previous character in review | rightSideLeftArrow |
+| Move to next character in review | rightSideRightArrow |
+| Move to current focus | leftSideScrollUp+leftSideScrollDown, rightSideScrollUp+rightSideScrollDown, leftSideScroll+rightSideScroll |
+| control key | smartbeetle:f1, brailleedge:f3 |
+| windows key | f7, smartbeetle:f2 |
+| alt key | dot1+dot3+dot4+space, f2, smartbeetle:f3, brailleedge:f4 |
+| shift key | f5 |
+| insert key | dot2+dot4+space, f6 |
+| applications key | dot1+dot2+dot3+dot4+space, f8 |
+| capsLock key | dot1+dot3+dot6+space |
+| tab key | dot4+dot5+space, f3, brailleedge:f2 |
+| shift+alt+tab key | f2+f3+f1 |
+| alt+tab key | f2+f3 |
 | Shift+Tab キー | 1の点+2の点+スペース |
-| Alt キー | 1の点+3の点+4の点+スペース |
-| エスケープキー | 1の点+5の点+スペース |
-| Tab キー | 4の点+5の点+スペース |
-| 上矢印キー | 1の点+スペース |
-| 下矢印キー | 4の点+スペース |
-| CapsLock | 1の点+3の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+Tab キー | F2+F3+F1 |
-| Alt+tab キー | F2+F3 |
 | End キー | 4の点+6の点+スペース |
-| Control+End キー | 4の点+5の点+6の点+スペース |
-| Home キー | 1の点+3の点+スペース |
+| control+end key | dot4+dot5+dot6+space |
+| home key | dot1+dot3+space, smartbeetle:f4 |
 | Control+Home キー | 1の点+2の点+3の点+スペース |
-| 左矢印 キー | 3の点+スペース |
-| Control+Shift+左矢印 キー | 2の点+8の点+スペース+F1 |
+| alt+f4 key | dot1+dot3+dot5+dot6+space |
+| leftArrow key | dot3+space, leftSideLeftArrow |
+| control+shift+leftArrow key | dot2+dot8+space+f1 |
 | Control+左矢印 キー | 2の点+スペース |
-| Shift+Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+leftArrow key | dot2+dot7+f1 |
 | Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点 |
-| 右矢印 キー | 6の点+スペース |
-| Control+Shift+右矢印 キー | 5の点+8の点+スペース+F1 |
+| rightArrow key | dot6+space, leftSideRightArrow |
+| control+shift+rightArrow key | dot5+dot8+space+f1 |
 | Control+右矢印 キー | 5の点+スペース |
-| Shift+Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+rightArrow key | dot5+dot7+f1 |
 | Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点 |
 | PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+スペース |
 | Control+PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+上矢印 キー | 2の点+3の点+8の点+スペース+F1 |
+| upArrow key | dot1+space, leftSideUpArrow |
+| control+shift+upArrow key | dot2+dot3+dot8+space+f1 |
 | Control+上矢印 キー | 2の点+3の点+スペース |
-| Shift+Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+upArrow key | dot2+dot3+dot7+f1 |
 | Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点 |
-| Shift+上矢印 キー | 左側のスクロール下 + スペース |
+| shift+upArrow key | leftSideScrollDown+space |
 | PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+スペース |
-| Control+PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+下矢印 キー | 5の点+6の点+8の点+スペース+F1 |
+| control+pageDown key | dot3+dot4+dot5+dot8+space |
+| downArrow key | dot4+space, leftSideDownArrow |
+| control+shift+downArrow key | dot5+dot6+dot8+space+f1 |
 | Control+下矢印 キー | 5の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+downArrow key | dot5+dot6+dot7+f1 |
 | Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点 |
-| Shift+下矢印 キー | 右側のスクロール下 + スペース |
-| Delete キー | 1の点+3の点+5の点+スペース |
+| shift+downArrow key | space+rightSideScrollDown |
+| escape key | dot1+dot5+space, f4, brailleedge:f1 |
+| delete key | dot1+dot3+dot5+space, dot1+dot4+dot5+space |
 | F1 キー | 1の点+2の点+5の点+スペース |
 | F3 キー | 1の点+2の点+4の点+8の点 |
-| F4 キー | 7の点+F3 |
-| Windows+B キー | 1の点+2の点+F1 |
-| Windows+D キー | 1の点+4の点+5の点+F1 |
+| f4 key | dot7+f3 |
+| windows+b key | dot1+dot2+f1 |
+| windows+d key | dot1+dot4+dot5+f1 |
+| control+insert key | smartbeetle:f1+rightSideScroll |
+| alt+insert key | smartbeetle:f3+rightSideScroll |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 SyncBraille ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の SyncBraille ディスプレイを NVDA で利用できます。
-HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-
-NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
-キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
-%kc:beginInclude
-|| 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字セルに移動 | タッチカーソル |
-%kc:endInclude
-
 ++ 清華 点字ディスプレイ ++
 [日本テレソフト http://www.nippontelesoft.com/] 社の 清華バージョン3, 4 および 5 (40セル) および 清華80 (80セル) 点字ディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイの情報は http://www.seika-braille.com/ を参照してください。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 4, 2018

さらに 14259 の差分をはめ込んだ状態。
14259 の変更は内容ではなくアンカーの追加なので、
現在の日本語訳にマークアップを追加するような作業になっている。

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 38639)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -7,7 +7,7 @@
 = 目次 =[toc]
 %%toc
 
-+ はじめに +
++ はじめに +[Introduction]
 NVDAにようこそ!
 
 NonVisual Desktop Access (NVDA) は、Microsoft Windowsオペレーティングシステム用の無料でオープンソースのスクリーンリーダーです。
@@ -14,7 +14,7 @@
 NVDAによって視覚障害者は、合成音声や点字によるフィードバックを通して、Windowsコンピューターを晴眼者と同じコストで使えるようになります。
 NVDAは、コミュニティーの援助により[NV Access https://www.nvaccess.org/]が開発しました。
 
-++ 一般的な機能 ++
+++ 一般的な機能 ++[GeneralFeatures]
 NVDAによって視覚障害者は、Windowsオペレーティングシステムやサードパーティー製のアプリを使えるようになります。
 
 NVDAの主な特徴は以下の通りです。
@@ -32,11 +32,11 @@
 - Windowsのコマンドプロンプトやコンソールアプリのサポート
 -
 
-++ 国際化 ++
+++ 国際化 ++[Internationalization]
 世界中の誰もが、話している言語に関わらず、等しくテクノロジーにアクセスできるということが重要です。
 NVDAは現在、英語以外の51ヶ国語に翻訳されています: アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アラビア語、アラゴン方言(スペイン語)、ブラジルポルトガル語、ブルガリア語、ビルマ語、カタルーニャ語、コロンビア国のスペイン語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、ファルシ(ペルシア)語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、グルジア語、ドイツ語、ギリシア語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、アイルランド語、イタリア語、日本語、カンナダ語、韓国語、リトアニア語、マケドニア語、ネパール語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、パンジャーブ語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タミル語、タイ語、中国語 (繁体字) 、中国語 (簡体字) 、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語。
 
-++ 音声合成サポート ++
+++ 音声合成サポート ++[SpeechSynthesizerSupport]
 メッセージやインターフェースを複数の言語で提供できるだけでなく、使用したい言語に対応した音声エンジンがある場合、NVDAではどんな言語のコンテンツも読ませることができます。
 
 NVDAは、無料でオープンソースの多言語対応音声エンジンである[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]を搭載しています。
@@ -43,7 +43,7 @@
 
 NVDAでサポートしているその他の音声エンジンについては[サポートされている音声エンジン #SupportedSpeechSynths]セクションを参照してください。
 
-++ 点字ディスプレイサポート ++
+++ 点字ディスプレイサポート ++[BrailleSupport]
 点字ディスプレイがあれば、NVDAは情報を点字で出力することができます。
 点字ディスプレイからの1級点字および2級点字の文字入力にも対応しています。
 詳細は[サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays]を参照してください。
@@ -50,7 +50,7 @@
 
 NVDAでは、多くの言語の点字コードをサポートしており、その多くは、略字、標準点字及びコンピューター点字にも対応しています。
 
-++ ライセンスと著作権 ++
+++ ライセンスと著作権 ++[LicenseAndCopyright]
 NVDA is copyright NVDA_COPYRIGHT_YEARS NVDA contributors.
 
 NVDAはGNU 一般公衆利用許諾契約書 (Version 2) によって保護されています。
@@ -58,7 +58,7 @@
 この規定は、オリジナルのソフトウェアと改良版を含むソフトウェアのコピー、さらにその派生物にも適用されます。
 本ライセンスについての詳細は、[オンライン http://www.gnu.org/licenses/old-licenses/gpl-2.0.html]で確認してください。
 
-+ システム要件 +
++ システム要件 +[SystemRequirements]
 - オペレーティングシステム: 32ビット版と64ビット版の Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10 および Windows Server 2008 R2 以降のサーバー用オペレーティングシステム
  - Windows 7 はサービスパック1以降に対応
  - Windows Server 2008 R2 はサービスパック1以降に対応
@@ -67,7 +67,7 @@
 - 90MB程度のディスク空き容量
 -
 
-+ NVDAの入手と設定 +
++ NVDAの入手と設定 +[GettingAndSettingUpNVDA]
 まだNVDAを入手していない場合は、[www.nvaccess.org NVDA_URL]からダウンロードしてください。
 
 ダウンロードのページに移動して、NVDAの最新版をダウンロードするためのリンクを選んでください。
@@ -86,7 +86,7 @@
   
 もうひとつの選択肢である「動作を継続する」は、デモンストレーションには役立つでしょう。しかし、ダウンロードパッケージを使う方法は、NVDAの起動にとても時間がかかります。
 
-++ ポータブル版と一時的な実行の制約 ++
+++ ポータブル版と一時的な実行の制約 ++[PortableAndTemporaryCopyRestrictions]
 NVDAのポータブル版およびインストーラーでの一時的な実行では、ログオン画面の読み上げやログオン後の自動起動ができませんが、その他に以下の制約があります:
 - 管理者権限で実行しているアプリを操作できません。NVDA 自身を管理者権限で実行することでこの制約を回避できますが、推奨できません。
 - 管理者権限が必要なアプリを起動しようとしたときに表示されるユーザーアカウント制御(UAC)の画面を操作できません。
@@ -95,7 +95,7 @@
 - Windows 8 およびそれ以降: 音のダッキングを利用できません。
 -
 
-++ NVDAのインストール ++
+++ NVDAのインストール ++[InstallingNVDA]
 NVDAのダウンロードパッケージから直接NVDAをインストールする場合は、「NVDAをインストールする」ボタンを押してください。
 最初のダイアログを閉じてしまった場合や、ポータブル版からインストールしたい場合は、NVDAメニューの「ツール」から「NVDAをインストール」のメニュー項目を選択してください。
 
@@ -105,20 +105,20 @@
 インストールが完了すると、インストールが成功したというメッセージが表示されます。
 ここで「OK」を押すと、NVDAが再起動され、新しくインストールされたバージョンが実行されます。
 
-+++ Windowsのログオン画面でNVDAを使用 +++
++++ Windowsのログオン画面でNVDAを使用 +++[StartAtWindowsLogon]
 このオプションを有効にすると、Windowsのログオン画面でパスワードを入力する前にNVDAが自動的に起動します。
 またこのオプションにより、ユーザーアカウント制御(UAC)などのセキュリティ画面でもNVDAが有効になります。
 
-+++ デスクトップにアイコンとショートカットキー(Ctrl+Alt+N)を作成 +++
++++ デスクトップにアイコンとショートカットキー(Ctrl+Alt+N)を作成 +++[CreateDesktopShortcut]
 このオプションにより、デスクトップにNVDAを起動するためショートカットを作るかどうかを選択できます。
 ショートカットを作ると、キーボードでCtrl+Alt+Nを押すことでもNVDAを起動できるようになります。
 
-+++ ポータブル版の設定を現在のユーザーアカウントにコピー +++
++++ ポータブル版の設定を現在のユーザーアカウントにコピー +++[CopyPortableConfigurationToCurrentUserAccount]
 このオプションにより、現在実行しているNVDAの設定を、新しくインストールされたNVDAの設定として使えるように、ログオン中のユーザーアカウントにコピーするかどうかを選択できます。
 システムに作られている他のユーザーやログオン画面で使われるシステムの環境には、この設定はコピーされません。
 この設定はポータブル版からインストールを行う場合にだけ有効です。ダウンロードパッケージから直接インストールする場合にも使用できません。
 
-++ ポータブル版の作成 ++
+++ ポータブル版の作成 ++[CreatingAPortableCopy]
 NVDAのダウンロードパッケージから直接ポータブル版を作成する場合は「ポータブル版を作成」ボタンを押してください。
 最初のダイアログを閉じてしまった場合や、NVDAをインストールされた環境で実行している場合は、NVDAメニューの「ツール」から「ポータブル版を作成」のメニュー項目を選択してください。
 
@@ -130,9 +130,9 @@
 作成が完了すると、作成に成功したというメッセージが表示されます。
 ここで「OK」を押してダイアログを閉じてください。
 
-+ NVDA入門 +
++ NVDA入門 +[GettingStartedWithNVDA]
 
-++ NVDAの起動 ++
+++ NVDAの起動 ++[LaunchingNVDA]
 インストーラーでNVDAをインストールした場合、ショートカットキーCtrl+Alt+Nを押すか、スタートメニュー「プログラム」にあるNVDAのグループから「NVDA」を選択することで起動します。
 また、「ファイル名を指定して実行」ダイアログに、NVDAと入力してEnterキーを押すことでも実行できます。
 NVDAの実行ファイルに [コマンドラインオプション #CommandLineOptions] をつけて実行することもできます。NVDAの再起動(-r), 終了(-q), アドオンの無効化(--disable-addons)などです。
@@ -150,6 +150,7 @@
 何も聞こえないか、Windowsエラー音または下り調子の音が聞こえた場合、NVDAにエラーが起こっています。エラーをNVDA開発者に報告して頂けると助かります。
 方法については、NVDAのWebサイトを参照してください。
 
++++ Welcome Dialog +++[WelcomeDialog]
 NVDAを初めて起動すると、NVDA制御キーの代替キーとNVDAメニューに関する基本情報を表示するダイアログボックスが表示されます。
 これらについては、この後の説明を参照してください。
 ダイアログボックスには1個のコンボボックスと3個のチェックボックスがあります。
@@ -158,9 +159,9 @@
 2番目は「Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始」の設定です。これはインストールされたNVDAだけで有効です。
 3番目は「NVDA起動時にこのダイアログを表示」の設定です。
 
-++ NVDAのキーボードコマンド ++
+++ NVDAのキーボードコマンド ++[AboutNVDAKeyboardCommands]
 
-+++ NVDA制御キー +++
++++ NVDA制御キー +++[TheNVDAModifierKey]
 NVDAを制御するキーボードコマンドは、NVDA制御キーとよばれる特別なキーと、他の1個または複数のキーの組み合わせです。
 ただし、デスクトップ配列におけるテキストレビューのコマンドで、テンキーを単独で使うことがあります。この他にもいくつか、例外的に NVDA 制御キーを使わないコマンドがあります。
 
@@ -169,7 +170,7 @@
 
 いずれかのNVDA制御キーを本来のそのキーとして使用したい場合 (例えばInsertキーをNVDA制御キーとして使用しているときに挿入と上書きのモードを切り替えたい場合) は、そのキーを素早く2回押してください。
 
-+++ キーボード配列 +++
++++ キーボード配列 +++[KeyboardLayouts]
 現在、NVDAにはデスクトップ配列とラップトップ配列の2種類のキーボード配列(レイアウト)があります。
 初期状態のNVDAはデスクトップ配列に設定されています。NVDAメニュー内のキーボード設定からラップトップ配列に変更できます。
 
@@ -177,17 +178,17 @@
 ノート型コンピューターで物理的なテンキーがなくても、FNキーを押しながらキーボードの右側にあるキーを押すことでテンキーの代わりに使える場合もあります (7 8 9 U I O J K L等のキーを使用) 。
 お使いのコンピューターでテンキーがまったく使えない場合や、NumLockをオフにできない場合は、ラップトップ配列に変更するとよいでしょう。
 
-++ NVDA タッチジェスチャー ++
+++ NVDA タッチジェスチャー ++[NVDATouchGestures]
 NVDAをタッチ画面付きコンピューターとWindows 8以降で実行しているときには、NVDAをタッチ画面で直接操作できます。
 NVDAが動作している間は、すべてのタッチ入力はNVDAに送られます。
 つまり、NVDAが動いていないときに実行されていた、通常のアクションは使えなくなります。
 
-+++ 画面の探索 +++
++++ 画面の探索 +++[ExploringTheScreen]
 タッチ画面による操作の基本は、画面を触ったときにその場所のコントロールや文字を報告する機能です。
 この機能を使うには、画面の中の調べたい場所を1本指でタッチしてください。
 画面をタッチしたままで指を移動させていくと、指がコントロールや文字の上を通過するときに報告されます。
 
-+++ タッチジェスチャー +++
++++ タッチジェスチャー +++[TouchGestures]
 このユーザーガイドではNVDAのいろいろなコマンドを説明しますが、タッチ画面でコマンドを実行するジェスチャーが、リストに含まれることがあります。
 ここではタッチ画面でのジェスチャーの操作について説明します。
 
@@ -210,7 +211,7 @@
 タップと同様に、複数の指による操作もジェスチャーとして使われます。
 2本指上フリック、4本指左フリックなどがあり得るということです。
 
-+++ タッチモード +++
++++ タッチモード +++[TouchModes]
 NVDAのコマンドはタッチジェスチャーで区別できる操作よりも多いので、NVDAでは複数のタッチモードを切りかえます。そして、モードごとにコマンドを使いわけます。
 タッチモードはテキストモードとオブジェクトモードの2種類です。
 このガイドで説明するNVDAコマンドには、ジェスチャーの種類のあとにカッコの中にタッチモードが書かれているものがあります。
@@ -221,7 +222,16 @@
 タッチモードのトグル切り替えをするには、3本指タップします。
 %kc:endInclude
 
-++ 入力ヘルプモード ++
++++ Touch keyboard +++[TouchKeyboard]
+The touch keyboard is used to enter text and commands from a touchscreen.
+When focused on an edit field, you can bring up the touch keyboard by double-tapping the touch keyboard icon on the bottom of the screen.
+For tablets such as Microsoft Surface Pro, the touch keyboard is always available when the keyboard is undocked.
+To dismiss the touch keyboard, double-tap the touch keyboard icon or move away from the edit field.
+
+While the touch keyboard is active, to locate keys on the touch keyboard, move your finger to where the touch keyboard is located (typically at the bottom of the screen), then move around the keyboard with one finger.
+When you find the key you wish to press, double-tap the key or lift your finger, depending on options chosen from [Touch Interaction Settings dialog #TouchInteraction].
+
+++ 入力ヘルプモード ++[InputHelpMode]
 このユーザーガイドを通じて、多くのキー操作とタッチコマンドを説明しますが、入力ヘルプモードは、さまざまなコマンドをさがす手軽な方法です。
 
 入力ヘルプを開始するには NVDA+1 を押します。
@@ -229,7 +239,7 @@
 入力ヘルプモードでは、入力ジェスチャーの操作(キーを押す、またはタッチジェスチャーを実行すること)を報告して、(何か機能が割り当てられていれば)その操作に割り当てられたコマンドを説明します。
 入力ヘルプモードでは実際のコマンドは実行されません。
 
-++ NVDAメニュー ++
+++ NVDAメニュー ++[TheNVDAMenu]
 NVDAメニューでは、NVDAの設定変更、ヘルプへのアクセス、設定情報の保存/読み込み、読み上げ辞書の編集、その他の追加のツールの使用、NVDAの終了ができます。
 
 NVDA実行中に、Windowsの任意の状態からNVDAメニューを開くには、NVDA+Nを押すか、タッチスクリーンで2本指の2回タップをします。
@@ -237,7 +247,7 @@
 アイコンをマウスで右クリックする方法と、Windowsキー+Bを押してシステムトレイに移動し、矢印キーでNVDAアイコンを選択してアプリケーションキーを押す方法のどちらも利用できます。
 メニューが開いたら、矢印キーでメニュー項目間を移動し、Enterキーで項目を開くことができます。
 
-++ 基本的なNVDAコマンド ++
+++ 基本的なNVDAコマンド ++[BasicNVDACommands]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | デスクトップ用キー | ラップトップ用キー | タッチ | 説明 |
 | 読み上げ停止 | Ctrl | Ctrl | 2本指タップ | 読み上げを停止します。 |
@@ -250,7 +260,7 @@
 | アプリごとのスリープモードの切り替え | NVDA+Shift+S | NVDA+Shift+Z | なし | スリープモードは現在のアプリに対してすべてのNVDAコマンド、音声読み上げ及び点字出力を無効にします。これは、独自の読み上げ機能や画面読み上げ機能を提供できるアプリ使用時に便利です。もう一度このコマンドを押すとスリープモードはオフになります。 |
 %kc:endInclude
 
-++ システム情報の報告 ++
+++ システム情報の報告 ++[ReportingSystemInformation]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 日付と時刻の報告 | NVDA+F12 | 1回押すと時刻を報告し、2回押すと日付を報告します。 |
@@ -258,7 +268,7 @@
 | クリップボードテキストの報告 | NVDA+C | 存在する場合、クリップボード内のテキストを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-+ NVDAの移動コマンド +
++ NVDAの移動コマンド +[NavigatingWithNVDA]
 NVDAでは、通常の操作やレビューカーソルを含むさまざまな方法でシステム内を移動できます。
 
 ++ オブジェクト ++[Objects]
@@ -424,7 +434,7 @@
 
 新しいアプリにおいては、NVDA で画面上のテキストの一部またはすべてが確認できないことがあります。これは画面表示に使われている技術が現在のNVDAでは対応できないためです。
   
-++ マウスカーソルの移動 ++
+++ マウスカーソルの移動 ++[NavigatingWithTheMouse]
 NVDAは初期設定の場合、マウスカーソルを動かすと、マウスカーソルの直下にあるテキストをその移動に応じて報告します。
 サポートされている場合、テキストを段落単位で読むことができますが、一部のコントロールでは1行単位での読み上げしか行えないこともあります。
 
@@ -479,7 +489,7 @@
 %kc:endInclude
 
 
-++ 1文字ナビゲーション ++
+++ 1文字ナビゲーション ++[SingleLetterNavigation]
 効率的な操作のために、NVDAにはブラウズモードで特定の要素にジャンプするためのアルファベット1文字の移動コマンドがあります。
 以下のコマンドはドキュメントの種類によっては一部利用できないものがあります。
 
@@ -521,7 +531,7 @@
 現在のドキュメントで1文字ナビゲーションを使用するか使わないかを切り替えるには NVDA+Shift+スペース を押します。
 %kc:endInclude
 
-++ 要素リスト ++
+++ 要素リスト ++[ElementsList]
 特定のアプリおよびドキュメントにおいて要素リストを使うと、種別ごとの一覧から要素にアクセスできます。
 例えばウェブブラウザの要素リストではリンク、見出し、フォームフィールド、ボタン、ランドマークの種別を選ぶことができます。
 種別はラジオボタンで選択できます。
@@ -532,7 +542,7 @@
 | ブラウズモードの要素リスト | NVDA+F7 | 現在のドキュメント内の要素リストを種別ごとに表示します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ 埋め込みオブジェクト ++
+++ 埋め込みオブジェクト ++[ImbeddedObjects]
 ページには Adobe Flash, Oracle Java, HTML5 などの技術を使ったリッチコンテンツ、アプリ、ダイアログが含まれていることがあります。
 ブラウズモードでこれらは"埋め込みオブジェクト", "アプリ", "ダイアログ"と報告されます。
 1文字ナビゲーションの o と Shift+o でオブジェクトに移動することもできます。
@@ -561,7 +571,7 @@
 NVDAはドキュメントの読み上げにおいて、これらの対応している数式コンテンツがあれば数式の読み上げを行います。
 点字ディスプレイを使用している場合は、点字での数式の出力を行います。
 
-++ 対話的なナビゲーション ++
+++ 対話的なナビゲーション ++[InteractiveNavigation]
 音声を主要な手段として使っている場合は、数式全体をまとめて一度に聞くよりも、数式を細かい部分に分けて、それぞれの部分ごとに確認をするほうがよいでしょう。
 
 ブラウズモードでは、矢印キーで数式コンテンツの中を移動して、エンターキーを押せば、このような部分ごとの確認ができます。
@@ -583,7 +593,7 @@
 
 通常のドキュメントの操作に戻るには Esc キーを押してください。
 
-+ 点字ディスプレイ +
++ 点字ディスプレイ +[Braille]
 NVDA は情報を点字ディスプレイに表示することができます。
 点字ディスプレイにパーキンス式キーボードが備わっている場合は、1級点字または2級点字による入力もできます。
 
@@ -590,7 +600,7 @@
 [対応している点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] も参照してください。
 点字ディスプレイの設定については [点字設定ダイアログ #BrailleSettings] を参照してください。
 
-++ コントロールの種類、状態、ランドマークの表記 ++
+++ コントロールの種類、状態、ランドマークの表記 ++[BrailleAbbreviations]
 点字ディスプレイにより多くの情報を表示するために、コントロールの種類、状態、ランドマークを以下のように表記します。
 
 || 表記 | コントロールの種類 |
@@ -678,9 +688,9 @@
 | srch | 検索 |
 | rgn | 範囲 |
 
-++ 点字入力 ++
+++ 点字入力 ++[BrailleInput]
 NVDA は点字キーボードからの1級点字および2級点字の入力に対応しています。
-点字設定の [入力テーブル #BrailleInputTable] で、点字キーボード入力をテキストに変換するためのテーブルを選択できます。
+点字設定の [入力テーブル #BrailleSettingsInputTable] で、点字キーボード入力をテキストに変換するためのテーブルを選択できます。
 
 1級点字を使う場合は、入力はそのまま文字として挿入されます。
 2級点字を使う場合は、単語に続けてスペースまたは Enter を入力するとテキストが挿入されます。
@@ -693,7 +703,7 @@
 7と8の点を押すと、点字入力の変換だけを行います。スペースや Enter の入力は行いません。
 %kc:endInclude
 
-+ 画像認識 +
++ 画像認識 +[ContentRecognition]
 コンテンツの制作者がスクリーンリーダー利用者に対して十分な情報を提供していない場合には、画像認識が利用できます。
 NVDA は Windows 10 に内蔵された文字認識エンジン(OCR)に対応しています。
 そのほかの画像認識エンジンは NVDA アドオンとしての提供が可能です。
@@ -718,12 +728,12 @@
 Windows 10 文字認識で現在のナビゲーターオブジェクトの画像を認識するには NVDA+R を押します。
 %kc:endInclude
 
-+ アプリ固有の機能 +
++ アプリ固有の機能 +[ApplicationSpecificFeatures]
 NVDAは、特定のタスクを簡単に実行するために、あるいは、スクリーンリーダーに配慮した操作方法がない機能を使えるようにするために、アプリごとに特別な機能を提供しています。
 
-++ Microsoft Word ++
+++ Microsoft Word ++[MicrosoftWord]
 
-+++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++
++++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++[WordAutomaticColumnAndRowHeaderReading]
 Microsoft Word でテーブルの中を移動する場合に、NVDA は行や列の見出しを必要に応じて自動的に報告することができます。
 この機能を使うためには、まず NVDA の書式情報の設定で「テーブルの行列見出しの報告」にチェックをしてください。
 次に、テーブルのどの行または列が見出しなのかを NVDA に指示します。
@@ -736,7 +746,7 @@
 この設定はドキュメントのブックマークとして JAWS など他のスクリーンリーダーと互換性のある形式で保存されます。
 つまり、他のスクリーンリーダーのユーザーがこのファイルを開いたときにも、行や列の見出しは自動的に報告されます。
 
-+++ Microsoft Word におけるブラウズモード +++
++++ Microsoft Word におけるブラウズモード +++[BrowseModeInMicrosoftWord]
 ウェブブラウザと同じように、Microsoft Word ではブラウズモードに切り替えて1文字ナビゲーションや要素リストなどの機能を使うことができます。
 %kc:beginInclude
 Microsoft Word でブラウズモードに切り替えるには NVDA+スペース を押します。
@@ -743,21 +753,21 @@
 %kc:endInclude
 ブラウズモードと1文字ナビゲーションの詳しい説明は [ブラウズモード #BrowseMode] をお読みください。
  
-++++ 要素リスト ++++
+++++ 要素リスト ++++[WordElementsList]
 %kc:beginInclude
 Microsoft Word で要素リストを開くにはブラウズモードに切り替えて NVDA+F7 を押します。
 %kc:endInclude
 要素リストでは見出し、リンク、コメント(変更履歴を含む)、文章校正(スペルミス)の一覧が利用できます。
 
-+++ コメントの報告 +++
++++ コメントの報告 +++[WordReportingComments]
 %kc:beginInclude
 キャレット位置のテキストについているコメントを報告するには NVDA+Alt+C を押します。
 %kc:endInclude
 ドキュメントのすべてのコメントと変更履歴の一覧は NVDA の要素リストの種別「コメント」から利用できます。
 
-++ Microsoft Excel ++
+++ Microsoft Excel ++[MicrosoftExcel]
 
-+++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++
++++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++[ExcelAutomaticColumnAndRowHeaderReading]
 Excel ワークシートの中の移動中に、行や列の見出しを必要に応じて自動的に報告させることができます。
 この機能を使うためには、まず NVDA の書式情報の設定で「テーブルの行列見出しの報告」にチェックをしてください。
 次に、どの行または列が見出しなのかを NVDA に指示します。
@@ -770,7 +780,7 @@
 この設定はワークブックのセル範囲として JAWS など他のスクリーンリーダーと互換性のある形式で保存されます。
 つまり、他のスクリーンリーダーのユーザーがこのワークブックを開いたときにも、行や列の見出しは自動的に報告されます。
 
-+++ 要素リスト +++
++++ 要素リスト +++[ExcelElementsList]
 ウェブブラウザと同じように Microsoft Excel では要素リストが利用できます。要素リストを使うといろいろな種別の情報の一覧や操作ができます。
 %kc:beginInclude
 Excel で要素リストを利用するには NVDA+F7 を押します。
@@ -792,31 +802,31 @@
 フォームフィールドを選択して Enter キーを押すか「移動」ボタンを実行すると、ブラウズモードでそのフィールドに移動できます。
 -
 
-+++ コメントの報告 +++
++++ コメントの報告 +++[ExcelReportingComments]
 %kc:beginInclude
 フォーカス位置のセルにあるコメントを報告するには NVDA+Alt+C を押します。
 %kc:endInclude
 ワークシートのすべてのコメントの一覧は要素リストから利用できます。
 
-+++ 保護されたセルの読み上げ +++
++++ 保護されたセルの読み上げ +++[ExcelReadingProtectedCells]
 ワークブックが保護されている場合は、編集がロックされているセルにフォーカスを移動できないことがあります。
 %kc:beginInclude
 保護されたセルに移動するには NVDA+スペース でブラウズモードに切り替えてください。矢印キーなど Excel の標準的な移動コマンドで現在のワークシートのすべてのセルに移動できるようになります。
 %kc:endInclude
 
-+++ フォームフィールド +++
++++ フォームフィールド +++[ExcelFormFields]
 Excel のワークシートにはフォームフィールドが含まれる場合があります。
 要素リストまたは1文字ナビゲーションの F および Shift+F でフォームフィールドに移動できます。
 ブラウズモードでフォームフィールドに移動し Enter またはスペースを押すと、そのコントロールの種類に応じて、アクティブ化またはフォーカスモードへの切り替えが行われます。
 ブラウズモードと1文字ナビゲーションの詳細は[ブラウズモード #BrowseMode]を参照してください。
 
-++ Microsoft PowerPoint ++
+++ Microsoft PowerPoint ++[MicrosoftPowerPoint]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 発表者ノート読み上げの切り替え | Ctrl+Shift+S | スライドショー実行中に、発表者用ノートとスライド内容を切り替えます。これはNVDAの読み上げだけを切り替えるもので、スクリーンに表示する内容は切り替えません。 |
 %kc:endInclude
 
-++ foobar2000 ++
+++ foobar2000 ++[Foobar2000]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 残り時間の報告 | Ctrl+Shift+R | 現在再生中のトラックがある場合、その残り時間を報告します。 |
@@ -824,13 +834,13 @@
 
 注意:「残り時間の報告」ショートカットはステータス行の書式が既定の設定の場合のみ有効です。
 
-++ Miranda IM ++
+++ Miranda IM ++[MirandaIM]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 最新のメッセージの報告 | NVDA+Ctrl+1-4 | 最新のメッセージの中から、押された数字に該当するメッセージを報告します。例えば、NVDA+Ctrl+2は、2番目に新しいメッセージを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Poedit ++
+++ Poedit ++[Poedit]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | コメントウィンドウの報告 | Ctrl+Shift+C | コメントウィンドウ内のすべてのコメントを報告します。 |
@@ -837,7 +847,7 @@
 | 翻訳者への注記の報告 | Ctrl+Shift+A | 翻訳者への注記を報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Skype ++
+++ Skype ++[Skype]
 %kc:beginInclude
 チャットコンテンツリストの操作:
 || 名称 | キー | 説明 |
@@ -844,7 +854,7 @@
 | メッセージの確認 | NVDA+Ctrl+1-0 | 数字に対応した位置のチャット履歴のメッセージを報告して、その場所にレビューカーソルを移動します。例えば NVDA+Ctrl+2 を押すと最新から2番目のメッセージを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Kindle for PC ++
+++ Kindle for PC ++[Kindle]
 NVDA は Amazon Kindle for PC での電子書籍の読み上げとナビゲーションに対応しています。
 この機能は「スクリーンリーダー対応」として制作された Kindle 電子書籍で有効です。それぞれの電子書籍の詳細ページで対応状況を確認してください。
 
@@ -861,7 +871,7 @@
 アクセシブルな数式を含む書籍では、数式の読み上げと対話的なナビゲーションが可能です。
 詳細は [数式の読み上げ #ReadingMath] を参照してください。
 
-+++ テキストの選択 +++
++++ テキストの選択 +++[KindleTextSelection]
 Kindleでは、辞書の検索、メモやハイライトの追加、テキストのクリップボードへのコピー、Webの検索など、選択したテキストについてさまざまな機能を実行できます。
 これらを行うには、まずブラウズモードで通常どおりにテキストを選択します。例えばShiftキーとカーソルキーが使用できます。
 %kc:beginInclude
@@ -869,7 +879,7 @@
 %kc:endInclude
 テキストを選択せずにこの操作を行うと、カーソル位置の単語に対するオプションが表示されます。
 
-+++ ユーザーノート +++
++++ ユーザーノート +++[KindleUserNotes]
 単語またはテキストのパッセージに関するメモを追加できます。
 これを行うには、まず対象のテキストを選択し、前述の操作でオプションを表示します。
 次に「メモを追加」を選択します。
@@ -883,7 +893,7 @@
 + 「メモを編集」を選択します。
 +
 
-++ Azardi ++
+++ Azardi ++[Azardi]
 %kc:beginInclude
 登録済み書籍のテーブルビューにて:
 || 名称 | キー | 説明 |
@@ -891,9 +901,9 @@
 | コンテクストメニュー | アプリケーション | 選択中の書籍のコンテクストメニューを開く |
 %kc:endInclude
 
-+ NVDAの設定 +
++ NVDAの設定 +[ConfiguringNVDA]
 
-++ 設定メニュー ++
+++ 設定メニュー ++[preferences]
 %kc:settingsSection: || 名称 | デスクトップ用キー | ラップトップ用キー | 説明 |
 ほとんどのNVDAの設定はNVDAメニュー内の設定サブメニューから開くことができるダイアログボックス内で変更できます。
 すべてのNVDAの設定ダイアログでは、OKボタンを押すことで設定が適用できます。
@@ -903,11 +913,11 @@
 既定の設定では、一部の設定ダイアログだけに入力ジェスチャー(キーボード入力、タッチジェスチャーなど)が割り当てられています。
 ショートカットキーの割り当てられていないダイアログには、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で開く操作を追加できます。
 
-+++ 一般設定 (NVDA+Ctrl+G) +++
++++ 一般設定 (NVDA+Ctrl+G) +++[GeneralSettings]
 一般設定ダイアログは、設定メニューの中にあります。
 このダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
-==== 言語 ====
+==== 言語 ====[GeneralSettingsLanguage]
 NVDAのユーザーインターフェースやメッセージをどの言語で表示させるかを選択できるコンボボックスです。
 多くの言語が選択できますが、既定のオプションは「既定の言語」です。
 このオプションが選択されていると、NVDAはユーザーが使用しているWindowsの既定の言語を使用します。
@@ -916,45 +926,45 @@
 言語設定を変更した場合、NVDAは再起動するかどうかを確認します。
 OKボタンを押すとNVDAが再起動します。
 
-==== 終了時に設定情報を保存 ====
+==== 終了時に設定情報を保存 ====[GeneralSettingsSaveConfig]
 このオプションはチェックボックスで、チェックされている場合はNVDA終了時に現在の設定情報が自動的に保存されます。
 
-==== NVDA終了時に終了オプションを表示 ====
+==== NVDA終了時に終了オプションを表示 ====[GeneralSettingsShowExitOptions]
 このオプションはチェックボックスで、NVDA終了前に終了オプションのダイアログを表示させるかどうかを選択できます。
 チェックされている場合、NVDAを終了しようとしたときに、終了、再起動、アドオンを無効化して再起動、のオプションを選択するダイアログが表示されます。
 チェックなしの場合、NVDAはすぐに終了します。
 
-==== NVDAの起動と終了のサウンド ====
+==== NVDAの起動と終了のサウンド ====[GeneralSettingsPlaySounds]
 このオプションはチェックボックスで、チェックされている場合にはNVDAの起動と終了の効果音を再生します。
 
-==== ログ記録レベル ====
+==== ログ記録レベル ====[GeneralSettingsLogLevel]
 これはコンボボックスで、NVDAがどの程度の実行記録を行うかを設定します。
 一般的には、冗長な記録を行わないために、ユーザーはこの設定を変更すべきではありません。
 しかしながら、このオプションはユーザーがバグ報告を行う場合に有効です。
 
-==== Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始 ====
+==== Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始 ====[GeneralSettingsStartAfterLogOn]
 チェックされている場合、NVDAはWindowsへのログオン後に自動的に開始されます。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== ログオン画面でNVDAを使用 (管理者権限が必要) ====
+==== ログオン画面でNVDAを使用 (管理者権限が必要) ====[GeneralSettingsStartOnLogOnScreen]
 もしユーザー名とパスワードを指定してWindowsにログオンしている場合、このチェックボックスをチェックすると、NVDAをWindows起動時のログオン画面で自動的に開始できます。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== 現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用 (管理者権限が必要) ====
+==== 現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用 (管理者権限が必要) ====[GeneralSettingsCopySettings]
 このボタンを押すと、現在保存されているNVDAのユーザー設定をNVDAのシステムフォルダーにコピーします。この設定は、ログオンやユーザーアクセスコントロール (UAC) 、その他のセキュアスクリーンにおけるNVDAで利用されます。
 すべての設定を確実にコピーするため、事前にNVDA+Ctrl+CまたはNVDAメニュー内の設定情報の保存を実行してください。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== NVDAの更新を自動的に確認 ====
+==== NVDAの更新を自動的に確認 ====[GeneralSettingsCheckForUpdates]
 このチェックボックスをチェックすると、NVDAは新しいバージョンが入手できるかどうかを自動的に確認し、それを通知します。
 NVDAメニュー「ヘルプ」の「更新を確認」を使って手動で更新を確認することもできます。
 
-+++ 音声エンジンの切り替え (NVDA+Ctrl+S) +++
++++ 音声エンジンの切り替え (NVDA+Ctrl+S) +++[SynthesizerSelection]
 設定メニューの中の"音声エンジン"で表示される音声エンジンダイアログでは、NVDAがどの音声エンジンを使って読み上げを行うかを選択できます。
 音声エンジンを選択してOKボタンを押すと、NVDAは選択された音声エンジンを読み込みます。
 もし音声エンジンの読み込みに失敗した場合、NVDAはメッセージでそれを報告し、前に使用していた音声エンジンを使用します。
 
-==== 音声エンジン ====
+==== 音声エンジン ====[SynthesizerSelectionSynthesizer]
 このオプションでは、NVDAが音声出力に使用する音声エンジンを選択できます。
 
 NVDAでサポートされている音声エンジンの一覧は、[サポートされている音声エンジン #SupportedSpeechSynths]セクションを参照してください。
@@ -962,11 +972,11 @@
 唯一、いつでもこの一覧にある特別な項目は"音声なし"で、これによりNVDAを音声出力なしで使用できます。
 この項目は、NVDAを点字出力のみで使用する方や、もしかしたら晴眼者がNVDAのスピーチビューアーを使用する際に有効かもしれません。
 
-==== 出力先デバイス ====
+==== 出力先デバイス ====[SynthesizerSelectionOutputDevice]
 このオプションでは、NVDAが選択された音声エンジンを使って読み上げを出力するサウンドカードを選択できます。
 
 %kc:setting
-==== 音のダッキング ====
+==== 音のダッキング ====[SynthesizerSelectionDuckingMode]
 キー: NVDA+Shift+D
 
 Windows 8 以降では、NVDA の音声やサウンドの出力のときに限って、またはNVDAを実行している間ずっと、他のアプリの音量を低くすることができます。
@@ -984,42 +994,42 @@
 
 音声設定ダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
-==== 音声 ====
+==== 音声 ====[VoiceSettingsVoice]
 このダイアログの最初のオプションは、現在選択されている音声エンジンにインストールされている音声の一覧のコンボボックスです。
 矢印キーを使ってすべての音声の種類を聞くことができます。
 左矢印と上矢印は、リスト項目を上に移動し、右矢印と下矢印は、リスト項目を下に移動します。
 
