No description, website, or topics provided.
R Makefile
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
code 公開 Sep 4, 2016
data
fig 公開 Sep 4, 2016
README.md modified Mar 9, 2018
code.md modified Feb 14, 2018

README.md

共立出版『Rで楽しむ統計』サポートページ

とりあえず,code,data,figにコード例,データ,図のRソースとMakefileを置いておきます。

本文中の全コードを公開しました。

リンク

補足説明

こちら(GitHub)で公開しているものは,GitHubの制約で,文字コードはすべてUTF-8になっています。UTF-8は,MacやLinuxでは標準ですが,WindowsではまだSJISが標準なので,Windowsの標準的なツールでそのまま開くと,文字化けしてしまいます。文字コードについては,本書p.8に詳しく説明してありますので,ご参照ください。WindowsのRで開くときは,例えば

x = read.csv("data/rika_hist.csv", fileEncoding="UTF-8")

のようにオプションでUTF-8を指定しないと,文字化けを起こし,正しく読み込めません。

それから,figフォルダの中にいろいろ入っているものは,MakefileとRscriptで出版品質の図版PDFを一括生成するためのもので,本書のような本をLaTeXで一括作成する著者のための参考として収録したものです。通常の解析に利用するコードではありません。本文中の全コードはこちらで公開していますので,そちらをお使いください。

Errata

  • p.28 最初の4行がまったく違いますorz。正しくは
> qnorm(0.975)
[1] 1.959964
> qnorm(0.995)
[1] 2.575829

です。また,その少し下に y$生徒数 が突然出てきますが,その前に何かが抜けていますねorz。

  • p.44 最初の鉛筆印の中のコードの2行目,r は具体的な値,例えば 4 を与えないといけませんでした。

  • p.54 「密度関数 dpois(x,λ)」は,いろいろ考えましたが,とりあえず「確率 dpois(x,λ)」でどうでしょうか。Rのヘルプでは「density」functionと呼んでおり,そもそもdpoisのdはdensityから来ているのですが,離散分布ですので,密度関数と呼ぶのは少々ためらいがあります。離散分布の確率には「質量関数」(mass function)という用語があるので,そちらを(どこかで定義して)使うべきだったかもしれません。

  • p.64 (4.2)の一つ上の式の最後の等号 = は ≒ とするべきでした。ただ,次の数値例でわかるように,ほぼ等しいと考えてよさそうです:

x1 = rpois(1000000, 10)
x2 = rpois(1000000, 10)
mean((x1-x2)^2/(x1+x2))  # ほぼ1になる
  • p.152 間違いではないですが,下から10行・9行のコードがやや不自然でした。次のようにするほうが素直かもしれません。
m = outer(40:90, 40:90, Vectorize(function(x,y) f(c(x,y))))
  • p.155 下から4行目:都道府県iの「点数」→都道府県iの科目jの「点数」