Video capture library for Windows Mobile via directshow.
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
build
dll/Windows Mobile 5.0 Pocket PC SDK (ARMV4I)/Release
doc
extlib/BaseClassesCE500
inc.cs/NyWMCaptureCS
inc
sample
src
LICENCE.txt
README.md
readme.ja.txt

README.md

WindowsMobile用キャプチャCOM DLL

Copyright (C)2008 nyatla

version 0.1.2

http://nyatla.jp/
airmail(at)ebony.plala.or.jp

NyWMCapture

NyARToolkitは、WindowsMobile用のキャプチャ支援COMオブジェクトです。 DirectShowからコールバック関数を経由してキャプチャ画像を取り込むAPIを提供します。

開発環境

Visual Stadio 2008 Professional 以上(2005でもプロジェクトを作り直せばコンパイルできるかも?)

ディレクトリ構成

./build

プロジェクトファイルがあります。

./dll

コンパイル済のdllがあります。コンパイルしたdllもこのディレクトリに出力されます。

./doc

設定値などのメモがあります。

./extlib

外部ライブラリBaseClassesがあります。 NyARToolkitより先にコンパイルしておいてください。 BaseClassesのコンパイルは、"BaseClassesのコンパイル方法"を参考にしてください。

./inc

DLLのC++用のヘッダファイルです。

./inc.cs

C#用のヘッダプロジェクトです。

./obj

オブジェクトファイルの出力フォルダです。

./sample

キャプチャのサンプルプログラムがあります。 DLLTest C++のサンプルプロジェクトです。 DllTestCS C#のサンプルプロジェクトです。

./src

ソースファイルがあります。

BaseClassesのコンパイル方法

付属のBaseClassプロジェクトはソースファイルを削除してあります。別途ソースファイルを入手する必要があります。

BaseClassesのソースファイルは、WindowsCE Platform Builderに含まれています。 評価版をダウンロードしてインストールしておいて下さい。

インストールディレクトリから以下のようにファイルをコピーします。

.\WINCE500\PUBLIC\DIRECTX\SDK\SAMPLES\DSHOW\BASECLASSES\から、.cppファイルを ./extlib/BaseClassesCE500/srcへコピーします。

.\WINCE500\PUBLIC\DIRECTX\SDK\から、.h,.idlファイルを ./extlib/BaseClassesCE500/incへコピーします。

コピーしただけではコンパイルエラーが出ると思うので、適切に修正をしてください。

ライセンス

NyWMCaptureのライセンスは、MITライセンスです。