-==== 声色 ====
+==== 声色 ====[VoiceSettingsVariant]
 NVDAに同梱されている eSpeak NG では、このコンボボックスで声色を選択できます。
 eSpeak NG では音声は言語の違いに対応し、声色は声の違いに対応します。
 声色によっては男性の声に聞こえたり、女性の声に聞こえたりします。蛙のような声もあります。
 
-==== 速さ ====
+==== 速さ ====[VoiceSettingsRate]
 このオプションで音声の速さを変更できます。
 0から100の間を移動するスライダーで、0はもっとも遅く100はもっとも速い値を示します。
 
-==== 高さ ====
+==== 高さ ====[VoiceSettingsPitch]
 このオプションで音声の高さを変更できます。
 0から100の間を移動するスライダーで、0は最も低く、100はもっとも高い値を示します。
 
-==== 音量 ====
+==== 音量 ====[VoiceSettingsVolume]
 このオプションは0から100の間を移動するスライダーで、0がもっとも低く、100がもっとも高い値を示します。
 
-==== 抑揚 ====
+==== 抑揚 ====[VoiceSettingsLanguageSwitching]
 このオプションはスライダーで、音声エンジンがどれだけの抑揚で話すかを設定できます (なお、現在このオプションに対応しているのは eSpeak NG だけです) 。
 
-==== 自動言語切り替え ====
+==== 自動言語切り替え ====[VoiceSettingsLanguageSwitching]
 このチェックボックスで、読み上げようとしているテキストに言語の指定がある場合、NVDAが音声エンジンの言語を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
 このオプションは初期状態でチェックされています。
 現在この自動言語切り替えは、eSpeak NG でのみサポートされています。
 
-==== 自動方言切り替え ====
+==== 自動方言切り替え ====[VoiceSettingsDialectSwitching]
 自動言語切り替えがチェックされている場合、このチェックボックスで、言語だけでなく、方言を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
 例えば、アメリカ英語の音声を使用中でドキュメントの一部にイギリス英語が指定されていた場合、この機能は音声合成のアクセントを切り替えます。
 このオプションは初期状態ではチェックなしです。
 
 %kc:setting
-==== 句読点/記号レベル ====
+==== 句読点/記号レベル ====[VoiceSettingsSymbolLevel]
 キー: NVDA+P
 
 このオプションでは、句読点及び記号を単語として読み上げる際のレベルを変更できます。
@@ -1026,24 +1036,24 @@
 もし「すべて」が選択されていれば、すべての記号が単語として読み上げられます。
 このオプションは現在使用中の音声エンジンだけでなく、すべての音声エンジンに対して有効です。
 
-==== 記号と文字の説明に音声の言語を使用 ====
+==== 記号と文字の説明に音声の言語を使用 ====[VoiceSettingsTrust]
 初期状態では、句読点/記号読み辞書と文字説明辞書を、音声エンジンの現在の言語に合わせて切り替えます。
 特定の音声エンジンや話者を使っていて、記号読み上げ辞書が不適切に切り替わってしまう場合などには、このオプションを無効にすれば、一般設定で指定された言語で記号と文字の説明が行われます。
 
-==== 大文字のピッチ変更率 ====
+==== 大文字のピッチ変更率 ====[VoiceSettingsCapPitchChange]
 このエディットフィールドでは大文字を読み上げる際の高さの変化率を指定します。
 値はパーセントで指定し、負の値を指定すると大文字の高さは小文字よりも低くなりますし、正の値を指定すると高くなります。
 高さを変更したくない場合は、0を指定してください。
 
-==== 大文字の前に大文字と読む ====
+==== 大文字の前に大文字と読む ====[VoiceSettingsSayCapBefore]
 この設定はチェックボックスで、チェックされている場合はNVDAに大文字の前に"大文字"と読むように指示します。
 通常、NVDAはすべての大文字に対して音声のピッチを上げますが、一部の音声エンジンではそれが十分機能しないので、このオプションが有効かもしれません。
 
-==== 大文字にビープ音をつける ====
+==== 大文字にビープ音をつける ====[VoiceSettingsBeepForCaps]
 このチェックボックスがチェックされていると、NVDAは大文字で書かれた文字を検出するたびに小さなビープ音を鳴らします。
 大文字の前に大文字と読むチェックボックスのように、この設定も、大文字に対して音声の高さを変更できない音声エンジンを使用している場合に有効です。
 
-==== サポートされている場合スペル読み機能を使用 ====[VoiceSpellingFunctionality]
+==== サポートされている場合スペル読み機能を使用 ====[VoiceSettingsUseSpelling]
 1文字で構成されているような単語がありますが、その発音は文字自身が個々の文字として発音されるか、単語として発音されるかによって異なります。
 例えば英語では、"a"は文字でもあり単語でもあります。それぞれの発音は同じではありません。
 このオプションにより、もし音声エンジンがサポートしている場合は、これらのふたつの場合を区別することができます。
@@ -1066,7 +1076,7 @@
 +++ 点字設定 +++
 点字設定ダイアログは、設定メニューの中の点字設定オプションから開くことができます。
 
-==== 点字ディスプレイ ====
+==== 点字ディスプレイ ====[BrailleSettingsDisplay]
 点字設定ダイアログの中の最初のオプションは、"点字ディスプレイ"です。
 システム上で利用可能な点字ディスプレイドライバーに応じて、いくつかのオプションが表示されます。
 矢印キーを使ってオプション間を移動してください。
@@ -1075,7 +1085,7 @@
 
 サポートされている点字ディスプレイの一覧は、[サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays]セクションを参照してください。
 
-==== ポート ====
+==== ポート ====[BrailleSettingsPort]
 このオプションが有効のとき、選択された点字ディスプレイとの通信を行うポートや接続方法を選ぶことができます。
 このコンボボックスには点字ディスプレイとの接続についての選択肢が表示されます。
 
@@ -1087,13 +1097,13 @@
 
 お使いの点字ディスプレイが対応している接続方法やポート選択方法については、 [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] の各項目もお読みください。
 
-==== 出力テーブル ====
+==== 出力テーブル ====[BrailleSettingsOutputTable]
 次のオプションは点字出力テーブルを選択するコンボボックスです。
 このコンボボックスでは、言語、点訳規則、グレードを点字変換テーブルによって選択できます。
 選択されたテーブルは、テキストを点字ディスプレイの出力に変換するために使われます。
 リストの中のテーブル項目は矢印キーで移動できます。
 
-==== 入力テーブル ====[BrailleInputTable]
+==== 入力テーブル ====[BrailleSettingsInputTable]
 出力テーブルの次のオプションは、点字入力テーブルを選択するコンボボックスです。
 点字ディスプレイのパーキンス型キーで入力された点字を入力文字に変換するときにこの入力テーブルが使われます。
 リストの中の項目は矢印キーで移動できます。
@@ -1101,34 +1111,34 @@
 このオプションは、お使いの点字ディスプレイがパーキンス型キーを備えていて、機器のドライバーが入力に対応している場合のみ有効です。
 パーキンス型キーを備えているディスプレイであってもドライバーが文字入力に対応していない場合は [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] で説明します。
 
-==== コンピューター点字(NABCC)を使用 ====
+==== コンピューター点字(NABCC)を使用 ====[BrailleSettingsExpandToComputerBraille]
 このオプションをチェックすると、カーソル位置の単語を、出力テーブルの点字ではなくコンピューター点字(NABCC)として表示します。
 
-==== カーソル表示 ====
+==== カーソル表示 ====[BrailleSettingsShowCursor]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイにカーソルを表示します。
 このオプションはシステムキャレットとレビューカーソルに影響しますが、選択範囲の表示には影響しません。
 
-==== カーソル点滅 ====
+==== カーソル点滅 ====[BrailleSettingsBlinkCursor]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイのカーソルが点滅します。
 チェックなしの場合は、点字ディスプレイのカーソルは常に点が上がった状態になります。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== カーソル点滅速度(ミリ秒) ====
+==== カーソル点滅速度(ミリ秒) ====[BrailleSettingsBlinkRate]
 このオプションは数値フィールドで、カーソルの点滅速度をミリ秒単位で変更できます。
 
-==== フォーカス追従のカーソルの形 ====
+==== フォーカス追従のカーソルの形 ====[BrailleSettingsCursorShapeForReview]
 このオプションによって点字表示がフォーカスに追従している場合の点字カーソルの形(点のパターン)を変更できます。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== レビューカーソル追従のカーソルの形 ====
+==== レビューカーソル追従のカーソルの形 ====[BrailleSettingsCursorShapeForReview]
 このオプションによって点字表示がレビューカーソルに追従している場合の点字カーソルの形(点のパターン)を変更できます。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== メッセージの表示終了待ち時間 (秒) ====
+==== メッセージの表示終了待ち時間 (秒) ====[BrailleSettingsMessageTimeout]
 このオプションは数値フィールドで、NVDA のメッセージを点字ディスプレイ上に何秒間表示するかを制御できます。
 この値を 0 にするとメッセージは表示されません。
 
-==== メッセージの表示を終了させない ====
+==== メッセージの表示を終了させない ====[BrailleSettingsNoMessageTimeout]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイへのメッセージの表示が終了しません。
 
 %kc:setting
@@ -1137,7 +1147,7 @@
 
 このオプションでは、点字表示がフォーカスまたはナビゲーターオブジェクト/レビューカーソルのどちらに追従するかを変更できます。
 
-==== 段落単位で読む ====
+==== 段落単位で読む ====[BrailleSettingsReadByParagraph]
 チェックされている場合、点字は行ごとではなく段落ごとに表示されます。
 また、次及び前の行への移動コマンドも段落ごとに移動するようになります。
 これにより、それぞれの行末に到達した場合で、より多くのテキストがディスプレイにフィットする際、スクロールする必要がなくなります。
@@ -1144,7 +1154,7 @@
 これは、より多くのテキストを早く読みたい時に有効です。
 この機能は初期状態では無効化されています。
 
-==== 可能な場合単語が切れないようにする ====
+==== 可能な場合単語が切れないようにする ====[BrailleSettingsWordWrap]
 チェックすると、単語が長すぎて点字ディスプレイの表示に最後まで入りきらないような場合に、単語が切れないようにします。
 入りきらない単語はその行に表示されず、点字ディスプレイの残りの部分は空白で埋められます。
 表示をスクロールすると、単語全体が表示されます。
@@ -1156,7 +1166,7 @@
 
 このチェックボックスをチェックすると、単語の読み取りが自然になりますが、頻繁にスクロールを使う必要があります。
 
-==== フォーカスの前後の情報 ====
+==== フォーカスの前後の情報 ====[BrailleSettingsFocusContextPresentation]
 このオプションで、フォーカスの前後の情報を点字ディスプレイにどのように表示するかを選択できます。
 フォーカスの前後の情報とは、ここではオブジェクトの親子・兄弟の階層構造を意味しています。
 例えば、リスト項目にフォーカスが移動したときに、そのリスト項目はリストという親オブジェクトに含まれています。
@@ -1182,20 +1192,20 @@
 
 設定ダイアログを開かないでこの設定を切り替えたい場合は [入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures] で操作をカスタマイズしてください。
 
-+++ キーボード設定 (NVDA+Ctrl+K) +++
++++ キーボード設定 (NVDA+Ctrl+K) +++[KeyboardSettings]
 このダイアログボックスは、設定メニュー内の"キーボード設定..."にあります。
 ここには、以下のオプションが含まれています。
 
-==== キーボード配列 ====
+==== キーボード配列 ====[KeyboardSettingsLayout]
 このコンボボックスでは、NVDAでどのキーボード配列を使用するかを選ぶことができます。現在、NVDAにあるのはデスクトップ配列とラップトップ配列です。
 
-==== 英語キーボードのCapsLockキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== 英語キーボードのCapsLockキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsCapsModifier]
 チェックされている場合、英語キーボードのCapsLockキーがNVDA制御キーとして動作します。
 
-==== InsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== InsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsExtendedInsert]
 チェックされている場合、Insertキー (通常は矢印キーの上のHomeキーやEndキーの近くにあります) をNVDA制御キーとして使用することができます。
 
-==== テンキーのInsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== テンキーのInsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsNumpadInsert]
 チェックされている場合、テンキー上のInsertキーをNVDA制御キーとして使用することができます。
 
 NVDA制御キーがどのキーにも割り当てられていないと、NVDAの機能を呼び出すことができなくなります。
@@ -1203,42 +1213,42 @@
 エラーメッセージを閉じて、少なくとも1個のキーをNVDA制御キーに割り当ててください。そうしないとこのダイアログを適切に閉じることができません。
 
 %kc:setting
-==== 入力文字の読み上げ ====
+==== 入力文字の読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters]
 キー: NVDA+2
 
 チェックされている場合、NVDAはキーボードから入力されたすべての文字を読み上げます。
 
 %kc:setting
-==== 入力単語の読み上げ ====
+==== 入力単語の読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakTypedWords]
 キー: NVDA+3
 
 チェックされている場合、NVDAは入力されたすべての単語を読み上げます。
 
-==== 文字入力で読み上げを中断 ====
+==== 文字入力で読み上げを中断 ====[KeyboardSettingsSpeechInteruptForCharacters]
 チェックされている場合、文字入力のキーが押されると音声読み上げを中断します。この設定は初期状態で有効です。
 
-==== Enterキーで読み上げを中断 ====
+==== Enterキーで読み上げを中断 ====[KeyboardSettingsSpeechInteruptForEnter]
 チェックされている場合、エンターキーが押されると音声読み上げを中断します。この設定は初期状態で有効です。
 
-==== 「すべて読み上げ」で流し読みを許可 ====
+==== 「すべて読み上げ」で流し読みを許可 ====[KeyboardSettingsSkimReading]
 チェックされている場合、「すべて読み上げ」の途中で特定のナビゲーションコマンド(ブラウズモードにおける1文字ナビゲーションや、行単位、段落単位の移動など)を実行しても読み上げを中断しません。移動先の箇所から「すべて読み上げ」での読み上げを再開します。
 
-==== CapsLockがオンの時、小文字が入力されたらビープ音を鳴らす ====
+==== CapsLockがオンの時、小文字が入力されたらビープ音を鳴らす ====[VoiceSettingsBeepLowercase]
 チェックされている場合、CapsLockがオンの状態でShiftキーとともに文字キーが押されたら、警告のためのビープ音を鳴らします。
 一般的に、CapsLock状態でShiftキーを押して文字入力を行うことはなく、意図的でない限りCapsLockがオンであることに気が付いていないような場合です。
 したがって、この機能はそれを知るための警告として役立ちます。
 
 %kc:setting
-==== コマンドキーの読み上げ ====
+==== コマンドキーの読み上げ ====[VoiceSettingsSpeakCommandKeys]
 キー: NVDA+4
 
 チェックされている場合、NVDAは文字以外のキーの名称を読み上げます。このキーの名称には、Ctrlキーとその他のキーのようなキーの組み合わせも含まれます。
 
-==== スペルミスを入力中に音で報告 ====
+==== スペルミスを入力中に音で報告 ====[KeyboardSettingsAlertForSpellingErrors]
 チェックされている場合、入力中の単語のスペルミスを短い音で報告します。
 このオプションを使うには NVDA の設定の [書式情報 #DocumentFormattingSettings] ダイアログで「スペルミスの報告」をチェックする必要があります。
 
-==== 外部アプリからの文字入力 ====
+==== 外部アプリからの文字入力 ====[KeyboardSettingsHandleKeys]
 スクリーンキーボードや音声認識ソフトウェアなど、外部アプリからの文字入力をNVDAが処理するかどうかを制御できます。
 このチェックボックスは既定値でチェックされています。例えばベトナム語入力システムUnikeyを使う場合には、不適切な文字入力が起こらないように、このチェックボックスをチェックなしにするとよいでしょう。
 
@@ -1246,85 +1256,93 @@
 マウス設定ダイアログは、設定メニューの"マウス設定..."の中にあります。
 この中には以下のオプションが含まれています。
 
-==== マウスカーソル形状の変化の報告 ====
+==== マウスカーソル形状の変化の報告 ====[MouseSettingsShape]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルの形状が変化するたびにそれを報告します。
 Windowsのマウスカーソルは、例えば編集可能や読み込み中のように、その変化で情報を表すことがあります。
 
 %kc:setting
-==== マウスカーソル位置のテキストの報告 ====
+==== マウスカーソル位置のテキストの報告 ====[MouseSettingsTracking]
 キー: NVDA+M
 
 チェックされている場合、NVDAはスクリーン内での移動に伴ってマウスカーソルが重なったテキストを読み上げます。これにより、マウスを直接動かすか、オブジェクトナビゲーションを用いてスクリーン上にある物を探すことができます。
 
-==== テキストの読み上げ範囲 ====
+==== テキストの読み上げ範囲 ====[MouseSettingsTextUnit]
 もしNVDAがマウスカーソル位置のテキストを報告するように設定されていれば、このオプションではマウスカーソル移動時のテキストの読み上げ範囲を選択できます。
 オプションは、文字、単語、行、段落の中から選択できます。
 
-==== マウスカーソル位置の要素の種類の報告 ====
+==== マウスカーソル位置の要素の種類の報告 ====[MouseSettingsRole]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルが重なったオブジェクトのロール (種類) を報告します。
 
-==== マウスカーソルの座標をビープ音で報告 ====
+==== マウスカーソルの座標をビープ音で報告 ====[MouseSettingsAudio]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルの移動をビープ音で報告します。それにより、ユーザーはマウスカーソルが画面上のどこに位置しているかを知ることができます。
 マウスカーソルが画面の上に移動するほど高い音になります。
 マウスカーソルが画面の左側や右側に移動すると、その音は左側または右側から聞こえます。ただしステレオのスピーカーまたはヘッドフォンが必要です。
 
-==== マウスカーソル位置の明るさをビープ音の音量で報告 ====
+==== マウスカーソル位置の明るさをビープ音の音量で報告 ====[MouseSettingsBrightness]
 「マウスカーソルの座標をビープ音で報告」がチェックされていて、このチェックボックスをチェックした場合、ビープ音の音量は、画面上でマウスカーソルのある場所の明るさによって制御されます。
 このチェックボックスは初期状態ではチェックなしです。
 
-+++ レビューカーソル設定 +++
++++ Touch Interaction Settings +++[TouchInteraction]
+This dialog, only available on computers running Windows 8 and later with touch capabilities, allows you to configure how NVDA interacts with touchscreens.
+
+==== Touch typing mode ====[TouchTypingMode]
+This checkbox allows you to specify the method you wish to use when entering text using the touch keyboard.
+If this checkbox is checked, when you locate a key on the touch keyboard, you can lift your finger and the selected key will be pressed.
+If this is unchecked, you need to double-tap on the touch keyboard key to press the key.
+
++++ レビューカーソル設定 +++[ReviewCursorSettings]
 設定メニュー内のレビューカーソルダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
 
 %kc:setting
-==== フォーカスを追跡 ====
+==== フォーカスを追跡 ====[ReviewCursorFollowFocus]
 キー: NVDA+7
 
 チェックされている場合、フォーカス位置が移動したときに、レビューカーソルも現在フォーカスがあるオブジェクトに移動します。
 
 %kc:setting
-==== キャレットを追跡 ====
+==== キャレットを追跡 ====[ReviewCursorFollowCaret]
 キー: NVDA+6
 
 チェックされている場合、レビューカーソルは自動的にキャレットが移動した位置へ移動します。
 
-==== マウスカーソルを追跡 ====
+==== マウスカーソルを追跡 ====[ReviewCursorFollowMouse]
 チェックされている場合、レビューカーソルはマウスカーソルの動きに追従します。
 
-==== 簡易レビューモード ====
+==== 簡易レビューモード ====[ObjectPresentationSettings]
 チェックされている場合、レビューカーソルが移動できるオブジェクトの階層から、通常は役に立たない非表示のオブジェクトやレイアウト目的のオブジェクトを除外します。
 
 設定ダイアログを開かないで簡易レビューモードを切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-+++ オブジェクト表示設定 (NVDA+Ctrl+O) +++
++++ オブジェクト表示設定 (NVDA+Ctrl+O) +++[ObjectPresentationSettings]
 このダイアログボックスは設定メニューの中の"オブジェクト表示"から利用できます。
 このダイアログボックスには、以下のオプションがあります。
 
-==== ツールチップの報告 ====
+==== ツールチップの報告 ====[ObjectPresentationReportToolTips]
 チェックされている場合、NVDAはツールチップが表示されたときにその内容を読み上げます。
 多くのWindowsのコントロールは、マウスカーソルをそれらに重ねたり、それらにフォーカスしたりしたとき、簡単なメッセージ (またはツールチップ) を表示します。
 
-==== バルーン情報の報告 ====
+==== バルーン情報の報告 ====[ObjectPresentationReportBalloons]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはバルーン情報が表示されたときにその内容を報告します。
 バルーン情報はツールチップに似ていますが、サイズはやや大きく、ネットワークケーブルが接続されていないとか、Windowsのセキュリティ上の問題の報告といった、システムのイベントに関連付けられています。
 
-==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====
+==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====[ObjectPresentationShortcutKeys]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはオブジェクトやコントロールなどを読み上げる際、関連付けられているショートカットキーを含んで読み上げます。
 例えば、メニューバーのファイルメニューには、Alt+Fというショートカットキーがある場合があります。
 
-==== オブジェクト位置情報の報告 ====
+==== オブジェクト位置情報の報告 ====[ObjectPresentationPositionInfo]
 チェックされている場合、オブジェクトにフォーカスしたり、オブジェクトナビゲーションで移動したときに、位置情報を (例えば1の4のように) 報告します。
 
-==== オブジェクトの位置情報を推測 ====
+==== オブジェクトの位置情報を推測 ====[ObjectPresentationGuessPositionInfo]
 「オブジェクト位置情報の報告」がチェックされていて、その情報を取得できないとき、このオプションはNVDAが特定のオブジェクトの位置情報を推測できるようにします。
 
 オンの時、NVDAはメニューやツールバー等のより多くのコントロールの位置情報を報告しますが、その情報はわずかに不正確な場合があります。
 
-==== オブジェクトの説明の報告 ====
+==== オブジェクトの説明の報告 ====[ObjectPresentationReportDescriptions]
 オブジェクトとともに読み上げられる説明が必要ない場合は、このチェックボックスをチェックなしにしてください。
 
 %kc:setting
-==== プログレスバーの報告 ====
+==== プログレスバーの報告 ====[ObjectPresentationProgressBarOutput]
 キー: NVDA+U
 
 このオプションはプログレスバーの更新をどのように報告するかを設定します。
@@ -1336,17 +1354,17 @@
 - ビープ音と読み上げ: このオプションは、NVDAにプログレスバーの変化をビープ音と読み上げの両方で報告するように指示します。
 -
 
-==== バックグラウンドのプログレスバーの更新の報告 ====
+==== バックグラウンドのプログレスバーの更新の報告 ====[ObjectPresentationReportBackgroundProgressBars]
 チェックされている場合、NVDAは物理的に前面に表示されていないウィンドウであってもプログレスバーの変化の状況を報告し続けます。
 もしプログレスバーのあるウィンドウを最小化したり、離れたりしたとしても、NVDAはそのウィンドウの追跡を続けるので、プログレスバーの進行中に他の作業をすることができます。
 
 %kc:setting
-==== 動的コンテンツの変化の報告 ====
+==== 動的コンテンツの変化の報告 ====[ObjectPresentationReportDynamicContent]
 キー: NVDA+5
 
 ターミナルやチャットプログラムの履歴など、特定のオブジェクトに対する新しいコンテンツの報告の方法を切り替えます。
 
-==== 自動入力候補を音で報告 ====
+==== 自動入力候補を音で報告 ====[ObjectPresentationSuggestionSounds]
 チェックされている場合、自動入力候補が表示されると NVDA が音で報告します。
 自動入力候補とは、エディットフィールドやドキュメントで、入力中のテキストに基づいて表示される候補のリストです。
 例えば Windows Vista 以降でスタートメニューの検索ボックスにテキストを入力すると、Windows は入力された文字に応じて候補のリストを表示します。
@@ -1353,59 +1371,59 @@
 また多くの Windows 10 アプリには検索という名前のエディットフィールドがあります。このような場合に NVDA は候補のリストが表示されたことを報告します。
 エディットフィールドから他の要素にフォーカスが移動すると、自動入力候補は表示されなくなります。場合によっては NVDA は自動入力候補が消えたことも報告します。
 
-+++ 入力メソッド設定 +++
++++ 入力メソッド設定 +++[InputCompositionSettings]
 設定メニューから入力メソッド設定のダイアログを開くことができます。
 これは IME またはテキストサービスに対応したアジア言語の文字入力を NVDA が報告するための設定です。
 入力メソッドは種類によって対応している機能や報告する情報が違います。入力メソッドごとに最適な使い勝手にするために、この設定を変更する必要があることをご理解ください。
 
-==== 候補リストの自動報告 ====
+==== 候補リストの自動報告 ====[InputCompositionReportAllCandidates]
 このオプションは既定値でチェックされています。候補リストが表示されたり更新されたりしたときに、全ての候補を読み上げる機能です。
 これは漢字の字形要素を使う中国語入力システム(New ChangJie, Boshiami)で有用です。すべての候補文字を音声で確認し、数字キーで選択できるからです。
 しかし発音を使う中国語入力システム(New Phonetic)では、このオプションは無効にしたほうがよいでしょう。なぜなら全ての文字が同じように読み上げられてしまうからです。このような場合は、候補を矢印キーで選択して、詳細説明を聞いてください。
 
-==== 選択した候補の報告 ====
+==== 選択した候補の報告 ====[InputCompositionAnnounceSelectedCandidate]
 このオプションは既定値でチェックされています。NVDAが変換候補を報告するタイミングを、候補リストが表示されたとき、または、候補が選択されたときの、どちらにするかを変更できます。
 この設定は、矢印キーで候補選択をする入力メソッド(中国語 New Phoneticなど)では有効にしてください。しかし、入力メソッドによっては、この設定を無効にしたほうが効率的に入力できます。
 このチェックボックスがチェックなしの場合にも、レビューカーソルは選択された候補の位置にあるので、オブジェクトナビゲーションやレビューの操作によって、選択中の候補や前後の候補を確認できます。
 
-==== 候補の説明で文字の報告 ====
+==== 候補の説明で文字の報告 ====[InputCompositionCandidateIncludesShortCharacterDescription]
 このオプションは既定値でチェックされています。NVDAが候補の報告で各文字の説明を使うかどうかを変更できます。これは、候補が選択された場合と、候補リストが表示されて自動的に報告される場合の両方についての設定です。
 ただし、中国語などの言語では、このオプションとは無関係に、候補の報告で複数の用例を使う文字説明が使われます。
 このオプションは韓国語や日本語の入力メソッドにおいて役立ちます。
 
-==== 読み文字の報告 ====
+==== 読み文字の報告 ====[InputCompositionReadingStringChanges]
 入力メソッドによっては読み文字(プレコンポジション文字)が存在します。例えば中国語の New Phonetic や New ChangJie などです。
 このオプションは NVDA が読み文字の入力を報告するかどうかを制御します。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 中国語の ChangJie など旧式の入力メソッドでは、プレコンポジション文字を管理するために、読み文字を使わず、コンポジション領域を使います。コンポジションの報告の設定については次の項目を参照してください。
 
-==== コンポジションの更新の報告 ====
+==== コンポジションの更新の報告 ====[InputCompositionCompositionStringChanges]
 多くの入力メソッドでは、読み文字やプレコンポジション文字から変換された表意文字を、一時的にコンポジション領域に追加し、それから文書に挿入します。
 このオプションはコンポジションに追加された文字をNVDAが報告をするかどうかを変更できます。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 
-+++ ブラウズモード設定 (NVDA+Ctrl+B) +++
++++ ブラウズモード設定 (NVDA+Ctrl+B) +++[BrowseModeSettings]
 ブラウズモードの設定ダイアログは、設定メニュー内の"ブラウズモード..."にあります。
 
 ダイアログには以下のオプションがあります。
 
-==== 1行の文字数 ====
+==== 1行の文字数 ====[BrowseModeSettingsMaxLength]
 このフィールドでは、ブラウズモードの1行の長さを (文字数で) 指定します。
 
-==== 1ページの最大行数 ====
+==== 1ページの最大行数 ====[BrowseModeSettingsPageLines]
 このフィールドでは、ブラウズモード内でPageUpやPageDownを押したときに移動する行数を指定します。
 
 %kc:setting
-==== 画面レイアウトを使用 ====
+==== 画面レイアウトを使用 ====[BrowseModeSettingsScreenLayout]
 キー: NVDA+V
 
 このオプションでは、ブラウズモード内のコンテンツがリンクやその他のフィールドをそれぞれ独立した行として表示するか、画面に表示されているのと同じようにリンクなどをテキストどおりに表示するかを設定できます。チェックされている場合は画面に表示されているのと同じように表現し、チェックなしの場合はフィールドはそれぞれ個別の行として表現されます。
 
-==== ページ読み込み時に自動読み上げ ====
+==== ページ読み込み時に自動読み上げ ====[BrowseModeSettingsAutoSayAll]
 このチェックボックスは、ブラウズモード内でページが読み込まれた際にそれを自動で読み上げるかどうかを切り替えます。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 
-==== レイアウト目的のテーブルを区別しない ====
+==== レイアウト目的のテーブルを区別しない ====[BrowseModeSettingsIncludeLayoutTables]
 このオプションはレイアウト目的で使われているテーブルをNVDAがどう扱うかを制御します。
 チェックされている場合、NVDA はレイアウト用のテーブルを普通のテーブルとして扱います。[書式情報 #DocumentFormattingSettings]の設定が使われ、1文字ナビゲーションの移動コマンドが使えます。
 チェックなしの場合、レイアウト用のテーブルは報告されなくなり、1文字ナビゲーションでの移動もできません。
@@ -1417,18 +1435,18 @@
 ==== リンクや見出しなどの読み上げの設定 ====
 リンク、見出し、テーブルといった、移動中に読み上げられるフィールド種別の設定につきましては、[書式情報 #DocumentFormattingSettings]を参照してください。
 
-==== フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード ====
+==== フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード ====[BrowseModeSettingsAutoPassThroughOnFocusChange]
 このオプションは、フォーカスが変化した場合にフォーカスモードに切り替えるかどうかを設定します。
 例えば、このチェックボックスがチェックされている場合に、WebページでTabキーを押してフォームにフォーカスが移動したら、自動的にフォーカスモードに切り替わります。
 
-==== キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード ====
+==== キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード ====[BrowseModeSettingsAutoPassThroughOnCaretMove]
 チェックされている場合、NVDAは矢印キーの移動に応じてフォーカスモードに入ったり、フォーカスモードから出たりします。
 例えば、Webページの中で下矢印キーで読み進んでいてエディットボックスに到達した場合、NVDAは自動的にフォーカスモードを有効にします。もし、上矢印キーを押してエディットボックスから出ると、NVDAはブラウズモードに戻ります。
 
-==== 音によるフォーカスモードとブラウズモード切替の報告 ====
+==== 音によるフォーカスモードとブラウズモード切替の報告 ====[BrowseModeSettingsPassThroughAudioIndication]
 チェックされている場合、NVDAは音声による報告ではなく、特別な音によってフォーカスモードとブラウズモードが切り替えられたことを報告します。
 
-==== ドキュメントでコマンド以外の操作による入力を防止 ====
+==== ドキュメントでコマンド以外の操作による入力を防止 ====[BrowseModeSettingsTrapNonCommandGestures]
 このオプションは既定値でチェックされています。これは、キー入力などのジェスチャーが NVDA のコマンドではなく、アプリの操作としても実行できなかったときに、現在フォーカスのあるドキュメントに文字として入力されてしまうことを防ぐ機能です。
 チェックされている場合は、例えばキーボードから文字 j が入力され、1文字ナビゲーションとしても無効で、アプリの操作としても無効であったときに、ドキュメントにこの j という文字が書き込まれません。
 
@@ -1477,7 +1495,7 @@
 
 設定ダイアログを開かないでこれらの設定を変更したい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-==== カーソル移動後に書式の変化を報告 ====
+==== カーソル移動後に書式の変化を報告 ====[DocumentFormattingDetectFormatAfterCursor]
 チェックされている場合、NVDAの動作が遅くなる可能性があっても、書式のすべての変化を報告します。
 
 初期状態では、NVDAはキャレットおよびレビューカーソルの位置の書式情報と現在の行の書式情報について、NVDAの動作が遅くならない場合に限って変化を報告します。
@@ -1484,7 +1502,7 @@
 
 このオプションは、ワードパッドでの文章校正など、書式情報が重要な場合にチェックしてください。
 
-==== 行インデント ====[lineIndentationOptions]
+==== 行インデント ====[DocumentFormattingSettingsLineIndentation]
 このオプションで、行の先頭のインデントをどのように報告するかを変更できます。
 この「行インデントの報告」はコンボボックスで以下の4つの選択肢があります。
 
@@ -1498,10 +1516,10 @@
 +++ Windows 10 文字認識 +++[Win10OcrSettings]
 このダイアログは NVDA メニューの「設定」にあり [Windows 10 文字認識 #Win10Ocr] の設定ができます。
 
-==== 文字認識の言語 ====
+==== 文字認識の言語 ====[Win10OcrSettingsRecognitionLanguage]
 このコンボボックスで文字認識に使用する言語を選択します。
 
-+++ 読み上げ辞書 +++
++++ 読み上げ辞書 +++[SpeechDictionaries]
 設定メニューの中の読み上げ辞書メニューには、NVDAが特定の単語やフレーズをどのように読み上げるかを設定できるダイアログがあります。
 現在のところ、3種類の読み上げ辞書が用意されています。
 読み上げ辞書:
@@ -1584,7 +1602,7 @@
 
 OK ボタンを押すとすべての変更を保存してダイアログを閉じます。キャンセルを押すと変更は破棄されます。
 
-++ 設定の保存と再読込 ++
+++ 設定の保存と再読込 ++[SavingAndReloading]
 NVDAの設定情報は、NVDAが終了するときに自動的に保存されます。
 ただし「設定」メニューの「一般設定」ダイアログのオプション「終了時に設定情報を保存」をチェックなしにすると、NVDAが終了するときに設定が保存されません。
 設定を手動で保存するには、NVDAメニューの「設定情報の保存」を実行してください。
@@ -1599,7 +1617,7 @@
 | 設定を戻す | NVDA+Ctrl+R | NVDA+Ctrl+R | 1回押すと前回保存された設定に戻します。3回押すと設定をリセットします。 |
 %kc:endInclude
 
-++ 設定プロファイル ++
+++ 設定プロファイル ++[ConfigurationProfiles]
 いろいろな状況に応じて設定を使い分けたいことがあります。
 例えば、編集作業のときはインデントの報告を有効にしたい、校閲のときにはフォント情報の報告を有効にしたい、などです。
 NVDAの設定プロファイルを使うとこのようなことができます。
@@ -1610,7 +1628,7 @@
 設定プロファイルは手動アクティブ化できます。
 また、特定のアプリへの切り替えなどのトリガーによって自動的に設定プロファイルを切り替えることもできます。
 
-+++ 基本的な管理 +++
++++ 基本的な管理 +++[ProfilesBasicManagement]
 NVDAメニュー「設定プロファイル」から設定プロファイルの管理ができます。
 また以下のキーコマンドが有効です:
 %kc:beginInclude
@@ -1626,7 +1644,7 @@
 
 「閉じる」ボタンを押すとダイアログが閉じます。
 
-+++ プロファイルの作成 +++
++++ プロファイルの作成 +++[ProfilesCreating]
 プロファイルを作るには新規のボタンを押してください。
 
 新規プロファイルのダイアログで、プロファイルの名前を入力してください。
@@ -1659,7 +1677,7 @@
 
 「設定プロファイル」ダイアログを閉じるには「閉じる」ボタンを押してください。
 
-+++ プロファイルの編集 +++
++++ プロファイルの編集 +++[ConfigProfileEditing]
 手動アクティブ化のプロファイルにおいては、設定の変更はすべてそのプロファイルに保存されます。
 その他の場合は、設定の変更は、直前にトリガーされたプロファイルに保存されます。
 例えば、メモ帳アプリに対応するプロファイルがあるなら、メモ帳に切り替えると、すべての設定変更の保存先はそのプロファイルになります。
@@ -1667,12 +1685,12 @@
 
 「すべて読み上げ」に対応するプロファイルを編集するには、[手動アクティブ化 #ConfigProfileManual] で選択する必要があります。
 
-+++ すべてのトリガーを一時的に無効化 +++
++++ すべてのトリガーを一時的に無効化 +++[ConfigProfileDisablingTriggers]
 すべてのトリガーを一時的に無効化できると便利な場合もあります。
 例えば、手動アクティブ化や「通常の設定」プロファイルを編集するためには、自動トリガーは作業の妨げになります。
 このようなときには「設定プロファイル」ダイアログの「すべてのトリガーを一時的に無効化」チェックボックスをチェックしてください。
 
-++ 設定プロファイルの保存場所 ++
+++ 設定プロファイルの保存場所 ++[LocationOfConfigurationFiles]
 ポータブル版のNVDAは、すべての設定項目とアドオンを、NVDAの実行ファイルがあるフォルダー内のuserConfigというフォルダーに保存します。
 
 インストール版のNVDAでは、すべての設定項目とアドオンを、Windowsのユーザープロファイル内の特別なフォルダーに保存します。
@@ -1683,15 +1701,15 @@
 通常、この設定ファイルを直接書き換えてはいけません。
 ログオンまたはUAC画面でのNVDAの設定を変更したい場合は、いったん現在起動中のNVDAを使ってログオン画面のNVDA用の設定を作ってから、一般設定ダイアログ内の"現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用する"ボタンを使用して設定をコピーしてください。
 
-+ ツール +
++ ツール +[ExtraTools]
 
-++ ログビューアー ++
+++ ログビューアー ++[LogViewer]
 NVDAメニュー内のツール内にあるログビューアーでは、最後にNVDAを起動したときから現在までに記録されたすべてのログを閲覧できます。
 
 コンテンツを読むだけでなく、ログファイルを保存したり、ビューアーを更新することができるので、ログビューアーを開いた後からも最新の出力を得ることができます。
 これらのオプションは、ビューアーのログメニューから利用できます。
 
-++ スピーチビューアー ++
+++ スピーチビューアー ++[SpeechViewer]
 目の見える開発者や、目の見える聴衆にNVDAのデモを行うときのために、NVDAが現在読み上げているすべてのテキストを表示できるフローティング・ウィンドウがあります。
 
 スピーチビューアーを有効にするには、NVDAメニュー内のツールにある項目、"スピーチビューアー"をチェックしてください。
@@ -1706,7 +1724,7 @@
 
 NVDA メニューを開かないでスピーチビューアーの有効、無効を切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
-++ アドオン マネージャー ++
+++ アドオン マネージャー ++[AddonsManager]
 アドオン マネージャーではNVDAのアドオンパッケージをインストール、削除、有効化、または無効化できます。NVDAメニューの「ツール」「アドオン マネージャー」から実行できます。
 これらのアドオン パッケージはコミュニティによって提供されます。NVDAの機能を追加・変更するアドオンや、点字ディスプレイや音声合成エンジンのドライバーを追加するアドオンがあります。
 
@@ -1748,11 +1766,11 @@
 
 NVDA メニューを開かないでアドオンマネージャーを直接開きたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
-++ Pythonコンソール ++
+++ Pythonコンソール ++[PythonConsole]
 NVDAメニュー内のツールにあるPythonコンソールは開発用のツールで、デバッグや一般的なNVDA内部の動作検証、アプリのアクセシビリティ階層構造の検査などに使用できます。
 詳細は、[NVDA 開発者ガイド https://www.nvaccess.org/files/nvda/documentation/developerGuide.html]を参照してください。
 
-++ プラグインの再読み込み ++
+++ プラグインの再読み込み ++[ReloadPlugins]
 この項目を実行すると、アプリモジュールとグローバルプラグインをNVDAを再起動することなく再読み込みできます。これは開発者にとって便利です。
 
 + サポートされている音声エンジン +[SupportedSpeechSynths]
@@ -1759,7 +1777,7 @@
 この章では、NVDAでサポートされている音声エンジンについて述べます。
 NVDAで利用可能な無料及び有料の音声エンジンの購入及びダウンロード方法の詳細については、[extra voices page https://github.com/nvaccess/nvda/wiki/ExtraVoices]を参照してください。
 
-++ eSpeak NG ++
+++ eSpeak NG ++[eSpeakNG]
 音声エンジン[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]はNVDAに内蔵されているので、追加のドライバーやコンポーネントをインストールする必要はありません。
 NVDAは初期状態で、この eSpeak NG を使用して起動します。
 この音声エンジンはNVDAに同梱されているので、別のシステム上でUSBメモリーからNVDAを実行するときには良い選択です。
@@ -1769,7 +1787,7 @@
 
 また、音質の代替として、多くの声色を選択できます。
 
-++ Microsoft Speech API バージョン 4 (SAPI 4) ++
+++ Microsoft Speech API バージョン 4 (SAPI 4) ++[SAPI4]
 SAPI 4 は、Microsoftの古い音声エンジン向けの標準規格です。
 NVDA は SAPI 4 に対応しており、インストールされている SAPI 4 音声エンジンがあれば利用できます。
 しかし Microsoft はこの技術をもうサポートしていません。現在は必要なコンポーネントの配布が終了しています。
@@ -1776,12 +1794,12 @@
 
 NVDA の音声エンジン設定で SAPI 4 を選択すると「音声」の選択肢にはインストールされているすべての SAPI 4 音声エンジンの利用可能な音声が追加されます(これは [音声設定ダイアログ #VoiceSettings] または [簡単音声設定 #SynthSettingsRing] で選択可能です)。
 
