Identity をベースにした、ユーザー情報を DB に持つ独自の認証サンプルアプリです。
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
MVC5IdentitySample
.gitignore
MVC5IdentitySample.sln
README.md

README.md

MVC5IdentitySample

Identity をベースにした、ユーザー情報を DB に持つ独自の認証サンプルアプリです。

始め方

  1. 本リモートリポジトリをクローンする。
  2. ビルドを実行する。
  3. Visual Studio パッケージマネージャーコンソールから、Update-Database -Verbose を実行する。
  4. デバッグなしで開始 (Ctrl + F5) して、アプリの動作を確認する。

仕様

認証方法

  • ユーザ名とパスワードでログイン

データベースのテーブル

Users テーブル

  • Id : String、必須、GUID を設定する。
  • UserName : String、必須
  • Password : String、必須
  • Memo : String

ページ一覧

本来であれば、ユーザ一覧・詳細・編集・削除はログイン必要とするべきです。 しかし、サンプルということであえてログイン不要でアクセス・操作可能としています。

  • /Home/Index ← ログイン必要
  • /Home/About ← ログイン必要
  • /Home/Contact ← ログイン必要
  • /Users/Login : ログイン
  • /Users/Index : ユーザ一覧
  • /Users/Detail : ユーザ詳細
  • /Users/Create : ユーザ作成
  • /Users/Edit : ユーザ編集
  • /Users/ChangePasswrod : パスワード変更 ← ログイン必要
  • /Users/Delete : ユーザ削除

ページ遷移の補足

  • ログオフ時は Home コントローラーページにアクセスできず、Users/Login ページにリダイレクトする。
  • ログインページで認証すると、Home/Index へリダイレクトする。
  • ユーザー作成と同時にログイン完了状態にする。
  • ユーザー情報を更新してもログイン状態を継続する。
  • パスワード変更は、専用のページを用意する。モデルビューも用意する(他のページは Users モデルを使い回す)。
  • パスワード変更は、認証を必要とする。どのリンクから辿ったとしても、ログイン中ユーザのパスワードを変更する。
  • ログインしているユーザーが自分自身を削除した場合は、ログオフする。

詳細