Skip to content
Branch: master
Go to file
Code

Latest commit

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
lib
 
 
 
 
 
 
web
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

English here!

NyARToolkit for proce55ing

Copyright (C)2008-2016 Ryo Iizuka

http://nyatla.jp/nyartoolkit/
airmail(at)ebony.plala.or.jp
wm(at)nyatla.jp

NyARToolkit for Processing

  • NyARToolkit for proce55ingは、processing環境下でNyARToolkitを利用するためのライブラリです。
  • NyIdマーカ、ARToolKitマーカ、NFTターゲット(ARToolKit5仕様)をトラッキングできます。
  • Processing version 2.2.1,3.0.2での動作を確認しています。 (1.xには対応していません。)
  • 拡張現実感ライブラリには、ARToolKitの派生ライブラリNyARToolKit for Javaを使用しています。

NyARToolkit for proce55ingの特徴

  • 数十行のコンパクトなスケッチでARアプリケーションを作ることができます。
  • 左手系・右手系両方の座標系をサポートします。
  • パターン取得、スクリーン座標のマーカ座標変換等が手軽に使えます。
  • レンダリングにProcessingCoreAPIのみを使います。Graphics3D派生オブジェクト全てに対応します。
  • レンダリングシステムには、PV3Dをサポートします。

環境の準備

  1. NyARToolKit for Processingのパッケージをreleaseページからダウンロードします。https://github.com/nyatla/NyARToolkit-for-Processing/releases
  2. NyARToolkit for proce55ingの実行には、processing/2.2.1、又は3.0.1以上が必要です。Processingウェブサイトからダウンロードして下さい。http://processing.org/download/index.html
  3. ProcessingのCapture機能を使用できるようにコンピュータを設定してください。Capture機能は、ProcessingのExamples>Libraries>Video(Capture)以下のサンプルの動作で確認できます。(このステップは、キャプチャ機能を使わないときには必要ありません。)
  4. ProcessingからOpenGL機能を使用できるように、コンピュータの設定をして下さい。OpenGL機能はProcessingのExamples>Libraries>OpenGL以下のサンプルの動作で確認できます。(このステップは、レンダリングにP3Dを使用するときには必要ありません。)
  5. 以上で準備は完了です。

サンプル実行(ARマーカ)

exampleにある、simpleLiteのサンプルの実行手順です。simpleLiteは、Hiroマーカの上に立方体を表示するシンプルなプログラムです。

  1. dataディレクトリにある、pattHiro.pdfを印刷しておいてきます。
  2. example/simpleLiteにある、simpleLite.pdeを開いて実行してください。マーカを撮影すると、そこに立方体が表示されるはずです。

サンプル実行(NFT)

exampleにある、simpleNftのサンプルの実行手順です。simpleNftは、画像の上に立方体を表示するシンプルなプログラムです。

  1. dataディレクトリにある、infinitycat.pdfを印刷しておいてきます。
  2. example/simpleNftにある、simpleNft.pdeを開いて実行してください。マーカを撮影すると、そこに立方体が表示されるはずです。

NyARToolkit for Processingの提供するクラス

NyARToolkit for proce55ingの提供するクラスを説明します。

  • MultiMarkerクラス (MultiMarker.java)
    ARマーカ、NyIdマーカを取り扱うクラスです。複数個同時に使うことができます。
  • MultiNftクラス (MultiNft.java)
    NFTターゲットを取り扱うクラスです。複数個を同時に使うことができます。

その他

  • パターンファイルやカメラパラメータファイルの互換性について
    NyARToolKit for Processingの使用するカメラパラメータファイル、パターンファイルと互換性があります。
  • カメラキャリブレーションについて
    キャリブレーションツールは付属しません。OpenCVか、ARToolKit付属のツールを使ってください。 カメラキャリブレーションを行うとより正確なトラッキングを行うことができます。
  • ARマーカの作り方
    PNG/JPEG画像をそのまま使用することができます。ARToolKitフォーマットのファイルを使う場合は、外部ツールで作成してください。
  • NFTターゲットファイルセットの作り方
    スケッチ"nftFileGen"を使うことができます。スケッチを起動するとツールが立ち上がります。Jpegなどの画像からターゲットファイルセットを作ることができます。
  • Processing 2.2.1での使用方法
    MultiMarker/MultiNftのコンフィギュレーションパラメータに、NyAR4PsgConfig.CONFIG_PSG_PV221を使います。カスタムコンフィギュレーションを使う場合は、バージョンパラメータにNyAR4PsgConfig.PV_221を指定してコンフィギュレーションを作成します。

ライセンス

  • LGPLv3での提供になります。但し、src以下のファイルをのみを使用する場合には、MITライセンスでも使用できます。
  • パッケージに含まれるNyARToolkitのソースファイルは、 https://github.com/nyatla/NyARToolkit/よりダウンロードできます。
You can’t perform that action at this time.