-++ Microsoft Speech API バージョン 5 (SAPI 5) ++
+++ Microsoft Speech API バージョン 5 (SAPI 5) ++[SAPI5]
 SAPI 5はMicrosoftの音声エンジン向けの標準規格です。
 この規格に対応した多くの音声エンジンは、複数のメーカーやWebサイトから購入もしくは無料で入手できる他、少なくともひとつ以上の音声がすでにシステムにプリインストールされています。
 NVDAでこの規格を使用する場合、利用可能な音声 ([音声設定 #VoiceSettings]や[簡単音声設定 #SynthSettingsRing]からアクセスできます) には、システムにインストールされていて利用可能なすべてのSAPI 5用の音声が含まれています。
 
-++ Microsoft Speech Platform ++
+++ Microsoft Speech Platform ++[MicrosoftSpeechPlatform]
 Microsoft Speech Platformでは、通常はサーバーベースの読み上げアプリ開発に使用されるような多くの言語の音声が提供されています。
 これらの音声はNVDAでも使用できます。
 
@@ -1794,7 +1812,7 @@
  -
 -
 
-++ Windows OneCore 音声 ++
+++ Windows OneCore 音声 ++[OneCore]
 Windows 10 では OneCore あるいは「モバイル」という名前の新しい音声が利用できます。
 これらの音声は多くの言語で利用でき、従来の Speech API バージョン5の音声と比べて軽快に動作します。
 
@@ -1805,7 +1823,7 @@
 これらは Windows の側で対応されるべき課題です。
 将来の Windows Update で解決されることを期待しています。
 
-++ Audiologic Tts3 ++
+++ Audiologic Tts3 ++[Audiologic]
 これは、イタリア語向けの商用音声エンジンです。
 この音声エンジンをNVDAで使用するには、システムにインストールする必要があります。
 詳細については、Audiologic社のWebサイト、www.audiologic.itを参照してください。
@@ -1812,7 +1830,7 @@
 
 この音声エンジンは、[スペル読み機能 #VoiceSpellingFunctionality]をサポートしていません。
 
-++ Nuance Vocalizer for NVDA ++
+++ Nuance Vocalizer for NVDA ++[Vocalizer]
 Nuance Vocalizer はニュアンス・コミュニケーションズ社の商用の高品質音声エンジンです。Tiflotecnia, Lda はこのエンジンをNVDA用のパッケージにしました。
 このエンジンには50以上の音声を追加でき、30以上の言語を合成できます。
 音声エンジンと追加の音声はNVDAのアドオンとして提供され、ポータブル版のNVDAでもすべての機能を使用できます。
@@ -1823,7 +1841,7 @@
 + サポートされている点字ディスプレイ +[SupportedBrailleDisplays]
 この章では、NVDAでサポートされている点字ディスプレイについて述べます。
 
-++ Freedom Scientific社製Focus/PAC Mateシリーズ ++
+++ Freedom Scientific社製Focus/PAC Mateシリーズ ++[FreedomScientificFocus]
 すべてのUSBまたはbluetooth接続された[Freedom Scientific http://www.freedomscientific.com/]社製のFocus及びPAC Mateディスプレイをサポートしています。
 使用するには、Freedom Scientific社製の点字ディスプレイ用ドライバーが必要です。
 お持ちでない場合は、 http://www2.freedomscientific.com/downloads/focus-40-blue/focus-40-14-blue-downloads.asp から入手できます。
@@ -1882,7 +1900,7 @@
 | 点字表示を前にスクロール | 左バンパーバー下, 右バンパーバー下 |
 %kc:endInclude
 
-++ Optelec社製 ALVA BC640/680 ++
+++ Optelec社製 ALVA BC640/680 ++[OptelecALVA]
 USBまたはbluetooth接続された[Optelec http://www.optelec.com/]社製のALVA BC640及びBC680ディスプレイの両方をサポートします。
 これらのディスプレイを使用するために、特別なドライバーは必要ありません。
 ディスプレイを接続して、NVDAでそれが使用できるように設定するだけです。
@@ -1926,7 +1944,7 @@
 | Endキー | t3+spRight |
 %kc:endInclude
 
-++ Handy Tech社製ディスプレイ ++
+++ Handy Tech社製ディスプレイ ++[HandyTech]
 USB、シリアルポート、Bluetoothで接続できる多くの[Handy Tech http://www.handytech.de/]社製ディスプレイをサポートしています。
 古いUSB接続のディスプレイを使用する場合は、Handy Tech社からUSBドライバーを入手してインストールする必要があります。
 
@@ -1960,7 +1978,7 @@
 | 点字入力の切替 | スペース+B1+B3+B4 (スペース+大文字 B) |
 %kc:endInclude
 
-++ MDV Lilli ++
+++ MDV Lilli ++[MDVLilli]
 [MDV http://www.mdvbologna.it/]社製のLilliディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイを使用するために、特別なドライバーは必要ありません。
 ディスプレイを接続して、NVDAでそれが使用できるように設定するだけです。
@@ -1980,7 +1998,7 @@
 | Alt+Shift+Tabキー | SUP |
 %kc:endInclude
 
-++ Baum/Humanware/APH/Orbit 点字ディスプレイ ++
+++ Baum/Humanware/APH/Orbit 点字ディスプレイ ++[Baum]
 USB, Bluetooth またはシリアルポートで接続される[Baum http://www.baum.de/cms/en/]、[HumanWare http://www.humanware.com/]、[APH http://www.aph.org/]および[Orbit http://www.orbitresearch.com/]の点字ディスプレイをサポートしています。
 サポートしているディスプレイには以下のものが含まれます。
 - Baum: SuperVario, PocketVario, VarioUltra, Pronto!, SuperVario2, Vario 340
@@ -2016,7 +2034,7 @@
 | Enterキー | select |
 %kc:endInclude
 
-++ hedo ProfiLine USB ++
+++ hedo ProfiLine USB ++[HedoProfiLine]
 [hedo Reha-Technik http://www.hedo.de/]製のhedo ProfiLine USBに対応しました。
 最初に、製造元から提供されているUSBドライバーをインストールする必要があります。
 
@@ -2033,7 +2051,7 @@
 | すべて読み上げ | B6 |
 %kc:endInclude
 
-++ hedo MobilLine USB ++
+++ hedo MobilLine USB ++[HedoMobilLine]
 [hedo Reha-Technik http://www.hedo.de/]製のhedo MobilLine USBがサポートされました。
 最初に、製造元から提供されているUSBドライバーをインストールする必要があります。
 
@@ -2050,7 +2068,7 @@
 | すべて読み上げ | B6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HumanWare製Brailliant BI/Bシリーズ ++
+++ HumanWare製Brailliant BI/Bシリーズ ++[HumanWareBrailliant]
 USBまたはBluetooth接続された[HumanWare http://www.humanware.com/]製の BI 32、BI 40及びB 80を含むBrailliant BI及びBシリーズディスプレイがサポートされました。
 USB接続で HumanWare プロトコルを使用する場合は、事前に製造元から提供されたUSBドライバーをインストールする必要があります。
 プロトコルとして OpenBraille を使用する場合は USB ドライバーは不要です。
@@ -2081,79 +2099,79 @@
 | すべて読み上げ | c1+c2+c3+c4+c5+c6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle シリーズ ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
+++ HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille Series ++
+NVDA supports Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle and Sync Braille displays from [Hims http://www.hims-inc.com/] when connected via USB or bluetooth.
 USB 接続のときは HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-ダウンロード: http://www.himsintl.com/?c=2/13&uid=2319
+You can download these from here: http://www.himsintl.com/upload/HIMS_USB_Driver_v25.zip
 
 NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
 キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字表示を前の行に移動 | 左側のスクロール上 |
-| 点字表示を次の行に移動 | 右側のスクロール上 |
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
+| Scroll braille display back | leftSideScrollUp, rightSideScrollUp, leftSideScroll |
+| Scroll braille display forward | leftSideScrollDown, rightSideScrollDown, rightSideScroll |
+| Move braille display to previous line | leftSideScrollUp+rightSideScrollUp |
+| Move braille display to next line | leftSideScrollDown+rightSideScrollDown |
+| Move to previous line in review | rightSideUpArrow |
+| Move to next line in review | rightSideDownArrow |
+| Move to previous character in review | rightSideLeftArrow |
+| Move to next character in review | rightSideRightArrow |
+| Move to current focus | leftSideScrollUp+leftSideScrollDown, rightSideScrollUp+rightSideScrollDown, leftSideScroll+rightSideScroll |
+| control key | smartbeetle:f1, brailleedge:f3 |
+| windows key | f7, smartbeetle:f2 |
+| alt key | dot1+dot3+dot4+space, f2, smartbeetle:f3, brailleedge:f4 |
+| shift key | f5 |
+| insert key | dot2+dot4+space, f6 |
+| applications key | dot1+dot2+dot3+dot4+space, f8 |
+| capsLock key | dot1+dot3+dot6+space |
+| tab key | dot4+dot5+space, f3, brailleedge:f2 |
+| shift+alt+tab key | f2+f3+f1 |
+| alt+tab key | f2+f3 |
 | Shift+Tab キー | 1の点+2の点+スペース |
-| Alt キー | 1の点+3の点+4の点+スペース |
-| エスケープキー | 1の点+5の点+スペース |
-| Tab キー | 4の点+5の点+スペース |
-| 上矢印キー | 1の点+スペース |
-| 下矢印キー | 4の点+スペース |
-| CapsLock | 1の点+3の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+Tab キー | F2+F3+F1 |
-| Alt+tab キー | F2+F3 |
 | End キー | 4の点+6の点+スペース |
-| Control+End キー | 4の点+5の点+6の点+スペース |
-| Home キー | 1の点+3の点+スペース |
+| control+end key | dot4+dot5+dot6+space |
+| home key | dot1+dot3+space, smartbeetle:f4 |
 | Control+Home キー | 1の点+2の点+3の点+スペース |
-| 左矢印 キー | 3の点+スペース |
-| Control+Shift+左矢印 キー | 2の点+8の点+スペース+F1 |
+| alt+f4 key | dot1+dot3+dot5+dot6+space |
+| leftArrow key | dot3+space, leftSideLeftArrow |
+| control+shift+leftArrow key | dot2+dot8+space+f1 |
 | Control+左矢印 キー | 2の点+スペース |
-| Shift+Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+leftArrow key | dot2+dot7+f1 |
 | Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点 |
-| 右矢印 キー | 6の点+スペース |
-| Control+Shift+右矢印 キー | 5の点+8の点+スペース+F1 |
+| rightArrow key | dot6+space, leftSideRightArrow |
+| control+shift+rightArrow key | dot5+dot8+space+f1 |
 | Control+右矢印 キー | 5の点+スペース |
-| Shift+Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+rightArrow key | dot5+dot7+f1 |
 | Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点 |
 | PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+スペース |
 | Control+PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+上矢印 キー | 2の点+3の点+8の点+スペース+F1 |
+| upArrow key | dot1+space, leftSideUpArrow |
+| control+shift+upArrow key | dot2+dot3+dot8+space+f1 |
 | Control+上矢印 キー | 2の点+3の点+スペース |
-| Shift+Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+upArrow key | dot2+dot3+dot7+f1 |
 | Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点 |
-| Shift+上矢印 キー | 左側のスクロール下 + スペース |
+| shift+upArrow key | leftSideScrollDown+space |
 | PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+スペース |
-| Control+PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+下矢印 キー | 5の点+6の点+8の点+スペース+F1 |
+| control+pageDown key | dot3+dot4+dot5+dot8+space |
+| downArrow key | dot4+space, leftSideDownArrow |
+| control+shift+downArrow key | dot5+dot6+dot8+space+f1 |
 | Control+下矢印 キー | 5の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+downArrow key | dot5+dot6+dot7+f1 |
 | Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点 |
-| Shift+下矢印 キー | 右側のスクロール下 + スペース |
-| Delete キー | 1の点+3の点+5の点+スペース |
+| shift+downArrow key | space+rightSideScrollDown |
+| escape key | dot1+dot5+space, f4, brailleedge:f1 |
+| delete key | dot1+dot3+dot5+space, dot1+dot4+dot5+space |
 | F1 キー | 1の点+2の点+5の点+スペース |
 | F3 キー | 1の点+2の点+4の点+8の点 |
-| F4 キー | 7の点+F3 |
-| Windows+B キー | 1の点+2の点+F1 |
-| Windows+D キー | 1の点+4の点+5の点+F1 |
+| f4 key | dot7+f3 |
+| windows+b key | dot1+dot2+f1 |
+| windows+d key | dot1+dot4+dot5+f1 |
+| control+insert key | smartbeetle:f1+rightSideScroll |
+| alt+insert key | smartbeetle:f3+rightSideScroll |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 SyncBraille ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の SyncBraille ディスプレイを NVDA で利用できます。
-HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-
-NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
-キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
-%kc:beginInclude
-|| 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字セルに移動 | タッチカーソル |
-%kc:endInclude
-
-++ 清華 点字ディスプレイ ++
+++ 清華 点字ディスプレイ ++[Seika]
 [日本テレソフト http://www.nippontelesoft.com/] 社の 清華バージョン3, 4 および 5 (40セル) および 清華80 (80セル) 点字ディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイの情報は http://www.seika-braille.com/ を参照してください。
 製造者が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
@@ -2175,7 +2193,7 @@
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
 %kc:endInclude
 
-++ Papenmeier BRAILLEX 新型機種 ++
+++ Papenmeier BRAILLEX 新型機種 ++[Papenmeier]
 次の点字ディスプレイをサポートしています:
 - BRAILLEX EL 40c, EL 80c, EL 20c, EL 60c (USB)
 - BRAILLEX EL 40s, EL 80s, EL 2d80s, EL 70s, EL 66s (USB)
@@ -2256,7 +2274,7 @@
 | tab キー | スペース+3 7の点 |
 %kc:endInclude 
 
-++ Papenmeier BRAILLEX 旧機種 ++
+++ Papenmeier BRAILLEX 旧機種 ++[PapenmeierOld]
 次の点字ディスプレイをサポートしています:
 - BRAILLEX EL 80, EL 2D-80, EL 40 P
 - BRAILLEX Tiny, 2D Screen
@@ -2339,7 +2357,7 @@
 | 前のオブジェクトに移動 | right2 |
 %kc:endInclude
 
-++ HumanWare BrailleNote ++
+++ HumanWare BrailleNote ++[HumanWareBrailleNote]
 NVDA は [Humanware http://www.humanware.com] の BrailleNote ノートテイカーに対応しており、スクリーンリーダーのための点字ディスプレイ端末として使うことができます。
 次の機種に対応しています:
 - BrailleNote Classic (シリアル接続のみ)
@@ -2387,7 +2405,7 @@
 | 入力ヘルプの切替 | スペース+2の点+3の点+6の点 (スペース+小文字h) |
 %kc:endInclude
 
-++ EcoBraille ++
+++ EcoBraille ++[EcoBraille]
 NVDA は [ONCE http://www.once.es/] の EcoBraille ディスプレイに対応しています。
 次の機種に対応しています:
 - EcoBraille 20
@@ -2422,7 +2440,7 @@
 | 点字表示モードの切替 | A |
 %kc:endInclude
 
-++ SuperBraille ++
+++ SuperBraille ++[SuperBraille]
 SuperBraille は主に台湾で利用されている機器で、USB またはシリアルで接続できます。
 SuperBraille には物理的なキーやスクロールボタンがないため、入力は PC のキーボードで行います。
 台湾で利用される他のスクリーンリーダーとの互換性を考慮して、点字ディスプレイのスクロールのために以下のキー操作が割り当てられています:
@@ -2432,7 +2450,7 @@
 | 点字表示を前にスクロール | テンキーのマイナス | 
 %kc:endInclude
 
-++ BRLTTY ++
+++ BRLTTY ++[BRLTTY]
 [BRLTTY http://www.brltty.com/]を使うとNVDAをより多くの点字ディスプレイに対応させることができます。
 使用するには、[BRLTTY for Windows http://www.brltty.com/download.html]をインストールする必要があります。
 最新のパッケージ、例えばbrltty-win-4.2-2.exeのような名前のものをダウンロードしてインストールしてください。
@@ -2452,7 +2470,7 @@
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル (カーソルを文字に移動) |
 %kc:endInclude
 
-+ 高度なトピック +
++ 高度なトピック +[AdvancedTopics]
 
 ++ コマンドラインオプション ++[CommandLineOptions]
 NVDA の実行ファイルにコマンドラインオプションをつけて実行すると、NVDA の動作を変更することができます。
@@ -2510,7 +2528,7 @@
 | configInLocalAppData | DWORD | 0(既定)で無効, 1で有効 | 有効にするとNVDAのユーザー設定をローミング設定フォルダではなくローカル設定フォルダに保存 |
 | serviceDebug | DWORD | 0(既定)で無効, 1で有効 | 有効にするとセキュアデスクトップでセキュアモードを使用しません。セキュアデスクトップでPythonコンソールやログビューアが有効になります。セキュリティに関する問題が強く懸念されるためこのオプションの利用は非推奨 |
 
-+ さらに詳細な情報 +
++ さらに詳細な情報 +[FurtherInformation]
 NVDAに関して、さらに詳細な情報や助けが必要な場合は、NVDAのサイト、NVDA_URLを参照してください。
 ここには追加のドキュメント、そして技術サポートやコミュニティーのリソースがあります。
 また、NVDA開発に関する情報やリソースも提供しています。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 4, 2018

14375 まで差分を取り込んで未翻訳の状態。
といいつつもサポートしている言語のところは翻訳して入れてある。
このタイミングだと string freeze を待って作業するか。。

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 38639)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -7,7 +7,7 @@
 = 目次 =[toc]
 %%toc
 
-+ はじめに +
++ はじめに +[Introduction]
 NVDAにようこそ!
 
 NonVisual Desktop Access (NVDA) は、Microsoft Windowsオペレーティングシステム用の無料でオープンソースのスクリーンリーダーです。
@@ -14,7 +14,7 @@
 NVDAによって視覚障害者は、合成音声や点字によるフィードバックを通して、Windowsコンピューターを晴眼者と同じコストで使えるようになります。
 NVDAは、コミュニティーの援助により[NV Access https://www.nvaccess.org/]が開発しました。
 
-++ 一般的な機能 ++
+++ 一般的な機能 ++[GeneralFeatures]
 NVDAによって視覚障害者は、Windowsオペレーティングシステムやサードパーティー製のアプリを使えるようになります。
 
 NVDAの主な特徴は以下の通りです。
@@ -22,21 +22,22 @@
 - 80以上の言語に対応した音声エンジンを同梱
 - 利用可能な場合、フォント名、サイズ、スタイル及びスペルミスといった書式情報を報告可能
 - マウスカーソル位置のテキスト自動読み上げと、音によりマウスカーソルの位置を報告できるオプション
-- 数多くの点字ディスプレイのサポートと、点字ディスプレイに点字入力キーがある場合のコンピューター点字の入力
+- Support for many refreshable braille displays, including braille input on braille displays with a braille keyboard
 - インストールなしでUSBメモリーや他の携帯型メディアから実行が可能
 - 簡単に利用できるトーキングインストーラー
-- 51ヶ国語への翻訳
+- 52ヶ国語への翻訳
 - 32ビット版および64ビット版の最新のWindowsへの対応
 - Windowsのログオン及びその他のセキュアスクリーンでの動作
+- Announcing controls and text while using touch gestures
 - Microsoft Active Accessibility、Java Access Bridge、IAccessible2及びUI Automationといった一般的なアクセシビリティインターフェースのサポート (UI AutomationはWindows 7及びそれ以降でのみサポートされています)
 - Windowsのコマンドプロンプトやコンソールアプリのサポート
 -
 
-++ 国際化 ++
+++ 国際化 ++[Internationalization]
 世界中の誰もが、話している言語に関わらず、等しくテクノロジーにアクセスできるということが重要です。
-NVDAは現在、英語以外の51ヶ国語に翻訳されています: アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アラビア語、アラゴン方言(スペイン語)、ブラジルポルトガル語、ブルガリア語、ビルマ語、カタルーニャ語、コロンビア国のスペイン語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、ファルシ(ペルシア)語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、グルジア語、ドイツ語、ギリシア語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、アイルランド語、イタリア語、日本語、カンナダ語、韓国語、リトアニア語、マケドニア語、ネパール語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、パンジャーブ語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タミル語、タイ語、中国語 (繁体字) 、中国語 (簡体字) 、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語。
+NVDAは現在、英語以外の52ヶ国語に翻訳されています: アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アラビア語、アラゴン方言(スペイン語)、ブラジルポルトガル語、ブルガリア語、ビルマ語、カタルーニャ語、コロンビア国のスペイン語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、ファルシ(ペルシア)語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、グルジア語、ドイツ語、ギリシア語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、アイルランド語、イタリア語、日本語、カンナダ語、韓国語、キルギス語、リトアニア語、マケドニア語、ネパール語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、パンジャーブ語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タミル語、タイ語、中国語 (繁体字) 、中国語 (簡体字) 、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語。
 
-++ 音声合成サポート ++
+++ 音声合成サポート ++[SpeechSynthesizerSupport]
 メッセージやインターフェースを複数の言語で提供できるだけでなく、使用したい言語に対応した音声エンジンがある場合、NVDAではどんな言語のコンテンツも読ませることができます。
 
 NVDAは、無料でオープンソースの多言語対応音声エンジンである[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]を搭載しています。
@@ -43,7 +44,7 @@
 
 NVDAでサポートしているその他の音声エンジンについては[サポートされている音声エンジン #SupportedSpeechSynths]セクションを参照してください。
 
-++ 点字ディスプレイサポート ++
+++ 点字ディスプレイサポート ++[BrailleSupport]
 点字ディスプレイがあれば、NVDAは情報を点字で出力することができます。
 点字ディスプレイからの1級点字および2級点字の文字入力にも対応しています。
 詳細は[サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays]を参照してください。
@@ -50,7 +51,7 @@
 
 NVDAでは、多くの言語の点字コードをサポートしており、その多くは、略字、標準点字及びコンピューター点字にも対応しています。
 
-++ ライセンスと著作権 ++
+++ ライセンスと著作権 ++[LicenseAndCopyright]
 NVDA is copyright NVDA_COPYRIGHT_YEARS NVDA contributors.
 
 NVDAはGNU 一般公衆利用許諾契約書 (Version 2) によって保護されています。
@@ -58,7 +59,7 @@
 この規定は、オリジナルのソフトウェアと改良版を含むソフトウェアのコピー、さらにその派生物にも適用されます。
 本ライセンスについての詳細は、[オンライン http://www.gnu.org/licenses/old-licenses/gpl-2.0.html]で確認してください。
 
-+ システム要件 +
++ システム要件 +[SystemRequirements]
 - オペレーティングシステム: 32ビット版と64ビット版の Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10 および Windows Server 2008 R2 以降のサーバー用オペレーティングシステム
  - Windows 7 はサービスパック1以降に対応
  - Windows Server 2008 R2 はサービスパック1以降に対応
@@ -67,7 +68,7 @@
 - 90MB程度のディスク空き容量
 -
 
-+ NVDAの入手と設定 +
++ NVDAの入手と設定 +[GettingAndSettingUpNVDA]
 まだNVDAを入手していない場合は、[www.nvaccess.org NVDA_URL]からダウンロードしてください。
 
 ダウンロードのページに移動して、NVDAの最新版をダウンロードするためのリンクを選んでください。
@@ -86,7 +87,7 @@
   
 もうひとつの選択肢である「動作を継続する」は、デモンストレーションには役立つでしょう。しかし、ダウンロードパッケージを使う方法は、NVDAの起動にとても時間がかかります。
 
-++ ポータブル版と一時的な実行の制約 ++
+++ ポータブル版と一時的な実行の制約 ++[PortableAndTemporaryCopyRestrictions]
 NVDAのポータブル版およびインストーラーでの一時的な実行では、ログオン画面の読み上げやログオン後の自動起動ができませんが、その他に以下の制約があります:
 - 管理者権限で実行しているアプリを操作できません。NVDA 自身を管理者権限で実行することでこの制約を回避できますが、推奨できません。
 - 管理者権限が必要なアプリを起動しようとしたときに表示されるユーザーアカウント制御(UAC)の画面を操作できません。
@@ -95,7 +96,7 @@
 - Windows 8 およびそれ以降: 音のダッキングを利用できません。
 -
 
-++ NVDAのインストール ++
+++ NVDAのインストール ++[InstallingNVDA]
 NVDAのダウンロードパッケージから直接NVDAをインストールする場合は、「NVDAをインストールする」ボタンを押してください。
 最初のダイアログを閉じてしまった場合や、ポータブル版からインストールしたい場合は、NVDAメニューの「ツール」から「NVDAをインストール」のメニュー項目を選択してください。
 
@@ -105,20 +106,20 @@
 インストールが完了すると、インストールが成功したというメッセージが表示されます。
 ここで「OK」を押すと、NVDAが再起動され、新しくインストールされたバージョンが実行されます。
 
-+++ Windowsのログオン画面でNVDAを使用 +++
++++ Windowsのログオン画面でNVDAを使用 +++[StartAtWindowsLogon]
 このオプションを有効にすると、Windowsのログオン画面でパスワードを入力する前にNVDAが自動的に起動します。
 またこのオプションにより、ユーザーアカウント制御(UAC)などのセキュリティ画面でもNVDAが有効になります。
 
-+++ デスクトップにアイコンとショートカットキー(Ctrl+Alt+N)を作成 +++
++++ デスクトップにアイコンとショートカットキー(Ctrl+Alt+N)を作成 +++[CreateDesktopShortcut]
 このオプションにより、デスクトップにNVDAを起動するためショートカットを作るかどうかを選択できます。
 ショートカットを作ると、キーボードでCtrl+Alt+Nを押すことでもNVDAを起動できるようになります。
 
-+++ ポータブル版の設定を現在のユーザーアカウントにコピー +++
++++ ポータブル版の設定を現在のユーザーアカウントにコピー +++[CopyPortableConfigurationToCurrentUserAccount]
 このオプションにより、現在実行しているNVDAの設定を、新しくインストールされたNVDAの設定として使えるように、ログオン中のユーザーアカウントにコピーするかどうかを選択できます。
 システムに作られている他のユーザーやログオン画面で使われるシステムの環境には、この設定はコピーされません。
 この設定はポータブル版からインストールを行う場合にだけ有効です。ダウンロードパッケージから直接インストールする場合にも使用できません。
 
-++ ポータブル版の作成 ++
+++ ポータブル版の作成 ++[CreatingAPortableCopy]
 NVDAのダウンロードパッケージから直接ポータブル版を作成する場合は「ポータブル版を作成」ボタンを押してください。
 最初のダイアログを閉じてしまった場合や、NVDAをインストールされた環境で実行している場合は、NVDAメニューの「ツール」から「ポータブル版を作成」のメニュー項目を選択してください。
 
@@ -130,9 +131,9 @@
 作成が完了すると、作成に成功したというメッセージが表示されます。
 ここで「OK」を押してダイアログを閉じてください。
 
-+ NVDA入門 +
++ NVDA入門 +[GettingStartedWithNVDA]
 
-++ NVDAの起動 ++
+++ NVDAの起動 ++[LaunchingNVDA]
 インストーラーでNVDAをインストールした場合、ショートカットキーCtrl+Alt+Nを押すか、スタートメニュー「プログラム」にあるNVDAのグループから「NVDA」を選択することで起動します。
 また、「ファイル名を指定して実行」ダイアログに、NVDAと入力してEnterキーを押すことでも実行できます。
 NVDAの実行ファイルに [コマンドラインオプション #CommandLineOptions] をつけて実行することもできます。NVDAの再起動(-r), 終了(-q), アドオンの無効化(--disable-addons)などです。
@@ -150,6 +151,7 @@
 何も聞こえないか、Windowsエラー音または下り調子の音が聞こえた場合、NVDAにエラーが起こっています。エラーをNVDA開発者に報告して頂けると助かります。
 方法については、NVDAのWebサイトを参照してください。
 
++++ Welcome Dialog +++[WelcomeDialog]
 NVDAを初めて起動すると、NVDA制御キーの代替キーとNVDAメニューに関する基本情報を表示するダイアログボックスが表示されます。
 これらについては、この後の説明を参照してください。
 ダイアログボックスには1個のコンボボックスと3個のチェックボックスがあります。
@@ -158,9 +160,9 @@
 2番目は「Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始」の設定です。これはインストールされたNVDAだけで有効です。
 3番目は「NVDA起動時にこのダイアログを表示」の設定です。
 
-++ NVDAのキーボードコマンド ++
+++ NVDAのキーボードコマンド ++[AboutNVDAKeyboardCommands]
 
-+++ NVDA制御キー +++
++++ NVDA制御キー +++[TheNVDAModifierKey]
 NVDAを制御するキーボードコマンドは、NVDA制御キーとよばれる特別なキーと、他の1個または複数のキーの組み合わせです。
 ただし、デスクトップ配列におけるテキストレビューのコマンドで、テンキーを単独で使うことがあります。この他にもいくつか、例外的に NVDA 制御キーを使わないコマンドがあります。
 
@@ -169,7 +171,7 @@
 
 いずれかのNVDA制御キーを本来のそのキーとして使用したい場合 (例えばInsertキーをNVDA制御キーとして使用しているときに挿入と上書きのモードを切り替えたい場合) は、そのキーを素早く2回押してください。
 
-+++ キーボード配列 +++
++++ キーボード配列 +++[KeyboardLayouts]
 現在、NVDAにはデスクトップ配列とラップトップ配列の2種類のキーボード配列(レイアウト)があります。
 初期状態のNVDAはデスクトップ配列に設定されています。NVDAメニュー内のキーボード設定からラップトップ配列に変更できます。
 
@@ -177,17 +179,17 @@
 ノート型コンピューターで物理的なテンキーがなくても、FNキーを押しながらキーボードの右側にあるキーを押すことでテンキーの代わりに使える場合もあります (7 8 9 U I O J K L等のキーを使用) 。
 お使いのコンピューターでテンキーがまったく使えない場合や、NumLockをオフにできない場合は、ラップトップ配列に変更するとよいでしょう。
 
-++ NVDA タッチジェスチャー ++
+++ NVDA タッチジェスチャー ++[NVDATouchGestures]
 NVDAをタッチ画面付きコンピューターとWindows 8以降で実行しているときには、NVDAをタッチ画面で直接操作できます。
 NVDAが動作している間は、すべてのタッチ入力はNVDAに送られます。
 つまり、NVDAが動いていないときに実行されていた、通常のアクションは使えなくなります。
 
-+++ 画面の探索 +++
++++ 画面の探索 +++[ExploringTheScreen]
 タッチ画面による操作の基本は、画面を触ったときにその場所のコントロールや文字を報告する機能です。
 この機能を使うには、画面の中の調べたい場所を1本指でタッチしてください。
 画面をタッチしたままで指を移動させていくと、指がコントロールや文字の上を通過するときに報告されます。
 
-+++ タッチジェスチャー +++
++++ タッチジェスチャー +++[TouchGestures]
 このユーザーガイドではNVDAのいろいろなコマンドを説明しますが、タッチ画面でコマンドを実行するジェスチャーが、リストに含まれることがあります。
 ここではタッチ画面でのジェスチャーの操作について説明します。
 
@@ -210,7 +212,7 @@
 タップと同様に、複数の指による操作もジェスチャーとして使われます。
 2本指上フリック、4本指左フリックなどがあり得るということです。
 
-+++ タッチモード +++
++++ タッチモード +++[TouchModes]
 NVDAのコマンドはタッチジェスチャーで区別できる操作よりも多いので、NVDAでは複数のタッチモードを切りかえます。そして、モードごとにコマンドを使いわけます。
 タッチモードはテキストモードとオブジェクトモードの2種類です。
 このガイドで説明するNVDAコマンドには、ジェスチャーの種類のあとにカッコの中にタッチモードが書かれているものがあります。
@@ -221,7 +223,16 @@
 タッチモードのトグル切り替えをするには、3本指タップします。
 %kc:endInclude
 
-++ 入力ヘルプモード ++
++++ Touch keyboard +++[TouchKeyboard]
+The touch keyboard is used to enter text and commands from a touchscreen.
+When focused on an edit field, you can bring up the touch keyboard by double-tapping the touch keyboard icon on the bottom of the screen.
+For tablets such as Microsoft Surface Pro, the touch keyboard is always available when the keyboard is undocked.
+To dismiss the touch keyboard, double-tap the touch keyboard icon or move away from the edit field.
+
+While the touch keyboard is active, to locate keys on the touch keyboard, move your finger to where the touch keyboard is located (typically at the bottom of the screen), then move around the keyboard with one finger.
+When you find the key you wish to press, double-tap the key or lift your finger, depending on options chosen from [Touch Interaction Settings dialog #TouchInteraction].
+
+++ 入力ヘルプモード ++[InputHelpMode]
 このユーザーガイドを通じて、多くのキー操作とタッチコマンドを説明しますが、入力ヘルプモードは、さまざまなコマンドをさがす手軽な方法です。
 
 入力ヘルプを開始するには NVDA+1 を押します。
@@ -229,7 +240,7 @@
 入力ヘルプモードでは、入力ジェスチャーの操作(キーを押す、またはタッチジェスチャーを実行すること)を報告して、(何か機能が割り当てられていれば)その操作に割り当てられたコマンドを説明します。
 入力ヘルプモードでは実際のコマンドは実行されません。
 
-++ NVDAメニュー ++
+++ NVDAメニュー ++[TheNVDAMenu]
 NVDAメニューでは、NVDAの設定変更、ヘルプへのアクセス、設定情報の保存/読み込み、読み上げ辞書の編集、その他の追加のツールの使用、NVDAの終了ができます。
 
 NVDA実行中に、Windowsの任意の状態からNVDAメニューを開くには、NVDA+Nを押すか、タッチスクリーンで2本指の2回タップをします。
@@ -237,7 +248,7 @@
 アイコンをマウスで右クリックする方法と、Windowsキー+Bを押してシステムトレイに移動し、矢印キーでNVDAアイコンを選択してアプリケーションキーを押す方法のどちらも利用できます。
 メニューが開いたら、矢印キーでメニュー項目間を移動し、Enterキーで項目を開くことができます。
 
-++ 基本的なNVDAコマンド ++
+++ 基本的なNVDAコマンド ++[BasicNVDACommands]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | デスクトップ用キー | ラップトップ用キー | タッチ | 説明 |
 | 読み上げ停止 | Ctrl | Ctrl | 2本指タップ | 読み上げを停止します。 |
@@ -250,7 +261,7 @@
 | アプリごとのスリープモードの切り替え | NVDA+Shift+S | NVDA+Shift+Z | なし | スリープモードは現在のアプリに対してすべてのNVDAコマンド、音声読み上げ及び点字出力を無効にします。これは、独自の読み上げ機能や画面読み上げ機能を提供できるアプリ使用時に便利です。もう一度このコマンドを押すとスリープモードはオフになります。 |
 %kc:endInclude
 
-++ システム情報の報告 ++
+++ システム情報の報告 ++[ReportingSystemInformation]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 日付と時刻の報告 | NVDA+F12 | 1回押すと時刻を報告し、2回押すと日付を報告します。 |
@@ -258,7 +269,7 @@
 | クリップボードテキストの報告 | NVDA+C | 存在する場合、クリップボード内のテキストを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-+ NVDAの移動コマンド +
++ NVDAの移動コマンド +[NavigatingWithNVDA]
 NVDAでは、通常の操作やレビューカーソルを含むさまざまな方法でシステム内を移動できます。
 
 ++ オブジェクト ++[Objects]
@@ -328,8 +339,10 @@
 あるオブジェクトに移動すると[テキストの確認の操作 #ReviewingText]が使えます。このときレビューモードは[オブジェクトレビュー #ObjectReview]になっています。
 初期状態では、ナビゲーターオブジェクトはフォーカスの移動に追従しますが、この動作のオンとオフを切り替えることができます。
 
-点字は、初期状態ではオブジェクトナビゲーションやテキストレビューではなく、[フォーカス #SystemFocus]や [キャレット #SystemCaret]に追従します。
-点字ディスプレイでオブジェクトナビゲーションやテキストレビューを行いたい場合は、[点字表示の切り替え #BrailleTether]をレビューに設定してください。
+Note that braille follows both the [focus #SystemFocus] and [caret #SystemCaret] as well as object navigation and text review by default.
+If you want it to follow the focus and caret only, you need to [configure braille to be tethered to #BrailleTether] focus.
+In this case, braille will not follow object navigation and text review.
+If you want braille to follow object navigation and text review instead, you need to [configure braille to be tethered to #BrailleTether] review.
 
 オブジェクト間の移動には次のコマンドを使います。
 
@@ -424,7 +437,7 @@
 
 新しいアプリにおいては、NVDA で画面上のテキストの一部またはすべてが確認できないことがあります。これは画面表示に使われている技術が現在のNVDAでは対応できないためです。
   
-++ マウスカーソルの移動 ++
+++ マウスカーソルの移動 ++[NavigatingWithTheMouse]
 NVDAは初期設定の場合、マウスカーソルを動かすと、マウスカーソルの直下にあるテキストをその移動に応じて報告します。
 サポートされている場合、テキストを段落単位で読むことができますが、一部のコントロールでは1行単位での読み上げしか行えないこともあります。
 
@@ -478,8 +491,7 @@
 | 詳細説明を開く | NVDA+D | 現在の要素に詳細説明(longdesc属性)があれば、新しいウィンドウを開いて表示します。 |
 %kc:endInclude
 
-
-++ 1文字ナビゲーション ++
+++ 1文字ナビゲーション ++[SingleLetterNavigation]
 効率的な操作のために、NVDAにはブラウズモードで特定の要素にジャンプするためのアルファベット1文字の移動コマンドがあります。
 以下のコマンドはドキュメントの種類によっては一部利用できないものがあります。
 
@@ -521,7 +533,7 @@
 現在のドキュメントで1文字ナビゲーションを使用するか使わないかを切り替えるには NVDA+Shift+スペース を押します。
 %kc:endInclude
 
-++ 要素リスト ++
+++ 要素リスト ++[ElementsList]
 特定のアプリおよびドキュメントにおいて要素リストを使うと、種別ごとの一覧から要素にアクセスできます。
 例えばウェブブラウザの要素リストではリンク、見出し、フォームフィールド、ボタン、ランドマークの種別を選ぶことができます。
 種別はラジオボタンで選択できます。
@@ -532,7 +544,7 @@
 | ブラウズモードの要素リスト | NVDA+F7 | 現在のドキュメント内の要素リストを種別ごとに表示します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ 埋め込みオブジェクト ++
+++ 埋め込みオブジェクト ++[ImbeddedObjects]
 ページには Adobe Flash, Oracle Java, HTML5 などの技術を使ったリッチコンテンツ、アプリ、ダイアログが含まれていることがあります。
 ブラウズモードでこれらは"埋め込みオブジェクト", "アプリ", "ダイアログ"と報告されます。
 1文字ナビゲーションの o と Shift+o でオブジェクトに移動することもできます。
@@ -561,7 +573,7 @@
 NVDAはドキュメントの読み上げにおいて、これらの対応している数式コンテンツがあれば数式の読み上げを行います。
 点字ディスプレイを使用している場合は、点字での数式の出力を行います。
 
-++ 対話的なナビゲーション ++
+++ 対話的なナビゲーション ++[InteractiveNavigation]
 音声を主要な手段として使っている場合は、数式全体をまとめて一度に聞くよりも、数式を細かい部分に分けて、それぞれの部分ごとに確認をするほうがよいでしょう。
 
 ブラウズモードでは、矢印キーで数式コンテンツの中を移動して、エンターキーを押せば、このような部分ごとの確認ができます。
@@ -583,7 +595,7 @@
 
 通常のドキュメントの操作に戻るには Esc キーを押してください。
 
-+ 点字ディスプレイ +
++ 点字ディスプレイ +[Braille]
 NVDA は情報を点字ディスプレイに表示することができます。
 点字ディスプレイにパーキンス式キーボードが備わっている場合は、1級点字または2級点字による入力もできます。
 
@@ -590,7 +602,7 @@
 [対応している点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] も参照してください。
 点字ディスプレイの設定については [点字設定ダイアログ #BrailleSettings] を参照してください。
 
-++ コントロールの種類、状態、ランドマークの表記 ++
+++ コントロールの種類、状態、ランドマークの表記 ++[BrailleAbbreviations]
 点字ディスプレイにより多くの情報を表示するために、コントロールの種類、状態、ランドマークを以下のように表記します。
 
 || 表記 | コントロールの種類 |
@@ -678,9 +690,9 @@
 | srch | 検索 |
 | rgn | 範囲 |
 
-++ 点字入力 ++
+++ 点字入力 ++[BrailleInput]
 NVDA は点字キーボードからの1級点字および2級点字の入力に対応しています。
-点字設定の [入力テーブル #BrailleInputTable] で、点字キーボード入力をテキストに変換するためのテーブルを選択できます。
+点字設定の [入力テーブル #BrailleSettingsInputTable] で、点字キーボード入力をテキストに変換するためのテーブルを選択できます。
 
 1級点字を使う場合は、入力はそのまま文字として挿入されます。
 2級点字を使う場合は、単語に続けてスペースまたは Enter を入力するとテキストが挿入されます。
@@ -693,7 +705,7 @@
 7と8の点を押すと、点字入力の変換だけを行います。スペースや Enter の入力は行いません。
 %kc:endInclude
 
-+ 画像認識 +
++ 画像認識 +[ContentRecognition]
 コンテンツの制作者がスクリーンリーダー利用者に対して十分な情報を提供していない場合には、画像認識が利用できます。
 NVDA は Windows 10 に内蔵された文字認識エンジン(OCR)に対応しています。
 そのほかの画像認識エンジンは NVDA アドオンとしての提供が可能です。
@@ -718,12 +730,12 @@
 Windows 10 文字認識で現在のナビゲーターオブジェクトの画像を認識するには NVDA+R を押します。
 %kc:endInclude
 
-+ アプリ固有の機能 +
++ アプリ固有の機能 +[ApplicationSpecificFeatures]
 NVDAは、特定のタスクを簡単に実行するために、あるいは、スクリーンリーダーに配慮した操作方法がない機能を使えるようにするために、アプリごとに特別な機能を提供しています。
 
-++ Microsoft Word ++
+++ Microsoft Word ++[MicrosoftWord]
 
-+++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++
++++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++[WordAutomaticColumnAndRowHeaderReading]
 Microsoft Word でテーブルの中を移動する場合に、NVDA は行や列の見出しを必要に応じて自動的に報告することができます。
 この機能を使うためには、まず NVDA の書式情報の設定で「テーブルの行列見出しの報告」にチェックをしてください。
 次に、テーブルのどの行または列が見出しなのかを NVDA に指示します。
@@ -736,7 +748,7 @@
 この設定はドキュメントのブックマークとして JAWS など他のスクリーンリーダーと互換性のある形式で保存されます。
 つまり、他のスクリーンリーダーのユーザーがこのファイルを開いたときにも、行や列の見出しは自動的に報告されます。
 
-+++ Microsoft Word におけるブラウズモード +++
++++ Microsoft Word におけるブラウズモード +++[BrowseModeInMicrosoftWord]
 ウェブブラウザと同じように、Microsoft Word ではブラウズモードに切り替えて1文字ナビゲーションや要素リストなどの機能を使うことができます。
 %kc:beginInclude
 Microsoft Word でブラウズモードに切り替えるには NVDA+スペース を押します。
@@ -743,21 +755,21 @@
 %kc:endInclude
 ブラウズモードと1文字ナビゲーションの詳しい説明は [ブラウズモード #BrowseMode] をお読みください。
  
-++++ 要素リスト ++++
+++++ 要素リスト ++++[WordElementsList]
 %kc:beginInclude
 Microsoft Word で要素リストを開くにはブラウズモードに切り替えて NVDA+F7 を押します。
 %kc:endInclude
 要素リストでは見出し、リンク、コメント(変更履歴を含む)、文章校正(スペルミス)の一覧が利用できます。
 
-+++ コメントの報告 +++
++++ コメントの報告 +++[WordReportingComments]
 %kc:beginInclude
 キャレット位置のテキストについているコメントを報告するには NVDA+Alt+C を押します。
 %kc:endInclude
 ドキュメントのすべてのコメントと変更履歴の一覧は NVDA の要素リストの種別「コメント」から利用できます。
 
-++ Microsoft Excel ++
+++ Microsoft Excel ++[MicrosoftExcel]
 
-+++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++
++++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++[ExcelAutomaticColumnAndRowHeaderReading]
 Excel ワークシートの中の移動中に、行や列の見出しを必要に応じて自動的に報告させることができます。
 この機能を使うためには、まず NVDA の書式情報の設定で「テーブルの行列見出しの報告」にチェックをしてください。
 次に、どの行または列が見出しなのかを NVDA に指示します。
@@ -770,7 +782,7 @@
 この設定はワークブックのセル範囲として JAWS など他のスクリーンリーダーと互換性のある形式で保存されます。
 つまり、他のスクリーンリーダーのユーザーがこのワークブックを開いたときにも、行や列の見出しは自動的に報告されます。
 
-+++ 要素リスト +++
++++ 要素リスト +++[ExcelElementsList]
 ウェブブラウザと同じように Microsoft Excel では要素リストが利用できます。要素リストを使うといろいろな種別の情報の一覧や操作ができます。
 %kc:beginInclude
 Excel で要素リストを利用するには NVDA+F7 を押します。
@@ -792,31 +804,31 @@
 フォームフィールドを選択して Enter キーを押すか「移動」ボタンを実行すると、ブラウズモードでそのフィールドに移動できます。
 -
 
-+++ コメントの報告 +++
++++ コメントの報告 +++[ExcelReportingComments]
 %kc:beginInclude
 フォーカス位置のセルにあるコメントを報告するには NVDA+Alt+C を押します。
 %kc:endInclude
 ワークシートのすべてのコメントの一覧は要素リストから利用できます。
 
-+++ 保護されたセルの読み上げ +++
++++ 保護されたセルの読み上げ +++[ExcelReadingProtectedCells]
 ワークブックが保護されている場合は、編集がロックされているセルにフォーカスを移動できないことがあります。
 %kc:beginInclude
 保護されたセルに移動するには NVDA+スペース でブラウズモードに切り替えてください。矢印キーなど Excel の標準的な移動コマンドで現在のワークシートのすべてのセルに移動できるようになります。
 %kc:endInclude
 
-+++ フォームフィールド +++
++++ フォームフィールド +++[ExcelFormFields]
 Excel のワークシートにはフォームフィールドが含まれる場合があります。
 要素リストまたは1文字ナビゲーションの F および Shift+F でフォームフィールドに移動できます。
 ブラウズモードでフォームフィールドに移動し Enter またはスペースを押すと、そのコントロールの種類に応じて、アクティブ化またはフォーカスモードへの切り替えが行われます。
 ブラウズモードと1文字ナビゲーションの詳細は[ブラウズモード #BrowseMode]を参照してください。
 
-++ Microsoft PowerPoint ++
+++ Microsoft PowerPoint ++[MicrosoftPowerPoint]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 発表者ノート読み上げの切り替え | Ctrl+Shift+S | スライドショー実行中に、発表者用ノートとスライド内容を切り替えます。これはNVDAの読み上げだけを切り替えるもので、スクリーンに表示する内容は切り替えません。 |
 %kc:endInclude
 
-++ foobar2000 ++
+++ foobar2000 ++[Foobar2000]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 残り時間の報告 | Ctrl+Shift+R | 現在再生中のトラックがある場合、その残り時間を報告します。 |
@@ -824,13 +836,13 @@
 
 注意:「残り時間の報告」ショートカットはステータス行の書式が既定の設定の場合のみ有効です。
 
-++ Miranda IM ++
+++ Miranda IM ++[MirandaIM]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 最新のメッセージの報告 | NVDA+Ctrl+1-4 | 最新のメッセージの中から、押された数字に該当するメッセージを報告します。例えば、NVDA+Ctrl+2は、2番目に新しいメッセージを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Poedit ++
+++ Poedit ++[Poedit]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | コメントウィンドウの報告 | Ctrl+Shift+C | コメントウィンドウ内のすべてのコメントを報告します。 |
@@ -837,7 +849,7 @@
 | 翻訳者への注記の報告 | Ctrl+Shift+A | 翻訳者への注記を報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Skype ++
+++ Skype ++[Skype]
 %kc:beginInclude
 チャットコンテンツリストの操作:
 || 名称 | キー | 説明 |
@@ -844,7 +856,7 @@
 | メッセージの確認 | NVDA+Ctrl+1-0 | 数字に対応した位置のチャット履歴のメッセージを報告して、その場所にレビューカーソルを移動します。例えば NVDA+Ctrl+2 を押すと最新から2番目のメッセージを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Kindle for PC ++
+++ Kindle for PC ++[Kindle]
 NVDA は Amazon Kindle for PC での電子書籍の読み上げとナビゲーションに対応しています。
 この機能は「スクリーンリーダー対応」として制作された Kindle 電子書籍で有効です。それぞれの電子書籍の詳細ページで対応状況を確認してください。
 
@@ -861,7 +873,7 @@
 アクセシブルな数式を含む書籍では、数式の読み上げと対話的なナビゲーションが可能です。
 詳細は [数式の読み上げ #ReadingMath] を参照してください。
 
-+++ テキストの選択 +++
++++ テキストの選択 +++[KindleTextSelection]
 Kindleでは、辞書の検索、メモやハイライトの追加、テキストのクリップボードへのコピー、Webの検索など、選択したテキストについてさまざまな機能を実行できます。
 これらを行うには、まずブラウズモードで通常どおりにテキストを選択します。例えばShiftキーとカーソルキーが使用できます。
 %kc:beginInclude
@@ -869,7 +881,7 @@
 %kc:endInclude
 テキストを選択せずにこの操作を行うと、カーソル位置の単語に対するオプションが表示されます。
 
-+++ ユーザーノート +++
++++ ユーザーノート +++[KindleUserNotes]
 単語またはテキストのパッセージに関するメモを追加できます。
 これを行うには、まず対象のテキストを選択し、前述の操作でオプションを表示します。
 次に「メモを追加」を選択します。
@@ -883,7 +895,7 @@
 + 「メモを編集」を選択します。
 +
 
-++ Azardi ++
+++ Azardi ++[Azardi]
 %kc:beginInclude
 登録済み書籍のテーブルビューにて:
 || 名称 | キー | 説明 |
@@ -891,9 +903,9 @@
 | コンテクストメニュー | アプリケーション | 選択中の書籍のコンテクストメニューを開く |
 %kc:endInclude
 
-+ NVDAの設定 +
++ NVDAの設定 +[ConfiguringNVDA]
 
-++ 設定メニュー ++
+++ 設定メニュー ++[preferences]
 %kc:settingsSection: || 名称 | デスクトップ用キー | ラップトップ用キー | 説明 |
 ほとんどのNVDAの設定はNVDAメニュー内の設定サブメニューから開くことができるダイアログボックス内で変更できます。
 すべてのNVDAの設定ダイアログでは、OKボタンを押すことで設定が適用できます。
@@ -903,11 +915,11 @@
 既定の設定では、一部の設定ダイアログだけに入力ジェスチャー(キーボード入力、タッチジェスチャーなど)が割り当てられています。
 ショートカットキーの割り当てられていないダイアログには、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で開く操作を追加できます。
 
-+++ 一般設定 (NVDA+Ctrl+G) +++
++++ 一般設定 (NVDA+Ctrl+G) +++[GeneralSettings]
 一般設定ダイアログは、設定メニューの中にあります。
 このダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
-==== 言語 ====
+==== 言語 ====[GeneralSettingsLanguage]
 NVDAのユーザーインターフェースやメッセージをどの言語で表示させるかを選択できるコンボボックスです。
 多くの言語が選択できますが、既定のオプションは「既定の言語」です。
 このオプションが選択されていると、NVDAはユーザーが使用しているWindowsの既定の言語を使用します。
@@ -916,45 +928,45 @@
 言語設定を変更した場合、NVDAは再起動するかどうかを確認します。
 OKボタンを押すとNVDAが再起動します。
 
-==== 終了時に設定情報を保存 ====
+==== 終了時に設定情報を保存 ====[GeneralSettingsSaveConfig]
 このオプションはチェックボックスで、チェックされている場合はNVDA終了時に現在の設定情報が自動的に保存されます。
 
-==== NVDA終了時に終了オプションを表示 ====
+==== NVDA終了時に終了オプションを表示 ====[GeneralSettingsShowExitOptions]
 このオプションはチェックボックスで、NVDA終了前に終了オプションのダイアログを表示させるかどうかを選択できます。
 チェックされている場合、NVDAを終了しようとしたときに、終了、再起動、アドオンを無効化して再起動、のオプションを選択するダイアログが表示されます。
 チェックなしの場合、NVDAはすぐに終了します。
 
-==== NVDAの起動と終了のサウンド ====
+==== NVDAの起動と終了のサウンド ====[GeneralSettingsPlaySounds]
 このオプションはチェックボックスで、チェックされている場合にはNVDAの起動と終了の効果音を再生します。
 
-==== ログ記録レベル ====
+==== ログ記録レベル ====[GeneralSettingsLogLevel]
 これはコンボボックスで、NVDAがどの程度の実行記録を行うかを設定します。
 一般的には、冗長な記録を行わないために、ユーザーはこの設定を変更すべきではありません。
 しかしながら、このオプションはユーザーがバグ報告を行う場合に有効です。
 
-==== Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始 ====
+==== Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始 ====[GeneralSettingsStartAfterLogOn]
 チェックされている場合、NVDAはWindowsへのログオン後に自動的に開始されます。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== ログオン画面でNVDAを使用 (管理者権限が必要) ====
+==== ログオン画面でNVDAを使用 (管理者権限が必要) ====[GeneralSettingsStartOnLogOnScreen]
 もしユーザー名とパスワードを指定してWindowsにログオンしている場合、このチェックボックスをチェックすると、NVDAをWindows起動時のログオン画面で自動的に開始できます。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== 現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用 (管理者権限が必要) ====
+==== 現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用 (管理者権限が必要) ====[GeneralSettingsCopySettings]
 このボタンを押すと、現在保存されているNVDAのユーザー設定をNVDAのシステムフォルダーにコピーします。この設定は、ログオンやユーザーアクセスコントロール (UAC) 、その他のセキュアスクリーンにおけるNVDAで利用されます。
 すべての設定を確実にコピーするため、事前にNVDA+Ctrl+CまたはNVDAメニュー内の設定情報の保存を実行してください。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== NVDAの更新を自動的に確認 ====
+==== NVDAの更新を自動的に確認 ====[GeneralSettingsCheckForUpdates]
 このチェックボックスをチェックすると、NVDAは新しいバージョンが入手できるかどうかを自動的に確認し、それを通知します。
 NVDAメニュー「ヘルプ」の「更新を確認」を使って手動で更新を確認することもできます。
 
-+++ 音声エンジンの切り替え (NVDA+Ctrl+S) +++
++++ 音声エンジンの切り替え (NVDA+Ctrl+S) +++[SynthesizerSelection]
 設定メニューの中の"音声エンジン"で表示される音声エンジンダイアログでは、NVDAがどの音声エンジンを使って読み上げを行うかを選択できます。
 音声エンジンを選択してOKボタンを押すと、NVDAは選択された音声エンジンを読み込みます。
 もし音声エンジンの読み込みに失敗した場合、NVDAはメッセージでそれを報告し、前に使用していた音声エンジンを使用します。
 
-==== 音声エンジン ====
+==== 音声エンジン ====[SynthesizerSelectionSynthesizer]
 このオプションでは、NVDAが音声出力に使用する音声エンジンを選択できます。
 
 NVDAでサポートされている音声エンジンの一覧は、[サポートされている音声エンジン #SupportedSpeechSynths]セクションを参照してください。
@@ -962,11 +974,11 @@
 唯一、いつでもこの一覧にある特別な項目は"音声なし"で、これによりNVDAを音声出力なしで使用できます。
 この項目は、NVDAを点字出力のみで使用する方や、もしかしたら晴眼者がNVDAのスピーチビューアーを使用する際に有効かもしれません。
 
-==== 出力先デバイス ====
+==== 出力先デバイス ====[SynthesizerSelectionOutputDevice]
 このオプションでは、NVDAが選択された音声エンジンを使って読み上げを出力するサウンドカードを選択できます。
 
 %kc:setting
-==== 音のダッキング ====
+==== 音のダッキング ====[SynthesizerSelectionDuckingMode]
 キー: NVDA+Shift+D
 
 Windows 8 以降では、NVDA の音声やサウンドの出力のときに限って、またはNVDAを実行している間ずっと、他のアプリの音量を低くすることができます。
@@ -984,42 +996,42 @@
 
 音声設定ダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
-==== 音声 ====
+==== 音声 ====[VoiceSettingsVoice]
 このダイアログの最初のオプションは、現在選択されている音声エンジンにインストールされている音声の一覧のコンボボックスです。
 矢印キーを使ってすべての音声の種類を聞くことができます。
 左矢印と上矢印は、リスト項目を上に移動し、右矢印と下矢印は、リスト項目を下に移動します。
 
-==== 声色 ====
+==== 声色 ====[VoiceSettingsVariant]
 NVDAに同梱されている eSpeak NG では、このコンボボックスで声色を選択できます。
 eSpeak NG では音声は言語の違いに対応し、声色は声の違いに対応します。
 声色によっては男性の声に聞こえたり、女性の声に聞こえたりします。蛙のような声もあります。
 
-==== 速さ ====
+==== 速さ ====[VoiceSettingsRate]
 このオプションで音声の速さを変更できます。
 0から100の間を移動するスライダーで、0はもっとも遅く100はもっとも速い値を示します。
 
-==== 高さ ====
+==== 高さ ====[VoiceSettingsPitch]
 このオプションで音声の高さを変更できます。
 0から100の間を移動するスライダーで、0は最も低く、100はもっとも高い値を示します。
 
-==== 音量 ====
+==== 音量 ====[VoiceSettingsVolume]
 このオプションは0から100の間を移動するスライダーで、0がもっとも低く、100がもっとも高い値を示します。
 
-==== 抑揚 ====
+==== 抑揚 ====[VoiceSettingsLanguageSwitching]
 このオプションはスライダーで、音声エンジンがどれだけの抑揚で話すかを設定できます (なお、現在このオプションに対応しているのは eSpeak NG だけです) 。
 
-==== 自動言語切り替え ====
+==== 自動言語切り替え ====[VoiceSettingsLanguageSwitching]
 このチェックボックスで、読み上げようとしているテキストに言語の指定がある場合、NVDAが音声エンジンの言語を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
 このオプションは初期状態でチェックされています。
 現在この自動言語切り替えは、eSpeak NG でのみサポートされています。
 
-==== 自動方言切り替え ====
+==== 自動方言切り替え ====[VoiceSettingsDialectSwitching]
 自動言語切り替えがチェックされている場合、このチェックボックスで、言語だけでなく、方言を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
 例えば、アメリカ英語の音声を使用中でドキュメントの一部にイギリス英語が指定されていた場合、この機能は音声合成のアクセントを切り替えます。
 このオプションは初期状態ではチェックなしです。
 
 %kc:setting
-==== 句読点/記号レベル ====
+==== 句読点/記号レベル ====[VoiceSettingsSymbolLevel]
 キー: NVDA+P
 
 このオプションでは、句読点及び記号を単語として読み上げる際のレベルを変更できます。
@@ -1026,24 +1038,24 @@
 もし「すべて」が選択されていれば、すべての記号が単語として読み上げられます。
 このオプションは現在使用中の音声エンジンだけでなく、すべての音声エンジンに対して有効です。
 
-==== 記号と文字の説明に音声の言語を使用 ====
+==== 記号と文字の説明に音声の言語を使用 ====[VoiceSettingsTrust]
 初期状態では、句読点/記号読み辞書と文字説明辞書を、音声エンジンの現在の言語に合わせて切り替えます。
 特定の音声エンジンや話者を使っていて、記号読み上げ辞書が不適切に切り替わってしまう場合などには、このオプションを無効にすれば、一般設定で指定された言語で記号と文字の説明が行われます。
 
-==== 大文字のピッチ変更率 ====
+==== 大文字のピッチ変更率 ====[VoiceSettingsCapPitchChange]
 このエディットフィールドでは大文字を読み上げる際の高さの変化率を指定します。
 値はパーセントで指定し、負の値を指定すると大文字の高さは小文字よりも低くなりますし、正の値を指定すると高くなります。
 高さを変更したくない場合は、0を指定してください。
 
-==== 大文字の前に大文字と読む ====
+==== 大文字の前に大文字と読む ====[VoiceSettingsSayCapBefore]
 この設定はチェックボックスで、チェックされている場合はNVDAに大文字の前に"大文字"と読むように指示します。
 通常、NVDAはすべての大文字に対して音声のピッチを上げますが、一部の音声エンジンではそれが十分機能しないので、このオプションが有効かもしれません。
 
-==== 大文字にビープ音をつける ====
+==== 大文字にビープ音をつける ====[VoiceSettingsBeepForCaps]
 このチェックボックスがチェックされていると、NVDAは大文字で書かれた文字を検出するたびに小さなビープ音を鳴らします。
 大文字の前に大文字と読むチェックボックスのように、この設定も、大文字に対して音声の高さを変更できない音声エンジンを使用している場合に有効です。
 
-==== サポートされている場合スペル読み機能を使用 ====[VoiceSpellingFunctionality]
+==== サポートされている場合スペル読み機能を使用 ====[VoiceSettingsUseSpelling]
 1文字で構成されているような単語がありますが、その発音は文字自身が個々の文字として発音されるか、単語として発音されるかによって異なります。
 例えば英語では、"a"は文字でもあり単語でもあります。それぞれの発音は同じではありません。
 このオプションにより、もし音声エンジンがサポートしている場合は、これらのふたつの場合を区別することができます。
@@ -1066,7 +1078,7 @@
 +++ 点字設定 +++
 点字設定ダイアログは、設定メニューの中の点字設定オプションから開くことができます。
 
-==== 点字ディスプレイ ====
+==== 点字ディスプレイ ====[BrailleSettingsDisplay]
 点字設定ダイアログの中の最初のオプションは、"点字ディスプレイ"です。
 システム上で利用可能な点字ディスプレイドライバーに応じて、いくつかのオプションが表示されます。
 矢印キーを使ってオプション間を移動してください。
@@ -1075,7 +1087,7 @@
 
 サポートされている点字ディスプレイの一覧は、[サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays]セクションを参照してください。
 
-==== ポート ====
+==== ポート ====[BrailleSettingsPort]
 このオプションが有効のとき、選択された点字ディスプレイとの通信を行うポートや接続方法を選ぶことができます。
 このコンボボックスには点字ディスプレイとの接続についての選択肢が表示されます。
 
@@ -1087,13 +1099,13 @@
 
 お使いの点字ディスプレイが対応している接続方法やポート選択方法については、 [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] の各項目もお読みください。
 
-==== 出力テーブル ====
+==== 出力テーブル ====[BrailleSettingsOutputTable]
 次のオプションは点字出力テーブルを選択するコンボボックスです。
 このコンボボックスでは、言語、点訳規則、グレードを点字変換テーブルによって選択できます。
 選択されたテーブルは、テキストを点字ディスプレイの出力に変換するために使われます。
 リストの中のテーブル項目は矢印キーで移動できます。
 
-==== 入力テーブル ====[BrailleInputTable]
+==== 入力テーブル ====[BrailleSettingsInputTable]
 出力テーブルの次のオプションは、点字入力テーブルを選択するコンボボックスです。
 点字ディスプレイのパーキンス型キーで入力された点字を入力文字に変換するときにこの入力テーブルが使われます。
 リストの中の項目は矢印キーで移動できます。
@@ -1101,34 +1113,34 @@
 このオプションは、お使いの点字ディスプレイがパーキンス型キーを備えていて、機器のドライバーが入力に対応している場合のみ有効です。
 パーキンス型キーを備えているディスプレイであってもドライバーが文字入力に対応していない場合は [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] で説明します。
 
-==== コンピューター点字(NABCC)を使用 ====
+==== コンピューター点字(NABCC)を使用 ====[BrailleSettingsExpandToComputerBraille]
 このオプションをチェックすると、カーソル位置の単語を、出力テーブルの点字ではなくコンピューター点字(NABCC)として表示します。
 
-==== カーソル表示 ====
+==== カーソル表示 ====[BrailleSettingsShowCursor]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイにカーソルを表示します。
 このオプションはシステムキャレットとレビューカーソルに影響しますが、選択範囲の表示には影響しません。
 
-==== カーソル点滅 ====
+==== カーソル点滅 ====[BrailleSettingsBlinkCursor]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイのカーソルが点滅します。
 チェックなしの場合は、点字ディスプレイのカーソルは常に点が上がった状態になります。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== カーソル点滅速度(ミリ秒) ====
+==== カーソル点滅速度(ミリ秒) ====[BrailleSettingsBlinkRate]
 このオプションは数値フィールドで、カーソルの点滅速度をミリ秒単位で変更できます。
 
-==== フォーカス追従のカーソルの形 ====
+==== フォーカス追従のカーソルの形 ====[BrailleSettingsCursorShapeForReview]
 このオプションによって点字表示がフォーカスに追従している場合の点字カーソルの形(点のパターン)を変更できます。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== レビューカーソル追従のカーソルの形 ====
+==== レビューカーソル追従のカーソルの形 ====[BrailleSettingsCursorShapeForReview]
 このオプションによって点字表示がレビューカーソルに追従している場合の点字カーソルの形(点のパターン)を変更できます。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== メッセージの表示終了待ち時間 (秒) ====
+==== メッセージの表示終了待ち時間 (秒) ====[BrailleSettingsMessageTimeout]
 このオプションは数値フィールドで、NVDA のメッセージを点字ディスプレイ上に何秒間表示するかを制御できます。
 この値を 0 にするとメッセージは表示されません。
 
-==== メッセージの表示を終了させない ====
+==== メッセージの表示を終了させない ====[BrailleSettingsNoMessageTimeout]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイへのメッセージの表示が終了しません。
 
 %kc:setting
@@ -1135,9 +1147,11 @@
 ==== 点字表示の切り替え ====[BrailleTether]
 キー: NVDA+Ctrl+T
 
-このオプションでは、点字表示がフォーカスまたはナビゲーターオブジェクト/レビューカーソルのどちらに追従するかを変更できます。
+This option allows you to choose whether the braille display will follow the system focus, the navigator object / review cursor, or both.
+When "automatically" is selected, NVDA will follow the system focus and caret by default.
+In this case, when the navigator object or the review cursor position is changed by means of explicit user interaction, NVDA will tether to review temporarily, until the focus or the caret changes.
 
-==== 段落単位で読む ====
+==== 段落単位で読む ====[BrailleSettingsReadByParagraph]
 チェックされている場合、点字は行ごとではなく段落ごとに表示されます。
 また、次及び前の行への移動コマンドも段落ごとに移動するようになります。
 これにより、それぞれの行末に到達した場合で、より多くのテキストがディスプレイにフィットする際、スクロールする必要がなくなります。
@@ -1144,7 +1158,7 @@
 これは、より多くのテキストを早く読みたい時に有効です。
 この機能は初期状態では無効化されています。
 
-==== 可能な場合単語が切れないようにする ====
+==== 可能な場合単語が切れないようにする ====[BrailleSettingsWordWrap]
 チェックすると、単語が長すぎて点字ディスプレイの表示に最後まで入りきらないような場合に、単語が切れないようにします。
 入りきらない単語はその行に表示されず、点字ディスプレイの残りの部分は空白で埋められます。
 表示をスクロールすると、単語全体が表示されます。
@@ -1156,7 +1170,7 @@
 
 このチェックボックスをチェックすると、単語の読み取りが自然になりますが、頻繁にスクロールを使う必要があります。
 
-==== フォーカスの前後の情報 ====
+==== フォーカスの前後の情報 ====[BrailleSettingsFocusContextPresentation]
 このオプションで、フォーカスの前後の情報を点字ディスプレイにどのように表示するかを選択できます。
 フォーカスの前後の情報とは、ここではオブジェクトの親子・兄弟の階層構造を意味しています。
 例えば、リスト項目にフォーカスが移動したときに、そのリスト項目はリストという親オブジェクトに含まれています。
@@ -1182,20 +1196,20 @@
 
 設定ダイアログを開かないでこの設定を切り替えたい場合は [入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures] で操作をカスタマイズしてください。
 
-+++ キーボード設定 (NVDA+Ctrl+K) +++
++++ キーボード設定 (NVDA+Ctrl+K) +++[KeyboardSettings]
 このダイアログボックスは、設定メニュー内の"キーボード設定..."にあります。
 ここには、以下のオプションが含まれています。
 
-==== キーボード配列 ====
+==== キーボード配列 ====[KeyboardSettingsLayout]
 このコンボボックスでは、NVDAでどのキーボード配列を使用するかを選ぶことができます。現在、NVDAにあるのはデスクトップ配列とラップトップ配列です。
 
-==== 英語キーボードのCapsLockキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== 英語キーボードのCapsLockキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsCapsModifier]
 チェックされている場合、英語キーボードのCapsLockキーがNVDA制御キーとして動作します。
 
-==== InsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== InsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsExtendedInsert]
 チェックされている場合、Insertキー (通常は矢印キーの上のHomeキーやEndキーの近くにあります) をNVDA制御キーとして使用することができます。
 
-==== テンキーのInsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== テンキーのInsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsNumpadInsert]
 チェックされている場合、テンキー上のInsertキーをNVDA制御キーとして使用することができます。
 
 NVDA制御キーがどのキーにも割り当てられていないと、NVDAの機能を呼び出すことができなくなります。
@@ -1203,42 +1217,42 @@
 エラーメッセージを閉じて、少なくとも1個のキーをNVDA制御キーに割り当ててください。そうしないとこのダイアログを適切に閉じることができません。
 
 %kc:setting
-==== 入力文字の読み上げ ====
+==== 入力文字の読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters]
 キー: NVDA+2
 
 チェックされている場合、NVDAはキーボードから入力されたすべての文字を読み上げます。
 
 %kc:setting
-==== 入力単語の読み上げ ====
+==== 入力単語の読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakTypedWords]
 キー: NVDA+3
 
 チェックされている場合、NVDAは入力されたすべての単語を読み上げます。
 
-==== 文字入力で読み上げを中断 ====
+==== 文字入力で読み上げを中断 ====[KeyboardSettingsSpeechInteruptForCharacters]
 チェックされている場合、文字入力のキーが押されると音声読み上げを中断します。この設定は初期状態で有効です。
 
-==== Enterキーで読み上げを中断 ====
+==== Enterキーで読み上げを中断 ====[KeyboardSettingsSpeechInteruptForEnter]
 チェックされている場合、エンターキーが押されると音声読み上げを中断します。この設定は初期状態で有効です。
 
-==== 「すべて読み上げ」で流し読みを許可 ====
+==== 「すべて読み上げ」で流し読みを許可 ====[KeyboardSettingsSkimReading]
 チェックされている場合、「すべて読み上げ」の途中で特定のナビゲーションコマンド(ブラウズモードにおける1文字ナビゲーションや、行単位、段落単位の移動など)を実行しても読み上げを中断しません。移動先の箇所から「すべて読み上げ」での読み上げを再開します。
 
-==== CapsLockがオンの時、小文字が入力されたらビープ音を鳴らす ====
+==== CapsLockがオンの時、小文字が入力されたらビープ音を鳴らす ====[KeyboardSettingsBeepLowercase]
 チェックされている場合、CapsLockがオンの状態でShiftキーとともに文字キーが押されたら、警告のためのビープ音を鳴らします。
 一般的に、CapsLock状態でShiftキーを押して文字入力を行うことはなく、意図的でない限りCapsLockがオンであることに気が付いていないような場合です。
 したがって、この機能はそれを知るための警告として役立ちます。
 
 %kc:setting
-==== コマンドキーの読み上げ ====
+==== コマンドキーの読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakCommandKeys]
 キー: NVDA+4
 
 チェックされている場合、NVDAは文字以外のキーの名称を読み上げます。このキーの名称には、Ctrlキーとその他のキーのようなキーの組み合わせも含まれます。
 
-==== スペルミスを入力中に音で報告 ====
+==== スペルミスを入力中に音で報告 ====[KeyboardSettingsAlertForSpellingErrors]
 チェックされている場合、入力中の単語のスペルミスを短い音で報告します。
 このオプションを使うには NVDA の設定の [書式情報 #DocumentFormattingSettings] ダイアログで「スペルミスの報告」をチェックする必要があります。
 
-==== 外部アプリからの文字入力 ====
+==== 外部アプリからの文字入力 ====[KeyboardSettingsHandleKeys]
 スクリーンキーボードや音声認識ソフトウェアなど、外部アプリからの文字入力をNVDAが処理するかどうかを制御できます。
 このチェックボックスは既定値でチェックされています。例えばベトナム語入力システムUnikeyを使う場合には、不適切な文字入力が起こらないように、このチェックボックスをチェックなしにするとよいでしょう。
 
@@ -1246,85 +1260,93 @@
 マウス設定ダイアログは、設定メニューの"マウス設定..."の中にあります。
 この中には以下のオプションが含まれています。
 
-==== マウスカーソル形状の変化の報告 ====
+==== マウスカーソル形状の変化の報告 ====[MouseSettingsShape]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルの形状が変化するたびにそれを報告します。
 Windowsのマウスカーソルは、例えば編集可能や読み込み中のように、その変化で情報を表すことがあります。
 
 %kc:setting
-==== マウスカーソル位置のテキストの報告 ====
+==== マウスカーソル位置のテキストの報告 ====[MouseSettingsTracking]
 キー: NVDA+M
 
 チェックされている場合、NVDAはスクリーン内での移動に伴ってマウスカーソルが重なったテキストを読み上げます。これにより、マウスを直接動かすか、オブジェクトナビゲーションを用いてスクリーン上にある物を探すことができます。
 
-==== テキストの読み上げ範囲 ====
+==== テキストの読み上げ範囲 ====[MouseSettingsTextUnit]
 もしNVDAがマウスカーソル位置のテキストを報告するように設定されていれば、このオプションではマウスカーソル移動時のテキストの読み上げ範囲を選択できます。
 オプションは、文字、単語、行、段落の中から選択できます。
 
-==== マウスカーソル位置の要素の種類の報告 ====
+==== マウスカーソル位置の要素の種類の報告 ====[MouseSettingsRole]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルが重なったオブジェクトのロール (種類) を報告します。
 
-==== マウスカーソルの座標をビープ音で報告 ====
+==== マウスカーソルの座標をビープ音で報告 ====[MouseSettingsAudio]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルの移動をビープ音で報告します。それにより、ユーザーはマウスカーソルが画面上のどこに位置しているかを知ることができます。
 マウスカーソルが画面の上に移動するほど高い音になります。
 マウスカーソルが画面の左側や右側に移動すると、その音は左側または右側から聞こえます。ただしステレオのスピーカーまたはヘッドフォンが必要です。
 
-==== マウスカーソル位置の明るさをビープ音の音量で報告 ====
+==== マウスカーソル位置の明るさをビープ音の音量で報告 ====[MouseSettingsBrightness]
 「マウスカーソルの座標をビープ音で報告」がチェックされていて、このチェックボックスをチェックした場合、ビープ音の音量は、画面上でマウスカーソルのある場所の明るさによって制御されます。
 このチェックボックスは初期状態ではチェックなしです。
 
-+++ レビューカーソル設定 +++
++++ Touch Interaction Settings +++[TouchInteraction]
+This dialog, only available on computers running Windows 8 and later with touch capabilities, allows you to configure how NVDA interacts with touchscreens.
+
+==== Touch typing mode ====[TouchTypingMode]
+This checkbox allows you to specify the method you wish to use when entering text using the touch keyboard.
+If this checkbox is checked, when you locate a key on the touch keyboard, you can lift your finger and the selected key will be pressed.
+If this is unchecked, you need to double-tap on the touch keyboard key to press the key.
+
++++ レビューカーソル設定 +++[ReviewCursorSettings]
 設定メニュー内のレビューカーソルダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
 
 %kc:setting
-==== フォーカスを追跡 ====
+==== フォーカスを追跡 ====[ReviewCursorFollowFocus]
 キー: NVDA+7
 
 チェックされている場合、フォーカス位置が移動したときに、レビューカーソルも現在フォーカスがあるオブジェクトに移動します。
 
 %kc:setting
-==== キャレットを追跡 ====
+==== キャレットを追跡 ====[ReviewCursorFollowCaret]
 キー: NVDA+6
 
 チェックされている場合、レビューカーソルは自動的にキャレットが移動した位置へ移動します。
 
-==== マウスカーソルを追跡 ====
+==== マウスカーソルを追跡 ====[ReviewCursorFollowMouse]
 チェックされている場合、レビューカーソルはマウスカーソルの動きに追従します。
 
-==== 簡易レビューモード ====
+==== 簡易レビューモード ====[ObjectPresentationSettings]
 チェックされている場合、レビューカーソルが移動できるオブジェクトの階層から、通常は役に立たない非表示のオブジェクトやレイアウト目的のオブジェクトを除外します。
 
 設定ダイアログを開かないで簡易レビューモードを切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-+++ オブジェクト表示設定 (NVDA+Ctrl+O) +++
++++ オブジェクト表示設定 (NVDA+Ctrl+O) +++[ObjectPresentationSettings]
 このダイアログボックスは設定メニューの中の"オブジェクト表示"から利用できます。
 このダイアログボックスには、以下のオプションがあります。
 
-==== ツールチップの報告 ====
+==== ツールチップの報告 ====[ObjectPresentationReportToolTips]
 チェックされている場合、NVDAはツールチップが表示されたときにその内容を読み上げます。
 多くのWindowsのコントロールは、マウスカーソルをそれらに重ねたり、それらにフォーカスしたりしたとき、簡単なメッセージ (またはツールチップ) を表示します。
 
-==== バルーン情報の報告 ====
+==== バルーン情報の報告 ====[ObjectPresentationReportBalloons]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはバルーン情報が表示されたときにその内容を報告します。
 バルーン情報はツールチップに似ていますが、サイズはやや大きく、ネットワークケーブルが接続されていないとか、Windowsのセキュリティ上の問題の報告といった、システムのイベントに関連付けられています。
 
-==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====
+==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====[ObjectPresentationShortcutKeys]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはオブジェクトやコントロールなどを読み上げる際、関連付けられているショートカットキーを含んで読み上げます。
 例えば、メニューバーのファイルメニューには、Alt+Fというショートカットキーがある場合があります。
 
-==== オブジェクト位置情報の報告 ====
+==== オブジェクト位置情報の報告 ====[ObjectPresentationPositionInfo]
 チェックされている場合、オブジェクトにフォーカスしたり、オブジェクトナビゲーションで移動したときに、位置情報を (例えば1の4のように) 報告します。
 
-==== オブジェクトの位置情報を推測 ====
+==== オブジェクトの位置情報を推測 ====[ObjectPresentationGuessPositionInfo]
 「オブジェクト位置情報の報告」がチェックされていて、その情報を取得できないとき、このオプションはNVDAが特定のオブジェクトの位置情報を推測できるようにします。
 
 オンの時、NVDAはメニューやツールバー等のより多くのコントロールの位置情報を報告しますが、その情報はわずかに不正確な場合があります。
 
-==== オブジェクトの説明の報告 ====
+==== オブジェクトの説明の報告 ====[ObjectPresentationReportDescriptions]
 オブジェクトとともに読み上げられる説明が必要ない場合は、このチェックボックスをチェックなしにしてください。
 
 %kc:setting
-==== プログレスバーの報告 ====
+==== プログレスバーの報告 ====[ObjectPresentationProgressBarOutput]
 キー: NVDA+U
 
 このオプションはプログレスバーの更新をどのように報告するかを設定します。
@@ -1336,17 +1358,17 @@
 - ビープ音と読み上げ: このオプションは、NVDAにプログレスバーの変化をビープ音と読み上げの両方で報告するように指示します。
 -
 
-==== バックグラウンドのプログレスバーの更新の報告 ====
+==== バックグラウンドのプログレスバーの更新の報告 ====[ObjectPresentationReportBackgroundProgressBars]
 チェックされている場合、NVDAは物理的に前面に表示されていないウィンドウであってもプログレスバーの変化の状況を報告し続けます。
 もしプログレスバーのあるウィンドウを最小化したり、離れたりしたとしても、NVDAはそのウィンドウの追跡を続けるので、プログレスバーの進行中に他の作業をすることができます。
 
 %kc:setting
-==== 動的コンテンツの変化の報告 ====
+==== 動的コンテンツの変化の報告 ====[ObjectPresentationReportDynamicContent]
 キー: NVDA+5
 
 ターミナルやチャットプログラムの履歴など、特定のオブジェクトに対する新しいコンテンツの報告の方法を切り替えます。
 
-==== 自動入力候補を音で報告 ====
+==== 自動入力候補を音で報告 ====[ObjectPresentationSuggestionSounds]
 チェックされている場合、自動入力候補が表示されると NVDA が音で報告します。
 自動入力候補とは、エディットフィールドやドキュメントで、入力中のテキストに基づいて表示される候補のリストです。
 例えば Windows Vista 以降でスタートメニューの検索ボックスにテキストを入力すると、Windows は入力された文字に応じて候補のリストを表示します。
@@ -1353,59 +1375,59 @@
 また多くの Windows 10 アプリには検索という名前のエディットフィールドがあります。このような場合に NVDA は候補のリストが表示されたことを報告します。
 エディットフィールドから他の要素にフォーカスが移動すると、自動入力候補は表示されなくなります。場合によっては NVDA は自動入力候補が消えたことも報告します。
 
-+++ 入力メソッド設定 +++
++++ 入力メソッド設定 +++[InputCompositionSettings]
 設定メニューから入力メソッド設定のダイアログを開くことができます。
 これは IME またはテキストサービスに対応したアジア言語の文字入力を NVDA が報告するための設定です。
 入力メソッドは種類によって対応している機能や報告する情報が違います。入力メソッドごとに最適な使い勝手にするために、この設定を変更する必要があることをご理解ください。
 
-==== 候補リストの自動報告 ====
+==== 候補リストの自動報告 ====[InputCompositionReportAllCandidates]
 このオプションは既定値でチェックされています。候補リストが表示されたり更新されたりしたときに、全ての候補を読み上げる機能です。
 これは漢字の字形要素を使う中国語入力システム(New ChangJie, Boshiami)で有用です。すべての候補文字を音声で確認し、数字キーで選択できるからです。
 しかし発音を使う中国語入力システム(New Phonetic)では、このオプションは無効にしたほうがよいでしょう。なぜなら全ての文字が同じように読み上げられてしまうからです。このような場合は、候補を矢印キーで選択して、詳細説明を聞いてください。
 
-==== 選択した候補の報告 ====
+==== 選択した候補の報告 ====[InputCompositionAnnounceSelectedCandidate]
 このオプションは既定値でチェックされています。NVDAが変換候補を報告するタイミングを、候補リストが表示されたとき、または、候補が選択されたときの、どちらにするかを変更できます。
 この設定は、矢印キーで候補選択をする入力メソッド(中国語 New Phoneticなど)では有効にしてください。しかし、入力メソッドによっては、この設定を無効にしたほうが効率的に入力できます。
 このチェックボックスがチェックなしの場合にも、レビューカーソルは選択された候補の位置にあるので、オブジェクトナビゲーションやレビューの操作によって、選択中の候補や前後の候補を確認できます。
 
-==== 候補の説明で文字の報告 ====
+==== 候補の説明で文字の報告 ====[InputCompositionCandidateIncludesShortCharacterDescription]
 このオプションは既定値でチェックされています。NVDAが候補の報告で各文字の説明を使うかどうかを変更できます。これは、候補が選択された場合と、候補リストが表示されて自動的に報告される場合の両方についての設定です。
 ただし、中国語などの言語では、このオプションとは無関係に、候補の報告で複数の用例を使う文字説明が使われます。
 このオプションは韓国語や日本語の入力メソッドにおいて役立ちます。
 
-==== 読み文字の報告 ====
+==== 読み文字の報告 ====[InputCompositionReadingStringChanges]
 入力メソッドによっては読み文字(プレコンポジション文字)が存在します。例えば中国語の New Phonetic や New ChangJie などです。
 このオプションは NVDA が読み文字の入力を報告するかどうかを制御します。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 中国語の ChangJie など旧式の入力メソッドでは、プレコンポジション文字を管理するために、読み文字を使わず、コンポジション領域を使います。コンポジションの報告の設定については次の項目を参照してください。
 
-==== コンポジションの更新の報告 ====
+==== コンポジションの更新の報告 ====[InputCompositionCompositionStringChanges]
 多くの入力メソッドでは、読み文字やプレコンポジション文字から変換された表意文字を、一時的にコンポジション領域に追加し、それから文書に挿入します。
 このオプションはコンポジションに追加された文字をNVDAが報告をするかどうかを変更できます。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 
-+++ ブラウズモード設定 (NVDA+Ctrl+B) +++
++++ ブラウズモード設定 (NVDA+Ctrl+B) +++[BrowseModeSettings]
 ブラウズモードの設定ダイアログは、設定メニュー内の"ブラウズモード..."にあります。
 
 ダイアログには以下のオプションがあります。
 
-==== 1行の文字数 ====
+==== 1行の文字数 ====[BrowseModeSettingsMaxLength]
 このフィールドでは、ブラウズモードの1行の長さを (文字数で) 指定します。
 
-==== 1ページの最大行数 ====
+==== 1ページの最大行数 ====[BrowseModeSettingsPageLines]
 このフィールドでは、ブラウズモード内でPageUpやPageDownを押したときに移動する行数を指定します。
 
 %kc:setting
-==== 画面レイアウトを使用 ====
+==== 画面レイアウトを使用 ====[BrowseModeSettingsScreenLayout]
 キー: NVDA+V
 
 このオプションでは、ブラウズモード内のコンテンツがリンクやその他のフィールドをそれぞれ独立した行として表示するか、画面に表示されているのと同じようにリンクなどをテキストどおりに表示するかを設定できます。チェックされている場合は画面に表示されているのと同じように表現し、チェックなしの場合はフィールドはそれぞれ個別の行として表現されます。
 
-==== ページ読み込み時に自動読み上げ ====
+==== ページ読み込み時に自動読み上げ ====[BrowseModeSettingsAutoSayAll]
 このチェックボックスは、ブラウズモード内でページが読み込まれた際にそれを自動で読み上げるかどうかを切り替えます。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 
-==== レイアウト目的のテーブルを区別しない ====
+==== レイアウト目的のテーブルを区別しない ====[BrowseModeSettingsIncludeLayoutTables]
 このオプションはレイアウト目的で使われているテーブルをNVDAがどう扱うかを制御します。
 チェックされている場合、NVDA はレイアウト用のテーブルを普通のテーブルとして扱います。[書式情報 #DocumentFormattingSettings]の設定が使われ、1文字ナビゲーションの移動コマンドが使えます。
 チェックなしの場合、レイアウト用のテーブルは報告されなくなり、1文字ナビゲーションでの移動もできません。
@@ -1414,21 +1436,21 @@
 
 設定ダイアログを開かないでレイアウトテーブルのオプションを切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-==== リンクや見出しなどの読み上げの設定 ====
+==== リンクや見出しなどの読み上げの設定 ====[BrowseModeLinksAndHeadings]
 リンク、見出し、テーブルといった、移動中に読み上げられるフィールド種別の設定につきましては、[書式情報 #DocumentFormattingSettings]を参照してください。
 
-==== フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード ====
+==== フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード ====[BrowseModeSettingsAutoPassThroughOnFocusChange]
 このオプションは、フォーカスが変化した場合にフォーカスモードに切り替えるかどうかを設定します。
 例えば、このチェックボックスがチェックされている場合に、WebページでTabキーを押してフォームにフォーカスが移動したら、自動的にフォーカスモードに切り替わります。
 
-==== キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード ====
+==== キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード ====[BrowseModeSettingsAutoPassThroughOnCaretMove]
 チェックされている場合、NVDAは矢印キーの移動に応じてフォーカスモードに入ったり、フォーカスモードから出たりします。
 例えば、Webページの中で下矢印キーで読み進んでいてエディットボックスに到達した場合、NVDAは自動的にフォーカスモードを有効にします。もし、上矢印キーを押してエディットボックスから出ると、NVDAはブラウズモードに戻ります。
 
-==== 音によるフォーカスモードとブラウズモード切替の報告 ====
+==== 音によるフォーカスモードとブラウズモード切替の報告 ====[BrowseModeSettingsPassThroughAudioIndication]
 チェックされている場合、NVDAは音声による報告ではなく、特別な音によってフォーカスモードとブラウズモードが切り替えられたことを報告します。
 
-==== ドキュメントでコマンド以外の操作による入力を防止 ====
+==== ドキュメントでコマンド以外の操作による入力を防止 ====[BrowseModeSettingsTrapNonCommandGestures]
 このオプションは既定値でチェックされています。これは、キー入力などのジェスチャーが NVDA のコマンドではなく、アプリの操作としても実行できなかったときに、現在フォーカスのあるドキュメントに文字として入力されてしまうことを防ぐ機能です。
 チェックされている場合は、例えばキーボードから文字 j が入力され、1文字ナビゲーションとしても無効で、アプリの操作としても無効であったときに、ドキュメントにこの j という文字が書き込まれません。
 
@@ -1477,7 +1499,7 @@
 
 設定ダイアログを開かないでこれらの設定を変更したい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-==== カーソル移動後に書式の変化を報告 ====
+==== カーソル移動後に書式の変化を報告 ====[DocumentFormattingDetectFormatAfterCursor]
 チェックされている場合、NVDAの動作が遅くなる可能性があっても、書式のすべての変化を報告します。
 
 初期状態では、NVDAはキャレットおよびレビューカーソルの位置の書式情報と現在の行の書式情報について、NVDAの動作が遅くならない場合に限って変化を報告します。
@@ -1484,7 +1506,7 @@
 
 このオプションは、ワードパッドでの文章校正など、書式情報が重要な場合にチェックしてください。
 
-==== 行インデント ====[lineIndentationOptions]
+==== 行インデント ====[DocumentFormattingSettingsLineIndentation]
 このオプションで、行の先頭のインデントをどのように報告するかを変更できます。
 この「行インデントの報告」はコンボボックスで以下の4つの選択肢があります。
 
@@ -1498,10 +1520,10 @@
 +++ Windows 10 文字認識 +++[Win10OcrSettings]
 このダイアログは NVDA メニューの「設定」にあり [Windows 10 文字認識 #Win10Ocr] の設定ができます。
 
-==== 文字認識の言語 ====
+==== 文字認識の言語 ====[Win10OcrSettingsRecognitionLanguage]
 このコンボボックスで文字認識に使用する言語を選択します。
 
-+++ 読み上げ辞書 +++
++++ 読み上げ辞書 +++[SpeechDictionaries]
 設定メニューの中の読み上げ辞書メニューには、NVDAが特定の単語やフレーズをどのように読み上げるかを設定できるダイアログがあります。
 現在のところ、3種類の読み上げ辞書が用意されています。
 読み上げ辞書:
@@ -1584,7 +1606,7 @@
 
 OK ボタンを押すとすべての変更を保存してダイアログを閉じます。キャンセルを押すと変更は破棄されます。
 
-++ 設定の保存と再読込 ++
+++ 設定の保存と再読込 ++[SavingAndReloading]
 NVDAの設定情報は、NVDAが終了するときに自動的に保存されます。
 ただし「設定」メニューの「一般設定」ダイアログのオプション「終了時に設定情報を保存」をチェックなしにすると、NVDAが終了するときに設定が保存されません。
 設定を手動で保存するには、NVDAメニューの「設定情報の保存」を実行してください。
@@ -1599,7 +1621,7 @@
 | 設定を戻す | NVDA+Ctrl+R | NVDA+Ctrl+R | 1回押すと前回保存された設定に戻します。3回押すと設定をリセットします。 |
 %kc:endInclude
 
-++ 設定プロファイル ++
+++ 設定プロファイル ++[ConfigurationProfiles]
 いろいろな状況に応じて設定を使い分けたいことがあります。
 例えば、編集作業のときはインデントの報告を有効にしたい、校閲のときにはフォント情報の報告を有効にしたい、などです。
 NVDAの設定プロファイルを使うとこのようなことができます。
@@ -1610,7 +1632,7 @@
 設定プロファイルは手動アクティブ化できます。
 また、特定のアプリへの切り替えなどのトリガーによって自動的に設定プロファイルを切り替えることもできます。
 
-+++ 基本的な管理 +++
++++ 基本的な管理 +++[ProfilesBasicManagement]
 NVDAメニュー「設定プロファイル」から設定プロファイルの管理ができます。
 また以下のキーコマンドが有効です:
 %kc:beginInclude
@@ -1626,7 +1648,7 @@
 
 「閉じる」ボタンを押すとダイアログが閉じます。
 
-+++ プロファイルの作成 +++
++++ プロファイルの作成 +++[ProfilesCreating]
 プロファイルを作るには新規のボタンを押してください。
 
 新規プロファイルのダイアログで、プロファイルの名前を入力してください。
@@ -1659,7 +1681,7 @@
 
 「設定プロファイル」ダイアログを閉じるには「閉じる」ボタンを押してください。
 
-+++ プロファイルの編集 +++
++++ プロファイルの編集 +++[ConfigProfileEditing]
 手動アクティブ化のプロファイルにおいては、設定の変更はすべてそのプロファイルに保存されます。
 その他の場合は、設定の変更は、直前にトリガーされたプロファイルに保存されます。
 例えば、メモ帳アプリに対応するプロファイルがあるなら、メモ帳に切り替えると、すべての設定変更の保存先はそのプロファイルになります。
@@ -1667,12 +1689,12 @@
 
 「すべて読み上げ」に対応するプロファイルを編集するには、[手動アクティブ化 #ConfigProfileManual] で選択する必要があります。
 
-+++ すべてのトリガーを一時的に無効化 +++
++++ すべてのトリガーを一時的に無効化 +++[ConfigProfileDisablingTriggers]
 すべてのトリガーを一時的に無効化できると便利な場合もあります。
 例えば、手動アクティブ化や「通常の設定」プロファイルを編集するためには、自動トリガーは作業の妨げになります。
 このようなときには「設定プロファイル」ダイアログの「すべてのトリガーを一時的に無効化」チェックボックスをチェックしてください。
 
-++ 設定プロファイルの保存場所 ++
+++ 設定プロファイルの保存場所 ++[LocationOfConfigurationFiles]
 ポータブル版のNVDAは、すべての設定項目とアドオンを、NVDAの実行ファイルがあるフォルダー内のuserConfigというフォルダーに保存します。
 
 インストール版のNVDAでは、すべての設定項目とアドオンを、Windowsのユーザープロファイル内の特別なフォルダーに保存します。
@@ -1683,15 +1705,15 @@
 通常、この設定ファイルを直接書き換えてはいけません。
 ログオンまたはUAC画面でのNVDAの設定を変更したい場合は、いったん現在起動中のNVDAを使ってログオン画面のNVDA用の設定を作ってから、一般設定ダイアログ内の"現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用する"ボタンを使用して設定をコピーしてください。
 
-+ ツール +
++ ツール +[ExtraTools]
 
-++ ログビューアー ++
+++ ログビューアー ++[LogViewer]
 NVDAメニュー内のツール内にあるログビューアーでは、最後にNVDAを起動したときから現在までに記録されたすべてのログを閲覧できます。
 
 コンテンツを読むだけでなく、ログファイルを保存したり、ビューアーを更新することができるので、ログビューアーを開いた後からも最新の出力を得ることができます。
 これらのオプションは、ビューアーのログメニューから利用できます。
 
-++ スピーチビューアー ++
+++ スピーチビューアー ++[SpeechViewer]
 目の見える開発者や、目の見える聴衆にNVDAのデモを行うときのために、NVDAが現在読み上げているすべてのテキストを表示できるフローティング・ウィンドウがあります。
 
 スピーチビューアーを有効にするには、NVDAメニュー内のツールにある項目、"スピーチビューアー"をチェックしてください。
@@ -1706,7 +1728,7 @@
 
 NVDA メニューを開かないでスピーチビューアーの有効、無効を切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
-++ アドオン マネージャー ++
+++ アドオン マネージャー ++[AddonsManager]
 アドオン マネージャーではNVDAのアドオンパッケージをインストール、削除、有効化、または無効化できます。NVDAメニューの「ツール」「アドオン マネージャー」から実行できます。
 これらのアドオン パッケージはコミュニティによって提供されます。NVDAの機能を追加・変更するアドオンや、点字ディスプレイや音声合成エンジンのドライバーを追加するアドオンがあります。
 
@@ -1748,11 +1770,11 @@
 
 NVDA メニューを開かないでアドオンマネージャーを直接開きたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
-++ Pythonコンソール ++
+++ Pythonコンソール ++[PythonConsole]
 NVDAメニュー内のツールにあるPythonコンソールは開発用のツールで、デバッグや一般的なNVDA内部の動作検証、アプリのアクセシビリティ階層構造の検査などに使用できます。
 詳細は、[NVDA 開発者ガイド https://www.nvaccess.org/files/nvda/documentation/developerGuide.html]を参照してください。
 
-++ プラグインの再読み込み ++
+++ プラグインの再読み込み ++[ReloadPlugins]
 この項目を実行すると、アプリモジュールとグローバルプラグインをNVDAを再起動することなく再読み込みできます。これは開発者にとって便利です。
 
 + サポートされている音声エンジン +[SupportedSpeechSynths]
@@ -1759,7 +1781,7 @@
 この章では、NVDAでサポートされている音声エンジンについて述べます。
 NVDAで利用可能な無料及び有料の音声エンジンの購入及びダウンロード方法の詳細については、[extra voices page https://github.com/nvaccess/nvda/wiki/ExtraVoices]を参照してください。
 
-++ eSpeak NG ++
+++ eSpeak NG ++[eSpeakNG]
 音声エンジン[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]はNVDAに内蔵されているので、追加のドライバーやコンポーネントをインストールする必要はありません。
 NVDAは初期状態で、この eSpeak NG を使用して起動します。
 この音声エンジンはNVDAに同梱されているので、別のシステム上でUSBメモリーからNVDAを実行するときには良い選択です。
@@ -1769,7 +1791,7 @@
 
 また、音質の代替として、多くの声色を選択できます。
 
-++ Microsoft Speech API バージョン 4 (SAPI 4) ++
+++ Microsoft Speech API バージョン 4 (SAPI 4) ++[SAPI4]
 SAPI 4 は、Microsoftの古い音声エンジン向けの標準規格です。
 NVDA は SAPI 4 に対応しており、インストールされている SAPI 4 音声エンジンがあれば利用できます。
 しかし Microsoft はこの技術をもうサポートしていません。現在は必要なコンポーネントの配布が終了しています。
@@ -1776,12 +1798,12 @@
 
 NVDA の音声エンジン設定で SAPI 4 を選択すると「音声」の選択肢にはインストールされているすべての SAPI 4 音声エンジンの利用可能な音声が追加されます(これは [音声設定ダイアログ #VoiceSettings] または [簡単音声設定 #SynthSettingsRing] で選択可能です)。
 
-++ Microsoft Speech API バージョン 5 (SAPI 5) ++
+++ Microsoft Speech API バージョン 5 (SAPI 5) ++[SAPI5]
 SAPI 5はMicrosoftの音声エンジン向けの標準規格です。
 この規格に対応した多くの音声エンジンは、複数のメーカーやWebサイトから購入もしくは無料で入手できる他、少なくともひとつ以上の音声がすでにシステムにプリインストールされています。
 NVDAでこの規格を使用する場合、利用可能な音声 ([音声設定 #VoiceSettings]や[簡単音声設定 #SynthSettingsRing]からアクセスできます) には、システムにインストールされていて利用可能なすべてのSAPI 5用の音声が含まれています。
 
-++ Microsoft Speech Platform ++
+++ Microsoft Speech Platform ++[MicrosoftSpeechPlatform]
 Microsoft Speech Platformでは、通常はサーバーベースの読み上げアプリ開発に使用されるような多くの言語の音声が提供されています。
 これらの音声はNVDAでも使用できます。
 
@@ -1794,7 +1816,7 @@
  -
 -
 
-++ Windows OneCore 音声 ++
+++ Windows OneCore 音声 ++[OneCore]
 Windows 10 では OneCore あるいは「モバイル」という名前の新しい音声が利用できます。
 これらの音声は多くの言語で利用でき、従来の Speech API バージョン5の音声と比べて軽快に動作します。
 
@@ -1805,7 +1827,7 @@
 これらは Windows の側で対応されるべき課題です。
 将来の Windows Update で解決されることを期待しています。
 
-++ Audiologic Tts3 ++
+++ Audiologic Tts3 ++[Audiologic]
 これは、イタリア語向けの商用音声エンジンです。
 この音声エンジンをNVDAで使用するには、システムにインストールする必要があります。
 詳細については、Audiologic社のWebサイト、www.audiologic.itを参照してください。
@@ -1812,7 +1834,7 @@
 
 この音声エンジンは、[スペル読み機能 #VoiceSpellingFunctionality]をサポートしていません。
 
-++ Nuance Vocalizer for NVDA ++
+++ Nuance Vocalizer for NVDA ++[Vocalizer]
 Nuance Vocalizer はニュアンス・コミュニケーションズ社の商用の高品質音声エンジンです。Tiflotecnia, Lda はこのエンジンをNVDA用のパッケージにしました。
 このエンジンには50以上の音声を追加でき、30以上の言語を合成できます。
 音声エンジンと追加の音声はNVDAのアドオンとして提供され、ポータブル版のNVDAでもすべての機能を使用できます。
@@ -1823,7 +1845,7 @@
 + サポートされている点字ディスプレイ +[SupportedBrailleDisplays]
 この章では、NVDAでサポートされている点字ディスプレイについて述べます。
 
-++ Freedom Scientific社製Focus/PAC Mateシリーズ ++
+++ Freedom Scientific社製Focus/PAC Mateシリーズ ++[FreedomScientificFocus]
 すべてのUSBまたはbluetooth接続された[Freedom Scientific http://www.freedomscientific.com/]社製のFocus及びPAC Mateディスプレイをサポートしています。
 使用するには、Freedom Scientific社製の点字ディスプレイ用ドライバーが必要です。
 お持ちでない場合は、 http://www2.freedomscientific.com/downloads/focus-40-blue/focus-40-14-blue-downloads.asp から入手できます。
@@ -1882,15 +1904,20 @@
 | 点字表示を前にスクロール | 左バンパーバー下, 右バンパーバー下 |
 %kc:endInclude
 
-++ Optelec社製 ALVA BC640/680 ++
+++ Optelec ALVA 6 series/protocol converter ++[OptelecALVA]
 USBまたはbluetooth接続された[Optelec http://www.optelec.com/]社製のALVA BC640及びBC680ディスプレイの両方をサポートします。
+Alternatively, you can connect an older Optelec display, such as a Braille Voyager, using a protocol converter supplied by Optelec.
 これらのディスプレイを使用するために、特別なドライバーは必要ありません。
 ディスプレイを接続して、NVDAでそれが使用できるように設定するだけです。
 
-これらの機器は点字入力キーを備えていますが、文字入力は機器自身によってテキストに変換されます。
-NVDAの点字入力テーブル設定は有効ではありません。
+Note: NVDA might be unable to use an ALVA BC6 display over Bluetooth when it is paired using the ALVA Bluetooth utility.
+When you have paired your device using this utility and NVDA is unable to detect your device, we recommend you to pair your ALVA display the regular way using the Windows Bluetooth settings.
 
-以下は、これらのディスプレイ上で使用できるNVDA用のキー割り当てです。
+Note: while some of these displays do have a braille keyboard, they handle translation from braille to text themselves by default.
+This means that NVDA's braille input system is not in use in the default situation (i.e. the input braille table setting has no effect).
+For ALVA displays with recent firmware, it is possible to disable this HID keyboard simulation using an input gesture.
+
+Following are key assignments for this display with NVDA.
 各キーの位置については、ディスプレイの説明書を参照してください。
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー |
@@ -1900,6 +1927,7 @@
 | 点字表示を次の行に移動 | t4 |
 | 点字表示を次にスクロール | t5 または etouch3 |
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
+| Toggle HID keyboard simulation | t1+spEnter |
 | レビューの最初の行に移動 | t1+t2 |
 | レビューの最後の行に移動 | t4+t5 |
 | 点字表示の追従の切り替え | t1+t3 |
@@ -1913,20 +1941,22 @@
 | 下矢印キー | spDown |
 | 左矢印キー | spLeft |
 | 右矢印キー | spRight |
-| Enterキー | spEnter |
+| Enterキー | spEnter, enter |
 | 日付と時刻の報告 | sp1+sp2 |
 | NVDAメニュー | sp1+sp3 |
 | Windows+Dキー (すべてのアプリを最小化) | sp1+sp4 |
 | Windows+Bキー (システムトレイにフォーカスを移動) | sp3+sp4 |
-| Windowsキー | sp2+Sp3 |
+| Windowsキー | sp2+Sp3, windows |
 | Alt+Tabキー | sp2+sp4 |
 | Ctrl+Homeキー | t3+spUp |
 | Ctrl+Endキー | t3+spDown |
 | Homeキー | t3+spLeft |
 | Endキー | t3+spRight |
+| alt key | alt |
+| control key | control |
 %kc:endInclude
 
-++ Handy Tech社製ディスプレイ ++
+++ Handy Tech社製ディスプレイ ++[HandyTech]
 USB、シリアルポート、Bluetoothで接続できる多くの[Handy Tech http://www.handytech.de/]社製ディスプレイをサポートしています。
 古いUSB接続のディスプレイを使用する場合は、Handy Tech社からUSBドライバーを入手してインストールする必要があります。
 
@@ -1960,7 +1990,7 @@
 | 点字入力の切替 | スペース+B1+B3+B4 (スペース+大文字 B) |
 %kc:endInclude
 
-++ MDV Lilli ++
+++ MDV Lilli ++[MDVLilli]
 [MDV http://www.mdvbologna.it/]社製のLilliディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイを使用するために、特別なドライバーは必要ありません。
 ディスプレイを接続して、NVDAでそれが使用できるように設定するだけです。
@@ -1980,7 +2010,7 @@
 | Alt+Shift+Tabキー | SUP |
 %kc:endInclude
 
-++ Baum/Humanware/APH/Orbit 点字ディスプレイ ++
+++ Baum/Humanware/APH/Orbit 点字ディスプレイ ++[Baum]
 USB, Bluetooth またはシリアルポートで接続される[Baum http://www.baum.de/cms/en/]、[HumanWare http://www.humanware.com/]、[APH http://www.aph.org/]および[Orbit http://www.orbitresearch.com/]の点字ディスプレイをサポートしています。
 サポートしているディスプレイには以下のものが含まれます。
 - Baum: SuperVario, PocketVario, VarioUltra, Pronto!, SuperVario2, Vario 340
@@ -2016,7 +2046,7 @@
 | Enterキー | select |
 %kc:endInclude
 
-++ hedo ProfiLine USB ++
+++ hedo ProfiLine USB ++[HedoProfiLine]
 [hedo Reha-Technik http://www.hedo.de/]製のhedo ProfiLine USBに対応しました。
 最初に、製造元から提供されているUSBドライバーをインストールする必要があります。
 
@@ -2033,7 +2063,7 @@
 | すべて読み上げ | B6 |
 %kc:endInclude
 
-++ hedo MobilLine USB ++
+++ hedo MobilLine USB ++[HedoMobilLine]
 [hedo Reha-Technik http://www.hedo.de/]製のhedo MobilLine USBがサポートされました。
 最初に、製造元から提供されているUSBドライバーをインストールする必要があります。
 
@@ -2050,7 +2080,7 @@
 | すべて読み上げ | B6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HumanWare製Brailliant BI/Bシリーズ ++
+++ HumanWare製Brailliant BI/Bシリーズ ++[HumanWareBrailliant]
 USBまたはBluetooth接続された[HumanWare http://www.humanware.com/]製の BI 32、BI 40及びB 80を含むBrailliant BI及びBシリーズディスプレイがサポートされました。
 USB接続で HumanWare プロトコルを使用する場合は、事前に製造元から提供されたUSBドライバーをインストールする必要があります。
 プロトコルとして OpenBraille を使用する場合は USB ドライバーは不要です。
@@ -2081,79 +2111,79 @@
 | すべて読み上げ | c1+c2+c3+c4+c5+c6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle シリーズ ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
+++ HIMS Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille Series ++
+NVDA supports Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle and Sync Braille displays from [Hims http://www.hims-inc.com/] when connected via USB or bluetooth.
 USB 接続のときは HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-ダウンロード: http://www.himsintl.com/?c=2/13&uid=2319
+You can download these from here: http://www.himsintl.com/upload/HIMS_USB_Driver_v25.zip
 
 NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
 キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字表示を前の行に移動 | 左側のスクロール上 |
-| 点字表示を次の行に移動 | 右側のスクロール上 |
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
+| Scroll braille display back | leftSideScrollUp, rightSideScrollUp, leftSideScroll |
+| Scroll braille display forward | leftSideScrollDown, rightSideScrollDown, rightSideScroll |
+| Move braille display to previous line | leftSideScrollUp+rightSideScrollUp |
+| Move braille display to next line | leftSideScrollDown+rightSideScrollDown |
+| Move to previous line in review | rightSideUpArrow |
+| Move to next line in review | rightSideDownArrow |
+| Move to previous character in review | rightSideLeftArrow |
+| Move to next character in review | rightSideRightArrow |
+| Move to current focus | leftSideScrollUp+leftSideScrollDown, rightSideScrollUp+rightSideScrollDown, leftSideScroll+rightSideScroll |
+| control key | smartbeetle:f1, brailleedge:f3 |
+| windows key | f7, smartbeetle:f2 |
+| alt key | dot1+dot3+dot4+space, f2, smartbeetle:f3, brailleedge:f4 |
+| shift key | f5 |
+| insert key | dot2+dot4+space, f6 |
+| applications key | dot1+dot2+dot3+dot4+space, f8 |
+| capsLock key | dot1+dot3+dot6+space |
+| tab key | dot4+dot5+space, f3, brailleedge:f2 |
+| shift+alt+tab key | f2+f3+f1 |
+| alt+tab key | f2+f3 |
 | Shift+Tab キー | 1の点+2の点+スペース |
-| Alt キー | 1の点+3の点+4の点+スペース |
-| エスケープキー | 1の点+5の点+スペース |
-| Tab キー | 4の点+5の点+スペース |
-| 上矢印キー | 1の点+スペース |
-| 下矢印キー | 4の点+スペース |
-| CapsLock | 1の点+3の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+Tab キー | F2+F3+F1 |
-| Alt+tab キー | F2+F3 |
 | End キー | 4の点+6の点+スペース |
-| Control+End キー | 4の点+5の点+6の点+スペース |
-| Home キー | 1の点+3の点+スペース |
+| control+end key | dot4+dot5+dot6+space |
+| home key | dot1+dot3+space, smartbeetle:f4 |
 | Control+Home キー | 1の点+2の点+3の点+スペース |
-| 左矢印 キー | 3の点+スペース |
-| Control+Shift+左矢印 キー | 2の点+8の点+スペース+F1 |
+| alt+f4 key | dot1+dot3+dot5+dot6+space |
+| leftArrow key | dot3+space, leftSideLeftArrow |
+| control+shift+leftArrow key | dot2+dot8+space+f1 |
 | Control+左矢印 キー | 2の点+スペース |
-| Shift+Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+leftArrow key | dot2+dot7+f1 |
 | Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点 |
-| 右矢印 キー | 6の点+スペース |
-| Control+Shift+右矢印 キー | 5の点+8の点+スペース+F1 |
+| rightArrow key | dot6+space, leftSideRightArrow |
+| control+shift+rightArrow key | dot5+dot8+space+f1 |
 | Control+右矢印 キー | 5の点+スペース |
-| Shift+Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+rightArrow key | dot5+dot7+f1 |
 | Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点 |
 | PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+スペース |
 | Control+PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+上矢印 キー | 2の点+3の点+8の点+スペース+F1 |
+| upArrow key | dot1+space, leftSideUpArrow |
+| control+shift+upArrow key | dot2+dot3+dot8+space+f1 |
 | Control+上矢印 キー | 2の点+3の点+スペース |
-| Shift+Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+upArrow key | dot2+dot3+dot7+f1 |
 | Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点 |
-| Shift+上矢印 キー | 左側のスクロール下 + スペース |
+| shift+upArrow key | leftSideScrollDown+space |
 | PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+スペース |
-| Control+PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+下矢印 キー | 5の点+6の点+8の点+スペース+F1 |
+| control+pageDown key | dot3+dot4+dot5+dot8+space |
+| downArrow key | dot4+space, leftSideDownArrow |
+| control+shift+downArrow key | dot5+dot6+dot8+space+f1 |
 | Control+下矢印 キー | 5の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点+F1 |
+| shift+alt+downArrow key | dot5+dot6+dot7+f1 |
 | Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点 |
-| Shift+下矢印 キー | 右側のスクロール下 + スペース |
-| Delete キー | 1の点+3の点+5の点+スペース |
+| shift+downArrow key | space+rightSideScrollDown |
+| escape key | dot1+dot5+space, f4, brailleedge:f1 |
+| delete key | dot1+dot3+dot5+space, dot1+dot4+dot5+space |
 | F1 キー | 1の点+2の点+5の点+スペース |
 | F3 キー | 1の点+2の点+4の点+8の点 |
-| F4 キー | 7の点+F3 |
-| Windows+B キー | 1の点+2の点+F1 |
-| Windows+D キー | 1の点+4の点+5の点+F1 |
+| f4 key | dot7+f3 |
+| windows+b key | dot1+dot2+f1 |
+| windows+d key | dot1+dot4+dot5+f1 |
+| control+insert key | smartbeetle:f1+rightSideScroll |
+| alt+insert key | smartbeetle:f3+rightSideScroll |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 SyncBraille ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の SyncBraille ディスプレイを NVDA で利用できます。
-HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-
-NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
-キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
-%kc:beginInclude
-|| 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字セルに移動 | タッチカーソル |
-%kc:endInclude
-
-++ 清華 点字ディスプレイ ++
+++ 清華 点字ディスプレイ ++[Seika]
 [日本テレソフト http://www.nippontelesoft.com/] 社の 清華バージョン3, 4 および 5 (40セル) および 清華80 (80セル) 点字ディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイの情報は http://www.seika-braille.com/ を参照してください。
 製造者が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
@@ -2175,7 +2205,7 @@
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
 %kc:endInclude
 
-++ Papenmeier BRAILLEX 新型機種 ++
+++ Papenmeier BRAILLEX 新型機種 ++[Papenmeier]
 次の点字ディスプレイをサポートしています:
 - BRAILLEX EL 40c, EL 80c, EL 20c, EL 60c (USB)
 - BRAILLEX EL 40s, EL 80s, EL 2d80s, EL 70s, EL 66s (USB)
@@ -2256,7 +2286,7 @@
 | tab キー | スペース+3 7の点 |
 %kc:endInclude 
 
-++ Papenmeier BRAILLEX 旧機種 ++
+++ Papenmeier BRAILLEX 旧機種 ++[PapenmeierOld]
 次の点字ディスプレイをサポートしています:
 - BRAILLEX EL 80, EL 2D-80, EL 40 P
 - BRAILLEX Tiny, 2D Screen
@@ -2339,7 +2369,7 @@
 | 前のオブジェクトに移動 | right2 |
 %kc:endInclude
 
-++ HumanWare BrailleNote ++
+++ HumanWare BrailleNote ++[HumanWareBrailleNote]
 NVDA は [Humanware http://www.humanware.com] の BrailleNote ノートテイカーに対応しており、スクリーンリーダーのための点字ディスプレイ端末として使うことができます。
 次の機種に対応しています:
 - BrailleNote Classic (シリアル接続のみ)
@@ -2387,7 +2417,7 @@
 | 入力ヘルプの切替 | スペース+2の点+3の点+6の点 (スペース+小文字h) |
 %kc:endInclude
 
-++ EcoBraille ++
+++ EcoBraille ++[EcoBraille]
 NVDA は [ONCE http://www.once.es/] の EcoBraille ディスプレイに対応しています。
 次の機種に対応しています:
 - EcoBraille 20
@@ -2422,7 +2452,7 @@
 | 点字表示モードの切替 | A |
 %kc:endInclude
 
-++ SuperBraille ++
+++ SuperBraille ++[SuperBraille]
 SuperBraille は主に台湾で利用されている機器で、USB またはシリアルで接続できます。
 SuperBraille には物理的なキーやスクロールボタンがないため、入力は PC のキーボードで行います。
 台湾で利用される他のスクリーンリーダーとの互換性を考慮して、点字ディスプレイのスクロールのために以下のキー操作が割り当てられています:
@@ -2432,7 +2462,7 @@
 | 点字表示を前にスクロール | テンキーのマイナス | 
 %kc:endInclude
 
-++ BRLTTY ++
+++ BRLTTY ++[BRLTTY]
 [BRLTTY http://www.brltty.com/]を使うとNVDAをより多くの点字ディスプレイに対応させることができます。
 使用するには、[BRLTTY for Windows http://www.brltty.com/download.html]をインストールする必要があります。
 最新のパッケージ、例えばbrltty-win-4.2-2.exeのような名前のものをダウンロードしてインストールしてください。
@@ -2452,7 +2482,7 @@
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル (カーソルを文字に移動) |
 %kc:endInclude
 
-+ 高度なトピック +
++ 高度なトピック +[AdvancedTopics]
 
 ++ コマンドラインオプション ++[CommandLineOptions]
 NVDA の実行ファイルにコマンドラインオプションをつけて実行すると、NVDA の動作を変更することができます。
@@ -2510,7 +2540,7 @@
 | configInLocalAppData | DWORD | 0(既定)で無効, 1で有効 | 有効にするとNVDAのユーザー設定をローミング設定フォルダではなくローカル設定フォルダに保存 |
 | serviceDebug | DWORD | 0(既定)で無効, 1で有効 | 有効にするとセキュアデスクトップでセキュアモードを使用しません。セキュアデスクトップでPythonコンソールやログビューアが有効になります。セキュリティに関する問題が強く懸念されるためこのオプションの利用は非推奨 |
 
-+ さらに詳細な情報 +
++ さらに詳細な情報 +[FurtherInformation]
 NVDAに関して、さらに詳細な情報や助けが必要な場合は、NVDAのサイト、NVDA_URLを参照してください。
 ここには追加のドキュメント、そして技術サポートやコミュニティーのリソースがあります。
 また、NVDA開発に関する情報やリソースも提供しています。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 5, 2018

14375 までの差分の翻訳案を作ってしまったので、これでコミットしておきます。

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 38639)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -7,7 +7,7 @@
 = 目次 =[toc]
 %%toc
 
-+ はじめに +
++ はじめに +[Introduction]
 NVDAにようこそ!
 
 NonVisual Desktop Access (NVDA) は、Microsoft Windowsオペレーティングシステム用の無料でオープンソースのスクリーンリーダーです。
@@ -14,7 +14,7 @@
 NVDAによって視覚障害者は、合成音声や点字によるフィードバックを通して、Windowsコンピューターを晴眼者と同じコストで使えるようになります。
 NVDAは、コミュニティーの援助により[NV Access https://www.nvaccess.org/]が開発しました。
 
-++ 一般的な機能 ++
+++ 一般的な機能 ++[GeneralFeatures]
 NVDAによって視覚障害者は、Windowsオペレーティングシステムやサードパーティー製のアプリを使えるようになります。
 
 NVDAの主な特徴は以下の通りです。
@@ -22,21 +22,22 @@
 - 80以上の言語に対応した音声エンジンを同梱
 - 利用可能な場合、フォント名、サイズ、スタイル及びスペルミスといった書式情報を報告可能
 - マウスカーソル位置のテキスト自動読み上げと、音によりマウスカーソルの位置を報告できるオプション
-- 数多くの点字ディスプレイのサポートと、点字ディスプレイに点字入力キーがある場合のコンピューター点字の入力
+- 数多くの点字ディスプレイのサポートと、点字ディスプレイに点字入力キーがある場合の点字入力
 - インストールなしでUSBメモリーや他の携帯型メディアから実行が可能
 - 簡単に利用できるトーキングインストーラー
-- 51ヶ国語への翻訳
+- 52ヶ国語への翻訳
 - 32ビット版および64ビット版の最新のWindowsへの対応
 - Windowsのログオン及びその他のセキュアスクリーンでの動作
+- タッチジェスチャーでコントロールやテキストを報告
 - Microsoft Active Accessibility、Java Access Bridge、IAccessible2及びUI Automationといった一般的なアクセシビリティインターフェースのサポート (UI AutomationはWindows 7及びそれ以降でのみサポートされています)
 - Windowsのコマンドプロンプトやコンソールアプリのサポート
 -
 
-++ 国際化 ++
+++ 国際化 ++[Internationalization]
 世界中の誰もが、話している言語に関わらず、等しくテクノロジーにアクセスできるということが重要です。
-NVDAは現在、英語以外の51ヶ国語に翻訳されています: アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アラビア語、アラゴン方言(スペイン語)、ブラジルポルトガル語、ブルガリア語、ビルマ語、カタルーニャ語、コロンビア国のスペイン語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、ファルシ(ペルシア)語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、グルジア語、ドイツ語、ギリシア語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、アイルランド語、イタリア語、日本語、カンナダ語、韓国語、リトアニア語、マケドニア語、ネパール語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、パンジャーブ語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タミル語、タイ語、中国語 (繁体字) 、中国語 (簡体字) 、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語。
+NVDAは現在、英語以外の52ヶ国語に翻訳されています: アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アラビア語、アラゴン方言(スペイン語)、ブラジルポルトガル語、ブルガリア語、ビルマ語、カタルーニャ語、コロンビア国のスペイン語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、ファルシ(ペルシア)語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、グルジア語、ドイツ語、ギリシア語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、アイルランド語、イタリア語、日本語、カンナダ語、韓国語、キルギス語、リトアニア語、マケドニア語、ネパール語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、パンジャーブ語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タミル語、タイ語、中国語 (繁体字) 、中国語 (簡体字) 、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語。
 
-++ 音声合成サポート ++
+++ 音声合成サポート ++[SpeechSynthesizerSupport]
 メッセージやインターフェースを複数の言語で提供できるだけでなく、使用したい言語に対応した音声エンジンがある場合、NVDAではどんな言語のコンテンツも読ませることができます。
 
 NVDAは、無料でオープンソースの多言語対応音声エンジンである[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]を搭載しています。
@@ -43,7 +44,7 @@
 
 NVDAでサポートしているその他の音声エンジンについては[サポートされている音声エンジン #SupportedSpeechSynths]セクションを参照してください。
 
-++ 点字ディスプレイサポート ++
+++ 点字ディスプレイサポート ++[BrailleSupport]
 点字ディスプレイがあれば、NVDAは情報を点字で出力することができます。
 点字ディスプレイからの1級点字および2級点字の文字入力にも対応しています。
 詳細は[サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays]を参照してください。
@@ -50,7 +51,7 @@
 
 NVDAでは、多くの言語の点字コードをサポートしており、その多くは、略字、標準点字及びコンピューター点字にも対応しています。
 
-++ ライセンスと著作権 ++
+++ ライセンスと著作権 ++[LicenseAndCopyright]
 NVDA is copyright NVDA_COPYRIGHT_YEARS NVDA contributors.
 
 NVDAはGNU 一般公衆利用許諾契約書 (Version 2) によって保護されています。
@@ -58,7 +59,7 @@
 この規定は、オリジナルのソフトウェアと改良版を含むソフトウェアのコピー、さらにその派生物にも適用されます。
 本ライセンスについての詳細は、[オンライン http://www.gnu.org/licenses/old-licenses/gpl-2.0.html]で確認してください。
 
-+ システム要件 +
++ システム要件 +[SystemRequirements]
 - オペレーティングシステム: 32ビット版と64ビット版の Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10 および Windows Server 2008 R2 以降のサーバー用オペレーティングシステム
  - Windows 7 はサービスパック1以降に対応
  - Windows Server 2008 R2 はサービスパック1以降に対応
@@ -67,7 +68,7 @@
 - 90MB程度のディスク空き容量
 -
 
-+ NVDAの入手と設定 +
++ NVDAの入手と設定 +[GettingAndSettingUpNVDA]
 まだNVDAを入手していない場合は、[www.nvaccess.org NVDA_URL]からダウンロードしてください。
 
 ダウンロードのページに移動して、NVDAの最新版をダウンロードするためのリンクを選んでください。
@@ -86,7 +87,7 @@
   
 もうひとつの選択肢である「動作を継続する」は、デモンストレーションには役立つでしょう。しかし、ダウンロードパッケージを使う方法は、NVDAの起動にとても時間がかかります。
 
-++ ポータブル版と一時的な実行の制約 ++
+++ ポータブル版と一時的な実行の制約 ++[PortableAndTemporaryCopyRestrictions]
 NVDAのポータブル版およびインストーラーでの一時的な実行では、ログオン画面の読み上げやログオン後の自動起動ができませんが、その他に以下の制約があります:
 - 管理者権限で実行しているアプリを操作できません。NVDA 自身を管理者権限で実行することでこの制約を回避できますが、推奨できません。
 - 管理者権限が必要なアプリを起動しようとしたときに表示されるユーザーアカウント制御(UAC)の画面を操作できません。
@@ -95,7 +96,7 @@
 - Windows 8 およびそれ以降: 音のダッキングを利用できません。
 -
 
-++ NVDAのインストール ++
+++ NVDAのインストール ++[InstallingNVDA]
 NVDAのダウンロードパッケージから直接NVDAをインストールする場合は、「NVDAをインストールする」ボタンを押してください。
 最初のダイアログを閉じてしまった場合や、ポータブル版からインストールしたい場合は、NVDAメニューの「ツール」から「NVDAをインストール」のメニュー項目を選択してください。
 
@@ -105,20 +106,20 @@
 インストールが完了すると、インストールが成功したというメッセージが表示されます。
 ここで「OK」を押すと、NVDAが再起動され、新しくインストールされたバージョンが実行されます。
 
-+++ Windowsのログオン画面でNVDAを使用 +++
++++ Windowsのログオン画面でNVDAを使用 +++[StartAtWindowsLogon]
 このオプションを有効にすると、Windowsのログオン画面でパスワードを入力する前にNVDAが自動的に起動します。
 またこのオプションにより、ユーザーアカウント制御(UAC)などのセキュリティ画面でもNVDAが有効になります。
 
-+++ デスクトップにアイコンとショートカットキー(Ctrl+Alt+N)を作成 +++
++++ デスクトップにアイコンとショートカットキー(Ctrl+Alt+N)を作成 +++[CreateDesktopShortcut]
 このオプションにより、デスクトップにNVDAを起動するためショートカットを作るかどうかを選択できます。
 ショートカットを作ると、キーボードでCtrl+Alt+Nを押すことでもNVDAを起動できるようになります。
 
-+++ ポータブル版の設定を現在のユーザーアカウントにコピー +++
++++ ポータブル版の設定を現在のユーザーアカウントにコピー +++[CopyPortableConfigurationToCurrentUserAccount]
 このオプションにより、現在実行しているNVDAの設定を、新しくインストールされたNVDAの設定として使えるように、ログオン中のユーザーアカウントにコピーするかどうかを選択できます。
 システムに作られている他のユーザーやログオン画面で使われるシステムの環境には、この設定はコピーされません。
 この設定はポータブル版からインストールを行う場合にだけ有効です。ダウンロードパッケージから直接インストールする場合にも使用できません。
 
-++ ポータブル版の作成 ++
+++ ポータブル版の作成 ++[CreatingAPortableCopy]
 NVDAのダウンロードパッケージから直接ポータブル版を作成する場合は「ポータブル版を作成」ボタンを押してください。
 最初のダイアログを閉じてしまった場合や、NVDAをインストールされた環境で実行している場合は、NVDAメニューの「ツール」から「ポータブル版を作成」のメニュー項目を選択してください。
 
@@ -130,9 +131,9 @@
 作成が完了すると、作成に成功したというメッセージが表示されます。
 ここで「OK」を押してダイアログを閉じてください。
 
-+ NVDA入門 +
++ NVDA入門 +[GettingStartedWithNVDA]
 
-++ NVDAの起動 ++
+++ NVDAの起動 ++[LaunchingNVDA]
 インストーラーでNVDAをインストールした場合、ショートカットキーCtrl+Alt+Nを押すか、スタートメニュー「プログラム」にあるNVDAのグループから「NVDA」を選択することで起動します。
 また、「ファイル名を指定して実行」ダイアログに、NVDAと入力してEnterキーを押すことでも実行できます。
 NVDAの実行ファイルに [コマンドラインオプション #CommandLineOptions] をつけて実行することもできます。NVDAの再起動(-r), 終了(-q), アドオンの無効化(--disable-addons)などです。
@@ -150,6 +151,7 @@
 何も聞こえないか、Windowsエラー音または下り調子の音が聞こえた場合、NVDAにエラーが起こっています。エラーをNVDA開発者に報告して頂けると助かります。
 方法については、NVDAのWebサイトを参照してください。
 
++++ Welcome Dialog +++[WelcomeDialog]
 NVDAを初めて起動すると、NVDA制御キーの代替キーとNVDAメニューに関する基本情報を表示するダイアログボックスが表示されます。
 これらについては、この後の説明を参照してください。
 ダイアログボックスには1個のコンボボックスと3個のチェックボックスがあります。
@@ -158,9 +160,9 @@
 2番目は「Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始」の設定です。これはインストールされたNVDAだけで有効です。
 3番目は「NVDA起動時にこのダイアログを表示」の設定です。
 
-++ NVDAのキーボードコマンド ++
+++ NVDAのキーボードコマンド ++[AboutNVDAKeyboardCommands]
 
-+++ NVDA制御キー +++
++++ NVDA制御キー +++[TheNVDAModifierKey]
 NVDAを制御するキーボードコマンドは、NVDA制御キーとよばれる特別なキーと、他の1個または複数のキーの組み合わせです。
 ただし、デスクトップ配列におけるテキストレビューのコマンドで、テンキーを単独で使うことがあります。この他にもいくつか、例外的に NVDA 制御キーを使わないコマンドがあります。
 
@@ -169,7 +171,7 @@
 
 いずれかのNVDA制御キーを本来のそのキーとして使用したい場合 (例えばInsertキーをNVDA制御キーとして使用しているときに挿入と上書きのモードを切り替えたい場合) は、そのキーを素早く2回押してください。
 
-+++ キーボード配列 +++
++++ キーボード配列 +++[KeyboardLayouts]
 現在、NVDAにはデスクトップ配列とラップトップ配列の2種類のキーボード配列(レイアウト)があります。
 初期状態のNVDAはデスクトップ配列に設定されています。NVDAメニュー内のキーボード設定からラップトップ配列に変更できます。
 
@@ -177,17 +179,17 @@
 ノート型コンピューターで物理的なテンキーがなくても、FNキーを押しながらキーボードの右側にあるキーを押すことでテンキーの代わりに使える場合もあります (7 8 9 U I O J K L等のキーを使用) 。
 お使いのコンピューターでテンキーがまったく使えない場合や、NumLockをオフにできない場合は、ラップトップ配列に変更するとよいでしょう。
 
-++ NVDA タッチジェスチャー ++
+++ NVDA タッチジェスチャー ++[NVDATouchGestures]
 NVDAをタッチ画面付きコンピューターとWindows 8以降で実行しているときには、NVDAをタッチ画面で直接操作できます。
 NVDAが動作している間は、すべてのタッチ入力はNVDAに送られます。
 つまり、NVDAが動いていないときに実行されていた、通常のアクションは使えなくなります。
 
-+++ 画面の探索 +++
++++ 画面の探索 +++[ExploringTheScreen]
 タッチ画面による操作の基本は、画面を触ったときにその場所のコントロールや文字を報告する機能です。
 この機能を使うには、画面の中の調べたい場所を1本指でタッチしてください。
 画面をタッチしたままで指を移動させていくと、指がコントロールや文字の上を通過するときに報告されます。
 
-+++ タッチジェスチャー +++
++++ タッチジェスチャー +++[TouchGestures]
 このユーザーガイドではNVDAのいろいろなコマンドを説明しますが、タッチ画面でコマンドを実行するジェスチャーが、リストに含まれることがあります。
 ここではタッチ画面でのジェスチャーの操作について説明します。
 
@@ -210,7 +212,7 @@
 タップと同様に、複数の指による操作もジェスチャーとして使われます。
 2本指上フリック、4本指左フリックなどがあり得るということです。
 
-+++ タッチモード +++
++++ タッチモード +++[TouchModes]
 NVDAのコマンドはタッチジェスチャーで区別できる操作よりも多いので、NVDAでは複数のタッチモードを切りかえます。そして、モードごとにコマンドを使いわけます。
 タッチモードはテキストモードとオブジェクトモードの2種類です。
 このガイドで説明するNVDAコマンドには、ジェスチャーの種類のあとにカッコの中にタッチモードが書かれているものがあります。
@@ -221,7 +223,16 @@
 タッチモードのトグル切り替えをするには、3本指タップします。
 %kc:endInclude
 
-++ 入力ヘルプモード ++
++++ タッチキーボード +++[TouchKeyboard]
+タッチキーボードは、タッチ画面からのテキストとコマンドの入力に使用します。
+エディットフィールドにフォーカスがあるときに、画面の下のタッチキーボードのアイコンをダブルタップして、タッチキーボードを有効にします。
+Microsoft Surface Pro などのタブレットでは、キーボードが装着解除されているときにはタッチキーボードが常に利用可能です。
+タッチキーボードを無効にするには、タッチキーボードのアイコンをダブルタップするか、エディットフィールドではない要素にフォーカスを移動します。
+
+タッチキーボードが有効な場合に、それぞれの文字のキーを探すには、通常は画面の下に配置されているタッチキーボードの中に指を動かして、そのまま1本指でキーを探します。
+押したいキーを見つけたら、そのキーをダブルタップする、または単に指を画面から離す、いずれかでキーを押すことができます。この操作方法は [タッチ操作の設定ダイアログ #TouchInteraction] で切り替えます。
+
+++ 入力ヘルプモード ++[InputHelpMode]
 このユーザーガイドを通じて、多くのキー操作とタッチコマンドを説明しますが、入力ヘルプモードは、さまざまなコマンドをさがす手軽な方法です。
 
 入力ヘルプを開始するには NVDA+1 を押します。
@@ -229,7 +240,7 @@
 入力ヘルプモードでは、入力ジェスチャーの操作(キーを押す、またはタッチジェスチャーを実行すること)を報告して、(何か機能が割り当てられていれば)その操作に割り当てられたコマンドを説明します。
 入力ヘルプモードでは実際のコマンドは実行されません。
 
-++ NVDAメニュー ++
+++ NVDAメニュー ++[TheNVDAMenu]
 NVDAメニューでは、NVDAの設定変更、ヘルプへのアクセス、設定情報の保存/読み込み、読み上げ辞書の編集、その他の追加のツールの使用、NVDAの終了ができます。
 
 NVDA実行中に、Windowsの任意の状態からNVDAメニューを開くには、NVDA+Nを押すか、タッチスクリーンで2本指の2回タップをします。
@@ -237,7 +248,7 @@
 アイコンをマウスで右クリックする方法と、Windowsキー+Bを押してシステムトレイに移動し、矢印キーでNVDAアイコンを選択してアプリケーションキーを押す方法のどちらも利用できます。
 メニューが開いたら、矢印キーでメニュー項目間を移動し、Enterキーで項目を開くことができます。
 
-++ 基本的なNVDAコマンド ++
+++ 基本的なNVDAコマンド ++[BasicNVDACommands]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | デスクトップ用キー | ラップトップ用キー | タッチ | 説明 |
 | 読み上げ停止 | Ctrl | Ctrl | 2本指タップ | 読み上げを停止します。 |
@@ -250,7 +261,7 @@
 | アプリごとのスリープモードの切り替え | NVDA+Shift+S | NVDA+Shift+Z | なし | スリープモードは現在のアプリに対してすべてのNVDAコマンド、音声読み上げ及び点字出力を無効にします。これは、独自の読み上げ機能や画面読み上げ機能を提供できるアプリ使用時に便利です。もう一度このコマンドを押すとスリープモードはオフになります。 |
 %kc:endInclude
 
-++ システム情報の報告 ++
+++ システム情報の報告 ++[ReportingSystemInformation]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 日付と時刻の報告 | NVDA+F12 | 1回押すと時刻を報告し、2回押すと日付を報告します。 |
@@ -258,7 +269,7 @@
 | クリップボードテキストの報告 | NVDA+C | 存在する場合、クリップボード内のテキストを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-+ NVDAの移動コマンド +
++ NVDAの移動コマンド +[NavigatingWithNVDA]
 NVDAでは、通常の操作やレビューカーソルを含むさまざまな方法でシステム内を移動できます。
 
 ++ オブジェクト ++[Objects]
@@ -328,8 +339,10 @@
 あるオブジェクトに移動すると[テキストの確認の操作 #ReviewingText]が使えます。このときレビューモードは[オブジェクトレビュー #ObjectReview]になっています。
 初期状態では、ナビゲーターオブジェクトはフォーカスの移動に追従しますが、この動作のオンとオフを切り替えることができます。
 
-点字は、初期状態ではオブジェクトナビゲーションやテキストレビューではなく、[フォーカス #SystemFocus]や [キャレット #SystemCaret]に追従します。
-点字ディスプレイでオブジェクトナビゲーションやテキストレビューを行いたい場合は、[点字表示の切り替え #BrailleTether]をレビューに設定してください。
+点字表示は、[フォーカス #SystemFocus] や [キャレット #SystemCaret] に追従しますが、オブジェクトナビゲーションやテキストレビューが使われるときはそれらに追従します。
+フォーカスやキャレットだけに追従させたい場合は、[点字表示の切り替え #BrailleTether] を「フォーカス」に設定します。
+この場合、点字表示はオブジェクトナビゲーションやテキストレビューに追従しません。
+点字表示をオブジェクトナビゲーションやテキストレビューだけに追従させたい場合は、[点字表示の切り替え #BrailleTether] を「レビュー」に設定します。
 
 オブジェクト間の移動には次のコマンドを使います。
 
@@ -424,7 +437,7 @@
 
 新しいアプリにおいては、NVDA で画面上のテキストの一部またはすべてが確認できないことがあります。これは画面表示に使われている技術が現在のNVDAでは対応できないためです。
   
-++ マウスカーソルの移動 ++
+++ マウスカーソルの移動 ++[NavigatingWithTheMouse]
 NVDAは初期設定の場合、マウスカーソルを動かすと、マウスカーソルの直下にあるテキストをその移動に応じて報告します。
 サポートされている場合、テキストを段落単位で読むことができますが、一部のコントロールでは1行単位での読み上げしか行えないこともあります。
 
@@ -478,8 +491,7 @@
 | 詳細説明を開く | NVDA+D | 現在の要素に詳細説明(longdesc属性)があれば、新しいウィンドウを開いて表示します。 |
 %kc:endInclude
 
-
-++ 1文字ナビゲーション ++
+++ 1文字ナビゲーション ++[SingleLetterNavigation]
 効率的な操作のために、NVDAにはブラウズモードで特定の要素にジャンプするためのアルファベット1文字の移動コマンドがあります。
 以下のコマンドはドキュメントの種類によっては一部利用できないものがあります。
 
@@ -521,7 +533,7 @@
 現在のドキュメントで1文字ナビゲーションを使用するか使わないかを切り替えるには NVDA+Shift+スペース を押します。
 %kc:endInclude
 
-++ 要素リスト ++
+++ 要素リスト ++[ElementsList]
 特定のアプリおよびドキュメントにおいて要素リストを使うと、種別ごとの一覧から要素にアクセスできます。
 例えばウェブブラウザの要素リストではリンク、見出し、フォームフィールド、ボタン、ランドマークの種別を選ぶことができます。
 種別はラジオボタンで選択できます。
@@ -532,7 +544,7 @@
 | ブラウズモードの要素リスト | NVDA+F7 | 現在のドキュメント内の要素リストを種別ごとに表示します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ 埋め込みオブジェクト ++
+++ 埋め込みオブジェクト ++[ImbeddedObjects]
 ページには Adobe Flash, Oracle Java, HTML5 などの技術を使ったリッチコンテンツ、アプリ、ダイアログが含まれていることがあります。
 ブラウズモードでこれらは"埋め込みオブジェクト", "アプリ", "ダイアログ"と報告されます。
 1文字ナビゲーションの o と Shift+o でオブジェクトに移動することもできます。
@@ -561,7 +573,7 @@
 NVDAはドキュメントの読み上げにおいて、これらの対応している数式コンテンツがあれば数式の読み上げを行います。
 点字ディスプレイを使用している場合は、点字での数式の出力を行います。
 
-++ 対話的なナビゲーション ++
+++ 対話的なナビゲーション ++[InteractiveNavigation]
 音声を主要な手段として使っている場合は、数式全体をまとめて一度に聞くよりも、数式を細かい部分に分けて、それぞれの部分ごとに確認をするほうがよいでしょう。
 
 ブラウズモードでは、矢印キーで数式コンテンツの中を移動して、エンターキーを押せば、このような部分ごとの確認ができます。
@@ -583,7 +595,7 @@
 
 通常のドキュメントの操作に戻るには Esc キーを押してください。
 
-+ 点字ディスプレイ +
++ 点字ディスプレイ +[Braille]
 NVDA は情報を点字ディスプレイに表示することができます。
 点字ディスプレイにパーキンス式キーボードが備わっている場合は、1級点字または2級点字による入力もできます。
 
@@ -590,7 +602,7 @@
 [対応している点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] も参照してください。
 点字ディスプレイの設定については [点字設定ダイアログ #BrailleSettings] を参照してください。
 
-++ コントロールの種類、状態、ランドマークの表記 ++
+++ コントロールの種類、状態、ランドマークの表記 ++[BrailleAbbreviations]
 点字ディスプレイにより多くの情報を表示するために、コントロールの種類、状態、ランドマークを以下のように表記します。
 
 || 表記 | コントロールの種類 |
@@ -678,9 +690,9 @@
 | srch | 検索 |
 | rgn | 範囲 |
 
-++ 点字入力 ++
+++ 点字入力 ++[BrailleInput]
 NVDA は点字キーボードからの1級点字および2級点字の入力に対応しています。
-点字設定の [入力テーブル #BrailleInputTable] で、点字キーボード入力をテキストに変換するためのテーブルを選択できます。
+点字設定の [入力テーブル #BrailleSettingsInputTable] で、点字キーボード入力をテキストに変換するためのテーブルを選択できます。
 
 1級点字を使う場合は、入力はそのまま文字として挿入されます。
 2級点字を使う場合は、単語に続けてスペースまたは Enter を入力するとテキストが挿入されます。
@@ -693,7 +705,7 @@
 7と8の点を押すと、点字入力の変換だけを行います。スペースや Enter の入力は行いません。
 %kc:endInclude
 
-+ 画像認識 +
++ 画像認識 +[ContentRecognition]
 コンテンツの制作者がスクリーンリーダー利用者に対して十分な情報を提供していない場合には、画像認識が利用できます。
 NVDA は Windows 10 に内蔵された文字認識エンジン(OCR)に対応しています。
 そのほかの画像認識エンジンは NVDA アドオンとしての提供が可能です。
@@ -718,12 +730,12 @@
 Windows 10 文字認識で現在のナビゲーターオブジェクトの画像を認識するには NVDA+R を押します。
 %kc:endInclude
 
-+ アプリ固有の機能 +
++ アプリ固有の機能 +[ApplicationSpecificFeatures]
 NVDAは、特定のタスクを簡単に実行するために、あるいは、スクリーンリーダーに配慮した操作方法がない機能を使えるようにするために、アプリごとに特別な機能を提供しています。
 
-++ Microsoft Word ++
+++ Microsoft Word ++[MicrosoftWord]
 
-+++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++
++++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++[WordAutomaticColumnAndRowHeaderReading]
 Microsoft Word でテーブルの中を移動する場合に、NVDA は行や列の見出しを必要に応じて自動的に報告することができます。
 この機能を使うためには、まず NVDA の書式情報の設定で「テーブルの行列見出しの報告」にチェックをしてください。
 次に、テーブルのどの行または列が見出しなのかを NVDA に指示します。
@@ -736,7 +748,7 @@
 この設定はドキュメントのブックマークとして JAWS など他のスクリーンリーダーと互換性のある形式で保存されます。
 つまり、他のスクリーンリーダーのユーザーがこのファイルを開いたときにも、行や列の見出しは自動的に報告されます。
 
-+++ Microsoft Word におけるブラウズモード +++
++++ Microsoft Word におけるブラウズモード +++[BrowseModeInMicrosoftWord]
 ウェブブラウザと同じように、Microsoft Word ではブラウズモードに切り替えて1文字ナビゲーションや要素リストなどの機能を使うことができます。
 %kc:beginInclude
 Microsoft Word でブラウズモードに切り替えるには NVDA+スペース を押します。
@@ -743,21 +755,21 @@
 %kc:endInclude
 ブラウズモードと1文字ナビゲーションの詳しい説明は [ブラウズモード #BrowseMode] をお読みください。
  
-++++ 要素リスト ++++
+++++ 要素リスト ++++[WordElementsList]
 %kc:beginInclude
 Microsoft Word で要素リストを開くにはブラウズモードに切り替えて NVDA+F7 を押します。
 %kc:endInclude
 要素リストでは見出し、リンク、コメント(変更履歴を含む)、文章校正(スペルミス)の一覧が利用できます。
 
-+++ コメントの報告 +++
++++ コメントの報告 +++[WordReportingComments]
 %kc:beginInclude
 キャレット位置のテキストについているコメントを報告するには NVDA+Alt+C を押します。
 %kc:endInclude
 ドキュメントのすべてのコメントと変更履歴の一覧は NVDA の要素リストの種別「コメント」から利用できます。
 
-++ Microsoft Excel ++
+++ Microsoft Excel ++[MicrosoftExcel]
 
-+++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++
++++ 行や列の見出しの自動読み上げ +++[ExcelAutomaticColumnAndRowHeaderReading]
 Excel ワークシートの中の移動中に、行や列の見出しを必要に応じて自動的に報告させることができます。
 この機能を使うためには、まず NVDA の書式情報の設定で「テーブルの行列見出しの報告」にチェックをしてください。
 次に、どの行または列が見出しなのかを NVDA に指示します。
@@ -770,7 +782,7 @@
 この設定はワークブックのセル範囲として JAWS など他のスクリーンリーダーと互換性のある形式で保存されます。
 つまり、他のスクリーンリーダーのユーザーがこのワークブックを開いたときにも、行や列の見出しは自動的に報告されます。
 
-+++ 要素リスト +++
++++ 要素リスト +++[ExcelElementsList]
 ウェブブラウザと同じように Microsoft Excel では要素リストが利用できます。要素リストを使うといろいろな種別の情報の一覧や操作ができます。
 %kc:beginInclude
 Excel で要素リストを利用するには NVDA+F7 を押します。
@@ -792,31 +804,31 @@
 フォームフィールドを選択して Enter キーを押すか「移動」ボタンを実行すると、ブラウズモードでそのフィールドに移動できます。
 -
 
-+++ コメントの報告 +++
++++ コメントの報告 +++[ExcelReportingComments]
 %kc:beginInclude
 フォーカス位置のセルにあるコメントを報告するには NVDA+Alt+C を押します。
 %kc:endInclude
 ワークシートのすべてのコメントの一覧は要素リストから利用できます。
 
-+++ 保護されたセルの読み上げ +++
++++ 保護されたセルの読み上げ +++[ExcelReadingProtectedCells]
 ワークブックが保護されている場合は、編集がロックされているセルにフォーカスを移動できないことがあります。
 %kc:beginInclude
 保護されたセルに移動するには NVDA+スペース でブラウズモードに切り替えてください。矢印キーなど Excel の標準的な移動コマンドで現在のワークシートのすべてのセルに移動できるようになります。
 %kc:endInclude
 
-+++ フォームフィールド +++
++++ フォームフィールド +++[ExcelFormFields]
 Excel のワークシートにはフォームフィールドが含まれる場合があります。
 要素リストまたは1文字ナビゲーションの F および Shift+F でフォームフィールドに移動できます。
 ブラウズモードでフォームフィールドに移動し Enter またはスペースを押すと、そのコントロールの種類に応じて、アクティブ化またはフォーカスモードへの切り替えが行われます。
 ブラウズモードと1文字ナビゲーションの詳細は[ブラウズモード #BrowseMode]を参照してください。
 
-++ Microsoft PowerPoint ++
+++ Microsoft PowerPoint ++[MicrosoftPowerPoint]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 発表者ノート読み上げの切り替え | Ctrl+Shift+S | スライドショー実行中に、発表者用ノートとスライド内容を切り替えます。これはNVDAの読み上げだけを切り替えるもので、スクリーンに表示する内容は切り替えません。 |
 %kc:endInclude
 
-++ foobar2000 ++
+++ foobar2000 ++[Foobar2000]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 残り時間の報告 | Ctrl+Shift+R | 現在再生中のトラックがある場合、その残り時間を報告します。 |
@@ -824,13 +836,13 @@
 
 注意:「残り時間の報告」ショートカットはステータス行の書式が既定の設定の場合のみ有効です。
 
-++ Miranda IM ++
+++ Miranda IM ++[MirandaIM]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | 最新のメッセージの報告 | NVDA+Ctrl+1-4 | 最新のメッセージの中から、押された数字に該当するメッセージを報告します。例えば、NVDA+Ctrl+2は、2番目に新しいメッセージを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Poedit ++
+++ Poedit ++[Poedit]
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー | 説明 |
 | コメントウィンドウの報告 | Ctrl+Shift+C | コメントウィンドウ内のすべてのコメントを報告します。 |
@@ -837,7 +849,7 @@
 | 翻訳者への注記の報告 | Ctrl+Shift+A | 翻訳者への注記を報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Skype ++
+++ Skype ++[Skype]
 %kc:beginInclude
 チャットコンテンツリストの操作:
 || 名称 | キー | 説明 |
@@ -844,7 +856,7 @@
 | メッセージの確認 | NVDA+Ctrl+1-0 | 数字に対応した位置のチャット履歴のメッセージを報告して、その場所にレビューカーソルを移動します。例えば NVDA+Ctrl+2 を押すと最新から2番目のメッセージを報告します。 |
 %kc:endInclude
 
-++ Kindle for PC ++
+++ Kindle for PC ++[Kindle]
 NVDA は Amazon Kindle for PC での電子書籍の読み上げとナビゲーションに対応しています。
 この機能は「スクリーンリーダー対応」として制作された Kindle 電子書籍で有効です。それぞれの電子書籍の詳細ページで対応状況を確認してください。
 
@@ -861,7 +873,7 @@
 アクセシブルな数式を含む書籍では、数式の読み上げと対話的なナビゲーションが可能です。
 詳細は [数式の読み上げ #ReadingMath] を参照してください。
 
-+++ テキストの選択 +++
++++ テキストの選択 +++[KindleTextSelection]
 Kindleでは、辞書の検索、メモやハイライトの追加、テキストのクリップボードへのコピー、Webの検索など、選択したテキストについてさまざまな機能を実行できます。
 これらを行うには、まずブラウズモードで通常どおりにテキストを選択します。例えばShiftキーとカーソルキーが使用できます。
 %kc:beginInclude
@@ -869,7 +881,7 @@
 %kc:endInclude
 テキストを選択せずにこの操作を行うと、カーソル位置の単語に対するオプションが表示されます。
 
-+++ ユーザーノート +++
++++ ユーザーノート +++[KindleUserNotes]
 単語またはテキストのパッセージに関するメモを追加できます。
 これを行うには、まず対象のテキストを選択し、前述の操作でオプションを表示します。
 次に「メモを追加」を選択します。
@@ -883,7 +895,7 @@
 + 「メモを編集」を選択します。
 +
 
-++ Azardi ++
+++ Azardi ++[Azardi]
 %kc:beginInclude
 登録済み書籍のテーブルビューにて:
 || 名称 | キー | 説明 |
@@ -891,9 +903,9 @@
 | コンテクストメニュー | アプリケーション | 選択中の書籍のコンテクストメニューを開く |
 %kc:endInclude
 
-+ NVDAの設定 +
++ NVDAの設定 +[ConfiguringNVDA]
 
-++ 設定メニュー ++
+++ 設定メニュー ++[preferences]
 %kc:settingsSection: || 名称 | デスクトップ用キー | ラップトップ用キー | 説明 |
 ほとんどのNVDAの設定はNVDAメニュー内の設定サブメニューから開くことができるダイアログボックス内で変更できます。
 すべてのNVDAの設定ダイアログでは、OKボタンを押すことで設定が適用できます。
@@ -903,11 +915,11 @@
 既定の設定では、一部の設定ダイアログだけに入力ジェスチャー(キーボード入力、タッチジェスチャーなど)が割り当てられています。
 ショートカットキーの割り当てられていないダイアログには、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で開く操作を追加できます。
 
-+++ 一般設定 (NVDA+Ctrl+G) +++
++++ 一般設定 (NVDA+Ctrl+G) +++[GeneralSettings]
 一般設定ダイアログは、設定メニューの中にあります。
 このダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
-==== 言語 ====
+==== 言語 ====[GeneralSettingsLanguage]
 NVDAのユーザーインターフェースやメッセージをどの言語で表示させるかを選択できるコンボボックスです。
 多くの言語が選択できますが、既定のオプションは「既定の言語」です。
 このオプションが選択されていると、NVDAはユーザーが使用しているWindowsの既定の言語を使用します。
@@ -916,45 +928,45 @@
 言語設定を変更した場合、NVDAは再起動するかどうかを確認します。
 OKボタンを押すとNVDAが再起動します。
 
-==== 終了時に設定情報を保存 ====
+==== 終了時に設定情報を保存 ====[GeneralSettingsSaveConfig]
 このオプションはチェックボックスで、チェックされている場合はNVDA終了時に現在の設定情報が自動的に保存されます。
 
-==== NVDA終了時に終了オプションを表示 ====
+==== NVDA終了時に終了オプションを表示 ====[GeneralSettingsShowExitOptions]
 このオプションはチェックボックスで、NVDA終了前に終了オプションのダイアログを表示させるかどうかを選択できます。
 チェックされている場合、NVDAを終了しようとしたときに、終了、再起動、アドオンを無効化して再起動、のオプションを選択するダイアログが表示されます。
 チェックなしの場合、NVDAはすぐに終了します。
 
-==== NVDAの起動と終了のサウンド ====
+==== NVDAの起動と終了のサウンド ====[GeneralSettingsPlaySounds]
 このオプションはチェックボックスで、チェックされている場合にはNVDAの起動と終了の効果音を再生します。
 
-==== ログ記録レベル ====
+==== ログ記録レベル ====[GeneralSettingsLogLevel]
 これはコンボボックスで、NVDAがどの程度の実行記録を行うかを設定します。
 一般的には、冗長な記録を行わないために、ユーザーはこの設定を変更すべきではありません。
 しかしながら、このオプションはユーザーがバグ報告を行う場合に有効です。
 
-==== Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始 ====
+==== Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始 ====[GeneralSettingsStartAfterLogOn]
 チェックされている場合、NVDAはWindowsへのログオン後に自動的に開始されます。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== ログオン画面でNVDAを使用 (管理者権限が必要) ====
+==== ログオン画面でNVDAを使用 (管理者権限が必要) ====[GeneralSettingsStartOnLogOnScreen]
 もしユーザー名とパスワードを指定してWindowsにログオンしている場合、このチェックボックスをチェックすると、NVDAをWindows起動時のログオン画面で自動的に開始できます。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== 現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用 (管理者権限が必要) ====
+==== 現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用 (管理者権限が必要) ====[GeneralSettingsCopySettings]
 このボタンを押すと、現在保存されているNVDAのユーザー設定をNVDAのシステムフォルダーにコピーします。この設定は、ログオンやユーザーアクセスコントロール (UAC) 、その他のセキュアスクリーンにおけるNVDAで利用されます。
 すべての設定を確実にコピーするため、事前にNVDA+Ctrl+CまたはNVDAメニュー内の設定情報の保存を実行してください。
 このオプションはインストールされたNVDAでのみ有効です。
 
-==== NVDAの更新を自動的に確認 ====
+==== NVDAの更新を自動的に確認 ====[GeneralSettingsCheckForUpdates]
 このチェックボックスをチェックすると、NVDAは新しいバージョンが入手できるかどうかを自動的に確認し、それを通知します。
 NVDAメニュー「ヘルプ」の「更新を確認」を使って手動で更新を確認することもできます。
 
-+++ 音声エンジンの切り替え (NVDA+Ctrl+S) +++
++++ 音声エンジンの切り替え (NVDA+Ctrl+S) +++[SynthesizerSelection]
 設定メニューの中の"音声エンジン"で表示される音声エンジンダイアログでは、NVDAがどの音声エンジンを使って読み上げを行うかを選択できます。
 音声エンジンを選択してOKボタンを押すと、NVDAは選択された音声エンジンを読み込みます。
 もし音声エンジンの読み込みに失敗した場合、NVDAはメッセージでそれを報告し、前に使用していた音声エンジンを使用します。
 
-==== 音声エンジン ====
+==== 音声エンジン ====[SynthesizerSelectionSynthesizer]
 このオプションでは、NVDAが音声出力に使用する音声エンジンを選択できます。
 
 NVDAでサポートされている音声エンジンの一覧は、[サポートされている音声エンジン #SupportedSpeechSynths]セクションを参照してください。
@@ -962,11 +974,11 @@
 唯一、いつでもこの一覧にある特別な項目は"音声なし"で、これによりNVDAを音声出力なしで使用できます。
 この項目は、NVDAを点字出力のみで使用する方や、もしかしたら晴眼者がNVDAのスピーチビューアーを使用する際に有効かもしれません。
 
-==== 出力先デバイス ====
+==== 出力先デバイス ====[SynthesizerSelectionOutputDevice]
 このオプションでは、NVDAが選択された音声エンジンを使って読み上げを出力するサウンドカードを選択できます。
 
 %kc:setting
-==== 音のダッキング ====
+==== 音のダッキング ====[SynthesizerSelectionDuckingMode]
 キー: NVDA+Shift+D
 
 Windows 8 以降では、NVDA の音声やサウンドの出力のときに限って、またはNVDAを実行している間ずっと、他のアプリの音量を低くすることができます。
@@ -984,42 +996,42 @@
 
 音声設定ダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
-==== 音声 ====
+==== 音声 ====[VoiceSettingsVoice]
 このダイアログの最初のオプションは、現在選択されている音声エンジンにインストールされている音声の一覧のコンボボックスです。
 矢印キーを使ってすべての音声の種類を聞くことができます。
 左矢印と上矢印は、リスト項目を上に移動し、右矢印と下矢印は、リスト項目を下に移動します。
 
-==== 声色 ====
+==== 声色 ====[VoiceSettingsVariant]
 NVDAに同梱されている eSpeak NG では、このコンボボックスで声色を選択できます。
 eSpeak NG では音声は言語の違いに対応し、声色は声の違いに対応します。
 声色によっては男性の声に聞こえたり、女性の声に聞こえたりします。蛙のような声もあります。
 
-==== 速さ ====
+==== 速さ ====[VoiceSettingsRate]
 このオプションで音声の速さを変更できます。
 0から100の間を移動するスライダーで、0はもっとも遅く100はもっとも速い値を示します。
 
-==== 高さ ====
+==== 高さ ====[VoiceSettingsPitch]
 このオプションで音声の高さを変更できます。
 0から100の間を移動するスライダーで、0は最も低く、100はもっとも高い値を示します。
 
-==== 音量 ====
+==== 音量 ====[VoiceSettingsVolume]
 このオプションは0から100の間を移動するスライダーで、0がもっとも低く、100がもっとも高い値を示します。
 
-==== 抑揚 ====
+==== 抑揚 ====[VoiceSettingsLanguageSwitching]
 このオプションはスライダーで、音声エンジンがどれだけの抑揚で話すかを設定できます (なお、現在このオプションに対応しているのは eSpeak NG だけです) 。
 
-==== 自動言語切り替え ====
+==== 自動言語切り替え ====[VoiceSettingsLanguageSwitching]
 このチェックボックスで、読み上げようとしているテキストに言語の指定がある場合、NVDAが音声エンジンの言語を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
 このオプションは初期状態でチェックされています。
 現在この自動言語切り替えは、eSpeak NG でのみサポートされています。
 
-==== 自動方言切り替え ====
+==== 自動方言切り替え ====[VoiceSettingsDialectSwitching]
 自動言語切り替えがチェックされている場合、このチェックボックスで、言語だけでなく、方言を自動的に切り替えるかどうかを選択できます。
 例えば、アメリカ英語の音声を使用中でドキュメントの一部にイギリス英語が指定されていた場合、この機能は音声合成のアクセントを切り替えます。
 このオプションは初期状態ではチェックなしです。
 
 %kc:setting
-==== 句読点/記号レベル ====
+==== 句読点/記号レベル ====[VoiceSettingsSymbolLevel]
 キー: NVDA+P
 
 このオプションでは、句読点及び記号を単語として読み上げる際のレベルを変更できます。
@@ -1026,24 +1038,24 @@
 もし「すべて」が選択されていれば、すべての記号が単語として読み上げられます。
 このオプションは現在使用中の音声エンジンだけでなく、すべての音声エンジンに対して有効です。
 
-==== 記号と文字の説明に音声の言語を使用 ====
+==== 記号と文字の説明に音声の言語を使用 ====[VoiceSettingsTrust]
 初期状態では、句読点/記号読み辞書と文字説明辞書を、音声エンジンの現在の言語に合わせて切り替えます。
 特定の音声エンジンや話者を使っていて、記号読み上げ辞書が不適切に切り替わってしまう場合などには、このオプションを無効にすれば、一般設定で指定された言語で記号と文字の説明が行われます。
 
-==== 大文字のピッチ変更率 ====
+==== 大文字のピッチ変更率 ====[VoiceSettingsCapPitchChange]
 このエディットフィールドでは大文字を読み上げる際の高さの変化率を指定します。
 値はパーセントで指定し、負の値を指定すると大文字の高さは小文字よりも低くなりますし、正の値を指定すると高くなります。
 高さを変更したくない場合は、0を指定してください。
 
-==== 大文字の前に大文字と読む ====
+==== 大文字の前に大文字と読む ====[VoiceSettingsSayCapBefore]
 この設定はチェックボックスで、チェックされている場合はNVDAに大文字の前に"大文字"と読むように指示します。
 通常、NVDAはすべての大文字に対して音声のピッチを上げますが、一部の音声エンジンではそれが十分機能しないので、このオプションが有効かもしれません。
 
-==== 大文字にビープ音をつける ====
+==== 大文字にビープ音をつける ====[VoiceSettingsBeepForCaps]
 このチェックボックスがチェックされていると、NVDAは大文字で書かれた文字を検出するたびに小さなビープ音を鳴らします。
 大文字の前に大文字と読むチェックボックスのように、この設定も、大文字に対して音声の高さを変更できない音声エンジンを使用している場合に有効です。
 
-==== サポートされている場合スペル読み機能を使用 ====[VoiceSpellingFunctionality]
+==== サポートされている場合スペル読み機能を使用 ====[VoiceSettingsUseSpelling]
 1文字で構成されているような単語がありますが、その発音は文字自身が個々の文字として発音されるか、単語として発音されるかによって異なります。
 例えば英語では、"a"は文字でもあり単語でもあります。それぞれの発音は同じではありません。
 このオプションにより、もし音声エンジンがサポートしている場合は、これらのふたつの場合を区別することができます。
@@ -1066,7 +1078,7 @@
 +++ 点字設定 +++
 点字設定ダイアログは、設定メニューの中の点字設定オプションから開くことができます。
 
-==== 点字ディスプレイ ====
+==== 点字ディスプレイ ====[BrailleSettingsDisplay]
 点字設定ダイアログの中の最初のオプションは、"点字ディスプレイ"です。
 システム上で利用可能な点字ディスプレイドライバーに応じて、いくつかのオプションが表示されます。
 矢印キーを使ってオプション間を移動してください。
@@ -1075,7 +1087,7 @@
 
 サポートされている点字ディスプレイの一覧は、[サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays]セクションを参照してください。
 
-==== ポート ====
+==== ポート ====[BrailleSettingsPort]
 このオプションが有効のとき、選択された点字ディスプレイとの通信を行うポートや接続方法を選ぶことができます。
 このコンボボックスには点字ディスプレイとの接続についての選択肢が表示されます。
 
@@ -1087,13 +1099,13 @@
 
 お使いの点字ディスプレイが対応している接続方法やポート選択方法については、 [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] の各項目もお読みください。
 
-==== 出力テーブル ====
+==== 出力テーブル ====[BrailleSettingsOutputTable]
 次のオプションは点字出力テーブルを選択するコンボボックスです。
 このコンボボックスでは、言語、点訳規則、グレードを点字変換テーブルによって選択できます。
 選択されたテーブルは、テキストを点字ディスプレイの出力に変換するために使われます。
 リストの中のテーブル項目は矢印キーで移動できます。
 
-==== 入力テーブル ====[BrailleInputTable]
+==== 入力テーブル ====[BrailleSettingsInputTable]
 出力テーブルの次のオプションは、点字入力テーブルを選択するコンボボックスです。
 点字ディスプレイのパーキンス型キーで入力された点字を入力文字に変換するときにこの入力テーブルが使われます。
 リストの中の項目は矢印キーで移動できます。
@@ -1101,34 +1113,34 @@
 このオプションは、お使いの点字ディスプレイがパーキンス型キーを備えていて、機器のドライバーが入力に対応している場合のみ有効です。
 パーキンス型キーを備えているディスプレイであってもドライバーが文字入力に対応していない場合は [サポートされている点字ディスプレイ #SupportedBrailleDisplays] で説明します。
 
-==== コンピューター点字(NABCC)を使用 ====
+==== コンピューター点字(NABCC)を使用 ====[BrailleSettingsExpandToComputerBraille]
 このオプションをチェックすると、カーソル位置の単語を、出力テーブルの点字ではなくコンピューター点字(NABCC)として表示します。
 
-==== カーソル表示 ====
+==== カーソル表示 ====[BrailleSettingsShowCursor]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイにカーソルを表示します。
 このオプションはシステムキャレットとレビューカーソルに影響しますが、選択範囲の表示には影響しません。
 
-==== カーソル点滅 ====
+==== カーソル点滅 ====[BrailleSettingsBlinkCursor]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイのカーソルが点滅します。
 チェックなしの場合は、点字ディスプレイのカーソルは常に点が上がった状態になります。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== カーソル点滅速度(ミリ秒) ====
+==== カーソル点滅速度(ミリ秒) ====[BrailleSettingsBlinkRate]
 このオプションは数値フィールドで、カーソルの点滅速度をミリ秒単位で変更できます。
 
-==== フォーカス追従のカーソルの形 ====
+==== フォーカス追従のカーソルの形 ====[BrailleSettingsCursorShapeForReview]
 このオプションによって点字表示がフォーカスに追従している場合の点字カーソルの形(点のパターン)を変更できます。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== レビューカーソル追従のカーソルの形 ====
+==== レビューカーソル追従のカーソルの形 ====[BrailleSettingsCursorShapeForReview]
 このオプションによって点字表示がレビューカーソルに追従している場合の点字カーソルの形(点のパターン)を変更できます。
 なお、選択範囲は点滅しない7と8の点で常に表されます。
 
-==== メッセージの表示終了待ち時間 (秒) ====
+==== メッセージの表示終了待ち時間 (秒) ====[BrailleSettingsMessageTimeout]
 このオプションは数値フィールドで、NVDA のメッセージを点字ディスプレイ上に何秒間表示するかを制御できます。
 この値を 0 にするとメッセージは表示されません。
 
-==== メッセージの表示を終了させない ====
+==== メッセージの表示を終了させない ====[BrailleSettingsNoMessageTimeout]
 このオプションをチェックすると、点字ディスプレイへのメッセージの表示が終了しません。
 
 %kc:setting
@@ -1135,9 +1147,11 @@
 ==== 点字表示の切り替え ====[BrailleTether]
 キー: NVDA+Ctrl+T
 
-このオプションでは、点字表示がフォーカスまたはナビゲーターオブジェクト/レビューカーソルのどちらに追従するかを変更できます。
+このオプションでは、点字表示がフォーカスまたはナビゲーターオブジェクト/レビューカーソルに常に追従するか、あるいは自動的に追従を切り替えるかを変更できます。
+「自動」を選択すると、初期状態では点字表示はフォーカス追従になります。
+ユーザーの操作によってナビゲーターオブジェクトやレビューカーソルが移動したときには、点字表示は、再びシステムフォーカスやキャレットの移動が起きるまで、一時的にレビュー追従になります。
 
-==== 段落単位で読む ====
+==== 段落単位で読む ====[BrailleSettingsReadByParagraph]
 チェックされている場合、点字は行ごとではなく段落ごとに表示されます。
 また、次及び前の行への移動コマンドも段落ごとに移動するようになります。
 これにより、それぞれの行末に到達した場合で、より多くのテキストがディスプレイにフィットする際、スクロールする必要がなくなります。
@@ -1144,7 +1158,7 @@
 これは、より多くのテキストを早く読みたい時に有効です。
 この機能は初期状態では無効化されています。
 
-==== 可能な場合単語が切れないようにする ====
+==== 可能な場合単語が切れないようにする ====[BrailleSettingsWordWrap]
 チェックすると、単語が長すぎて点字ディスプレイの表示に最後まで入りきらないような場合に、単語が切れないようにします。
 入りきらない単語はその行に表示されず、点字ディスプレイの残りの部分は空白で埋められます。
 表示をスクロールすると、単語全体が表示されます。
@@ -1156,7 +1170,7 @@
 
 このチェックボックスをチェックすると、単語の読み取りが自然になりますが、頻繁にスクロールを使う必要があります。
 
-==== フォーカスの前後の情報 ====
+==== フォーカスの前後の情報 ====[BrailleSettingsFocusContextPresentation]
 このオプションで、フォーカスの前後の情報を点字ディスプレイにどのように表示するかを選択できます。
 フォーカスの前後の情報とは、ここではオブジェクトの親子・兄弟の階層構造を意味しています。
 例えば、リスト項目にフォーカスが移動したときに、そのリスト項目はリストという親オブジェクトに含まれています。
@@ -1182,20 +1196,20 @@
 
 設定ダイアログを開かないでこの設定を切り替えたい場合は [入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures] で操作をカスタマイズしてください。
 
-+++ キーボード設定 (NVDA+Ctrl+K) +++
++++ キーボード設定 (NVDA+Ctrl+K) +++[KeyboardSettings]
 このダイアログボックスは、設定メニュー内の"キーボード設定..."にあります。
 ここには、以下のオプションが含まれています。
 
-==== キーボード配列 ====
+==== キーボード配列 ====[KeyboardSettingsLayout]
 このコンボボックスでは、NVDAでどのキーボード配列を使用するかを選ぶことができます。現在、NVDAにあるのはデスクトップ配列とラップトップ配列です。
 
-==== 英語キーボードのCapsLockキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== 英語キーボードのCapsLockキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsCapsModifier]
 チェックされている場合、英語キーボードのCapsLockキーがNVDA制御キーとして動作します。
 
-==== InsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== InsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsExtendedInsert]
 チェックされている場合、Insertキー (通常は矢印キーの上のHomeキーやEndキーの近くにあります) をNVDA制御キーとして使用することができます。
 
-==== テンキーのInsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====
+==== テンキーのInsertキーをNVDA制御キーとして使用 ====[KeyboardSettingsNumpadInsert]
 チェックされている場合、テンキー上のInsertキーをNVDA制御キーとして使用することができます。
 
 NVDA制御キーがどのキーにも割り当てられていないと、NVDAの機能を呼び出すことができなくなります。
@@ -1203,42 +1217,42 @@
 エラーメッセージを閉じて、少なくとも1個のキーをNVDA制御キーに割り当ててください。そうしないとこのダイアログを適切に閉じることができません。
 
 %kc:setting
-==== 入力文字の読み上げ ====
+==== 入力文字の読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakTypedCharacters]
 キー: NVDA+2
 
 チェックされている場合、NVDAはキーボードから入力されたすべての文字を読み上げます。
 
 %kc:setting
-==== 入力単語の読み上げ ====
+==== 入力単語の読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakTypedWords]
 キー: NVDA+3
 
 チェックされている場合、NVDAは入力されたすべての単語を読み上げます。
 
-==== 文字入力で読み上げを中断 ====
+==== 文字入力で読み上げを中断 ====[KeyboardSettingsSpeechInteruptForCharacters]
 チェックされている場合、文字入力のキーが押されると音声読み上げを中断します。この設定は初期状態で有効です。
 
-==== Enterキーで読み上げを中断 ====
+==== Enterキーで読み上げを中断 ====[KeyboardSettingsSpeechInteruptForEnter]
 チェックされている場合、エンターキーが押されると音声読み上げを中断します。この設定は初期状態で有効です。
 
-==== 「すべて読み上げ」で流し読みを許可 ====
+==== 「すべて読み上げ」で流し読みを許可 ====[KeyboardSettingsSkimReading]
 チェックされている場合、「すべて読み上げ」の途中で特定のナビゲーションコマンド(ブラウズモードにおける1文字ナビゲーションや、行単位、段落単位の移動など)を実行しても読み上げを中断しません。移動先の箇所から「すべて読み上げ」での読み上げを再開します。
 
-==== CapsLockがオンの時、小文字が入力されたらビープ音を鳴らす ====
+==== CapsLockがオンの時、小文字が入力されたらビープ音を鳴らす ====[KeyboardSettingsBeepLowercase]
 チェックされている場合、CapsLockがオンの状態でShiftキーとともに文字キーが押されたら、警告のためのビープ音を鳴らします。
 一般的に、CapsLock状態でShiftキーを押して文字入力を行うことはなく、意図的でない限りCapsLockがオンであることに気が付いていないような場合です。
 したがって、この機能はそれを知るための警告として役立ちます。
 
 %kc:setting
-==== コマンドキーの読み上げ ====
+==== コマンドキーの読み上げ ====[KeyboardSettingsSpeakCommandKeys]
 キー: NVDA+4
 
 チェックされている場合、NVDAは文字以外のキーの名称を読み上げます。このキーの名称には、Ctrlキーとその他のキーのようなキーの組み合わせも含まれます。
 
-==== スペルミスを入力中に音で報告 ====
+==== スペルミスを入力中に音で報告 ====[KeyboardSettingsAlertForSpellingErrors]
 チェックされている場合、入力中の単語のスペルミスを短い音で報告します。
 このオプションを使うには NVDA の設定の [書式情報 #DocumentFormattingSettings] ダイアログで「スペルミスの報告」をチェックする必要があります。
 
-==== 外部アプリからの文字入力 ====
+==== 外部アプリからの文字入力 ====[KeyboardSettingsHandleKeys]
 スクリーンキーボードや音声認識ソフトウェアなど、外部アプリからの文字入力をNVDAが処理するかどうかを制御できます。
 このチェックボックスは既定値でチェックされています。例えばベトナム語入力システムUnikeyを使う場合には、不適切な文字入力が起こらないように、このチェックボックスをチェックなしにするとよいでしょう。
 
@@ -1246,85 +1260,93 @@
 マウス設定ダイアログは、設定メニューの"マウス設定..."の中にあります。
 この中には以下のオプションが含まれています。
 
-==== マウスカーソル形状の変化の報告 ====
+==== マウスカーソル形状の変化の報告 ====[MouseSettingsShape]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルの形状が変化するたびにそれを報告します。
 Windowsのマウスカーソルは、例えば編集可能や読み込み中のように、その変化で情報を表すことがあります。
 
 %kc:setting
-==== マウスカーソル位置のテキストの報告 ====
+==== マウスカーソル位置のテキストの報告 ====[MouseSettingsTracking]
 キー: NVDA+M
 
 チェックされている場合、NVDAはスクリーン内での移動に伴ってマウスカーソルが重なったテキストを読み上げます。これにより、マウスを直接動かすか、オブジェクトナビゲーションを用いてスクリーン上にある物を探すことができます。
 
-==== テキストの読み上げ範囲 ====
+==== テキストの読み上げ範囲 ====[MouseSettingsTextUnit]
 もしNVDAがマウスカーソル位置のテキストを報告するように設定されていれば、このオプションではマウスカーソル移動時のテキストの読み上げ範囲を選択できます。
 オプションは、文字、単語、行、段落の中から選択できます。
 
-==== マウスカーソル位置の要素の種類の報告 ====
+==== マウスカーソル位置の要素の種類の報告 ====[MouseSettingsRole]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルが重なったオブジェクトのロール (種類) を報告します。
 
-==== マウスカーソルの座標をビープ音で報告 ====
+==== マウスカーソルの座標をビープ音で報告 ====[MouseSettingsAudio]
 チェックされている場合、NVDAはマウスカーソルの移動をビープ音で報告します。それにより、ユーザーはマウスカーソルが画面上のどこに位置しているかを知ることができます。
 マウスカーソルが画面の上に移動するほど高い音になります。
 マウスカーソルが画面の左側や右側に移動すると、その音は左側または右側から聞こえます。ただしステレオのスピーカーまたはヘッドフォンが必要です。
 
-==== マウスカーソル位置の明るさをビープ音の音量で報告 ====
+==== マウスカーソル位置の明るさをビープ音の音量で報告 ====[MouseSettingsBrightness]
 「マウスカーソルの座標をビープ音で報告」がチェックされていて、このチェックボックスをチェックした場合、ビープ音の音量は、画面上でマウスカーソルのある場所の明るさによって制御されます。
 このチェックボックスは初期状態ではチェックなしです。
 
-+++ レビューカーソル設定 +++
++++ タッチ操作設定 +++[TouchInteraction]
+このダイアログは Windows 8 以降でタッチ画面のコンピューターの場合に利用できます。NVDA のタッチ画面の操作について設定ができます。
+
+==== タッチ文字入力モード ====[TouchTypingMode]
+このチェックボックスでは、タッチキーボードで文字を入力する方法の切り替えを行います。
+チェックされている場合、指でキーボードのキーを探し、指を画面から離すと選択されていたキーの入力が実行されます。
+チェックなしの場合、タッチキーボードのキーをダブルタップして入力を実行します。
+
++++ レビューカーソル設定 +++[ReviewCursorSettings]
 設定メニュー内のレビューカーソルダイアログには以下のオプションが含まれています。
 
 
 %kc:setting
-==== フォーカスを追跡 ====
+==== フォーカスを追跡 ====[ReviewCursorFollowFocus]
 キー: NVDA+7
 
 チェックされている場合、フォーカス位置が移動したときに、レビューカーソルも現在フォーカスがあるオブジェクトに移動します。
 
 %kc:setting
-==== キャレットを追跡 ====
+==== キャレットを追跡 ====[ReviewCursorFollowCaret]
 キー: NVDA+6
 
 チェックされている場合、レビューカーソルは自動的にキャレットが移動した位置へ移動します。
 
-==== マウスカーソルを追跡 ====
+==== マウスカーソルを追跡 ====[ReviewCursorFollowMouse]
 チェックされている場合、レビューカーソルはマウスカーソルの動きに追従します。
 
-==== 簡易レビューモード ====
+==== 簡易レビューモード ====[ObjectPresentationSettings]
 チェックされている場合、レビューカーソルが移動できるオブジェクトの階層から、通常は役に立たない非表示のオブジェクトやレイアウト目的のオブジェクトを除外します。
 
 設定ダイアログを開かないで簡易レビューモードを切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-+++ オブジェクト表示設定 (NVDA+Ctrl+O) +++
++++ オブジェクト表示設定 (NVDA+Ctrl+O) +++[ObjectPresentationSettings]
 このダイアログボックスは設定メニューの中の"オブジェクト表示"から利用できます。
 このダイアログボックスには、以下のオプションがあります。
 
-==== ツールチップの報告 ====
+==== ツールチップの報告 ====[ObjectPresentationReportToolTips]
 チェックされている場合、NVDAはツールチップが表示されたときにその内容を読み上げます。
 多くのWindowsのコントロールは、マウスカーソルをそれらに重ねたり、それらにフォーカスしたりしたとき、簡単なメッセージ (またはツールチップ) を表示します。
 
-==== バルーン情報の報告 ====
+==== バルーン情報の報告 ====[ObjectPresentationReportBalloons]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはバルーン情報が表示されたときにその内容を報告します。
 バルーン情報はツールチップに似ていますが、サイズはやや大きく、ネットワークケーブルが接続されていないとか、Windowsのセキュリティ上の問題の報告といった、システムのイベントに関連付けられています。
 
-==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====
+==== オブジェクトのショートカットキーの報告 ====[ObjectPresentationShortcutKeys]
 このチェックボックスがチェックされている場合、NVDAはオブジェクトやコントロールなどを読み上げる際、関連付けられているショートカットキーを含んで読み上げます。
 例えば、メニューバーのファイルメニューには、Alt+Fというショートカットキーがある場合があります。
 
-==== オブジェクト位置情報の報告 ====
+==== オブジェクト位置情報の報告 ====[ObjectPresentationPositionInfo]
 チェックされている場合、オブジェクトにフォーカスしたり、オブジェクトナビゲーションで移動したときに、位置情報を (例えば1の4のように) 報告します。
 
-==== オブジェクトの位置情報を推測 ====
+==== オブジェクトの位置情報を推測 ====[ObjectPresentationGuessPositionInfo]
 「オブジェクト位置情報の報告」がチェックされていて、その情報を取得できないとき、このオプションはNVDAが特定のオブジェクトの位置情報を推測できるようにします。
 
 オンの時、NVDAはメニューやツールバー等のより多くのコントロールの位置情報を報告しますが、その情報はわずかに不正確な場合があります。
 
-==== オブジェクトの説明の報告 ====
+==== オブジェクトの説明の報告 ====[ObjectPresentationReportDescriptions]
 オブジェクトとともに読み上げられる説明が必要ない場合は、このチェックボックスをチェックなしにしてください。
 
 %kc:setting
-==== プログレスバーの報告 ====
+==== プログレスバーの報告 ====[ObjectPresentationProgressBarOutput]
 キー: NVDA+U
 
 このオプションはプログレスバーの更新をどのように報告するかを設定します。
@@ -1336,17 +1358,17 @@
 - ビープ音と読み上げ: このオプションは、NVDAにプログレスバーの変化をビープ音と読み上げの両方で報告するように指示します。
 -
 
-==== バックグラウンドのプログレスバーの更新の報告 ====
+==== バックグラウンドのプログレスバーの更新の報告 ====[ObjectPresentationReportBackgroundProgressBars]
 チェックされている場合、NVDAは物理的に前面に表示されていないウィンドウであってもプログレスバーの変化の状況を報告し続けます。
 もしプログレスバーのあるウィンドウを最小化したり、離れたりしたとしても、NVDAはそのウィンドウの追跡を続けるので、プログレスバーの進行中に他の作業をすることができます。
 
 %kc:setting
-==== 動的コンテンツの変化の報告 ====
+==== 動的コンテンツの変化の報告 ====[ObjectPresentationReportDynamicContent]
 キー: NVDA+5
 
 ターミナルやチャットプログラムの履歴など、特定のオブジェクトに対する新しいコンテンツの報告の方法を切り替えます。
 
-==== 自動入力候補を音で報告 ====
+==== 自動入力候補を音で報告 ====[ObjectPresentationSuggestionSounds]
 チェックされている場合、自動入力候補が表示されると NVDA が音で報告します。
 自動入力候補とは、エディットフィールドやドキュメントで、入力中のテキストに基づいて表示される候補のリストです。
 例えば Windows Vista 以降でスタートメニューの検索ボックスにテキストを入力すると、Windows は入力された文字に応じて候補のリストを表示します。
@@ -1353,59 +1375,59 @@
 また多くの Windows 10 アプリには検索という名前のエディットフィールドがあります。このような場合に NVDA は候補のリストが表示されたことを報告します。
 エディットフィールドから他の要素にフォーカスが移動すると、自動入力候補は表示されなくなります。場合によっては NVDA は自動入力候補が消えたことも報告します。
 
-+++ 入力メソッド設定 +++
++++ 入力メソッド設定 +++[InputCompositionSettings]
 設定メニューから入力メソッド設定のダイアログを開くことができます。
 これは IME またはテキストサービスに対応したアジア言語の文字入力を NVDA が報告するための設定です。
 入力メソッドは種類によって対応している機能や報告する情報が違います。入力メソッドごとに最適な使い勝手にするために、この設定を変更する必要があることをご理解ください。
 
-==== 候補リストの自動報告 ====
+==== 候補リストの自動報告 ====[InputCompositionReportAllCandidates]
 このオプションは既定値でチェックされています。候補リストが表示されたり更新されたりしたときに、全ての候補を読み上げる機能です。
 これは漢字の字形要素を使う中国語入力システム(New ChangJie, Boshiami)で有用です。すべての候補文字を音声で確認し、数字キーで選択できるからです。
 しかし発音を使う中国語入力システム(New Phonetic)では、このオプションは無効にしたほうがよいでしょう。なぜなら全ての文字が同じように読み上げられてしまうからです。このような場合は、候補を矢印キーで選択して、詳細説明を聞いてください。
 
-==== 選択した候補の報告 ====
+==== 選択した候補の報告 ====[InputCompositionAnnounceSelectedCandidate]
 このオプションは既定値でチェックされています。NVDAが変換候補を報告するタイミングを、候補リストが表示されたとき、または、候補が選択されたときの、どちらにするかを変更できます。
 この設定は、矢印キーで候補選択をする入力メソッド(中国語 New Phoneticなど)では有効にしてください。しかし、入力メソッドによっては、この設定を無効にしたほうが効率的に入力できます。
 このチェックボックスがチェックなしの場合にも、レビューカーソルは選択された候補の位置にあるので、オブジェクトナビゲーションやレビューの操作によって、選択中の候補や前後の候補を確認できます。
 
-==== 候補の説明で文字の報告 ====
+==== 候補の説明で文字の報告 ====[InputCompositionCandidateIncludesShortCharacterDescription]
 このオプションは既定値でチェックされています。NVDAが候補の報告で各文字の説明を使うかどうかを変更できます。これは、候補が選択された場合と、候補リストが表示されて自動的に報告される場合の両方についての設定です。
 ただし、中国語などの言語では、このオプションとは無関係に、候補の報告で複数の用例を使う文字説明が使われます。
 このオプションは韓国語や日本語の入力メソッドにおいて役立ちます。
 
-==== 読み文字の報告 ====
+==== 読み文字の報告 ====[InputCompositionReadingStringChanges]
 入力メソッドによっては読み文字(プレコンポジション文字)が存在します。例えば中国語の New Phonetic や New ChangJie などです。
 このオプションは NVDA が読み文字の入力を報告するかどうかを制御します。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 中国語の ChangJie など旧式の入力メソッドでは、プレコンポジション文字を管理するために、読み文字を使わず、コンポジション領域を使います。コンポジションの報告の設定については次の項目を参照してください。
 
-==== コンポジションの更新の報告 ====
+==== コンポジションの更新の報告 ====[InputCompositionCompositionStringChanges]
 多くの入力メソッドでは、読み文字やプレコンポジション文字から変換された表意文字を、一時的にコンポジション領域に追加し、それから文書に挿入します。
 このオプションはコンポジションに追加された文字をNVDAが報告をするかどうかを変更できます。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 
-+++ ブラウズモード設定 (NVDA+Ctrl+B) +++
++++ ブラウズモード設定 (NVDA+Ctrl+B) +++[BrowseModeSettings]
 ブラウズモードの設定ダイアログは、設定メニュー内の"ブラウズモード..."にあります。
 
 ダイアログには以下のオプションがあります。
 
-==== 1行の文字数 ====
+==== 1行の文字数 ====[BrowseModeSettingsMaxLength]
 このフィールドでは、ブラウズモードの1行の長さを (文字数で) 指定します。
 
-==== 1ページの最大行数 ====
+==== 1ページの最大行数 ====[BrowseModeSettingsPageLines]
 このフィールドでは、ブラウズモード内でPageUpやPageDownを押したときに移動する行数を指定します。
 
 %kc:setting
-==== 画面レイアウトを使用 ====
+==== 画面レイアウトを使用 ====[BrowseModeSettingsScreenLayout]
 キー: NVDA+V
 
 このオプションでは、ブラウズモード内のコンテンツがリンクやその他のフィールドをそれぞれ独立した行として表示するか、画面に表示されているのと同じようにリンクなどをテキストどおりに表示するかを設定できます。チェックされている場合は画面に表示されているのと同じように表現し、チェックなしの場合はフィールドはそれぞれ個別の行として表現されます。
 
-==== ページ読み込み時に自動読み上げ ====
+==== ページ読み込み時に自動読み上げ ====[BrowseModeSettingsAutoSayAll]
 このチェックボックスは、ブラウズモード内でページが読み込まれた際にそれを自動で読み上げるかどうかを切り替えます。
 このオプションは既定値でチェックされています。
 
-==== レイアウト目的のテーブルを区別しない ====
+==== レイアウト目的のテーブルを区別しない ====[BrowseModeSettingsIncludeLayoutTables]
 このオプションはレイアウト目的で使われているテーブルをNVDAがどう扱うかを制御します。
 チェックされている場合、NVDA はレイアウト用のテーブルを普通のテーブルとして扱います。[書式情報 #DocumentFormattingSettings]の設定が使われ、1文字ナビゲーションの移動コマンドが使えます。
 チェックなしの場合、レイアウト用のテーブルは報告されなくなり、1文字ナビゲーションでの移動もできません。
@@ -1414,21 +1436,21 @@
 
 設定ダイアログを開かないでレイアウトテーブルのオプションを切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-==== リンクや見出しなどの読み上げの設定 ====
+==== リンクや見出しなどの読み上げの設定 ====[BrowseModeLinksAndHeadings]
 リンク、見出し、テーブルといった、移動中に読み上げられるフィールド種別の設定につきましては、[書式情報 #DocumentFormattingSettings]を参照してください。
 
-==== フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード ====
+==== フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード ====[BrowseModeSettingsAutoPassThroughOnFocusChange]
 このオプションは、フォーカスが変化した場合にフォーカスモードに切り替えるかどうかを設定します。
 例えば、このチェックボックスがチェックされている場合に、WebページでTabキーを押してフォームにフォーカスが移動したら、自動的にフォーカスモードに切り替わります。
 
-==== キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード ====
+==== キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード ====[BrowseModeSettingsAutoPassThroughOnCaretMove]
 チェックされている場合、NVDAは矢印キーの移動に応じてフォーカスモードに入ったり、フォーカスモードから出たりします。
 例えば、Webページの中で下矢印キーで読み進んでいてエディットボックスに到達した場合、NVDAは自動的にフォーカスモードを有効にします。もし、上矢印キーを押してエディットボックスから出ると、NVDAはブラウズモードに戻ります。
 
-==== 音によるフォーカスモードとブラウズモード切替の報告 ====
+==== 音によるフォーカスモードとブラウズモード切替の報告 ====[BrowseModeSettingsPassThroughAudioIndication]
 チェックされている場合、NVDAは音声による報告ではなく、特別な音によってフォーカスモードとブラウズモードが切り替えられたことを報告します。
 
-==== ドキュメントでコマンド以外の操作による入力を防止 ====
+==== ドキュメントでコマンド以外の操作による入力を防止 ====[BrowseModeSettingsTrapNonCommandGestures]
 このオプションは既定値でチェックされています。これは、キー入力などのジェスチャーが NVDA のコマンドではなく、アプリの操作としても実行できなかったときに、現在フォーカスのあるドキュメントに文字として入力されてしまうことを防ぐ機能です。
 チェックされている場合は、例えばキーボードから文字 j が入力され、1文字ナビゲーションとしても無効で、アプリの操作としても無効であったときに、ドキュメントにこの j という文字が書き込まれません。
 
@@ -1477,7 +1499,7 @@
 
 設定ダイアログを開かないでこれらの設定を変更したい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作をカスタマイズしてください。
 
-==== カーソル移動後に書式の変化を報告 ====
+==== カーソル移動後に書式の変化を報告 ====[DocumentFormattingDetectFormatAfterCursor]
 チェックされている場合、NVDAの動作が遅くなる可能性があっても、書式のすべての変化を報告します。
 
 初期状態では、NVDAはキャレットおよびレビューカーソルの位置の書式情報と現在の行の書式情報について、NVDAの動作が遅くならない場合に限って変化を報告します。
@@ -1484,7 +1506,7 @@
 
 このオプションは、ワードパッドでの文章校正など、書式情報が重要な場合にチェックしてください。
 
-==== 行インデント ====[lineIndentationOptions]
+==== 行インデント ====[DocumentFormattingSettingsLineIndentation]
 このオプションで、行の先頭のインデントをどのように報告するかを変更できます。
 この「行インデントの報告」はコンボボックスで以下の4つの選択肢があります。
 
@@ -1498,10 +1520,10 @@
 +++ Windows 10 文字認識 +++[Win10OcrSettings]
 このダイアログは NVDA メニューの「設定」にあり [Windows 10 文字認識 #Win10Ocr] の設定ができます。
 
-==== 文字認識の言語 ====
+==== 文字認識の言語 ====[Win10OcrSettingsRecognitionLanguage]
 このコンボボックスで文字認識に使用する言語を選択します。
 
-+++ 読み上げ辞書 +++
++++ 読み上げ辞書 +++[SpeechDictionaries]
 設定メニューの中の読み上げ辞書メニューには、NVDAが特定の単語やフレーズをどのように読み上げるかを設定できるダイアログがあります。
 現在のところ、3種類の読み上げ辞書が用意されています。
 読み上げ辞書:
@@ -1584,7 +1606,7 @@
 
 OK ボタンを押すとすべての変更を保存してダイアログを閉じます。キャンセルを押すと変更は破棄されます。
 
-++ 設定の保存と再読込 ++
+++ 設定の保存と再読込 ++[SavingAndReloading]
 NVDAの設定情報は、NVDAが終了するときに自動的に保存されます。
 ただし「設定」メニューの「一般設定」ダイアログのオプション「終了時に設定情報を保存」をチェックなしにすると、NVDAが終了するときに設定が保存されません。
 設定を手動で保存するには、NVDAメニューの「設定情報の保存」を実行してください。
@@ -1599,7 +1621,7 @@
 | 設定を戻す | NVDA+Ctrl+R | NVDA+Ctrl+R | 1回押すと前回保存された設定に戻します。3回押すと設定をリセットします。 |
 %kc:endInclude
 
-++ 設定プロファイル ++
+++ 設定プロファイル ++[ConfigurationProfiles]
 いろいろな状況に応じて設定を使い分けたいことがあります。
 例えば、編集作業のときはインデントの報告を有効にしたい、校閲のときにはフォント情報の報告を有効にしたい、などです。
 NVDAの設定プロファイルを使うとこのようなことができます。
@@ -1610,7 +1632,7 @@
 設定プロファイルは手動アクティブ化できます。
 また、特定のアプリへの切り替えなどのトリガーによって自動的に設定プロファイルを切り替えることもできます。
 
-+++ 基本的な管理 +++
++++ 基本的な管理 +++[ProfilesBasicManagement]
 NVDAメニュー「設定プロファイル」から設定プロファイルの管理ができます。
 また以下のキーコマンドが有効です:
 %kc:beginInclude
@@ -1626,7 +1648,7 @@
 
 「閉じる」ボタンを押すとダイアログが閉じます。
 
-+++ プロファイルの作成 +++
++++ プロファイルの作成 +++[ProfilesCreating]
 プロファイルを作るには新規のボタンを押してください。
 
 新規プロファイルのダイアログで、プロファイルの名前を入力してください。
@@ -1659,7 +1681,7 @@
 
 「設定プロファイル」ダイアログを閉じるには「閉じる」ボタンを押してください。
 
-+++ プロファイルの編集 +++
++++ プロファイルの編集 +++[ConfigProfileEditing]
 手動アクティブ化のプロファイルにおいては、設定の変更はすべてそのプロファイルに保存されます。
 その他の場合は、設定の変更は、直前にトリガーされたプロファイルに保存されます。
 例えば、メモ帳アプリに対応するプロファイルがあるなら、メモ帳に切り替えると、すべての設定変更の保存先はそのプロファイルになります。
@@ -1667,12 +1689,12 @@
 
 「すべて読み上げ」に対応するプロファイルを編集するには、[手動アクティブ化 #ConfigProfileManual] で選択する必要があります。
 
-+++ すべてのトリガーを一時的に無効化 +++
++++ すべてのトリガーを一時的に無効化 +++[ConfigProfileDisablingTriggers]
 すべてのトリガーを一時的に無効化できると便利な場合もあります。
 例えば、手動アクティブ化や「通常の設定」プロファイルを編集するためには、自動トリガーは作業の妨げになります。
 このようなときには「設定プロファイル」ダイアログの「すべてのトリガーを一時的に無効化」チェックボックスをチェックしてください。
 
-++ 設定プロファイルの保存場所 ++
+++ 設定プロファイルの保存場所 ++[LocationOfConfigurationFiles]
 ポータブル版のNVDAは、すべての設定項目とアドオンを、NVDAの実行ファイルがあるフォルダー内のuserConfigというフォルダーに保存します。
 
 インストール版のNVDAでは、すべての設定項目とアドオンを、Windowsのユーザープロファイル内の特別なフォルダーに保存します。
@@ -1683,15 +1705,15 @@
 通常、この設定ファイルを直接書き換えてはいけません。
 ログオンまたはUAC画面でのNVDAの設定を変更したい場合は、いったん現在起動中のNVDAを使ってログオン画面のNVDA用の設定を作ってから、一般設定ダイアログ内の"現在保存されている情報をログオンまたはその他のセキュアスクリーンで使用する"ボタンを使用して設定をコピーしてください。
 
-+ ツール +
++ ツール +[ExtraTools]
 
-++ ログビューアー ++
+++ ログビューアー ++[LogViewer]
 NVDAメニュー内のツール内にあるログビューアーでは、最後にNVDAを起動したときから現在までに記録されたすべてのログを閲覧できます。
 
 コンテンツを読むだけでなく、ログファイルを保存したり、ビューアーを更新することができるので、ログビューアーを開いた後からも最新の出力を得ることができます。
 これらのオプションは、ビューアーのログメニューから利用できます。
 
-++ スピーチビューアー ++
+++ スピーチビューアー ++[SpeechViewer]
 目の見える開発者や、目の見える聴衆にNVDAのデモを行うときのために、NVDAが現在読み上げているすべてのテキストを表示できるフローティング・ウィンドウがあります。
 
 スピーチビューアーを有効にするには、NVDAメニュー内のツールにある項目、"スピーチビューアー"をチェックしてください。
@@ -1706,7 +1728,7 @@
 
 NVDA メニューを開かないでスピーチビューアーの有効、無効を切り替えたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
-++ アドオン マネージャー ++
+++ アドオン マネージャー ++[AddonsManager]
 アドオン マネージャーではNVDAのアドオンパッケージをインストール、削除、有効化、または無効化できます。NVDAメニューの「ツール」「アドオン マネージャー」から実行できます。
 これらのアドオン パッケージはコミュニティによって提供されます。NVDAの機能を追加・変更するアドオンや、点字ディスプレイや音声合成エンジンのドライバーを追加するアドオンがあります。
 
@@ -1748,11 +1770,11 @@
 
 NVDA メニューを開かないでアドオンマネージャーを直接開きたい場合は、[入力ジェスチャーのダイアログ #InputGestures]で操作のカスタマイズをしてください。
 
-++ Pythonコンソール ++
+++ Pythonコンソール ++[PythonConsole]
 NVDAメニュー内のツールにあるPythonコンソールは開発用のツールで、デバッグや一般的なNVDA内部の動作検証、アプリのアクセシビリティ階層構造の検査などに使用できます。
 詳細は、[NVDA 開発者ガイド https://www.nvaccess.org/files/nvda/documentation/developerGuide.html]を参照してください。
 
-++ プラグインの再読み込み ++
+++ プラグインの再読み込み ++[ReloadPlugins]
 この項目を実行すると、アプリモジュールとグローバルプラグインをNVDAを再起動することなく再読み込みできます。これは開発者にとって便利です。
 
 + サポートされている音声エンジン +[SupportedSpeechSynths]
@@ -1759,7 +1781,7 @@
 この章では、NVDAでサポートされている音声エンジンについて述べます。
 NVDAで利用可能な無料及び有料の音声エンジンの購入及びダウンロード方法の詳細については、[extra voices page https://github.com/nvaccess/nvda/wiki/ExtraVoices]を参照してください。
 
-++ eSpeak NG ++
+++ eSpeak NG ++[eSpeakNG]
 音声エンジン[eSpeak NG https://github.com/espeak-ng/espeak-ng]はNVDAに内蔵されているので、追加のドライバーやコンポーネントをインストールする必要はありません。
 NVDAは初期状態で、この eSpeak NG を使用して起動します。
 この音声エンジンはNVDAに同梱されているので、別のシステム上でUSBメモリーからNVDAを実行するときには良い選択です。
@@ -1769,7 +1791,7 @@
 
 また、音質の代替として、多くの声色を選択できます。
 
-++ Microsoft Speech API バージョン 4 (SAPI 4) ++
+++ Microsoft Speech API バージョン 4 (SAPI 4) ++[SAPI4]
 SAPI 4 は、Microsoftの古い音声エンジン向けの標準規格です。
 NVDA は SAPI 4 に対応しており、インストールされている SAPI 4 音声エンジンがあれば利用できます。
 しかし Microsoft はこの技術をもうサポートしていません。現在は必要なコンポーネントの配布が終了しています。
@@ -1776,12 +1798,12 @@
 
 NVDA の音声エンジン設定で SAPI 4 を選択すると「音声」の選択肢にはインストールされているすべての SAPI 4 音声エンジンの利用可能な音声が追加されます(これは [音声設定ダイアログ #VoiceSettings] または [簡単音声設定 #SynthSettingsRing] で選択可能です)。
 
-++ Microsoft Speech API バージョン 5 (SAPI 5) ++
+++ Microsoft Speech API バージョン 5 (SAPI 5) ++[SAPI5]
 SAPI 5はMicrosoftの音声エンジン向けの標準規格です。
 この規格に対応した多くの音声エンジンは、複数のメーカーやWebサイトから購入もしくは無料で入手できる他、少なくともひとつ以上の音声がすでにシステムにプリインストールされています。
 NVDAでこの規格を使用する場合、利用可能な音声 ([音声設定 #VoiceSettings]や[簡単音声設定 #SynthSettingsRing]からアクセスできます) には、システムにインストールされていて利用可能なすべてのSAPI 5用の音声が含まれています。
 
-++ Microsoft Speech Platform ++
+++ Microsoft Speech Platform ++[MicrosoftSpeechPlatform]
 Microsoft Speech Platformでは、通常はサーバーベースの読み上げアプリ開発に使用されるような多くの言語の音声が提供されています。
 これらの音声はNVDAでも使用できます。
 
@@ -1794,7 +1816,7 @@
  -
 -
 
-++ Windows OneCore 音声 ++
+++ Windows OneCore 音声 ++[OneCore]
 Windows 10 では OneCore あるいは「モバイル」という名前の新しい音声が利用できます。
 これらの音声は多くの言語で利用でき、従来の Speech API バージョン5の音声と比べて軽快に動作します。
 
@@ -1805,7 +1827,7 @@
 これらは Windows の側で対応されるべき課題です。
 将来の Windows Update で解決されることを期待しています。
 
-++ Audiologic Tts3 ++
+++ Audiologic Tts3 ++[Audiologic]
 これは、イタリア語向けの商用音声エンジンです。
 この音声エンジンをNVDAで使用するには、システムにインストールする必要があります。
 詳細については、Audiologic社のWebサイト、www.audiologic.itを参照してください。
@@ -1812,7 +1834,7 @@
 
 この音声エンジンは、[スペル読み機能 #VoiceSpellingFunctionality]をサポートしていません。
 
-++ Nuance Vocalizer for NVDA ++
+++ Nuance Vocalizer for NVDA ++[Vocalizer]
 Nuance Vocalizer はニュアンス・コミュニケーションズ社の商用の高品質音声エンジンです。Tiflotecnia, Lda はこのエンジンをNVDA用のパッケージにしました。
 このエンジンには50以上の音声を追加でき、30以上の言語を合成できます。
 音声エンジンと追加の音声はNVDAのアドオンとして提供され、ポータブル版のNVDAでもすべての機能を使用できます。
@@ -1823,7 +1845,7 @@
 + サポートされている点字ディスプレイ +[SupportedBrailleDisplays]
 この章では、NVDAでサポートされている点字ディスプレイについて述べます。
 
-++ Freedom Scientific社製Focus/PAC Mateシリーズ ++
+++ Freedom Scientific社製Focus/PAC Mateシリーズ ++[FreedomScientificFocus]
 すべてのUSBまたはbluetooth接続された[Freedom Scientific http://www.freedomscientific.com/]社製のFocus及びPAC Mateディスプレイをサポートしています。
 使用するには、Freedom Scientific社製の点字ディスプレイ用ドライバーが必要です。
 お持ちでない場合は、 http://www2.freedomscientific.com/downloads/focus-40-blue/focus-40-14-blue-downloads.asp から入手できます。
@@ -1882,15 +1904,20 @@
 | 点字表示を前にスクロール | 左バンパーバー下, 右バンパーバー下 |
 %kc:endInclude
 
-++ Optelec社製 ALVA BC640/680 ++
+++ Optelec ALVA 6 series/protocol converter ++[OptelecALVA]
 USBまたはbluetooth接続された[Optelec http://www.optelec.com/]社製のALVA BC640及びBC680ディスプレイの両方をサポートします。
+Braille Voyager などの旧式ディスプレイを、 Optelec 社のプロトコルコンバーター経由で接続することもできます。
 これらのディスプレイを使用するために、特別なドライバーは必要ありません。
 ディスプレイを接続して、NVDAでそれが使用できるように設定するだけです。
 
-これらの機器は点字入力キーを備えていますが、文字入力は機器自身によってテキストに変換されます。
-NVDAの点字入力テーブル設定は有効ではありません。
+ALVA Bluetooth ユーティリティーでペアリングした Bluetooth 接続の ALVA BC6 ディスプレイを NVDA から使用できない場合があります。
+このユーティリティーでペアリングしたディスプレイを NVDA が見つけられない場合は、Windows の Bluetooth 設定から通常の方法で ALVA ディスプレイを接続することを推奨します。
 
-以下は、これらのディスプレイ上で使用できるNVDA用のキー割り当てです。
+一部の機器は点字入力キーを備えていますが、初期状態では文字入力は機器自身の HID キーボードシミュレーションによってテキストに変換されます。
+つまり初期状態では NVDA の点字入力テーブルの設定は効果がありません。
+新しいファームウェアで動作する ALVA ディスプレイの場合は、入力ジェスチャーの操作によって HID キーボードシミュレーションを無効にできます。
+
+以下は、このディスプレイ上で使用できるNVDA用のキー割り当てです。
 各キーの位置については、ディスプレイの説明書を参照してください。
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー |
@@ -1900,6 +1927,7 @@
 | 点字表示を次の行に移動 | t4 |
 | 点字表示を次にスクロール | t5 または etouch3 |
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
+| HID キーボードシミュレーションの切り替え | t1+spEnter |
 | レビューの最初の行に移動 | t1+t2 |
 | レビューの最後の行に移動 | t4+t5 |
 | 点字表示の追従の切り替え | t1+t3 |
@@ -1913,20 +1941,22 @@
 | 下矢印キー | spDown |
 | 左矢印キー | spLeft |
 | 右矢印キー | spRight |
-| Enterキー | spEnter |
+| Enterキー | spEnter, enter |
 | 日付と時刻の報告 | sp1+sp2 |
 | NVDAメニュー | sp1+sp3 |
 | Windows+Dキー (すべてのアプリを最小化) | sp1+sp4 |
 | Windows+Bキー (システムトレイにフォーカスを移動) | sp3+sp4 |
-| Windowsキー | sp2+Sp3 |
+| Windowsキー | sp2+Sp3, windows |
 | Alt+Tabキー | sp2+sp4 |
 | Ctrl+Homeキー | t3+spUp |
 | Ctrl+Endキー | t3+spDown |
 | Homeキー | t3+spLeft |
 | Endキー | t3+spRight |
+| Alt キー | alt |
+| Ctrl キー | control |
 %kc:endInclude
 
-++ Handy Tech社製ディスプレイ ++
+++ Handy Tech社製ディスプレイ ++[HandyTech]
 USB、シリアルポート、Bluetoothで接続できる多くの[Handy Tech http://www.handytech.de/]社製ディスプレイをサポートしています。
 古いUSB接続のディスプレイを使用する場合は、Handy Tech社からUSBドライバーを入手してインストールする必要があります。
 
@@ -1960,7 +1990,7 @@
 | 点字入力の切替 | スペース+B1+B3+B4 (スペース+大文字 B) |
 %kc:endInclude
 
-++ MDV Lilli ++
+++ MDV Lilli ++[MDVLilli]
 [MDV http://www.mdvbologna.it/]社製のLilliディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイを使用するために、特別なドライバーは必要ありません。
 ディスプレイを接続して、NVDAでそれが使用できるように設定するだけです。
@@ -1973,7 +2003,7 @@
 | 点字表示を後にスクロール | RG |
 | 点字表示を前の行に移動 | UP |
 | 点字表示を次の行に移動 | DN |
-| 点字セルに移動 | route |
+| 点字セルに移動 | タッチカーソル |
 | Shift+Tabキー | SLF |
 | Tabキー | SRG |
 | Alt+Tabキー | SDN |
@@ -1980,7 +2010,7 @@
 | Alt+Shift+Tabキー | SUP |
 %kc:endInclude
 
-++ Baum/Humanware/APH/Orbit 点字ディスプレイ ++
+++ Baum/Humanware/APH/Orbit 点字ディスプレイ ++[Baum]
 USB, Bluetooth またはシリアルポートで接続される[Baum http://www.baum.de/cms/en/]、[HumanWare http://www.humanware.com/]、[APH http://www.aph.org/]および[Orbit http://www.orbitresearch.com/]の点字ディスプレイをサポートしています。
 サポートしているディスプレイには以下のものが含まれます。
 - Baum: SuperVario, PocketVario, VarioUltra, Pronto!, SuperVario2, Vario 340
@@ -2016,7 +2046,7 @@
 | Enterキー | select |
 %kc:endInclude
 
-++ hedo ProfiLine USB ++
+++ hedo ProfiLine USB ++[HedoProfiLine]
 [hedo Reha-Technik http://www.hedo.de/]製のhedo ProfiLine USBに対応しました。
 最初に、製造元から提供されているUSBドライバーをインストールする必要があります。
 
@@ -2033,7 +2063,7 @@
 | すべて読み上げ | B6 |
 %kc:endInclude
 
-++ hedo MobilLine USB ++
+++ hedo MobilLine USB ++[HedoMobilLine]
 [hedo Reha-Technik http://www.hedo.de/]製のhedo MobilLine USBがサポートされました。
 最初に、製造元から提供されているUSBドライバーをインストールする必要があります。
 
@@ -2050,7 +2080,7 @@
 | すべて読み上げ | B6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HumanWare製Brailliant BI/Bシリーズ ++
+++ HumanWare製Brailliant BI/Bシリーズ ++[HumanWareBrailliant]
 USBまたはBluetooth接続された[HumanWare http://www.humanware.com/]製の BI 32、BI 40及びB 80を含むBrailliant BI及びBシリーズディスプレイがサポートされました。
 USB接続で HumanWare プロトコルを使用する場合は、事前に製造元から提供されたUSBドライバーをインストールする必要があります。
 プロトコルとして OpenBraille を使用する場合は USB ドライバーは不要です。
@@ -2081,79 +2111,79 @@
 | すべて読み上げ | c1+c2+c3+c4+c5+c6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle シリーズ ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
+++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille シリーズ ++
+[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle および Sync Braille ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
 USB 接続のときは HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-ダウンロード: http://www.himsintl.com/?c=2/13&uid=2319
+USB ドライバーのダウンロード: http://www.himsintl.com/upload/HIMS_USB_Driver_v25.zip
 
 NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
 キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
 %kc:beginInclude
 || 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字表示を前の行に移動 | 左側のスクロール上 |
-| 点字表示を次の行に移動 | 右側のスクロール上 |
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
+| 点字表示を後にスクロール | 左サイドのスクロール上, 右サイドのスクロール上, 左サイドのスクロール |
+| 点字表示を前にスクロール | 左サイドのスクロール下, 右サイドのスクロール下, 右サイドのスクロール |
+| 点字表示を前の行に移動 | 左サイドのスクロール上+右サイドのスクロール上 |
+| 点字表示を次の行に移動 | 左サイドのスクロール下+右サイドのスクロール下 |
+| レビューで前の行に移動 | 右サイドの上矢印 |
+| レビューで次の行に移動 | 右サイドの下矢印 |
+| レビューで前の文字に移動 | 右サイドの左矢印 |
+| レビューで次の文字に移動 | 右サイドの右矢印 |
+| フォーカスに移動 | 左サイドのスクロール上+左サイドのスクロール下, 右サイドのスクロール上+右サイドのスクロール下, 左サイドのスクロール+右サイドのスクロール |
+| Ctrl キー | smartbeetle:f1, brailleedge:f3 |
+| Windows キー | f7, smartbeetle:f2 |
+| Alt キー | 1の点+3の点+4の点+スペース, f2, smartbeetle:f3, brailleedge:f4 |
+| Shift キー | f5 |
+| Insert キー | 2の点+4の点+スペース, f6 |
+| アプリケーション キー | 1の点+2の点+3の点+4の点+スペース, f8 |
+| CapsLock キー | 1の点+3の点+6の点+スペース |
+| Tab キー | 4の点+5の点+スペース, f3, brailleedge:f2 |
+| Shift+Alt+Tab キー | f2+f3+f1 |
+| Alt+Tab キー | f2+f3 |
 | Shift+Tab キー | 1の点+2の点+スペース |
-| Alt キー | 1の点+3の点+4の点+スペース |
-| エスケープキー | 1の点+5の点+スペース |
-| Tab キー | 4の点+5の点+スペース |
-| 上矢印キー | 1の点+スペース |
-| 下矢印キー | 4の点+スペース |
-| CapsLock | 1の点+3の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+Tab キー | F2+F3+F1 |
-| Alt+tab キー | F2+F3 |
 | End キー | 4の点+6の点+スペース |
-| Control+End キー | 4の点+5の点+6の点+スペース |
-| Home キー | 1の点+3の点+スペース |
-| Control+Home キー | 1の点+2の点+3の点+スペース |
-| 左矢印 キー | 3の点+スペース |
-| Control+Shift+左矢印 キー | 2の点+8の点+スペース+F1 |
-| Control+左矢印 キー | 2の点+スペース |
-| Shift+Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点+F1 |
+| Ctrl+End キー | 4の点+5の点+6の点+スペース |
+| home キー | 1の点+3の点+スペース, smartbeetle:f4 |
+| Ctrl+Home キー | 1の点+2の点+3の点+スペース |
+| Alt+F4 キー | 1の点+3の点+5の点+6の点+スペース |
+| 左矢印 キー | 3の点+スペース, 左サイドの左矢印 |
+| Ctrl+Shift+左矢印 キー | 2の点+8の点+スペース+f1 |
+| Ctrl+左矢印 キー | 2の点+スペース |
+| Shift+Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点+f1 |
 | Alt+左矢印 キー | 2の点+7の点 |
-| 右矢印 キー | 6の点+スペース |
-| Control+Shift+右矢印 キー | 5の点+8の点+スペース+F1 |
-| Control+右矢印 キー | 5の点+スペース |
-| Shift+Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点+F1 |
+| 右矢印 キー | 6の点+スペース, 左サイドの右矢印 |
+| Ctrl+Shift+右矢印 キー | 5の点+8の点+スペース+f1 |
+| Ctrl+右矢印 キー | 5の点+スペース |
+| Shift+Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点+f1 |
 | Alt+右矢印 キー | 5の点+7の点 |
 | PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+スペース |
-| Control+PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+上矢印 キー | 2の点+3の点+8の点+スペース+F1 |
-| Control+上矢印 キー | 2の点+3の点+スペース |
-| Shift+Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点+F1 |
+| Ctrl+PageUp キー | 1の点+2の点+6の点+8の点+スペース |
+| 上矢印キー | 1の点+スペース, 左サイドの上矢印 |
+| Ctrl+Shift+上矢印 キー | 2の点+3の点+8の点+スペース+f1 |
+| Ctrl+上矢印 キー | 2の点+3の点+スペース |
+| Shift+Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点+f1 |
 | Alt+上矢印 キー | 2の点+3の点+7の点 |
-| Shift+上矢印 キー | 左側のスクロール下 + スペース |
+| Shift+上矢印 キー | 左サイドのスクロール下+スペース |
 | PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+スペース |
-| Control+PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+8の点+スペース |
-| Control+Shift+下矢印 キー | 5の点+6の点+8の点+スペース+F1 |
-| Control+下矢印 キー | 5の点+6の点+スペース |
-| Shift+Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点+F1 |
+| Ctrl+PageDown キー | 3の点+4の点+5の点+8の点+スペース |
+| 下矢印 キー | 4の点+スペース, 左サイドの下矢印 |
+| Ctrl+Shift+下矢印 キー | 5の点+6の点+8の点+スペース+f1 |
+| Ctrl+下矢印 キー | 5の点+6の点+スペース |
+| Shift+Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点+f1 |
 | Alt+下矢印 キー | 5の点+6の点+7の点 |
-| Shift+下矢印 キー | 右側のスクロール下 + スペース |
-| Delete キー | 1の点+3の点+5の点+スペース |
+| Shift+下矢印 キー | スペース+右サイドのスクロール下 |
+| Escape キー | 1の点+5の点+スペース, f4, brailleedge:f1 |
+| Delete キー | 1の点+3の点+5の点+スペース, 1の点+4の点+5の点+スペース |
 | F1 キー | 1の点+2の点+5の点+スペース |
 | F3 キー | 1の点+2の点+4の点+8の点 |
-| F4 キー | 7の点+F3 |
-| Windows+B キー | 1の点+2の点+F1 |
-| Windows+D キー | 1の点+4の点+5の点+F1 |
+| F4 キー | 7の点+f3 |
+| Windows+B キー | 1の点+2の点+f1 |
+| Windows+D キー | 1の点+4の点+5の点+f1 |
+| Ctrl+Insert キー | smartbeetle:f1+右サイドのスクロール |
+| Alt+Insert キー | smartbeetle:f3+右サイドのスクロール |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 SyncBraille ++
-[HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の SyncBraille ディスプレイを NVDA で利用できます。
-HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
-
-NVDA で利用するときのキー割り当ては以下のとおりです。
-キーの場所の説明は点字ディスプレイのマニュアルをお読みください。
-%kc:beginInclude
-|| 名称 | キー |
-| 点字表示を後にスクロール | 左側のスクロール下 |
-| 点字表示を前にスクロール | 右側のスクロール下 |
-| 点字セルに移動 | タッチカーソル |
-%kc:endInclude
-
-++ 清華 点字ディスプレイ ++
+++ 清華 点字ディスプレイ ++[Seika]
 [日本テレソフト http://www.nippontelesoft.com/] 社の 清華バージョン3, 4 および 5 (40セル) および 清華80 (80セル) 点字ディスプレイをサポートしています。
 これらのディスプレイの情報は http://www.seika-braille.com/ を参照してください。
 製造者が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
@@ -2175,7 +2205,7 @@
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル |
 %kc:endInclude
 
-++ Papenmeier BRAILLEX 新型機種 ++
+++ Papenmeier BRAILLEX 新型機種 ++[Papenmeier]
 次の点字ディスプレイをサポートしています:
 - BRAILLEX EL 40c, EL 80c, EL 20c, EL 60c (USB)
 - BRAILLEX EL 40s, EL 80s, EL 2d80s, EL 70s, EL 66s (USB)
@@ -2256,7 +2286,7 @@
 | tab キー | スペース+3 7の点 |
 %kc:endInclude 
 
-++ Papenmeier BRAILLEX 旧機種 ++
+++ Papenmeier BRAILLEX 旧機種 ++[PapenmeierOld]
 次の点字ディスプレイをサポートしています:
 - BRAILLEX EL 80, EL 2D-80, EL 40 P
 - BRAILLEX Tiny, 2D Screen
@@ -2339,7 +2369,7 @@
 | 前のオブジェクトに移動 | right2 |
 %kc:endInclude
 
-++ HumanWare BrailleNote ++
+++ HumanWare BrailleNote ++[HumanWareBrailleNote]
 NVDA は [Humanware http://www.humanware.com] の BrailleNote ノートテイカーに対応しており、スクリーンリーダーのための点字ディスプレイ端末として使うことができます。
 次の機種に対応しています:
 - BrailleNote Classic (シリアル接続のみ)
@@ -2374,7 +2404,7 @@
 | PageUp キー | スペース+1の点+3の点 |
 | PageDown キー | スペース+4の点+6の点 |
 | Home キー | スペース+1の点+2の点 |
-| End キー | スペース+4の点+dot5 |
+| End キー | スペース+4の点+5の点 |
 | Control+home キー | スペース+1の点+2の点+3の点 |
 | Control+end キー | スペース+4の点+5の点+6の点 |
 | スペースキー | スペース |
@@ -2387,7 +2417,7 @@
 | 入力ヘルプの切替 | スペース+2の点+3の点+6の点 (スペース+小文字h) |
 %kc:endInclude
 
-++ EcoBraille ++
+++ EcoBraille ++[EcoBraille]
 NVDA は [ONCE http://www.once.es/] の EcoBraille ディスプレイに対応しています。
 次の機種に対応しています:
 - EcoBraille 20
@@ -2422,7 +2452,7 @@
 | 点字表示モードの切替 | A |
 %kc:endInclude
 
-++ SuperBraille ++
+++ SuperBraille ++[SuperBraille]
 SuperBraille は主に台湾で利用されている機器で、USB またはシリアルで接続できます。
 SuperBraille には物理的なキーやスクロールボタンがないため、入力は PC のキーボードで行います。
 台湾で利用される他のスクリーンリーダーとの互換性を考慮して、点字ディスプレイのスクロールのために以下のキー操作が割り当てられています:
@@ -2432,7 +2462,7 @@
 | 点字表示を前にスクロール | テンキーのマイナス | 
 %kc:endInclude
 
-++ BRLTTY ++
+++ BRLTTY ++[BRLTTY]
 [BRLTTY http://www.brltty.com/]を使うとNVDAをより多くの点字ディスプレイに対応させることができます。
 使用するには、[BRLTTY for Windows http://www.brltty.com/download.html]をインストールする必要があります。
 最新のパッケージ、例えばbrltty-win-4.2-2.exeのような名前のものをダウンロードしてインストールしてください。
@@ -2452,7 +2482,7 @@
 | 点字セルに移動 | タッチカーソル (カーソルを文字に移動) |
 %kc:endInclude
 
-+ 高度なトピック +
++ 高度なトピック +[AdvancedTopics]
 
 ++ コマンドラインオプション ++[CommandLineOptions]
 NVDA の実行ファイルにコマンドラインオプションをつけて実行すると、NVDA の動作を変更することができます。
@@ -2510,7 +2540,7 @@
 | configInLocalAppData | DWORD | 0(既定)で無効, 1で有効 | 有効にするとNVDAのユーザー設定をローミング設定フォルダではなくローカル設定フォルダに保存 |
 | serviceDebug | DWORD | 0(既定)で無効, 1で有効 | 有効にするとセキュアデスクトップでセキュアモードを使用しません。セキュアデスクトップでPythonコンソールやログビューアが有効になります。セキュリティに関する問題が強く懸念されるためこのオプションの利用は非推奨 |
 
-+ さらに詳細な情報 +
++ さらに詳細な情報 +[FurtherInformation]
 NVDAに関して、さらに詳細な情報や助けが必要な場合は、NVDAのサイト、NVDA_URLを参照してください。
 ここには追加のドキュメント、そして技術サポートやコミュニティーのリソースがあります。
 また、NVDA開発に関する情報やリソースも提供しています。

@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 5, 2018

Welcome Dialog の翻訳を忘れていた

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t       (revision 38663)
+++ userGuide.t2t       (working copy)
@@ -151,7 +151,7 @@
 何も聞こえないか、Windowsエラー音または下り調子の音が聞こえた場合、NVDAにエラーが起こっています。エラーをNVDA開発者に報告して頂け
ると助かります。
 方法については、NVDAのWebサイトを参照してください。

-+++ Welcome Dialog +++[WelcomeDialog]
++++ ようこそ画面 +++[WelcomeDialog]
 NVDAを初めて起動すると、NVDA制御キーの代替キーとNVDAメニューに関する基本情報を表示するダイアログボックスが表示されます。
 これらについては、この後の説明を参照してください。
 ダイアログボックスには1個のコンボボックスと3個のチェックボックスがあります。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 5, 2018

NVDA の翻訳システムには原文と訳文の見出しや本文の行数を数えて不一致をチェックする機能がある。

この結果が userGuide-structureDifferences.txt であり、userGuide.t2t をコミットするたびに更新される。

だが、現状では ja/userGuide-newRevisions/14065/userGuide.t2t とのあいだの比較が行われ、
ドキュメントの構造が一致しないという結果になっている。

userGuide-newRevisions の中のフォルダ 14065 から 14344 までを svn rm で削除して、
14375 だけが残っている状態にする。

> cd userGuide-newRevisions
> svn rm 14065 14236 14248 14259 14308 14310 14339 14344
> svn commit -m "ja: deleted old revisions"
> cd ..

svn rm / svn commit しただけでは userGuide-structureDifferences.txt は再計算されないので、
userGuide.t2t の最後の行に半角スペースを1個追加するだけのダミーコミットを実行してみる。

svn update するとファイルが更新され、構造が一致したことが確認できた

> cat userGuide-structureDifferences.txt
# Structural comparison of ja/userGuide.t2t against ja/userGuide-newRevisions/14375/userGuide.t2t
# files have identical structure
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 9, 2018

string freeze 直前に入った nvda.po の変更についての作業案

Index: nvda.po
===================================================================
--- nvda.po	(revision 38849)
+++ nvda.po	(working copy)
@@ -6,7 +6,7 @@
 "Project-Id-Version: NVDA bzr main:5884\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2018-02-09 14:17+1000\n"
-"PO-Revision-Date: 2018-02-03 15:19+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2018-02-09 16:23+0900\n"
 "Last-Translator: Takuya Nishimoto <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language-Team: NVDA Japanese Team <nishimotz@gmail.com>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -7062,17 +7062,15 @@
 
 #. Translators: Names of braille displays.
 msgid "Eurobraille Esys/Esytime/Iris displays"
-msgstr ""
+msgstr "Eurobraille Esys/Esytime/Iris ディスプレイ"
 
 #. Translators: Message when HID keyboard simulation is unavailable.
-#, fuzzy
 msgid "HID keyboard input simulation is unavailable."
-msgstr "HID キーボード シミュレーション無効"
+msgstr "HID キーボード シミュレーションは利用できません"
 
 #. Translators: Description of the script that toggles HID keyboard simulation.
-#, fuzzy
 msgid "Toggle HID keyboard simulation"
-msgstr "HID キーボード シミュレーションの切替"
+msgstr "HID キーボード シミュレーション"
 
 #. Translators: Names of braille displays.
 msgid "Freedom Scientific Focus/PAC Mate series"
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 9, 2018

userGuide 14414 + 14417 + 14418 の原文を該当箇所に入れてみた状態の svn diff

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 38849)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -1834,14 +1834,6 @@
 
 この音声エンジンは、[スペル読み機能 #VoiceSpellingFunctionality]をサポートしていません。
 
-++ Nuance Vocalizer for NVDA ++[Vocalizer]
-Nuance Vocalizer はニュアンス・コミュニケーションズ社の商用の高品質音声エンジンです。Tiflotecnia, Lda はこのエンジンをNVDA用のパッケージにしました。
-このエンジンには50以上の音声を追加でき、30以上の言語を合成できます。
-音声エンジンと追加の音声はNVDAのアドオンとして提供され、ポータブル版のNVDAでもすべての機能を使用できます。
-
-Nuance Vocalizer for NVDA の詳しい情報と購入方法は、ウェブサイト [www.vocalizer-nvda.com http://www.vocalizer-nvda.com/] をお読みください。
-この製品の売り上げの一部は NVDA スクリーンリーダーの開発を支援するために NV Access に寄付されます。
-
 + サポートされている点字ディスプレイ +[SupportedBrailleDisplays]
 この章では、NVDAでサポートされている点字ディスプレイについて述べます。
 
@@ -2111,7 +2103,7 @@
 | すべて読み上げ | c1+c2+c3+c4+c5+c6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille シリーズ ++
+++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille シリーズ ++[Hims]
 [HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle および Sync Braille ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
 USB 接続のときは HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
 USB ドライバーのダウンロード: http://www.himsintl.com/upload/HIMS_USB_Driver_v25.zip
@@ -2462,6 +2454,86 @@
 | 点字表示を前にスクロール | テンキーのマイナス | 
 %kc:endInclude
 
+++ Eurobraille Esys/Esytime/Iris displays ++[Eurobraille]
+The Esys, Esytime and Iris displays from [Eurobraille http://www.eurobraille.fr/] are supported by NVDA.
+Esys and Esytime-Evo devices are supported when connected via USB or bluetooth.
+Older Esytime devices only support USB.
+Iris displays can only be connected via a serial port.
+Therefore, for these displays, you should select the port to which the display is connected after you have chosen this driver in the Braille Settings dialog.
+
+Iris and Esys displays have a braille keyboard with 10 keys.
+Of the two keys placed like a space bar, the left key is corresponding to the backspace key and the right key to the space key.
+
+Following are the key assignments for these displays with NVDA.
+Please see the display's documentation for descriptions of where these keys can be found.
+%kc:beginInclude
+|| Name | Key |
+| Scroll braille display back | switch1-6left, l1 |
+| Scroll braille display forward | switch1-6Right, l8 |
+| Move to current focus | switch1-6Left+switch1-6Right, l1+l8 |
+| Route to braille cell | routing, doubleRouting|
+| Move to previous line in review | joystick1Up |
+| Move to next line in review | joystick1Down |
+| Move to previous character in review | joystick1Left |
+| Move to next character in review | joystick1Right |
+| Switch to previous review mode | joystick1Left+joystick1Up |
+| Switch to next review mode | joystick1Right+joystick1Down |
+| Erase the last entered braille cell or character | backSpace |
+| Translate any braille input and press the enter key | backSpace+space |
+| insert key | dot3+dot5+space, l7 |
+| delete key | dot3+dot6+space |
+| home key | dot1+dot2+dot3+space, joystick2Left+joystick2Up |
+| end key | dot4+dot5+dot6+space, joystick2Right+joystick2Down |
+| leftArrow key | dot2+space, joystick2Left, leftArrow |
+| rightArrow key | dot5+space, joystick2Right, rightArrow |
+| upArrow key | dot1+space, joystick2Up, upArrow |
+| downArrow key | dot6+space, joystick2Down, downArrow |
+| enter key | joystick2Center |
+| pageUp key | dot1+dot3+space |
+| pageDown key | dot4+dot6+space |
+| numpad1 key | dot1+dot6+backspace |
+| numpad2 key | dot1+dot2+dot6+backspace |
+| numpad3 key | dot1+dot4+dot6+backspace |
+| numpad4 key | dot1+dot4+dot5+dot6+backspace |
+| numpad5 key | dot1+dot5+dot6+backspace |
+| numpad6 key | dot1+dot2+dot4+dot6+backspace |
+| numpad7 key | dot1+dot2+dot4+dot5+dot6+backspace |
+| numpad8 key | dot1+dot2+dot5+dot6+backspace |
+| numpad9 key | dot2+dot4+dot6+backspace |
+| numpadInsert key | dot3+dot4+dot5+dot6+backspace |
+| numpadDecimal key | dot2+backspace |
+| numpadDivide key | dot3+dot4+backspace |
+| numpadMultiply key | dot3+dot5+backspace |
+| numpadMinus key | dot3+dot6+backspace |
+| numpadPlus key | dot2+dot3+dot5+backspace |
+| numpadEnter key | dot3+dot4+dot5+backspace |
+| escape key | dot1+dot2+dot4+dot5+space, l2 |
+| tab key | dot2+dot5+dot6+space, l3 |
+| shift+tab key | dot2+dot3+dot5+space |
+| printScreen key | dot1+dot3+dot4+dot6+space |
+| pause key | dot1+dot4+space |
+| applications key | dot5+dot6+backspace |
+| f1 key | dot1+backspace |
+| f2 key | dot1+dot2+backspace |
+| f3 key | dot1+dot4+backspace |
+| f4 key | dot1+dot4+dot5+backspace |
+| f5 key | dot1+dot5+backspace |
+| f6 key | dot1+dot2+dot4+backspace |
+| f7 key | dot1+dot2+dot4+dot5+backspace |
+| f8 key | dot1+dot2+dot5+backspace |
+| f9 key | dot2+dot4+backspace |
+| f10 key | dot2+dot4+dot5+backspace |
+| f11 key | dot1+dot3+backspace |
+| f12 key | dot1+dot2+dot3+backspace |
+| windows key | dot1+dot2+dot3+dot4+backspace |
+| capsLock key | dot7+backspace, dot8+backspace |
+| numLock key | dot3+backspace, dot6+backspace |
+| shift key | dot7+space, l4 |
+| control key | dot7+dot8+space, dot1+dot7+dot8+space, dot4+dot7+dot8+space, l5 |
+| alt key | dot8+space, dot1+dot8+space, dot4+dot8+space, l6 |
+| ToggleHID keyboard input simulation | esytime):l1+joystick1Down, esytime):l8+joystick1Down |
+%kc:endInclude
+
 ++ BRLTTY ++[BRLTTY]
 [BRLTTY http://www.brltty.com/]を使うとNVDAをより多くの点字ディスプレイに対応させることができます。
 使用するには、[BRLTTY for Windows http://www.brltty.com/download.html]をインストールする必要があります。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 9, 2018

翻訳作業案 (14418 まで)

Index: userGuide.t2t
===================================================================
--- userGuide.t2t	(revision 38849)
+++ userGuide.t2t	(working copy)
@@ -1834,14 +1834,6 @@
 
 この音声エンジンは、[スペル読み機能 #VoiceSpellingFunctionality]をサポートしていません。
 
-++ Nuance Vocalizer for NVDA ++[Vocalizer]
-Nuance Vocalizer はニュアンス・コミュニケーションズ社の商用の高品質音声エンジンです。Tiflotecnia, Lda はこのエンジンをNVDA用のパッケージにしました。
-このエンジンには50以上の音声を追加でき、30以上の言語を合成できます。
-音声エンジンと追加の音声はNVDAのアドオンとして提供され、ポータブル版のNVDAでもすべての機能を使用できます。
-
-Nuance Vocalizer for NVDA の詳しい情報と購入方法は、ウェブサイト [www.vocalizer-nvda.com http://www.vocalizer-nvda.com/] をお読みください。
-この製品の売り上げの一部は NVDA スクリーンリーダーの開発を支援するために NV Access に寄付されます。
-
 + サポートされている点字ディスプレイ +[SupportedBrailleDisplays]
 この章では、NVDAでサポートされている点字ディスプレイについて述べます。
 
@@ -2111,7 +2103,7 @@
 | すべて読み上げ | c1+c2+c3+c4+c5+c6 |
 %kc:endInclude
 
-++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille シリーズ ++
+++ HIMS製 Braille Sense/Braille EDGE/Smart Beetle/Sync Braille シリーズ ++[Hims]
 [HIMS http://www.hims-inc.com/] 社の Braille Sense, Braille EDGE, Smart Beetle および Sync Braille ディスプレイを USB または Bluetooth で接続すれば NVDA で利用できます。
 USB 接続のときは HIMS 社が提供する USB ドライバーをインストールしておく必要があります。
 USB ドライバーのダウンロード: http://www.himsintl.com/upload/HIMS_USB_Driver_v25.zip
@@ -2462,6 +2454,86 @@
 | 点字表示を前にスクロール | テンキーのマイナス | 
 %kc:endInclude
 
+++ Eurobraille Esys/Esytime/Iris ディスプレイ ++[Eurobraille]
+NVDA は [Eurobraille http://www.eurobraille.fr/] の Esys, Esytime および Iris ディスプレイに対応しています。
+Esys および Esytime-Evo デバイスは USB または Bluetooth での接続に対応します。
+旧モデルの Esytime デバイスは USB 接続のみに対応します。
+Iris ディスプレイはシリアルポートでの接続にのに対応します。
+点字設定のダイアログでドライバーを選択してから、ディスプレイが接続されているポートを選択します。
+
+Iris および Esys ディスプレイは点字キーボードとテンキーを備えています。
+スペースバーのように配置されている2個のキーは、左側がバックスペースで、右側がスペースキーです。
+
+以下は NVDA におけるこれらの点字ディスプレイのキー割り当てです。
+キーの場所についての詳細は点字ディスプレイのドキュメントを参照してください。
+%kc:beginInclude
+|| 名称 | キー |
+| 点字表示を後にスクロール | スイッチ1-6左, l1 |
+| 点字表示を前にスクロール | スイッチ1-6右, l8 |
+| 現在のフォーカスに移動 | スイッチ1-6左+スイッチ1-6右, l1+l8 |
+| 点字セルに移動 | タッチカーソル, ダブルルーティング |
+| レビューで前の行に移動 | ジョイスティック1上 |
+| レビューで次の行に移動 | ジョイスティック1下 |
+| レビューで前の文字に移動 | ジョイスティック1左 |
+| レビューで次の文字に移動 | ジョイスティック1右 |
+| 前のレビューモードに切り替え | ジョイスティック1左+ジョイスティック1上 |
+| 次のレビューモードに切り替え | ジョイスティック1右+ジョイスティック1下 |
+| 直前に入力した点字セルまたは文字を消去 | バックスペース |
+| 点字文字入力を変換して Enter キーを押す | バックスペース+スペース |
+| Insert キー | 3の点+5の点+スペース, l7 |
+| Delete キー | 3の点+6の点+スペース |
+| Home キー | 1の点+2の点+3の点+スペース, ジョイスティック2左+ジョイスティック2上 |
+| End キー | 4の点+5の点+6の点+スペース, ジョイスティック2右+ジョイスティック2下 |
+| 左矢印 キー | 2の点+スペース, ジョイスティック2左, 左矢印 |
+| 右矢印 キー | 5の点+スペース, ジョイスティック2右, 右矢印 |
+| 上矢印 キー | 1の点+スペース, ジョイスティック2上, 上矢印 |
+| 下矢印 キー | 6の点+スペース, ジョイスティック2下, 下矢印 |
+| Enter キー | ジョイスティック2中央 |
+| PageUp キー | 1の点+3の点+スペース |
+| PageDown キー | 4の点+6の点+スペース |
+| テンキー1 | 1の点+6の点+backスペース |
+| テンキー2 | 1の点+2の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー3 | 1の点+4の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー4 | 1の点+4の点+5の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー5 | 1の点+5の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー6 | 1の点+2の点+4の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー7 | 1の点+2の点+4の点+5の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー8 | 1の点+2の点+5の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー9 | 2の点+4の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー Insert | 3の点+4の点+5の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー ピリオド(小数点) | 2の点+バックスペース |
+| テンキー 割算記号 (/) | 3の点+4の点+バックスペース |
+| テンキー 掛算記号 (*) | 3の点+5の点+バックスペース |
+| テンキー マイナス | 3の点+6の点+バックスペース |
+| テンキー プラス | 2の点+3の点+5の点+バックスペース |
+| テンキー Enter | 3の点+4の点+5の点+バックスペース |
+| Escape キー | 1の点+2の点+4の点+5の点+スペース, l2 |
+| Tab キー | 2の点+5の点+6の点+スペース, l3 |
+| Shift+Tab キー | 2の点+3の点+5の点+スペース |
+| PrintScreen キー | 1の点+3の点+4の点+6の点+スペース |
+| Pause キー | 1の点+4の点+スペース |
+| アプリケーション キー | 5の点+6の点+バックスペース |
+| F1 キー | 1の点+バックスペース |
+| F2 キー | 1の点+2の点+バックスペース |
+| F3 キー | 1の点+4の点+バックスペース |
+| F4 キー | 1の点+4の点+5の点+バックスペース |
+| F5 キー | 1の点+5の点+バックスペース |
+| F6 キー | 1の点+2の点+4の点+バックスペース |
+| F7 キー | 1の点+2の点+4の点+5の点+バックスペース |
+| F8 キー | 1の点+2の点+5の点+バックスペース |
+| F9 キー | 2の点+4の点+バックスペース |
+| F10 キー | 2の点+4の点+5の点+バックスペース |
+| F11 キー | 1の点+3の点+バックスペース |
+| F12 キー | 1の点+2の点+3の点+バックスペース |
+| Windows キー | 1の点+2の点+3の点+4の点+バックスペース |
+| CapsLock キー | 7の点+バックスペース, 8の点+バックスペース |
+| NumLock キー | 3の点+バックスペース, 6の点+バックスペース |
+| Shift キー | 7の点+スペース, l4 |
+| Control キー | 7の点+8の点+スペース, 1の点+7の点+8の点+スペース, 4の点+7の点+8の点+スペース, l5 |
+| Alt キー | 8の点+スペース, 1の点+8の点+スペース, 4の点+8の点+スペース, l6 |
+| HID キーボード シミュレーションの切り替え | esytime):l1+ジョイスティック1下, esytime):l8+ジョイスティック1下 |
+%kc:endInclude
+
 ++ BRLTTY ++[BRLTTY]
 [BRLTTY http://www.brltty.com/]を使うとNVDAをより多くの点字ディスプレイに対応させることができます。
 使用するには、[BRLTTY for Windows http://www.brltty.com/download.html]をインストールする必要があります。
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 9, 2018

changes 差分(翻訳前)

Index: changes.t2t
===================================================================
--- changes.t2t	(revision 38879)
+++ changes.t2t	(working copy)
@@ -4,8 +4,8 @@
 %!includeconf: ../changes.t2tconf
 
 = 2018.1 =
+Highlights of this release include  support for charts in Microsoft word and PowerPoint, support for new braille displays including Eurobraille and the Optelec protocol converter, improved support for Hims and Optelec braille displays, performance improvements for Mozilla Firefox 58 and higher, and much more.
 
-
 == 新機能 ==
 - Microsoft Word と Microsoft PowerPoint において、Excel と同様にグラフの操作や読み上げができるようになりました。(#7046)
  - Microsoft Word: ブラウズモードで埋め込みされたグラフにカーソルを移動して Enter を押し、操作を開始します。
@@ -16,6 +16,8 @@
 - Optelec プロトコルコンバーターに対応しました。これは ALVA BC6 通信プロトコルで Braille Voyager および Satellite を使用するための機器です。(#6731)
 - ALVA 640 Comfort 点字ディスプレイで点字文字入力が可能になりました。(#7733) 
  - その他の BC6 ディスプレイをファームウェア 3.0.0 以上で使用する場合にも、 NVDA の点字文字入力は利用できます。
+- Early support for Google Sheets with Braille mode enabled. (#7935)
+- Support for Eurobraille Esys, Esytime and Iris braille displays. (#7488)
 
 
 == 変更点 ==
@@ -40,8 +42,9 @@
 - Chiken Nugget のような Twitter クライアントにおいて、NVDA が280文字のツイートの最後の20文字を読み飛ばす不具合を修正しました。(#7828)
 - テキストが選択されたときに NVDA が記号の報告を適切な言語で行うようになりました。(#7687)
 - 最近のバージョンの Office 365 版 Excel においてグラフを矢印キーで操作できなかった不具合を修正しました。(#7046)
-- 音声および点字ディスプレイ出力において、コントロールの状態が、「あり」と「なし」の違いにかかわらず、常に同じ順序で報告されるようになりました。 #7076 の修正です。
+- 音声および点字ディスプレイ出力において、コントロールの状態が、「あり」と「なし」の違いにかかわらず、常に同じ順序で報告されるようになりました。(#7076)
 - Windows 10 Mail などのアプリにおいてバックスペースが押されたときに NVDA が削除された文字の報告をできなかった不具合を修正しました。(#7456)
+- All keys on the Hims Braille Sense Polaris displays are now working as expected. (#7865)
 
 
 == 開発者向けの変更 ==
@@ -52,6 +55,8 @@
 - braille.BrailleDisplayDriver に確認とアクナレッジメントのパケットを送信するための汎用のシステムが実装されました。使用例として handyTech ドライバーを参照してください。(#7590, #7721)
 - config モジュールに新しい変数 isAppX が追加されました。NVDA が Windows Desktop Bridge ストアアプリとして実行されているかどうかを判断できます。(#7851)
 - NVDAObjects や browseMode など textInfo を持つドキュメントの実装について、標準のテーブルナビゲーションスクリプトを取得するための継承元として documentBase.documentWithTableNavigation クラスが追加されました。新たに実装されたドキュメントをテーブルナビゲーションに対応させるためには、このクラスを参照して、どのヘルパーメソッドを提供するべきかを検討してください。(#7849)
+- The scons batch file now better handles when  Python 3 is also installed, making use of the launcher to specifically launch python 2.7 32 bit. (#7541)
+- hwIo.Hid now takes an additional parameter exclusive, which defaults to True. If set to False, other applications are allowed to communicate with a device while it is connected to NVDA. (#7859)
 
 
 = 2017.4 =
@nishimotz

This comment has been minimized.

Member

nishimotz commented Feb 11, 2018

changes 差分(翻訳済み)

Index: changes.t2t
===================================================================
--- changes.t2t	(revision 38879)
+++ changes.t2t	(working copy)
@@ -4,8 +4,8 @@
 %!includeconf: ../changes.t2tconf
 
 = 2018.1 =
+このリリースのハイライトは、Microsoft Word と PowerPoint におけるグラフの操作、Eurobraille 点字ディスプレイや Optelec プロトコルコンバーターへの対応、HIMS や Optelec の点字ディスプレイ対応の改善、Mozilla Firefox 58 以降への対応の改善などです。
 
-
 == 新機能 ==
 - Microsoft Word と Microsoft PowerPoint において、Excel と同様にグラフの操作や読み上げができるようになりました。(#7046)
  - Microsoft Word: ブラウズモードで埋め込みされたグラフにカーソルを移動して Enter を押し、操作を開始します。
@@ -16,6 +16,8 @@
 - Optelec プロトコルコンバーターに対応しました。これは ALVA BC6 通信プロトコルで Braille Voyager および Satellite を使用するための機器です。(#6731)
 - ALVA 640 Comfort 点字ディスプレイで点字文字入力が可能になりました。(#7733) 
  - その他の BC6 ディスプレイをファームウェア 3.0.0 以上で使用する場合にも、 NVDA の点字文字入力は利用できます。
+- Google スプレッドシートの点字サポートへの実験的な対応 (#7935)
+- Eurobraille Esys, Esytime および Iris 点字ディスプレイへの対応 (#7488)
 
 
 == 変更点 ==
@@ -40,8 +42,9 @@
 - Chiken Nugget のような Twitter クライアントにおいて、NVDA が280文字のツイートの最後の20文字を読み飛ばす不具合を修正しました。(#7828)
 - テキストが選択されたときに NVDA が記号の報告を適切な言語で行うようになりました。(#7687)
 - 最近のバージョンの Office 365 版 Excel においてグラフを矢印キーで操作できなかった不具合を修正しました。(#7046)
-- 音声および点字ディスプレイ出力において、コントロールの状態が、「あり」と「なし」の違いにかかわらず、常に同じ順序で報告されるようになりました。 #7076 の修正です。
+- 音声および点字ディスプレイ出力において、コントロールの状態が、「あり」と「なし」の違いにかかわらず、常に同じ順序で報告されるようになりました。(#7076)
 - Windows 10 Mail などのアプリにおいてバックスペースが押されたときに NVDA が削除された文字の報告をできなかった不具合を修正しました。(#7456)
+- Hims Braille Sense Polaris ディスプレイのすべてのキーが期待通りに動作するようになりました。(#7865)
 
 
 == 開発者向けの変更 ==
@@ -52,6 +55,8 @@
 - braille.BrailleDisplayDriver に確認とアクナレッジメントのパケットを送信するための汎用のシステムが実装されました。使用例として handyTech ドライバーを参照してください。(#7590, #7721)
 - config モジュールに新しい変数 isAppX が追加されました。NVDA が Windows Desktop Bridge ストアアプリとして実行されているかどうかを判断できます。(#7851)
 - NVDAObjects や browseMode など textInfo を持つドキュメントの実装について、標準のテーブルナビゲーションスクリプトを取得するための継承元として documentBase.documentWithTableNavigation クラスが追加されました。新たに実装されたドキュメントをテーブルナビゲーションに対応させるためには、このクラスを参照して、どのヘルパーメソッドを提供するべきかを検討してください。(#7849)
+- Python 3 がインストールされている場合に scons バッチファイルが Python ランチャーを適切に使用し、Python 2.7 32ビット版を呼び出すように改善されました。(#7541)
+- hwIo.Hid が exclusive パラメーターを受け取るようになりました。この値のデフォルトは True です。 False の場合にはデバイスが NVDA に接続されていても他のアプリとの通信が許可されます。(#7859)
 
 
 = 2017.4 =

@nishimotz nishimotz closed this Feb 26, 2018

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment